« 本 「吾輩は猫である」 | トップページ | 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ »

2009年10月17日 (土)

「プール」 サチエへの共感、京子への反発

小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんという出演者で、まったりと癒し系な予告だったので、てっきり「かもめ食堂」「めがね」を手がけた荻上直子監督の作品かと思っていたのですが、違っていたのですね。
本作の脚本・監督は大森美香さん。
大森さんは最近では脚本家としての活躍が目覚ましく、「デトロイト・メタル・シティ」、「ヘブンズ・ドア」、「カイジ 〜人生逆転ゲーム〜」などの作品の脚本を担当されています。
オリジナルのエッセンスを残しながらも、映画として再構築し直すのが上手な脚本家さんというイメージがあります。
大森さんの監督作品を観るのは本作が初めてなのですが、強烈な個性があるという印象は持ちませんでした。
良くも悪くも予告で感じた通り、荻上監督風な感じがします。
ただ「かもめ食堂」で小林聡美さんが演じたサチエに感じた共感性を、本作で同じく小林さんが演じる京子にも感じたかというと、それほど強いものは感じませんでした。
二人ともやりたいように自由に生きるというスタイルは同じなのに何故なのだろうと思い、ちょっと考えました。
やはり二人の違いで大きいのは、独り身でいるか、家族、特に子供を持っているかということでしょう。
やりたいように自由に生きる、そうできるのが望ましい。
けれど現実にはしがらみみたいなものはあるわけです。
だからこそ「かもめ食堂」のサチエには、憧れのような共感性を感じるのです。
では本作の京子も自由に生きているに、何故それほど強くは感じないのだろう。
やりたいように生きるというのは、京子から見れば、そうなのでしょう。
でも娘のさよからすれば、それはやはり身勝手に見えてしまう。
本作は基本的にはさよの視点で描かれているので、観ている側としては京子の自由な生き方への共感というよりも反発の方を強く感じてしまうのですね。
サチエへの共感、京子への反発。
この違いは、それだけ家族を持つということというのは、重いものを背負うということを表しているのでしょうか。

本作でいいなと思ったのはバックグラウンドの音。
リリリ、ツツツといった虫の声。
モーモー、ブーブー、コケコケ言っている牛さん、豚さん、鶏さんたちの鳴き声。
サワサワサワという風にそよぐ葉の音。
固定長回しの多いカメラワークでしたが、背景には自然の奏でる音がずっとしています。
それが何やら包まれているような心地よさというものを与えてくれます。
しばらくこういう自然の音というのを聞いていないなあと、ふと思いました。
いつもの生活で聞こえてくるのは、ザワザワという人ごみや、ガチャガチャとした都会がたてる、人工的な騒がしい音ばかりです。
こういう作品を見ると、やはり都会は癒されないなあと、たまには自然に包まれゆっくりしたいなあと思ったりします。
とここまで書いて、一息入れてみると、窓の外から秋の虫の声が聞こえてきます。
東京でもしっかり虫さんたちは生きて鳴いているんですねえ。
自然の声が都会暮らしだから聞こえてこない、ということではなく、実はちゃんと虫は奏でているのに自分が聞こうとしていなかっただけかもしれません。
自然にゆっくりと包まれたいというよりも、まずは忙しない心根を見直す方が肝要かもしれないです。

「かもめ食堂」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「吾輩は猫である」 | トップページ | 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

二番煎じ感ありましたよね。
どうしても観る側としては比べてしまうわけですが、これはあまり作る側にとってもプラスにならないのではないかなあ。
キャラクター的にも、親子ともにどうも共感性をもちにくい感じがあって、どうも物語に入りにくい感じがありました。
それで最後までいってしまったので、なにか置いてきぼりになったような印象でしたね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月 9日 (日) 06時24分

なんだか、唐突にいただいたような雰囲気のTB、ありがとうございますです。
うーん、どう見ても二番煎じ映画に見えてしまって、まずそこが大きなマイナス要因でした。
でもあえてあのメンバーを使うと言うことは、荻上さんに挑戦と言うか、上を行く映画を作る!!というくらいの気概がないとねぇ。
その辺はとんと及びもしませんでしたね。

まあ、母としては、子供も大学生にもなったんだから、母親の仕事は卒業して、自分のやりたいことくらいやらせてくれ!と思う気持ちはよーくわかります。
ここは、この娘があまりに幼いと感じたところです。大学も卒業したくせに・・です。

もうちょっと説明してくれて、納得のいく展開だったら、もうちょい評価しましたが、あの中途半端な描き方ではきついです。加えて料理があまりおいしそうに見えなかったのが、またまたマイナスでした。

投稿: sakurai | 2010年5月 8日 (土) 16時42分

たいむさん、こんにちは!

そうなんですよねー、自分一人だけだったらいいけど、娘に対してはやはり責任があると思うんですよね。
それをしないで、自分だけ自由というのはいかがなものかと思ったりして、いまいち京子のスタンスに共感できませんでした。
確かに他人事という感じがありますよね。
娘を一人の大人として扱っているということなのかもしれませんが、その前に子供として扱ってあげないと、と思ったりします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月15日 (日) 13時33分

こんにちは。
私も京子はやっぱり身勝手だと思ってしまいました。
ひとりだけ達観していても、それに納得していない他者の気持ちを鑑みない姿勢は頂けません。

一緒に暮らしたかったんだー・・・。
ってまったく他人事な言い方と、答えを出さないところもう~んってね。

BGMとか空気感は好きだけど、「かもめ・・」はそれだけじゃなかったところがだいぶ違ってましたね。

投稿: たいむ | 2009年11月15日 (日) 09時15分

ミチさん、こんばんは!

同じように自分のやりたいように生きているんですけれどね、なんでこう印象が違ってしまうんでしょう・・・。
一人か親子かっていうところなのかな、やっぱり。

そういえば両作品ともにビーでしたね!
すごい偶然!

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月25日 (日) 05時26分

Agehaさん、こんにちは!

「かもめ食堂」と「プール」、主人公の生き方というのは、それほど変わっていないのですけれど、何か違うと感じるのは、やはり「母親」であるかないかということなんでしょうね。
自分が生んだ娘を置いて、自由に生きるというのは、やはり抵抗を感じちゃいます。
娘が独り立ちしてからならわからなくはないのですけれど。
少しの違いでずいぶんと印象が変わってしまうものですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月24日 (土) 07時50分

こんにちは♪
やっぱり京子にはどうしても反発心を抑えきれませんでした。
あそこまで平行線の母娘もいるんですね~。
娘の方は距離をつめることを望んでいても、母は望んでいない。
普通とは逆だな~なんて。

『ホノカアボーイ』も『プール』もキーパーソンの名前がビーでしたね。

投稿: ミチ | 2009年10月23日 (金) 09時39分

かもめ食堂・・も確かに
女性が自分の人生をどう生きるのか、
・・それも一人の人間として、誰にも頼らずに
見知らぬ人ばかりのフィンランドでという
テーマがありました。

今回も確かに同じくらいの年齢の女性が
タイで新しい人生を送る・・・には変わりないのですが
かもめ・・では父を置いて外国へ行くことには
なんら抵抗を感じなかったのに
この映画では母が娘を残して行っちゃうってのは
誰が見てもなんでそうなるねん?!があって。

母が出て行くとき、娘が納得してなかった。
んで、再会しても
母はあんな言い方しかしない。
・・・なのに娘は母を理解した。
ここで第三者の観客はほったらかしなんですよ。
なんでそれでええん?って。

このへんがどうもこの映画にダメだししてしまう理由なんでしょうね。

投稿: Ageha | 2009年10月19日 (月) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46510819

この記事へのトラックバック一覧です: 「プール」 サチエへの共感、京子への反発:

» 『プール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「プール」□監督・脚本 大森美香 □原作 桜沢エリカ □キャスト 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ、シッティチャイ・コンピラ■鑑賞日 9月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) チェンマイのプール付きのゲストハウスで働く京子(小林聡美)の周りには、不思議に人が集まってくる。 プールを中心にして、その場所が気持ちいいのか、京子やオーナーの菊子(もたいまさこ)、庭の手入れを手伝っている(加瀬亮)、そしてタイ人の少年(シッティチャイ... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 10時31分

» プール [そーれりぽーと]
『かもめ食堂』、『めがね』を彷彿とするキャストとシチュエーションに期待をして、『プール』を観てきました。 ★★★★ なんだこの似て非なる違和感、それもそのはず『かもめ食堂』や『めがね』とは監督も原作者も違って、悪い言い方をすればバッタモン映画。 でもオリジナル(と言っていいのか?)の小林聡美ともたいまさこに加え、『めがね』に出ていた加瀬亮まで登場してるし、何よりスポンサーは敷島製パンって事で、スポンサー主導で3匹目のドジョウを狙って似たような映画を作ったかのような感覚。 これまで印象的だった美味... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 17時44分

» プール [Diarydiary! ]
《プール》 2009年 日本映画 タイのチェンマイにありゲストハウス、そこで働く [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 19時10分

» *プール* [Cartouche]
{{{   ***STORY***               2009年 日本 大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だった。小さなプールのあるゲストハウスには、オーナーの菊子やタイ人のビーという少年らがいて、母は楽しそうに暮らしていた。そんな母の姿を、さよはどうしても素直に受け入れることができないでいた…。    gooより}}} [http://blogs.yahoo.co.jp/carto..... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 22時14分

» プール [いい加減社長の映画日記]
「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」「しんぼる」と注目作品が公開されたこの土曜日。「しんぼる」は、前作「大日本人」でガッカリさせられたので、私には合わないと思い、最初からパス。「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」は興味あるんだけど・・・ちょっと癒しを求めて、「プール」を選択。「UCとしまえん」は、普通かなぁ。「プール」は、小さめのスクリーンで、7割程度。【ストーリー】大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 23時15分

» プール [メルブロ]
プール 281本目 2009-41 上映時間 1時間36分 監督 大森美香 出演 小林聡美  加瀬亮 伽奈 もたいまさこ シッティチャイ・コンピラ 会場 吉祥寺バウスシタター 評価 6点(10点満点)  漫画家桜沢エリカ先生が原作の映画。タイのチェンマイ郊外にあるゲストハウ....... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 00時58分

» プール◇◆POOL [銅版画制作の日々]
かもめ食堂、めがね、そして今度はプール・・・・。 前回の“めがね”のメンバー、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が登場。そして今回初登場のモデルの伽奈は映画初出演だそうです。そしてそしてタイの男の子も登場しちゃいます。19日の土曜日に舞台挨拶があるそうですが、応募しても当たらず・・・。といことで早々に鑑賞してきました。 フィランドから日本、そして今回はタイのチェンマイに舞台は飛びます。どちらかと言えば、めがねに近い雰囲気でしょうか。お話も特に大事件が起こるでもなく、いつもようにのんびりまったりとした... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 11時32分

» 映画 【プール】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「プール」 漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を大森美香監督が映画化。 おはなし:さよ(伽奈)はタイ北部のチェンマイのゲストハウスで働く母親・京子(小林聡美)のもとを訪れた。そこにはオーナーの菊子や手伝いの市尾、タイ人の少年ビーも暮らしており・・・。 4年ぶりに会った京子とさよの間にはなにやらよそよそしい空気が流れています。 それもそのはず、京子はさよと母親を日本に残して勝手にタイで暮らし始めたという過去があったのです。 自分のやりたいようにやればいい・・・というのが京... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 19時07分

» プール/小林聡美、もたいまさこ [カノンな日々]
この映画の予告編って何の事前情報も無しで映像の印象だけだと『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督の新作のような雰囲気なんですが、一部スタッフがそのままで監督は『ネコナデ』の大森美香さんが担当されたんですね。原作は桜沢エリカさんのが映画のために書き下ろした....... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 22時28分

» プール [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。 タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。 出演者も独特の空気感をまとう小...... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 23時31分

» プール(映画館) [ひるめし。]
理由なんて、愛ひとつで十分だ。 [続きを読む]

受信: 2009年10月23日 (金) 22時15分

» 『プール』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:大森美香原作:桜沢エリカ出演:小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ公式サイトはこちら。<Story>大学生のさよ(伽奈)は卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子(小林聡美)のもとを訪ねる。迎え...... [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 19時40分

» プール [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
気持ちはいいが中身がない。それって映画としてどうなのか?!と問いかけたくなる作品だ。大学生のさよは、タイの古都チェンマイのゲストハウスで働く母の京子を訪ねる。自分や家族を置いてタイに渡った母は、ゲストハウスのオーナーやタイ人の少年、ハウスを手伝う青年らと....... [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 23時59分

» 「プール」みた。 [たいむのひとりごと]
私は金曜日生まれです♪・・でも、だからってどこにも答えがなかったところがやっぱりこの映画なのかなーと。『かもめ食堂』、『めがね』に続き、またまたまったり、でも頑固なまでに我が道を貫く・・・という夢のよ... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 09時03分

» プール [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
プール’09:日本 ◆監督:大森美香◆出演:小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ ◆STORY◆大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だった....... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 16時14分

