« 「ココ・シャネル」 自分らしくあれ | トップページ | ブログ3周年 »

2009年8月15日 (土)

「3時10分、決断のとき」 心に誇りを

昨日観た「ココ・シャネル」の会場はおばさま比率が非常に高かったですが、本作「3時10分、決断のとき」はおじさま比率が高かったです。
今時珍しい正統派の西部劇だからでしょうか。
物語も男濃度の高い、骨太なドラマとなっていました。
正直、前半はやや退屈してしまったのですが、ラストは男心がビリビリ痺れるような終わり方でした。

小さな牧場を持っているダン(クリスチャン・ベイル)とその家族は、水がすくない荒れた土地で暮らしているため、生活が苦しく借金を背負っている。
そしてダンは南北戦争で片足をなくしてしまっている傷兵であったのです。
債権者はそんなダンへいやがらせを行いますが、それに対し強く対応しないダンに妻も息子もやや失望のような感情を持っています。
そんなとき彼は逮捕された無法者ウェイド(ラッセル・クロウ)を護送するという仕事を請け負います。
ウェイドは仲間たちを率い、駅馬車などを襲ったりなどの無法を繰り返していた男でした。
相手にももちろん、ドジを踏んだ仲間にも容赦のない血も涙もない人物として恐れられていたのがウェイドです。

ウェイドは護送されているのにも関わらず、余裕綽々といった様子です。
それは仲間たちが助けにくるという自信、そしてダンたちがただの牧場主でいざとなったら気弱になると見下しているようなところもあったのでしょう。
ウェイドは人の善意や信念というものをハナっから信じていません。
生まれの悪さということだけではなく、その根っこには母親に捨てられたという思いが鬱屈してあるのでしょう。
所詮、人は自分のことを守るために、善意や信念など放り投げてしまうものだと。
物語の後半、まさにウェイドの人間観とおりに、大金につられた荒くれ者たちは無法者を護送する者たちに銃を向け、そして守るべき法があるにも関わらず保安官たちは逃げ出します。
護送の依頼者自身も抜け出す中、ダンだけはとどまり最後まで任務を完了しようとします。
ウェイドはダンもいつかは逃げ出すのかと思っていたのでしょう。
けれどもダンは立てこもっているホテルから逃げ出すそぶりすら見せません。
ダンは
「誇れるものなど何もない」
と言います。
ダンは彼の妻や息子たちに、そして自分自身に対しても今まで生きていた中で、自分が誇れるものをもってこれなかった。
けれどもこの護送という任務を成し遂げたとき、それは家族にも自分にも誇れるものとなるであろうと思ったのです。
それは名誉とかそういうものではなく、自分が生を受けて何か残し得たものを持ちたいという気持ちでしょう。
そしてその生き様を自分の子供たちに見せ、理解してもらいたい。
これは男性ならば少なからず共感できることなのではないでしょうか。
ダンが語るのはさきほどの一言くらいです。
それでもウェイドにはその気持ちというものがわかったのではないでしょうか。
なぜなら親から伝えてもらう生き様のようなものこそが、ウェイドが欲していながらも、手に入れることができなかったことであるからです。
ウェイドは自分が護送され刑務所に入れられれば死罪にになってしまうことはわかっていたはずです。
けれども彼はダンに協力するかのように、自ら護送車に向かって疾走します。
彼自身も、ほんとうはダンのように自分が誇りに思うことを受け継ぐ者へ伝えたいと思ったのかもしれません。
駅に向かって走り始めるとき、ダンにも、ウェイドにもそれぞれに決断があったのだと思います。
命に変えても、自分が受け継ぐ者に残していける誇りを持ちたい。
ダンは息子へ、そしてウェイドはダンを通じて、心に誇りを持ちたかったのでしょう。
ラストのウェイドが手にしかけた誇りを失ってしまった時の喪失感、そして怒りみたいなものが激しく伝わってきました。

全編、いわゆるハリウッドチックな派手な見せ方はほとんどなく、非常にストイックな作りとなっていましたが、それがとても男っぽい。
西部劇ですが、ハードボイルドな感じも漂っていました。
演技巧者のラッセル・クロウとクリスチャン・ベールも抑えめの演技ながら、激しく鍔迫り合いをしているような緊張感があり、とても良かったです。
二人とも良く考えてみたら、アメリカ人じゃないんですね。
それでも西部の男がとてもよく似合っていました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ココ・シャネル」 自分らしくあれ | トップページ | ブログ3周年 »

コメント

ななさん、こんにちは!

こちらの作品、公開館も少ないですし、日本で公開されるまで二年もかかっているんですよね。
いい作品なのですから、もっと早く公開してもらいたいものです。
最近では珍しい西部劇ですが、なんか男の生き様みたいなものを見せられてグッときました。
二人ともそれぞれの価値観というのを貫き、そして相手の生き様も認めているという感じがすごく良かったです。
もうラストの駅での銃撃戦と彼らの心情に食い入るように観てしまいました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月 6日 (日) 08時58分

お久しぶりです。
DVDでやっと鑑賞~
英国人俳優とオーストラリア俳優(ニュージーランドだったっけ?)の演じた西部劇。それでもこれ以上ないくらいに二人ともハマっててかっこよかったですね。
ダンの方は最初から最後まで信念をまげないところが魅力でしたが,ウェイドの方は,ダンの生き方に触れるうちに徐々に心境が変化していくのが魅力でした。
この作品のラッセル・クロウは最高にカッコよかったです。

投稿: なな | 2009年12月 5日 (土) 09時54分

ひろちゃんさん、こんばんは!

公開館少ないですけれど、良作でしたよね。
二人の主人公のlキャラクターは深みがあって見応えありました。
脚本も演じている俳優さんも良かったです。
客入りもいいのかちょっと公開館が増えましたね。
こういう良作はいろんな人に観てもらいたいです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月19日 (土) 15時57分

またまたお邪魔致します(^^;
そっか~~ラッセルはオーストラリア、ベイルは
イギリス、確かに二人ともアメリカ人じゃない
(笑)なんですが、演技が上手い二人の主演で
骨太なドラマに仕上がっていましたよね(^_-)-☆

はらやんさんは、最初退屈とのことでしたが(笑)
私は最後から最後までドキドキと緊張(笑)
地味な作りながら、飽きることなく鑑賞できました♪
こう言う作品大好きです!

私が鑑賞した時もおじさま多め(笑)そして
年配のご夫婦も多かったですよ(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2009年9月15日 (火) 23時21分

rose_chocolatさん、こんにちは!

へえ、拍手がでましたかあ。
けっこう共感する方が多いのですね。
自分が誇れるものってあるのかと聞かれると確かに悩みますね。
たぶんそれは実績とかそういうことではなくって、ダンのように自分の中にあるしっかりとした芯のようなものなのかもしれませんね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月23日 (日) 09時55分

自分の生き様に対して、1つでも誇れるものがあるのかって訊かれたら、結構悩む人多いんじゃないでしょうか。
自分の言動に責任持つ人って今、少ないんですよね。
次代に伝えることができる人も少ないかも。 大人として考えさせられちゃいます。 そこが、この映画が絶賛される理由なのかも。
とにかく、普通の映画館の一般の上映で拍手が起こったっていうのは、私は初めてのことでした。
おじさん。。。 そう言えば多めだったかも(笑

投稿: rose_chocolat | 2009年8月22日 (土) 20時41分

ノラネコさん、こんにちは!

確かに子供には自分の生き方っていうのを見せないといけないですからね。
生き方を子供に伝えられた時、生きている意味を感じるのかもしれませんね。
確かに規模は小さすぎですよね。
西部劇ってことだからかもしれませんが、作品の出来としてはいいのでちゃんとやれば人は入りそうな気がします。
主演の二人もネームバリューありますし。
もったいないです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月22日 (土) 07時32分

これは渋い良い映画でした。
おっさんになるのは簡単ですけど、オヤジになるのは、子供に背中を見せなければならないから大変だなあと思ってしまいました。
しかし、映画の出来に対して公開規模小さすぎです。
これは映画ファンに観てもらいたい映画らしい映画ですね。

投稿: ノラネコ | 2009年8月20日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45933202

この記事へのトラックバック一覧です: 「3時10分、決断のとき」 心に誇りを:

» 3時10分、決断のとき/ラッセル・クロウ [カノンな日々]
ラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルの2大スターを主演に描くガンアクション満載の西部劇。リメイク作品らしいんですけどオリジナルの事は全く知りません。予告編は一度しか観てないですけど面白そうだったので観に行ってきました。でもこの二人の主演作品のわりには公....... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 08時00分

» 3時10分、決断のとき /3:10 to YUMA [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 西部劇は苦手、、、、。 二年前トロント行った時に上映してて、こんなふたりの組み合わせでやるんだ〜 とインパクトあるタイトルも印象にあったこれ。 やっと(というか今更?)このたび日本公開が決まった。 監督が『17歳のカルテ』『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』と、 好きな映画ベスト100からはギリギリで入らなかったけど... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 09時34分

» 『3時10分、決断のとき』 3:10 TO YUMA [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
熱い銃撃戦、駆け引き、男のプライド。 牧場主のダン・エヴァンスは、捕まった強盗団のボス、ベン・ウェイドをユマ行き午後3時10分発の列車に乗せるという護送の仕事を引き受ける。西部劇というのは食わず嫌いしてしまうジャンルで、他のクラシック名画は観ても、西部劇は『駅馬車』すらも後回しにしたまんま。もちろん、本作のオリジナル作品である『決断の3時10分』(1957)に興味をもったこともなかった。それがこうやって、実力あるキャスト・スタッフによってリメイクされ、話題性をもって公開されたおかげで、自分も抵... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 21時18分

» 『3時10分、決断のとき』 [INTRO]
『』 / 「3時10分、決断のとき」(原題"3:10 To Yuma")は「何で、この映画が日本で公開されないのだろう?」と思っていた映画の1本だった07年作品。今作の場合は、クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウの主演で評価も高くヒットもしたので日本で公開しないのが不思議だったのだが、ベイル主演の「ターミネーター4」の公開に合わせたらしく、公開が決まった。日本公開が決まる直前に焼いてもらった輸入盤DVDを持っていたが、1回目はスクリーンで...... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 04時15分

» 3時10分、決断のとき [心のままに映画の風景]
狙撃の名手だったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)は、 南北戦争で片足を負傷し、妻と2人の息子とアリゾナで小さな牧場を営みなが... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 17時21分

» 3時10分、決断の時・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
本国公開から2年も経っている上に、上映館は東京23区でたった一館・・・。 まあ今の日本で、渋い西部劇のマーケットなど殆ど存在しないのは分... [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 23時17分

» 『3時10分、決断のとき』(2007)/日本 [NiceOne!!]
原題:3:10TOYUMA監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>妻と二人の息子と暮らす牧場主ダン(クリ...... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 20時33分

» 「3時10分、決断のとき」 [或る日の出来事]
観て、よかった。男泣きですよ、これは。 [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 00時07分

» 「3時10分、決断のとき」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2007年・ライオンズゲート/監督:ジェームズ・マンゴールド) 1957年製作の西部劇「決断の3時10分」(57)の50年ぶり!のリメイク。原作は、「ジャッキー・ブラウン」等でも [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 02時17分

» 3時10分、決断のとき◇3:10 TO YUMA [銅版画制作の日々]
ついに鑑賞!やったあ〜〜 念願の作品「3時10分、決断のとき」を先日鑑賞してきました。ご覧になったブロガーさんたちの評価も高かかった本作。気になっていたんです。22日からのMOVX京都での公開を待ち望んでいた私です。ラッキーなことにスペシャルアート・・・。何とかでポイント貯めていたおかげで無料での鑑賞ジェームズ・マンゴールド監督の念願のリメイク 1953年3月に発表されたエルモア・レナードの短編小説。1957年に映画化され、公開されている『決断の3時10分』。ジェームス・マンゴールド監督は17歳... [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 11時15分

» 3時10分、決断のとき [映画通の部屋]
「3時10分、決断のとき」3:10 TO YUMA/製作:2007年、アメリカ  [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 18時41分

» ラッセルに満足、「3時10分、決断のとき」 [筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ]
{/映画/}ならず者のボス、ウェイド(ラッセル・クロウ)を囚人用電車に乗せるまでの護送を引き受けたダン(クリスチャン・ベイル)。その間、様々な邪魔が入るが……{/映画/}西部開拓時代のガンマンもの。リメイクということだが、オリジナルは未見。要は駅に送り届け...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 16時54分

» 3時10分、決断のとき [Movies 1-800]
3:10 to Yuma (2007年) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ エルモア・レナード作の小説を映画化した1957年作「決断の3時10分」のリメイクで、逮捕された強盗団のボスの護送を引き受けたカウボーイの勇姿を描く西部劇。 基本的にはオリジナルと同じストーリーながら、キャラクター設定の変更やシーンの追加をすることで、オリジナルを越える面白さを生み出し、正にリメイクはこうあるべきという見本のような作品。 西部劇... [続きを読む]

受信: 2009年9月 5日 (土) 00時20分

» 3時10分、決断のとき [Art- Mill]
http://www.310-k.jp/ 「3時10分、決断のとき」(英題: 3:10 TO YUMA) この作品は、50年代の「決断の3時10分」のリメイク作品です。ポスターから西部劇だとわかりましたが、果た [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 22時35分

» 3時10分、決断のとき [5125年映画の旅]
悪名高い強盗団のリーダー、ベン・ウェイドが逮捕された。借金に苦しむ牧場主のダンは、報酬200ドルを条件に、ユタの刑務所行き3時10分発の列車までの護送を引き受ける。しかし、一筋縄ではいかないウェイドの護送に加えて、背後からはウェイドを奪還しようとする強...... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 22時57分

» 3時10分、決断のとき [愛猫レオンとシネマな毎日]
1957年に製作された「決断の3時10分」を再構築してリメイクした作品です。 なんと、西部劇なのです! ほろ馬車、ドンパチ、インディアン・・・ こんな西部劇のイメージを見事に裏切ってくれる深い深い人間ドラマでした。 もぉ~素晴らしかった!!! 今年見た洋画のベスト3以内に入るのは確実です。 これ程の作品は、年に何本かしか巡り会えません。その1本です。 単館系の作品なので、大都市では、もう公開されてて、高い評価でしたので、 それなりに期待して見ました。でも、それ以上だった・・・... [続きを読む]

受信: 2009年10月26日 (月) 23時55分

» 3時10分、決断のとき [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
二人の男の魂の交流を描く往年の西部劇を再映画化。 1957年のオリジナル作品「決断の3時10分」に強く影響を受けたジェームズ・マンゴールド監督が、迫力あるアクションシーンや新たな登場人物などのアレンジを加えて完成させた現代版西部劇。 物語:西部開拓時代...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 19時39分

» 09-238「3時10分、決断のとき」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
父としての誇り  かつては狙撃の名手だったが、南北戦争で片足を負傷し不自由となったダン・エヴァンス。彼は妻と2人の息子と共に、アリゾナで小さな牧場を営みながら暮らしていた。しかし干ばつが続き、借金がかさんで生活は苦しくなる一方だった。  そんなある日、町へ向かったダンは、早撃ちで鳴らした強盗団のボス、ベン・ウェイドが保安官にあっけなく捕まる現場に居合わせる。ウェイドは裁判所のあるユマへ連行されることが決まるが、そのためにはユマ行きの列車が出発する3日後の午後3時10分までに遠く離れたコ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時34分

» 3時10分、決断のとき [虎猫の気まぐれシネマ日記]
アメリカ本国では,2007年に公開された傑作西部劇。第80回のアカデミー賞2部門(作曲賞、音響賞)にもノミネートされている。主演は,まだ太る前のラッセル・クロウと,めずらしく地味なキャラのクリスチャン・ベイル。これは観なくっちゃ!ときは南北戦争後のアメリカアリゾナ州。借金苦の農場主ダン(ベイル)が,... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 09時55分

» 3時10分、決断のとき [映画と本の『たんぽぽ館』]
息子に見せる男の生き様 * * * * * * * * 近頃、西部劇は珍しいですね。 1957年作の「決断の3時10分」リメイク。 アメリカでは2007年に公開されたものなのですが、 日本公開までずいぶん日がたってしまったようです。 中心人物は、悪名高い強盗団のボス、ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)。 それに対して捕らえられたこのベンを護送する役を務める 貧しい牧場主ダン・エヴァンス(クリスチャン・ベール)。 ラッセル・クロウの悪役とは珍しいですが、 こ... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 21時40分

» 「3時10分、決断のとき」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
脈絡のない作品選びが続いてますが、 今回は、久しぶりの西部劇。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 01時56分

» 3時10分、決断のとき [さむこの部屋]
刑務所に連行される強盗団のボスと彼を護送する牧場主との男同士のきずなを描く西部劇。 ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ。 見るつもりなかった映画だけど、評判がいいのと主役2人の共演がやっぱり見たくてレンタル。 見始めてから、ああ、...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 18時36分

» 『3時10分、決断のとき』'07・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ牧場主ダンは駅馬車が襲われる現場を目撃し、保安官に通報。一味の首領・ウエイドは逮捕された。そして、ダンはウエイド護送を買って出るが・・・。感想全米NO1ヒット最... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 09時36分

» 3時10分、決断のとき [こんな映画見ました〜]
『3時10分、決断のとき』---3:10 TO YUMA---2007年(アメリカ)監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリス... [続きを読む]

受信: 2011年1月 7日 (金) 00時03分

» 『3時10分、決断のとき』 [La.La.La]
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:122分  原題:3:10 TO YUMA  配給:ジェネオン・ユニヴァーサル  監督:ジェームズ・マンゴールド  主演:ラッセル・クロウ      クリスチャン・ベイル      ピーター・フォンダ      ベン・フォスター アリゾナで小さな牧場を営むダンは、かつては狙撃の名手だったが南北戦争で片 足を負傷して以来、妻と2人の息子と苦しい生活をおくっていた。そんなある日... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 18時36分

» 3時10分、決断のとき [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。』  コチラの「3時10分、決断のとき」は、2009年のベスト・ムービーにあげているブロガーさんも多かった2007年製作、日本では2009年 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 10時58分

» 『3時10分、決断のとき』 ('10初鑑賞125・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月26日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 18時06分

» 3時10分、決断のとき [♪HAVE A NICE DAY♪]
この作品、8月に上映だったのですがあっと言う間に 1日1回上映となってしまい慌てて9月1日の映画の日に観てきました。 今頃感想なので・・・記憶が飛んでしまっているかも〜〜 いやいやそんなことはありませんわ〜 とっても感動したな〜 見ごたえのある、と〜〜〜〜...... [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 21時00分

» 3時10分、決断のとき [rambling rose]
エルモア・レナードの短編小説を元にした57年の「決断の3時10分」のリメイク。牧場主をクリスチャン・ベイル、強盗団のボスをラッセル・クロウが演じていますが・・ [続きを読む]

受信: 2013年3月16日 (土) 22時00分

« 「ココ・シャネル」 自分らしくあれ | トップページ | ブログ3周年 »