« 本 「宮本武蔵」 | トップページ | 「ホッタラケの島 〜遙と魔法の鏡〜」 父娘の物語 »

2009年8月23日 (日)

「南極料理人」 究極の単身赴任

今回のサブタイトルは、本作「南極料理人」の予告の中で使っていたコピーです。
もうこれが本作を的確に言い表してますね。
本作の舞台となるのは、南極の観測基地である「ドームふじ基地」。
南極の基地といったら「昭和基地」しか知らなかったのですが、なんと「ドームふじ基地」は南極の内陸部にあり、その地点の標高は富士山よりも高いということ。
基地の外の平均気温はー57度。
平・均・気・温ですからねー、最低気温はどんだけになることやら・・・。
本作観ていて驚いたのは、食品・食材が基地の外に置いてあること。
エー、外なの、悪くなっちゃうじゃないと一瞬思いましたが、この気温は冷凍庫よりも低いですからね。
細菌もウイルスもいないということですから、腐りようがありません。
僕が勤務しているのは冷凍食品会社なので、冷凍倉庫にも何度か入ったことがあります。
普通の家庭用の冷蔵庫についている冷凍室は−18度くらい。
冷凍倉庫の室温というのはー30度くらいなんです。
防寒具つけながら入りましたが、10分くらいで我慢できなくなりました。
ほんとー57度なんて想像もつかないです。

主人公の西村は海上保安庁に勤務していたが、ドームふじ基地に調理担当として派遣されました。
その他にもこの基地には7人の男たちが、家族から1年半も離れた場所で暮らすわけです。
ホームシックになっても、仕事がイヤになっても、逃げ出すことができません。
まさに「究極の単身赴任」です。
そんな過酷な環境の中での楽しみと言えば、麻雀、卓球、ビデオなどなのですが、やはり毎日の食事もストレス発散には大事な要素。
おいしいものというのは、心を豊かにしてくれるんですよね。
逆に好きなものを食べられないと、ストレスが溜まっていくもの。
料理もどこかのおいしいお店で食べるのもいいんですけれど、知っている人が自分のために作ってくれる料理っていうのも格別です。
西村が作ったラーメンを食べる時のタイチョーの嬉しそうな顔といったら。
またみんなが作ってくれた(胃もたれしそうな)唐揚げを食べた時の、ぽろりとこぼれる西村の涙。
料理っていうのは、作る人と食べる人の気持ちを繋げるものなんですよね。

映画なのに何かありそうで、何も起こらない。
けれどなんだかおかしくて、なんどかほろりとさせられます。
伊勢エビのエビフライのくだりは笑わさせていただきました(ちょっと食べてみたいぞ)。
西村と娘さんのやり取りにはジーンとさせられました(あれは娘さんからはお父さんが見えているけれど、お父さんからは見えないんですよね)。
笑いとほろりが絶妙なバランスで、いい気分にしてくれる映画でした。
本作のメガホンをとったのは、まだ若い(32歳!)沖田修一監督。
いい感じの作品を作ってくれたので、今後も期待したいです。
主人公西村を演じるのは堺雅人さん。
予告を観ていた時から、ぴったりのキャスティングだと思いましたが、やっぱり堺さんはいいですね。
次の「クヒオ大佐」も期待しています。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「宮本武蔵」 | トップページ | 「ホッタラケの島 〜遙と魔法の鏡〜」 父娘の物語 »

コメント

むらさん、こんにちは!

伊勢エビのエビフライ、おいしかったんですねー。
ちょっと大味なイメージありましたが。
上手に作れば、身がほこほこしておいしいかも。
一度は食べてみたいなあ。
でも、出してくれるお店はないでしょうね。
西村くーん、とお願いしたくなります。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年6月 6日 (日) 06時36分

はじめまして。
たくさんのTBありがとうございましたhappy02
エビフライ、映画だとビミョーな感じでしたが、実際は超美味しかったみたいですよ。
DVD特典映像見てたら、カットがかかっても皆黙々と食べてました(笑)
フライにしちゃうのはもったいないですけど、私も食べてみたい!!

では、また遊びに来ますね!

投稿: むら | 2010年6月 6日 (日) 01時22分

ななさん、こんばんは!

僕も堺さんは好きな俳優さんの一人です。
最近の「ゴールデンスランバー」も良かったなあ。
出てきていた料理はおいしそうでしたよね。
凝った料理もおいしそうでしたけど、普通の何気ないお料理もとてもおいしそうでした。
お料理は提供する側が真剣だとおいしさに表れますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月 5日 (金) 18時38分

ちょっとお久しぶりです。

よかったですね~
結構堺さんの作品好きなんで,DVDを心待ちにしてました。
究極の単身赴任・・・女性の私は
日ごろのしがらみをシャットアウトできて
お仕事だけに専念できるのなら
ちょっと行ってみたい気もしますね。
異性も家族も,そんなに必要ないですし。
食事も自分で作れますし。
でも,西村くんの料理のような美味しそうな献立なら
ぜひ一度彼のを味わってみたいなぁ・・・・
堺さんが凄く真剣に,そして楽しそうに
お料理をしていたのが(料理によって衣装も違う)
とても心に残りました。

投稿: なな | 2010年3月 4日 (木) 23時10分

sakuraiさん、こんばんは!

そうなんですよー、マイナス30度とかだと寒くて寒くて・・・。
僕も本作観たら、妙にお腹がすきました。
ラーメンとか、おにぎりとか、とても普通なものなんですけど、おいしそうでしたよねー。
堺さんのおにぎりを作るときの手つき、様になっていましたよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月13日 (火) 20時10分

はらやんさんは冷凍業界だったのですか!
寒そうですね。
風邪引きそう・・・と思ったのですが、ウィルスさえもいないんですね。うんうん。
でも、眼鏡かけたまんま、外はないっすよね。
などと思いながら、とにかくお腹がぐーぐーなってきて、帰りは直行ラーメン屋さんでした。

投稿: sakurai | 2009年10月13日 (火) 08時40分

たいむさん、こんにちは!

堺さんはほんとすばらしい!
次のクヒオ大佐も実はすごく期待しています。

やはりおいしい食べ物は人を幸せにしてくれます。
なにはともあれ食事がちゃんとしていればがんばれる気になりますもん。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月 3日 (土) 08時53分

堺さん、よいですよね~~
ひと癖もふた癖もあるメンバーの皆さんも良かったです。
癒し・・というには過酷な場所だけど、食べ物の映画ってなんかほんわかしますねー

投稿: たいむ | 2009年9月28日 (月) 19時16分

ミスターシネマさん、こんばんは!
度々ご訪問いただきましてありがとうございます。

ほんと出演陣もよかったですね。
ラーメン食べれなくて眠れないきたろうさん、あの涙はなかなかでした。
あの場面、じーっとカメラが寄っていくんですよねー。
そういうのもなんかおかしくって。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月 7日 (月) 20時53分

はらやんさん、こんにちは!
お返事ありがとうございます。

出演者達がいい演技をしていましたよね。
個人的には、ラーメンが底をついて、夜も眠れないきたろうが面白かったと思います!
娯楽の少ない南極でああやって美味しい料理が食べられれば、閉鎖的な生活や仕事の疲れも吹っ飛びそうですよね!

昨日、「グッド・バッド・ウィアード」を見て、このあとには「BALLAD 名もなき恋のうた」を見る予定でいます。
記事か出来上がり次第、はらやんさんのブログにトラックバックしますね~!

応援のクリックもしておきます!

投稿: ミスターシネマ | 2009年9月 6日 (日) 11時12分

ミスターシネマさん、こんにちは!

堺雅人さんはこういうほんわかした役も似合いますよね。
ほんと幅のある役者さんです。
おいしそうに食べている人たちっていうのは、みな幸せそうに見えますよね。
食が人間の基本活動だからでしょうか。
おっしゃるようにおいしそうに食べている人を見ていると、なんだか幸せな気分になりますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月 6日 (日) 06時33分

どうも、こんにちは!ミスターシネマです!
トラックバックありがとうございます!

電話代が1分で740円もしたり、ごみは帰国して処理するなど、驚くことが多かったですよね。
料理が美味しそうだったのは言うまでもありませんが、それを本当に美味しそうに食べている他の隊員たちを見て、僕の方もしわセナ気分になりました。

自分のブログにも書きましたが、シリアスな役が多い境雅人もこういう役があっても良いかなって思いましたね。

僕も映画のブログを作っています。
時間の空いたときなどにぜひ遊びに来てください!!

投稿: ミスターシネマ | 2009年9月 4日 (金) 09時36分

ノラネコさん、こんにちは!

確かにギャートルズの肉に近い!
がぶっとかぶりついてみたいって感じですよね。
あのときの「エビフライって気分になったら、エビフライ」っていうのはけっこうみんな頷きますよね。
今日は絶対カレー食べたいとかありますからねー。
ああいう場所だとやはり食だけが楽しみでしょうから、なおさらでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月27日 (木) 18時19分

KLYさん、こんにちは!

うん、お土産話ですねー。
もともと原作は実際に南極に行った西村さんのエッセイですからね。
1年半、南極で合宿をやっていたっていう感じがしますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月27日 (木) 06時52分

巨大エビフライ、絶対勿体無いのはわかってますが、作って食べてみたくなりました(笑
あの迫力はギャートルズの「あの肉」に近いものがあるかも。
まあ淡々とした映画ですが、結構軽く楽しめました。
ドラマにしにくい話を上手く作っていたと思います。
一般企業にも難局単身赴任なんてあるんですね。

投稿: ノラネコ | 2009年8月25日 (火) 23時47分

何かありそうで特に大事件もなく…、私はこの作品は西村くんのお土産話だと思ってるんです。帰ってきてこんなことがあってさぁとか、あん時にね、とか。しかし原作があるってことは、フィクション込みだとしてもかなりユニークな越冬隊だったんでしょうね。南極の基地に関して知らないことも含め、面白い話しが聞けたなって感じでした。

投稿: KLY | 2009年8月24日 (月) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/46009582

この記事へのトラックバック一覧です: 「南極料理人」 究極の単身赴任:

» 南極料理人 [LOVE Cinemas 調布]
実際に南極観測隊の調理担当でドームふじ基地で越冬した西村淳のエッセイを映画化。主演は『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人。他にも現在『山形スクリーム』が公開中の生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功輔ら個性的な俳優が出演。監督はこの作品が商業長編デビュー作となる沖田修一。越冬隊の毎日を、ユーモラスに描いたハートフルドラマです。... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 00時59分

» 「南極料理人」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「南極料理人」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作、他 *監督・脚本:沖田修一 *原作:西村淳 感想・評価..... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 06時22分

» *南極料理人* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2009年  日本 海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のために西村は、時に贅沢な食材を使い、娯楽の少ない彼らをもてなしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。      go..... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 23時28分

» 南極料理人/堺雅人、生瀬勝久 [カノンな日々]
大好きな堺雅人さんの主演映画というだけでも楽しみにしてましたけど、南極料理人というテーマもなかなか面白そうな感じで公開を楽しみにしてました。 出演はその他に、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、小出早織、宇梶....... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 09時53分

» 南極料理人 [勝手に映画評]
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。 原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしながら、劇ではないので、少し冗長かなぁと思うところも。セリフの無いカットが多いんですよねぇ。その辺りをきちんと締めれば、もっとテンポある映画になったのかと思うんですが・・・、と、ここまで書いて気が付いたんですが、のんびりした雰囲気を出すために、セリフの... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 18時53分

» 南極料理人・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
もしもあなたが、一年間の単身赴任を命じられたとしたら・・・? しかもその行き先が、雪と氷以外何も存在しない南極大陸だったとしたら・・... [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 23時42分

» 『南極料理人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8月23日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ある日突然南極観測隊への参加を命じられても、なんで僕なんだって思ってしまうのが普通。 子供の頃から南極観測隊を夢見て、その夢が目前で事故ってし... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 08時28分

» 【南極料理人】極寒の地のゆる〜い日常 [映画@見取り八段]
南極料理人 監督:  沖田修一 出演:  堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補       公開: 2009年8月 南極って言った... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 18時35分

» 南極料理人 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『おいしいごはん、 できました。』  コチラの「南極料理人」は、実際に南極で料理を作っていた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、本作が商業映画デビューとなる沖田修一監督が、主演にあたしも好き♪な堺雅人を迎え、映画化した8/22公開のハートウォーミングな....... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 23時13分

» 南極料理人 [to Heart]
おいしいごはん、できました。 氷点下54℃、 家族が待つ日本までの距離 14,000km 究極の単身赴任。 上映時間 125分 原作 西村淳 『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫刊) 脚本・監督 沖田修一 出演 堺雅人/生瀬勝久/きたろう/高良健吾/豊原功補/西田尚美/古舘寛治/小浜正寛/黒田大輔/小出早織/宇梶剛士/嶋田久作 南極観測隊に料理人として参加した、西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した癒し系人間ドラマ。 {/book_mov/} 西村(堺雅人)... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 01時25分

» 南極料理人 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
南極の観測基地で、7人の観測員と一人の料理人が繰り広げる共同生活を、コミカルに描く、いわばシチュエーション・コメディー。 物語:海上保安庁の料理担当である西村は、事故にあった先輩の代わりで突然、南極ドームふじ基地に派遣される。 世間で知られる昭和基地で....... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 01時57分

» 『南極料理人』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
実際に観測隊員として二度南極を訪れた西村淳が、自身の体験を記したエッセイ集を映画化したもの。 先日その本を読み、大変面白かったので映画版にも興味を持っていたが、はたしてエッセイをドラマ化してどうなるのか、という点が不安だったが、それを帳消しにするような作品に仕上がっていた。 物語そのものは、エッセイを題材にしたフィクションになっており、当時のドームふじ基地での8人の隊員たちの暮らしぶりが虚実取り交ぜて描かれていて、エッセイ集の読者にはかなり違和感があるだろうが(そもそも実際の西村淳と、映画で... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 06時42分

» 南極料理人 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     試写 にて鑑賞     2009年8月22日公開  監  督:沖田修一 キャスト:堺雅人       生瀬勝久       きたろう       高良健吾       豊原功補、他 ■内容... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 11時31分

» 【南極料理人】 [日々のつぶやき]
監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補    おいしいごはん、準備中。 「海上保安庁で調理担当だった西村は南極のドーム基地に単身赴任することになった。 生物は全くいない、ウイルスさえ生きられない極寒の地でたった8人だけ... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 11時59分

» 南極料理人 [悠雅的生活]
イクラのおにぎり。伊勢海老のフライ。特製ラーメン。 [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 20時31分

» 『南極料理人』 [ラムの大通り]
-----これって、昨年度の映画賞を総ナメにした堺雅人が 南極ドームふじ基地で、8人の男たちのために料理を作るって話だよね。 オモシロそうな、そうでもなさそうな…。 「うん。確かにイメージがつきにくいよね。 この映画では、その舞台がほとんど難局に限られている。 周りはペンギンもアザラシもいない真っ白な世界。 開かれているとはいえ、一種の密室劇だからね。 こういう映画の成功のカギは、 一にも二にも役者の力量にかかっているといっても過言じゃないかも…」 ----そう言われてみると、 けっこう、個性的な役... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 20時57分

» 『南極料理人』 [唐揚げ大好き!]
  おいしいごはん、 できました。   ■西村はドームふじ基地へ南極観測隊の料理人としてやってきた。限られた生活の中で、食事は別格の楽しみ。手間ひまかけて作った料理を食べて、みんなの顔がほころぶのを見る瞬間がたまらない。しかし、日本には8歳の娘と生まれた... [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 07時38分

» 南極料理人 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
海上保安庁の料理人で、南極に派遣された西村淳氏のエッセイ「面白南極料理人」シリーズ。その西村氏の体験を映画化した作品です。「面白南極料理人」シリーズのうち、「笑う食卓」は以前、読んだことがあり、当ブログでも感想 をアップしています。 海上保安庁の料理担当で... [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 08時17分

» 南極料理人 [だらだら無気力ブログ]
南極観測隊に料理人として参加してドームふじ基地で越冬した西村淳の エッセー「面白南極料理人」を映画化。 家族や恋人と離れ、ペンギンもアザラシもウイルスさえもいない過酷な環境の 下で共同生活を営む8人の男たちの人間模様を描く。 主演は堺雅人で共演に生瀬勝久、..... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 10時54分

» 「南極料理人」 [みんなシネマいいのに!]
 平均気温マイナス57℃、ペンギンやあざらしどころか、ウイルスもいない南極ドーム [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 00時49分

» 『南極料理人』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 14時42分

» 南極料理人☆独り言 [黒猫のうたた寝]
おいしいご飯があれば、まぁどんな状況でもどうにかなるもんです。『南極料理人』は南極ドームふじ基地を舞台にその観測隊員8人の日々を描いた作品です。-70℃にもなる極寒世界での1年半の観測生活集まったメンバーは気象学者のタイチョー氷雪学者の本さん、そのサポートの院... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 23時04分

» 南極料理人 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[南極料理人] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年75本目(70作品)です。 【あらすじ】 1997年。 南極の昭和基地から更に1000km離れた、平均気温マイナス54度の「南極ドームふじ基地」に料理人として派遣された西村..... [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 13時19分

» 南極料理人 [描きたいアレコレ・やや甘口]
西村くん、どうしよう〜、楽すいぅ〜〜。 最初の夕食や朝食の場面で「どんだけメインのおかずがあるんかいっ!」とか「うわ〜堺雅人の料... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 23時06分

» 南極料理人 [Lovely Cinema]
nbsp;2009/日本監督:堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美・・・ [続きを読む]

受信: 2009年9月 5日 (土) 17時18分

» 南極料理人 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  南極のふじ基地で働く8人の隊員の日常を描いただけのシンプルなお話。このふじ基地は、ペンギンもアザラシも住めないほど寒くて、何もない南極の奥地なのである。 従って、この退屈な日常を救えるのは、食事の楽しみを置いてはない。その大任を受け妻と娘を残し... [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 19時36分

» 映画 「南極料理人」 [ようこそMr.G]
映画 「南極料理人」 [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 10時20分

» 南極料理人 [メルブロ]
南極料理人 279本目 2009-39 上映時間 2時間5分 監督 沖田修一 出演 堺雅人  生瀬勝久  きたろう  高良健吾  豊原功補  西田尚美  古舘寛治  宇梶剛士  嶋田久作  黒田大輔 会場 テアトル新宿 評価 8点(10点満点)  料理人を主人公に、南極越冬隊の日々....... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 12時46分

» 南極料理人 [Diarydiary! ]
《南極料理人》 2009年 日本映画 ペンギンもアザラシも細菌もいない、そんな南 [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 19時37分

» 『南極料理人』 ('09初鑑賞137・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 9月26日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 12:25の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 22時46分

» 南極料理人 [迷宮映画館]
逃げ場がないって、きついんだろうなああ。 [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 08時36分

» 「南極料理人」 [てんびんthe LIFE]
「南極料理人」ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞 恐ろしく個性的な俳優たちが集結し男版「かもめ食堂」「めがね」といった雰囲気の作品。 場所は南極点に程近い極寒の場所。 行きたくなくて行かされている人もいれば、研究のために自ら行く人もいて人間模様も様々。 実際どこまでどこでロケしているんだか恐ろしい寒さを感じました。 とにかく料理のシーンや食べているシーンが多いので癒されます。 その前に、昭和基地から1000Kmもどうやって移動するのかとか、野菜がないのもわかるし、調味料はどうやって持... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 10時55分

» 09-254「南極料理人」(日本) [CINECHANの映画感想]
ここには何もありません  日本からはるか14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドームふじ基地。ここに、観測隊の一員としてやってきた西村淳の任務は、総勢8名の男たちの食事を用意すること。日本に残してきた妻と8歳になる娘、そして生まれたばかりの息子のことが気に掛かりながらも、腕によりをかけた料理で男たちの胃袋を満たしていく。  とはいえ、食材は豪華でも新たな調達のきかない最果ての地で、日々のメニューに変化を付けるのは至難のワザ。おまけに、想像を絶する過酷な...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 00時56分

» ♯45 「南極料理人」 [cocowacoco]
映画 「南極料理人」       監督:沖田修一 原作:西村淳 2009年 日本 あ〜笑った!久々に涙が出るほど笑ったよ。 ペンギンもアザラシどころか寒さでウィルスも居ない、南極のドームふじ基地(マイナス54度)。 そこで男だけ8名で一年半過ごす物語。 そんな隔離された世界で変人として化す男達。 楽しみは毎日の食事のようにも思えました。 毎日3食、作って出す料理人は偉いわ〜(家庭の主婦も偉いわ〜)。 出てくる料理がまた凄く美味そう♪ 映画「かもめ食堂」の料理スタッフらが担当したらしい。... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 11時37分

» 南極料理人 [象のロケット]
1997年、海上保安庁に勤務する西村は、南極ドームふじ基地に料理担当として派遣される。 昭和基地から1000キロも離れた内陸の山の上に位置し、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえも生存できないマイナス54℃の極寒地で、8人の南極観測隊員たちは1年半もの共同生活を送ることになった…。 究極の単身赴任物語。 ≪おいしいごはんが、待ってます。≫... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 16時37分

» 「南極料理人」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
またお腹グーな映画に出会った^^ [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 18時13分

» 南極料理人 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
面白いとは噂に聞いていたけど,ほんとにね~,これとってもいい作品。そう,さりげなく癒し系というか。 究極の単身赴任,行き先は南極。ペンギンもアザラシもいない,ウイルスさえ生息できない,平均気温マイナス57度の地。そこに派遣されたチームのメンバーは,無論,生え抜きのエリートで,使命感に燃えた人々かと思... [続きを読む]

受信: 2010年3月 4日 (木) 23時11分

» 南極料理人 [映画大好き]
2009年 日本 出演 堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作 ★沖田修一監督が、元南極観測隊の西村淳の原作を基に映画化したドラマ。 1997年、南極。 平均気温マイナス... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 23時22分

» 南極料理人 [むーびーふぁんたすてぃっく]
南極料理人 [DVD] 「南極料理人」 感想 日本映画独特の空気感を持つ映画 略して、「空気映画」w この手の映画、結構好き。 強いメッセー... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 18時22分

» 南極料理人 [単館系]
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。 なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。 堺雅人さんは料理がうまい・・・・... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 22時35分

» 南極料理人 [にわうたぶろぐ]
「美味しいものを食べると元気が出るでしょ?」 これって究極の「理」だな、と本気で思う。 [続きを読む]

受信: 2010年4月14日 (水) 23時31分

» 南極料理人 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:南極料理人 制作:2009年・日本 監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作 あらすじ:西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、雪氷サポート隊員(高良健吾)らが彼の料理を心待ちに... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 01時15分

» 南極料理人(感想175作目) [別館ヒガシ日記]
南極料理人は盆休みにDVDレンタルで鑑賞も 結論は予想したより面白く良い内容で満足だよ 内容は西村が南極のドームふじ基地に派遣で 7人の隊員の料理で胃袋&心も満たす展... [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 11時52分

» 『南極料理人』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ西村は、妻と8歳の娘と生まれたばかりの息子を日本に残し、南極観測隊の料理人となるが・・・。感想新藤兼人賞金賞新人監督たちを発掘、日本映画界を背負ってゆく人材を育... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 09時35分

» 「南極料理人」★★★★ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
'09年制作 監督:沖田修一  出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔(敬称略) 見渡す限り氷・氷・氷の白銀の世界・南極。ペンギンはおろかウイルスさえも存在しないこの場所に、海上自衛隊の料理人...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 15時04分

» 『南極料理人』 (DVD) [みゆみゆの徒然日記]
 題材も面白そうですし堺雅人主演なので興味があったのだけど地元でのシネコン公開時は見逃してしまったので、DVD鑑賞となりました。 【あらすじ】南極料理人 - goo 映画より引用。 海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月17日 (日) 22時27分

» 【映画】南極料理人 [★紅茶屋ロンド★]
<南極料理人 を観ました> 制作:2009年日本 今更でごめんなさい(苦笑)。ずっと見たかったんだけど、後回しにしちゃってました。 予告は何度も観ていたし、主演の境雅人さん大好きだし、もっと早く見ておけばよかったわ~。 南極観測隊員の西村淳さんのエッセイ「面白南極料理人」を映画化したものです。 極寒の南極ドームふじ基地に派遣されてやってきた8人の隊員。そのうちの一人、西村の担当は隊員の毎日の料理を作ること…。 約一年半、この閉ざされた南極の地で隊員たちは仕事をしつつ、お互い交流を持ちなが... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 23時20分

» 南極料理人 [いやいやえん]
南極なのに豪華な食事!もっと質素な食生活をしていると思ってた。 南極という非日常の中で描き出される南極基地隊員の食事への執着は面白い。食事も美味しそうだし彼らも学生みたいにはしゃいで楽しそうでしたけど…実際の仕事にあまり時間を割いて描かれてないのはちょっと不満でしたね。あと時間をもう少し短く100分前後くらいにまとめられなかったのだろうか。 南極という特異な状況における人間的な行動の可笑しさや、会話や遊びなんかはいいエピソードだとは思いますが、実際にはもっと厳しい現実が待っているのだろう... [続きを読む]

受信: 2012年3月 1日 (木) 09時26分

» 南極料理人 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年1月24日(日) 19:30~ キネカ大森2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『南極料理人』公式サイト 昨年見逃したテアトル系公開作品のキネカ大森での補完計画。第三回目。 南極観測隊の料理を担当する男の話。この南極料理人は、海上自衛隊で料理を担当している自衛官。訳有りのシェフかと思ったら、任務で赴く公務員だった。 少人数で家族と遠く離れて長い期間過ごすのだが、孤独や葛藤、仕事の苦闘などドラマティックな要素はほとんど無く、坦々と何か凄くやる気の... [続きを読む]

受信: 2012年3月 4日 (日) 21時14分

» 南極料理人 [映画的・絵画的・音楽的]
 「南極料理人」を渋谷のヒューマントラストシネマで見てきました。  この映画は、むしろ押しつけがましいストーリー展開がほとんどないために、逆に芸達者な俳優たちが持っているそれぞれの味が十分出ることとなり、見ながら至極楽しい時間を過ごすことが出来ました。...... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 21時27分

» 「南極料理人」 [prisoners BLOG]
雪に閉じ込められてずっと同じむさくるしい男ばかりと顔を合わせているという、「シャイニング」みたいに暴発してもおかしくない(やや近くなるところもある)状況で、食べるという生きていく上で一番基本的なところでいろいろ工夫をこらして乗り切っていく、淡々とした中...... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 00時02分

» 南極料理人 [rambling rose]
南極観測隊の調理担当として、実際にドームふじ基地での生活を経験した西村淳のエッセイ『面白南極料理人』の映画化。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 15時11分

« 本 「宮本武蔵」 | トップページ | 「ホッタラケの島 〜遙と魔法の鏡〜」 父娘の物語 »