» 映画「プール」 [Andre's Review]
プール 2009 日本 2009年9月公開 劇場鑑賞   『かもめ食堂』も『めがね』も劇場鑑賞しているので、やっぱり気になるこのシリーズ(?)。今回は監督・脚本が違うのでちょっと不安ではあったのですが、もうすぐ公開も終了しそうな中、滑り込みで観にいってきました。 京子(小林聡美)はタイのチャンマイでゲストハウスを営み、近所に住む、市尾くん(加瀬亮)や菊子(もたいまさこ)、そして、母親を探しているタイ人の少年ビーらとおだやかな日々を過ごしていた。あるとき、さよ(伽奈)が日本からやってきて・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 11時46分

» プール [愛猫レオンとシネマな毎日]
舞台は、タイの第2の都市チェンマイ。とても美しい街ですね。 映画の中で写し出される風景は、どれも目がさめるような美しさでした。 ストーリーは、4年前にチェンマイのゲストハウスで働き始めた母を 娘のさよが大学の卒業旅行で訪れるところから始まります。 そこには、オーナーの菊子と、従業員の市尾、タイ人のビーという少年がいて 楽しそうに暮らしています。 自分を置き去りにした母が、少年の母親がわりになっている事がショックで 怒りを感じるさよ・・・ 母と菊子、市尾とビーそして、さよの5人による6日間のお話で... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 00時45分

» 『プール』 [シネマな時間に考察を。]
時にリビングのソファ、時にプールサイドのカウチに身を任せ、 ぼんやりとその辺りの風景や人を眺めているときの視線のような、 そんな自然に流れる動きを伴う、カメラ導線に癒されて。 『プール』 監督・脚本:大森美香  原作:桜沢エリカ 「プール」 フードスタ... [続きを読む]

受信: 2010年4月22日 (木) 15時32分

» プール [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
原作は、漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした作品。 大学卒業を控えたさよは、タイの古都、チェンマイのゲストハウスで働く母、京子を訪ねます。4年前、祖母にさよを預け、旅立った京子は、小さなプールのある場所で、オーナーの菊子や手伝いの市尾、タイ人の少年、ビー... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 10時26分

» プール [象のロケット]
さよは大学の卒業旅行を兼ねてタイ・チェンマイを訪れる。 母・京子が小さなプールのあるゲストハウスで働いているのだ。 久々に会った母が、自分の知らない人たちと現地で楽しそうに暮らしている姿を見て戸惑い、反発するさよ。 さよは自分を置いて突然海外へ働きに出て行ってしまった母の気持ちが全く理解できないでいた…。 素朴で静かな心の交流を描く人間ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 13時17分

» プール [迷宮映画館]
料理の見せ方がいまひとつだったなあ。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 16時43分

» 『プール』 [日々のつぶやき]
監督:大森美香 出演:小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ タイのチェンマイ、  キラキラ光る小さなプールのまわりに集まる5人の、   6日間の物語。 この秋、風の吹き抜ける    プールサイドに出かけてみませんか。 「... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 15時44分

» mini review 10489「プール」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。出演者も独特の空気感をまとう小林聡美やもたいまさこらベテラン勢に加え、若手実力派の加瀬亮や、新人の伽奈が見事なアンサンブルをみせる。自然体で生きる個性的な人々のシンプルライフが心地いい。[もっと詳しく] 大凡作なのか、あるいは「黄泉の国」の視線を繰り込んだ「傑作」なのか。 小林... [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 05時02分

» 「プール」★★★☆ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
'09年制作 原作:桜沢エリカ 脚本・監督:大森美香 出演:小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈 ほか(敬称略) チェンマイ国際空港。さよ(伽奈)はひとり、緑多きタイ北部の都市に降り立った。初めての海外旅行にこの地を選んだのには理由がある。ステイ先...... [続きを読む]

受信: 2010年11月10日 (水) 20時08分

» プール [いやいやえん]
かもめ食堂の流れの作品のひとつ。 娘である自分を置いて、小さなプールがあるゲストハウスで楽しそうに暮らしている母の姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じるのは当然。 チェンマイのどこかゆったりとした気質はこの世界感にあっているものの、肝心の母子の絆がどうしても感じ取れなかった。 「いい距離感ですよね」って台詞は母親と娘の関係を指しているのだけど、京子の姿は傲慢で自己中心的に見えますが、人としての生き方としては羨ましいところもあると思う。人と人との距離は難しいもので、愛... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 10時00分

« 本 「吾輩は猫である」 | トップページ | 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ »