« 「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」 悪ノリ上等! | トップページ | 「ワイルド・スピードMAX」 スピード&セクシー »

2009年10月 4日 (日)

本 「人のセックスを笑うな」

人を好きになる時、自分では説明できないけれどとても愛おしいと思うことがあるのではないでしょうか。
その人が客観的にきれいだってことではなくて、それでもなんだか可愛くて、愛おしくて、そして切ない気持ち。
ずっとくっついていたいと思うような気持ち。
そんな気持ちが、この作品に溢れています。
最近はこんな気持ちになることがめっきりと少ないのだけれど(非常に問題なのだが)、そういう気持ちであった時のことが、本作を読んで瑞々しいまでに甦りました。
文字だけの小説で、そんなふうに人の気持ちを揺らすことができるのは、とてもすごいことです。
たぶんこの作品を読んだ人は、磯貝くんに共感して切なくなるのではなく、自分自身の昔の感情を思い出すので切ない気分になるのではないでしょうか。
自分がずいぶん前にすごい好きだった人がいたときがあります。
会っていて幸せだったのですが、ある日ご飯を食べていた時に泣けてきたときがあるです。
こうやって書くとバカみたいなのですが、それこそこんな幸せなのがずっと続くのだろうか、続かなくなったらどうしようとふと思ったら、ぽろっと泣けちゃったんですよね。
自分でも驚いちゃったりしたのですけど、何か本作で磯貝くんの物語を読んでいて、そのときの気分を思い出しちゃったんです。
結局その人とはうまくいかなくなってしまい、相当落ち込んだ日々を送り、自分の中では忘れたいことトップ10に入っていて封印していたのですけれど、思い出してしまいました。
けれど今では痛いとか辛いとかいう感じではなくて、うまくは言えないのだけれど、切ないという気持ちなのですね。
本作も冒頭は磯貝くんが、かつての相手ユリのことを思い出すということから入ります。
そのときに磯貝くんが思っているであろう気持ちと、自分の気持ちがシンクロしちゃったんですね。
不思議なものです。

松山ケンイチさんが主演した映画化作品は未見なのですが、今度観てみようかな・・・。

「人のセックスを笑うな」山崎ナオコーラ著 河出書房 文庫 ISBN978-4-309-40814-9

|

« 「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」 悪ノリ上等! | トップページ | 「ワイルド・スピードMAX」 スピード&セクシー »

コメント

rose_chocolatさん、こんにちは!

こういうところで自分の感情を書くのはあまり抵抗感がないんです。
映画や本のレビューというのは専門家の方はやはり客観的にというのが基本スタンスだとは思うのですが、普通の人というのはその映画を観た時、その本を読んだときの心情に左右されると思うのですよね。
だからここではあくまで僕の感じたスタンスでいこうと思ってます。
映画とか本というのは、自分でもよくわかっていなかった感情とか考えを掘り起こしてくれます。
そういう意味で自分自身を観直す作業にもなるんですよね。
そういうことをつらつら書きたいと思います。
読んでる方にとっておもしろいのかよくわからないけど・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月11日 (日) 05時49分

忘れたい思い出。。。 blogに書いてしまうなんてすごい勇気ありますね!
でもそれだけこの小説に引き出されてしまったのでしょうか?
時々、あまりにも自分に似た状況の映画観たり本読んだりしちゃうと、しばらくブルー入っちゃってどうしようもないことありますね。
その作品の主人公に自分を投影しちゃうから。

『人セク』は観ましたが、みるめがユリに未練たっぷり・・・ って雰囲気があったんで、そういう思い出だと、ちょっと覚悟して鑑賞しないといけないかもしれないかな。。。?

投稿: rose_chocolat | 2009年10月 8日 (木) 20時15分

真紅さん、こんにちは!

