« 本 「文章のみがき方」 | トップページ | 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる »

2009年9月20日 (日)

「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX

今年は時代劇が4作公開される豊作の秋です。
他の3作品は宣伝に力が入っていたり、人気の若手俳優が出演していたりと話題が豊富ですが、本作「火天の城」はやや地味めな印象があります。
主人公は安土城の建築を指揮した宮番匠(宮大工)の頭領岡部又右衛門で、侍や忍者ではありません。
チャンバラもありません。
はっきりいって地味です。
ですが、安土城の建築にまつわる本作の物語、観ていて引き込まれました。
これは戦国時代のプロジェクトXです。

安土城はご存知織田信長が建立をした巨大な城です。
史上初めて大型の天守閣を持つ城として作られました。
焼失し現存はしていませんが、その威容は宣教師ルイス・フロイスも語っています。
当時においては巨大プロジェクトであったに違いありません。
NHKで放映されていた「プロジェクトX」が人気を誇っていたのは、そのサクセスストーリー自体というよりも、そのプロジェクトに関わった人々が困難に対し、意見を戦わせ、そして自分の役割を果たしながら協力していくという姿にあると言えると思います。
本作も時代劇でありながら、描いているのは一大事業を成功させようとする人々を描いている物語になります。
「プロジェクトX」などで紹介される事業には、無謀とも言うべきチャレンジに挑むリーダーが登場します。
従来にない発想を持ち、果敢にそれを実現しようとする人物。
本作においてはまさに織田信長がそのような人物でしょう。
現代ですと、急成長するベンチャーのワンマン社長といったところでしょうか。
前例主義や積み上げ主義では到底達することができない事業をひっぱっていくにはこのようなアクがある人でなくてはできないのでしょう。
そのワンマン社長を実務で支える技術部長的な役割なのが、本作の主人公岡部又右衛門。
卓越した知識・技術で経営者のビジョンを実現する実務肌の天才。
有名企業の創業メンバーというのもビジョンを描く夢想家と、それを実際に開発していく天才の組み合わせというのは思いのほか多いものです(アップルのスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックなど)。
夢想家はややもすると独善的になりがちですが、それでは事業は成立しえません。
実際に事業を成し遂げるには、それに関わる現場レベルの人々の気持ちをまとめあげなくては立ち行かないのです。
又右衛門はただ図面をひくだけではなく、暇さえあればいつも普請場に足を運びます。
それで現場の人々の気持ちをさりげなく組み上げていきます。
自分などもそうですが、実際に現場での仕事というのは、事業のビジョンに対しての使命感というよりも、尊敬する直属の上司のために頑張るっていうのが多いのだと思います。
事業というのはビジョンでは片手落ちで、そこに働く人の気持ちをいかに集約できるかということで決まると思います。
これがなかなかわからない経営者というのは意外と多い。
そういう経営者と現場の人をつなぐ又右衛門のような役割の人というのが活躍しなくては一大プロジェクトというのは成し遂げられないのです。

安土城を一本で支える大柱を数寸切るというクライマックスは力が入りました。
合戦シーンでもなんでもないのに、ずっと拳を握りしめてしまいました。
あの場に集まった人々は、天下随一の城を造るというために集まったわけではないのですよね。
自分たちをしっかりと見ていてくれている信頼できる上司のために集まってきたのです。
そして又右衛門もその部下たちの気持ちを理解し、彼らの力の結晶である安土城を守るための一手を打つのです。
それは合戦シーンではないですけれど、戦いでした。

本作は時代劇ではありましたが、途中からそういう気持ちでは観ていませんでした。
現代にも通じるプロジェクトを関わる人々の秘話、と感じました。
時代劇には興味がないと言うような若いビジネスマンとかに観てほしいですね。

原作は直木賞も受賞した作品ということ。
まったく知らなかったのですが、興味がでてきました。
今度読んでみたいと思います。

原作小説「火天の城」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「文章のみがき方」 | トップページ | 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

「プロジェクトX」って言葉が浮かんだ時は、我ながら言い得て妙だと思ったのですが、あとでパンフを見たら、同じことが書いてありました・・・。
誰でも思いつくようで・・・。
sakuraiさんはダメでしたかー。
僕は西田敏行さん、椎名桔平さんあたりの中心人物はいい感じだったかなーと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月18日 (日) 05時45分

プロジェクトXとは、うまい!!
いかにもそんな感じでしたが、それにしちゃ、ちょっと描き方が甘かったかな。下手すると、NH○の方が、もっとうまく感動的に作れたかもですよ。
あたしは役者の使い方と、テンポがどうにもだめでしたわ。

投稿: sakurai | 2009年10月17日 (土) 20時15分

メビウスさん、こんにちは!

時代劇としては新しいアプローチでしたよね。
合戦シーンなどもいろいろ観てきたので、このような視点は新鮮に感じました。
特にこういう大きなプロジェクトを推進していくには、一人のチカラだけでは到底できないので、それをまとめあげていくリーダーシップも必要とされます。
これは昔も今も変わらないなあとおもったりしました。

ラスト近辺のいろいろな要素はあまりに地味すぎると思っていれたんですかねー。
確かにやや唐突な感じはありました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月26日 (土) 07時31分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分もプロジェクトⅩとか好きなので、カムイ伝とかバラッドなどの話題性充分な時代劇よりこっちの地味な時代劇を優先しましたw
確かに合戦シーンなどの派手な部分はありませんが、1人の職人の視点で描いた安土城の築城という歴史の裏側を知る事が出来た辺りはとてもタメになった気もしますし、職種は違えど自分も同じモノ作りとして又右衛門の妥協を許さない職人魂には感動させられる場面もあったんですよねぇ♪

・・けどこれで蛇足的な要素とか無ければ尚良かった
気もするんですけどね~。市造が最後無理矢理出て来た感があったので、盛り上がるクライマックス直前で冷や水をかけられた気分になっちゃいました・・(汗

投稿: メビウス | 2009年9月25日 (金) 20時22分

ノラネコさん、こんにちは!

確かに本作はドラマでもおもしろかったかもしれないですね。
随分前の大河ドラマで「黄金の日々」というのがありましたが、これは戦国時代ものでありながら、堺商人の話でした。
そういう風にしてもおもしろかったかも。

僕も4作品観ましたが、これが一番っていうのはなかったですね。
最近の西部劇では「3時10分、決断のとき」とか「グッド・バッド・ウィアード」とか佳作が多かっただけに、残念。
時代劇がんばれ!って感じです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月23日 (水) 08時52分

rose_chocolatさん、こんばんは!

戦国ものというと武将が主役の物語といったイメージなのですが、本作は切り口が新鮮でした。
時代劇を観ているというよりは、記事でも書いているように「プロジェクトX」を観ているような気分になりました。
もりもりだくさんなところはありましたね。
途中で急に「これはカムイ?」っていう場面もありましたし。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月23日 (水) 00時10分

時代劇の秋、私はレビューを書いてない「TAJOMARU」を含めて全部観賞しましたが、残念ながら全滅という印象です。
どれも部分的には良いんだけどなあ・・・と不完全燃焼でした。
これはモチーフとしては面白いし、役者の魅力などは強く感じるのですが、物語のコアが何なのか見えないのが辛かったです。
原作は読んでないのですが、連続ドラマの方が良かった様な気がします。
城作りのディテールはもっと見たかったなあ。

投稿: ノラネコ | 2009年9月22日 (火) 23時15分

この映画、和風旅館の夕食のような感じがしました。
すごく丁寧に作られた美味しいお料理ががたくさん出てきて、それなりにすごい! とか、美味しい! とか、さすがは~~だね! とか、感動したりもするんですが、量が全体的に多過ぎ。
で、そのお料理の中には、大きな声では言えないけど味がぼやけている小鉢もあったよ・・・ みたいな。

ですけどここまで出しつくす映画も、年にそう何本もないような気がしましたね。

投稿: rose_chocolat | 2009年9月22日 (火) 22時01分

KLYさん、こんにちは!

大竹さんは上手でしたよね。
微笑みながら涙する、これを不自然にならずに出来る方なかなかいませんよね。
若い人の恋愛もなにかまだ初々しい感じがして、僕は物語に花を添えているような気がしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月21日 (月) 10時25分

こんばんは^^
家族の絆というか夫婦の絆を描いた大竹さんと西田さんのシーンと、携わった全員の絆を描いた親柱四寸切りのシーンは感動でした。大竹さんて、実は個人的にあまり好きではないんですが、さすがにあのシーンは涙がでたです。上手い人はやっぱり上手いですねぇ。^^;反面若手二人の恋愛シーンは全く要らなかったかな。しかも他の俳優に比べて明らかに目だって下手くそだし。まあ、今回は勉強になったことでしょう。(苦笑)

