« 本 「悪夢のギャンブルマンション」 | トップページ | 「天地人」 リアリズムとフィクションの間の難しさ »

2009年11月22日 (日)

「なくもんか」 生きるための処世術

「舞妓Haaaan!!!」の監督の水田伸生さん、脚本の宮藤官九郎さん、主演の阿部サダヲさんのトリオが再び組んだコメディです。
僕の持論として、優れたコメディは人の人生、生き方を描いているというのがあります。
ただ笑かすだけでは優れたコメディとは言えません。
コメディの笑いというのは、その下敷きにけっこう真面目な人の生き方があるからこそ笑えるのです。
人の生き方などというのは普通に描けばシリアスになるわけですが、それを笑いを通じて描くというのが優れたコメディなのだと思います。

主人公二代目山ちゃんこと下井草裕太(阿部サダヲさん)は、親が盗みを行った家に置き去りにされ、その家の主人夫婦に「なんとなく」可愛がられ、育てられました。
山ちゃんは親の行いについての償いの気持ちや、主人夫婦への恩への報いからか、町内みんなに笑顔を振りまき、いろんな頼み事にもイヤとはいいません。
ずっとよそ者だと思っているということを、劇中で山ちゃんが言いますが、笑顔の八方美人であることが彼が生きていくために身につけた処世術であったのでしょう。
山ちゃんの生き別れの弟である裕介の処世術は、笑いでした。
道化となることで、おもろいやつというポジションを得ることが彼が自分の居場所を見つける術であったのです。
たぶんこういうことは多くの人にあるのではないでしょうか。
僕は実はけっこう人見知りなのですが、たぶん処世術としては山ちゃんに近い感じがします。
日常的につき合っている人は、僕のことは比較的温厚でとっつきやすい人間だと思っているでしょう。
けれどより親しく付き合っている人は、けっこう頑固であったり熱かったりする側面、また引っ込み思案であることを知っています。
そういう取っ付きにくい点を自分が持っているのをわかっているので、それほど親しくないけれど付き合いがある人の前では猫をかぶっているようなところはあります。
それがたぶん僕にとっての処世術なのでしょう。
引っ込み思案なもので僕が本音を出せる人というのもそうそう多くはないので、ただ仮面をつけているばかりだとやはり疲れもするわけです。
本作を観て、このように自分がブログを書いているのもそのはけ口のようなところもあるのだなと改めて思いました。
こちらではかなり僕の本音を書いているので、それがストレス発散にもなっているような気もします。
山ちゃんが日曜の夜にオカマバーのママになり、そこで本音トークをして鬱憤ばらしをしているというのにも妙に共感してしまったりもするわけです。
人というのは社会の中で生きていくには、少なからず自分と社会の間のズレを調整しなくてはいけません。
社会を変えるのはなにぶん大変なことなので、調整するのは自分側になるわけですから、それがストレスになるのだと思います。
山ちゃんという人は、笑顔の裏にずっとそういうストレスを抱えてきたわけで、だからこそ本音を言える本当の家族が欲しかったのだと思います。
裕介が「兄さん」と呼んでくれ、子供たちが「お父さん」と声をかけてくれたことによって、やっと山ちゃんは家族を得ることができました。
もうたぶん山ちゃんはオカマバーに行くことはないのでしょうね。

かなり盛りだくさんの要素が入っている脚本はクドカン作品らしいところ。
下手をするとまとまりが悪くなる寸前のような気もしますが、ギリギリ持ちこたえているのは宮藤さんのセンスか、息の合っている水田監督だからでしょうか。
うまく作っているなというのはエコの話。
本筋の山ちゃんの話とは別なのですが、うまく話の中に取り込んでます。
前半に山ちゃんの女房の徹っちゃん(竹内結子さん)がエコの取り組みをしているのは、やや唐突感があったのですが、ラストでうまく回収をしています。
エコで「地球にやさしく」と言いますが、その必要性を頭で認識していても、心の奥底からそうだと思っている人というのは実はけっこう少ないのではないでしょうか。
「自分だけだからちょっとぐらい」とか「自分一人だけやってもしょうがない」という意識は多分にあるでしょう(自分もそう思うことがあります)。
なぜそういうふうに思うかというと、物語の中でも出ていましたが「やさしく」する対象が「地球」というのはあまりに大きく、またあまりに抽象的なため、なかなかその意義を「心」で感じることは難しいのです。
逆にこれが「おじいさんおばあさん」にやさしくとか、「親孝行」とかだったら、誰でもその大切さを「心」で感じることができると思います。
つまり対象があまりにマクロであると、人間はどうもつかみどころがないと感じてしまうわけです。
本作ではラストの沖縄でのシークエンスでは、エコの話と家族の話、つまりはマクロとミクロの話がクロスオーバーされて描かれています。
そのためエコが単なる抽象論ではなく、家族のエピソードを通じてより「心」で感じられるようになっていると思います。
これは本作の主題ではないと思いますが、宮藤さんの脚本の構造が上手だなと思ったので触れてみました。

冒頭にあげた本作の三人のトリオは息が合っていてとても良いですね。
またいつか三人で組んで、いいコメディ映画を作ってほしいです。

「舞妓Haaaan!!!」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「悪夢のギャンブルマンション」 | トップページ | 「天地人」 リアリズムとフィクションの間の難しさ »

コメント

こにさん、こんにちは!
はじめまして!

そうなんですよね、コメディっていうのは笑いの中に人生が描かれていてこそというふうに思います。
クドカン&阿部サダヲのコンビはそういうコメディの神髄を見せてくれた気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月19日 (土) 08時40分

初めまして
m(__)m

TBありがとうございました
こちらからもお返しさせて頂きますね

本当の喜劇役者は泣かせてこそですよね
阿部サダヲさんの今後がとても楽しみです

投稿: こに | 2009年12月18日 (金) 22時04分

ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!

確かに夫婦くらいにお互いを知っている感じはしますよねー。
もう究極のアテ書きでしょうか。
クドカンは監督やるより脚本だけの方がおもしろいなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月17日 (木) 22時18分

はらやんさん、こんにちは☆
私もクドカンのシリアスをコメディとして描くというのに感心しました。
笑っているのに泣いちゃう、泣いていているのに笑っちゃう…ところが、人生だな~と思います。
クドカンは劇団『大人計画』でも、脚本をすでに「阿部サダヲ」のために書いているところがあるので、(うちの娘は二人は夫婦だと申しております)これだけの、キャスティングを生かした作品になったのでしょうね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2009年12月15日 (火) 14時04分

真紅さん、こんばんは!

そうですね、クドカンの作品は笑いの中にも人生ありという作品が多いですよね。
ほんと阿部サダヲさんとの相性は抜群ですよね。
「舞妓Haaaan!!!」も本作も究極のあて書きですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月24日 (火) 20時07分

はらやんさん、こんにちは。TBありがとうございました。
記事の最初のほうに書かれている、「人生をシリアスでなくコメディで描きたい」というのが、まさしくクドカンの流儀だと思います。
なかなか簡単なことではないですが、クドカンにはこれからも阿部サダヲというパートナー(?)と一緒に、コメディ道を突き進んで欲しいですね。

投稿: 真紅 | 2009年11月23日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46829349

この記事へのトラックバック一覧です: 「なくもんか」 生きるための処世術:

» なくもんか [LOVE Cinemas 調布]
脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲの『舞妓 Haaaan!!!』チームが再集結した作品。下町で惣菜屋を営む超お人好しの主人公一家とその背景を描いた人情喜劇だ。共演には『余命一ヶ月の花嫁』の瑛太、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の竹内結子、『釣りキチ三平』の塚本高史といった若手と、井原剛志、いしだあゆみといったベテラン勢が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 19時40分

» 映像はコメディ、物語はシリアス。『なくもんか』 [水曜日のシネマ日記]
幼いころに生き別れた兄弟と彼らを取り巻く人たちを描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 11時01分

» 『なくもんか』 ('09初鑑賞169・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 12時24分

» なくもんか [そーれりぽーと]
『舞妓 Haaaan!!!』のノリを期待して『なくもんか』を観てきました。 ★★★★ こんな映画で、つか阿部サダヲで泣くもんか!泣かされてたまるか! と、踏ん張りながら観てたけど、我慢できずにホロリと。 予告編の印象から一転して、中身は人情モノ。 『舞妓 Haaaan!!!』をイメージして大笑いを期待して観に行くと、クドカン+阿部サダヲのあの映画の世界に泣きが加わって想像以上に楽しめる映画に仕上がってる。 クドカンの屁理屈台詞と、やり過ぎのギャグが連発なんだけど、ベースは不幸な人生を生きてきた... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 18時21分

» 『なくもんか』 [ラムの大通り]
----ほんと、一週間は長かったニャあ。 いよいよ今日から本格再開。 でも最初に選んだ作品が、まさかこれとは…。 確かクドカンの脚本だよね。 「いやあ。シルバーウィーク直前に観た映画の中では、 これはなかなかのヒット作。 やはりクドカンはこうこなくっちゃ」 ----ん?それってどういう意味? 「なんのかんの言っても、彼にはコメディが似合うってこと。 しかもこの映画は、主演に阿部サダヲを据えての“泣ける喜劇”。 フライヤーによると“笑える悲劇”でもあるんだけどね」 ----そのフライヤーでは、 阿部... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 19時32分

» 『なくもんか』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「なくもんか」□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、片桐はいり、鈴木砂羽、竹山隆範、高橋ジョージ ■鑑賞日 11月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  阿部サダヲ、クドカン、水田監督とくれば、そうあの迷(名)作、『舞妓Haaaan!!!』を思い出す。 ま、スタッフも同じだけど(笑) 下町のハムカツ屋を中心に繰り広げられる人情ストーリ... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 20時46分

» 「なくもんか」タイトルが出たとき、もう映画の魔法にかかってた [soramove]
「なくもんか」★★★★☆オススメ 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子主演 水田伸生 監督、134分 、2009年 宮藤官九郎 脚本                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「劇場やTVの予告で あの暑苦しい顔のアップで 見ないと決めていたのに、 大きな劇場で上映されているから 内容的には大丈夫かもと見に行った」 テンポいいし、常に3人以上の登場人物が ... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 21時13分

» 映画「なくもんか」 [FREE TIME]
映画「なくもんか」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 22時32分

» 『なくもんか』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:水田伸生脚本:宮藤官九郎出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、高橋ジョージ、陣内孝則公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 3本目)<Story>東京・下町。ハムカツで人気の「...... [続きを読む]

受信: 2009年11月24日 (火) 00時23分

» なくもんか (阿部サダヲさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
映画『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督、脚本の宮藤官九郎さん、そして主演の阿部サダヲさんが再結集して作り上げた映画『なくもんか』に、阿部サダヲさんは、祐太 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 00時25分

» なくもんか [ぷち てんてん]
ゴリゴリ押しまくっていた「舞妓Haaaan!!!」あの無理やり展開に大いに笑わせてもらいました。そして、この宮藤官九郎+水田伸男監督+阿部サダヲのトリオで「なくもんか」です♪☆なくもんか☆(2009)水田伸生監督宮藤官九郎脚本阿部サダヲ瑛太竹内結子塚本高史皆川猿時片...... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 22時31分

» 【なくもんか】 [日々のつぶやき]
監督:水田伸生 出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、    家族、始めてみました。 「東京の下町で営業しているデリカの山ちゃんの人気メニューはハムカツ。 二代目店主となる祐太は先代の娘徹子との結婚で戸籍謄本を取ると、昔生き... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 12時41分

» なくもんか お昼やっすみは・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ [労組書記長社労士のブログ]
【 63 -13- 1ヶ月フリーパスポート=11 】 土曜日、封切り初日に観たけど、さすがだ、TOHOシネマズ梅田のシアター3がほぼ満員だ! 俺も予告編を見ていると「超ご期待!」って感じやったし、友人達との会話でも期待度かなり大な手応え、やったしね。  東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結婚、婚姻届を... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 23時04分

» なくもんか [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:134分鑑賞日:2009/11/14監督:水田伸生出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、伊原剛志、いしだあゆみこれは泣ける喜劇か!? 笑える悲劇か!?+あらすじ+無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き別れ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 16時57分

» なくもんか/阿部サダヲ、瑛太、竹内結子 [カノンな日々]
通常の劇場予告編以外にもそのシネコンの宣伝やマナー告知などなどTVでのPRも含めてかなり大量の宣伝を見せられてちょっと食傷気味になってます。近所のシネコンに映画を観に行くたび必ずと言っていいほど予告編がかかるんですけど、そのたびに誰かが必ず「タモリさんじゃな....... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 21時13分

» なくもんか [だらだら無気力ブログ]
『舞妓Haaaan!!!』でトリオを組んだ監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、 主演・阿部サダヲが再びトリオを組んで、幼いころに生き別れた兄弟と その兄弟の家族のさまを笑いと涙を交えて描いた人情コメディ。幼い頃に自分勝手で好き勝手にやってきた父親に捨てられ、捨てられ..... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 00時43分

» 「なくもんか」 [みんなシネマいいのに!]
 父親に捨てられ、それでも笑顔を絶やさずに生きてきた兄と母親の死んだ後イジメられ [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 15時55分

» なくもんか [ダイターンクラッシュ!!]
2009年11月23日(月) 18:30~ TOHOシネマズ川崎1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『なくもんか』公式サイト フリーパス鑑賞22本目。 ノレなかった「舞妓Haaaan!!!」トリオの作品。 特に監督は、愚作「252生存者あり」を撮っているので、かなり不安。 さて、今回は阿部サダヲの過剰演技もギリギリ、その演じているキャラクターなら許容範囲。 クドカンの脚本も、湿っぽいとこやシリアスなところに、ひとつギャグを入れてかわす余裕。 お終いの... [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 16時49分

» なくもんか [やっぱり邦画好き…]
本作のテーマはずばり“家族”。生き別れた兄弟、祐太と祐介の偶然の出会い。そこから巻き起こる予測不可能な出来事の数々。笑いと涙がテンコ盛りの、誰も見たことのない“家族”の... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 18時26分

» なくもんか [象のロケット]
父と生き別れた祐太は、東京下町で「デリカの山ちゃん」を営む夫婦に育てられ、2代目を引き継いだ。 ある日、家を出たまま十数年も音信不通だった店主夫婦の一人娘・徹子が突然戻ってきた。 そして徹子と結婚することになり、初めて戸籍謄本を見た祐太は「金城ブラザーズ」というお笑いコンビを組んでいる売れっ子芸人が、実の弟・祐介であることを知る…。 ホーム・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 20時54分

» 『なくもんか』 [唐揚げ大好き!]
  これは”泣ける喜劇”か!?”笑える悲劇”か!?   ■幼い頃、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟がいた。兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)。不幸な生い立ちの二人だが、”なくもんか”とばかりに笑顔で毎日を生きている。しかし二人はま... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 06時37分

» 「なくもんか」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                              「なくもんか」 監督 水田伸夫 脚本 宮藤官九郎 水田×宮藤、『舞妓Haaaan!!!』のコンビが再び阿部サダヲと組んだ、「家族」をテーマにした、泣ける(?)喜劇か、笑える悲劇(?)を観にいって参りました・・。 ネタバレあります!! あまり期待していなかった(ゴメンナサイ)せいもあってか、すごく楽しめました(^^♪!。 阿部サダヲの笑いのツボが心地よく感じられるようになりましたね(舞妓・・を観た時は正直よく解らなかったのですが)。 ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 22時12分

» 【なくもんか】 映画 [じゅずじの旦那]
泣ける喜劇か!?笑える悲劇か!?  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結婚、婚姻届を出すために手に入れた戸籍謄本で祐介が実の弟だと知る。早速祐介に会いに行く祐太。しかし偽の兄弟芸人として売り出していた祐介の態度はすげない... [続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 12時07分

» なくもんか <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 まず。。。なくもんか ってタイトルのくせして 主役、めちゃ泣きまくりや 。o゜(p´□`q)゜o。(もう既にこのポスターの阿部サダが泣いとるがな)そして クドカン作品なので いつものよーに お下品で下ネタもありありやで内容的には 主人公兄弟の不幸な生い立ち...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 01時53分

» 映画『なくもんか』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、水田伸生。脚本、宮藤官九郎。2009年日本。人情コメディ映画。出演、阿部サ [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 02時30分

» ★「なくもんか」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みはファースト・デイだったので、2000円で2本観てきました。 その1本目。 この作品・・・結構予告編を流してたし、 TOHOシネマズとのタイアップ映像流してたり・・、 でも、脚本のクドカン・ワールドも最近あたり慣れてきたし・・・ 今回はどうなんでしょ???という感じで観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 03時38分