本作ドラマチックな事件などが起こるわけではないんですが、それだけにたぶんみんな経験している切ない気持ちというのをとてもうまく表していると思いました。
山崎ナオコーラさんの他の作品も読んでみたくなりました。
映画の方も今度観てみますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月 5日 (月) 06時37分

はらやんさん、こんにちは。いつもTBありがとうございます。
私は映画を観てから小説を読んで、山崎ナオコーラさんにはまってしまいました。
あと読んでないのは『浮世でランチ』だけです。
はらやんさんの涙、わかるな~~~。
恋愛関係や恋心が持続しない、ってこと、私たちは本能的にわかってるのかもしれないですね。
でも、別れることで「思い出」という形で永遠になる。
映画は、松ケンがイタイケでたまりませんでした。
ユリのイメージは、小説とはかなり違います。
是非ご覧になってみて下さい。
TBができないのが本当に残念です。で、悔しいのでURL貼り付けさせて下さいね。

http://thinkingdays.blog42.fc2.com/blog-entry-400.html

投稿: 真紅 | 2009年10月 5日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46395096

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「人のセックスを笑うな」:

» 「人のセックスを笑うな」 山崎ナオコーラ [ミチの雑記帳]
{/book/}「人のセックスを笑うな」 山崎ナオコーラ 第41回文藝賞受賞作。 なんというインパクトあるペンネームとタイトルでしょう。 それゆえに敬遠していたかもしれません。でも、映画化されて、しかもキャストが松山ケンイチ&永作博美ということで俄然興味がわいてきて読んでみました。 内容は、19歳のオレと39歳のユリという歳の離れたふたりの危うい恋を描いています。三十分もあれば読めてしまう本なのですが、頭の中で映像にしやすく、しかもいいフレーズなんかがあったりして、“オレ”の心理がずんずん伝わ... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 19時20分

» 「 人のセックスを笑うな 」/山崎ナオコーラ [カノンな日々]
私の場合、映画を観て気に入ると原作小説を読む、というのがよくあります。文章を読んでると頭の中で映画の出演者たちが動き回ってセリフも喋ってくれるので感情移入も高まったりするんですよね。作品によっては映画を観てから原作を読んだほうが、物語の隅々まで吸収出来ち....... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 17時28分

» 「人のセックスを笑うな」(山崎ナオコーラ原作) [京の昼寝〜♪]
◆「人のセックスを笑うな」山崎ナオコーラ原作【河出書房新社】  第41回文藝賞受賞作  19歳のオレと39歳のユリ。  恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた。 何だか江國香織原作「東京タワー」のパクリのような小説だが、売れているらしいので読んでみた。 まずタイトルが凄い(笑) ?!「人のセックスを笑うな」って中年オヤジがドキっとするようなタイトルである。 ま、実際にはそのタイトルとは無関係と言っていいほどの内容だ。 どこぞその辺のAVのタイトルにもありそうだ。  生徒と年上の既婚の美術... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 21時01分

» 「山崎ナオコーラ」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「山崎ナオコーラ」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:人のセックスを笑うな、浮世でランチ、他 書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^... [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 11時27分

» 音楽評:武田カオリ with HAKASE-SUN 「ANGEL」〜映画:「人のセックスを笑うな」の極上ポップス〜 [3A.M.O.P-午前三時のオプ- 2004-2010]
邦画、「人のセックスを笑うな」については既に書いた。(映画評「人のセックスを笑うな」参照) とても印象的なシーンと挿入曲があった。 奔放で、どこか浮世離れして謎めいた女性、ユリ(永作博美)が 早朝、服を脱ぎながら、リビングでタバコをくゆらすシーンだ。 扇情的なはずの黒のストッキングとキャミソール姿。そして煙草。 あられもない格好のはずなのに、ちっとも下品さは無く、 とてもキュートで、それでいて、恋人のふとした仕草に ドキッとする時みたいな、セクシーで清冽で微笑ましい映像。 ... [続きを読む]

受信: 2010年5月16日 (日) 05時47分

» 人のセックスを笑うな / 山崎ナオコーラ [ねこやま]
抜粋 19歳のオレと39歳のユリ。 歳の離れたふたりの危うい恋の行方は? 年上の女性との恋愛を まったく新しい文体で描いたせつなさ100%の恋愛小説。 全選考委員がその才能を絶賛した第41回文藝賞受賞作! 「山崎ナオコーラ氏には、天賦の文才が宿る。 思わず嫉...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 07時34分

« 「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」 悪ノリ上等! | トップページ | 「ワイルド・スピードMAX」 スピード&セクシー »