« 「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」 怪物の見えざる手 | トップページ | 本 「秋田殺人事件」 »

2009年12月 5日 (土)

「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み

先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たときに、オリジナルボイス(つまりは字幕)で3Dは難しいのかなと思ったのですが、ディズニー&ピクサーの本作「カールじいさんの空飛ぶ家」は3D字幕版もあるということで、迷わずそちらを選択。
3Dで字幕っていうのは、最初は画面と字幕の距離感にちょっと戸惑いますね。
途中から慣れてきましたけれど。
CGアニメーションで3D映画という共通点はあるものの、「クリスマス・キャロル」と本作は映像の考え方が全く違います。
「クリスマス・キャロル」はレビューでも触れたようにパフォーマンス・キャプチャーという技術であくまで俳優の表現力にこだわります。
つまりは実写サイドからの表現力の拡張なのです。
本作をはじめ、ピクサーの作品はディフォルメしたキャラクター、そして動きを表現するという点では今までのアニメーションの流れを汲んだ正統派です。
3DCGアニメーションはドリームワークスなど様々なプロダクションが作っていますが、やはりピクサーはそれらとは一段違う表現力を持っていると思います。
ピクサーのアニメーションはあくまでディフォルメなのですが、その質感についてはリアリティを追求しているのです。
「トイ・ストーリー」ではプラスチックの質感、「カーズ」ではピカピカの金属感、「WALL・E」では錆びた金属の質感などをリアルに表現してきました。
またピクサーの作品は今までおもちゃや車や魚やロボットなど人間でないものを擬人化して描いてきましたが、本作の主人公はまんま「人間」。
今回のピクサーの質感におけるハードルは人間の肌感であったと思います。
物語の始めにカールじいさんが冒険を始めるとき、家のてっぺんから数えきれないほどの風船が大きく広がります。
そこで、ふわりふわりと風船につられた家を逆行の位置でカメラが捉えるカットがありました。
色とりどりの風船から透かして見える光が透明感があり、ほんとうの質感が感じられたのでした。
この透明感がポイントであると思います。
人の肌というのは、CGで表現する場合ややもするとのっぺりとしたプラスチックのような感じになってしまいます。
ではリアルに毛穴まで表現すればいいかというとそれはそれで実はリアリティはありません。
なぜかというと実際に人間が見る場合、目を凝らして肌の表面のテクスチャーを見ることはないからです。
そこで重要なのが肌の透明感ではないかと思います。
どこかの化粧品の広告コピーのようでありますが、これは実は的を得ている表現なのだと思います。
人の肌はプラスチックや金属のようにその物質自体、またはその表面に色がついているようなものではありません。
肉の色、血の色、肌の色が多層的に重なって、人肌をなしているのです。
ですので、表面的な色づけだけだと人形のような嘘くさい表現になってしまうのです。
今までピクサーが人間を主人公にしてしなかったのは肌が表現できなかったからでしょう。
でも本作はそれがまったく違和感がなく表現できています。
カールじいさんが冒険を終えた頃、よく見ると彼の顎のあたりには髭が生えています。
これも一本一本髭を植え付けたような表現をしているのではなく、うっすらとした青髭状態なのですね。
これがとても自然なのです。
この透明感の表現というのは、人肌だけではなく、風景の遠近感などにも活かされていたと思います。
本作はピクサー作品で初めての3D映画です。
最近のトレンドは一昔前の「飛び出す」3Dではなく、自然な奥行き感です。
その本作の奥行き感はパース表現やレイヤー表現だけでなく、手前から奥にいたる間の空気の透明感を描き出すことによっても表現されています。
いわば水墨画での遠近感にも似たような感じです。
この透明感の表現力が、ピクサーが3Dへ舵を切る上で、一つの課題と位置づけ本作でチャレンジしたことではないかと思います。

さてストーリーについてもちょっと触れましょう。
ちょっとしか登場しなかったのですが、カールじいさんの奥さんエリーがとても魅力的な女性に見えました。
カールじいさんはずっとエリーの子供の頃の夢を叶えてあげられなかったことを悔やんでいたのでしょう。
でも最後にアルバムでみるように、エリーにとっては南米に冒険の旅に出て行けなくても、カールといっしょに過ごせた時間こそが夢のような日々であったのでしょう。
ワクワクドキドキするような人生ではなかったかもしれません。
でもほんわかとあったかく満ち足りた人生であったのだろうと思います。
くどくどと説明するのではなく、そのあたりをじんわりと伝わってくるのはこれもピクサーのテイストなのだなと思いました。

ピクサーの前作「WALL・E/ウォーリー」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」 怪物の見えざる手 | トップページ | 本 「秋田殺人事件」 »

コメント

ひろちゃんさん、こんばんは!
ごめんなさい!TB受け付けない設定にいつの間にか切り替わちゃっていました。
今は大丈夫です。

明るさは3Dの課題ですよね。
光を分光するので、どうしても暗くなっちゃうんですよね。
このあたりはどうにかして解決してほしいですね。

最初のシーンはみなさん絶賛ですよね。
僕もあのシーンは大好きで。
おっしゃるようにピクサーならではの情感でした。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月19日 (土) 17時29分

はらやんさん、こんばんは☆彡
TBをつけようと思ったのですが、見つかりません(^^;なぜでしょうか???

で、この作品ですが、クリスマス~とは違った3Dだったわけですが、風船の質感とか飛んで行く時の奥行きとかは感じられましたが、メガネを
かけると映像が暗くなり、せっかくの色鮮やかなピクサー作品の魅力が半減してしまったようで
私は2Dでも十分に楽しめたかなと思ってしまいました(^^;

ストーリーは、さすがピクサーですよね^^冒頭の二人の人生のシーンから、涙、惹き込まれて
行きました♪観終わった後も、明るい清清しい
気持ちになれて、後味がいいのもピクサーならではと思いました(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2009年12月18日 (金) 23時41分

sakuraiさん、こんばんは!

最初の二人のエピソードはほんと良かったです。
情感があって、さすがピクサーだなあと。
ピクサーは映像技術もさることながら、ストーリーもいいですよね。

僕も以前は2D派だったんですけれど、今年に入ってからの3D作品はレベルが高くて感心してしまいます。
やはりトリは「アバター」ですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月12日 (土) 23時02分

TBありがとうございました。
2Dしか見てないんで、なんとも言えませんが、質感も、ふわっと感も、あの無精ひげのくたびれ感も、よーーく出てました。
うちの息子がめがねがいやみたいで、2Dだったのですが、一人こっそり3D見に行こうかなと・・と思ってます。
あの冒頭の二人の道のりは素晴らしかったですね。あれだけで、一本見た気になってしまった・・。

投稿: sakurai | 2009年12月12日 (土) 22時45分

マサルさん、こんばんは!

3Dというのは今後やっきになって各社が取り込もうとしているテーマなので、いろいろなアプローチがありますよね。
「アバター」も公開されますし、ホットな部分ですよね。
でも確かに眼鏡の方は、立体眼鏡は窮屈かも・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 9日 (水) 20時56分

ノラネコさん、こんばんは!

確かに立体だと気が分散しがちにはなるかもしれませんね。
本作はいつもよりははまりにくい感じもしました(それでも相当レベルは高いのですが)。
回想シーンは良かったですよね。
台詞なしながらあの二人の人生を感じさせてくれました。
まさにアニメーションの真骨頂というところでしょう。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 9日 (水) 20時23分

こんばんはー。

なるほど、同じ3D作品でもその技術へのアプローチの仕方がクリスマス・キャロルとは全く違っていたということなんですね。記事を読んで「なるほど!」と思いました。

私の場合、メガネの上に3Dメガネをかけることになるので、なかなかツラいものがありまして、実はそのため「だけ」にコンタクトを作ろうかと思っていたりするのですが..アバターも控えていることを考えると、その価値はありそうかな?とか思っています。

まぁ、実際には、そんな技術的なことを考えるヒマもなく、私は夢中になってこの作品に入り込んでしまったわけなのですが。もうノリが昔の宮崎駿風で懐かしくって。(^^;

投稿: マサル | 2009年12月 8日 (火) 21時30分

相変わらず見事な物語と美しい映像。
まあ個人的にはピクサー作品は物語にじっくりとはまりたいので、立体じゃないほうが楽しめました。
惜しむらくは冒頭の数分間がその後の全てのシーンよりも出来が良かった事でしょうか。

投稿: ノラネコ | 2009年12月 7日 (月) 23時43分

たいむさん、こんばんは!

ピクサーは3Dに向かって着実に歩んでますよね。
3Dはちょうど黎明期と言えるので、いろいろと新しい試みがあっておもしろいです。
「アバター」も期待大ですよね。
キャメロン監督が満を持して送り出す作品ですから。
予告も観ないようにしてますもん。
(最近はご丁寧に日本語版の予告もやってくれるので、耳に入って困ります)

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 6日 (日) 22時00分

はらやんさん、こんにちは。
じんわり感じさせてくれるお話でしたね。

3Dアニメもいろいろあるけれど、ピクサーはこの路線っぽくなりそうな感じ。
見やすい価格にまで下がってきたし、「アバター」では3D体験したいと思ってます♪

投稿: たいむ | 2009年12月 6日 (日) 21時30分

SOARさん、こんばんは!

そうそう、風船の影はきれいでしたよね。
このあたりの透明感のある表現はCGもここまできたかという感じがありました。
ピクサーのすごいところは毎回自分たちの技術的ハードルを設定していることですよね。
次はどんな課題を課すのでしょうか。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 6日 (日) 18時23分

光の角度で変化する風船の質感、私もそのこだわりがすばらしいと思いました。
建物などに投影される風船の影までもがリアルでしたよね。
たしかにピクサーのCGには、デフォルメキャラとリアルな質感との融合がありますね。

投稿: SOAR | 2009年12月 6日 (日) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46945720

この記事へのトラックバック一覧です: 「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み:

» カールじいさんの空飛ぶ家 [だらだら無気力ブログ]
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建設さ..... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 02時10分

» 劇場鑑賞「カールじいさんの空飛ぶ家」 [日々“是”精進!]
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました〜!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 13時23分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” [SOARのパストラーレ♪]
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をどうどうと主役に据えた夢と感動の素敵な物語だった。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 13時32分

» UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想をはるか越え奇想天外、かつハートウオーミング、とは 凄くないか [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆。 (なんか宮崎 駿の影響も、ところどころに?) と思ったら、いつの間にか心打たれている。 こんな映画、ありか?! まいりました。 う〜ん... (この表現、グラントリノ以来) 実はNYに知り合いが行ったので、そのお土産にアメリカで発売さ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 17時54分

» カールじいさんの空飛ぶ家  [悠雅的生活]
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 21時20分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 [たいむのひとりごと]
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 21時22分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [LOVE Cinemas 調布]
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファイティング・ニモ』のボブ・ピーターソン。ボブは脚本も担当している。ピクサー初のデジタル3D作品。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 21時31分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミング....... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 23時39分

» [映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってしまっているピクサー作品だが、やはり、公開すればすぐにでも観たいのだ。  客入りは良く、一人で行った私の両側にも、別のお客さんがキツキツに座っていた。    ◇  感想を簡単に語っておく。  良かったけど、予告編から推察される内容を越える... [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 03時51分