投稿: KLY | 2009年9月21日 (月) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46263297

この記事へのトラックバック一覧です: 「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX:

» 火天の城 [LOVE Cinemas 調布]
山本謙一の同名の小説を映画化。主演の西田敏行をはじめ、大竹しのぶ、福田沙紀、椎名桔平、緒方直人、夏八木勲、寺島進、山本太郎…とベテランから若手までその豪華なキャスティングが作品を盛り上げてくれる。織田信長に安土城築城を命じられた宮大工・岡部又右衛門とその一門の艱難辛苦の3年間を描いた時代劇です。監督は『化粧師 KEWAISHI』の田中光敏。... [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 23時58分

» 火天の城 [だらだら無気力ブログ]
山本兼一の同名小説を西田敏行主演で映画化。 織田信長の命によって前代未聞の5重の天主を持つ安土城の築城を担当する ことになった熱田の宮大工・岡部又右衛門の生きざまを描く。1576年の天正四年、ある日突然、尾張・熱田の宮番匠である岡部又右衛門の もとへ織田信長が..... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 09時54分

» 火天の城 [Diarydiary! ]
《火天の城》 2009年 日本映画 織田 信長の命により五層七階の城を築城すつこ [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 20時19分

» 「火天の城」 [みんなシネマいいのに!]
 織田信長から安土城の築城を命じられた宮大工とその家族や職人の話。 意外に何でも [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 01時19分

» 『火天の城』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:田中光敏原作:山本兼一出演:西田敏行、椎名桔平、大竹しのぶ、福田沙紀試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>天正四年(1576年)、熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)は、織田信長(椎名桔平)から、安土に五重の城の建設を命ぜら...... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 21時53分

» 火天の城 [そーれりぽーと]
安土桃山城を建てたオッサンに焦点を当てた映画、『火天の城』を観てきました。 ★★ もっとプロジェクトX寄りに淡々と描いてくれたら面白かったのに、どうでも良いしかも濃い人間ドラマが間に挟まりまくりで、そのたびに「またかい!」と感じて最後は完全に飽きてしまっていた。 大黒柱を手に入れるまで苦労したというストーリーに大半を費やし、費やした割にそれが残した遺恨はササっと処理、せっかくだからもうちょっと掘り下げたら? つーか、そこまでが長過ぎなんですけど、もう後半な時間なはずなんですけど。 疲れたし、もう... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 22時41分

» 火天の城・・・・・評価額1200円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
戦国版「プロジェクトX」か? 今から400年以上前の戦国時代、琵琶湖の畔に建設された前代未聞の巨大城郭、安土城。 山一つを丸ごと城とする大... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 23時07分

» 映画 【火天の城】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「火天の城」 山本兼一の同名小説の映画化。 おはなし:熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)は織田信長(椎名桔平)から城の建設を命じられた。ただし、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという・・・。 映画ではまず、指図争いという総棟梁を決めるエピソードがとても面白かったです。岡部又右衛門のライバルは奈良や京都の名門大工たち。設計図や雛形模型でのプレゼンはライバルが一歩リード。けれど、「万が一落城した場合」の火の道を検証してみせると、一気に又右衛門がライバルを... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 15時27分

» 「火天の城」多くの犠牲の末に全ての心を1つにして完成させた伝説の安土城 [オールマイティにコメンテート]
12日公開の映画「火天の城」を鑑賞した。この映画は山本兼一原作「火天の城」を映画化した作品で1576年織田信長が長篠の合戦で武田勝頼を破った直後に安土城建設を決断して熱田の宮番匠に総棟梁に任せて3年で安土城を築城するまでの過程を描いたストーリーである。わ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 18時41分

» 火天の城 [りらの感想日記♪]
【火天の城】 ★★★★ 試写会(19)ストーリー 天正四年(1576年)、熱田の宮番匠、岡部又右衛門(西田 敏行)は、ある日突然織田信長(椎 [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 20時14分

» 火天の城 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年9月18日(金) 19:10~ チネグランデ 料金:0円(ポイント使用) パンフレット:600円(買っていない) 『火天の城』公式サイト 東映得意の高齢者用映画。 俺の嗜好も最近爺になってきている。まさにドンピシャ! 「築城せよ!」と同じ築城映画だが、こちらは織田信長の命をうけ、安土城を築城する話。ダンボールではない。檜だ。檜と言えば、実家は檜風呂の片岡は、何してんだろう。また、キャバクラ行ってんのかな。それはさておき。 結構な長尺で、中だるみが激しい。 福田沙紀と石田卓也のエピ... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 22時57分

» 『火天の城』 [唐揚げ大好き!]
  我が城を建てよ。   ■絢爛豪華たる南蛮文化と日本文化が入り乱れ咲き誇る、安土桃山時代。天下人・織田信長が欲したのは、空前絶後の巨大建築にして、誰もみたことのない”日本の象徴・安土城”。命を受けた天才宮大工・岡部又右衛門と、そこに集う百万人の<名も... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 05時18分

» 火天の城 映画館は歴女でいっぱい [ネット社会、その光と影を追うー ]
歴史好きの女性が増えているらしい。歴女と呼ぶそうだ [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 11時04分

» 火天の城 [やっぱり邦画好き…]
信長に命を受け、空前絶後の巨大建築〈安土城〉築城に挑む熱田の宮大工・岡部又右衛門。知られざる戦国時代の名工にスポットを当て、安土城築城の裏にある無名の男たち、女たちの壮... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 12時51分

» 火天の城(日本) [映画でココロの筋トレ]
突然、時間ができたので「火天の城」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:西田敏行、福田沙紀、椎名桔平、大竹しのぶ、寺島進、山本太郎、石田卓也 上映時間:139分  織田信長(椎名桔平)から城の建設を命じられた熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏... [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 01時14分

» 映画「火天の城」 [FREE TIME]
シルバーウィーク期間中に、映画「火天の城」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 00時59分

» 火天の城 [充実した毎日を送るための独り言]
・火天(かてん)の城(9月12日より公開 西田敏行主演) 「幻の城」と呼ばれた安土城を建設したときの、宮大工の棟梁とその周囲の者たちの様々なドラマを描いた作品。 大きなプロジェクトを完成させるにはある程度の犠牲が必要で、それを周囲の者と協力して成し遂げていくというのはある意味ベタな展開であり、ストーリー的にひねりがないかもしれない(今年テレビドラマになった「黒部の太陽」と重なる)。 だが安土城の図面争いの時に出てきた模型や、城の建築過程は綿密で迫力があった。これらを見るだけでもこの映画を見る価値があ... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 02時50分

» 『火天の城』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「火天の城」□監督 田中光敏 □原作 山本兼一 □脚本 横田与志 □キャスト 西田敏行、大竹しのぶ、椎名桔平、寺島 進、山本太郎、石田卓也、上田耕一、夏八木 勲、緒形直人、西岡徳馬、渡辺いっけい、田口浩正、石橋蓮司、笹野高史、福田沙紀、水野美紀、前田 健、河本準一、遠藤章造■鑑賞日 9月13日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 河本〜〜〜っ、「お前に演(や)らせる秀吉はねぇ〜」(笑)... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 12時31分

» 劇場鑑賞「火天の城」 [日々“是”精進!]
【送料無料(一部地域除く)】(CD)火天の城 オリジナル・サウンドトラック/(オリジナル・サウ...「火天の城」を鑑賞してきました第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大...... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 20時31分

» *火天の城* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2009年  日本 天正4年(1576年)、長篠の戦いで勝った織田信長は、琵琶湖を臨む安土の地に巨大な城を築くべく、信長が見込んだ熱田の宮番匠・岡部又右衛門に命じる。又右衛門は即座に引き受けるが、建設を指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの図面争いで決めるという。夢のような仕事を前に、寝食を惜しんで図面作りに没頭する又衛右門を、妻の田鶴、娘の凛らが支えるが、空前の巨大建築の完成には多くの困難が待ち受けていた…。           ..... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 21時32分

» 『火天の城』 ('09初鑑賞127・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 9月20日(日) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 19時59分

» 火天の城 [象のロケット]
長篠の戦いの翌年1576年、織田信長は天下統一の象徴となるような城を築くことを決意する。 「安土の山をまるごとひとつ、三年で城にせよ。」と、総棟梁の命を受けたのは、熱田の宮大工・岡部又右衛門。 五層七階の巨城を支える親柱には樹齢2千年以上の巨大な檜が必要で、又右衛門は理想の木材を求めて敵方・武田領の木曾へ向かった…。 安土城築城大河ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 17時16分

» 火天の城/西田敏行、椎名桔平 [カノンな日々]
「笑っていいとも」に出演した福田沙紀さんが「安土桃山城」と言ってましたけど「安土城」ですね。織田信長の命により安土城の築城に挑んだ戦国時代の名工・岡部又右衛門を描いた物語です。僅か数年間しか存在しなかったという安土城ですが資料で見ると要塞のようにそびえ立....... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 21時31分

» 【火天の城】 [日々のつぶやき]
監督:田中光敏 出演:西田敏行、 椎名桔平、福田沙紀、大竹しのぶ、石田卓也、水野美紀、山本太郎、寺島進    人々の絆と愛が生んだ奇蹟 「天成4年、宮番匠岡部又右衛門は織田信長直々に安土の山にかつてない巨大な城を建てられるかと問われ即答、建設を引き... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 12時24分

» 火天の城 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
波乱の戦国時代、破滅が渦巻く只中に、かくも豊な創造のドラマがあった! 「安土の山一つ、城にする。天主は五重。3年で建てろ!」 物語:天正4年(1576年)、長篠の戦いで勝った織田信長は、琵琶湖を臨む安土の地に巨大な城を築くべく、信長が見込んだ熱田の宮番匠・岡....... [続きを読む]

受信: 2009年10月 6日 (火) 00時30分

» 火天の城 [5125年映画の旅]
天正4年。尾張熱田の宮大工である岡部又右衛門は、織田信長から「安土の山をまるごと一つ城にせよ」という命を受ける。それは、五重の天守を持つ天下一の城だった。他の宮大工達との設計勝負に競り勝ち、晴れて築城に着手した又右衛門だったが、その偉業には様々な障害が待....... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 19時41分

» 火天の城 [迷宮映画館]
ふた昔前くらいの映画みたいだった・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 20時13分

» 映画 「火天の城」 [ようこそMr.G]
映画 「火天の城」 [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 19時01分

» mini review 10447「火天の城」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
第11回松本清張賞を受賞した山本兼一の同名小説を基に、織田信長の構想にほれ込み、前代未聞の城郭要塞・安土城の築城に携わった天才宮大工・岡部又右衛門の生き様を描く時代劇。監督は『化粧師 KEWAISHI』の田中光敏。『釣りバカ日誌』シリーズなど、出演作が続く超売れっ子の名優・西田敏行が岡部又右衛門を演じる。共演は『レイン・フォール/雨の牙』の椎名桔平ら。城作りのダイナミズムを壮大なスケールでとらえた映像に注目だ。[もっと詳しく] 日本映画界の至宝、美術監督の西岡善八氏に敬意を表したい。 時代劇の... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 23時36分

» 【映画】火天の城 [★紅茶屋ロンド★]
<火天の城 を観ました> 製作:2009年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ クラシック映画以上にうとい、邦画の時代物。 洋画の中世物は結構好きなんだけどね、なんだろね。やっぱり外国には憧れがあるからなのかな~。自分の国の文化なのに、あんまりなじめない。というか、歴史が好きじゃなかった(笑)。 だからといって、そんな理由で観ないなんて、勿体無いのです。 この作品は気になっていたので、観るべくして観た、という感じでしょうか。だったらもっと早く観ろって話w この作品のモデルになった戦国... [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 23時42分

» 火天の城 [いやいやえん]
信長が築城を命じた安土城は、築城後わずか数年で消失、いまだにその全貌が明らかではなく、その安土城を築き上げた熱田の宮大工・岡部又右衛門と一門たちの物語がこの作品。期待しすぎて今までDVDを部屋にずっと眠らせていたのだけれど(絶対感動する!と思って^;)今回改めてみてみることにしました。 しかし、設計から人員、物資まで多くの苦労を強いられる中、どれだけそれらエピソードに共感できるかが肝となるはずですが、思ったよりは軽めの印象でした(もっと重厚な作品かと思ってた)。 信長に模型の城を燃やして... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 09時31分

» 火天の城 [花ごよみ]
原作は山本兼一の同名小説。 主役、岡部又右衛を、 西田敏行が演じています。 共演には大竹しのぶ、椎名桔平、福田沙紀…。 原作も読みました。 本の感想は→こちらです。 原作では、又右衛門の息子は出てきますが 娘はいません。 又右衛門の妻の亡くなり方も違っていま...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 11時02分

» 日本映画「火天の城」 [陽出る処の書紀]
山ひとつまるごと城にする。前代未聞の築城に挑む名匠のすがたを描く戦国ドラマ。 [続きを読む]

受信: 2013年12月19日 (木) 23時37分

« 本 「文章のみがき方」 | トップページ | 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる »