« 「トランスポーター3 アンリミテッド」 やはり「制約」があるほうがおもしろい | トップページ | 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ »

2009年8月19日 (水)

「ボルト」 幸せな結婚

一時期、不調和となっていたディズニーとピクサーの関係は、2006年ディズニーがピクサーを買収する形で決着がつきました。
アメリカのアニメーションは最近は3Dが主流になり、ピクサー、ディズニー、ドリーム・ワークスがしのぎを削っています。
この3スタジオの中では個人的にはピクサーの作品群が他の2社よりも、映像のクオリティ、またストーリーてリングに対して、圧倒的な品質の良さを持っていると思っています。
ピクサー以外の2社でも、正直言ってディズニーの3Dアニメはあまりいいと思うように感じるものは少ないという印象があります(というより、是非観たいという食指が動かない)。
ですので、ディズニーがピクサーを買収することによって、ピクサーの作品が変わっていくのではないかという懸念がありました。
けれども昨年の「ウォーリー」を観ると、やはりピクサーはピクサーらしく高い品質の作品を作ってくれたのでホッと胸を撫で下ろしました。
逆にディズニーはピクサーを傘下に収めましたが、ピクサーで名作を生み出してきたジョン・ラセターがディズニーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーになったことで、ディズニーのアニメーションがどのように変わるのかを注目していました。
本作「ボルト」を観る限り、ピクサーのスタイルがディズニーに良い影響を与えているように思えました。
ピクサー作品は今までも、おもちゃや、虫、魚、車、ロボット等人間ではないものを使いながらも、極めて人間的な友情や愛情などをテーマにした王道の物語を作ってきました。
テーマはありがちで普遍的なものだったりするのですが、人間以上に人間らしい感情移入しやすいキャラクターによって、ピクサー作品は観ているうちに心をうたれてしまうんですよね。
このような人でないものを人間的に描くというのは、いわゆる「不気味の谷」を回避する上手な方法であると思います。
本作の主人公(主犬公?)は、映画の中の世界を本物だと信じ込まされているスター犬、ボルト。
遠く離れた飼い主ペニーを慕って戻ろうとしますが、その道の途中で自分の信じていた世界が偽物であることを知り、そしてペニーの愛情ですら演技ではなかったのかと思い悩みます。
健気にペニーを想うボルト、愛情を失ったと思った時のボルトは、ほんとうに人間以上に人間らしく見えます。
このあたりの気持ちの描写は、心がないはずのロボットで愛情深い物語を描いた「ウォーリー」にも通じる豊かな表現であったかと思います。
このような豊かな愛情の表現(これは映像表現も、ストーリーテリングも合わせて)は、今までのディズニーではなかったような気がします。
ディズニー作品というのは描くのはあくまでおとぎ話のフィクションの世界。
そこで描かれる感情もやや物語的なのです(これを逆手にとったのが「魔法にかけられて」)。
けれどもピクサーの作品というのは、主人公たちは人間にあらざるものですが、描いている感情は極めて普遍的で人間的なものなんですよね。
そういう点で、ピクサーを中に取り込んだディズニーはそれにより、自身も大きく変わろうとしているような気がします。
そしてピクサーからすれば盤石の資金、配給体制を確保し、安心して作品を作れる状態になったわけです。
まさに両者の関係は幸せな結婚と言えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「トランスポーター3 アンリミテッド」 やはり「制約」があるほうがおもしろい | トップページ | 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ »

コメント

KLYさん、こんにちは!

ピクサー作品はおっしゃるようにCGでありながら、人の感情というのを表現するのがとても長けているように感じます。
他の会社の3Dアニメはなにか作り物めいたものを感じることが多かったのですが、本作はピクサーのいい影響がディズニーにも表れているような気がします。
今後はディズニーのアニメも要チェックでいきたいと思ってます。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月22日 (土) 05時59分

はらやんさんこんばんは♪
確かに私もピクサーが最も秀でていると思います。というか好みです。何というか、時代や国に左右されない普遍的な人間の感情を表現するのが上手い気がするんです。もちろんハイレベルなCG技術もですけど。実は初3Dで見たのですが、それはまだ割と進歩の余地があるなと感じました。まあピクサーのことですから、今後が楽しみなんですけどね。^^

投稿: KLY | 2009年8月19日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45974462

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボルト」 幸せな結婚:

» ボルト☆独り言 [黒猫のうたた寝]
おぉ~~~トラボルタが吹替してるわ♪『ボルト』観ました♪ディズニーアニメです。鼻の黒い真っ白な犬のボルト大好きなペニーとの出会いは子犬の頃そしてボルトと名付けられ…成長した白い犬はペニーを守るスーパードッグとなったのだ!!!…というのはTVの中だけのお話。でも... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 22時47分

» ボルト [LOVE Cinemas 調布]
ディズニー+ピクサーの合併第1作。製作総指揮に『レミーのおししいレストラン』、『WALL・E/ウォーリー』のジョン・ラセターを迎えたアドベンチャーアニメーション。主役の犬の吹替えをジョン・トラボルタが演じているが、日本語吹替え版では佐々木蔵之介が務める。他にも白石涼子、江角マキコ、天野ひろゆきといった俳優陣の声優も注目です。初の3Dでの鑑賞でした。... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 23時08分

» 「ボルト」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ボルト」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ボルト(ジョン・トラヴォルタ/佐々木蔵之介)、ペニー(マイリー・サイラス/白石涼子)、ミトンズ(スージー・エスマン/江角マキコ)、ライノ(マーク・ウォルトン/天野ひろゆき)..... [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 04時04分

» ボルト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
吹き替え版で鑑賞【story】アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに間違いで運ばれてしまい、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは―     監督 : バイロン・ハワード クリス・ウィリアムズ【comment】       とっても面白かったで〜す犬好きのせいかなぁ〜ボルトちゃんの全ての行動が愛おしくって、最初っから最後まで... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 21時42分

» 「ボルト」は~とうぉ~みんぐ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ボルト] ブログ村キーワード  この夏休みも“我が娘・かぁたん(仮名・7歳)”と行きました、“娘と映画・第9弾!”今回は「ボルト」(ウォルト ディズニー スタジオ モーションピクチャーズ ジャパン)。もちろん、“日本語吹替え版”そしてお楽しみの“デジタル3-D”を観に行きました!  ボルトは、悪の組織と戦うために改造手術を施された“スーパードッグ”。スーパーパワーを駆使して、飼い主の少女・ペニーと共に、日夜悪の軍団と戦っていた…と、いうのは人気TVドラマの設定のお話。しか... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 22時04分

» ボルト 3D吹替版/佐々木蔵之介、江角マキコ [カノンな日々]
ディズニーアニメなんですけど、これまでとちょっと違う感じがするのは、やはりピクサーのジョン・ラセター製作総指揮によるものだからなのでしょうか。犬好きな私としては先ずボルトのルックスに一目惚れしちゃったんですけど、ストーリーもアメリカ横断の大冒険劇という事....... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 08時17分

» 『ボルト』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:BOLT監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード製作総指揮:ジョン・ラセター声の出演:ジョン・トラボルタ、マイリー・サイラス試写会場 : ウォルト・ディズニー試写室公式サイトはこちら。<Story>人気TVドラマのスーパー・ドッグのボルトは、ド...... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 20時31分

» 『ボルト』・・・全てが嘘だとわかっても [SOARのパストラーレ♪]
よりによって「千円の日」に特別料金2千円はどうよ?・・・と多少の躊躇はあったものの、結局3D(日本語吹替版)にて鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 23時40分

» ボルト [ともやの映画大好きっ!]
(原題:BOLT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 「トイ・ストーリー」「トイ・ストーリ−2」「カーズ」を手掛けたピクサーのジョン・ラセターが、製作総指揮を務めるディズニー・アニメーション。 自分をスーパードッグと思い込んでいるタレント犬が飼い主を求め、猫とハムスターと旅を続けるロードムービー。 ボルト(声:ジョン・トラヴォルタ)は、超能力パワーを持ったスーパードッグ。愛する飼い主ペニー(声:マイリー・サイラス)を守るため、ドクター・キャリコ(声:マルコム・マクダウェル)率いる... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 00時07分

» ★「ボルト」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 夏休みなので子供連れのお客さんでにぎわってましたが、 日本語吹き替え版のみの上映だけど、特別料金の吹き替え3D版も併映されてたからか、 意外とすいてたね。... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 00時45分

» 映画:ボルト [よしなしごと]
 ディズニーのCG映画ボルトを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 10時39分

» ボルト<日本語吹き替え版> [そーれりぽーと]
この夏日本ではドリームワークスの『モンスターVSエイリアン』、20世紀フォックスの『アイス・エイジ3』、そしてディズニー(非ピクサー)の『ボルト』とハリウッド3大CG映画勢力が三つ巴状態、それぞれ3DCG映画が衝突。 『アイス・エイジ』はとりあえずもう飽きてきたのと、これまでオリジナルの声に慣れて観てきたのに字幕3D版が無かったのでパス。 今回は『ボルト<日本語吹き替え版>』の3D上映を観てきました。 ★★★★ 動物で泣かせる、お得意というか、卑怯な手(良い意味)で挑んできたディズニー。 ディズニ... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 14時17分

» ボルト [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:BOLT公開:2009/08/01製作国:アメリカ上映時間:96分鑑賞日:2009/08/01監督:バイロン・ハワード声の出演: ジョン・トラヴォルタ/ボルト マイリー・サイラス/ペニー スージー・エスマン/ミトンズ マーク・ウォルトン/ライノ マルコム・マクダウェル/ドク....... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 22時27分

» ボルト 安心して子供たちを映画館に連れて行ってね [労組書記長社労士のブログ]
【 39 -9-】 ひっさしぶりの試写会{/onigiri_2/}(途中何度か当たっていたが他用で泣く泣く行けず)、しかしアニメ・・・{/panda_2/} いやいや、ディズニーだしピクサーだし、わんこのお話だし、ましてやあのむちゃくちゃ感動したウォーリーや、抱腹絶倒したカンフーパンダのように素晴らしい巡り会いもあるかも知れないしとワクワクして試写会場へ。  今回はなんと厚生年金会館の大ホール{/cat_5/} しかもオープニングに、甲斐名都ちゃん(メジャーデビューするまで隠していたそうだが甲斐よ... [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 08時59分

» 映画『ボルト<日本語吹替え版>』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、バイロン=ハワード、クリス=ウィリアムズ。脚本、ダン=フォーゲルマン、クリ [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 00時46分

» ボルト [映画通の部屋]
「ボルト」BOLT/製作:2008年、アメリカ 96分 監督:クリス・ウィリアム [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 19時21分

» 【ボルト】 [日々のつぶやき]
甥っ子と姪っ子連れての観賞です。 一番最初に予告見て以来「これみる!」と言い続けていた映画、子供心くすぐる要素満載なのでしょうね~ タイトルも覚えやすくていいみたい♪ 吹替え版での観賞です。    『ずっと家族だって、信じてる』 「ボルトは大好き... [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 11時35分

» ボルト [ダイターンクラッシュ!!]
2009年8月18日(火) 19:40~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ボルト』公式サイト ピクサーかと思ったが、ディズニー本体だった。ピクサーの御大が製作総指揮なのだが。 おまけの短編は、ピクサーの「カーズ」の番外編。 で、本編だが、 犬の「トゥルーマン・ショー」である。愚作「トゥルーマン・ショー」の500倍は面白いけど。 名作「ギャラクシー★クエスト」でもある。差し詰めライノは、(実はタコ型)宇宙人の役だ。 ラブ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 00時19分

» 『ボルト(吹替え版)』 [唐揚げ大好き!]
  「ずっと家族だって、信じてる」   ■白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。TVドラマの中で、飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。人間たちは、ボルト... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 04時13分

» ボルト [Akira's VOICE]
吹替えがお勧め!   [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 16時43分

» ボルト [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ずっと家族だって、信じてる』  コチラの「ボルト」は、飼い主のペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグだというTVドラマの設定を信じ込まされているボルト(ジョン・トラヴォルタ)の活躍を描いたピクサーと合併し新生ディズニー第1弾作...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 17時50分

» 『ボルト (3D)』 ('09初鑑賞100・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 8月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 21時16分

» 映画 【ボルト】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ボルト」(吹替版) 『ウォーリー』のジョン・ラセター製作総指揮による新生ディズニーの第一弾。 おはなし:アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる・・・。 思えばボルトも気の毒な犬です。彼が知ってるのはスタジオの中の世界だけ。自然な演技をさせるために外の世界を教えないようにして育てられたのですから。しかも、自分にはスーパーパワーがあると信じ込んでいる... [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 23時16分

» CGアニメ「BOLT」(ボルト)これ、面白いよぉ! [ノルウェー暮らし・イン・London]
前からちょっと気になっていた、CGアニメのボルト。 子供向けなので機内映画でも日本語字幕があったから、楽に鑑賞できた。 でも子供向けとナメてかかってはいけない。 たまに、どんな年齢層を対象にしているのか、CG技術にばかり気を取られて、ストーリーがおざなりになってしまっているCGアニメとかあるけど、これは違う! しっかりと子供も大人も楽しめて、ストーリーもなかなかなのだ。... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 00時58分

» ボルト [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
NYからハリウッドまで、大好きなペニーに会うためにアメリカ横断を決意したスーパードッグ・ボルト。愉快な仲間と超ポジティブな勘違い犬ボルトの長い長い旅の果てに待っているものは?・・・爆笑と感動のロードムービー! 物語:スーパーパワーで悪を退治するヒーロー...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 03時55分

» ボルト [5125年映画の旅]
様々なスーパーパワーで悪と戦うヒーロー犬が主人公の大人気TVドラマ。その主人公を演じている俳優犬のボルトは、ドラマの話を現実だと信じ込んでいた。ある時、ドラマは急展開を向かえ、飼い主のペニーが悪人にさらわれてしまう。ボルトはペニーを救うためにスタジオを...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 18時51分

» ボルト(映画館) [ひるめし。]
「ずっと家族だって、信じてる」 [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 20時54分

» 「ボルト」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
かみしめる普通の幸せ。自分が特別な犬じゃないことを知り落ち込むボルトに猫のミトンズは、普通の犬でいることがいちばん幸せなことと諭す。「普通」って何よ?思わずそう言ってしまうこともあるが今日だけはよく分かる。「普通」とは「異常じゃない」ことだ。「スーパー...... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 00時12分

» ボルト [さむこの部屋]
大人気のテレビショーで活躍中のスター犬「ボルト」が迷子になり、アメリカ横断の大冒険を繰り広げるディズニーアニメ(写真はDSゲーム)。 娘と映画館第四弾。 大人でも意外と楽しめるという評判を聞き、久し振りの映画館にわくわくしつつ鑑賞。 しかし、逆に4歳の....... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 21時25分

» 『ボルト』 (DVD) [みゆみゆの徒然日記]
 犬好きとしては、犬が主人公の映画はアニメでもやっぱり気になるので、DVDを借りてきて鑑賞〜。 【あらすじ】ボルト - goo 映画より引用。 ボルトは大好きな少女ペニーのためならたとえ火の中水の中、スーパー・パワーで駆けつけるスーパー・ドッグ。ただし、それはTVドラマの中のこと。ところが、ボルトはすべてを現実だと信じ切っていた。高視聴率を叩き出す迫真の演技を引き出すために、撮影スタジオの外に現実の世界があることを教えられずに育ったのだ。ある日、ハプニングで外の世界に飛び出してしまったボルトは否応... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 22時14分

» ボルト [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ボルト 制作:2008年・アメリカ 監督:バイロン・ハワード、クリス・ウィリアムズ 出演:ジョン・トラヴォルタ、スージー・エスマン、マーク・ウォルトン、マイリー・サイラス あらすじ:アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは……。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 03時14分

» 『ボルト』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ車よりも早く、ヘリを飛び越え、破壊力抜群の吠え声で悪の軍団と闘うスーパードッグのボルト。でも、それはTVドラマの中のお話で・・・。感想アカデミー賞長編アニメ賞ノ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 00時01分

« 「トランスポーター3 アンリミテッド」 やはり「制約」があるほうがおもしろい | トップページ | 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ »