« 本 「真夜中の神話」 | トップページ | 「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D »

2009年11月21日 (土)

「イングロリアス・バスターズ」 料金返却してとは言いませんが・・・

本作を観てつまらないと感じ、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却するという「面白さタランかったら全額返金しバスターズ」というロッ○リアのハンバーガーのようなキャンペーンを実施中の「イングロリアス・バスターズ」を早速観てきました。
奇をてらったキャンペーンも配給会社の自信の現れかとも思いましたし、また最近クセのある役に意欲的に取り組んでいるブラッド・ピットも観たかったですし。

えーと、おもしろかったですかね・・・?
全部観ちゃったんで料金返却してとは言いませんが、あんまりおもしろくなかったのでした。
そもそもタランティーノの作品は非常にクセがあるわけで、かなり観客の好みが分かれる映画を作る人ではありますが、それほど嫌いではないのです。
ですので僕としては趣味性爆発のタランティーノワールドを展開してくれればいいのですが、本作はやや押さえ気味だったような気がして、やや腹五分目くらいな印象でした。
タランティーノにはゲップがでるくらいのテンションを求めたいのです。
「キル・ビル」などが代表ですが、彼の作品は物語としては破綻気味であっても、彼の作品に込めたフィティッシュな熱量で押し切ってしまう強さがあると思うんですが、本作はその熱の温度が低めです。
ですので、いつもよりも物語の粗さみたいなものが浮き上がってきてしまっているように感じました。
期待していたブラッド・ピットももっと弾けているのかなと思ったのですけど、思っていたより出番は少なかったですし、これも残念(予告で流れていた「イエスイエスイエスイエス」は本編にはなかった・・・)。

ちょっと本作の主題とはずれますが、観てちょっと考えたことを書きます。
本作の舞台となるのは、第二次世界大戦下ドイツ軍に占領されたパリです。
ですので、本作の中では英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語が乱れ飛びます(字幕嫌いのアメリカ人は苦手ではなかろうか)。
なんでも英語にしてしまうアメリカの映画ではこれは珍しいかと思います。
そしてこの言葉の違いが本作の中ではキーとなります。
スパイと接触しようとするバスターズたちの正体がバレるのも微妙なドイツ語の話し方からですし、またアルド大尉も拙いイタリア語で馬脚をあらわします。
そして幾人もの登場人物たちが計画する復讐、陰謀が錯綜する中で、うまく立ち回るのがいくつもの言語を操るドイツ人SSランダ大佐であるわけです。
聖書の中のバベルの塔の話であるように、言語が違うとそこには見えない壁ができてしまいます。
その壁が争いのタネになってしまうわけでもあるのですが、逆に多言語を操ることができればそれは一つの武器になるということです。
まさにランダはその力を己が生きるために駆使していたわけです。
彼にとっては母国も母国語も何ら特別なものではなく、だからこそ戦況を見て勝ち馬に乗ろうとする行動をとれるわけです。
彼にとっては所属する国家というものはあまり意味がないものなのでしょう。
そのランダに対し、アルドはその所属にこだわります。
劇中で出身はテネシーと言っていましたが、ここは南部地域でより伝統的な価値観を大事にする土地柄です。
また本人も嘘かほんとかわからないですが、インディアンの血が入っているとも言い、そのルーツにこだわっていることも感じられます。
彼の所属へのこだわりは自分に対してだけでなく、相手にも求められます。
敵であるナチがナチをやめてしまうことというのは彼にとっては許しがたいことであり、だからこそ彼はナチをナチのまま殺すか、生きるならナチとしての印を刻まないわけにはいかなかったのでしょう。
彼がアメリカンな英語しか話せない(イタリア語は話せるとは言いながらも、あれはほとんどカタコト)というのも、ランダとの対称性を感じさせます。
とつらつら書きましたが、たぶんタランティーノがやりたかったこととは全く関係がないことでしょう。

後に残るは死体の山だけというのはタランティーノらしいと言えば、らしかったかな。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「真夜中の神話」 | トップページ | 「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

うん、予告で観た雰囲気とちょっと違いましたよね。
それで期待感の方向がすこしずれてしまいました。
どちらかというと一般の人広く意識した作品になっていましたね。
彼のマニアックなのも好きなんですけど、これはこれでありでしょうか。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月18日 (金) 06時57分

やはりこれは宣伝の仕方のツボが違ってたなあア・・と思いますわ。
「おもしろさ・・」ではなく、「うまさ・・・」でしたからね。
タラちゃんの映画で、大笑いなんて・・・ないですよね。
相変わらず、脚本はうまいなああと感心します。
彼の持つ、徹底ぶりは、映画人の鏡だと思います。

投稿: sakurai | 2009年12月15日 (火) 19時50分

ゆきねこさん、こんばんは!

日本人は周りがほとんど同じ言葉を話し、同じバックボーンを持っているので、ランダ大佐の無国籍性には驚きますよね。
ヨーロッパにしても中国にしても地続きのところはそういうことがあるのが普通だったりするので、おっしゃるように日本の方が特殊なガラパゴス的な環境にあるのかもしれないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 5日 (土) 20時32分

はじめまして!

きのうレイトショーで視聴したあと
今もぼんやり映画の余韻に浸っておりまして
(一種の虚脱感?)

他の感想サイトと比べて
貴HPがとても自分に近いと感じ 初投稿いたします

野暮は承知ですが

娯楽作品としてのナチ復讐ドラマ、
やっぱり マーケティング的には
一般大衆にむけて

1.21世紀も ずっとずっと ナチを忘れるな!

2.人間てなぁここまで残酷になれる生き物なんだぜ~!

そして 
(はげしく共感しました)
ご指摘の言語別キャラ演出でいけば
SSランダ大佐⇒無国籍性の中に

3.グローバルは信じらんないわな!

そんなメッセージが込められているのでは?と思いました次第

同時に 
島国根性、ガラパゴスな日本人の閉鎖性まで
みずからを反芻しつつ 思い知った帰り道でした、苦笑

ま~ タラ監督に拒絶感あったボクとしては
彼の最高傑作と云いましょう

蛇足
ランダとショシュアが将校クラブで再会したシーン、
ランダのケーキを食う演技がすごかったな~
舌使い、フォークさばきなど
細かい動作のひとつひとつ、
あれだけでキャラを全部出してますよね

投稿: ゆきねこ | 2009年12月 2日 (水) 10時48分

ノラネコさん、こんにちは!

けっこうみなさんの評判よいですよね。
ちょっとマニアックなものを期待しすぎていたかもしれません。
確かにマニアっぽさは少ない分、一般の方にも見易くなっていますよね。
言語の話はやはりタランティーノは考えていたのかな。
そういうところはやはりマニアックなのでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月29日 (日) 08時43分

こんばんは。
私はかなり面白かったです。
タランティーノ映画では「パルプフィクション」以来の快作だと思います。
というのも、私は所謂タンテーノ節の「俺凄いマニアでしょ、この映画凄いマニアックでしょ」的な部分が鼻に付くと感じていて、特にここ数作はマンネリに感じておりました。
この作品は確かに薄味なのですが、その分全体のバランスと構成が重視されており、非常に観やすくなっていたと思います。
正直、以前のタランティーノ映画って、よほどの映画マニアにしか薦められなかったですが、今回のは「面白いよ」とごく普通の映画好きにも言える気がしました。
まあそれでも中心にあるのは映画愛。
はらやんさんが着目された言語の役割も、キッチリ計算されたものだと思います。

投稿: ノラネコ | 2009年11月29日 (日) 00時59分

ひろちゃんさん、こんばんは!

あら意外、タランティーノは初めてでしたかー。
タランティーノ作品はクセが強いので、初めてだとこのくらいがちょうどいいかもしれないですね。
タランティーノの作品をいくつか観ていると、ちょっともの足りないところもありました。
予告で出ていたヒトラーとブラピのシチュエーションがあるかと思ったのですが、なかったのがちょっと残念でした。
ランダ大佐は良かったですよね。
彼が本作の主役とも言えるような気がしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月26日 (木) 21時16分

あれっ?はらやんさんはイマイチでしたか(^^ゞ
私はタランティーンの作品初めてでしたが、これか結構
楽しめました。この監督の作品好きって言う方が、この作品は
ちょっとと言う方が意外に多く驚きました。
私は、意外と見易かった作品なのですが・・・

確かにあの予告編ですと、ブラピVSヒトラーを期待しちゃいますよね(^^ゞ
そう言えばイエス・・・なかったような・・・
結局ブラピとヒトラーの対決はなかったですもんね(^^ゞ
タランティーノ作品をたくさんご覧になっているかたが、あの予告編観ちゃうと
かなり期待してしまうのかもしれませんね。ブラピVSヒトラーはなかったですが、
熱血漢だけどちょっとオバカなブラピと冷血感で頭が切れるランダ大佐の対比が
面白かったです^^

投稿: こんばんは^^ | 2009年11月24日 (火) 21時54分

rose_chocolatさん、こんばんは!

そう、アメリカの映画って最初だけフランス語ですぐに英語に切り替わる映画って多いですよね。
本作は言語の違いを上手く使っている作品でした。
それが物語のキーとなっていましたよね。
言葉は話せると絶対得ですよねー。
といいつつも、英語をやる気がまったくない私・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月22日 (日) 17時47分

ヨーロッパが舞台なのに全編英語で作っている映画が許せない自分としては(笑)、そこにとても重要な伏線を置いてた本作は大変面白かったです。第1章の、仏語→英語への意味とか、ランダのいきなりな伊語なんかもちゃんと考えてあるんでね。 このランダが言語関係にかなり絡んでくるのも愉快だし、また語学を制する者は仰る通り世界を制することができるようにも思いました。 ・・・って、語学は今でもできる人が強いけどねー(笑) タラちゃん苦手な私ですがこれはよかったです。

投稿: rose_chocolat | 2009年11月22日 (日) 09時32分

みやこさん、こんばんは!

そうなですかー、どおりでどれも上手だなと思いました。
もっとマニアックな感じでも良かったのですが、あまりやりすぎると一般受けはしないですものね。
他の方のレビューを見ると評判も上々のようですから、このくらいがちょうどいいのかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月21日 (土) 22時58分

SOARさん、こんばんは!

そう、予告のようなヒトラーとの掛け合いがあると思っていたので、ちょっと肩すかしに感じてしまったんですよ。
言葉の話については、アメリカとヨーロッパの違いっていうのがよく出ていたと思います。
そのあたりはとても巧いなあと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月21日 (土) 19時58分

こんにちわ。

言語のくだりの記事はとても興味深く読ませていただきました。大佐役の方は、実際複数の言語を操れる方らしいですね。

タランティーのワールドを期待してた方にはちょっと物足りなかったですかね? 一般向けになってた分 私なんかはすごく観易すかったです。ははっ^^

投稿: みやこ | 2009年11月21日 (土) 19時31分

ヒトラーとの掛け合いのようにつなげた予告ならではのあのシーン、
双方の韻の踏み方が絶妙なんですよね。
本編ではブラピのほうが確かに出てきませんでした~。

戦時ということでより言語が入り混じるヨーロッパの実情を、
うまく活かしていましたね。
酒場のシーンでは指で表す数字の違いもなるほどでした。

投稿: SOAR | 2009年11月21日 (土) 19時19分

たいむさん、こんにちは!

