« 本 「ハゲタカ」 | トップページ | 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 »

2009年10月31日 (土)

「パイレーツ・ロック」 おかしなおかしな反乱者

イギリス人というと、クイーンズ・イングリッシュを操る格式のあるノーブルなイメージというのがあったりしますが、これはイギリス人の一側面でしかありません。
一億総中流社会の日本と違って(最近はちょっと変わってきていますが)、イギリスは貴族や資本家などの上流社会と、庶民層との間に文化も含めた違いがあるんですよね。
後者の庶民階級というのは上流社会に対する反骨精神みたいなものを持っていて、それがいわゆるイギリス流のブラック・ユーモアや諷刺、そしてロックやパンクなどを生み出してきたわけです。
本作を観るとそのようなイギリス人の特性というのが、よくわかりますよね。

何といっても「ラジオ・ロック」のDJたちとその仲間が、個性豊かで楽しいです。
画面に映っているのはボロ船の船内ばかりなのですが、なんだかとてもカラフルな印象が残ります。
やはりこれは登場人物の多彩さによるものなんでしょうね。
「Fワード」を電波に乗せようとするノリノリのアメリカ人DJ、ザ・カウント。
生き方そのものがロッカーなカリスマDJ、ギャヴィン。
太めで美男子でもないのに何故か女性にモテモテのDJ、デイヴ。
やたらと人が良くて真実の愛を求めるDJ、サイモン。
DJなのに無口な(!)マーク。
くだらない発言(本人はウケると思ってる)がウリでイジラレ役のアンガス、などなど。
彼らの絡み、掛け合いが観ていてとても楽しい。
「ラジオ・ロック」ではなんだか年がら年中、学園祭をやっているようなハイテンションです。
みんなで一緒にばか騒ぎというのは、なんとも言えない高揚感がありますよね。
学生時代のノリを久しぶりに思い出しました。
彼ら「ラジオ・ロック」の面々はノリだけで生きているような感じもありますが、音楽を愛していること、それについてはみんな揺るぎない信念を持っています。
これが冒頭に書いた庶民の反骨精神、そしてロック精神と共通していて、イギリスならではの映画だなあと思いました。
音楽を題材にした作品ですから、洋楽に疎い僕でも知っている曲が多く流れています。
激しいのから、切ないのまで音楽も多彩で楽しいです。
好きな方は尚のこと楽しめるのではないでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ハゲタカ」 | トップページ | 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

うん、確かにイギリスはシニカルっていう方向というのはわかる気がしますね。
ブラック・ジョークとかはまさにそういう感じですもんね。
サントラは買いました?
僕はすぐに買ってしまいました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月23日 (水) 06時19分

楽しかったですね。
音楽は、十二分に楽しみました。
でも、なんか期待してたのと違ってかな。
反骨は反骨ですが、ああ下の方に行ってしまうと、反骨とは、ちいと違うんでないかい・・と。
イギリスの階級社会は、反骨といういよりも、シニカルとか、解離とかの方の雰囲気を感じます。
立ち向かうよりも、違う方向に行くエネルギーの方が強いような気がするなあ。
なんて、勝手に思ってますが。
サントラは買いですね。

投稿: sakurai | 2009年12月22日 (火) 08時43分

ひろちゃんさん、こんばんは!

音楽、良かったですよねー。
映画を観た後、サントラをアマゾンで注文してしまいました。
けど在庫がないのか、まだ届かないのですよ。
映画を観てサントラ買おうとしている人が多いのかな。

個性的なDJたちが楽しかったですよね。
それぞれにエピソードがあって物語としても見応えがありました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 6日 (金) 18時19分

こんばんは^^
個性的なDJたちと激しい曲から切ない曲まで
素敵な音楽、ノリノリで楽しめちゃいました♪

パイレーツと言えばカリビアン(笑)の私なので
この作品もタイトルから期待していましたが
期待以上に面白かったです^^

はらやんさんが言われるようにボロ船なのに
カラフルなイメージだったなあと思ったら
衣装がカラフルだったのかも~と思い出しました(笑)
観終った後ハッピーになる作品って好きです(*^o^*)

投稿: ひろちゃん | 2009年11月 3日 (火) 23時51分

Agehaさん、こんばんは!

楽しい映画でしたよねー。
個性豊かなDJたちが愉快でした。
僕は音楽が疎い方なのですが、それでもけっこう知っている曲があって楽しめました。
サントラ買っちゃおうかなー。
ビートルズがかからなかったのは、お察しのとおり版権の問題のようですよ。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 1日 (日) 21時17分

にゃむばななさん、こんばんは!

ラストはとてもハッピーな気分になれましたよね。
なんでしょうねー、ラジオっていうのはテレビとは違って、リスナー同士も共有感というか仲間意識感ってありますよね。
ラジオのパーソナリティには人柄を感じますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 1日 (日) 20時51分

むっちゃ楽しかった。
ビルナイと
フィリップシーモアホフマンの印象が変わる。(笑)

バイト先がバイト先なんで
今の歌はわかる、
80年代なら洋楽もそこそこ聞いてたからわかる。でも劇中の歌をほとんど知らなかったってのが
ちょっと残念。
知ってたらサントラ買いますって。

ところで
レッツダンスは間違いなく80年代ですが
デヴィットボウイがイギリスやからええん?

ビートルズがなかったのはやっぱり規制?

投稿: Ageha | 2009年11月 1日 (日) 20時46分

ラスト、リスナーたちがDJたちを助けにくるシーンは最高に感動しました。
だってあの雰囲気こそ、まさにラジオのオフエアーイベントと同じ雰囲気なんですもん。

あれはラジオ好きにはたまらない瞬間でしたね。

投稿: にゃむばなな | 2009年11月 1日 (日) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46633172

この記事へのトラックバック一覧です: 「パイレーツ・ロック」 おかしなおかしな反乱者:

» 『パイレーツ・ロック』(2009)/イギリス [NiceOne!!]
原題:THEBOATTHATROCKED監督・脚本:リチャード・カーティス出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス、ニック・フロスト、ケネス・ブラナー、トム・スターリッジ試写会場 : 東宝東和試写室公式サイトはこちら。<Story>1966年、北...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 15時17分

» パイレーツ・ロック [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『スウィッチを入れたら 君はもうひとりじゃない。』  コチラの「パイレーツ・ロック」は、「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、実在した海賊ラジオ局と監督自身の幼少の頃の思い出からインスパイアされた10/24公開のPG12指定の音楽コメディなの...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 19時51分

» パイレーツ・ロック [めでぃあみっくす]
ラジオ好きよ、集まれ!イカれたヤロー好きも集まれ!そしてみんなで拳を突き上げて叫ぶぞ!ロックンロール! 1960年代に実際にイギリスに存在した海賊放送局を描いたこの映画は、まさにラジオ好きのためにあるような映画です。ですからアシッドリスナーのみなさん、是非こ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 20時41分

» パイレーツ・ロック [だらだら無気力ブログ]
60年代のイギリスを舞台に24時間ロックとポップスを流し続ける海賊ラジオ局 とロックを規制しようとする政府当局の攻防を実在した海賊ラジオ局をモデル に映画化。1966年のイギリス。国営のBBCラジオはロックやポップスを1日で流す時間 を制限していた。若者をはじめ多..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 00時33分

» パイレーツ・ロック [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
1966年。高校を退学になったカールは、母に言われ、北海に浮かぶ船にやって来ます。そこは、カールの名付け親であるクエンティンが経営する海賊ラジオ局。1日に45分しかヒットレコードをかけないBBCラジオに対し、24時間、いつでもロックを放送するこのラジオ局は多くの若者たちの... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 06時47分

» パイレーツ・ロック [映画通の部屋]
「パイレーツ・ロック」 製作:2009年、イギリス 135分 PG-12指定 監 [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 22時19分

» パイレーツ・ロック [2009 映画観てきましたっ!]
公開初日 札劇さんにて。 早速 観てきましたっ! [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 09時26分

» パイレーツ・ロック/フィリップ・シーモア・ホフマン [カノンな日々]
1960年代、ビートルズやローリングストーンズが音楽チャートを賑わすロック全盛のイギリスでは政府によって国営放送局ではポピュラーミュージックが制限されていたという実際のロックヒストリーをモチーフに海上から24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局の物語を描いた痛快....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 10時52分

» パイレーツ・ロック [勝手に映画評]
1966年、ブリティッシュ・ロックが世界に発信されていたが、その本家本元のイギリスBBCでの放送時間は一日わずか45分! しかしロックを求めるイギリス国民は、海賊放送を聞いてロックを楽しんでいた。と言う時代背景の下、全てが実話と言うわけではないですが、この時代にあった海賊放送をベースに作られた映画です。 面白いですね。海賊放送が船から放送されているなんて、本当に海賊放送な訳ですが、恐らく沿岸トロール船を改造したと思われる海賊放送局には、なんとスタジオが複数ある設定。そして、“DJ”の名のとおり、M... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 14時14分

» 『パイレーツ・ロック』 [ラムの大通り]
(原題:The Boat that Rocked) ----パイレーツ・ロック? 海賊の時代とロックって、どう結び付くの? 「いや、これは海賊は海賊でも海賊放送という意味。 先に言っちゃうけど、この映画は今月のぼくの一押し。 というよりも、今年の洋画ベスト5には必ず入ってくる作品だね」 ----あらら。じゃあ、また泣ける映画ってヤツ。 「(汗)いやいや、そうじゃないんだ。 これは文句なしに楽しい映画。 大げさに言えば、唯一無二。もちろんぼくにとってだけどね。 舞台は1966年のロンドン。 そ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 16時24分

» 映画 「パイレーツ・ロック」 [ようこそMr.G]
映画 「パイレーツ・ロック」 [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 19時07分

» ★パイレーツ・ロック(2009)★ [CinemaCollection]
THEBOATTHATROCKEDメディア映画上映時間135分製作国イギリス/ドイツ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/10/24ジャンルドラマ/青春/音楽映倫PG12【解説】「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、60年代に実在した海賊ラジオ局をモデルに描く痛...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 23時53分

» パイレーツ・ロック /RADIO ROCK REVOLUTION [我想一個人映画美的女人blog]
We Love Music{/m_0158/} We Love Rock{/m_0136/} 好きな映画に挙げる人の多い「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が 幼少時の思い出からインスパイアされて作ったという待望の新作{/m_0158/} 実はそんなに「ラブ・アクチュアリー」はイイ{/m_0136/}とは思わなかったのだけど (フツウでした〜{/m_0090/}) キャスティングに惹かれたのと、Rockムービー大好きなので初日鑑賞! 先に観てた人に面白いと言われて期待もしてたん... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 00時52分

» パイレーツ・ロック [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE BORT THAT ROCKED) 【2009年・イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★★★★★★★★) 民放のラジオ局が無かった1966年のイギリス。 そんな中、停泊した船上から24時間ロックを流し続けた、海賊ラジオ局のDJたちの生き様を描いた痛快ロック・ムービー。 1966年。イギリスのポップ・ミュージックの人気が最高潮に達した時期。当時は国営のBBCラジオしかなく、流行歌は1日に45分しか放送されていなかった。そんな中、北海上に停泊している船から24時間いつでもロックを流す海... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 15時30分

» 人間を救っていたのは熱いハート。『パイレーツ・ロック』 [水曜日のシネマ日記]
1966年のイギリスを舞台に24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と彼らを排除しようとする政府の攻防を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 20時31分

» パイレーツ・ロック☆独り言 [黒猫のうたた寝]
1966年・・・英国ではロックがラジオで流れるのは1日45分だけ!?ちょっと待って、それってまじ?国営放送はロックを音楽と認めない?そんなの国民が我慢できるわけがな~~~い(笑)だって、ビートルズやローリング・ストーンズが聴けないなんて・・・だったら、俺たちがやっ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 07時12分

» パイレーツ・ロック [ダイターンクラッシュ!!]
2009年11月3日(火) 16:55~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『パイレーツ・ロック』公式サイト フリーパス鑑賞4本目。 ロック映画には名作が多い。これもご多分に漏れず名作だった。 偉大なロッカーを数多く排出した大英帝国。その昔、公共のラジオでロックが流れる時間がたったの15分ほど45分。そこで24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局の存在があった。イギリス国民の約半数2500万人が聞いていたという。その海賊ラジオ局の話。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 18時37分

» *パイレーツ・ロック* 試写会 [Cartouche]
                       (c) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. {{{   ***STORY***         2009年 イギリス 1966年、北海に浮かぶ船に高校を退学になったカールがやってくる。更正のため、母親に名付け親のクエンティンに預けられたのだ。この船は海賊ラジオ局で、クエンティンはその経営者。1日45分しかヒットレコードをかける時間がないBBCラジオに対し、24時間いつでもロックを流すこのラ..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 10時24分

» パイレーツ・ロック [風に吹かれて]
[E:music]おバカで熱い不良オッサンたちに乾杯[E:wine]公式サイト http://www [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 12時03分

» 『パイレーツ・ロック』 [きららのきらきら生活]
「パイレーツ・ロック」観てきました♪ [続きを読む]

受信: 2009年11月13日 (金) 21時50分

» 映画「パイレーツ・ロック」 [Andre's Review]
the boat that rocked イギリス 2009 2009年10月公開 劇場鑑賞 イギリス映画が大好きな自分ですが、その中でもとりわけ好きな『ラブ・アクチュアリー』と同じリチャード・カーティス監督・脚本作品(この人は、これまた大好きな『Mr.ビーン』も手がけてるんですよね~)。さらに、自分は好きな音楽はと聞かれれば「UKっぽいの」と答え、日本のチャートよりもUKチャートのほうをチェックしてしまう感じなので、この映画は何が何でも絶対に見たかった1本。 キャスティングも個人的には豪華すぎ... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 14時05分

» パイレーツ・ロック [象のロケット]
1966年、イギリス。 ドラッグと喫煙で高校を退学になったカールは、更生のため母の旧友クエンティンの船に預けられることに。 しかし実はその船は個性的なDJたちが名調子と共にポップ・ミュージックを一日中流し続けている海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”だった! 大臣ドルマンディは、国民の風紀を乱す海賊ラジオ局の撲滅に躍起となるが…。 ロックンロール・コメディ。  PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 01時36分

» パイレーツ・ロック [メルブロ]
パイレーツ・ロック 286本目 2009-46 上映時間 2時間15分 監督 リチャード・カーティス『ラブ・アクチュアリー』 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル トム・ブルック リス・ダービー ニック・フロスト キャ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 16時26分

» 「パイレーツ・ロック」 [てんびんthe LIFE]
「パイレーツ・ロック」日比谷みゆき座で鑑賞 60年代の音楽とともに、軽快なDJのじゃべり。 なんか昔の深夜放送とか懐かしく思い出しました。 海賊放送ではなく、ちゃんとしたラジオの放送局が海上の船であったというこの話はどうやら実話なんだそうです。 女人禁制だったり(どこまでだかすごく怪しかったけど…2週間に1度とか言いながら来ちゃえば拒まないルーズな所がね!)賄いはレズの女性だったり。 意外な所で笑わせてくれるけれど、政府との戦いは極めてシビア。 違法ではないのに何で?ということが多す... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 09時14分

» パイレーツ・ロック Rock’n Ro〜〜〜ll♪♪♪ [労組書記長社労士のブログ]
【 65 -13- 1ヶ月フリーパスポート=13 】 この週末三連休は九州波乗りツアー!なんやけど、参加メンバーが仕事や体調不良やで、なんと半分の規模のトリップになっちゃいそうや(*´д`*) 風邪やらインフルやら痛風(?)やらいろいろ流行っている様やなあって実感(´・ω・`) みなさん、ご自愛くださいね。  さて、今日も映画ネタ、ずーっと観たかったんやけど、基本的に上映がレイトショーやからなかなか観辛かったんだがようやく観ることができた、上映終了する前に間に合ってよかった。  1966年、北海... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 23時57分

» パイレーツ・ロック(2009)☆THE BOAT THAT ROCKED [銅版画制作の日々]
11月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。とうとうフリ―パスポートをゲットしました。1カ月間無料で何本も鑑賞出来ます。その1本目に選んだのがこの作品です。今週でお終いなので、滑り込みました。 べたべたのイギリス映画ですね。舞台は1966年、イギリスのポップ・ミュージックの人気が最高潮に達し、世界中を圧巻していた時代。この当時はイギリスのラジオ局は国営放送BBCのみだったそうです。しかもそのラジオ局では、一日に流すポップ・ミュージックは、法規則のためわずか45分だけだったので、リスナーにとっては、もっ... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 08時43分

» パイレーツロック [シネマ日記]
10月も終わりに差し掛かったところで、今年1番の作品に出会えたかも!60年代です。ラジオです。ロックです。イギリスです。そこんとこのキーワードに引っかからない人には、つまらない作品かもしれません。ワタクシはやっぱり好き。音楽に関してはオタク的に詳しいってことはないけど、やっぱり好き。そして、あの時代の雰囲気も、好きです。とにかく、この海賊ラジオ局RADIO ROCKのDJたちがみんなカッコイイ。いや、見た目は全然カッコよくないエロじじいがほとんどなんだけど、それでもやっぱりカッコイイんですよ〜。一番... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 09時51分

» パイレーツ・ロック [迷宮映画館]
いつもの粘っこいR・カーティス節。サントラは欲しくなる〜。 [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 08時38分

» パイレーツ・ロック [Diarydiary! ]
《パイレーツ・ロック》 2009年 イギリス/ドイツ映画 - 原題 - THE [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 17時24分

» 09-320「パイレーツ・ロック」(イギリス) [CINECHANの映画感想]
ロックは死なず  ブリティッシュ・ロックが世界を席巻していた1966年。民放ラジオ局の存在しなかったイギリスでは、国営のBBCラジオがポピュラー音楽を1日45分に制限していた。若者の不満が渦巻く中、イギリスの法律が及ばない領海外の北海に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”が誕生、熱狂的な支持を集める。  そんなラジオ・ロックの船に高校を退学になった青年カールが乗り込んでくる。問題を起こした彼を更正させようと、母親によって旧友でもあるラジオ・ロックの経営者クエンティ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 00時50分

» 「パイレーツロック」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
物事がシンプルだった時代の大人学校。ロックは訳知り顔した大人への抵抗の象徴だった。ドラッグやセックス、少し悪い寄り道をしつつ周りから学んで大人になるのが普通だった。そして大人になって、まだ純粋だったころの夢を持ち続けている人たちを羨望の眼差しで見るのだ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 02時15分

» パイレーツ・ロック [ルナのシネマ缶]
1960年代のイギリスって 国営のBBCラジオからロックを 流せる時間はわずか45分だけ だったんですね〜。 それで、法が及ばない海上に 海賊放送局なんてのがあって 1日中ロックを流していて 実は、イギリス国民の半分くらいの 人々がそれを聞いていたなんて・・・ 素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、 更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)の いる船に乗船することに、しかしその船は、 アメリカ出身のザ・カウント(フィリップ・シーモア・... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 00時28分

» パイレーツ・ロック [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
60年代、イギリスの海上には一日中ロック音楽を流す海賊ラジオ局が存在していた。 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が“ザ・ローリング・ストーンズ”、“ザ・フー”などの楽曲を50曲以上使い、音楽を愛する型破りなDJたちを描く痛快群像劇。 物....... [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 13時24分

» リチャード・カーティス[監督]『パイレーツ・ロック』(2009年) を観て来た。 [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○リチャード・カーティス[監督]『パイレーツ・ロック』(2009年)を観て来た。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 05時05分

» 「パイレーツ・ロック」みた。 [たいむのひとりごと]
12月に初めて予告編を見てとても楽しみにしていた作品だったが、首都圏では既に公開済みで、ブロガーさん達よる年末恒例のランキングでもなかなか評価が高く、一層期待を膨らませながら公開を待っていたこの作品。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 21時44分

» 『パイレーツ・ロック』 (2009) [よーじっくのここちいい空間]
作品としては、音楽が溢れるライト・コメディとして、可もなし不可も無しのちょうどいい加減(具合)の出来なので、ニヤニヤしながら、メロディーを口ずさみながら、暢気に観ていられて、私などは、とっても有難い作品でした。... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 22時29分

» パイレーツ・ロック [愛猫レオンとシネマな毎日]
「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督の最新作です。 監督自身の幼少期の思い出からインスパイアされた作品だそうです。 本作の中にも、ある少年が枕の下に隠したラジオで海賊放送を聞いているシーンが 出てきます。多分、この少年が監督自身だったのでしょう。 映画は、ノリノリで最後まで突っ走ってくれます。 見終わったら「はて?何だっけ?」と思っちゃうんだけど・・・ 「ロックンロールだぜ!イェ~イェ~」で、まっいいか!後味もスッキリだったし・・・ でも、どうせパッパラパーで、やるんだったら、カ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 21時28分

» mini review 10450「パイレーツ・ロック」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、『ハンニバル・ライジング』のリス・エヴァンスらが海賊ラジオ局のクセ者DJにふんしている。ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・キンクスなど、劇中に流れる1960年代ロックの名曲の数々にも注目。[もっと詳しく] 1966年、この年のビルボードランキングを肴にするだけで、幾晩... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 12時23分

» パイレーツ・ロック [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
パイレーツ・ロック [DVD]常に音楽シーンを牽引するブリテイッシュ・ロックにこんな規制秘話があったとは。1966年、英国では国営のBBCラジオからロックを流す時間はわずか45分。だが法が及ばない海上に海賊放送局があったというお話だ。高校を退学になったカールは、更正....... [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 23時56分

» パイレーツ・ロック (The Boat That Rocked) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 リチャード・カーティス 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2009年 イギリス/ドイツ映画 135分 ドラマ 採点★★★★ 睡魔と闘いながら鶴光のオールナイトニッポンを聴くのが、ちょっとした大人の仲間入りの儀式のようであった中学時代。まぁ、概ね睡魔に負けてしま..... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 11時00分

» パイレーツ・ロック [Blossom]
パイレーツ・ロック THE BOAT THAT ROCKED 監督 リチャード・カーティス 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ     ... [続きを読む]

受信: 2010年9月17日 (金) 11時49分

» 『パイレーツ・ロック』'09・英 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1966年、イギリス。ラジオが流すポピュラー・ミュージックは1日45分。そんな中、海の上から24時間ロックをかけるゴキゲンな海賊ラジオ局が現れた・・・。感想下ネ... [続きを読む]

受信: 2010年10月19日 (火) 23時53分

» 『パイレーツ・ロック』 ('10初鑑賞126・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 10月1日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年12月 3日 (金) 23時35分

» 「パイレーツ・ロック」 絶望から脱出しよう [ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋]
「パイレーツ・ロック」  海に浮かぶ梁山泊、あるいはシャーウッド。        【原題】THE BOAT THAT ROCKED 【公開年】2009年  【制作国】英吉利 独逸  【時間】135分  【監督】リチ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月25日 (土) 15時07分

» パイレーツ・ロック [さむこの部屋]
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描く。 フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァン ... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 01時02分

» パイレーツ・ロック [pure\s movie review]
2009年 イギリス・ドイツ作品 135分 東宝東和配給原題:THE BOAT THAT ROCKEDSTAFF監督・脚本:リチャード・カーティスCASTフィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル あれ〜。これ、リチャード・カーティスが監督と脚本...... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 22時13分

« 本 「ハゲタカ」 | トップページ | 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 »