» カールじいさんの空飛ぶ家 3D [そーれりぽーと]
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本気モードで3Dワールドが展開される! と期待してたんだけど、日本でのIMAX上映は無し。 オマケに俺が観たのは梅田のTOHOで、あそこは作りが古い映画館だから、スクリーンがデカくても座席の配置の関係もあってあんま飛び出して観... [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 14時19分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Akira's VOICE]
喪失と再生の優しい人間ドラマ。   [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 17時28分

» カールじいさんの空飛ぶ家<字幕> [りらの感想日記♪]
【カールじいさんの空飛ぶ家<字幕>】 ★★★★☆  映画(36)ストーリー 古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリク [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 19時17分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [銅版画制作の日々]
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかなかったのですが。本作は字幕版、3Dがあるんですね。 冒頭にカールじいさんが亡き妻エリーとの慣れ染めが映し出される。愛する妻エリーの子供時代はお転婆娘だった。そんなエリーとカールはある日出会うことに・・・・・。 めがねの男の子がカール少年。こ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 22時44分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Men @ Work]
現在公開中のアメリカ映画、「カールじいさんの空飛ぶ家」(監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン)です。TOHOシネマズ六本木シアー7の3D上映で観賞してきました。 私、「宮崎駿作品(ジブリ作品ではない)で最も好きなのは何?」と聞かれたら、 未来少年コナン ルパン3世 カリオストロの城 風の谷のナウシカ と答えるタイプ?の人間です。特にコナンはもう大好きで大好きで、未だにレーザーディスクボックスを持ってたりしますし、たぶん通しで20回くらいは観てると思います。(全部で13時間とかあるのですが... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 21時31分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2009年:米・PIXAR=ディズニー/監督:ピート・ドクター) 良質のCGアニメを発表して来たピクサー+ディズニー提供の新作。 今回の主人公は、78歳の老人。一応子供も楽しめる [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 00時57分

» カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3D。 そして、ついに字幕版も3D公開となった。 料金も安くなったので3D字幕上映を選択。 その予告編の印象から、「絶対泣くぜ」と、周囲に豪語していたのだが、泣かなかった。 皆に前言撤回しなければ。 前半のエリーと出... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 17時46分

» ★「カールじいさんの空飛ぶ家」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 23時52分

» ★「カールじいさんの空飛ぶ家」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 23時56分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [5125年映画の旅]
冒険家に憧れていたカール少年はある時、同じ夢を持つ少女エリーと出会い、後に結婚した。幸せは数十年続いたが、エリーはカールを残して先に旅立ってしまう。孤独に打ちひしがれるカールじいさんは、エリーとの約束を果たすために南米にあるパラダイスの滝を目指して風船...... [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 06時15分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク』【comment】偏屈そうなおじいさんが主役―ということで、イマイチそそられないなぁ〜というのが正直なところだったのですが、去年のPIXAR作品『WALL・E/ウォーリー』に続いてとてもいい映画でした〜一緒に観た子どもともども満足して鑑賞を... [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 08時58分

» カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) [yanajunのイラスト・まんが道]
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 20時49分

» カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー [カノンな日々]
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピ....... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 08時51分

» カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよいよ来週から日本公開★試写にて鑑賞{/hikari_blue/} 妻に先立たれたカールじいさんの、想い出を解き放つ大冒険{/hikari_blue/}{/... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 09時34分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』 ('09初鑑賞179・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 日本語吹き替え版、2Dでの鑑賞です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 09時57分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [迷宮映画館]
カールじいさんの引っ張る家だったような・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 22時41分

» *カールじいさんの空飛ぶ家* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され偏屈な老人となったカールは78歳で一世一代の冒険に旅立つ。無数の風船と共に大切な家ごと飛び立ったカールが目指すのは、かつてエリーと夢見た冒険の地だった。}}} 『トイ・ストーリー』や[『レミーのおいしいレストラン』]..... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 22時42分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 [唐揚げ大好き!]
  愛する妻が死にました――   だから私は旅に出ます。   ■少年時代に出会い青年時代に愛を誓い、二人三脚で同じ年月を重ねてきたカールとエリー。二人は素敵な我が家で、老夫婦になっても愛情に満ちた日々を過ごしていました。しかし、エリーは病に倒れてしまい... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 04時04分

» 字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 [水曜日のシネマ日記]
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 09時51分

» カール少年が可愛くて… [美容師は見た…]
    少女エリーにもヤラれてしまい、  序盤のツカミはOK!    『カールじいさんの空飛ぶ家』  これが想像以上に、  面白かったんです^^冒険家のチャールズ・マンツに憧れる少年。。。それがカールじいさんだったのね~!そしてあの猛烈にプッシュプッシュし... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 12時42分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』(3D・字幕版) [kuemama。の<ウェブリブログのへや>]
【Up】 2009年/ディズニー/103分 【オフィシャルサイト】 監督:ピート・ドクター 出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、チャールズ・ムンツ、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター、ジェレミー・レアリー ... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 16時42分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くな....... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 17時42分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [みんなシネマいいのに!]
 我が家に大量の風船をつけて旅立つ老人! 目指すは亡き妻との約束の場所だ! 予告 [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 19時11分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家(UP)」映画感想 [Wilderlandwandar]
試写会にご縁がありまして見てきました。ピクサーのアニメはウォーリー以来、2回目の鑑賞です。アメリカでの評判は良いらしくア [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 20時22分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [シネマDVD・映画情報館]
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンクスのエドワード・アズナーが、カールの相棒となる少年ラッセルの声を新人のジョーダン・ナガイが担当する。ピクサー初となる3Dデジタルでの作品に期待が高まる。...... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 22時25分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Movies 1-800]
Up (2009年) 監督:ピート・ドクター&ボブ・ピーターソン 声:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、クリストファー・プラマー 亡き妻との約束を果たす為、南米探検旅行に家ごと出発した老人と、たまたまついてきてしまった少年の冒険を描くピクサーアニメ。 主人公の過去を描く導入部だけで数本の作品が作れそうな位の充実感があり、期待が煽られる。そして、その期待を裏切らない内容の物語がテンポよく繰り広げられ、楽しませてくれる。 子宝に恵まれなかった老人と父親の愛情を受けられない少年との交流を描くこと... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 01時13分

» カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 [黒猫のうたた寝]
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたらそれ... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 10時07分

» 【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】 [日々のつぶやき]
愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、哀し... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 14時21分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Diarydiary! ]
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - UP 愛す [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 19時51分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [C note]
毎回良質なCGアニメーションを届けてくれるピクサーの新作。 最近、元気なお年寄り [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 20時42分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」3D吹替版☆鑑賞 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
大人が観るべき映画。親の離婚で居場所を失った子供。子供は納得出来ずに元の家に行ってみると、子供の部屋だった場所は新しい奥さんの連れ子に占領されていた。父親は新しい奥さんにベタ惚れだ。邪険に子供は追い払われた(というのは実話だが、同じような境遇の子供が出...... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 22時27分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家チャールズ・マンツ(声:クリストファー・プラマー)。世界中を旅して、数々の歴史的な遺跡や動植物を発見していった。ある時、南米の秘境で"パラダイスの滝の怪物"とされる骨を持ち帰るが、全米冒険家協会からニセモノと鑑定されてしまう。プライド... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 09時49分

» ★カールじいさんの空飛ぶ家(2009)★ [CinemaCollection]
UP愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。上映時間103分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/12/05ジャンルアドベンチャー/ファミリー/コメディ映倫G【解説】「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメー...... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 20時07分

» 映画「カールじいさんの空飛ぶ家」  [Andre's Review]
up アメリカ 2009 09年12月公開 劇場鑑賞 このところ忙しく、鑑賞から10日以上経過してしまいましたが、ようやく感想を書けました。 ピクサーの新作、ディズニーファンとしては見逃せません☆ 個人的には吹替え版には抵抗ありまくりなため、3D字幕版を観ようかなとも思ったのですが、字幕の3D版は時間が合わなかった為、普通の字幕版での鑑賞です。 冒険家チャールズに憧れていたカール少年は同じように冒険を愛する少女エリーと出会い、いつか南米にあるというパラダイス・フォールズという伝説の場所に行こうと... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 01時00分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』 [みゆみゆの徒然日記]
 予告だけで泣けてくる・・・と気になっていた作品です。3Dか通常2Dかで迷いましたが、通常版(吹替しかなかったので吹替)で鑑賞しました。9日に鑑賞。 【あらすじ】カールじいさんの空飛ぶ家 - goo 映画より引用。 冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され偏屈な老人となったカールは78歳で一世一代の冒... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 19時40分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [さむこの部屋]
久し振りにサクと映画館に行ってきました。 3Dではなく通常版で見たせいか、人気と聞いてたわりにガラガラ。 サクがあのメガネをずっとつけていられるのか不安だったので。 大人向けの映画かなあと思ったけど、キャラがかわいいのと、あの男の子がツボにはまったようで...... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 20時51分

» ♯55 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [cocowacoco]
映画アニメ 「カールじいさんの空飛ぶ家」 UP (日本語吹替版)を観ました          ピート・ドクター監督 (Pixarアニメ) 2009年 アメリカ 面白かったのですが、ちょっと期待しすぎたかな〜。 それと映画を観るそのときの精神状態で、自分は楽しむ度がかなり左右されてる ようです。 (ネタバレあり〜今回また『何々に似てる』語りです) 映像の丁寧さは流石ピクサーアニメですね〜。 作品はカールとエリーの物語の前半部分が特にお気に入りです♪ (そこは『ウォーリー』と何だか似てる) 冒... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 00時40分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [映画大好き!]
ディズニー・PIXAR映画、カールじいさんの空飛ぶ家(3D)を見てきました。モン [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 09時42分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。 ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。 物語:幼馴染...... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 14時52分

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> [美味−BIMI−]
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 10時40分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』 [ラムの大通り]
「いやあ、やはり映画は観てみないと分からないね」 ----えっ。どういうこと? この映画、気に入らなかったの? 「いや、そうじゃなくて、思っていたのと、少し、いやかなりかな、 自分の受けた印象が違ったってこと」 ----そうニャの? これって、おばあさんを先に亡くしてしまった カールじいさんが、 おばあさんとの約束の地に、 風船を付けた家で旅立つって話でしょ。 確か、冒頭の追憶シーンだけで満足みたいなことを 宮崎駿が語っていなかったっけ。 「うん。おそらく彼をオピニオン・リーダーにしようと決めたとき... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 14時17分

» カールじいさんの空飛ぶ家/Up [いい加減社長の映画日記]
これも1週間遅れのレビュー記事。ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかなぁ。「カールじいさんの空飛ぶ家」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。【ストーリー】冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され偏屈な老人となったカールは78歳で一世... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 16時57分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [It's a wonderful cinema]
 2009年/アメリカ  監督/ピーター・ドクター  ピクサー最新作。ちなみに原題は「UP」。そのまんまだけど、なんともシンプルな・・・。  最愛の妻エリーを亡くし、意固地な老人になってしまったカールじいさんは、エリーとの想い出が詰まった家を手放さなければならない状況になる。そこでカールじいさんは、妻との約束を果たすため、家に沢山の風船をつけて、空へと旅立つのだった・・・というストーリー。  3D作品って初めてだったんだけれど・・・目が疲れた~!もともと裸眼なので、眼鏡ってか... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 23時33分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [ルナのシネマ缶]
ピクサー作品は、幸せな気持ちにさせてくれるから大好きです。 ホントは、3Dで観ようと思ったのですが、吹替しかやっていなかったので、 2Dで鑑賞しましたが、充分に美しい映像でした。 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。 最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。 しかし、開発の為家を追い出されそうになり、 数千の風船を家に結びつけ、家ごと冒険の旅へと出発するのだが・・・・。 冒頭のカールとエリーの回想シーンだけでも すご〜〜く良... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 01時09分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター、ジェレミー・レアリー■鑑賞日 12月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> カールじいさん。 麦わら帽子と口の回りの濃い髭がある? んなわけないですね(笑)  幼い頃からの二... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 09時55分

» カールじいさんの空飛ぶ家(映画館) [ひるめし。]
愛する妻が死にました― だから私は旅に出ます。 [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 22時05分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
初めての人間の主人公。とはいえ超人。ピクサー期待の新作。と言いながら、公開4週間まで観るのが遅れてしまった。そんなうちに遮っていても少しずつ情報が入ってきてしまって、どうやらいちばんの感動どころらしい夫婦の歴史を台詞なしで綴る穏やかな場面での染み入りは...... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 01時57分

» 09-347「カールじいさんの空飛ぶ家」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
新しい冒険を始めよう  古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリクセン。開発の波が押し寄せる中、頑なに家を守り抜いてきた。そこは、いまは亡き最愛の妻エリーとの素敵な思い出に満たされた、かけがえのない場所だった。  しかし、ついにカールは家を立ち退き、施設に入らなければならなくなる。そして迎えた立ち退きの日の朝、なんとカールは無数の風船を使って家ごと大空へと舞いあがるのだった。それは、エリーと約束した伝説の場所“パラダイス・フォール”への大冒険の始まり。  ところ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 23時55分

» 映画:カールじいさんの空飛ぶ家 3D [よしなしごと]
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 01時02分

» カールじいさんの空飛ぶ家 (2009) 103分 [極私的映画論+α]
 今年の映画初めはこの作品です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 18時25分

» 【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけどねぇ{/face_ase2/} 数日前にちょこっと書いた“悪い情報” また子供の頃の友人(後輩)の訃報が入ってしまいました。 昨年末に倒れてお正月にお亡くなりになったとか…彼とは2年前に亡くなった別の後輩の葬儀... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 07時19分

» カールじいさんと空飛ぶ家 ▲182 [レザボアCATs]
'09年、アメリカ原題:Up監督:ピート・ドクター共同監督:ボブ・ピーターソン製作:ジョナス・リベラ製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トム・マッカーシー脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター美...... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 11時32分

» ■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 [Viva La Vida!]
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない夢がたっ... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 01時40分

» 映画「カールじいさん」の賛否 [今日の素敵さがし]
 昨日(12月5日)から公開された「カールじいさんの空飛ぶ家」。テレビでCMを観るたびに、やはり淀川長治おじさんの顔を連想して笑ってしまうのだが。 [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 16時20分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [ぶっちゃけ…独り言?]
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ビバ!ファンタジー&アドベンチャー! てわけで、毎度毎度ワタクシを目一杯楽しませてくれるピクサーですが、今回もばっちり楽しませて頂きました。 ま、方法論と言うか、出だしなんかは特に『WALL・E/ウォーリー』とほぼ同じですよね。 でもって、これがまたまた凄く良いんですよね〜。 実に味があるし、気持ちが入るし、短い時間の中で必要なことをサックリ描ききってるなぁ〜と。 ワビサビがちっとも分かってない米映画(暴言)の中で、こーゆーことが... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 03時50分

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして大人になった二人は結婚し、空き家を改造して仲睦まじく暮らしているのだけれども、いつしか歳月は過ぎ、とうとうエリーはこの世を去ってしまう。 妻を失って心にぽっかりと穴が空いたカールは、子どもの頃に一緒に冒険の旅に出掛ける約束をしたままだった... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 08時52分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [映画、言いたい放題!]
アニメは日本が一番と思っているので 海外のアニメはつい敬遠してしまうのですが、 この作品は評判がいいですね。 と思ったら、ピクサーですか。 なるほど、 観てみましょう。(^^) いろいろ鑑賞方法(?)があるのですが、 今回は2D、字幕で観ました。 冒険好きな少... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 00時05分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カールは1軒の空き家で同じく冒険好きな少女エリーと出会い、意気投合する。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、”伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつかそこに行こうと約束する。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 01時00分

» カールじいさんの空飛ぶ家  UP [映画の話でコーヒーブレイク]
休み明け、旅行後、間があくと文章を書く気力が萎えてしまう私です{/dogeza/} あれやこれや書きかけであと少し手を加えればアップできるのに・・・チンタラ{/hiyo_shock1/} おしゃべりは好きだけれど、元々筆不精なんです。 そんな気持ちを上げようと、「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。 この映画の原題は「UP アップ」なんです。 私のやる気玉にも風船付けて飛ばした〜い{/m_0145/}   喝〜!{/m_0153/}        {/m_0145/}... [続きを読む]

受信: 2010年9月11日 (土) 16時04分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [mama]
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった....... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 15時19分

» カールじいさんの空飛ぶ家(感想182作目) [別館ヒガシ日記]
カールじいさんの空飛ぶ家はWOWOW鑑賞し 結論は前半の感動&後半アクションに驚きだよ 内容は最愛の妻に先立たれた老人のカールが 付け妻と約束の... [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 11時41分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [RISING STEEL]
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 22時51分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [銀幕大帝α]
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 03時06分

» カールじいさんの空飛ぶ家/UP [A Day In The Life]
やっぱり今のうちにレッツゴーで観に行ってきましたよ。 劇場にて鑑賞 解説 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』 の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。 冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 20時11分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 4日 (土) 22時09分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [いやいやえん]
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。すべては妻との思い出のためという気持ちを感じさせてくれる。 しかし大量の風船で家ごと空を飛んだはいいけれど、自然探検隊の少年ラッセルも一緒についてきていた。 憧れの探検家に出会えて興奮するカールじいさんが可愛らしかったですが、思っていたより後... [続きを読む]

受信: 2013年7月10日 (水) 07時32分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Blossom]
カールじいさんの空飛ぶ家 UP 監督 ピート・ドクター アメリカ 2009 [続きを読む]

受信: 2013年7月12日 (金) 22時59分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [こんな映画見ました〜]
『カールじいさんの空飛ぶ家』---UP---2009年(アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演: エドワード・アズナー カール・フレドリクセン ジョーダン・ナガイ ラッセル ボブ・ピーターソン ダグ/アルファ クリストファー・プラマー チャールズ・マンツ 古...... [続きを読む]

受信: 2013年7月13日 (土) 20時18分

» 冒険しようよ~『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 [真紅のthinkingdays]
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自宅に大量の風船をくくり付 け、大空へと飛び立つのだったが・...... [続きを読む]

受信: 2013年7月13日 (土) 21時04分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [心のままに映画の風景]
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに立ち退かなくてはならなくなった。 施設からの迎えが来た日、カー...... [続きを読む]

受信: 2013年7月18日 (木) 22時59分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [prisoners BLOG]
爺さんや、歯が欠けた女の子や、モンゴロイドの太めの男の子といった、リアルな世界では主役級になりにくいキャラクターをしっかり生かしている。 空からばらばら人が落ちても風船がついているかしてそのまま地面に激突しないようにしているのは配慮。 ツェッペリン型の...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 16時54分

» 映画『カールじいさんの空飛ぶ家』★あなたの心にも風船を♪ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューしました。(ネタばれ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id333261/rid145/p1/s0/c1/ 子供向け作品と思っていましたが、 じんわりした、素敵な作品でした。 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/147507/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ....... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 18時36分

« 「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」 怪物の見えざる手 | トップページ | 本 「秋田殺人事件」 »