« 「劔岳 点の記」 仲間たち | トップページ | 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える »

2009年7月11日 (土)

「ノウイング」 狙いが見えない

ニコラス・ケイジってなんだかこういうSF要素の入っているタイプの作品が好きですね。
そしてそれらの作品の出来は中途半端という感じのものが多いのですが、これは作品を見る目がないのか、それとも本人がこういうのが好きなのか・・・。

<激しくネタバレしております>

50年前に埋められたタイムカプセル。
その中には数字がびっしりと書き込まれた一枚の紙が入っていた。
その数字とは、埋められた当時から見ると未来の出来事であるはずの事故や惨事が起こった日時、死亡者数、そして位置を表すものでした。
それは未来予知なのか。
そしてその紙の最後には日時の後に「EE」の文字が・・・。
それは「Everyone Else」、すべての人類という意味でした。

とても中途半端な印象が残った作品でした。
いろんな人のいろんな意見を聞きすぎて、狙いが見えない作品に仕上がってしまったいう印象です。
出だしの何を表しているかわからない数字の謎、子供たちにしか聞こえないささやき声というのは、ナイト・シャマラン作品とかテレビドラマ「LOST」のような趣も感じました。
しかしその意味はあっさりとわかり、その後は今までも幾多の作品で描かれた人類の滅亡へのプロセスを描きます。
地球破滅への過程の中で多少なりとも親子のドラマ的な要素もあるのですがそれほど丁寧に描いているわけではないので、ラストの別れの場面はまったく感情的にこみ上げてくるものがありません。
このあたりの親子というテーマについてはスピルバーグの「宇宙戦争」の方がよほどぐっとくるところがあります。
地球破滅の原因も太陽のスーパーフレアという現象であり、この現象と予言で書かれている惨事についてはまったく関係がありません。
惨事についての記述は人類滅亡の予言の信憑性を高めるというだけの役割しか担っていないのです。
そして最後のささやく声の正体に至ってはあまりにも陳腐すぎて、苦笑してしまうほど。
なぜささやき声は選ばれた者にしか聞こえないのか?
どういう理由で選ばれたのか?
なぜ宇宙人(?)は未来の出来事を予見できるのか?
50年も前に起こることがわかっているのなら、なぜ人類に教えないのか?
人類を救う価値がないと思うなら、なぜ人を選ぶのか?
突っ込みどころは満載です。
実は提示した謎について作品中で説明する義務はありません。
けれどそれはその謎が作品のテーマでない限りです。
スピルバーグの「宇宙戦争」は何故火星人が地球を襲うのかを説明していないというようなことが言われていたと思います。
けれどもあの作品は親子のドラマに焦点をあてるためにあえて余計な要素をいれずに、あの親子の視点だけで通したのです。
また逆に「シックス・センス」などのシャマラン監督作品は最後にその謎が一気に解ける焦点をもってきます。
それはその謎こそが作品のテーマだからです。
テーマという点では全く違いますが、「宇宙戦争」にせよ「シックス・センス」せよ、狙いは明確であると思います。
そういう作品と比べると、本作は様々な点において中途半端さを感じてしまいます。
何がしたいのかという「狙い」がよくわからない作品に仕上がっているのです。

僕は仕事でデザインをしているのですが、商品開発に関わっているとうまくいく商品といかない商品というのが段々とわかってきます。
うまくいく商品は実現するベネフィットがシンプルで明確。
うまくいかない商品は一見複数ベネフィットがあって便利そうに見えるけれども、実はとてもわかりにくい。
狙い(コンセプト)がよく伝わりにくいのです。
こういう商品の開発過程はいろんな人がいろんな意見を言ってまとまらないケースだったりするものです。
本作にも同じような臭いを感じてしまったのです。
映画は多くの人が関わる事業であり、プロデューサーなり、監督なりが強いリーダーシップを発揮しなくてはまとまらないと思います。
本作ではそのような強いリーダーシップが発揮されているように見えない、狙いがよくわからない作品になってしまっているように感じました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「劔岳 点の記」 仲間たち | トップページ | 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える »

コメント

アダムさん、こんにちは!

この物語で描かれている「創世記」のモダン的な解釈こそが、あまりに使い古されていて陳腐な印象を受けました。
数あるトンデモ系の聖書解釈の一つといった感じがします。
その解釈自体をどうこう言うつもりはないですが、やはり物語として魅力がないのは「創世記」を知っているかいないかではないように思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年5月 1日 (土) 14時37分

 これはストーリーの濃さとかそうゆう問題ではないような気がします。
 旧約聖書の創世記、ノアの方舟に話が似ていると思うのですが。かの話を映画として現代的に描いているものと思います。ただ面白いのは、主人公とその父である牧師が一緒になって最期を迎えるということは、科学と神を否定かもしくは懐疑することを意味し、謎の高度に発達した宇宙人に人類が救われるところにモダン的要素があると思います。
 そもそも創世記を知らないとこの映画はただの中途半端なパニックものでしかなくなるでしょう。 
 映画を面白くするのは自分自身であると思います。

投稿: アダム | 2010年5月 1日 (土) 11時47分

ナドレックさん、こんばんは!

半村良さんの「収穫」は読んでいないのでなんとも言えないのですが・・・。
宇宙人は何故に人類を家畜化、もしくは保護するのかということがやはり疑問になります。
何か彼らにメリットがないとやらないと思ったりします。
彼らが人類を作ったのかもしれないですが、そのあたりはなんら触れられていないのでやはり推測の域をでません。
本作はどちらかというとやってみたいビジュアルを積み重ねて作っていったという感じがしています。
あまりテーマ性というのは考えていなかったのではないかなと思います。
そのためやや無理が出てくるようなストーリーになってしまったような気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月16日 (日) 19時21分

TBありがとうございます。
はらやんさんが幾つか疑問を呈しらおられますが、劇中の「リセット」という台詞がポイントでしょうね。
本作は、わりと古典的な人類家畜テーマの作品なので、「宇宙人が人類を救いに来た」と捉えると判らなくなってしまうと思います。
半村良の短編小説『収穫』の真逆のパターンと言えるのではないでしょうか。

投稿: ナドレック | 2009年8月16日 (日) 10時42分

maru♪さん、こんばんは!

確かにゲームみたいというのはわかりますね。
パンフレットでは小説家の鈴木光司さんが解説を書いていて、自分の作品と共通しているところがあるというようなことを言っていました。
「リング」の三部作などもコンピューターの中の人工生命のことを書いてましたが、確かに本作と同じような考えを感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月18日 (土) 20時17分

こんばんわ♪

確かに狙いが分からないですよね!
そもそも、彼らが"神"なのだとしたら、
なぜあんなに高度な文明を持っているのに、
彼らより遅れている人類を作る必要があるのか?

これはゲームなのかなとも思いました。
現代人は簡単にリセットしてゲームの中の人物や、
生き物を殺しているけれど、
それはこういうことなんですよと・・・

考えすぎですかね(笑)

投稿: maru♪ | 2009年7月15日 (水) 01時33分

sakuraiさん、こんばんは!

楽な道を選んでしまった感じがありましたねえ。
もう少し辻褄があっていると良かったのですが、ちょっと興ざめしてしまいました。
飛行機の墜落シーン、あれば予告で見せちゃだめですね。
自動車事故かと思ったら、飛行機の墜落だった!っていうとこですから。
配給会社もちょっと考えればいいのに。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月13日 (月) 17時01分

とりあえず、お父さんと仲直りできてよかったね!という、宇宙人の50年かけて、壮大に親子ケンかの仲直り物語・・に見えました、はい。
話は、予告でもがんがん言ってたので、容易に想像がつきましたが、楽な道を選んで書いた脚本・・・に感じます。
あの事故の映像は凄かった・・・。
思わず、顔よけてましたよ。

投稿: sakurai | 2009年7月13日 (月) 10時38分

えふさん、こんばんは!

ほんとあの予言はなんのためだったのでしょう・・・。
ミスリードというよりは、謎の投げっぱなしな感じがしてしまいました。
いまいち何をやりたかったのはわかりませんでした。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月12日 (日) 20時52分

おっしゃるとおり、
狙いが見えなくこまりました(苦笑)
そもそもあの50年も前の預言と
今回の惨事がとー繋がるのか?
意味不明でした。
たくさんの方が、
映像が凄い!というだけあって、
もったなかったです。。。

投稿: えふ | 2009年7月12日 (日) 20時38分

たいむさん、こんにちは!

欲張りすぎてましたねー。
欲張ってももう少し緻密ならいいのですけれど、基本的に詰めが甘い感じがしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月12日 (日) 15時56分

はやらんさん、こんにちは
いろいろ無理のある物語でしたね。
欲張り過ぎ(笑)

スーパーフレアは一瞬でも、太陽の異変とか予兆が数か月だなんてないでしょうし、ムリムリこじ付けなくてもねぇ。。って感じでした。


投稿: たいむ | 2009年7月12日 (日) 09時07分

ひろちゃんさん、こんにちは!

たぶんニコラス・ケイジはこういうの好きなんだと思います〜(笑)。
個人的には前半のシャマラン風ので押し通してくれたら良かったのに、と思いました。
途中から別の作品みたくなっていきましたよね。
やはりやりたいことがいまいち見えなかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月12日 (日) 06時23分

ノラネコさん、こんにちは!

うーん、旧約聖書的な終末論を感じないわけではありませんが・・・
旧約では救われる者は(神を)信じている者という構図があったように思います。
けれども本作においては、救われた者がなぜ選ばれた者なのかという説明がないので、そのあたりの納得性が感じられませんでした。
作中の引用ですら、一部を残して人類が死滅するということのみが九通しているからという点のみにおいてだけで、引っ張ってきているような感じを受けました。
やはり何が描きたかったのかよくわかりません・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月12日 (日) 05時56分

はらやんさん、こんばんは^^
本当にニコラスの最近の作品はイマイチなものが
多いですよね(^^ゞ本人がこう言うの好きなのでしょうか?
それとも来る物拒まずの出演でしょうか?(笑)

期待していなかった分、スリリングな展開に
前半は意外と面白いかも?と思って観てもいたのですが、
ラストで一気に興ざめしてしまいました(^^ゞ

はらやんさんが書かれていますように、ツッコミ
どころ満載ですよね・・・

ニコラスと息子、ニコラスと父親の親子愛を描きたいとしたら、
それも中途半端でしたよね・・・
なので、本来の私なら(笑)号泣しそうなシーンでも
感動できませんでした(^^ゞ

またまたイマイチになってしまったニコラスの作品でした(ーー;)

投稿: ひろちゃん | 2009年7月12日 (日) 01時25分

KLYさん、こんばんは!

僕も筋が通っているなら、全然いいんですけれど、筋がどうにも通っていないような気がしました。
何故宇宙人(?)は七面倒くさい予言などということをしているのかが、よくわかりませんでした。
ささやきなどで語りかけられるなら、救いたい本人だけにささやけばいいし。
予言を解ける知恵を持っている人を救いたいなら、ジョンを救うべきだし。
無垢なこどもだけを救いたいなら、予言などせずさらっていけばいいし。
やっぱり破綻している気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月11日 (土) 23時50分

こんばんは。
ニコラス・ケイジのSFというだけで最近はヤバイ香りがしてしまいます(笑
私はこの映画、シンプルはシンプルだと思うんです。
簡単に言えば、これは映画でも引用されていた旧約聖書のエゼキエル書のSF的映画化で、それにプロヤスのものか脚本家のものかはわかりませんが、作り手の宗教観が強烈にプラスされている。
ただ、決定論という物語の核が、人間の自由意志を描く物語と言う表現を自己否定してしまっているので、全体に色々な矛盾を感じさせてしまっているのではないでしょうかね。
テーマを描くのに、それに一番相応しくない道具を選んでしまったと言う。
まあ宗教SFという日本では有り得ないジャンルの珍作であることは間違いないでしょう。

投稿: ノラネコ | 2009年7月11日 (土) 23時31分

同じ人が脚本を書いたのか疑問です。宇宙人オチは個人的に大嫌いなんですが、それでも話の筋が通っているならアリだとは思います。
ですが今回はそれじゃ数字の謎はいったいなんだったの?大惨事を私たちに見せたのって単なる予言が当たることを見せたいだけなの?とか、其れまでの流れを全く無に帰していると思うんですよ。
しかもスーパーフレアに関して海洋局?は既に解ってるだろうって…。主人公が知らないのって…orz
映像の迫力は素直に素晴らしいと思うんですが、あとはちょっと駄目でした。

投稿: KLY | 2009年7月11日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45600751

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノウイング」 狙いが見えない:

» ノウイング [LOVE Cinemas 調布]
ニコラス・ケイジ主演最新作。監督は『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス。共演は『28週後...』のローズ・バーン。飛行機の墜落事故、謎の数列…あの予告編を観る限りディザスタームービーでありながら、なにやら深い秘密を秘めていそうな魅力を感じたのでした。まあ魅力を感じなくてもニコラス主演作品はそれだけで全部観ると決めているのですが。(笑)... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 21時28分

» ノウイング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ブログをはじめてから劇場鑑賞したニコラス・ケイジの映画、『ゴーストライダー』『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』『NEXT』は、どれも個人的には期待ハズレだったので、期待せずに鑑賞―【story】50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてきた過去の惨事と、これから先の未来に起こる災難を予... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 23時32分

» ノウイング [だらだら無気力ブログ]
50年前のタイムカプセルから出てきた一枚の紙に書かれた内容から、 重大な事実に気づいた大学教授がそれを回避しようと奔走する様を 描いたディザスタームービー。 監督は『アイ・ロボット』のアレックス・プロヤスで主演の大学教授を ニコラス・ケイジが努める。マサチュ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 23時46分

» ノウイング KNOWING [映画君の毎日]
●ストーリー●50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてき... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 00時21分

» ★ノウイング(2009)★ [CinemaCollection]
KNOWING人類は「知る」−未来はすでに通達されていることを。上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/07/10ジャンルサスペンス/SF【解説】ニコラス・ケイジ主演で放つ驚異のディザスター・パニック・サスペンス。50年前のタイムカプセル...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 00時25分

» 劇場鑑賞「ノウイング」 [日々“是”精進!]
ノウイング「ノウイング」を鑑賞してきましたニコラス・ケイジ主演で放つ驚異のディザスター・パニック・サスペンス。50年前のタイムカプセルに収められていた一枚の紙が、その後に起きた大惨事を正確に予知していたことに気づき、そこに示されたこれから起こる惨事の回...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 06時57分

» ノウイング [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『地球消滅 その時、人類は何を残せるだろうか。 人類は「知る」─ 未来はすでに通達されていることを。』  コチラの「ノウイング」は、ニコラス・ケイジが人類滅亡の予言に立ち向かう7/10公開のディザスター・パニックSFなのですが、公開初日に早速レイトショーで....... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 07時51分

» 「ノウイング」みた。 [たいむのひとりごと]
「これってもしかして、ホラー映画だった?」と一瞬焦ったけれどそういうことでもなく、でも、ゾワゾワっと鳥肌が立ってしまうところも何度か。それでいて苦笑いせざる得ない強引さだったりお約束が満載で、「なんだ... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 08時55分

» ノウイング/Knowing [いい加減社長の日記]
金曜日のレイトショーで、「ノウイング 」を鑑賞。 予告編で、飛行機の墜落シーンが印象的で、どういう展開なのかが気になっていた作品。 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーにしては多めかな。 「ノウイング 」は、大きめのスクリーンで... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 09時20分

» ノウイング/ニコラス・ケイジ [カノンな日々]
実のところここ何年かニコラス・ケイジ主演作でこれぞという作品には出会えてないんだけど、それでもやっぱりニコラス主演の映画となると何だか期待して観に行っちゃうんですよね。予告編の映像はなかなか面白そうな感じでしたけど、あまり期待値は上げ過ぎずに観ることにし....... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 10時10分

» 『ノウイング』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----世界の終わりか……。 フォーンには、ちょっと想像がつかないけど、 えいは、偶然にも昨夜、 そういう夢を見たんだって。 だから、あんなにうなされていたんだ。 いやあ、同じ悪夢にしても、それはスケールが大きい。 いつもは、もっとちまちました夢のはずなのに…。 心のどこかに、 今日はこの映画『ノウイング』を喋るってのがあったんだろうニャあ。 だけど、どうしてこんなにも ハリウッド映画には、ディザスターっていうのか、 地球が終わるよっていう映画が多いんだろう。 しかも、みんなほんとよく観に行くよね... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 10時13分

» ノウイング [Akira's VOICE]
警告に耳を傾けよう。   [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 12時35分

» [映画][劇場公開]ノウイング 79点 [さとうれおはオレだけか]
導入が上手く数字の謎が徐々に解けていって絶望的な気分になる。 まあ前半は完璧に近い出来。ただ事故二つだけでディザスター・ムービー超大作を名乗るのは疑問。 後半は予告ではわからないように出来ていて細心の注意を払ってネタバレを避けた甲斐があった暴走っぷり。 ボ... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 14時20分

» ノーイング [Addict allcinema 映画レビュー]
地球消滅 その時、人類は何を残せるだろうか。 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 17時22分

» ノウイング [勝手に映画評]
50年前に埋められた小学校のタイムカプセル。一つだけ不思議な数列が書かれたモノがあったが、それは、過去50年間の惨事の日時と犠牲者数を示した数字だった・・・。 ディザスタームービー or パニックムービーかと思って見ると外されます。SFムービーです。って言うか、結末は正直「エーーーッ!!」と言う感じです。そう言う終わり方ってアリですか・・・。これじゃぁ、安モンのC級映画です(泣)。 ディザスタームービーの要素も入っているので災害シーンが結構ありますが、人が撥ねられたり、炎に巻かれたりするシーンが... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 17時43分

» 映画「ノウイング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Knowing 確かにこの結末には驚いちゃうかもしれない、空から得体の知れないものが舞い降りてくるあたりからこの映画って何だっけと思わされずにはいられない~ なぜ1959年なのかは分からないけど、映画の始まりは創立記念日を迎えたとある小学校でのタイムカプセ... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 19時55分

» ノウイング [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009/アメリカ監督:アレックス・プロヤス出演:ニコラス・ケイジ    ローズ・バーン    チャンドラー・カンタベリー    ララ・ロビンソン    ベン・メンデルソーン... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 20時32分

» ノウイング/ KNOWING [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ここんとこのニコ主演作、mig的ラジー候補やラジー獲得ばかりでうーんな感じ 今回も予告篇観てやばそうって覚悟して観た.....  せいか思ったより楽しめたかなー。 ちょっと早く試写で鑑賞。 これまでも何度も映画でテーマとなっている「地球滅亡」を描く、いわゆるディザスタームービー。 またまた主演が地球を救ったりするのか?... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 22時16分

» *ノウイング* [Cartouche]
{{{ 大学で宇宙物理学を教えているジョンは、ある日、小学生の息子ケレイブが持ち帰った紙に書かれた数字に目を留める。そこには過去に起きた大惨事の日付と犠牲者の数が書かれていたのだ。しかもそれは、50年前に小学校に埋められたタイムカプセルから出てきたものだった。やがて数字に予告された日付に大事故が起きる。さらに数字の最後には、人類がかつて遭遇したことがない大惨事が待っていた…。                                              }}} この手の作品..... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 00時03分

» 「ノウイング」 [かいコ。の気ままに生活]
アレックス・プロヤス監督 ディザスター・ムービー超大作。「ノウイング」公式サイトある重大な事実を知った教授と息子による愛と勇気のドラマ。名古屋限定ポスター中日ドラゴンズキャラクター ドアラ・・主人に「のろing」とイヤミ言われながら鑑賞ー英語ダメなもんでk...... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 00時25分

» 「ノウイング」 [みんなシネマいいのに!]
 髪形そのものが最大の特撮と言われているニコラス・ケイジの新作! 50年前のタイ [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 00時57分

» ノウイング [ともやの映画大好きっ!]
(原題:KNOWING) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 小学校で掘り起こされた50年前のタイプカプセルの中に、50年の間に実際に起こった大事故や大災害を正確に予言していた紙片を発見した男が、その予言に記されたこれから起こる悲劇を食い止めようと奔走するSFスリラー。 1959年。マサチューセッツ州で一つの小学校が開校する。これを記念して、児童たちは50年後の未来を予想した絵を描き、それをタイムカプセルに入れる。しかし、寡黙な少女ルシンダ・エンブリー(ララ・ロビンソン)だけは、絵... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 01時16分

» レビュー:ノウイング [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[SF][オカルト][ディザスター][サスペンス][実写][洋画][スコープ] 映像の良さ:★★★★☆ 監督: アレックス・プロヤス 出演: ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー 配給: 東宝東和 ある小学校で掘り起こされた50年前の....... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 13時08分

» ノウイング [そーれりぽーと]
ニコちゃんの映画に期待は出来ないけど、大袈裟な予告が気になっていた『ノウイング』を観てきました。 ★★ ディザスタームービーにオカルトを交えたストーリーも、予告編で全てネタバレ。 前知識のせいで観初めて数分でオチまで読めてしまう。 でも、この映画のみどころはストーリーじゃなくて映像。 でも、その映像が酷い、酷過ぎる。 何が酷いってリアル過ぎる災害の数々の描き方。 9.11の喪が明けたら何を描いても良いのか? 飛行機事故では人々が燃えながら逃げまとい、巨大な電車の突進には成す術も無く押し潰されて消... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 15時34分

» 「ノウイング」★★★☆ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
'09年製作 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソンほか 50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こした小学校。大学教授ジョン(ニコラス)の息子が引き当てた手紙には、意味不...... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 21時53分

» ノウイング [たにぐちまさひろWEBLOG]
“マルで囲っていない数字には何の意味もない。自分の思うように解釈するからだ。” ニコラス・ケイジ主演のディザスタームービー“ノウイング”を観てきました。(H21.7.11(土)福井コロナシネマワールド)(原題:Knowing)小学校の創立記念日に50年前に埋められたタイムカプセルが開かれる。 宇宙物理学者ジョン・ケストラーの息子ケイレブは、タイムカプセルの中に入っていた1枚のメモを持ち帰るが、ジョンはそのメモに羅列された数字が過去50年間に起こった大惨事の日付と犠牲者数に合致することに気づき... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 23時04分

» 『ノウイング』・・・選ばれし子供たちに託された未来 [SOARのパストラーレ♪]
とにかく唖然。勘のいい方ならこのラストは想像に難くないのかもしれないが、少々鈍い私にはまさしく唖然のラストだった。 [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 23時31分

» ノウイング☆独り言 [黒猫のうたた寝]
50年前のタイムカプセルの中に入っていた1通の手紙…中には数字がぎっしり書き込まれていた。手にしたのは宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブその数列の謎をひょんなことから解いてしまったジョンそれは50年前に書かれた、その時からこれから起こる惨劇を予言したしたメッセー... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 00時44分

» 映画 【ノウイング】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ノウイング」 『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督によるディザスター・ムービー。 おはなし:50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)がその数列を解析すると・・・・。 人類滅亡モノ、地球壊滅モノって毎年のように製作されていて、つい半年前もキアヌ・リーブスの『地球が静止する日』でガッカリしたばかり。 本作にもそれほど期待はしていなかったのですが、わりと面白かったです... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 17時56分

» ノウイング [Diarydiary! ]
《ノウイング》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - KNOWING 50年前 [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 20時43分

» 『ノウイング』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ノウイング』を観ました『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー超大作です>>『ノウイング』関連原題: KNOWINGジャンル: サスペンス/SF上映時間: 122分製作国: 2009年・アメリカ監督・製作:アレックス・プロヤス出演: ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 22時42分

» 「ノウイング(KNOWING)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ニコラス・ケイジ主演で、『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー、「ノウイング(KNOW [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 00時59分

» ノウイング [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
地球消滅!!人類は知る__未来はすでに通達されていることを。その時、何を残せるのだろうか。地球上で起こるすべての大惨事が、偶然でないとしたら・・・。 物語:50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こす記念式典が小学校で催され、収められていた当時の生徒...... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 01時36分

» 『ノウイング』 [・*・ etoile ・*・]
'09.06.29 『ノウイング』(試写会)@ヤクルトホール こちらもyaplogで当選。ありがとうございます! SF映画ってそんなに好んで見るほうではないけれど、見てみようと思ったのは主演がニコラス・ケイジだから。MJことみうらじゅんがやたらとニコラス・ケイジに注目していた時期があって、その影響だと思うけどニコラス・ケイジを見ると「クスッ(笑)」となってしまう。顔を見なくても字面だけでも笑ってしまう。何故だろう(笑) 関係ないけどMJによると日本名は日光羅酢慶次だそう。 ※ややネタバレ... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 01時39分

» ノウイング★KNOWING [銅版画制作の日々]
 人類は「知る」ーーーーー未来はすでに通達されていることを。 久しぶりに映画を二本鑑賞してきました。その1本目が本作「ノウイング」。主演は、ニコラス・ケイジ。実は彼の作品は過去に1本だけしか観ていません。どちらかと言えば、お気に入りの俳優さんではないのですが。だから今回も観ようか?どうしようか?迷っていたのです。そこで事前に他のブロガーさんの記事をチェック。すると意外に良さそうな感じなのでスルーせず観ることにしました。 結末から言うと、やはり悲しいのかな?それとも希望の持てるものなのかな?何か複... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 01時34分

» ノウイングみた!! [★ Shaberiba ]
地球消滅?それは自然災害?侵略?それとも・・運命なのか〜!? [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 23時37分

» ノウイング [5125年映画の旅]
大学教授のジョンは、息子の学校に埋められていたタイムカプセルに入っていた謎の数字の羅列に興味を抱く。その数字の羅列は、過去50年間の大惨事の日付と死者数を預言したものだった。解読を進める中で、近い将来にあと3回、大惨事が起きる事を知ったジョンは、なんと....... [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 07時44分

» 『ノウイング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ノウイング」□監督 アレックス・プロヤス □脚本 ジュリエット・スノードン、ライン・ダグラス・ピアソン、スタイルズ・ホワイト □キャスト ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン、ナディア・タウンゼンド ■鑑賞日 7月13日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想> 未来予知と人類滅亡。 そんなテーマは今までにもたくさんあった。 何番煎じと言えばいい... [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 12時18分

» ノウイング [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ノウイング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.0/10点満点 2009年67本目(62作品)です。 2009年に入って半年余りでついに昨年の鑑賞本数を超えました!! 何度も言いますが、こんなに早く記録を更新するとは思わなかったので、ビッ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 15時45分

» ノウイング [2009 映画観てきましたっ!]
今日から公開だと思っていたら 昨日金曜日が初日だったのですね・・・ と、いうことで 公開2日目 朝一で 観てきましたっ! [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 22時09分

» ★「ノウイング」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
毎月14日は「TOHOシネマズ・デー」で1本1000円の日なので、 まとめて4本観てきました・・・「ららぽーと横浜」で。 その3本目。 こちらは最近流行の「デジタル上映版」で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 01時54分

» ★ 『ノウイング』 [映画の感想文日記]
2009年。アメリカ。Knowing.   アレックス・プロヤス監督・製作。  定期的に訪れるニコラス・ケイジの季節がやってきた。シリアスな表情をしながらギャグをぶちかます俳優としては右に出る者がいない... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 11時46分

» 『ノウイング』 ('09初鑑賞90・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 7月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 20時24分

» 「ノウイング」予言されていた大惨事、ラストはやっぱりアレだ。 [soramove]
「ノウイング」★★★ ニコラス・ケイジ 、ローズ・バーン 、チャンドラー・カンタベリー 主演 アレックス・プロヤス 監督、2008年、122分 、アメリカ                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「50年振りに取り出されたタイムカプセル、 小学生の手紙のひとつは 数字だけの奇妙なものだったが、 それが世界の大惨事と符合することを 発見し... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 12時45分

» ノウイング [Peaceナ、ワタシ!]
- その時、人類は何を残せるだろうか。 - 週末、レイトショーで『ノウイング』を観てきました。 映画館で宣伝を観た時から、暗号のような数列と飛行機事故、地球の映像と世紀末的な雰囲気が、妙に気になっていたんですよね…主演はニコラス・ケイジだし…。 『ターミネーター4』でも感じたのですが、これは「魂の救済」の物語ですね。SF映画は嫌いではないの(むしろ好きな方かも)ですが、「予言もの」(未来を描いているもの)となると、キリスト教が少なからず関連してくるのかな~と。私は聖書はそんなに詳しくないの... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 13時42分

» ノウイング [りらの感想日記♪]
【ノウイング】 ★★★☆ 映画(23)ストーリー MITの宇宙物理学者ジョン(ニコラス・ケイジ)の息子ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー) [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 16時54分

» ノウイング [映画通の部屋]
「ノウイング」KNOWING/製作:2009年、アメリカ 122分 監督:アレッ [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 17時47分

» 『ノウイング』 [唐揚げ大好き!]
  今夏、地球消滅   ■高速道路に墜落した1つの旅客機。もし、この事故が偶然のものでなかったとしたら・・・。今まで起きた大惨事、天変地異が起こったのは、全て必然だったとしたら・・・。そして、未来に起こる出来事も、すでに決まっているとしたら・・・。地球に... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 05時35分

» 【ノウイング】 [日々のつぶやき]
監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー     その時、何を残せるのだろうか。 「50年前、小学校の記念行事で埋めたタイムカプセルを掘り起こす式典が行われた。 宇宙物理学者のジョンは息子ケイ... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 16時59分

» 映画 ノウイング の感想 [エンタメ日々更新]
映画ノウイングの感想 ニコラス・ケイジはこういう役が似合いますね^^ たよりなさげで、暗さもあり、でもある程度壁を乗り越えると意志... [続きを読む]

受信: 2009年7月22日 (水) 23時45分

» 『ノウイング』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ディザスター・ムービー、パニック・ムービーが大好きな自分としては、この夏見逃してはいけないと思っていた映画の1本『ノウイング』をこの間観ました。 ******************** ニコラス・ケイジ主演で放つ驚異のディザスター・パニック・サスペンス。50年前のタイムカプ... [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 23時20分

» ノウイング [映画とTVとゲームの感想]
ニコラスケイジ主演の映画ノウイング見てきました。 主演といっても、なんかさえないおじさんにしか見えないところがすごいです(笑) も... [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 11時22分

» ノウイング [Movies 1-800]
Knowing (2009年) 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン 50年前のタイムカプセル内にあった1枚の紙に羅列された数字にはとてつもない意味があったというディザスター・ムービー。 その数字とは、過去50年間に起きた災害の年月日、犠牲者数、位置で、最後の3つはこれから起きるとわかり、主人公は何とか阻止できないかと奮闘する。 昨年、多く見られたアメリカ映画における終末思想はまだ続くようで、本作も、他の作品同様、主人公... [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 21時47分

» ノウイング [こんな映画見ました〜]
『ノウイング』 ---KNOWING--- 2009年(アメリカ) 監督:アレックス・プロヤス 出演: ニコラス・ケイジ 、ローズ・バーン 、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン 50年前のタイムカプセルに収められていた一枚の紙が、その後に起きた大惨事を正確に予知していたことに気づき、そこに示されたこれから起こる惨事の回避に奔走する主人公の姿を、VFXを駆使した衝撃的映像の数々で描き出す。 監督は「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス。  MITの宇宙物理学者ジョン(ニコラ... [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 22時04分

» [映画『ノウイング』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆ちょいと個人的に色々あって、一週間ほど前に、この映画を見ようとした時、一緒に行った人とケンカして、見ないで帰ってきた(チケットは買っていた^^;)。  故に、この映画にはケチがついたので、見るつもりはなかったのだが、先日、『クヌート』を見たとき、あのローランド・ヱメリッヒ監督のマヤの地球滅亡予言を題材にした『2012』の予告編を見て、そのダイナミックな破壊描写に、地球滅亡繋がりで、この『ノウイング』を思い出し、ちょいと見ようと思い立った次第だ^^;  傑作『ブラインドネス』の前座に『ハプニング... [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 00時51分

» ノーイング ホラー?ミステリー?えーパニック映画なの!? [労組書記長社労士のブログ]
【 41 -9-】 予告編のインパクトだけに惹かれていた、あの予告編で突っ込んでくる飛行機がどうなるんだ!と気になって眠れなくなるほどに・・・グー…(_ _).。oO ニコラスケイジも大好きだ、なんであんな顔や髪なのにたくさん主役張れるんだろう?って疑問に思うのは失礼な話し、だけど不思議。  大学で宇宙物理学を教えているジョンは、ある日、小学生の息子ケレイブが持ち帰った紙に書かれた数字に目を留める。そこには過去に起きた大惨事の日付と犠牲者の数が書かれていたのだ。しかもそれは、50年前に小学校に埋... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 11時26分

» ノウイング [週末映画!]
期待値: 71% ニコラス・ケイジ主演のディザスター/SF映画 出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バー [続きを読む]

受信: 2009年8月 4日 (火) 12時42分

» ノウイング [ルナのシネマ缶]
前半の飛行機の墜落とか 地下鉄の事故とかは かなり迫力があって怖いです。 ただねぇ〜、ラストは ちょっと拍子抜け!って感じだし、 なんかいまいち切ないのに 感動できませんでした。 50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、 小学生のケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)が たまたま受け取った封筒の中には 数字が羅列された用紙が入っていた。 彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、 その数列を解析していくうちに、 それが実際に起きてきた過去の... [続きを読む]

受信: 2009年8月12日 (水) 01時13分

» ノウイング(映画館) [ひるめし。]
人類は知る― 未来はすでに「通達」されていることを。 [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土) 13時03分

» ノウイング [愛猫レオンとシネマな毎日]
「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督の最新作です。 予告編が面白そうだったけど、好みでないニコラス・ケイジが主演・・・・ どうしようかな~と迷ってたら、友人から前売券のプレゼントがあって、結局、観賞。 今回のニコラスの髪型は、自然だった(笑) 映画は、意外と面白かったです。 補足すると、見ている間は面白い!楽しめます! でも後で冷静に考えると、いろんなジャンルを詰め込んで、バラバラ状態。 ミステリーあり、オカルトあり、親子の愛のドラマあり、アクションあり・・・ ラスト... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 23時05分

» ノウイング (2009) KNOWING 122分 [極私的映画論+α]
 117もネタにされてたしなぁ [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 21時41分

» ノウイング [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2009年7月10日 配給:東宝東和 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ,ローズ・バーン,チャンドラー・カンタベリー 鑑賞日:2009年7月18日 MOVIX三郷 シアター4(座席数141) 【ストーリー】 マサチューセッツ工科大学の宇宙物理学者ジョンは、息子ケイレブが通う小学校の記念式典で50年前のタイムカプセルから取り出された1枚の紙に綴られた数字の羅列が、過去50年間の災害、事故、事件の発生と犠牲者数を的確に予言していることを... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 22時48分

