« 本 「東京下町殺人暮色」 | トップページ | 本 「リズム」 »

2009年8月 1日 (土)

「セントアンナの奇跡」 枠組み思考の悲劇

印象深いシーンがありました。
登場人物が神に祈りを捧げているシーンです。
アメリカの黒人兵、イタリア人たち、ドイツ人捕虜がそれぞれの場所で、同じ神に祈りを捧げています。
けれども彼らは敵対する間柄なのです。
同じ信仰を持っているのに、なぜ人は互いに殺しあうのでしょう。

ナチスだからといってすべての人がひどい人間なのではありません。
生き残った赤ちゃんですら冷酷に射殺する将校もいれば、虐殺を生き延びた子供を逃がそうとする兵士もいます。
同じ町に暮らすイタリア人でもファシストを支持する者、パルチザンとして戦う者。
パルチザンの中でも、祖国のために戦う人間、裏切りに走る人間とがいます。
アメリカ人兵士でも白人将校と黒人兵。
黒人兵の中でも、黒人の将来のことを考えアメリカのために戦う必要があるというスタンプス、何か冷めた目で達観しているビショップなどがいます。
僕は本作観る前は、スパイク・リー監督なので、第二次世界大戦下での黒人兵の扱いを通じて黒人差別を描くというお話かと思っていました。
確かにそういう要素もありましたが、たぶん言いたいのはそういうことだけではないと感じました。
前にもブログで書いたことがありますが、僕たちは人をある枠組みでとらえようとする傾向があります。
例えば、人種という枠組み。
宗教という枠組み。
イデオロギーという枠組み。
この枠組みは物事を大きく捉えるときにはとても役立ちます。
けれどもその枠組みを個人に適用するとおかしなことが起こります。
この人種はこうだとか、この宗教はああだからとか。
昨年はやった血液型というのも同じようなことだと思います。
血液型がA型だから、真面目だとか(話のネタとしてはいいけれど)。
「ここにいると俺が俺でいられる」
という台詞がありました。
僕たちはどうしても普段、個人をその個人ではなく、枠組みをはめて見てしまいがちです。
彼らは祖国アメリカでは、個性ある個人としてではなく、「黒人」という枠組みの中の一人という捉えられ方しかされていなかったのでしょう。
実はこのような捉え方が差別意識のベースになっているわけです。
スパイク・リーはその差別意識のベースになっている、枠組み思考みたいなものを描きたかったのではないでしょうか。
個人を見ずに枠組みだけしか見れなくなったとき、悲劇は起こるのです。
ナチスのユダヤ人虐殺しかり。
アメリカの東京大空襲しかり。
本作で描かれたセントアンナの大虐殺しかり。
そこにいるひとり一人を個人としてとらえずに、枠組みでしかとらえられなくなることが問題なのだと思いました。

本作2時間半越えのかなりの長尺。
前半はかなりスローペースで物語が進むためやや睡魔に襲われるところもありましたが、後半のいたたまれなさには眠気も飛びました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「東京下町殺人暮色」 | トップページ | 本 「リズム」 »

コメント

たいむさん、こんばんは!

そう肩書きはまず相手との関係性をつかむには便利なものなんですけれど、それだけになってしまってはいけないんですよね。
本作、スパイク・リーなので、黒人差別に対する意見というところがあるかと思っていましたが、そういうのを越えた目線で描いているのが、今までの彼の作品とは違うなと感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月 6日 (日) 18時48分

はらやんさん、こんにちは。
そうですねー、ひとりの人間はは色々な肩書を持ってますね。人種とか国籍とかもそのうちの一つで、もっとブレイクダウンすると、会社はどことか、学校はどことか、家庭では優しいお父さんだったり、妻を愛する夫だったり、でも生意気な弟かもしれないw。
けれど、見た目とその瞬間の立ち位置しか他人には分からないということが、差別や殺人を助長しちゃうのかな?とかはらやんさんの記事を読んで思いました。
もしも、いちいちそんなことを考えていたら戦争にはなりませんよね。

この映画、長尺に様々なものが詰め込まれていて見るのも感想をまとめるのも大変でした。

投稿: たいむ | 2009年9月 5日 (土) 08時58分

migさん、こんにちは!
いつもTBだけですみません。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月 2日 (日) 11時57分

いつもTB をありがとうございます。

投稿: mig | 2009年8月 2日 (日) 10時52分

KLYさん、こんにちは!

枠組みは自分自身についても、また他人についても存在しますよね。
他人に対しての枠組みっていうのは、いわゆる「色眼鏡」ということになると思うのですが。
これもやはり意識を持たないとなかなかなくせないものですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月 2日 (日) 05時58分

枠組みは個人を規定するものではなく、単に個人がそこに属しているというだけなんですがねぇ。人間1人では生きていけない以上、必ず何れかの社会的な枠組みに所属はしなうてはなりません。だからこそその枠組みの方向性を決めるのが誰か一個人であっていいはずが無く、全員が自分が決めるのだと言う意識を持たないといけないんですよね。
今の世の中だって虐殺こそありませんが同じことだと思うんです。と言うわけで選挙いかなきゃ。(←なんという〆なんだ。coldsweats01

投稿: KLY | 2009年8月 2日 (日) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45803256

この記事へのトラックバック一覧です: 「セントアンナの奇跡」 枠組み思考の悲劇:

» セントアンナの奇跡 [LOVE Cinemas 調布]
スパイク・リー監督最新作。社会派で常に人種差別問題を提起してきた監督らしく、今回もその信念が息づいている戦争ドラマです。メインの出演者は「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」デレク・ルーク、『7つの贈り物』のマイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラーの4人。2時間43分の大長編です。... [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 23時52分

» セントアンナの奇跡 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『女神は<奇跡>を、 人に託した 運命より強く、 この子を守りたい』  コチラの「セントアンナの奇跡」は、第二次世界大戦下の1944年のフィレンツェと現代1983年のニューヨークを舞台に、実話を基にしたスパイク・リー監督による7/25公開のR-15指定の戦争サスペン....... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 00時22分

» スパイク・リー監督作☆ 『セントアンナの奇跡 / MIRACLE AT ST. ANNA』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
実話を元にした映画という事だけど、どこまでが実話なんだろう? 祖国アメリカでは人種差別を受け、戦地でも白人の上官に無理難題を言われていた黒人兵士達が、戦地イタリアで人種差別という概念すらない敵国の人達に出会い、“自由”と“安らぎ”を身を持って体感する。 ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 01時08分

» 『セントアンナの奇跡』(2008)/アメリカ・イタリア [NiceOne!!]
原題:MIRACLEATST.ANNA監督:スパイク・リー原作・脚本:ジェームズ・マクブライド出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、ジョン・タトゥーロ試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ニューヨーク...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 06時49分

» *セントアンナの奇跡* [Cartouche]
{{{   ***STORY***           2008年 アメリカ=イタリア ニューヨークの郵便局で働く定年間近の局員が、ある日窓口で切手を買いに来た男性客をいきなり銃殺した。男の名はヘクター。前科や借金などもなく、精神状態も良好の実直な男だった。家宅捜査の結果、彼の部屋から長きに渡って行方不明となっていたイタリアの貴重な彫像が発見された。一向に犯行動機を口にしないヘクターだが、やがて重い口を開く。謎を解く鍵は第2次世界大戦真っ只中の1944年、イタリアのトスカーナにあった。  g..... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 09時14分

» セントアンナの奇跡 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ニューヨークの郵便局で働き続けてきた定年間近の局員が、ある日、窓口に切手を買いに来た男性客をいきなり射殺します。殺人者となったヘクターは、前科もなく、借金もなく、敵もなく、精神状態も正常の善良な市民。彼の自宅が家宅捜査され、長い間、行方不明となっていたイタリア... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 10時09分

» セントアンナの奇跡 / MIRACLE AT ST. ANNA [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click スパイク・リー監督の3年ぶりの最新作。 スパイク・リーの映画では音楽も最高!な「モ・ベター・ブルース」が好き。 その後の作品もけっこう観てるんだけど、どうもここ数年のはわたしには合わなくて。 (いや今また見直せば昔観たのはまた違う感想になるかな?) これまでもアメリカ社会における黒人の姿を描いてきたスパイク・リー。... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 10時52分

» セントアンナの奇跡 [そーれりぽーと]
予告編でチェックしていた『セントアンナの奇跡』を観てきました。 ★★★★ ニューヨークの郵便局の窓口で働き、あと三カ月で定年を迎える老人が、ある日客として現れた男の顔を見るなり撃ち殺す事件が起きた。 老人は第二次世界大戦の英雄で、彼の部屋からは大戦時にフィレンツェで失われた女神像の頭部が発見される。 いくつもの謎を抱えた老人が、取材に訪れた記者に話し始めた衝撃の真実とは。 全体に漂うどこかファンタジーな香りと、相反する現実に起きている戦争の悲劇のコントラストはイタリアが舞台と言う事もあって『ライ... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 13時28分

» セントアンナの奇跡/デレク・ルーク [カノンな日々]
スパイク・リー監督の作品には一時期ハマってたこともあって好きな監督なんですが、最初に予告編を目にした時はスパイク・リーの作品とは知らなくて「こんなの作ってたんだァ」と思ったんですけど、その後にこの作品で描いているのが第二次世界大戦下での黒人兵士で組織され....... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 17時49分

» 「セントアンナの奇跡」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Miracle at St. Anna 」2008 USA/イタリア オブリーに「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー/2002」「輝く夜明けに向かって/2006」「大いなる陰謀/2007」のデレク・ルーク。 トレインに「8 Mile/2002」「悲しみが乾くまで/2008」のオマー・ベンソン・ミラー。 ヘクターにラズ・アロンソ。 ビショップに「彼らの目は神を見ていた/2005」のマイケル・イーリー。 レナータに「DEAN/ディーン/2001」のヴァレンティナ・チェルヴィ。 パ... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 23時24分

» セントアンナの奇跡 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
運命より強く、この子を守りたい!__現代ニューヨーク。善良な一市民が起こした動機不明の殺人事件。謎を解く鍵は、1944年のフィレンツェにあった。 実話から生まれた“希望”の物語__女神は<奇跡>を人に託した! 物語:1983年、ニューヨークの郵便局で、...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 23時36分

» 【セントアンナの奇跡】 [日々のつぶやき]
監督:スパイク・リー 出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、ジョン・タトゥーロ    運命より強く、この子を守りたい。 「ニューヨークの郵便局、間もなく定年になる局員ヘクターが突然ある男に発砲した。... [続きを読む]

受信: 2009年8月 3日 (月) 15時41分

» 「セントアンナの奇跡」 [みんなシネマいいのに!]
 1983年、ニューヨークの郵便局員が客をいきなり射殺! 彼の部屋から歴史的に貴 [続きを読む]

受信: 2009年8月 3日 (月) 21時10分

» 「セントアンナの奇跡」 [クマの巣]
「セントアンナの奇跡」、観ました。 第二次世界大戦中、黒人だけのアメリカ軍部隊がイタリア・トスカーナで進軍する。ドイツ・ナチの激... [続きを読む]

受信: 2009年8月 4日 (火) 07時41分

» セントアンナの奇跡 [小部屋日記]
Miracle at St. Anna(2008/アメリカ=イタリア)【劇場公開】 監督・製作: スパイク・リー 出演:デレク・ルーク/マイケル・イーリー/ラズ・アロンソ/オマー・ベンソン・ミラー/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ヴァレンティナ・チェルヴィ/ジョン・タートゥーロ 運命より強く、 この子を守りたい 第二次世界大戦中のイタリアで実際に起きた虐殺事件を基に、スパイク・リー監督が同名の小説を映画化。 制作費40億円、リアルな戦闘シーンはかなりのもの。2時間43分と長い映画ですが... [続きを読む]

受信: 2009年8月 5日 (水) 15時10分

» 『セントアンナの奇跡』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年を保護する。4人はトス... [続きを読む]

受信: 2009年8月 5日 (水) 21時18分

» セントアンナの奇跡◇◆MIRACLE AT ST.ANNA [銅版画制作の日々]
女神は《奇跡》を託した! 長かった!何と2時間43分。予告編なしで本編上映でした。「インランド・エンパイア」の3時間には負けるけれどね・・・・。 第二次世界大戦時に実在した黒人だけの部隊、第92歩兵師団“バッファロー・ソルジャー”。彼らが送り込まれた最前線、イタリアのトスカーナには封印された残酷な史実があった。 ナチスドイツは、イタリア市民までもZANGYAKUな行為を行っていたんだね。それにしても酷い話だ!このセントアンナだが、正確な街の名前はサンタンナ・ディ・スタッツェーマという場所だそう... [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 11時47分

» 【映画】セントアンナの奇跡 [新!やさぐれ日記]
▼動機 なんか良さそうな雰囲気 ▼感想 見せ方にもう一工夫欲しかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年(マッテオ・シャボルディ)を保護する。4人はトスカーナの村でつかの間の平和を感じるが、ナチスの脅威はすぐそこまで迫っていた。 ▼... [続きを読む]

受信: 2009年8月10日 (月) 21時43分

» 『セントアンナの奇跡』 [きららのきらきら生活]
「セントアンナの奇跡」観てきました♪ [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 22時51分

» セントアンナの奇跡 [to Heart]
女神は<奇跡>を、 人に託した 原題 MIRACLE AT ST. ANNA 製作年度 2008年 上映時間 163分 映倫 R-15 原作・脚本 ジェームズ・マクブライド 監督 スパイク・リー 出演 デレク・ルーク/マイケル・イーリー/ラズ・アロンソ/オマー・ベンソン・ミラー/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ヴァレンティナ・チェルヴィ/マッテオ・スキアボルディ/ルイジ・ロ・カーショ/ジョセフ・ゴードン=レヴィット 社会派の名匠スパイク・リー監督が史実をヒント... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 11時29分

» セントアンナの奇跡 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 新宿高島屋12階にあるテアトルタイムズスクエアは、8月限りで閉館となる。ミニシアター系のテアトル直営映画館では、最大のスクリーンを誇り、ロケーションも含めてなかなかお洒落な存在だっただけに、非常に残念である。 ここには何度も足を運んだので、いろい... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 08時32分

» 「セントアンナの奇跡」みた。 [たいむのひとりごと]
なんの前知識もいれていなかったため、いきなりのズドン[E:impact]には唖然としてしまった。てっきり戦争映画と思っていたわけで「え?サスペンスタッチなの?」と困惑してしまう私。けれどやはり戦争映画... [続きを読む]

受信: 2009年9月 5日 (土) 08時46分

» 09-246「セントアンナの奇跡」(アメリカ・イタリア) [CINECHANの映画感想]
〝眠る男〟は誰なんだ?  1983年のニューヨーク。ある日、郵便局に現われた男性客を定年間近の郵便局員が射殺する事件が発生。そして犯人の男ヘクターへ殺人の動機や被害者との関係を追及する中、彼の部屋では歴史的に重要なイタリアの彫像が発見される。  そんな不可解な事件の謎を解く鍵は、1944年のイタリアまで遡るのだった――。  第二次大戦下、アメリカ軍の黒人だけで組織された部隊“バッファロー・ソルジャー”は、イタリアの最前線でナチスと戦っていた。そのさなか、無線兵でイタリア語が堪能なヘク...... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 01時19分

» mini review 10438「セントアンナの奇跡」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
第二次世界大戦中のイタリアで実際に起きた虐殺事件を基に、兵士の葛藤(かっとう)と心の交流をサスペンスタッチでつづる戦争ドラマ。『マルコムX』のスパイク・リー監督が同名の小説を映画化し、リアルな戦闘シーンだけではなく、人種を超えた人間の尊厳と希望を見事に描き切った。主要な4人の若き黒人兵を、『大いなる陰謀』のデレク・ルークや『7つの贈り物』のマイケル・イーリーらが好演。戦争の無意味さや、人間の温もりがダイレクトに伝わってくる。[もっと詳しく] 「奇跡」があったかなかったかということより、「奇跡」を... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 21時29分

» 「セントアンナの奇跡」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
そうか、そうだったのか!少しずつベールがはがされて・・ [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 13時25分

» セントアンナの奇跡 [映画大好き]
2008年 アメリカ、イタリア 出演 ラズ・アロンソ、デレク・ルーク、マイケル・イーリー、オマー・ベンソン・ミラー、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ヴァレンティナ・チェルヴィ、マッテオ・スキアボルディ、セルジョ・アルベッリ、オメロ・アントヌッティ、ルイジ・ロ・... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 23時31分

» セントアンナの奇跡 [愛猫レオンとシネマな毎日]
「マルコムX」「25時」のスパイク・リー監督の最新作です。 舞台は、現在のアメリカと過去のイタリアに分かれます。 二つの時代を結んだのは、春の女神の彫刻の頭部と一人の少年。 第2次世界大戦下のイタリアでは、ナチスドイツ対アメリカ、 そしてファシズム体制に抵抗するパルチザンが入り乱れてました。 ナチスドイツとの最前線で戦っていたのは、黒人部隊。 主人公のヘクターと仲間3人は、戦いのさなかに1人の少年を助けた為に、 敵陣で孤立してしまうのですが・・・ 素晴らしい人間ドラマでした。 2時間40分の長丁... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 22時55分

» 「セントアンナの奇跡」 [It's a wonderful cinema]
 2008年/アメリカ、イタリア  監督/スパイク・リー  出演/デレル・ルーク     マイケル・イーリー     ラズ・アロンソ  現代のニューヨークの郵便局で、定年間近の男がカウンターに切符を買いに来た男性客をいきなり射殺するという事件が起こる。犯人の男の名前はヘクター。第二次世界大戦で従軍し、勲章までもらった英雄だ。そして彼の部屋から、行方不明になっていた歴史的価値のあるイタリアの彫像が発見される。何故彼が持っていたのか。時代は1944年にまで遡るのだった・・・というストーリー... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 14時34分

» セントアンナの奇跡 : 戦場で起きた小さな奇跡 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、広島カープの野村監督と見かけましたよ。まあ、嫌いな監督なので声はかけなかったですけど…。まあ、そんな話は置いておいて、本日紹介する作品は人間の素晴らしさを感 [続きを読む]

受信: 2013年5月16日 (木) 21時20分

» セントアンナの奇跡 [悠雅的生活]
彼が何をしたにせよ、戦争ほどの悪行ではない・・・ [続きを読む]

受信: 2013年5月18日 (土) 22時05分

« 本 「東京下町殺人暮色」 | トップページ | 本 「リズム」 »