« 本 「デセプション・ポイント」 | トップページ | 「PUSH 光と闇の能力者」 物語をこねくり回し過ぎ! »

2009年11月 7日 (土)

「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 彼女の著作に触れていた方が楽しめる

最近、演技の幅も広がり多彩な役を演じているアン・ハサウェイがイギリスの女流作家ジェイン・オースティンを演じる新作を観てきました。
ジェイン・オースティンは何度も映画にもなった「高慢と偏見」等を代表作とする作家です。
僕は彼女の著作も、その映画化作品も観たことがありません。
本作については、ジェイン・オースティンの作品にいくつか触れていた方が楽しめるかもしれません。
彼女の著作は基本的に恋愛もので、本作でも語られるように紆余曲折を経て、男女が幸せな結婚に行き着くというハッピーエンドの作品が多いということです。
彼女自身は生涯独身であり、そしてその人生において唯一の恋が本作でも語られるトーマス(トム)・ルフロイだったということです。
彼女の作品に触れていた方が、著作の中で物語られるハッピーエンドと、彼女自身の悲恋の対比がより際立ってくるかもしれません。
先に書いたようにあいにく僕は彼女の作品に一切触れたことがなかったので、本作についてだけ言うと、オーソドックスな悲恋もの以上に感じられなかったのです。
本作を楽しむには、その前に彼女の作品またはその映画化作品に触れておいた方が良いかもしれません。

アン・ハサウェイは、完全に「プリンセス」を越え、実力のある女優としての地位を確立した感がありますね。
またジェームズ・マカヴォイはこういうクラッシックな役柄が良く似合います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「デセプション・ポイント」 | トップページ | 「PUSH 光と闇の能力者」 物語をこねくり回し過ぎ! »

コメント

ななさん、こんにちは!

僕は時代背景もあまりよく知らなかったので、もう少しわかっていればなあと思いました。
出演者は二人とも良かったですよね。
ジェームズ・マカヴォイはこういうクラシカルな役、似合いますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年4月29日 (木) 07時19分

こちらにも。

わたしはオースティンの原作を読んだことはないけど
いくつかの映画化作品を,「いい」と思ったことがないので
きっと原作も自分の性には合わないんじゃないかと思っているのですが
それでもこの作品は
役者がみんな好きだったせいか,楽しく観れました。
そう,マカヴォイはクラシカルな役柄が良く似合いますね。
わたしが彼の今までの役柄で,一番好きなのは
あのナルニアの「タムナスさん」ですが・・・

投稿: なな | 2010年4月27日 (火) 21時09分

sakuraiさん、こんにちは!

そうなんですよ、名前だけは知っているのですが、作品はまったく読んだことがなくて。
いろいろな映画の中でもよく名前は出てきますよね。
イギリス人にとっては最低限の教養の一つなのかもしれないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月13日 (土) 07時42分

あぁ、オースティンの著作をご存じなかったのですか・・。
まあ、女性向けですもんね。
彼女の著作は4つほど知ってるもんで、十分楽しめました!
彼女の描く恋愛のカタルシスは、心から高揚させてくれますから。
でも、それは彼女の実らない愛が根っこにあるのか・・と思うと、なかなかつらいものがありました。

投稿: sakurai | 2010年3月12日 (金) 10時44分

rose_chocolatさん、こんにちは1

>何気に感想、いつもより短めですね
はは!(笑)だってジェイン・オースティンのこと何も知らなかったので、書きようがなかったんですもん。
だからこそなのですが、本作は何か彼女の作品に触れてから観た方がいいと思ったのです。
アン・ハサウェイは芸域を広げていこうとしているので、とても好感が持てます。
「レイチェルの結婚」など最近の作品は印象的なものが多いですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 6日 (日) 09時21分

何気に感想、いつもより短めですね(笑) 
ジェイン・オースティンの著作は、イギリスの階級社会に生きた女性たちの葛藤を描いたものが中心ですが、彼女の実体験も大きく影響してると思います。

アン・ハサウェイがこの役というのはかなり難しかったと思うんですが、よく演じていたと思いました。 いろいろチャレンジしたほうが女優として見応えも出ますしね。

投稿: rose_chocolat | 2009年12月 5日 (土) 20時58分

Mさん、こんばんは!

そうなんですよね、オースティンの作品に触れておけばよかったなあと思いました。
読んだ方はどんな感想をもたれるのかなということでいろいろブログを見てたら、Mさんのところにたどり着きました。
アン・ハサウェイは機知に富んでいる感じもするので、ジェーン・オースティンに思ったより合っているかなとおもったのですが、いかがでしたか?

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月12日 (木) 20時40分

こんばんは。
拙い記事にTB有難うございました。
英国の風景、キャストだけで十分魅力的
ですが、おっしゃる通りオースティンの
著作に触れていると、一層楽しめる作品
だと思います^^

投稿: M | 2009年11月11日 (水) 23時31分

KLYさん、こんばんは!

「レイチェルの結婚」の方が後に作られたんですねー。
最近はほんとに幅広い役をやりますよね。
僕もアン・ハサウェイ目的に観に行ったわけですが、やはりロングの方が似合うなあと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 7日 (土) 22時49分

私も実際には何も読んでいないので、ストーリー自体には
別に何も感じませんでした。ヨーロッパ階級社会ではよく
ある悲恋ですから。
っていうか、私の場合は完全にアン・ハサウェイが見れれば
それで満足で話はどうでもよかったりします。(笑)
もっとつまらなくてもアンが出ていれば絶対観ますから。^^;
『レイチェルの結婚』は本作の後の制作ですが、やっぱり
ショートよりロングの方が彼女には似合っているなぁと♪

投稿: KLY | 2009年11月 7日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46697606

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 彼女の著作に触れていた方が楽しめる:

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [LOVE Cinemas 調布]
作品としては2007年のモノで、主演のアン・ハサウェイは翌年の『レイチェルの結婚』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。共演は『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ。共演に「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのマギー・スミスや、ジェームズ・クロムウェルといったベテランが名を連ねる。監督は『キンキーブーツ』のジュリアン・ジャロルド。英国の女流作家ジェイン・オースティンとトムの叶わぬ恋を描いたラブロマンスだ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 22時39分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [風に吹かれて]
こんな恋もあったかも公式サイト http://jane-austen-movie.jp2003年に伝 [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 12時08分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [象のロケット]
1795年、イギリス。 小説を書いている牧師の娘ジェインは、兄ヘンリーに伴われハンプシャーへやって来たアイルランド人トム・ルフロイと出会い恋に落ちる。 彼は大伯父の援助を受けながらロンドンで法律を学ぶ苦学生。 互いに裕福ではない家庭で育った2人の結婚は経済的に困難であった。 ジェインには地元名士との良縁が持ち上がるが…。 ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 23時08分

» 【映】ジェイン・オースティン 秘められた恋 [Hail to the Movies]
=== ジェイン・オースティン 秘められた恋(BECOMING JANE) === [[attached(1,center)]]2007年(イギリス) 監督:ジュリアン・ジャロルド 原作:ジョン・スペンス 出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ、ジュリー・ウォルターズ、ジェームズ・クロムウェル、'..... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 23時27分

» ジェインオースティン〜秘められた恋 [シネマ日記]
ジェインオースティンに最初に触れたのはいつだっただろう。ワタクシが英語で小説が読み始めて初期のころだったと思う。英文学といえば有名な小説家はたくさんいるが、やはりジェインオースティンは外せない。と、偉そうなことを言ってはみたけど、読んだのは6作中、「分別と多感」「プライドと偏見」「エマ」の3作だ。なによりも、つたない英語力の人間が英語で小説を読むという無謀な行為に対して、映像化されている作品がとても多いジェインオースティンの作品は、使われる単語や文法が少し古めのイギリス英語ということを考慮してもとて... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 11時43分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [心のままに映画の風景]
1795年、イギリス。 オースティン家の次女ジェイン(アン・ハサウェイ)は、裕福で家柄の良い地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 13時33分

» 『ジェイン・オースティン秘められた恋』(2007)/イギリス [NiceOne!!]
原題:BECOMINGJANE監督:ジュリアン・ジャロルド出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ、ジュリー・ウォルターズ、ジェームズ・クロムウェル、マギー・スミス観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 14本目)公式サイトはこ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 20時44分

» ジェイン・オースティン/秘められた恋★★★☆劇場146本目:... [kaoritalyたる所以]
11/27のレイトショーで観た映画の感想です。イギリス女性を、アン・ハサウェイが演じることに少し違和感を感じていたのですが、映画を観ていたら、そんな心配は無用で、ジェームス・マカヴォイとの2ショットがしっくりときてました。イギリスの18,19世紀は、日本...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 09時39分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [Diarydiary! ]
《ジェイン・オースティン 秘められた恋》 2007年 イギリス/アメリカ映画 - [続きを読む]

受信: 2009年12月25日 (金) 19時56分

» 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Becoming Jane」2007 UK     ジェイン·オースティンに「プラダを着た悪魔/2006」「レイチェルの結婚/2008」「パッセンジャーズ/2008」「ゲットスマート/2008」のアン·ハサウェイ。 トム·レフロイに「つぐない/2007」「ウォンテッド/2008」のジェームズ·マカヴォイ。 オースティン牧師に「クィーン/2006」「ブッシュ/2008」のジェームズ·クロムウェル。 オースティン夫人に「リトル·ダンサー/2000」「マンマ·ミーア!/2008」のジュリー·... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 23時54分

» ジェイン・オ―スティン 秘められた恋(2007) [銅版画制作の日々]
 原題:Becoming Jane原題を直訳すると、ジェイン・オースティンになるという意味です。つまり若き日のジェインの秘めた恋にだけ焦点を当てているだけでなく、聡明な女性ジェインが後にイギリス文学史上最高の小説家と評価されるまでの間のジェインについて描かれているわけであります。 京都シネマにて初日に鑑賞しました。2007年公開のイギリス映画で、日本では今年10月に公開となりました。1年以上も経っての公開なんですね。初共演なのかな?この2人。アン・ハサウェイとジェム―ズ・マカヴォイ。 ジョン・ス... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 12時34分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
1795年、イギリス、ハンプシャー。オースティン家の次女、ジェインは、裕福で家柄の良い相手との結婚を望む両親に、地元の名士、レディ・グリシャムの甥、ウィスリーとの結婚を迫られていました。そんな時、ジェインは、ロンドンで法律を学ぶアイルランド人の青年、トム・ルフロイ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 10時15分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『それは、彼女を作家へと駆り立てた 生涯ただ一度の、激しくも切ない恋だった。』  コチラの「ジェイン・オースティン 秘められた恋」は、伝記作家ジョン・スペンスの「ビカミング・ジェイン・オースティン」をベースに、「キンキーブーツ」のジュリアン・ジャロルド...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 10時44分

» 09-326「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(イギリス) [CINECHANの映画感想]
別れて暮らすことに意味は無い  1795年、イギリス。貧しい家に生まれた女性ジェイン・オースティンは20歳の結婚適齢期。両親は娘を裕福な家に嫁がせようと懸命だった。  ところが、独立心旺盛で当時の女性としては格段に進歩的な考えを持っていたジェインにとっては、財産や家柄ではなく愛こそが結婚の絶対条件だった。両親がせっかく段取りした地元の名士レディ・グレシャムの甥ウィスリー氏との結婚話にも首を縦に振ろうとしないジェイン。  そんな時、彼女は若いアイルランド人のトム・ルフロイと出会う。ロン...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 13時45分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [ルナのシネマ缶]
なんと言っても 今年初のマカヴォイくんの 出演作品だし、 ジェイン・オースティン原作の 『プライドと偏見』の 元になったお話ですからねぇ〜。 私にしては珍しく早々と 鑑賞してきました。 1795年、イギリス・ハンプシャー。 オースティン家の次女ジェイン(アン・ハサウェイ)は、 裕福で家柄のいい相手との結婚を望む両親に迫られ、 地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス)の 甥(ローレンス・フォックス)との結婚をしぶしぶ検討。 しかしそんな中、ジェインは兄の友人で、... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 00時29分

» ジェイン・オースティン/秘められた恋 [映画鑑賞★日記・・・]
【BECOMING JANE】 2009/10/31公開 イギリス/アメリカ 120分監督:ジュリアン・ジャロルド出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ、ジュリー・ウォルターズ、ジェームズ・クロムウェル、マギー・スミス、ローレンス・フォックス、アンナ・マックスウェル・マー....... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 12時46分

» 『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 [千の天使がバスケットボールする]
生意気で高慢。女たらしで法律の勉強にも身が入らないくらいに放蕩を繰り返す遊び人。しかも失礼にも、小説を執筆しているうら若き未婚の乙女、ジェイン・オースティン(アン・ハサウェイ)に向かって、”経験”がないから作品の内容に深みがないと、自分は数多くの経験者とばかりに余裕でからかい半分にえらそうに批評までしちゃう。この今だったら間違いなくセクシャル・ハラスメントと罵倒されそうな男は、後見人の叔父からこれまでの悪行を叱責されてしばらくの田舎暮らしを余儀なくされたトム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)だった... [続きを読む]

受信: 2010年4月17日 (土) 10時46分

» ジェーン・オースティン 秘められた恋 [映画の話でコーヒーブレイク]
「ジェーン・オースティン」の小説はどうしてこんなに愛されているのでしょう? 彼女の作品の多くがドラマ化・映画化、再映画化されているのは勿論のこと、 「高慢(プライド)と偏見」を基に「ブリジット・ジョーンズの日記」が作られ、 映画「ジェーン・オースティンの読書会」や「ロスト イン オースティン」なるTVドラマまである。 かく言う私は、BBC制作のTVドラマに魅せられコリン・ファース演じるミスター・ダーシーのファン いえ、ミスター・ダーシー演じるコリン・ファースのファンになり、 「プライドと偏見」でミス... [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 16時17分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ジェームズ・マカヴォイ目当ての鑑賞です(きっぱり) オースティンがその生涯で,ただ一人愛した人だという,トーマス・ルフロイとの悲恋物語。彼は実在した人物だそうだが,映画はたぶんフィクションの部分も多いような。オースティンの小説を地で行っているような雰囲気の作品だった。 実はオースティンの小説もその映... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 21時11分

