« 「グッド・バッド・ウィアード」 3極の見事なバランス | トップページ | 「BALLAD 名もなき恋のうた」 僕らが忘れているシンプルな生き方 »

2009年8月30日 (日)

「プライド」 雑草と薔薇

一条ゆかりさんの漫画「プライド」の映画化作品。
声楽家を目指しアルバイトをしながら音大に通う萌(満島ひかりさん)。
そのアルバイトの一つであるハウスクリーニングで訪れた豪邸に、社長令嬢の史緒(ステファニーさん)がいました。
史緒もオペラ歌手を目指している音大生で、萌も同じ目標を持っているということでプラチナチケットのオペラ観賞に誘います。
けれどもそこで萌は、自分の育ってきた環境とは全く違う上流社会に圧倒されつつも、そこまで這い上がる決心を固めます。

好きな金子修介監督の作品でありながら、公開時なぜ観なかったかというと、やはりベタな(と僕は思っていた)少女漫画チックな設定のため。
昔の大映ドラマ(「スチュワーデス物語」とか)じゃないけれど、女同士の嫉妬や争い、イジメっていうのはちょっと苦手なんですよね。
本作も、少女漫画によくある設定、ちょっと意地悪でプライドの高い金持ちの息女と、貧乏でありながらも緒あふれる才能がある少女といった「ガラスの仮面」的な作品だと思っていたのです。
ですが、公開時も他の方のブログを覗いたりすると、けっこう評判も良かったようなので、気になっていたのではありました。
観始めて最初はやはりステレオタイプ的なキャラクターなのかなあと思ったりしたのですが、史緒のお父さんの会社が倒産してから以降はけっこう物語にぐいぐいと引き込まれていきました。
萌が這い上がると決心してからの意地悪っぷりがなかなかで。
満島ひかりさんは童顔ですが、かわいい顔をしながらもけっこうキツいことをしたりしていて。
「私、辛いことがあると、力が湧いてくるの」
という台詞がありましたが、踏まれも踏まれても伸び上がるまさに雑草人生。
ただ萌も成り上がりを目指すだけの少女ではなく、恋をするし、相手の真の才能を認める目もあります。
対して史緒もよくある意地悪でプライド高いお嬢様というキャラクターとは一味違っていました。
タイトルにある「プライド」を持つ女性ですが、これは悪い意味ではなく、良い意味での「誇り」を持っているように見えます。
「気高い」と言ってもいいかもしれません。
劇中でも例えられていましたが、史緒は大事に育てられた一輪の薔薇。
この「気高さ」が萌から見ると「お高くとまってる」ように見えてしまうのですが。
二人ともによくあるステレオタイプのキャラクターから微妙にずらしているところがおもしろかったです。
二人はライバルでありながらも、互いの才能には感じるところがあります。
中盤とラストの二人のデュエットのあたりは聴きごたえもありました。
歌いながら段々と才能と才能がぶつかりさらに上のものに昇華していくという感じがでていました。
ステファニーさんは歌手ですし(その分演技はお世辞にもうまいと言えない)、満島ひかりさんも沖縄アクターズスクール出身ですから歌はお手の物です。
よくあるこの手のドラマのようにライバル同士が気持ちを通じ合い親友となるみたいな安易な展開にならないところもポイント高し。
萌と史緒は結局、生き方、人生に対するものの見方が違うわけです。
それを慣れ合うわけではなく、それぞれの生き方を通し、そしてステージの上でまた二人の才能が激突することを予感させる終わり方は良かったのではないかなと思います。

それにしてもミッチー、こういう役をやらせたら敵う人はいないですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「グッド・バッド・ウィアード」 3極の見事なバランス | トップページ | 「BALLAD 名もなき恋のうた」 僕らが忘れているシンプルな生き方 »

コメント

rose_chocolatさん、こんにちは!

これroseさんの記事読んで観ようかなーと思ったんですよ。
よくある少女マンガ系と思いきや、意外と見応えありました。
神野のキャラはミッチーしか考えられないくらいはまってました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月31日 (月) 17時34分

おお~、これご覧になりましたか。
すごく楽しめた1本でした。
ドロドロ系でもあるんだけど、どこかで冷静な目線もあったりして、ちゃんとまとまっているのが楽しめた理由かな。
2人のコントラストも面白かったし。 萌がコンテストの舞台で、いきなりそれまでのいい子キャラを捨てて豹変するところなんか好きですね。
ミッチーも、こういうのさせたらホント鉄板でした。 すごい満足です(笑

投稿: rose_chocolat | 2009年8月30日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46071941

この記事へのトラックバック一覧です: 「プライド」 雑草と薔薇:

» 『プライド』 (2008)/日本 [NiceOne!!]
監督:金子修介原作:一条ゆかり出演:ステファニー、満島ひかり、渡辺大、高島礼子、及川光博、由紀さおり、五大路子、長門裕之鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>声楽家を志す萌(満島ひかり)は、ハウスクリーニングのバイトで同じく声...... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 22時44分

» プライド■金子監督の隠れた傑作になるのか? [映画と出会う・世界が変わる]
ほとんど話題にもなっていないこの映画、ポスターをよく見ると監督はなんと金子修介ではないか。原作は一条ゆかり。金子監督はこういう作品の場合は隠れた傑作になる可能性も高いので、私としては鑑賞優先度をトップにして日曜日の初回に。観客は5名程度。私が入場したと...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 10時07分

» 09-27「プライド」(日本) [CINECHANの映画感想]
あの舞台に立つためには  いまは亡き有名オペラ歌手の娘で名門音大に通うお嬢様の麻見史緒。一方、貧しい家庭で母と2人暮らしの緑川萌はバイトを掛け持ちして二流音大の学費を工面する日々。共にオペラ歌手を目指しながらも対照的な境遇に身を置く2人は運命に導かれるように出会い、最大のライバルとして激しい対立関係へと発展していく。  ある日、史緒は父の経営する会社が突然倒産してしまったことから、自費での海外留学の道が閉ざされてしまう。そこで、イタリア留学を懸けコンクールに出場した史緒だったが、同じく...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 23時25分

» 『プライド』 [唐揚げ大好き!]
  過激なふたり、歌劇なバトル   ■いまは亡き有名オペラ歌手の娘で名門音大に通うお嬢様の麻見史緒(ステファニー)。美貌と才能に恵まれた彼女だが、父親の会社の突然の倒産でオペラ歌手への道が断たれる。一方、貧しい家庭で、母娘2人きりで育った緑川萌(満島ひか... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 05時15分

» プライド [to Heart]
上映時間 2時間6分 原作 一条ゆかり 監督 金子修介 出演 ステファニー/満島ひかり/渡辺大/高島礼子/及川光博/由紀さおり/五大路子/ジョン・カビラ/キムラ緑子/新山千春/黒川智花/長門裕之 「有閑倶楽部」などで知られる人気漫画家、一条ゆかりの同名コミックを映画化。監督は「デスノート」シリーズの金子修介、主演に映画初出演の歌手ステファニーと、「デスノート」「愛のむきだし」の満島ゆかり。 {/book_mov/}裕福な家庭に育ち、美貌と才能に恵まれている史緒。かたや萌は酒浸りの母との貧乏生活... [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 09時59分

» プライド /PRIDE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click ゴメンナサイ、右の人、ニューハーフかと思ってました だって胸も厚くてガタイいいし顔の大きさも。。。シツレイしました ポスターを公開時よく目にしてたのでこの映画の存在は知ってたんだけど、 右の人がオカマちゃんだとか...... [続きを読む]

受信: 2011年1月16日 (日) 09時34分

» 映画 プライド [単館系]
原作は一条ゆかりの少女漫画だそうだが例によって原作を知りません。 先日愛のむきだしを見て初めて満島ひかりを意識したのですが・・・・ 調べて見ると連続ドラマ小説「瞳」にも出ていたらしい。 瞳は全話...... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 21時34分

» 映画 プライドをみた [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
プライド デラックス版 [DVD]クリエーター情報なしウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント この映画は一条ゆかりさんの同名コミックを映像化した作品である。 ストーリーは境遇も性格も正反対の音大生の女子同士が、オペラ歌手を目指して互いに切磋琢磨して...... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 22時10分

« 「グッド・バッド・ウィアード」 3極の見事なバランス | トップページ | 「BALLAD 名もなき恋のうた」 僕らが忘れているシンプルな生き方 »