« 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 | トップページ | 本 「核兵器のしくみ」 »

2009年11月 1日 (日)

「風が強く吹いている」 俺は強さだと思う

基本的にこういう青春スポーツものには弱いのです。
その題材があの箱根駅伝ですから。
リアルな箱根駅伝も十分にドラマチックなのに(日テレのドラマチックにしようしようとする演出には辟易しますが)、それがドラマになったら心の琴線触れまくりです。
ご存知のように駅伝という種目は、他の陸上競技が究極の個人力の戦いであることに対し、チームで襷を繋いでゆくというチームでの戦いであるということが大きな違いです。
そして本作でも台詞でありましたが、確かに駅伝はチームで戦うのだけれど、ある区間を走るのはやはり一人であるのですよね。
つまりは駅伝はチームとしての総合力、そしてやはり究極の個人力も求められる競技なんですよね。
走っているそのとき、選手は誰の力も借りることはできません。
そしてそれを見守る仲間もいくら手を貸したくても、貸すことはできません。
長距離選手に求められるものはという問いにハイジ(小出恵介さん)はこう自問自答します。
「俺は強さだと思う」
そう、必要なのは「強さ」です。
それではその「強さ」はどこからわき出してくるものなのでしょう。
それは日々積み重ねてきた地道な練習により作り上げられた肉体かもしれません。
その練習をやり遂げた自信かもしれません。
そして駅伝競技においては、やはり「仲間」の存在もその強さの源泉になるのだと思います。
こう書くとものすごくベタなのですが、ほんと「仲間」の存在というのは力を与えてくれる者なのです。
物語の中でもカケル(林遣都さん)のかつてのチームメイトが登場しますが、彼らの大学は個人同士の戦いを勝ち残ってこそやっとチームに参加できるのです。
そのチームにあるのは、仲間ではなくライバル。
その緊張感がパワーを与えてくれるのかもしれないですけれど、ほんとうの強さは「仲間」がいてくれることにより生まれると思います。
自分に襷を渡してくれた仲間、そして自分が襷を渡そうとする仲間。
大げさな言い方をすれば、繋ぎ繋ぐ彼らがいてくれるということが、襷を橋渡しするという自分の役割を自覚させてくれるのです。
人間とは弱いものです。
ああ、ダメだと思うこともしばしば。
自分だけしか関わらないことであれば、諦めても自分が辛いだけ。
でも駅伝という競技は、自分が諦めるということが、仲間たちにも諦めさせるということに繋がります。
だからこそ襷は重い。
そしてその重さを支えられる心の強さが駅伝の選手には必要なのです。
でもその重さは自分だけで支えなくてもよいものなのです。
みんなで想いの重さを支える。
支え合う。
やはりそういうことが描かれる物語を観るとジンときてしまうのです。

この題材を選んだ時点で映画としては心に触れる作品が作れるであろうと思います。
ただしっかり観ると、やや演出的には物語と素材に頼りすぎていると思われるような感じもします。
演出としては凡庸だったかな・・・。
出演者の方々は良かったですね。
小出恵介さんは若いのに包容力があり、ある種達観したようなものの見方をするハイジにぴったりとしていたような気がします。
ハイジという男はなにか迷いがない、ブレない強さみたいなものを感じるキャラクターでした。
そして天才ランナーであるカケルを演じる林遣都さんも良かった。
彼は今までもダイビングとかボクシングとかスポーツをやる役柄が多かったですが、本作でもそのランナーぷりは見事でした。
ほんとうのランナーのような美しい走り方でした。
林さんの体を動かすことのセンスには天賦のものを感じます。

今日から11月・・・。
もう2ヶ月で今年も終わりですねえ。
箱根駅伝も、もうそこまで来ているんですね。
今年はどんなドラマが展開するのでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 | トップページ | 本 「核兵器のしくみ」 »

コメント

苗坊さん、こんにちは!

最近のテレビのスポーツ中継はみんな過剰な演出が鼻につきますよね。
NHKですらそういうところありますからね。
やり過ぎるとちょっと嘘くさくなる感じがします。
小説や映画はやはり人にしっかりと焦点をあてていくので、ドラマチックになるのは自然かなとは思います。

投稿: はらやん | 2012年5月13日 (日) 05時53分

私もテレビの無意味なドラマティック演出には辟易しています。今年なんて10区で3位と4位の順位が入れ替わっていたのに全く取り上げてくれませんでした。1位はダントツでそこまで取る必要がないだろうに。
しをんさんの書かれた箱根駅伝は素晴らしかったです。
映画もまたしかり。ただ、最後の演出がまたドラマティックすぎてそこが物凄く残念でしたが。

投稿: 苗坊 | 2012年5月12日 (土) 21時30分

sakuraiさん、こんばんは!

そうなんですよね、スポーツものにはやはり心の琴線に触れるものがありますよね。
林遣都くんの走りは素人っぽくなかったですよね。
箱根駅伝にでているほんとの長距離選手のように見えました。

>都大路に行きますよ
おお、すごい!
出身校だと応援にも熱が入っちゃいますよね。
そういえばうちの会社にも箱根駅伝に出た人がいます。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月19日 (木) 21時39分

あたしもとっても弱いです。
スポーツと、映画は、万国共通!!いいもんはいいですよね。
うちの高校は、今年、県大会で優勝したので、都大路に行きますよ!
でも、うちの県は、駅伝弱小県なんで、いつも40位台をうろうろしてるんですが、まじかにあの走りを見ると、背筋がぞくっとします。
いいっすよ、やっぱ。
とにかく林君の走りに惚れました。
あの走りはマジに素晴らしい。
ぶれない走りは、彼のキャラにもぴったりでしたね。
次のどんな役するのか、楽しみです。

投稿: sakurai | 2009年11月19日 (木) 08時15分

KLYさん、こんばんは!

テーマとしては王道ですよね。
王道だからこそ普遍的で心に響くというところでしょうか。
本作はキャラクターがそれぞれに魅力的であるところもよかったです。
あんまりやりすぎると極めてマンガ的になるところですが、出演者たちが堅実に演じていたので、地に足がついた作品になっていたと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 5日 (木) 19時51分

>この題材を選んだ時点で

そうなんですよ。この作品はテーマと設定が全てだと思うんですよね。
演出に物足りなさは感じますけど、逆にいわゆる典型的な青春スポ根
モノとしては、他に演出のしようもないというか、どうしても限られ
てきちゃうんで、もうそこは目を瞑ってました。
ま、それでもこの手の作品はどうしても惹かれるものがあるんだよなぁ。(笑)

投稿: KLY | 2009年11月 3日 (火) 23時43分

たいむさん、こんにちは!

学生のときとか仕事でもチームでやることを経験しているとこういう作品にはグッときますよね。
そのときの団結感とかを思い出すからかな。
ライバルって人のことを見ると、自分のことだけを考えるわけですが、仲間と見れば相手のことも考えるんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 2日 (月) 22時36分

こんにちは!
私もこの手の作品に弱いです。
自分自身が団体球技をしていて、しかも伝統(強豪)校で、さらに自分の学年だけ人極端に人数が少なくて・・・なんて体験をしてきたせいもありますが。

仲間って良いですよね。
人数が少なかったこともあって、私は「ライバル」ではなく「仲間」の方の意識が強く、なんだか懐かしかったです。

投稿: たいむ | 2009年11月 2日 (月) 22時04分

rose_chocolatさん、こんにちは!

演出的にはそれほど強いものを感じなかったですよね。
題材と出演者が良かったので、救われているような気がしました。
原作を買いましたカー。
僕も読んでみようかな・・・。
林さんはまさにしなやかという印象でしたよね。
マッチョではなく無駄なところがないという感じでしょうか。
こういう役は彼は似合いますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 1日 (日) 16時11分

仰るとおり、
>演出としては凡庸だったかな・・・
なんですよね。
原作は一応買ったんで読む予定なんですが、案外細かそうなので、これを2時間枠で映画にするのは難しそうです。

『バッテリー』ではすごく細すぎた林くんですが、今回の筋肉質っぷりはランナー向きでしたね。
全体的にすごく真面目に作られた映画って感じがしました。

投稿: rose_chocolat | 2009年11月 1日 (日) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46642328

この記事へのトラックバック一覧です: 「風が強く吹いている」 俺は強さだと思う:

» 『風が強く吹いている』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:大森寿美男原作:三浦しをん出演:小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、橋本淳、森廉、内野謙太、ダンテ・カーヴァー、斉藤慶太、斉藤祥太、水沢エレナ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>天に与えられた“走る”才能をもった...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 15時18分

» 風が強く吹いている [花ごよみ]
三浦しをんの同名小説の映画化。 監督は大森寿美男。 小出恵介、林遣都等が、 箱根駅伝出場を目指す、 大学陸上部員達を演じています。 天才ランナー、カケル(林遣都)。 寛政大学陸上競技部の、 リーダーでもあるハイジ(小出恵介)。 そして青竹荘で共同生活をする部員達。 彼等、それぞれのエピソードも、 おもしろく描かれています。 笑いと感涙の映画です。 一つの方向に向かって、 力を限界まで出し尽くし、 たすきをつないでいくマラソン。 不可能を可能にまで変えていったのは、 仲間の熱い友情... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 21時22分

» 「風が強く吹いている」みた。 [たいむのひとりごと]
毎年正月の2日3日は、普段の休日ではありえない早起きをしてまで「箱根駅伝」をスタートから見るのが恒例になっている。決して駅伝(マラソン)ファンではないのだけど、「箱根」だけはなんだか特別で大好きだ。何... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 22時05分

» 「風が強く吹いている」何かを目指すなら向かい風を行け [soramove]
「風が強く吹いている」★★★★オススメ 小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介出演 大森寿美男監督、133分、2009年、2009-10-31公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「10人のランナーがタスキを繋ぐ箱根駅伝への挑戦、 実際に可能かどうかはともかく、 無理だと決めつけずに、目標を持って やり通す事は出来る。 結果が気になるのが人情だけど、 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 01時08分

» 風が強く吹いている/小出恵介、林遣都 [カノンな日々]
直木賞作家の三浦しをんさんの同名小説を映画化した作品です。日本のお正月の伝統行事、風物詩といえる箱根駅伝を題材にした青春ストーリーです。本屋さんで平積みになってるのを見かけ気にはなったんですがハードカバーにはなるべく手を出さないようにしてる私はスルーしち....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 10時54分

» 映画 「風が強く吹いている」 [ようこそMr.G]
映画 「風が強く吹いている」 [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 12時27分

» 風が強く吹いている[試写会] [いい加減社長の日記]
どうやって申し込んだのかも覚えてなかったけど、CyberBuzzさんの試写会に当選してました。 仕事を途中で抜け出しながら、「風が強く吹いている 」を鑑賞。 開場前に東商ホールについたけど、既に4Fから1Fまで、長蛇の列。 若い女の子が多いな... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 13時14分

» 風が強く吹いている [勝手に映画評]
2006年の三浦しをんの小説「風が強く吹いている」の映画化。素人集団が、箱根駅伝に出場する物語を描いている。2007年には漫画化・ラジオドラマ化され、2009年1月には舞台化されており、満を持しての映画化です。 カケルがハイジからアオタケのメンバーに紹介されるところなど、セリフまで殆ど原作どおりのシーンもありますが、映画化に際してストーリー簡略化のためか少しずつ話が原作と異なっている部分があります。私的には、原作の描き方の方が好きですね。映画の描き方だと、話に深みが少し欠けます。 さて、箱根出場... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 13時59分

» 「風が強く吹いている」 [俺の明日はどっちだ]
・ 陸上部に所属していた次男坊から強く強く勧めてもらいながらも読みそびれていた直木賞作家・三浦しをんの同名ベストセラーの映画化作品。 弱小陸上部を舞台に過去に苦い経験を持つ天才ランナー(林遣都)とその仲間たちが挫折を味わったエリート・ランナー(小出恵介)に率いられ、<箱根駅伝>出場という無謀な挑戦に心を一つにして立ち向かっていくという、真っ直ぐな青春映画らしいストーリー展開に疾走感溢れるレースシーンが加わり、なかなか楽しい仕上がり。 ただ、例えばこの手の映画でお約束の淡い恋心エピソードはあまりに... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 20時11分

» 『風が強く吹いている-俺たちはつかんだ。人生を変える、一歩を。-』映画・感想 [my all...]
10月31日(土)公開予定の映画です。公式サイト→http://www.kaze [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 20時26分

» 風が強く吹いている [LOVE Cinemas 調布]
直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化。主演は『僕の彼女はサイボーグ』、『ROOKIES -卒業-』の小出恵介、共演に『DIVE!!』の林遣都、『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』の中村優一、俳優というよりソフトバンクCMで有名なダンテ・カーヴァー、斉藤慶太・祥太など個性的な面々が出演。大森寿美男は本業は脚本家で、今回が監督デビュー作になる。駅伝をテーマにした典型的な青春スポーツドラマだ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 01時50分

» 風が強く吹いている [だらだら無気力ブログ]
直木賞作家・三浦しをんの同名小説を小出恵介と林遣都を主演に迎えて映画化 した青春スポーツドラマ。 ある大学に入学してきた一人の天才ランナーを見つけた故障で挫折した エリートランナーが弱小陸上部の陸上部の寮に引き込み、同じ寮で暮らして いる素人同然の部員8人..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 02時18分

» 風が強く吹いている [やっぱり邦画好き…]
“走り”を通じ、人生の普遍的なテーマに迫る清々しい青春小説、待望の映画化!長距離選手に必要なのは、“速さではなく強さ”―故障による泥沼から這い上がり、独自の結論に達した... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 11時19分

» 風が強く吹いている [象のロケット]
寛政大学新入生の走(カケル)は4年生の灰二(ハイジ)の強引な誘いで“竹青荘”に入居する。 まかない付きで月3万円という破格の家賃には、陸上競技部に入部するという条件があった。 「10人で力を合わせて、箱根で頂点を目指そう!」ハイジの箱根駅伝出場宣言に驚く入居者たち。 ハイジとカケル以外は全員、陸上とはかけ離れた者ばかりだったのだ…。 スポーツ青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 17時56分

» 『風が強く吹いている』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリートランナーにして、寛政大学陸上競技部のリーダーでもあるハイジは、そんなカケルを陸上競技部にスカウトし、ひそかに抱き続けていた箱根... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 02時05分

» 【風が強く吹いている】 [日々のつぶやき]
監督:大森寿美男 出演:小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、斉藤慶太、斉藤祥太    目指せ、箱根駅伝。 「カケルはトラブルを起こした事が原因で競技から離れていた。 そんな天才ランナーカケルが膝の怪我が原因で夢を諦めたハイジと出会い、竹青荘に誘... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 15時21分

» 映画「風が強く吹いている」@ヤクルトホール [masalaの辛口映画館]
 試写会の主催はBIGLOBEさんだ。客層はお子さんから年配の方まで幅広い客層で、客入りは7〜8割ほどだ。  映画の話 高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 17時26分

» 風が強く吹いている [ともみの言いたい放題♪]
今日は、1000円の日{%映画館(movie)hdeco%} [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 21時04分

» 映画「風が強く吹いている」 [FREE TIME]
11月1日のファーストデーに映画「風が強く吹いている」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 01時39分

» 「風が強く吹いている」 [みんなシネマいいのに!]
 落ちこぼれ陸上部員たちが箱根駅伝の出場を目指し奮闘する!  三浦しをんの小説の [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 12時59分

» 風が強く吹いている [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[風が強く吹いている] ブログ村キーワード 評価:7.0/10点満点 2009年96本目(90作品)です。 【あらすじ】 高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、不祥事を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)は寛政大学に入学。 ひざの故障を抱える元エリートランナ..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 10時48分

» 「風が強く吹いている」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
私、何気に箱根駅伝は好きで毎年お正月にはついつい観てしまいますが、いつもこんなに素敵なドラマもなかなか他にはないな〜と思います。(^^ゞ駅伝はマラソンと違い、メンバーが襷を繋がないことにはゴールできません。走るときは一人だけど、実はそうではなく団体競技というところにドラマが生まれやすいのでしょうね。とにかく感動させられるスポーツです。 しかも、自分は関東人なので箱根はとても身近な地。何度も通ったことのある道を走って行く様子は飽きることなく観れるんですよね。そこが、他の場所での駅伝と違い、特..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 22時01分

» 風が強く吹いている [監督:大森寿美男] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
大作駅伝映画。見応えたっぷり。脚本見事。役者陣も最高。おすすめ!! [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 23時48分

» 駅伝版ROOKIES!『風が強く吹いている』 [水曜日のシネマ日記]
箱根駅伝出場を目指す大学弱小陸上競技部員たちの姿を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 11時00分

» 風が強く吹いている[試写会] [いい加減社長の映画日記]
どうやって申し込んだのかも覚えてなかったけど、CyberBuzzさんの試写会に当選してました。仕事を途中で抜け出しながら、「風が強く吹いている」を鑑賞。開場前に東商ホールについたけど、既に4Fから1Fまで、長蛇の列。若い女の子が多いなぁ。ネクタイ締めたおじさんは、私くらいしかいない?【ストーリー】天に与えられた“走る”才能をもった2人の若者が出会った。致命的な故障でエリート・ランナーへの道を諦めたハイジと、事件を起こし競技から遠ざかった天才走者カケルだ。ハイジはカケルこそが秘かに温めていた計画の切り... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 11時28分

» 風が強く吹いている [ダイターンクラッシュ!!]
2009年11月6日(金) 15:10~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:700円(買っていない) 『風が強く吹いている』公式サイト フリーパス鑑賞7本目。 ほとんど素人みたいな連中が団体競技の大会を目指して、紆余曲折あるが一致団結し、ある程度の結果を出すという、掃いて捨てるほどあるパターンの作品。しかも、人格者、別格の能力を持つ奴、シニカルな奴、能天気な奴などステレオタイプ的な登場人物たちである。極めて判りやすい。 そういう意味で、安心して観られる、期... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 17時24分

» 風が強く吹いている (小出恵介さん&林遣都さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆小出恵介さん(のつもり) ◆林遣都さん(のつもり) 映画『風が強く吹いている』に小出恵介さんはハイジ(清瀬灰二)役で、林遣都さんはカケル(蔵原走)役で出演しています。原作は三浦しをんさんの同名小説です。これまでに漫画化、ラジオドラマ化、舞台化もされています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年11月13日 (金) 17時33分

» 映画 「風が強く吹いている」 [ぷくの日記]
小出恵介、林遣都、中村優一、ダンテ・カーヴァー、斉藤祥太、斉藤慶太、川村陽介、橋本淳、森廉、内野謙太、水沢エレナ [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 23時57分

» 「風が強く吹いている」 [雲九のもくもく覚書]
試写会応募の結果待ちの間に三浦しをんさんの原作を読みヒジョーに観たくなりました。 残念ながら外れてしまったけど明日の感謝デーまで待てずシネコンの更新ポイントでGO! 読後まもないのでここが違う、あそこが変わったとどうしても較べがちでしたが、 キャストについては先に公式サイトで顔ぶれをざっと眺めてから本を読んだので そんなに大きな違和感はなかったです。 ただ…ニコチャンと王子はちょっとイメージとずれてたかなぁ(ついでに言えば大家さんも)。 ニコチャンは私の中で完全にドテラ鉢巻の人(←これが誤り?)だ... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 17時11分

» 「風が強く吹いている」 [てんびんthe LIFE]
[続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 08時55分

» 風が強く吹いている [迷宮映画館]
うっぅぅ、感動してしまった・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 08時10分

» 『風が強く吹いている』 7P [OL映画でいやし生活]
私的オススメ度:7P小出くんファンなものでして。っていうのもありますが、割と見た人の評判も良さそうなので金曜日だというのに一人で見てきましたー。【STORY】高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)。ひざ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 9日 (土) 22時30分

» 09-329「風が強く吹いている」(日本) [CINECHANの映画感想]
走るって、一体なんだろう?  寛政大学の4年生ハイジは、新入生のカケルに声を掛けると半ば強引に自分が寮長を務める竹青荘に入居させる。まかない付きで3万円という破格の家賃の裏には陸上部への入部という条件が付いていた。カケルは、高校時代には将来を嘱望されていた天才ランナーだったのだ。  そんなカケルとの出会いが、ハイジに無謀な夢への一歩を決意させる。そして、寮の住人たちを前にして、このメンバーで箱根駅伝に出場する、と宣言するのだった。  しかし、ハイジとカケル以外の残りの8人は、ハイジの...... [続きを読む]

受信: 2010年1月20日 (水) 01時09分

» 風が強く吹いている [ハクナマタタ]
10月の中旬に箱根駅伝の予選会が今年も行われた 箱根駅伝は毎年みる あの、特別な感じはなんなんだろう 襷を繋ぐのをみるときの想いは 豆腐を作るときに 優しく木綿のサラシで豆乳とオカラをわけるように じわじわきゅっきゅと 急激に胸が締め付けられるのではなくて... [続きを読む]

受信: 2010年12月 3日 (金) 20時21分

» 風が強く吹いている [さむこの部屋]
直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化した青春ストーリー。箱根駅伝出場を目指す大学陸上競技部員10人の奮闘を描く。 林遣都、小出恵介。 主演2人がいい。 最初から最後ま ... [続きを読む]

受信: 2011年7月30日 (土) 22時02分

» 風が強く吹いている [A Day In The Life]
DVDにて観賞 解説 直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化した青春ストーリー。 箱根駅伝出場を目指す大学陸上競技部員10人の奮闘を描く。 監督は『次郎長三国志』などの脚本家であり、本作が監督デビュー となる大森寿美男。 致命的な故障からはい上がる元エリー... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 22時30分

» 風が強く吹いている [★tip of the iceberg★]
アマゾンヘ 東洋大学の箱根駅伝2年ぶりの優勝を受けて、この作品を思い出さずにはいられない。 ちょうど、本日のau携帯サイトのトップページの「日々是名言」も小出恵介さん演じる灰二(ハイジ)の言葉を引用していました。 人は努力しています。 どんな形でも、どん...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 15時55分

» [映画] 風が強く吹いている [日々の書付]
三浦しをん原作の駅伝小説「風が強く吹いている」の映画化。 たった10人の陸上部員が箱根駅伝で奇跡を起こします。 高校陸上部で不祥事を起こしたカケルは、お金のないところを大学の先輩ハイジに誘われ、ボロアパート竹青荘に住むことになる。しかし、実は竹青荘は寛政大学陸上部の寮だった。ハイジは自ら才能を見出した他のメンバーたちと共に、「この10人で箱根駅伝を目指す」と宣言。 リーダー・ハイジの指導のもと、アフリカ留学生ムサ、ニコチャン先輩、ユキ、神童、キング、ジョージ・ジョータ(双子)、王子たちとと... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 11時38分

» 風が強く吹いている [苗坊の徒然日記]
高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都) ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリートランナーにして、寛政大学陸上競 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 21時28分

» 風が強く吹いている [♪HAVE A NICE DAY♪]
映画「まほろ駅前多田便利軒 」がとても面白かったので この本と一緒に 「風が強く吹いている」を借りて読みましたら・・・ 駅伝出場をめざす、仲間10人の友情の物語 いや〜感動作でしたね〜面白かったー この10人、一人一人がいい味出てて又いい〜 箱根駅伝は...... [続きを読む]

受信: 2013年1月27日 (日) 20時06分

» 風が強く吹いている [Yuhiの読書日記+α]
直木賞作家・三浦しをんの同名小説を映画化した青春ストーリー。箱根駅伝出場を目指す大学陸上競技部員10人の奮闘を描く。監督は大森寿美男、キャストは小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、津川雅彦他。 <あらすじ> 高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 00時00分

» 映画『風が強く吹いている』★気持ちいい風が吹いてくる [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューしました。(ネタバレ表示なしです) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id334147/rid52/p0/s0/c0/ 箱根駅伝を描いた青春の風吹く、爽やかなドラマです♪ あの、マスコット?に、ウケマス☆ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/150487/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ....... [続きを読む]

受信: 2013年5月12日 (日) 23時27分

« 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 | トップページ | 本 「核兵器のしくみ」 »