» [映画]なくもんか [オレメデア]
映画「なくもんか」を見てきました。最近、休日に映画を見に行く機会が増え、様々なジャンルの映画を見るようになっています。この映画も、公開前からテレビや雑誌などで注目していた作品です。それでは、映画「なくもんか」を見るうえで手前どもが抑えておくと良いポイントをご紹介します。... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 00時54分

» 水田伸生監督 「なくもんか」 [映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!]
公式サイト⇒http://nakumonka.jp/index.html 【あらすじ】 東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太(阿部サダヲ)は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。 彼はいい加減な父親(伊原剛志)に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介(瑛太)だった。 祐太は先代の娘・徹子(竹内結子)と結婚、婚姻届を出すために手に入れた戸籍謄本で祐介が実の弟だと知る。 早速祐介に会いに行く祐太。しかし偽の兄弟芸人... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 08時42分

» なくもんか [C note]
『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督、宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演の下町人 [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 20時44分

» 「なくもんか」 究極のリアルをクドカン流に [ノルウェー暮らし・イン・London]
クラス替えの自己紹介で、「好きな俳優さんは誰?」という質問に「津田寛治と阿部サダヲと宮籐官九郎」と答えて、いきなりふしぎちゃんのレッテルを貼られてしまったねえね。 おっさんばっかりの温泉旅行で、相当な悪ふざけをしている劇団『大人計画』のDVDを見ては、か~わいい~を連発するねえねが、阿部サダヲ×クドカン映画を見逃すはずが無いのだ。 というわけで、元気を取り戻してきたねえねと、映画館へ!... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 12時38分

» なくもんか [迷宮映画館]
笑ってない笑顔!うーん、それが出来るのは、阿部サダさんですね。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 20時08分

» なくもんか [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
相変わらずのハイテンション、コロコロと変化する物語、人情とバカバカしさが同居する本作は、勢いだけが勝負のような作品だ。幼い頃に生き別れた兄・祐太と弟・祐介はお互いの顔も名前も知らずに育つ。東京下町・善人通り商店街でハムカツが名物の店を切り盛りする祐太は、....... [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 23時40分

» 映画・なくもんか [お花と読書と散歩、映画も好き]
久し振りの映画館でした 昨晩 レディースディ1000円 調べてみると木曜をレディースディにしている映画館もありますね 会員になっている映画館と 他の映画館の1日とレディースディなどを上手く利用すれば… 男性方には申し訳ないけれど フフフ さて この映画 瑛太さんが観たかった はずが 阿部サダヲさん お見事でした! この役は阿部サダヲさん以外誰が出来るでしょう (西田敏幸さんの顔がチラリと、でも年齢からして無理) 両親が離婚 父親と共に知り合いの惣菜屋「デリカの山ち... [続きを読む]

受信: 2009年12月18日 (金) 22時01分

» なくもんか [銅版画制作の日々]
「舞妓Haaaan!!!」のチームが再タッグ〜〜 懐かしい人いしだあゆみ は徹子の母役で登場。「ウキウキウォチング♪」を唄っていました。大ボケキャラに味がある。 なくもんか!というタイトルなのに。。。。。何故か?いつも祐太(阿部サダヲ )はうぃ〜と泣いている。フリ―パスポートももう後わずかに。最後の最後まで1本でも多く観ようと、「なくもんか」を鑑賞しました。これで10本目 なんくるないさ!と笑顔で話す阿部サダヲは沖縄という土地にもハマっています。女装も似合うし、テンションの高さも凄く高くて良い... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 19時54分

» なくもんか [りらの感想日記♪]
【なくもんか】 ★★★★ 映画(33)ストーリー 幼い頃に、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟。兄・祐太(阿部 サダヲ)は、東 [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 13時45分

» 『なくもんか』 [みゆみゆの徒然日記]
 『舞妓舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督と宮藤官九郎脚本、主演阿部サダヲということで見てきました。ここ最近ちょっと忙しかったのが、今日は少し落ち着いたし、何にも考えないで楽しめるかな〜とこれを選びました。(他にも見たい映画はあるんですけどねー) 【あらすじ】 東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 19時54分

» 「なくもんか」 [prisoner's BLOG]
ところで、見ず知らずで育った弟が漫才で人気が出ているということ、どうやって知ったのだろう。戸籍謄本を取り寄せたところで父が離婚してなくて弟がいるのはわかるだろうけれど、今どうしているかまでわかるのか。 冒頭のナレーションで、なぜかすでに相手のことを知っていて説明しているからなんとなく納得してしまっていたけれど、ここでひっかかって困ってしまう。 商店街のセットに「読売新聞」の販売店の看板が見える。もちろん製作委員会に一枚かんでいるからだろうが、こういう他のメディアのケイレツを排除した世界っていうのも... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 10時44分

» 09-354「なくもんか」(日本) [CINECHANの映画感想]
なんで、いつも笑っているんだよ!?  幼い頃に、無茶苦茶な人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟。  兄・祐太は、東京の下町、善人通り商店街で“デリカの山ちゃん”を営む夫婦に愛情いっぱいに育てられた。今では店を継ぎ、ハムカツを名物に“山ちゃん”を超人気店にまで成長させた。  一方、弟・祐介は苦難の人生を生き抜く術として笑いを身につけ、やがて赤の他人の金城大介とコンビを組み、兄弟漫才師“金城ブラザーズ”として売り出し人気芸人に。  そんなある日、10年以上音信不通だった“山ちゃん”初...... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 01時38分

» なくもんか [欧風]
日曜は、TOHOシネマズ 船橋ららぽーとに映画観に行ってきた~。 今回観たのは「なくもんか」。予告編観た感じでは、コメディなのかな?と観る事に。 話としては、幼い頃に生き別れた兄弟。兄は下町でハムカツ屋に... [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 05時51分

» DVD『なくもんか』 [みかんのReading Diary♪]
nbsp;(2009/日本)  オススメ♪無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き別れた兄・祐太と弟・祐介は、互いの顔も名前も知らずに成長する。祐太は、東京下町の商店街でハムカツが名物の店を切り盛りし、祐介はお笑い芸人として超売れっ子になっていた。そんなある日、祐太のもとに、初代店主の一人娘・徹子が突然帰って来る。(シネマトゥデイ)... [続きを読む]

受信: 2010年8月23日 (月) 23時12分

» なくもんか [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
なくもんか 通常版 [DVD]/阿部サダヲ,瑛太,竹内結子 ¥3,675 Amazon.co.jp 祐太の子どもの頃、父とお腹に祐太の弟を宿した母は離婚します。その後、祐太は、父に捨てられますが、総菜屋の店主に育てられます。総菜屋の一人娘、徹子は失踪。祐太が、立派に店を切り... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 01時25分

» なくもんか [映画を観よう]
なくもんか 通常版 [DVD]/阿部サダヲ,瑛太,竹内結子 ¥3,675 Amazon.co.jp 日本 2009年 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、高橋ジョージ、陣内孝則、藤村俊二、小倉一郎、光石研、伊原剛志、いしだあゆみ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 16時49分

» なくもんか(感想195作目) [別館ヒガシ日記]
なくもんかは地上波でして鑑賞したのだが 結論は舞妓Haaaan!よりも面白い内容だったよ!! 内容は時代に両親と別れ総菜屋に置き去り 祐太... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 11時29分

» 別館の予備(感想195作目 なくもんか) [スポーツ瓦版]
5月22日 感想195作目 なくもんか TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10896894430/6f7c5335 [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 11時29分

» なくもんか [いやいやえん]
阿部サダヲさんにクドカン。もっとドタバタコメディしてるのかと思ったら以外にもシリアスな展開でびっくりした。 見終わったあと、ハムカツが食べたくなったなあとほんのり思った。 キャラクターは個性的だし、主人公の山ちゃん(祐太)は馬鹿がつくほどのお人よし。竹内結子さんの変わりすぎた徹子は無理があったけれど(20キロどころじゃないだろうって/笑)やはり阿部サダヲさんが上手いなーと思う。直伝ソースよりふつうのソースの方が美味しいのは予告でみてたので知ってましたがちょっと笑っちゃったかな。楳図かずお... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 10時18分

» なくもんか [rambling rose]
幼い頃に生き別れた兄弟。兄のユウタは下町のハムカツ屋で可愛がられて成長しやがて店を継ぐ。弟のユウスケは苦労の末、他人だが兄貴分のダイスケとコンビを組み芸人として人気者になる。... [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 15時08分

« 本 「悪夢のギャンブルマンション」 | トップページ | 「天地人」 リアリズムとフィクションの間の難しさ »