予告がおもしろかったので、けっこう期待しちゃったんですよね。
ブラピとヒトラーの掛け合いがあるかと思っていたのに・・・。
死屍累々は相変わらずでしたが、いつもよりも少ない感じもしました。
総統もあんなめにあうとは・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月21日 (土) 16時28分

こんにちは!
そうそう、ナイナイ・・・が思いの外早くって、なのにイエスイエス・・が無かったのは少し残念でした。対比が面白い予告編でしたよねw

屍の山は相変わらずでしたねー(^^;;;

投稿: たいむ | 2009年11月21日 (土) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46816024

この記事へのトラックバック一覧です: 「イングロリアス・バスターズ」 料金返却してとは言いませんが・・・:

» イングロリアス・バスターズ プレミア/ INGLOURIOUS BASTERDS (2度目鑑賞) [我想一個人映画美的女人blog]
前回のタラの「デス・プルーフ」プレミアの際には ありえないことにタラちゃんのお隣に座って、しゃくれあごが視界に入りながら観たmigですが そのタランティーノ最新作、 「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア行って来ました〜{/kirakira/} いよいよ日本で20日から公開! 前回同様、同行者はタラ映画好きの父。 今回のレッドカーペットならぬイエローカーペットは先着100人のみ{/atten/} ってことで、間に合うかなぁ〜なんて懸念ありつつ、これまでそんな気合い入れた事ない意気込みで9時... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 11時19分

» イングロリアス・バスターズ [心のままに映画の風景]
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町。 “ユダヤ・ハンター”の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を虐殺され... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 13時34分

» 「イングロリアス・バスターズ」みた。 [たいむのひとりごと]
いやはや相変わらず趣味に走ったマニアックな作品だこと[E:coldsweats01]5章立てになっていて、時折”天の声”が入るのが実にアニメちっく。(『ヤッターマン』でいうところの「説明しよう!」って... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 14時51分

» イングロリアス・バスターズ [Akira's VOICE]
プロパガンダ?   [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 16時45分

» イングロリアス・バスターズ [悠雅的生活]
牛乳。スコッチ。消えない印。 [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 18時02分

» イングロリアス・バスターズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『名誉なき野郎ども<イングロリアス・バスターズ>が映画界の常識をブチ壊す!』  コチラの「イングロリアス・バスターズ」は、当代きっての個性派監督の鬼才クエンティン・タランティーノが、当代きっての人気俳優のブラッド・ピットを主演に迎え、監督のキャリアの....... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 19時14分

» 『イングロリアス・バスターズ』・・・エキセントリックな男たち [SOARのパストラーレ♪]
タランティーノ監督作品には苦手意識があり、『キル・ビル』など有名どころも含めこれまできちんと観たことがない私。本作も当初は何事もなくスルーで終わるはずだった・・・のだが、劇場予告やら紹介番組を見ているうちに興味がわき、この「食わず嫌い」克服のきっかけになりそうな気もしてきたので劇場に足を運んだ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 19時19分

» イングロリアス・バスターズ [みやこのThinking World!]
「もし、面白くなければ返金します!」 タラちゃん(migさんがこう呼んでたのが可 [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 19時44分

» 劇場鑑賞「イングロリアス・バスターズ」 [日々“是”精進!]
(CD)オリジナル・サウンドトラック イングロリアス・バスターズ/(オリジナル・サウンドトラ...「イングロリアス・バスターズ」を鑑賞してきました「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテーマに描く痛快アクション・エ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 20時05分

» 『イングロリアス・バスターズ』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----今日の映画は 日本でも人気が高いクエンティン・タランティーノ監督の新作 『イングロリアス・バスターズ』。 主演は、あのブラッド・ピット。 で、第二次世界大戦を背景にしているんだって。 じゃあ、これって戦争映画? 思わず聞きたくなるところだけど、そう一言で言い切れるものじゃないらしい。 フォーンはよく知らないけど1960年代に流行った特攻アクションと、 タランティーノお得意の復讐ものが一緒になっているのだとか…。 しかも、そのタッチがまたしてもマカロニ・ウエスタン風。 音楽も『荒野の一ドル銀... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 22時27分

» イングロリアス・バスターズ [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:INGLOURIOUS BASTERDS公開:2009/11/20製作国:アメリカ R15+上映時間:152分鑑賞日:2009/11/21監督:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン悪名こそ、彼らの名誉....... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 23時11分

» イングロリアス・バスターズ [LOVE Cinemas 調布]
「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督最新作。主演はブラッド・ピット。共演に「ナショナル・トレジャー」シリーズのダイアン・クルガー、『PARIS(パリ)』のメラニー・ロラン、そしてこの作品でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ。ナチス占領下のフランスを舞台に繰り広げられる壮大な復讐劇の火蓋が今切って落とされる――。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 23時22分

» イングロリアス・バスターズ [ぷち てんてん]
確かに、タラちゃんの映画だった!!こりゃ〜、好き嫌いが分かれそう(笑)☆イングロリアス・バスターズ☆(2009)クエンティン・タランティーノ監督ブラッド・ピットクリストフ・ヴァルツメラニー・ロランダイアン・クルーガーダニエル・ブリュールマイク・マイヤーズス...... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 00時37分

» イングロリアス・バスターズ [そーれりぽーと]
面白くなかったら全額返金! 『イングロリアス・バスターズ』を観てきました。 ★★★★ タラちゃんの映画が評価高いのは、マニアックなタラちゃんの映画が好きな人だけが映画館に足を運ぶから高いのであって、「面白くなかったら全額返金!」なんて言って一般のお客さん呼び込んでも大丈夫なの?と思いながらの鑑賞。 俺は映画好きなので、感想は“面白かった”です。 でも、映画好きじゃない人が「面白い」って言葉からエンターテイメント性に期待して観たら眠くなる場面が何度も有りそう。 実際「金返せ」って言う人居てもおかし... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 00時52分

» 「イングロリアス・バスターズ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「イングロリアス・バスターズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、ミヒャエル・ファスベンダー、イーライ・ロス、ダニエル・ブリュ..... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 04時54分

» 映画:イングロリアス・バスターズ タランティーノ × 戦争映画 = こんなのかつて見たことない! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
一筋縄ではいかない映画ばかり創り続けている、クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino。 前作、デス・プルーフ in グラインドハウス Grindhouse では、場末の映画館の雰囲気を出すためにあえて「2本立て」+「実在しない映画の予告編4本」という通常考えつかない手法を使い、度肝を抜かれた。 残念ながら日本では、2本立てがバラバラにされ、別々に公開されるという信じがたい一方、実に日本的な事態ではあった。 (一応弁護すると、公開直後だけは「デス・プルーフ」 と「 グラインド... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 05時48分

» 『イングロリアス・バスターズ』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:INGLOURIOUSBASTERDS監督・脚本:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス鑑賞劇場 : TOHOシネマズ日劇(TOHOシネマ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 09時24分

» イングロリアス・バスタ―ズ☆★2009 [銅版画制作の日々]
 INGLOURIOUS BASTERDS フリ―パスポートでの鑑賞第二弾はブラビ&タランティ―ノがタッグを組んだこの作品「イングロリアス・バスターズ」です。今回は初日に観て参りました! タランティ―ノワールドは今回も素晴らしい仕上がりです。期待を裏切ることなく、独特な世界観を見せてくれました。その作品のモチーフは何とNatisu戦争。但し歴史上の戦争についてではありません。あくまでも歴史に忠実ではなく、タランティ―ノ流のブラックファンタジーという感じでしょうか。 キャストもバラエティーです。... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 10時57分

» [映画『イングロリアス・バスターズ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆私は転職したのだが、今度の会社は、「イングロリアス」な職場で、ボカスカと稼げるのだが、とにかく忙しい。  休みも、確定は日曜だけで、映画も、その一日で観まくるしかない。  でも、貴重な休日も、社長や専務セッティングの合コンである^^;  ・・・しかし、私ってのは、一年ごとにどこかの企業に正社員として入社し、すぐ辞める男であるなぁ^^;  でも、今の、この、「ルフィ海賊団」のような職場は、もういい年だし、続けねばならない。  で、皆に、私が言いたいのは、映画のレビューも短くなるぞ、ってこと... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 16時58分

» イングロリアス・バスターズ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス、ロッド・テイラー、マイク・マイヤーズ、クロリス・リーチマン、サミュエ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 22時28分

» イングロリアス・バスターズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
タランティーノ監督とブラピの映画、楽しみにしていたので公開日に観に行きました〜が・・・・・感想が遅くなりました・・・・・だって、だって、、、【story】ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す―  監督:クエンティン・タランテ... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 10時55分

» 映画「イングロリアス・バスターズ」@東京国際フォーラム ホールA [masalaの辛口映画館]
 当日はジャパン・プレミア試写会と言う事で映画上映前に、クエンティン・タランティーノ監督、出演者のブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ジュリー・ドリュフェスの舞台挨拶があって映画が上映された。タランティーノはサニー千葉(千葉真一)から貰ったと言う侍風の...... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 13時36分

» イングロリアス・バスターズ [Diarydiary! ]
《イングロリアス・バスターズ》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - INGL [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 19時12分

» 「イングロリアス・バスターズ(INGLOURIOUS BASTERDS)」映画感想 [Wilderlandwandar]
クエンティン・タランティーノがブラッド・ピット主演のナチ物おバカ映画を作ったと言うことなので早速見てきました。 第2次世 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 21時42分

» 【イングロリアス・バスターズ】★ブラッド・ピット [猫とHidamariで]
すべてはプレミアの夜、明らかになる。イングロリアス・バスターズ HPその昔、ナチス占領下のフランスでひとりの少女が復讐を誓った。時を同じくして特殊部隊に【極秘命令】が下された。イングロリアス・バスターズ シネマトゥデイ英題:INGLOURIOUSBASTERDS製作年...... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 22時40分

» イングロリアス・バスターズ [象のロケット]
1944年、ナチス占領下のフランス。 身分を隠し映画館主となったユダヤ人女性・ショシャナは、ナチスへの復讐を計画する。 一方、アルド・レイン中尉率いる“バスターズ”ことユダヤ系アメリカ兵特殊部隊は、残虐な手口でナチスを殺害していた。 ナチスの“ユダヤ・ハンター”ことランダ大佐の目が光る中、両者の作戦が、ナチス高官が集うプロパガンダ映画の上映会場で交錯する…。 戦争群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 20時06分

» ★イングロリアス・バスターズ(2009)★ [CinemaCollection]
INGLOURIOUSBASTERDS悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)。上映時間152分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/11/20ジャンルアクション/戦争映倫R15+【解説】「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 21時44分

» イングロリアス・バスターズ [5125年映画の旅]
第二次大戦下のフランス。ナチスに恐れられる無法者の秘密部隊バスターズは、ナチス主催の映画祭にヒトラーが参加するという情報を入手し、映画祭襲撃を画策する。しかし、映画祭が催される映画館のオーナーにして、かつてナチスに家族を惨殺されたショシャナも、独自にヒ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 21時54分

» イングロリアス・バスターズ [だらだら無気力ブログ]
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、ユダヤ人女性のショシャナは 家族とともに匿われていたが、家族はナチスドイツのランダ大佐によって 発見され射殺されてしまう。ただ一人ショシャナは銃撃を免れて逃げだす ことに成功する。 1944年、アルド・レイン中尉を隊長..... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 01時34分

» *イングロリアス・バスターズ* [Cartouche]
{{{   ***STORY***           2009年  アメリカ 1944年6月、ドイツ占領下のフランス。映画館主のミミューはドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになった。その事実をつかんだイギリス軍はナチス諸共映画館を爆破すべくアルド中尉率いる“イングロリアス・バスターズ”を動員し、スパイのブリジッドと接触を図らせる。一方ナチスでは“ユダヤ・ハンター”の異名をとるランダ大佐が動き出し…。}}} ヴァイオレンス..... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 17時15分

» 「イングロリアス・バスターズ」ジャパン・プレミア試写会観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「イングロリアス・バスターズ」 (原題:INGLOURIOUS BASTERDS) 監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、ミヒャエル・ファスベンダー、イーライ・ロス、ダニエル・ブリュール、ティル・シュヴァイガー、B・J・ノヴァク、サム・レヴァイン、ポール・ラスト、ギデオン・ブルクハルト、オマー・ドゥーム、マイケル・バコール、アウグスト・ディール、マイク・マイヤーズ、ジュリー・ドレフュス、シルヴェスター・グロート、... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 18時23分

» 『イングロリアス・バスターズ』 [purebreath★マリーの映画館]
悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)『イングロリアス・バスターズ』監督・脚本・製作・・・クエンティン・タランティーノ出演・・・ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、イーライ・ロス、マイケル・ファスベンダー、ダイアン・クルーガー、ダニエ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 22時09分

» イングロリアス・バスターズ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
この映画の秀逸な着眼点は、途中からナチス側が迫害される恐怖におびえる点だ。さらに、映画館の中にヒトラーらの幹部を集めて可燃性フィルムを使って劇場に火をつける。映画の中でナチス幹部を抹殺して、外に逃げたユダヤ人ハンターのハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァ... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 00時03分

» 【イングロリアス・バスターズ】 [日々のつぶやき]
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール、クリストフ・ヴァルツ    悪名こそ、彼らの名誉 「1944年ドイツ占領下のフランス、小さな映画館のオーナーのショシャナは、ド... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 10時40分

» イングロリアス・バスターズ [こんな映画見ました〜]
『イングロリアス・バスターズ』 ---INGLOURIOUS BASTERDS--- 2009年(アメリカ) 監督:クエンティン・タランティーノ 出演: ブラッド・ピット 、ダイアン・クルーガー 、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン 1944年、ナチス占領下のフランス。 かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナ(メラニー・ロラン)は、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 14時10分

» イングロリアス・バスターズ [メルブロ]
イングロリアス・バスターズ 291本目 2009-51 上映時間 2時間32分 監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ブラッド・ピット ダイアン・クルーガー クリストフ・ヴァルツ メラニー・ロラン イーライ・ロス マイク・マイヤーズ 会場 TOHOシネマズ 府中 評価 6...... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 18時11分

» イングロリアス・バスターズ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
面白くなかったら、鑑賞料金返金しますってまぁ、凄いこと言っちゃってますね(笑)そんな返金キャンペーンは終わった後なんですが『イングロリアス・バスターズ』鑑賞。舞台はナチス占領下のパリかつて家族を殺された少女ショシャナ。ドイツの英雄を描いたプロパガンダ映画... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 23時36分

» 映画「イングロリアス・バスターズ」 [おそらく見聞録]
監督:クエンティン・タランティーノ(皆のタラちゃん) 出演:ブラッド・ピット(◎)メラニー・ロラン(素敵)クリストフ・ヴァルツ(断然素敵!) 出演:ダニエル・ブリュール イーライ・ロス ダイアン・クルーガー ジュリー・ドレフュス  ナチス兵を残虐に抹殺す... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 16時21分

» イングロリアス・バスターズ [Memoirs_of_dai]
ブラピよりもランダ大佐 【Story】 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 19時13分

» 「イングロリアス・バスターズ」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                      「イングロリアス・バスターズ」 監督・脚本 クエンティン・タランティーノ 多少の中だるみはあったものの、ラストでそのうっぷんを思う存分晴らしてくれました!! ネタバレあります・・! あらすじ・・・。 1941年、数え切れないほどのユダヤ人を捕らえて虐殺してきた“ユダヤ・ハンター”の異名を取るハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)は、 ある民家の床下に隠れていたユダヤ人一家を銃撃して殺した・・! が、一人だけ銃撃を逃れた娘、ショシャナ(メラニー... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 19時50分

» 映画「イングロリアス・バスターズ」 [<花>の本と映画の感想]
イングロリアス・バスターズ   映画館にて鑑賞 監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ブラッド・ピット イーライ・ロス,ティル・シュヴァイガー,ジャッキー・イド,メラニー・ロラン,ダイアン・... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 21時20分

» イングロリアス・バスターズ お金返していらんてぃーの ってか払ってないてーの… [労組書記長社労士のブログ]
【 69 -13- 1ヶ月フリーパスポート=17 】 上映前から話題性たっぷりで、そのうえ上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却するという“面白さタランかったら、全額返金しバスターズ!”なんてワケわからんキャンペーンを張るからますます話題沸騰だった。(タランティーノは「つまらないと思った人は出て行ってください。残った皆で楽しくやろうじゃないか」と語っていたらしい。) そこまでしなくても十分観客動員は出来るだろうって思っていたけど、しかし梅田・難波・西宮の上映スケジュールを見てびっくり。... [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 00時39分

» イングロリアス・バスターズ [幕張コーポ前]
448フレンズのTSUKAちゃん、ノリちゃんと一緒にクエンティンの映画観てきました。イングロリアス・バスターズタランティーノらしい、ひっどい映画でした笑クエンティン・タランティーノが戦争映画を撮るとこんな感じになってしまうんですね ヒトラーがかわいそうだ笑でもこの... [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 07時06分

» イングロリアス・バスターズ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
イングロリアス・バスターズ’09:米 ◆原題:INGLOURIOUS BASTERDS◆監督: クエンティン・タランティーノ◆出演: ブラッド・ピット 、 メラニー・ロラン 、 クリストフ・ヴァルツ 、 ダニエル・ブリュール 、 イーライ・ロス 、 ダイアン・クルーガー 、 ジュリー・ドレフ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 16時00分

» イングロリアス・バスターズ 2009-53 [悠久の華美]
良く考えられて作られてる映画だと思う、そのまま1本の映画として公開したら今と同じ評価が出来たかな?この映画5部構成になってて、その1章... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 19時55分

» ★「イングロリアス・バスターズ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その2本目。 タランティーノ監督作史上最高のヒット作となってるらしい本作・・・ ブラピが主演のヒトラー退治ものだけど・・・ 映画製作系のストーリーなところが、タラちゃんらしいのか???... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 03時40分

» 「イングロリアス・バスターズ」 [てんびんthe LIFE]
「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 今年2回も生ブラピに会えるとは…大感激。 誘っていただきありがとう。 朝から並んでくれてありがとう。 どうしてもブラピは自力ではダメだめ。 それでもイエローカーペット(何で黄色なんだかよくわからないが)でも遠目に見えたし、 舞台からも近くで見えたし、体が小刻みにうれしさで震える…。 やっぱり私ってブラピ♡I LOVE YOU♡だわん。 ブラピってどうやっても美しさを隠しきれないのが憎いね。 感... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 22時02分

» イングロリアス・バスターズ [Yuhiの読書日記+α]
クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットがタッグを組んで話題になったアクション大作。キャストはメラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール他。 <あらすじ> 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やが... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 12時50分

» 「イングロリアス・バスターズ」 [クマの巣]
「イングロリアス・バスターズ」、観ました。 第二次大戦下のフランスを舞台に、恐るべきナチスドイツと、ユダヤ系アメリカ人で作られた... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 19時46分

» イングロリアス・バスターズ [Movies 1-800]
Inglourious Basterds (2009年) 監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、ダイアン・クルーガー 第二次世界大戦中、ナチス占領下のフランスを舞台に、史実と虚構をごちゃ混ぜにした戦争映画。 家族をSSに殺されたユダヤ人女性の復讐と米軍のナチ討伐隊の暗殺計画が奇しくも、時と場所を同じくするという話で、普通なら100分位でまとまりそうな内容だが、Q・タランティーノならではの、面白いけど意味の無い会話劇のおかげで、152分の... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 22時38分

» 「イングロリアス・バスターズ」フィクションだよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[イングロリアス・バスターズ] ブログ村キーワード  クエンティン・タランティーノ久々の監督作品。「イングロリアス・バスターズ」(東宝東和)。今回は、ブラッド・ピットと初タッグ!ワルそうなブラピが、ナチス相手に大暴れしております。  ナチス占領下のフランス。そこには、ナチスから恐れられた連合国軍の特殊部隊が存在した。ドイツ兵を待ち伏せ、殺害し、頭の皮を剥ぐ。アルド中尉(ブラッド・ピット)率いるこの部隊は、“バスターズ”と呼ばれ、フランス駐留のドイツ軍兵士、ナチス中枢部、更には総統・ヒトラ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 23時15分

» イングロリアス・バスターズ/Inglorious Basterds [いい加減社長の日記]
3週間くらい前に観て、ほったらかしにしてましたが^^; 翌日から関西でオフ会というのに、レイトショーで「イングロリアス・バスターズ 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーだし、少なめかな。 「イングロリアス・バスターズ 」は、大きめのスクリー... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 23時19分

» イングロリアス・バスターズ [C note]
前作『グラインドハウス』は、その年の個人的ベスト2位[E:crown]に選んだく [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 12時47分

» 映画「イングロリアス バスターズ」 [After the Pleistocene]
 眉を下げたにやけたブルドッグのようなブラッド・ピットが、そのうちスゴい活躍をするだろうと期待して見ていた。ところが最後までそんなことはなく、終始下げっぱなし。映画は私の期待を裏切ってつまらなかった。見所は生死をかけたナチスとの会話心理戦。ネチネチと秘密を暴き出そうとするナチス、その追求をなんとかノラリクラリと逃れんとするじりじりとした会話の時間。でも、いづれもナチス側がすでに確証をつかんでいるので面白くない。この種の映画では付き物の拷問の場面が少なかった。その代わり、というわけではなかろうが、頭皮... [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 16時45分

» 「イングロリアス・バスターズ」道徳的なことは忘れて勧善懲悪を... [soramove]
「イングロリアス・バスターズ」★★★★オススメ ブラッド・ピット、ダイアン・クルーガー、ティル・シュヴァイガー、ダニエル・ブリュール出演 クエンティン・タランティーノ監督、152分 、公開日:2009年11月20日、2009年、アメリカ (原題:INGLOURIOUS BASTERDS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アルド中尉(ブラッド・ピット)率い... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 09時51分

» イングロリアス・バスターズ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
新作を発表する度にセンセーションを巻き起こし、世界中の映画シーンを揺るがす鬼才クエンティン・タランティーノ。映画的に面白さがいっぱい詰まった痛快無比な作品だ。 今作の舞台は、ユダヤ狩りが行われていた「昔々ナチス占領下のフランス」。そこで荒唐無稽なお伽噺...... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 11時14分

» イングロリアス・バスターズ [迷宮映画館]
タラちゃんの豪華な遊び!という風でしょうか。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 19時47分

» 『イングロリアス・バスターズ』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ映画、クエンティン・タランティーノ監督&脚本、ブラッド・ピット主演。 [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 17時53分

» ♯53 「イングロリアス・バスターズ」 [cocowacoco]
映画 「イングロリアス・バスターズ」 INGLOURIOUS BASTERDS        クエンティン・タランティーノ監督 2009年 アメリカ イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)〜忘れるんで記しとこ。 相変わらず音楽よいわ〜♪ わっ!暴力的描写!・・・って、タランティーノ監督の映画でした。 そういえば私、 監督の作品を何だか知ってる気になっていたけれど、ちゃんと観たことがあるのは「キル・ビル」だけだ。 状況描写が丁寧で面白いんですが、長くも感じる。 文化、言語の違い... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 11時51分

» イングロリアス・バスターズ [映画と本の『たんぽぽ館』]
グロテスクの中できらめく人物たち * * * * * * * * ナチス占領下パリ。 レイン中尉(ブッラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊 “イングロリアス・バスターズ”は、ナチス軍人を血祭りに上げることが使命。 ・・・といえば、反ナチスの戦争モノ・・・と思えますが、 この作品においては、そういう倫理的な思索は無意味と思ったほうがいいでしょう。 なにしろ、これはナチス狩り。 死んだドイツ兵の頭の皮をはいでコレクションするなど、 情け無用の残虐さは、ナ... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 22時24分

» イングロリアス・バスターズ [pure's movie review]
2009年 アメリカ作品 152分 東宝東和配給 原題:INGLOURIOUS BASTERDS STAFF 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ CAST ブラッド・ピット ダイアン・クルーガー クリストフ・ヴァルツ メラニー・ロラン マイク・マイヤーズ シン・シティは観たことあるけど、あれはタランティーノはゲスト監督という形なので、初めて彼の作品に触れたことになるのかな。噂には聞いてたけど、すごいね…。常識なんていう言葉は彼の頭には無いんだろうね。世間の評価なんか関係なく好きな物を貪... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 22時21分

» 「イングロリアス・バスターズ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Inglourious Basterds」 2009 USA/ドイツ アルド・レイン中尉に「Mr.&Mrs.スミス/2005」「バベル/2006」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「オーシャンズ13/2007」「バーン・アフター・リーディング/2008」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」のブラッド・ピット。 ハンス・ランダ大佐に「私が愛したギャングスター/2000」のクリストフ・ヴァルツ。 ショシャナ・ドレフュスに「パリ/2008」のメラニー・ロラン。 ユダヤの熊ド... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 00時18分

» イングロリアス・バスターズ/Inglorious Basterds [いい加減社長の映画日記]
3週間くらい前に観て、ほったらかしにしてましたが^^;翌日から関西でオフ会というのに、レイトショーで「イングロリアス・バスターズ」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーだし、少なめかな。「イングロリアス・バスターズ」は、大きめのスクリーンで、1〜2割。【ストーリー】1944年6月、ドイツ占領下のフランス。映画館主のミミューはドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになった。その事実をつかんだイギリス軍はナチス諸共映画館を爆破すべく... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 06時45分

» 映画レビュー「イングロリアス・バスターズ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
イングロリアス・バスターズ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆タランティーノがハチャメチャな描写で歴史とナチスを遊び倒す。映画愛に基づく復讐が痛快な怪作。 【75点】 ナチスやヒトラーと、その打倒を描いた映画は多いが、この作品はスタンスといい、切....... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 23時26分

» ■映画『イングロリアス・バスターズ』 [Viva La Vida!]
クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『イングロリアス・バスターズ』。 総統以下、名だたるドイツ軍兵士たちを、連合軍の特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」の面々がブチ殺して行く映画と聞いていましたが、実際は…。 タランティーノ好きの映画ファンが「最高... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 01時35分

» 「イングロリアス・バスターズ」 [It's a wonderful cinema]
 2009年/アメリカ  監督/クエンティン・タランティーノ  出演/ブラッド・ピット      クリストフ・ヴァルツ      メラニー・ロラン  タランティーノの最新作。暴力シーンが苦手なので、普段タランティーノってあまり観ないんだけれど(観たのは「KILL BILL」ぐらい)、TOHOシネマズ無料期間だし、ダニエル・ブリュールとティル・シュヴァイガー観たいし・・・ということで観てきました。う~ん、これは好き嫌いが分かれそうな作品だな~。そもそもタランティーノって大衆向けじゃないで... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 21時25分

» 映画 「イングロリアス・バスターズ」 [ようこそMr.G]
映画 「イングロリアス・バスターズ」 [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 19時41分

» 『イングロリアス・バスターズ』 7.5P [OL映画でいやし生活]
私的オススメ度:7.5Pナチスものは見たいよね、ということで鑑賞。【STORY】1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 22時30分

» イングロリアス・バスターズ [ルナのシネマ缶]
タラちゃんの世界観を 満喫できる作品でした。 冒頭のシーンから緊迫感があって えっ!て感じで、 次々に殺されちゃって・・・ 歴史的な事実を背景に しているようで まったくそうではない タランティーノらしい作品でした。 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、 家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)は ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。 一方、「イングロリアス・バスターズ」と呼ばれる レイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘... [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 (木) 00時45分

» 09-345「イングロリアス・バスターズ」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
これがナチへの復讐  1944年、ナチス占領下のフランス。かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。  同じ頃、アルド・レイン中尉率いるユダヤ系アメリカ人を中心とした連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”がナチスを次々と虐殺、血祭りに上げた相手の仕上げに頭皮を剥ぎ取るといった残虐な手口でドイツ軍を震え上がらせて...... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 01時30分

» イングロリアス・バスターズ [めでぃあみっくす]
まさに『パルプ・フィクション』の再来。そしてクエンティン・タランティーノ短編集5本立てといった感じの映画でした。 暴力描写よりもシンプルな会話劇にその真の面白さを持つQT作品らしさに加え、今作ではナチのランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの魅力が満開。....... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 20時28分

» 映画『イングロリアス・バスターズ』を観て [KINTYRE’SDIARY]
9-64.イングロリアス・バスターズ■原題:InglouriousBasterds■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:152分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■予告編□監督・脚本・製作:クエンティン・タランティーノ□製作:ローレンス・ベンダー□製作総...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 00時19分

» 『イングロリアス・バスターズ』 (2009) [よーじっくのここちいい空間]
ブラッド・ピットが狂言回しみたいになっちゃってたりして・・・。とにかく面白い、素直に楽しんでしまった。痛快で、小気味よいテンポで、あれよあれよと映画は進んでいく。 [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 05時14分

» イングロリアス・バスターズ [愛猫レオンとシネマな毎日]
「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督の最新作です。 面白くなかったら、返金します!とまで言い切ったタランちゃん。 うん!うん!大丈夫!面白かったですヨ!ワタシ、あなたが大好きです! タランちゃんらしく、バッサ!バッサ!と、やってくれてます。 でも、いつもよりは、アクは薄まってるんですよね。 そこが物足りないと感じる方もいると思うけど・・・ ワタシは、より多くの人に楽しんでもらえる作品になったので、ヨカッタと思う。 ストーリーは5部編成になってて、ラストでそれぞれのパートが絡み合うとい... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 16時06分

» イングロリアス・バスターズ [カフェビショップ]
「イングロリアス・バスターズ」 長い。 それにつきる。 なんかもうダメだなあみたいな。 なにをもったいつけて長々やっとんですかいなと。 タランティーノ監督で、ブラッド・ピットも出てるということなんすけど、 どうもなあ、もうきついっすね。 あんまりタ..... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 00時38分

» イングロリアス・バスターズ-映画:2010- [デコ親父はいつも減量中]
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン 評価:94点 タランティーノ節爆裂! 最高に楽しい映画だった。 ドイツナチスの時代に、ナチから恐れられた連合国のナ....... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 13時05分

» イングロリアス・バスターズ [うふふ・映画三昧。]
タランティーノの映画全般に言えることだけど、 観終わった後、ドッ!疲れた(笑) いや、もちろんいい意味でね。 これでもか!とクセのある登場人物たちが(しかも大勢!) 劇中、ひたすら喋りっぱなしなんだもん(笑) どこでどう絡んでくるのか知りたくて、こっちは必死。 けっこうな長編なんだけど、時間を感じさせることなく、食いついちゃいました。 いやー、面白かった! まさか本当に頭の皮を剥ぐとは! スパイが靴を忘れてきちゃうとは! おまけに足の怪我、その理由を登山に... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 11時17分

» イングロリアス・バスターズ [SUPER BLOG.JP]
「Inglourious Basterds」って直訳すれば「栄光無き野郎ども」みたいな感じで。 意訳すると「ろくでなしども」(?)って意味かなぁ?もうちょっと低い意味かもしれない。 まあ、そんなところ。 監督があのクエンティン・タランティーノだ。 日本のテレビCMなんかで観てた感じでは「ブラック・コメディ」なのかな?って思って観たんですが。 大間違いでした。(汗) ノリ的には「パルプ・フィクション」に似た感じ。 クエンティン・タランティーノ監督お得意の「第1章」みたいに全体が小さな「章... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 22時44分

» 『イングロリアス・バスターズ』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナはランダ大佐の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 00時06分

» イングロリアス・バスターズ 俺にゃ良さがわからねぇー [RISING STEEL]
クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットが組んだ話題の戦争映画 「イングロリアス・バスターズ」を見ました!出来るだけ旧作料金(ここでは80円) になってから借りるようにしてるけち臭い僕...... [続きを読む]

受信: 2011年2月14日 (月) 19時59分

» 映画『イングロリアス・バスターズ』(DVD) [私的映画生活]
こんばんわぁ~まさかの雪日となりましたぁ^^;会社に着いてぇ~一仕事してぇ、一服に行ったらぁ~びっくり銀世界でしたぁ^^;帰る頃には跡形もなくなってましたがぁ早速今日はコレ!!... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 00時05分

» 「イングロリアス・バスターズ」タランティーノ風味 [カサキケイの映画大好き!]
タランティーノの作品は不思議な味覚がします。 何処まで本気でどこまで冗談なのかが 判別し難い大人の会話にも似た味わいがあります。 全編二時間半を五つチャプターに分け、 話をクライマックスへと誘導していきます。 時は第二次世界大戦、 ナチスが全盛の時代から始まります。 一章はユダヤ・ハンターに家族を殺された少女の話です。 二章からブラピが登場、ナチスキラーぶりが紹介され、 その後一章で家族を奪われた少女のその後と ブラピ軍団の活動が交錯してきて、最終のクライマックスへと雪崩こん... [続きを読む]

受信: 2011年6月20日 (月) 21時23分

» イングロリアス・バスターズ [A Day In The Life]
DVDにて観賞 解説 クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットがタッグを組んだ最強の アクション大作。 ナチス占領下のフランスを舞台に、それぞれに事情を抱えたクセのある登場人物 たちの暴走をユーモアたっぷりに描く。 メラニー・ロランやクリストフ・ヴァ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 2日 (土) 21時48分

» イングロリアス・バスターズ [ぶっちゃけ…独り言?]
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや〜、気が付けばまたしても消化しきれてない記事がわんさかと・・・ てか、一体いつ見たんでしたっけねぇ、この作品。 取り敢えず、タランティーノ×ブラピって組み合わせだけでも惹かれるのに、更に...... [続きを読む]

受信: 2011年9月15日 (木) 14時17分

» イングロリアス・バスターズ [oguoguの日々映画見っ放し!]
2009年11月上映 監督:クエンティン・タランティーノ 主演:ブラッド・ピット  名誉なき野郎どもの復讐が始まる!!・・・・・・いいねぇ。実にタランティーノ節が出てたw... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 22時18分

» イングロリアスバスターズ [映画に耽溺]
「なあに?? なんでいきなりあーたの自画像なのよ」 「・・・何が自画像よッ!! あーたの目は節穴ッ??? そうじゃなくて まーた雪よ!! 雪ッ!!!」 「降ったわねええ~~~」 「降ったわよ~~~~~」 「一面の銀世界・・・ 昔あの方から スノーホワイトと呼…... [続きを読む]

受信: 2014年10月 2日 (木) 15時14分

« 本 「真夜中の神話」 | トップページ | 「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D »