« 「ラブリーボーン」 死により生を描く | トップページ | 「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム »

2010年1月31日 (日)

「ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ シーズン1」 「T2」の呪縛

「ターミネーター2」のその後を描いたテレビシリーズです。
ジョン・コナーはハイスクールの学生となっており、そこへ未来のジョンが彼を守るために再びターミネーターを送り込んできます。
基本的にプロットは「ターミネーター2」と酷似しているため、それほど新鮮味がありません。
「ターミネーター2」でサイバーダイン社の開発者ダイソンが死んだために「審判の日」は一度は回避されたものの、また未来ではスカイネットが開発されることになることがわかります。
それをサラとジョンは再び阻止しようとするのが、物語の骨子でう。
新味がある点と言えば、ジョンを守るために送り込まれてくるのが美少女ターミネーターであるということ。
女性型ターミネーターというのも「ターミネーター3」で一度トライアルはしているので、新味というところまでいきませんけれども。

シーズン1はアメリカのテレビシリーズとしては短めの全9話。
その割に全体的に物語をドライブしていくパワーが希薄であるような気がしました。
VFXが発達してきているため、以前は映画でしかできなかったようなことがテレビシリーズでできるというのはあるのでしょうが、それにしてもストーリーが「ターミネーター2」と似すぎているというのが問題でしょう。
そしてテレビシリーズであるがゆえに、だらだらと引き延ばされているような感じを受けます。
またT2とT4の間を描いているという点も、物語のドライブ力を保てないことに繋がっていると思います。
視聴者はもう「審判の日」が起こってしまうことを知っています。
本シリーズでタイムパラドックスの話をしてしまうと、到底整合性はとれなくなってしまうので、その点には触れません。
けれどドラマとしては、「審判の日」を阻止できるかどうかが最大のポイントになりますし、それが起こること(視聴者から見れば)は決まっているのだとしたら、そこで描かれるコナー親子の戦いもやや空しく見えたりもするのです。
けっこう作品と作品の間を狙うという難しいことにチャンレンジしているので、整合性を保つためにかなり小さくまとまっているような気がします。
そのため冒険できずヒットした「T2」の焼き直しとなってしまっているように思いました。
あまり「T2」の呪縛にとらわれずに自由に作った方が良かったのではないのでしょうか。

アメリカではシーズン1は好調だったものの、「シーズン2」は大コケらしく打ち切りが決定したようです。
二匹目の泥鰌はいなかったということでしょうか。

映画「ターミネーター」の記事はこちら→
映画「ターミネーター4」の記事はこちら→

|

« 「ラブリーボーン」 死により生を描く | トップページ | 「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47440430

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ シーズン1」 「T2」の呪縛:

» ドラマ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ(T:SCC)」<シーズン1>(お薦め度★★★) [erabu]
製作総指揮、ジョシュ=フリードマン、ジョン=ワース、マリオ=F=カサール。200 [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 21時40分

» ≪ドラマ≫ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】軍事システム“スカイネット”を破壊してから5年、1997年に起こるはずだった「審判の日」は阻止された。爆死したサイバーダイン社のダイソン殺人容疑でFBIに追われる身のサラ(レナ・へディ)とジョン(トーマス・デッカー)の前に、彼らを抹殺するために新たなターミネーターが現れた。しかし、反乱軍からも親子を守るために女性型ターミネーター・キャメロン(サマー・グロー)が送り込まれた。キャメロンから「審判の日」が2011年に迫っていることを知らされたコナー親子は、再び立ち上がるが―... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 17時53分

» ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ <ファースト・シーズン> [象のロケット]
サラとジョンを殺すために未来から送り込まれたT-888型ターミネーター、そして殺人犯としてサラを追うジェイムズ・エリソンFBI捜査官。 サラたちはジョンの命を守るために送り込まれた美少女型ターミネーター・キャメロンと共に2007年へタイムスリップするのだが…。 傑作SFアクション映画のTVドラマシリーズ第1弾。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 01時15分

« 「ラブリーボーン」 死により生を描く | トップページ | 「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム »