« 「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX | トップページ | 「しんぼる」 松本人志、それは天才的なカンを持つ男 »

2009年9月20日 (日)

「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる

映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について考えるきっかけを提供してくれるという側面もあります。
本作もそういう作品の一つ。
舞台となるのはアメリカ、ロスアンゼルス。
邦題にあるI.C.E.というのは移民・関税執行局のことで、その職務の一つが不法滞在者の摘発となります。
人種の坩堝とも言われるアメリカは、もともとヨーロッパからの移民より始まっている国ですので、移民に対しては他の国よりも寛容です。
けれども最近はヒスパニック系やアジア系の不法滞在者も増えているということで、グリーンカード交付の審査や、取り締まりが厳しくなっているということも聞きます。
本作で描かれているのは、アメリカの現在の移民を巡る課題です。
アメリカは開かれた国であり、またアメリカン・ドリームと言われるように夢を叶えるチャンスを得られる国であります。
世界のいくつもの国や地域ではまだまだ貧しく、様々な問題を抱えているところが多いのです。
日本に暮らしているとあまり実感はないですが、それらの国に住んでいる方たちがチャンスを得るためにアメリカを目指すというのは、切実な思いであるのだろうと想像されます。
けれども移民に開かれた国であっても様々な問題もあります。
次第に増えてくるヒスパニック系やアジア系と、白人系、黒人系との文化的な摩擦や差別の問題。
不景気であるところに、安い賃金で働く労働力の増加による、失業率の上昇など。
移民問題はアメリカだけの問題ではありません。
ドイツではトルコ人移民によるドイツ人の失業率の上昇により、右翼の排斥運動等が起こっています。
またフランスではアフリカ系移民の暴動などもあったのは記憶に新しいところです。
これらの移民についての課題は日本も対岸の火事とは言っていられないかもしれません。
少子化が進んでいった時、日本は次第に労働力が不足するだろうと予測されます。
そうなった場合、移民や外国人の労働力の受け入れという方策もとるということも考えられます。
これがいいか悪いかといったことについてはここでは論じませんが、日本人にとっても人ごとではないということになると思われます。
最近ではフィリピン人親子の強制送還についてのニュースもありました。
そもそもは不法滞在であるから強制送還というのは法律に基づいた一つの考え方だと思います。
けれども本作でもパレスチナ人の親子のエピソードで描かれているように、法により親子を引き離すというのも人道的にはいかがなものかとも思います。
せめて特例で認めてあげるというのもあるかなとも思いました。
けれどそれにより法律の解釈が曖昧になり、悪いことを考える人たちが出てくる恐れ(本作でもメキシコ人の不法越境業者の存在が暗示される)があるというのも理解できます。
今、結論をだす必要はありません。
けれどよりよい答えを出すために、本件について社会的なコンセンサスをとっていこうとするのは必要な気がします。
本作で描かれているテーマというのは、いずれ日本にとっても大きな課題になると思います。

そういうことについて考えるきっかけを映画は与えてくれます。

それにしても本作の邦題はセンスがない。
作品を表していない曖昧なタイトルだと思います。
現代は「CROSSING OVER」。
だからそこここにインターチェンジのカットが入っていたのに。
この邦題だとまったく意味がわからないですよね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX | トップページ | 「しんぼる」 松本人志、それは天才的なカンを持つ男 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

アメリカの国家の成り立ちから、移民へは開かれている国ですが、やはり最近は変わってきたのでしょうね。
WASPが相対的に少なくなってきているというのにも危機感があるのかもしれません。
メジャーはないですが、アメリカの今を切り取っている作品ですよね。
日本もこれから直面する問題かもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月23日 (水) 07時48分

いろんな事情の人がいましたね。
寛容の国でしたが、9・11によって、アメリカがどうなってしまったのかも、うまく描かれてたように思えました。
ハリソン・フォードが、メジャー作品でないのに出たのが、ものすごく珍しいことだとか。
とにかくいろんなことを考えさせる、力のあった作品だと思います。

投稿: sakurai | 2009年12月22日 (火) 09時06分

にゃむばななさん、こんにちは!