» 「ノウイング」(KNOWING) [シネマ・ワンダーランド]
「リービング・ラスベガス」や「天使のくれた時間」「ワールド・トレード・センター」などの出演作品で知られるニコラス・ケイジ主演のSFパニック・ムービー「ノウイング」(2009年、米、122分)。この映画は、50年前のライム・カプセルに収められた1枚の紙に大惨事が予知されていたことに気づいた主人公が、これから起こる惨事の回避に奔走する姿を数々の衝撃映像とともに描く。監督はエジプトし出身で、「アイ、ロボット」のアレックス・プロヤス。... [続きを読む]

受信: 2010年5月16日 (日) 18時37分

» 【映画】ノウイング…禿げ(かか)るのも決まってた事なので不可避 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/kaeru_rain/} これが五月病なのでしょうか{/eq_2/} ちゃんと仕事はしてるけど、やる気が全然出ない気がするピロEKです{/face_acha/} 先日(2010年5月22日・土曜日)にブックオフ{/book/}に行った時のお話。 ブックオフの中古ゲームコーナー付近で小学校低学年ぐらいの男の子が、 “ギャバクラ”なるものについて熱弁{/face_ase2/} 「俺は絶対ギャバクラにはいかんバイ」 ってな感じで友達だか兄弟だかに向かって強い口調で{/face_ase2/}…ここ... [続きを読む]

受信: 2010年6月10日 (木) 21時01分

» ノウイング (Knowing) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレックス・プロヤス 主演 ニコラス・ケイジ 2009年 アメリカ映画 122分 SF 採点★★★★ 「ハイ、明日で世界が終わりです。さぁ、あなたならどうする?」なんて質問をたまに耳にしますが、どうするもこうするも。アワワアワワと一日中慌てふためいて終了です。 ..... [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 12時35分

» ノウイング―映画感想― [デコ親父はいつも減量中]
2009年アメリカ 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン 評価:58点 ネタばれしていいでしょうか。 いいよね。いいと言って〜! 先日DMMどっとこむで、1800円払って郵送でDVDが送られてくるシステムに入会した...... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 18時23分

» ノウイング [mama]
KNOWING 2009年:アメリカ 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソン、ナディア・タウンゼンド、D・G・マロニー、エイドリアン・ピカリング、タマラ・ドネラン、チャンドラー・カンタベリー MIT...... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 12時43分

» 『ノウイング』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ50年前に埋められたタイム・カプセルから発見された謎の数列のメモを手に入れた宇宙物理学者ジョンはその数列には一定の法則があるのではないかという仮説を立て・・・。... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 22時33分

» ノウイング [RISING STEEL]
ニコラス・ケイジ主演、不条理(?)パニック・サスペンス「ノウイング」を見ました。 ニコラス・ケイジといえば、”今や存在だけで客を笑わすことができる俳優”などと いう褒めてるのか貶してるのかわから...... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 13時41分

» ノウイング [象のロケット]
小学生の息子ケレイブが50年前に埋められたタイムカプセルから持ち帰った一枚の紙。 そこには数字の羅列がビッシリと書き込まれていた。 大学教授のジョンはその数字が過去に起こった大惨事の日付、場所、犠牲者数と一致することに気づき愕然とする。 単なる偶然か、それとも予言なのか!? その紙にはこれから先の日付も記されていた…。 パニック・スペクタクル。... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 00時32分

» ノウイング [ダイターンクラッシュ!!]
2009年7月20日(月) 18:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:600円(買っていない) 『ノウイング』公式サイト トンデモ映画だった。 言わば、クリスチャンなナイト・シャマランな作品。 謎の囁きの聞こえる少女が、数字の羅列を記述。 50年後、学校のタイムカプセルから発掘された羅列は、事故と犠牲者数、場所を示したものだった。 人類滅亡までを示すその予言から逃れられることができるのか? と、ブラジルの人を思い出す内容なんですが、... [続きを読む]

受信: 2011年9月18日 (日) 01時20分

» ノウイング [rambling rose]
宇宙物理学者ジョンの息子が通う小学校で掘り起こされた50年前のタイムカプセル。その中にあった数字の羅列だけの一枚の紙・・に彼は興味を示し調べ始める。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 15時06分

» ノウイング [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第144回「大いなる裏切りの先にあったものとは?」(ネタバレ含む) 基本的にはネタバレは書かないようにしているんだけど、今夜の作品のブログを書こうとした時に、どうしてもネタバレを含まなければ書けませんでした。もしこれから観ようと思っている人は、今回のブ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 17時25分

» ノウイング [いやいやえん]
提示される謎、その解明に奔走、そして驚愕の事実。王道的なディザスター物ですが、顔を覗かせるミステリー要素がとてもよい。全体の迫力ある映像や勢いで乗り切ってしまう作品でした。宗教的な着地で落ち着くので、日本人にはあまり馴染みがないかもですが、宗教学などが好きな方には結構面白い作品かも。聖書観をSFで表した作品ともいえる。 ジョンは、MITで宇宙物理学を教えているのですが、そこでも多数の知的生命体の存在を示唆しています、それに肯定的な映画作品とも言えると思います。 ニコラス・ケイジ主演で、キ... [続きを読む]

受信: 2014年6月 3日 (火) 12時06分

« 「劔岳 点の記」 仲間たち | トップページ | 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える »