« 「ボルト」 幸せな結婚 | トップページ | 本 「世界は分けてもわからない」 »

2009年8月21日 (金)

「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ

本日公開の本作、今日明日観ると500円ということで早速観てきました。
宇宙をテーマにしたドキュメンタリーだと最近では「ザ・ムーン」がありました。
人類が月へ、宇宙を目指すという点で同じテーマを扱っている二作品ですが、その視点は異なっています。
「ザ・ムーン」は月を目指し、そして月に立った宇宙飛行士にスポットを当てていました。
彼らが月に立った時の気持ち、そしてそこから地球を眺めた時に感じた気持ちというものを、彼らへのインタビューを通じて伝えていました。
それに対し本作「宇宙へ。」は、かなり客観的な視点で語られているドキュメンタリーであったと思います。
そういう意味では、本作にはドラマチックさというものはなく、淡々と語りは続いていきます。
本作品にメッセージ性を期待して観て、退屈と感じた方もいらっしゃるかもしれません。
どちらかというと本作は「記録フィルム」を観る人にわかりやすく編集をしたという作品に見えました。
「ザ・ムーン」の語り口が文系的あるとすれば、「宇宙へ。」は技術屋的と言えるでしょう(本作をIHIがスポンサードしているのは観終わって納得)。
本作では月への道のりが淡々と語られていきます。
チンパンジーの弾道飛行に続き、有人の弾道飛行の実施。
その後ジョン・グレンが地球の周回飛行を行い、続いてエドワード・ホワイトが宇宙遊泳を実施します。
そして二人乗りのジェミニ計画、アポロ計画と続いていきます。
それらは無計画に実施されているのではなく、月に人類を立たせるための技術を蓄積・確立するためにステップ・バイ・ステップで実施されているわけです。
月に行くには一人の乗組員だけでは無理だから、複数の人間でのミッションをまず周回軌道上で試す。
月への着陸、また帰還には、ランデブー技術やドッキング技術が不可欠だからそれをテストする。
月へ立つという目的のためにクリアしなくてはいけない関門を一つ一つ着実に越えていくというのが、これらアメリカの宇宙計画であったのです。
関門の突破は時として失敗もあります。
アポロ1号の火災、本作で触れられていませんでしたが「アポロ13号」のトラブル、またスペースシャトルチャレンジャー号の事故など・・・。
けれどもそれらの失敗も検証し、克服してさらに一歩を踏み出してきたわけです。
これらの計画、そしてその遂行は極めて理性的なプロセスです。
本作が描いているのは人の科学的な理性というものではないかと思いました。
この理性的な検証→実践→検証というサイクル(ビジネスではPlan Do Seeサイクルと言われたりもしますが)を学ばせ教えるには良い教材であるような気がします。
そのため淡々とした感じになるのはやややむを得ないことではないかと考えます。
「私にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」
という言葉は有名なアームストロングの言葉ですが、技術という視点で言えば、何事も小さな事を積み重ねていくしか解決はありません。
その実践→検証の繰り返しを続けることが、大事なことなのです。
一足飛びに答えを求めがちな人もいます。
「1%のひらめきと99%の汗」と言ったのはエジソンです。
ひらめきはとても大事なのですが、それを実現するにはやはりステップ・バイ・ステップで検証をしていく作業が必要なのです。
暗記ばかりで理科は嫌いという子供たちも多いと思いますが、理科や技術というのはそもそも暗記していく学問ではないのです。
そういうことを教える事が大事なような気がします。
本作を学校の授業等で見せるのほうが、単純に教科書を読んでいるよりは、子供たちもよほど興味をもってくれるかもしれません。

「ザ・ムーン」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ボルト」 幸せな結婚 | トップページ | 本 「世界は分けてもわからない」 »

コメント

ひろちゃんさん、こんにちは!

ふふ、ワンコインはこの景気では魅力的ですよねえ。
家族でも負担が少なく観に行けるってことでしょうか。
僕の学校でも映画の上映ありました。
「ガラスのうさぎ」っていう太平洋戦争を描いたお話でした。
戦争の悲惨さを伝えたい意図だったのだと思います。
これはこれで大事なのですけれど、もうすこし未来に目を向けた映画を見せるっていうのもアリだと思うんですけれどね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月29日 (土) 07時15分

はらやんさん、こんばんは☆彡
宇宙にはさほど興味がない私ですがσ(^◇^;)
ワンコインにつられて観に行きました(笑)
ヒルズの1番大きなスクリーンで観ましたので
その映像にただただ驚くばかりで、退屈はしませんでした。ですが、アースのような作品かなあと思って行ったので、ちょっと肩透かしだった感じもありましたσ(^◇^;)
はらやんさんが言われるように、こういう作品
授業で見せてほしいですね^^
そう言えば、私が中学の頃って、学校で行く映画鑑賞
がありました^^(ちなみに、風と共に
去りぬでした・笑)はらやんさんの学校では
なかったですか?話がそれてすみませんσ(^◇^;)

投稿: ひろちゃん | 2009年8月27日 (木) 23時23分

hideakifujiさん、こんにちは!

国際宇宙ステーションについてはアメリカは運用を早めに切り上げたいと考えているようです。
参加各国の講義によって少し延長することになったようですが。
アポロ偽造説みたいなものが真面目に語られているアメリカという国は一般的にはあまり宇宙には関心がないのかもしれません。
ケネディ大統領のような強烈なリーダーシップがない限り、今後宇宙計画が縮小されていくのではとちょっと心配です。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月23日 (日) 05時43分

KLYさん、こんばんは!

BBCもNHKも、広告などでの視聴率を気にしなくていいからか、良質な番組を作りますよね。
スペースシャトルが登場した時はワクワクしましたね。
普通の人ももう少しで宇宙に行けるようになるかも、と思ったりして。
そのスペースシャトルも2012年で退役ですからね・・・。
世界同時不況などもあって、宇宙開発がまた頓挫しなければ良いのですが。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月22日 (土) 18時59分

宇宙の記録映像自体歴史的経緯を積み重ねてきているのですね
これまでの建造物よりとりわけでかい国際宇宙ステーションも現時点で現実に運用されている…

何だか私たちは既にSFの世界に生きているのですね。

宇宙がわかるにつれ、それらに伴う支障も大きくクローズアップされてきつつあります

一般のSF映画 たとえばトータルリコールなど宇宙放射線の影響で遺伝子に影響を受け先天性り障害を持った未来の子供たち…エイリアンシリーズのように純粋に危険なものに対してそれを兵器に転用しようとする未来の企業…2001年宇宙の旅のように、私たちが宇宙の彼方に求めている同胞、それが神のような存在に匹敵する存在だったとしたら私たちは大いに試されることになるだろう、そして私たちは独りぼっちじゃないと言う可能性も…

現実の記録宇宙映画が現実問題として絵空事に映る一般のSF映画に説得力を与える効果をもたらしていると思いました。

しかし一時期アポロ計画は偽者だと言った種類のマスコミ報道があったけど
冷静に考えてあの時代あそこまで膨大な記録映像をあそこまで自然に映っているように見せる偽造技術が果たして地上にあったかどうか
現実の宇宙映像とSF映画の特撮映像には決定的に違いと隔たりがありますね
現実の宇宙映像は取り繕って無い分綺麗な部分と何だからしくない分の両極端に行っていますね。
やはりそれに比べてハリウッドはらしく見せようと演出過多をしていると思う
現実の宇宙映像のティストでSF映画を作ろうとしたのは2001年宇宙の旅くらいですね

投稿: hideakifuji | 2009年8月22日 (土) 18時39分

やっぱ良質なドキュメンタリーを作りますねぇ、BBCは。まさにアメリカ宇宙開発史って感じでした。
私の世代はアポロ計画より前をリアルタイムでは知らないのですけど、スペースシャトルが初めて登場した時の胸の高鳴りやチャレンジャー爆発事故の悲しみは今でもはっきり覚えてます。
ですからドラマチックは映画の中にあるのではなく、私の心の中にありました。
日本人宇宙飛行士も沢山でて、子供たちにとっては私たちの子供時代より宇宙がぐっと身近にはなりましたが、レーガン大統領の言った、実はまだパイオニアなのだということを含めてこの作品を見せてあげて欲しいです。

投稿: KLY | 2009年8月22日 (土) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45991738

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ:

» 「宇宙(そら)へ。(rocketmen)」映画感想 [Wilderlandwandar]
 公開2日間はなんと500円で見られるということで、さっそく見てきました。TOHOシネマのマイルも溜まるし、お徳ですね( [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 00時39分

» 宇宙(そら)へ。 [LOVE Cinemas 調布]
『ディープ・ブルー』、『アース』のイギリスBBCが今度は宇宙をテーマに製作。NASA50周年、人類の月面着陸40周年を記念したドキュメンタリー。NASAの秘蔵映像をふんだんに使ったアメリカの宇宙開発史を振り返った作品と言ってもよいかもしれない。製作総指揮・監督は『ダイアナ ~プリンセス最期の日々~ 』を手掛けたリチャード・デイル。日本語版ナレーションは宮迫博之(雨上がり決死隊)が務める。... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 02時49分

» 宇宙(そら)へ。 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:ROCKET MEN) 【2009年・イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1958年発足当初から全てのプロジェクトの仔細を、16mmカラーフィルムに記録していたNASA=アメリカ航空宇宙局。 撮影されたまま誰の目にも触れずに、文字通り"凍結"されていたNASA50年に及ぶ膨大なオリジナルフィルムに、史上初めてアクセスして作られたドキュメンタリー。 ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で、初めて宇宙を眺めてから400年。 人間の探究心、好奇心、向上心には底が無いですよね。 これはNASAが行って... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 14時24分

» 宇宙(そら)へ。 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:ROCKET MEN公開:イギリス製作国:2009/08/21上映時間:98分鑑賞日:2009/08/21監督:リチャード・デイルナレーション:マイケル・J・レイノルズ日本語版ナレーション:宮迫博之+あらすじ+米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙局....... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 16時44分

» 宇宙(そら)へ。 [Peaceナ、ワタシ!]
- 幾多の尊い命が、その栄光を支えた。- 初日と2日目だけワンコイン(一律500円)で鑑賞できるキャンペーンを実施中! ということで、公開初日の昨日、レイトショーで『宇宙(そら)へ。』を観てきました。 今年で設立50年を迎えたNASA。その設立当初からのプロジェクトフィルムを、イギリスのBBCがドキュメンタリー作品に仕上げたそうです。 記録映画なので、Discovery Channelみたいな雰囲気かなぁ~と思いつつも「500円」という金額と「NASAのオリジナルフィルムに史上初めてアクセ... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 18時44分

» 宇宙へ。(吹替版) [勝手に映画評]
NASA創立50周年、アポロ月面着陸40周年を記念してイギリスBBCがNASAの膨大な記録映像をまとめたドキュメンタリー。NASAはアメリカの政府機関なのに、何で映像化がイギリスのBBCなのか?と言う突っ込みは無し(笑) マーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画、スペースシャトル計画と時代を追ってアメリカの宇宙開発史が振り返られます。もちろん、アポロ1号の悲劇、スペースシャトルチャレンジャーの悲劇、同じくコロンビアの悲劇もきちんと語られています。ですが、もう少しで悲劇になるところだったアポロ13... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 19時40分

» 『宇宙(そら)へ。』(2009)/イギリス [NiceOne!!]
原題:ROCKETMEN監督・脚本・製作総指揮:リチャード・デイル翻訳監修:毛利衛公式サイトはこちら。<Story>打ち上げに失敗したロケットの姿、船内火災、そして飛行士たちの死。予期せぬ事故の凄惨なありさまに言葉を失い、頭を抱える地上職員の緊迫した表情は、宇...... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 20時35分

» 『宇宙へ。』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
NASA設立から50年、人類の月面着陸から40年、という節目に作られたというドキュメンタリー映画。『ディープ・ブルー』と『アース』のスタッフが作ったという触れ込みではあるが、製作がイギリスの国営放送局BBCだというだけで、シリーズ第3弾とかいうわけではない。 またタイトルは、「うちゅうへ」ではなく「そらへ」と読む。 NASAの秘蔵映像を満載ということから、NASAのプロパガンダ映画になっているのかと思いきや、然に非ず。 アポロ13号の事故こそ省かれていたものの、アポロ1号やスペースシャトル... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 21時17分

» 宇宙(そら)へ。 [だらだら無気力ブログ]
『ディープ・ブルー』『アース』に続き、イギリスBBCがアメリカの NASAの50年に及ぶ、宇宙開発への歴史をNASAに眠る オリジナルフィルムをもとに作られたドキュメント映画。... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 01時53分

» 宇宙(そら)へ。 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:ROCKET MEN公開:イギリス製作国:2009/08/21上映時間:98分鑑賞日:2009/08/22監督:リチャード・デイルナレーション:マイケル・J・レイノルズ日本語版ナレーション:宮迫博之+あらすじ+米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙局....... [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 22時48分

» 『宇宙(そら)へ。』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:イギリス映画、リチャード・デイル監督・脚本・製作総指揮。 ≪日本語ナレーション版≫ [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 22時18分

» [映画『宇宙(そら)へ。』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆この作品、公開初日と二日目は500円と言う特別料金で鑑賞できたそうで、故に、私は通常料金を払うのが癪なので、せめてレイトショーで観た。  <ワーナーマイカル・村山>には、お客さんが、私を含めて3人しかいなかった^^;  映画『アース』のBBCスタッフが放つ次なるテーマ「宇宙」のドキュメントらしいが、  『ミーアキャット』も、「『アース』のBBCスタッフが放つ次なるテーマ」がふれこみだったと思う^^;  で、NASAの50周年を記念して作られたらしいが、何故、イギリスの国営放送が、なのであろ... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 00時44分

» ★宇宙(そら)へ。(2009)★ [CinemaCollection]
ROCKETMEN映時間98分製作国イギリス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/08/21ジャンルドキュメンタリー映倫G【解説】米ソの宇宙開発競争に伴い、1958年に設立されたNASA(アメリカ航空宇宙局)。マーキュリー計画からアポロ計画...... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 23時25分

» 宇宙(そら)へ。 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
NASAの宇宙開発は、多くの犠牲の上に成り立つ特権的プロジェクト。いったいなぜ人類はこうまでして宇宙を目指すのか。そこには、未知の領域への挑戦という神々しい情熱と、米ソの軍事目的と領土拡大まで視野に入れた競争意識という下世話な動機が同居していた。そんな人....... [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 00時01分

» 「宇宙(そら)へ。」 [みんなシネマいいのに!]
 NASAのマーキュリー計画→アポロ計画→スペースシャトルの歴史を振り返るドキュ [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 23時21分

» 邦題が誤解を招く作品、宇宙へ [オヤジの映画の見方]
原題『Rocket Men』というこの映画は、邦題が『宇宙へ』となっている。この詩的響きをもつ邦題がこの映画の最大の失点だろう。この映画はロケットともに危険を承知で宇宙へ飛び出した人類の記録とでもいうものだからだ。... [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 14時36分

» 映画:宇宙(そら)へ。 [よしなしごと]
 公開初日の8/21と22はなんとすべての映画館で500円という超低価格設定。記事にするのが遅くなっちゃいましたが、初日の8/21に宇宙(そら)へ。を観てきました。低価格設定にもかかわらず映画館のスタンプカードには押印してくれました。スタンプの値段を考慮すると実質300円未満で観ることができました。  最近、出張だったり、ドラクエにはまっていたり、教習所に通ったりで記事にするのがだいぶ遅くなりました。... [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月) 03時19分

» 『宇宙へ。』 [千の天使がバスケットボールする]
一昨日の夜、帰宅途中で最寄駅から坂をのぼっていくと、黄金色の月がひときわ大きく神々しく輝いていた。 あの遥かかなたにある月面に人類がおりたったのは、今から40年も前の7月20日のことだった。 「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である  That's one small step for a man, one giant leap for mankind」 初めて月面をふんだニール・アームストロング船長の名言は、単にいち国家である米国の重要なアポロ計画の成功以上に、人類全... [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 23時24分

» 宇宙へ。 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『幾多の尊い命が、その栄光を支えた。』  コチラの「宇宙へ。」は、設立50周年を迎えたNASA(アメリカ航空宇宙局)が設立当初から記録していたフィルムを、イギリスのBBCがその膨大な記録映像を編集し、1本の映画にまとめた8/21公開のドキュメンタリー映画なのですが....... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 08時52分

» 宇宙へ [メルブロ]
宇宙へ 278本目 2009-38 上映時間 1時間38分 監督 リチャード・デイル 出演 NASA関係者 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 評価 5点(10点満点)  「ディープ・ブルー」「アース」のイギリスBBCが、NASA50年の歴史を探るドキュメンタリー映画。  過去の作品のよう...... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 12時28分

» 宇宙へ。 [象のロケット]
1957年、ソ連が成功させたスプートニクの打ち上げに危機感を募らせたアメリカは、翌年1958年にNASAを設立。 米ソの宇宙開発競争が幕を開けた。 打ち上げに失敗したロケットの姿、船内火災、飛行士たちの死、初の月面着陸…、全てのプロジェクトを記録していた膨大なNASAのオリジナルフィルムをイギリス公共放送BBCが編集し蘇らせた宇宙ドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 01時37分

« 「ボルト」 幸せな結婚 | トップページ | 本 「世界は分けてもわからない」 »