アメリカン・ドリームというのも実現できるのは、昔から一部の人間なんですよね。
けれどそれでもアメリカの国民になりたいという人が多いのは、自国がアメリカよりも過酷で暮らし難いという現実があるような気がします。
まだアメリカの方が成功する可能性があるということだけでも憧れるに足る国なのかもしれませんね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月18日 (日) 07時24分

この映画を見るとアメリカン・ドリームという言葉が死語になりつつあるように思えました。

アメリカから夢を奪ったら、多分何も残らないでしょうね。
それが逆に一番怖いですよ。

投稿: にゃむばなな | 2009年10月17日 (土) 22時02分

rose_chocolatさん、こんばんは!

これがアメリカの現実なんですよねー。
でも記事でも触れましたが、これはこれからの日本の現実でもあるんですよね。
対岸の火事とせず、こういうことにも関心を持たなくてはいけないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月10日 (土) 23時22分

こんばんは。
アメリカの現実を突き付けられましたね。
実に複雑なケースが存在するのに、うまくつなげてまとめていたと思います。
これも多くの方がお書きなんですが、『クラッシュ』を思い出しました。

インターチェンジの映像がとても象徴的でした。 そしてラストの国境の、車が流れるスピードの差。
アメリカ側ではどんどん行け!的なのに、メキシコ側から入る車は、今や遅しと入国を待っているのも皮肉な感じですね。

投稿: rose_chocolat | 2009年10月 8日 (木) 20時06分

ノラネコさん、こんばんは1

そうですよねー、ノラネコさんはずっとアメリカにいたから、本作で描かれている状況をリアルに体験しているですね。
僕などもそうですが、ずっと日本にいるとそういうことも知らなかったりしますよね。
ノラネコさんのコメントにあるようにもう日本も人ごとではないですよね。
先日のフィリピン人の親子のことなどは、そういうことについて考えなくてはいけない時期にきているのかなと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月28日 (月) 20時56分

正直内容を知らずに観たので、こんなヘヴィーな社会派映画と驚きでした。
私は嘗て移民としてアメリカで暮らしましたので、この映画の内容のリアルさは、記憶の痛みを呼び覚まします。
映画の様に強制送還された知人、友人もたくさんいました。
またこの映画に描かれている事は、既に日本の現実でもあるので、できればもっと多くの日本人に観て欲しいものです。
この映画は、この国の未来に対する示唆に富んでいます。
しかし、このB級っぽいタイトルは何とかならなかったものか・・・(苦笑

投稿: ノラネコ | 2009年9月28日 (月) 00時08分

KLYさん、こんにちは!

移民問題と一言で言ってしまうと概念的になってしまいますが、この映画のように個別の人々を見ていくとそれぞれに事情があるということに気づきます。
ルールがなければ社会が成り立たないのは当然なのですが、個別のケースというのもしっかりと見ていかなければならないのだろうなとも思います。
難しい問題ですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月22日 (火) 08時32分

実は予備知識ゼロで観にいったんで、またFBIとかCIAとかじゃない新しい組織を舞台にした作品かなって思ったんですが、全然違うし。(笑)
ホントは群像劇って苦手なんですよね。でもこれは良かったです。
パラレルに起こっている事件の登場人物が細い糸で全てマックスに繋がってる、つまり我々はマックスを軸にした周辺の人々の移民問題の目撃者になってる訳です。しかし…たった一人なのに、こんなにも色んな問題が起こっている、これが国民全体で考えたら…。考えさせられる作品でした。

投稿: KLY | 2009年9月22日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46265200

この記事へのトラックバック一覧です: 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる:

» 吹けば飛ぶような [MESCALINE DRIVE]
ホコリ、ホコリって埃がたまるのは掃除をしていない証拠! ほら、窓開けて換気することからはじめよう! [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 01時42分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [だらだら無気力ブログ]
現代アメリカの抱える移民問題をハリソン・フォード主演で、不法移民達が 置かれた過酷な状況と様々な問題を描いた社会派ドラマ。ロサンゼルスのI.C.E(移民税関捜査局)捜査官のマックスは不法就労者の 摘発が仕事だが、彼らの立場に同情的な態度を取っていた。 そんなある..... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 09時53分

» 映画 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 [ようこそMr.G]
映画 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 18時44分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [風に吹かれて]
それぞれの事情と心情公式サイト http://seiginoyukue.jp監督・脚本は「ワイルド・ [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 21時45分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:CROSSING OVER) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ハリソン・フォードが長年のキャリアの中で、初めてメジャースタジオ以外の作品に出演。 不法入国、アメリカ永住権=グリーンカードなど、アメリカの移民事情を題材にしたヒューマンドラマ。 マックス・ブローガン(ハリソン・フォード)は移民局=I.C.E.に所属するベテラン捜査官。不法滞在者の取締りが任務だが、正義感が強く良心的なために、彼らの立場に同情的な姿勢を見せている。ある日繊維工場で働く不法滞在者の一斉取り締まり... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 23時47分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [LOVE Cinemas 調布]
ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスといった演技派が揃う。9.11を境に様変わりした、アメリカの不法移民問題全般を見つめたたヒューマン群像劇です。... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 23時52分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 不自由な国やんな亜米利加 [労組書記長社労士のブログ]
【 48 -11-】 台風14号で太平洋側は炸裂している{/m_0228/} もともと友人達とは日月で海に行きましょうという約束していたので、今日はもともと海行く予定にしていなかった。 しかしせっかく波があるし、よーし内海の台風ポイントに日帰りで行こうと思ってみんなに「行きましょう!」と次々にメールするが、次々に「無理っ!」という悲しい返事が・・・{/m_0252/} そんなやりとりをしているうちにいつの間にやら飲み過ぎたようで、朝寝坊・・・もういいや、明日明後日の海でもういいや。 昔は台風が来れば... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 09時13分

» 「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、メロディ・カ..... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 14時11分

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 [ラムの大通り]
(原題:Crossing Over) ----ハリソン・フォード久しぶりだよね? この映画、あまり噂をきかなかったけど…。 「彼にしては、珍しいメジャースタジオ以外の作品。 それこそ有名になって初めてと言っていいんじゃないかな」 ----それって逆に言えば、 どうしても出演したかったってこと? 「そうかも知れないなあ。 この映画のモチーフは、 現在、全米に1100万人以上いるとされる不法滞在者。 タイトルだけ聞くと、 ハリソン・フォード主演のサスペンスという感じがするけど、 これは本格的な社会派... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 16時51分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [象のロケット]
南北アメリカの国境に近く、東洋と西洋が交差するロサンゼルス。 不法滞在者を取り締まる移民局(I.C.E.)所属のベテラン捜査官マックスは、正義感が強く良心的で、仲間から煙たがられるほど移民それぞれの事情や健康状態にまで気を配ってしまう。 ある日、同僚の捜査官の妹が殺され、遺品の中に偽造グリーンカードが見つかった…。 社会派群像ヒューマンドラマ。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 17時54分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/ハリソン・フォード [カノンな日々]
結局、一度も劇場予告編を目にすることは出来ませんでしたけど、ハリソン・フォード主演作ならとにかく観ておかなくっちゃなんですよね。共演がレイ・リオッタというのもそそられます。今作でハリソン・フォードが演じるの移民局の捜査官。アメリカの移民問題を背景にした社....... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 21時22分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-12指定の社会派サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪なんでもハリ....... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 21時55分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [5125年映画の旅]
世界で最も多様な人種が集まる街・ロサンゼルス。そこで移民局に勤めるマックスは、不法移民として捕えた女性から子供を託される。女優志望のクレア、ミュージシャンを夢見るギャビン、イスラム教徒のタズリマ、移民弁護士のデニス、帰化間近の高校生ヨン、そしてマックス...... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 07時56分

» 豊かな国らしい物語。『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 [水曜日のシネマ日記]
様々な目線を通してアメリカに住む移民たちの様子を描いた群像劇です。 [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 11時43分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E)のベテラン捜査官、マックス・ブローガンは、不法滞在の移民たちを取り締まることを仕事にしていますが、彼らの境遇に対し、同情してもいました。メキシコから不法入国してきた若い母親のミレヤは、息子を残したまま、メキシコに強制送還... [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 16時02分

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 [みんなシネマいいのに!]
 9.11テロ以降ますます複雑化・深刻化しているアメリカの不法移民問題を扱った秀 [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 06時53分

» 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタ... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 00時01分

» *正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2008年  アメリカ ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E.)のベテラン捜査官マックス・ブローガンは、不法滞在の移民たちを取り締まりながらも、彼らの境遇に同情していた。メキシコから不法入国してきた若い母親のミレヤは、息子をアメリカに残したまま、メキシコに強制送還されてしまう。女優を目指しオーストラリアから観光ビザで入国クしたクレアは、グリーンカードを手に入れるため、偶然出会った移民判定官の男に身を任せる…。      goo..... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 21時35分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(2009) [銅版画制作の日々]
アメリカを守る正義か。                 人々を救う正義か。 原題:CROSSING OVER 東宝シネマズ二条にて・・・。今回はポイントにて鑑賞しました。ハリソン・フォードがメジャースタジオ以外の映画に出演するのは初めてらしいです。出演理由は彼がこの脚本の完成度とこの作品のテーマ性に惚れ込んだことだそうで・・・。何と低予算でも快くOKしたようです。インディ・ジョーンズシリーズとは180度かけ離れた作品だと言うハリソンさん。今までとは違った役柄を演じることで、新たな可能性が得られた... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 01時34分

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックスは不法就労者の取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう。そんなある日、同僚の妹が殺され遺品の中から偽造グリーンカ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 23時50分

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(CROSSING OVER)」映画感想 [Wilderlandwandar]
久々のハリソン・フォード主演映画、「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(CROSSING OVER)」を見てきました、 [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 02時06分

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」正しいことが全てを幸... [soramove]
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★☆オススメ ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、 アシュレイ・ジャッド主演 ウェイン・クラマー監督、114分、2009年、2009-09-19公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ハリソン・フォードの映画をゴールド劇場で見るとは思わなかった。 「自由の国に幸せを求めてやってきた移民と それを取り締まる移民・... [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 09時13分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [Movies 1-800]
Crossing Over (2009年) 監督:ウェイン・クラマー 出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、クリフ・カーティス ロサンゼルスで暮らす不法移民、彼を取り締まる者、保護する者たちの姿を描く群像劇。 メキシコ、イラン、サウジアラビア、ナイジェリア、オーストラリア、韓国など様々な国からアメリカにやってきた世代や性別の異なる人々が、生活の為、自由の為、安全の為、そして名声の為と目的は違えど、合法的に暮らしたいという共通の望みを叶える為、もがき苦しむ様を描く。 9.1... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 00時53分

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 / "Crossing over" [雅薫の関心空間]
あまりに退屈で、頭が痛くなる駄作、超駄作。何ら意味のない… [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 10時13分

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:CROSSINGOVER監督・脚本:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、アリシー・ブラガ公式サイトはこちら。<Story>ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E.)のベテラン...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 19時47分

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Crossing Over」2009 USA   マックスに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」のハリソン・フォード。 ハミードに「ファウンテン 永遠につづく愛/2006」「ダイ・ハード4.0/2007」のクリフ・カーティス。 コールに「フィールド・オブ・ドリームス/1989」「リボルバー/2005」のレイ・リオッタ。 デニスに「ダブル・ジョパディー/1999」「恋する遺伝子/2001」のアシュレイ・ジャド。 ギャヴィンに「アクロス・ザ・ユニバース/2007」... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 22時06分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年10月10日(土) 16:25~ TOHOシネマズ シャンテ3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:700円(買っていない) 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』公式サイト 移民と不法滞在者がテーマ。 メキシコ、イラン、イスラエル、パレスチナ、韓国、オーストラリア、イスラエルなどと多種多彩。 主役は、定年で退任していてもおかしくないハリソン・フォード演じる移民局の捜査官。全員に絡む訳でないが、どこかで、皆繋がりがある。複数のエピソードが、どこかで繋がってい... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 14時23分

» 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官 [めでぃあみっくす]
不自由の国アメリカ。本来ならイスラム、ユダヤ、アジア、アフリカン、アングロ・サクソンなど様々な人種が「星条旗」という国旗と国歌の下で一つにまとまるはずの国アメリカ。でも現状は人種によって主張する正義がバラバラでまとまりのない国アメリカ。 同じ社会派群像劇....... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 22時04分

» ★「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも「1ヶ月フリーパス」を使ってバリバリ観てやろうと思ってたけど、 新規公開作品がぱっとしないので、ちょっとスローダウン・・で2本。 [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 03時30分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [映画通の部屋]
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 CROSSING OVER/製作:20 [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 19時27分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官☆独り言 [黒猫のうたた寝]
ハリソン・フォードが出演・・・でもメジャーなエンタメ作品じゃなかったのがこの作品。移民・関税捜査局の捜査員マックス・ブローガンが出会い救えた人と、救えなかった人。。。彼のアラブ系の同僚が失った愛する家族と、救うことができたアジア系の少年自分の感じたことを... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 23時42分

» 映画:正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [よしなしごと]
 最近、映画が激減。最近は見たい映画も出てきましたが、ちょっと前まで見たいと思う映画がありませんでした。  この映画もたまたま知ったのですが、日本で29館でしか上映していない映画です。でも主役はあのハリソン・フォード。ハリソン・フォード主演でなぜこんなマイナー扱いなんだろう?と言うわけで今回は正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官です。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 07時20分

» 09-281「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
開かれた国、アメリカ  ロサンジェルスでICEの捜査官として働くマックスは、密入国や不法就労者の取り締りに当たりながらも彼らにしばしば同情的で、同僚からも呆れられるほど誠実な男。  そんなある日、メキシコ人女性ミレヤが不法就労者の一斉摘発で捕まり、アメリカ生まれの幼い息子ホアンを残して強制退去に。それに心を痛めたマックスは、ホアンを捜し出してミレヤの実家まで送り届けるが。  女優を目指すオーストラリア出身のクレアは、グリーンカードの判定官コールと出会い、ある提案を持ちかけられ。 バン...... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 01時12分

» 正義のゆくえ I.C.E.捜査官 [迷宮映画館]
まだこういう映画が作れるんなら、間に合う。 [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 09時03分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [eclipse的な独り言]
ハリソン・フォードという役者について考えてしまいました。(1月10日 静岡シネギャラリーにて鑑賞) [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 07時14分

» 正義のゆくえ/I.C.E.特別捜査官 [映画鑑賞★日記・・・]
【CROSSING OVER】 2009/09/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスアメリカを守る正義か。人々を救う正義か。さまざまな人種、事情を抱えた移民が集....... [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 13時26分

» mini review 10462「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社会派ヒューマンドラマ。職務と正義の間で苦悩する移民局の捜査官をハリソン・フォードが熱演するほか、『BUG/バグ』のアシュレイ・ジャッド、『ダウト』のレイ・リオッタなど実力派が脇を固める。監督は、『ワイルド・バレット』で注目を集めたウェイン・クラマー。国境をめぐる人々の思惑が複雑に絡み合う重厚なストーリーが胸に迫る。[もっと詳しく] 70歳になろうとするハリソン・フォードに、どういう心... [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 23時37分

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER) [シネマ・ワンダーランド]
9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移民を取り上げた群像劇で、不法移民らの過酷な現状と問題点を浮き彫りにする。監督は南アフリカ出身で、自身もグリーンカード(永住許可証)を取得した移民でもあるウェイン・クラマー。... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 00時02分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]9.11以降、米国の移民を描く作品には強い問題意識がある。そこには自由の国であるための不自由があり、移民で構成された国ゆえの苦悩が見えるかのようだ。LA移民局のベテラン捜査官マックスは、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だ....... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 23時55分

» 【映画】正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官…の記事&景気向上に貢献し続ける我が家。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日{/kaeru_fine/}二度目の投稿(前のは寝る前の夜中ですが{/face_nika/}) ひとつ前の「サロゲート」の記事で、古いHDDレコーダーの故障{/face_hekomu/}に伴って、ブルーレイ&HDDレコーダーと、プラズマTV(42インチ)を買った事は書きましたが、最近の我が家の散在はそれに止まりません{/face_ase2/}{/ase/} 実はひと月ほど前に台所の蛇口{/namida/}が壊れました{/face_hekomu/} 私も嫁さんも忙しくて{/ase/}、元栓を... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 17時39分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [こんな映画見ました〜]
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 ---CROSSING OVER--- 2009年(アメリカ) 監督:ウェイン・クラマー 出演: ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、メロディ・カザエ、ジャスティン・チョン 9.11テロ以降ますます複雑化・深刻化しているアメリカの不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派群像ドラマ。 監督は南アフリカ出身で、自身もアメリカでグリーンカード(永住権証)を... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 23時28分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (2009) CROSSING OVER 113分 [極私的映画論+α]
 タイトル長すぎ(笑) 「I.C.E.」って Immigration and Customs Enforcement 移民税関捜査局のことですって。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 22時38分

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [rambling rose]
ハリソンさん主演でこのタイトル・・・・・について、【感想リスト】でなんやかんや言ってますが・・ [続きを読む]

受信: 2013年3月14日 (木) 16時03分

« 「火天の城」 戦国時代のプロジェクトX | トップページ | 「しんぼる」 松本人志、それは天才的なカンを持つ男 »