» 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 [It's a wonderful cinema]
 2007年/イギリス  監督/ジュリアン・ジャロルド  出演/アン・ハサウェイ      ジェームズ・マカヴォイ  この作品を知ったのは1年以上前。なかなか公開されないので気になっていたのですが(配給会社が潰れた影響?)、ようやく公開されて良かったです。原題は「BECOMING JANE」。つまり、ジェイン・オースティンが作家として有名になる前のお話ってことですね。  1795年、イギリス。ジェイン・オースティン(アン・ハサウェイ)の家は貧しく、母親は彼女を財産のある家に嫁がせよ... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 01時18分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】1795年、イギリス。オースティン家の次女ジェイン・オースティン(アン・ハサウェイ)は、裕福で家柄のいい相手との結婚を望む両親に迫られ、地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス)の甥との結婚をしぶしぶ検討。しかしそんな中、ジェインはロンドンで法律を学ぶ青年トム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)と出会う―     監督 : ジュリアン・ジャロルド 『キンキー・ブーツ』【comment】私は本来、“悲劇”とか“悲恋”とかが苦手で、どうしても敬遠してしまう。だから、映画... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 09時52分

» 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(BECOMING JANE) [シネマ・ワンダーランド]
「きみの心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くても、その実は甘い」(ジェイン・オースティン)-。「高慢と偏見」などの作品で知られ、夏目漱石も絶賛したという英国の女流作家、J.オースティン(1775-1817年)の若き日を綴(つづ)ったラブ・ロマンス「ジェイン・オースティン秘められた恋」(2007年、英米、120分、ジュリアン・ジャロルド監督、ミラマックス配給)。この映画は、評伝「ビカミング・ジェイン・オースティン」をもとに、生涯独身だったジェインの唯一の情熱的で切ないロマンスを描く。出演は「プ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 03時40分

» mini review 10457「ジェイン・オースティン 秘められた恋」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
「高慢と偏見」などで知られるイギリスの女流作家ジェイン・オースティンに迫る伝記ラブストーリー。監督は『キンキーブーツ』のジュリアン・ジャロルド。ジェインを『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、その一世一代の恋の相手となる青年トムを『つぐない』のジェームズ・マカヴォイが演じている。自著の主人公たちをハッピーエンドへ導いてきた、ジェインの知られざる恋の物語が堪能できる。[もっと詳しく] 200年前のオースティン文学はなぜまだ女性たちを魅了するのだろう。 ある意味で二百年余り前のジェイン・オーステ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 09時07分

» ジェイン・オースティン秘められた恋 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
アン・ハサウェイ×ジェームズ・マカヴォイ生真面目が定説の女流作家が胸に秘めた恋とは?若き日の情熱と分別を描く文学的なラブ・ストーリー。 物語:1795年、当時のイギリスでは階級が最も尊重され、結婚も愛のためではなく、地位や財産のためにするものだった。 しか...... [続きを読む]

受信: 2010年6月11日 (金) 11時55分

» 『ジェイン・オースティン 秘められた恋』'... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ裕福な名家へ嫁ぐことが女の幸せとされた18世紀のイギリス。ジェインは愛のための結婚を望み、小説執筆に情熱を注いでいた。そんな彼女がついに恋に落ちるが・・・。感想... [続きを読む]

受信: 2010年9月18日 (土) 16時06分

» ジェイン・オースティン 秘められた恋 [いやいやえん]
「高慢と偏見」「エマ」など、数々の作品を生み出したジェイン・オースティン自身の恋の物語。 彼女は一生独身を貫いたわけですけども、主な作品それぞれの題材の範囲は非常に狭くて、中流階級の名家の娘、牧師、軍人たちが紆余曲折を経て結婚して終わります。当然自身の経験を反映させた事もあったでしょう。 「真実の愛」を感じながらも、「現実の壁」に直面するジェインの選択。でもこの出会いと別れがなければ、人生を豊かに感じることも私達が読める小説にも影響することもなかっただろう事を考えると、生涯に一度の本当の恋だ... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 18時34分

» 映画 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 [英国日記]
ジェイン・オースティンが20歳だった1795年、 ロンドンからやってきた法律を学ぶ青年トム・ルフロイと恋に落ちる。 駆け落ちまで企てた2人だったが・・・   [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 23時04分

« 本 「デセプション・ポイント」 | トップページ | 「PUSH 光と闇の能力者」 物語をこねくり回し過ぎ! »