« 本 「武士道セブンティーン」 | トップページ | 本 「帝国としての中国 -覇権の論理と現実-」 »

2009年10月12日 (月)

「ラーメンガール」 脚本家が一番わかってない

東京にいる恋人の元へやってきたアビー。
けれども恋人は彼女を捨てて去ってしまいます。
彼を失い、仕事にもやりがいを感じず、ぽっかりと心に穴が空いたような状態のアビーが出会ったのは、一杯のラーメン。
小さなラーメン屋の主人が作るラーメンに体も心も暖められたアビーは、ラーメン職人になろうと決心をします。

もっとトンデモニッポンになっているかと思いきや(ところどころあったけど)、意外とまともに描かれていました。
お話としては定石通りの展開で、驚きもなければ感動もないというのが考えものですけれども。
それでも見れるくらいには作品を救っているのは、西田敏行さん、余貴美子さんを始め、思いのほか豪華だった日本のキャストでしょうか。
これが無名の日本人エキストラ、もしくはカタコトの日本人風だったらダメダメでしたでしょう。
西田さんの頑固オヤジは安心感ありますねえ。
池中弦太が年をとったらこんな感じというイメージですかね。
泣かせることができる贅沢なキャストでしたが、心の琴線に触れるというまでにはいたらなかったです。
その理由はやはり脚本でしょう。

師匠の一挙手一投足を観察し、それを懸命に学ぼうとするアビー。
けれども師匠には魂が入っていないと言われてしまいます。
魂を一杯のラーメンに込めようと、アビーが新しい恋人と別れる気持ちを内に秘めながら、がんばった作ったラーメンを常連さんが食べるシーンがあります。
そのラーメンを食べたお客さんたちは悲しい気分になり、さめざめと泣き始めます。
これはアビーの気持ちがお客さんに伝わったということを表現したいのだと思いますが、これは師匠が言った魂を入れるということとはちょっと違う。
ラーメンに魂を込めるというのは、自分の気持ちを相手に伝えるということではなく、相手の気持ちをくんで給するということなんですよね。
「みんなマイセルフ(自分らしい)て良いやがって」
と師匠は頑固なアビーに言います。
あくまで大切にしなくてはいけないのは、自分自身ではなくて、相手なんです。
茶の湯でも一期一会と言うように、一度限りという気持ちで相手にもてなしをする。
それが魂を込めるということなんです。
本作では庶民の食べ物ラーメンというものを通じて日本人が大切に思っている心根を描いてくれるのだと思っていました。
でもこの場面で脚本家が一番その心をわかっていないというのを露呈してしまって、一気に冷めてしまいました。
日本人キャストは良かっただけに、ちょっと残念な感じです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「武士道セブンティーン」 | トップページ | 本 「帝国としての中国 -覇権の論理と現実-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46465586

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラーメンガール」 脚本家が一番わかってない:

» 『ラーメンガール』 [ラムの大通り]
(原題The Ramen Girl -----ニャに、このふざけたタイトル。 あれっ、日本映画かと思ったら ブリタニー・マーフィーが出ている。、 分かんないニャあ。どういう映画? 「うん。恋人を追って日本にやってきたアビー(ブリタニー・マーフィー)。 ところが彼にうるさがられて、 彼女は結局振られてしまう。 悲しみにくれるアビーの目に入ったのが 向かいの行列のできる店。 そこで食べたラーメンの味に魅せられたアビーは ラーメン修行に励む……。 どう?思ったとおりの映画でしょ?」 ----確かに(... [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 23時57分

» 「ラーメンガール」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週は、平日休みに二軒ほど、有名ラーメン店に行って来たひらりん。 思い出したかのように、この作品を観てみる事に。 ちなみに二軒とは、 九段の「斑鳩」と、新横浜の「ぼたん」というラーメン屋。... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 01時11分

» ラーメンガール [ダイターンクラッシュ!!]
2009年2月7日(土) 11:50~ テアトル新宿 料金:0円(テアトル会員Club-Cポイント利用) パンフレット:非売 ラーメンガール [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオメディア: DVD 『ラーメンガール』公式サイト 何をやっても長続きしないブリちゃん。恋人を追って日本に来るが、恋人は長期出張とかでいなくなってしまい、留守電のメッセージの返事もくれない。失意の中、ふと入ったラーメン屋、そこのオヤジ西田敏行に弟子入りし・・・という作品だ。 日本の描写はしっかりし... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 18時21分

» 09-35「ラーメンガール」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
客に笑いを与えるラーメン  恋人を追いかけてアメリカからはるばる日本にやってきたアビー。ところが、その恋人にあっさり捨てられ、言葉も通じない東京で一人途方に暮れてしまう。  そんな時、彼女はふと入った店で食したラーメンに感激し、救われた気持ちになる。そして一念発起したアビーは、その店のガンコ親父マエズミに弟子入り志願し、ラーメン修行を始めるが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 00時43分

» ラーメン ガール [象のロケット]
恋人イーサンを追って、言葉も習慣もわからない日本へやってきたアビーだが、彼は喜ぶどころか離れていってしまう。 アパートの向かい側のラーメン屋で泣きわめく彼女に、英語のわからない店主マエズミはただラーメンを差し出す。 その一杯で魔法にかかったように元気になったアビーは、マエズミに弟子入り志願するのだが…。 ラーメン修行コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 03時42分

» 『ラーメンガール』 @テアトル新宿 [映画な日々。読書な日々。]
恋人イーサンを追いかけて、東京にやってきたアビー。しかしイーサンはあっさりアビーを捨て、仕事で大阪へ向かってしまう。言葉も習慣もわからない国で、突然1人ぼっちにされたアビーは、孤独と不安で胸を押しつぶされそうになる。そんな時、アパートの向かいにあるラーメン... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 21時44分

» 『ラーメンガール』 ('10初鑑賞14・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月5日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 22時29分

» 『ラーメンガール』'08・米・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじアビー(ブリタニー・マーフィー)は、恋人と暮らすために日本にやってきたが、フラれてしまう。途方に暮れる中、一杯のラーメンに元気をもらった彼女はマエズミ(西田敏行)に弟子入り志願するが・・・。感想西田局長ハリウッドデビュー作という事で観てみましたそれ...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 4日 (木) 00時01分

» ラーメンガール [SUPER BLOG.JP]
今は亡きブリタニー・マーフィがわざわざアジアの片隅の街までやってきてロケした作品。 独特の雰囲気があって好きな女優さんだったんだけど。 32歳でこの世を去ってしまった… ハリウッド女優が「あんまりよくわからない国、、とーきょー」で撮影した、というだけでもボクは興味があったんだけど。 2006年に撮影されてていつまでたっても公開されなくて。 ストーリーとしては。 そんなにたいしたわけでもなく。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 08時11分

« 本 「武士道セブンティーン」 | トップページ | 本 「帝国としての中国 -覇権の論理と現実-」 »