« 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ | トップページ | 本 「MM9」 »

2009年10月18日 (日)

「ホノカアボーイ」 恋せよ乙女

昨日観た「プール」もそうでしたが、「かもめ食堂」以来癒し系ムービーとも言えるジャンルができてきていますね。
本作「ホノカアボーイ」もそのような系譜に位置づけることができると思います。
とはいえ、荻上監督の「かもめ食堂」「めがね」はこれといった物語上の事件が起こらないですが、本作は物語としての起伏をつけるストーリーラインはしっかりしています。
そういう点では、より観やすい作品かと思います。

最近活躍が目覚ましい岡田将生さんが、本作では初めて主演(レオ役)を務めています。
彼は「天然コケッコー」「重力ピエロ」等でもそうでしたが、作り込んでいない自然体であるように見える演技がいいですよね。
作品の雰囲気によく合っていたと思います。
それよりも何よりも、倍賞千恵子さんが演じるビーがとても可愛らしい。
ビーのレオへの想いは恋のようなものでもあるのでしょうか。
彼女は若い時に愛する夫を亡くして以来、ずっと一人で暮らしています。
時がゆっくりとゆっくりと流れているハワイ、ホノカア。
彼女の時間もゆっくりとゆっくりと流れてきていたのでしょう。
「人のために料理を作るのは久しぶり」
と初めてレオに食事を振る舞ったとき、ビーは言います。
それから彼女はレオのために毎日食事を作るようになるのです。
レオは野菜嫌いなようですから、健康のためにビーがいろいろ工夫をします。
誰かのために料理をするっていうことが、彼女の生活に充実を与えているように見えます。
レオが来る時に、きれいな服を買ってみたり。
レオに彼女らしき女性ができたときに、意地悪をしてみたり。
ビーは年齢的にはおばあさんという年ですけれど、まさに恋する乙女のように活き活きとして見えます。
老けていくというのは当然肉体的なものが大きいのですが、精神的なものも大きいですよね。
肉体が老けていくことはどうにも止められないですが、人を恋するとか、誰かのために働くとか、そういう充実感を与えてくれる気持ちというのを持ち続ければ、若々しく見えるのでしょう。
ビーを観ていてそう思いました。
年をとってもこうありたいものです。
ホノカアで過ごした1年間はレオにとっても意味がある時間であったと思いますが、ビーにとってもかけがいのないものであったのですよね。

冒頭に書いた癒し系ムービー、舞台となるのは日本以外の場所なんですよね(「めがね」は沖縄ですが、異国みたいなものです)。
「かもめ食堂」はフィンランド、「プール」はタイ、「ホノカアボーイ」はハワイ・・・。
日常から離れたゆっくりと流れる時間というものを描くのは、日本ではだめなのでしょうね。
なんだか癒し系ムービーを観ていると、逆に日本という国のせわしなさというものを感じてしまいました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ | トップページ | 本 「MM9」 »

コメント

rose_chocolatさん、こんばんは!

うん、こちらは癒し系ムービーであるけれど、しっかりとレオの成長とビーの恋というストーリーがありましたよね。
そういう点では観終わって、しっくりくる感じがありました。
「プール」は確かにまとまっていないかなあ。
「かもめ食堂」ともちょっと違うけど、メッセージが強く感じないのかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月25日 (日) 19時48分

『プール』はまるでダメでしたが、『ホノカアボーイ』は大好きです。
最近『かもめ・・』と同じような作品がどんどん増えてきましたね。
結局そういう系は全部観ているんですが、何が違うのかと考えたら、完結しているかしていないかってところだと思いますね。

映画なんで、そのなかでテーマがまとまってないとまずダメかなあと思います。
そういう意味で『プール』は、観終わっても何が言いたかったのかよくわからなかった。 でもこれは、シンプルに人の恋心をまとめてたような感じで、お見事だったと思います。

投稿: rose_chocolat | 2009年10月24日 (土) 19時47分

Agehaさん、こんばんは!

こちら原作ものだったんですねー。
調べてみたら、吉田カバンのディレクターの方が書いた本なんですね。
今度読んでみようかな。
蒼井優ちゃん、深津絵里さんはかなり贅沢な使い方でしたねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月22日 (木) 21時06分

コレも珍しく映画よりも原作文庫を先に読んだんですが
いくつかの映画の話が出てきたり
ホノカアですごすきっかけになった父とのつながりだったり、
ハワイ観光案内みたくここでの生活を楽しむ
レオの日記みたいな本でした。

映画版のホノカアボーイはレオというよりは
ビーの恋物語に針を振り切って作った気がします。
レオが癒されるというよりは
ビーにしろ、コイチじいさんにしろ、
なんていうか
「ハワイなのに若者がロクに出てこない不思議な世界」で
若者よりも人生を謳歌してる二人をみて
レオがどう感じたのか・・・そういう作品だった気がします。

元カノとケンカした、冒頭のシーンは要らなかった気がします。
あんな形で蒼井優ちゃんを使うなんて。うぅぅ・・・。

投稿: Ageha | 2009年10月19日 (月) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46516982

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホノカアボーイ」 恋せよ乙女:

» 『ホノカアボーイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ホノカアボーイ」□監督 真田 敦□脚本 高崎卓馬□原作 吉田玲雄(「ホノカアボーイ)幻冬舎文庫)□キャスト 岡田将生、倍賞千恵子、松坂慶子、長谷川 潤、喜味こいし、正司照枝、深津絵里、蒼井 優■鑑賞日 3月15日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 原作は読んでいないけど、ゆったりとしたハワイ独特の時の流れと空気感が体の中になんともいえない“温かさ”を運んでくる。 多少の温度差は許せてしまえるのがこの映画の持ち味な... [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 21時00分

» ホノカアボーイ [LOVE Cinemas 調布]
主演は今『ハルフウェイ』が公開中の岡田将生。共演に倍賞千恵子、松坂慶子といったベテラン女優に若手の長谷川潤という一風変わったキャスティングの作品です。監督の真田淳はこの作品が2作目。予告編で流れた「ハ〜ワ〜イハ〜ワ〜イ〜♪」の歌声と小泉今日子の主題歌かが耳から離れないこの作品、更にはその不思議な雰囲気に惹かれて鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 00時29分

» 映画 【ホノカアボーイ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ホノカアボーイ」 吉田玲雄の同名原作の映画化。 おはなし:大学を休学したレオ(岡田将生)は、ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師としてはたらくことになる。ホノカアは、レオが半年前に“伝説の虹”を探し求め、恋人と道に迷った末にたどり着いた町だった。 先日見た『カフーを待ちわびて』も沖縄地方の島独特ののんびりした空気が流れていましたが、この映画の舞台となっているホノカアという町の空気はさらにのんびりとしていました。ホノカアはハワイ島にある日系の方の住む町。お年寄り... [続きを読む]

受信: 2009年10月23日 (金) 09時36分

» 『ホノカアボーイ』 (2008)/日本 [NiceOne!!]
監督:真田敦原作:吉田玲雄出演:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里、松坂慶子鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ渋谷公式サイトはこちら。<Story>ハワイ島の北、ホノカア。ここでは月に虹がかかるとき、願いが叶うと...... [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 19時39分

» ホノカアボーイ [悠雅的生活]
ハワイハワイと来てみたけれど あなた恋しや 月の虹 [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 22時15分

« 「ATOM」 手塚治虫のテーマを引き継ぐ | トップページ | 本 「MM9」 »