« 「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」 動いてこそ魅力を発揮するデザイン | トップページ | 本 「カラフル」 »

2009年7月 4日 (土)

「いけちゃんとぼく」 ずっと側にいるよ、ずっと側にいたいよ

こういうのには弱い。
それは予告を観た時から、そう思っていたのだけれど、やっぱりうるうるっときちゃいました。

「大きな器に水がたまるには時間がかかる」
劇中で清じいがヨシオのことを称して言った言葉です。
水が一杯にたまった時が、男の子が大人になるときなのでしょう。
ヨシオは毎日のように、いじめっ子にいじめられていました。
けれどヨシオは泣きません。
だからいじめっ子たちはヨシオをいじめるのを止めません。
でもヨシオも決していい子というわけでもありません。
友達にいじわるをしたり、虫を残酷に殺しちゃったりもします。
そんな自分がイヤになっちゃたりもします。
人間というのはいいところもあって、そして悪いところもあって、そして世の中もいいこともあって、悪いこともあって。
いじめっ子のいない理想郷なんて隣町に行ってもあるわけでもなく、でも今いるところもそれほど悪いところでもなく。
大人になっていく間に、そんなふうに世の中っていうのはいろんなところがごちゃまぜになっているということをわかっていくのかもしれません。
そういうのが「普通」であるということを。
でもそんな「普通」な世の中でもちょっとだけでも変えることもできるし、自分もちょっとだけでも変われるってわかることが大人になるってことなのかもしれないです。
でも変えたり、変わったりするのには、やっぱり勇気が必要で。
ヨシオにはずっとそばにいけちゃんがいてくれました。
いけちゃんがずっとそばにいてくれて、強いところも弱いところもいじわるなところも優しいところも、全部ぜんぶ受け入れてくれたから、ヨシオはがんばれたんだよね。
自分を全部受け入れてくれる人がいてくれるっていうのは、とても心強いこと。
そういう人がいてくれるとがんばれる。
晩年のヨシオといけちゃん。
ほんのちょっとしか暮らせなかったけれど、二人は互いに支え、支えられた幸せな時を過ごせたのだろうなというのが伝わってきました。
自分を全部受け入れてくれて、そして自分も相手のことを全部受け入れられて。
ずっと側にいるよ。
ずっと側にいたいよ。
お互いにそう言える人と出会えた、ヨシオといけちゃん。
とっても幸せだったのだろうな。
そういう人と出会えるといいな。

それにしても蒼井優さんは女優さんとしても素晴らしい方ですが、声優としてもピカイチです。
「鉄コン筋クリート」のときもなんて上手なんだろうと思いましたが、本作ではさらに磨きがかかっているような気がしました。
ただヨシオを見守るだけなんだけど、ヨシオのことを深く想っているというのがとてもとても伝わってきました。
ほんと素晴らしかったです。

蒼井優さんが声の出演をしている「鉄コン筋クリート」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」 動いてこそ魅力を発揮するデザイン | トップページ | 本 「カラフル」 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

蒼井優さんは声だけでいろいろ深い表現ができる方ですよね。
はじめは男か女かわからないいけちゃんが段々と女性らしくなっていく変化、子供っぽいかと思っていたら包容力のある女性らしくなっていくところなど微妙な変化をとても上手に表現していたと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月 5日 (土) 10時11分

子供の多面的なところがうまく表されてて、ちくちくいたかったり、ほほえましかったっり。
いい映画でした。
俳優が声優やるのは、なんかなああと思うことが多いのですが、蒼井優ちゃんは、本当にうまいですねえ。
この映画の魅力の一番は、やっぱいけちゃんの声だったような気がします。
あとは小豆洗いでしょうか・・・。

投稿: sakurai | 2009年9月 4日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45538234

この記事へのトラックバック一覧です: 「いけちゃんとぼく」 ずっと側にいるよ、ずっと側にいたいよ:

» いけちゃんとぼく/蒼井優、深澤嵐 [カノンな日々]
主演が蒼井優ちゃんになってるのに予告編に全く姿が観られないと思ったら彼女はCGで描かれる不思議な生き物いけちゃんの声を演じてたんですね。人気漫画家の西原理恵子さんの同名絵本が原作ですが、彼女の作品は一つも読んだことないんですよね。画風は何となく知ってるんで....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 23時31分

» いけちゃんとぼく [LOVE Cinemas 調布]
漫画家・西原理恵子が初めて手掛けた絵本を実写化。主演は最近では『GOEMON』の小平太役が記憶に新しい深澤嵐。というよりむしろ“いけちゃん”の声を蒼井優が演じている方が話題を呼んでいる作品ですね。他にもともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹といった地味ではありますが、中々個性的なキャスト。ちなみに原作者の西原理恵子さんもしっかり劇中に登場しています。 ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 01時42分

» いけちゃんとぼく [そーれりぽーと]
不思議な生物“いけちゃん”と少年の交流を描いたと言いながら、ただそうなわけではないのは予告編で読め読めだけれど、それでも惹かれるものがあって『いけちゃんとぼく』を観てきました。 ★★★★ 癒されるわー。 いけちゃんと少年の交流、少年が成長していく様子を観てると、忘れていた大切なものを思い出させてくれたような気がして、楽しくて嬉しくて仕方がなかった。 そして最後は爽やかに、でもボロボロと泣かせてくれます。 うちの甥っ子もそうだったけど、幼い一人っ子には想像の友達が居たりするので、いけちゃんの存在... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 16時22分

» 試写会「いけちゃんとぼく」 [日々“是”精進!]
いけちゃんとぼく「いけちゃんとぼく」の試写会に行ってきました人気漫画家・西原理恵子が初めて手掛けた感動絵本を実写映画化。フジテレビ系「ザ・ベストハウス123」で、“絶対に泣ける本”第1位を獲得し話題に。主人公の少年ヨシオ役には「子ぎつねヘレン」の深澤嵐...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 16時45分

» いけちゃんとぼく [だらだら無気力ブログ]
漫画家・西原理恵子が手がけた同名絵本を実写映画化。 不思議な生き物・いけちゃんと少年の交流を通じて少年の成長を ファンタジックに描く。 いけちゃんの声は蒼井優が担当。小学生のヨシオのそばには、いつの頃からか“いけちゃん”という謎の生き物 がいた。それはヨシ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 19時50分

» 映画 「いけちゃんとぼく」 [ようこそMr.G]
映画 「いけちゃんとぼく」 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 19時55分

» 「いけちゃんとぼく」 [みんなシネマいいのに!]
 西原理恵子が初めて手掛けた絵本を実写映画化。 少年と彼にしか見えない不思議な生 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 20時53分

» 『いけちゃんとぼく』 ('09初鑑賞82・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 6月20日(土) 三宮シネフェニックス シネマ2にて 19:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 21時24分

» 『いけちゃんとぼく』・・・クライマックスは確かに泣けるのだが [SOARのパストラーレ♪]
ヨシオ(深澤嵐)のそばにいつの頃からか現れるようになったいけちゃん(蒼井優・声)。ヨシオが辛い時、困った時にいつも寄り添い励ましてくれるいけちゃんは、ヨシオにとって大切な存在。 いつまでもいけちゃんと一緒にいられると思っていたヨシオだったが、彼が少年として成長していくにつれいけちゃんの姿が見えなくなってくる。そしてある日、ヨシオはいけちゃんから真実を打ち明けられる。自分はどこから来たのか、なぜヨシオの元に来たのか。そして・・・・自分は誰なのか。... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 23時28分

» レビュー:いけちゃんとぼく [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[現実世界が舞台のファンタジー][少年ドラマ][絵本原作][ドラえもんぽい][実写][邦画][ビスタ] ドラえもんとのび太的関係度:★★★★☆ 少年のケンカ度:★★★☆☆ 監督: 大岡俊彦 出演: 蒼井優、深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、柄....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 23時44分

» いけちゃんとぼく [映画君の毎日]
●ストーリー●いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしお(深澤嵐)と謎の生き物いけちゃん。山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつもよしおのそばに寄り添い彼を見守っていた。やがて、よしおが成長... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 00時24分

» [『いけちゃんとぼく』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「いけちゃんとぼく」□監督・脚本 大岡俊彦 □原作 西原理恵子(「いけちゃんとぼく」角川書店) □キャスト 蒼井優(いけちゃんの声)、深澤 嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、岡村隆史、吉行和子■鑑賞日 6月20日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人生の終近くに最愛の人に出会えたとしたら、きっと誰しもその人と出会う前の生きてきた足跡を辿ってみたいと思うに違いない。 それはどんな形のみちであれ、敬... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 08時23分

» 【いけちゃんとぼく】 [日々のつぶやき]
監督:大岡俊彦 出演:深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、蓮佛美沙子、吉行和子、蒼井優   忘れないでね 好きだと必ず 帰ってこられるの。 「よしおとよしおにだけ見える不思議な生物いけちゃんは、いつの頃からかいつも一緒。 いじめられた時も... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 12時53分

» *いけちゃんとぼく* [Cartouche]
{{{   ***STORY***            2009年  日本 いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしおと謎の生き物いけちゃん。山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつもよしおのそばに寄り添い彼を見守っていた。やがて、よしおが成長して少年時代が終わろうとするころ、いけちゃんの姿が見えなくなってしまう。とうとう最後の日にいけちゃんはヨシオにある事を打ち明ける…。                          ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 23時27分

» 【映画評】いけちゃんとぼく [未完の映画評]
不思議な存在“いけちゃん”に見守られる少年がたくましく育っていくファンタジー成長記。 [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 02時11分

» 「いけちゃんとぼく 」誰でもかつては“いけちゃん”と話していた [soramove]
「いけちゃんとぼく 」★★★☆ 深澤嵐 、ともさかりえ 主演、蒼井優 声の出演 大岡俊彦 監督、2009年、107分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい ラストはちょっと切ない 「主人公のよしおには “いけちゃん”という彼にだけしか見えない 秘密の友達がいた、 小学生のよしおに寄り添うように “いけちゃん”は一緒に笑ったり... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 22時06分

» 〜『いけちゃんとぼく』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:日本映画、西原理恵子原作&出演、大岡俊彦監督&脚本、深澤嵐、ともさかりえ共演、蒼井優がいけちゃんの声を担当しています。 [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 22時18分

» いけちゃんとぼく [5125年映画の旅]
小学生のヨシオには、他人には見えない不思議な友達・いけちゃんがいた。いけちゃんは物心ついた頃からヨシオと一緒にいるが、その正体は全く解からない。妙に達観したものの見方をするヨシオだったが、その中身はまだまだ子供。しかし、少しずつ大人への道を歩んでいく事....... [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 07時56分

» いけちゃんとぼく [迷宮映画館]
蒼井優の声が、とってもはまってた。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 08時13分

» 『いけちゃんとぼく』 (2009) [よーじっくのここちいい空間]
この映画の少年と大人の女性の間の「行ったり来たり感」が、やけに心地よくていいんだよね。でも、やっぱり最後は男は負けちゃうんだけれど・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 21時20分

» いけちゃんとぼく [象のロケット]
9歳のヨシオにしか見えない“いけちゃん”は、色も形も変幻自在のプヨプヨした不思議ないきもの。 どんなときもそばにいてくれて、ひとりのお風呂やトイレが怖くないように見張っていてもくれる。 「いつまでもそばにいられないから。 ともだちを見つけて、早く、ゆっくり大人になってね。」と言ういけちゃんはどこからきたのか、なぜいつもそばにいるのか…? ラブ・ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 23時47分

» いけちゃんとぼく (2009) 107分 [極私的映画論+α]
 あなたには「いけちゃん」いましたか?(笑) [続きを読む]

受信: 2013年11月10日 (日) 21時10分

« 「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」 動いてこそ魅力を発揮するデザイン | トップページ | 本 「カラフル」 »