« 「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010」 終わりと始まり | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 旧作の粗悪コピー »

2009年12月13日 (日)

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」 ネクスト・ジェネレーション

さてさて「仮面ライダー」に引き続き、「ウルトラマン」です。
我ながら物好きな・・・。
本作はBS・CSで一昨年、昨年と放送された「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル」「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」の続編になります。
こちらご覧になっていない方も多いかと思いますので、このシリーズの概略を。
舞台となるのは未来で、人類は既に宇宙へ進出した時代です。
実は遥か昔、宇宙最強と言われるレイオニクス星人という宇宙人がいました。
レイオニクス星人は、バトルナイザーという道具を使い、怪獣を操ることができました。
やがてレイオニクス星人は滅びますが、その遺伝子はいくつかの星人の遺伝子に蒔かれました。
地球人でありその遺伝子を持つレイが、本シリーズの主人公です。

「大怪獣バトル」シリーズは予算が限られていることもあり、ロケはほぼなく(一作目はゼロ)すべてスタジオ内で撮影されました。
屋外のシーンはほとんどグリーンバックで撮影され、背景は合成です。
けれどもそのストーリーは後をひくものもありましたし、また怪獣同士のバトルがなかなか見応えがあたったため、好評となり、とうとう映画化となったわけです。

テレビのシリーズではウルトラマン、ウルトラセブンがそれぞれ1作目、2作目にちょっとだけ登場します。
それにより本シリーズと「ウルトラマン」シリーズのリンクは明らかだったのですが、本劇場作品ではM78星雲にあるウルトラの星が舞台の一つになり、ウルトラ兄弟も含め多くのウルトラマンが登場します。
ウルトラの星は「ウルトラマンタロウ」で描かれたことがありましたが、本格的に描かれるのは本作が初めてでしょう。
「タロウ」当時よりは映像技術的にアップしているからこそできることだと思います。
本作ではウルトラマンの誕生の秘話が語られます。
かつてウルトラの星で暮らす人々は、地球の人間のようであったが、太陽がその力を失ったとき、彼らは人工太陽を作りました。
その人工太陽のエネルギーを受け、ウルトラの星の人々はウルトラマンになったのです。
そして彼らはその力を宇宙の平和のために使おうと決心したのです。
実はこの秘話は(僕の記憶が正しければ)内山まもるさんの漫画「ザ・ウルトラマン」で描写されていた内容と同じです。
ようやくこの設定が映像化されたということですね。

監督は坂本浩一氏。
坂本監督はアメリカ(最近はニュージーランド)で「パワーレンジャー」(日本のスーパー戦隊シリーズをアメリカ向けに翻案したシリーズ)のアクション監督していた方です。
従来の「ウルトラマン」シリーズは、円谷プロ伝統の着ぐるみ操演、ミニチュア、光学合成などを駆使してアクションシーンを撮っていました。
着ぐるみ操演はある種の重量感を感じるので、これはこれで味わい深いものがあると思います。
しかし現代では、洗練されたハリウッドのアクション映画や東映の「仮面ライダー」シリーズに比べると、やややもっさりとした感じというのは否めず、やや古くさい印象があるのも確かです
(平成「ガメラ」3部作や、「ゴジラ FINAL WARS」は着ぐるみでありながらスピード感のあるアクションを目指していました)。
またミニチュアなどはコストや手間という面ではかなりの負担になるのは明らかです。
そのようなこともあり、最近の「ウルトラマン」は劇場版の「ULTRAMAN」あたりから「超時空要塞マクロス」の「板野サーカス」で有名になった板野一郎氏が参加し、CGを使ったアクションにも挑み始めます。
「ウルトラマンメビウス」の劇場版などはそのCGアクションをうまく活かした好例でしょう。
ただCGというのはやや着ぐるみ操演に比べると、かなり軽い感じになってしまいます。
着ぐるみ操演部分と、CG部分では、重量感がアンマッチになってしまうのです。
本作ではその間を取り持つスピード感のあるアクションを坂本監督が担っています。
先ほど書いたように坂本監督は長い間アメリカでアクションをしていたため、ワイヤーアクションそしてCGとの合成について熟知しています。
その技術を「ウルトラマン」に注入したわけです。
その結果として本作はかつてないスピード感、そして重量感のある「ウルトラマン」になったと思います。
今後新生円谷プロの重要コンテンツとして更なる進化をしてもらえればいいなと思います。

最後に本作で登場した「ウルトラマンゼロ」。
二刀流のアイスラッガー、これはカッコいいですねー。
是非こちらはテレビシリーズ化していただきたい(たぶん狙っていると思うけど)。

いずれにしても「ウルトラマン」シリーズも新しい時代に入ったという感じがします。
「仮面ライダー」にしろ、「ウルトラマン」にしろ、ほぼ同じときにネクスト・ジェネレーションに入るというのは感慨深いものがあります。

「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル」の記事はこちら→
「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010」 終わりと始まり | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 旧作の粗悪コピー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/47006210

この記事へのトラックバック一覧です: 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」 ネクスト・ジェネレーション:

» 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
TVシリーズ『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』、続編の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に続く劇場用作品で、シリーズの主役たるZAP SPACYのメンバーはそのまま出てくるものの、地球は一切登場しないという、従来のウルトラシリーズの歴史上でも異色の作品。 また人間体で登場するウルトラ戦士もハヤタにモロボシ・ダン、ヒビノ・ミライ、それにアスカ・シンだけなので、殆ど全編が仮面劇となっている。 またこれまでは映像化不可能、ファンの妄想の中にのみ存在して... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 09時37分

» 仮面ライダーw&ディケイド movie大戦2010 [速報!!ニュースじゃん]
吉川晃司「四十半ば」も童心でヘンシン 1 歌手で俳優の吉川晃司(44)が12日、都内で映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」の初日舞台あいさつを行った。仮面ライダースカルに変身する探偵の鳴海荘吉役でゲスト出演。「我々の世代が一番熱かった」と少年時代に「仮面 ... (続きを読む) 映画『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010』完成披露試写会 2009... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 10時20分

» 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』 [唐揚げ大好き!]
  とりもどせ!! 銀河の光   ■全宇宙の平和を守るウルトラマンたちの故郷「光の国」が、邪悪な心を持つウルトラマンベリアルの復活によって壊滅の危機におちいった!100対もの怪獣を操ることができる”ギガバトルナイザー”を手に入れたベリアルの前に、ウルトラの父... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 20時55分

» 【大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説】 [日々のつぶやき]
 とりもどせ!銀河の光 甥っ子を連れていきましたー 彼の大好きなウルトラマン♪ お昼から甥っ子と合流して見る予定だったため、私は午前中「パブリック・エネミーズ」を見る予定だったのですが・・ 上映30分くらいまえにシネコンに着いたところ・・ 「え?!!... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 11時25分

» 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [LOVE Cinemas 調布]
「ウルトラマン」シリーズの最新作。元々はカードゲーム「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル」の映画化。とはいえ過去から現在に到るまでの100体の大怪獣軍団と、初代ウルトラマンからの全てのウルトラ兄弟が繰り広げる一大バトルは見もの。今回初登場のウルトラ戦士、セブンの息子ウルトラマンゼロや、史上初の悪玉ウルトラ戦士・ウルトラマンベリアルなと、子供から大人までファン必見の作品だ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 00時06分

» 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』 [ラムの大通り]
-----この映画、男の子ならだれもが一度は夢中になったウルトラマンの映画化。 でも、えいは『ウルトラQ』にショックを受けた世代。 ウルトラマンは科学で人類が立ち向かわないから 始まった時にはつまんなかったんだって。 それでも、『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』あたりまでは観ていたらしいよ。 ここしばらくは、松竹で映画化された作品を何本か観に行ったようだけど、 ニャんとも、ちんぷんかんぷんだったんだって。 だけど、前作『大決戦!超ウルトラ8兄弟』を観たことで 『ウルトラマンティガ』『ウルト... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 19時41分

» [映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆一緒に観に行く予定だった甥に振られた私は(関連エントリー←クリック!)、フリーチケットもあったので、大人単身で乗り込んだ^^;  この作品は、「ウルトラマン」シリーズを熟知している者が、練って作り上げた、なかなかに素晴らしい物語であった。  M78星雲の「ウルトラの国」を舞台にして物語は描かれ、・・・つまり、テレビシリーズでは、神秘的な要素を持つ、ベールに包まれたヒーローの文化・文明・歴史・生活が描かれる。  うん、私と同年代の者なら、内山まもるの傑作マンガ『ザ・ウルトラマン』を思い出しても... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 22時32分

» 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」鑑賞 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
ウルトラマンフェスティバルのライブステージの延長みたいなノリでそれはそれで面白かったです!!ザラブ星人の青野さんの声が聞こえただけで「またやられちゃうのね、アナタ(^^;」みたいな(笑)子供が「うーたーまん、がんばれー」が叫べる運びなのが、やっぱりいいよ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 00時05分

» 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [象のロケット]
地球から300万光年の彼方、ウルトラマンの故郷、M78星雲「光の国」。 封印されていた邪悪な戦士ウルトラマンベリアルが脱獄し、人工太陽プラズマスパークのコアを強奪。 輝きを失った「光の国」は、氷に閉ざされてしまった。 光の超人ウルトラマンたちの銀河の命運を賭けた宇宙最大の大怪獣バトルが今、始まる…! SFヒーローアクション。 ≪とりもどせ!!銀河の光≫... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 07時47分

» 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [5125年映画の旅]
宇宙牢獄に捕われていたウルトラマンベリアルが脱獄した。邪悪な力を持つベリアルはウルトラ戦士達を圧倒し、光の国の力の源であるプラズマスパークを強奪した。光の国は闇に閉ざされ、唯一残されたメビウスは怪獣使いの青年・レイに助けを求める。一方ベリアルは宇宙を支....... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 22時51分

» 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」(後編,ネタバレ有り) [よろずな独り言]
 さて,前置きが長くなりすぎてしまったので別稿となりました「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の感想等に早速入りたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 21時22分

» 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 [日子のさらさら日記]
{/star/}人気ブログランキング{/star/}    今日公開の「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」を見に行ってきました{/car_pink/}                      最近見たウルトラの映画の中では一番おもしろかったです{/hiyo_en2/}            全体のテンポも良かったし、よくまとまってました{/face_hohoemi/}            怪獣100匹は興奮しますね{/hiyo_en1/} 私が好きなのは、少なかったかな{/f... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 12時19分

» ultra galaxy legend: [fantasia*diapsida]
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』 "Mega Monster Battle: Ultra Galaxy Legend The Movie"(2009年, 日本, 坂本浩一:監督)遥か未来を舞台に、ついに光の国や宇宙をかけた物語が生まれた。100体を超える怪獣軍団、歴代のウルトラ戦士、ウルトラの父母の威厳、史上唯一暗黒面に堕ちたウルトラマン,べリアル、セブンの息子…久々に童心に還りました。否、童心と大人にしか解らないノスタルジーとの同居というか…「大切なことは、みんなウルトラマン... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 09時25分

» 【映画】大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE…の記事と大阪出張とか色々 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/hiyoko_cloud/} 数日前の記事で「明日はちゃんと更新したいなぁ…」と書いたけど、結局数日間ブログを放置したピロEKです{/face_ase2/}{/ase/} ここのところ(主にお仕事が)忙しかったんですよね{/face_hekomu/} 先週の水曜日。2010年6月30日から翌日7月1日にかけては大阪出張でして… これが、出張に慣れていない私にとっては結構疲れる出張{/face_hekomu/} (…特に帰りのお仕事の荷物が重くてですねぇ{/face_hekomu/}{/dow... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 00時07分

» 最高です!!!『大怪獣バトル ウルトラ銀... [やっほっほ~]
観ました!『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』すごいです!素晴らしいです!!格好良いです!!!これが本当の「最初から最後までクライマックス」!!!!&nb... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 19時14分

« 「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010」 終わりと始まり | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 旧作の粗悪コピー »