« 「宇宙戦艦ヤマト」 センス・オブ・ワンダーが溢れている | トップページ | 「ディア・ドクター」 ちゃんと向き合う »

2009年7月26日 (日)

「サンシャイン・クリーニング」 「負け組」って何?

なんで自分ばっかりこんな目に合うんだろう・・・。
隣の芝生を見れば青々として見え、自分はと言えばすっかり「負け組」な感じ・・・。
というのは誰しも一度や二度は思ったりするのではないでしょうか。
主人公ローズもそんな一人。
ハイスクール時代はチアリーダーで活躍していたものの、その後はシングルマザーとなってしまい、元恋人と不倫中。
家族はと言えば、トラブルメーカーの妹、ちょっと変わった感じのある息子、一攫千金を夢見て怪しげな商売に勤しむ父親と、やっかいごとばかり。
そして母親はローズが幼いときに自殺しているのです。
「私は強い」と鏡に向かって気合いを入れているものの、時々泣き出しそうになるローズ。
息子の学費を捻出しなくてはいけないために一念発起し始めた仕事は、犯罪現場や自殺現場のクリーニング。
当然のことながらそんな現場は実際に僕は見たことないですが、相当にたいへんなお仕事であろうというのは想像できます。
誰もやりたがらない仕事であるからそのフィーはやはり高いし、自分でいろいろと工夫をして仕事をしていくことにローズはワクワクした気持ちを持ち始めます。

ローズの家族はというと先に書いたように、世間的には変わっている人、困り者といった感じ。
ローズ自身は真面目で一生懸命に思いやりもある人だけれど、その境遇はやはりちょっと後ろめたいところもあります。
そういう点で世間的にはすっかり落伍者、言わば「負け組」な感じなわけです。
でも「負け組」って、いったいなんなんでしょう。
他の人と違っているということはなんか悪いことなんでしょうか。
そもそも誰が「勝ち負け」なんて決めているのでしょう。
それは社会が作っている雰囲気、イメージ以上のものではないと思います。
こういう生活をしているのがいいと、いつの間にか作られたイメージ。
そのイメージにそぐわなければ、なんか「負け組」にされてしまうという恐さをみんなが持っているような気がします。
実はそのイメージですら、固定的な価値観ではなく、とても移ろいやすいものなんです。
例えば、この日本ではつい最近(といっても10年くらい前)までは独身で優雅に暮らすっていうのがトレンディ(古っ!)とされていました。
けれども今となっては結婚して子供をもって暮らすっていうのが、いいとされているわけです。
だからみんな慌てて「婚カツ」に精を出すわけなんですが、これも何か絶対的な価値というよりは、世間が作っているイメージに踊らされているような気がします。
ローズ自身も家族も、世間から見たらちょっと外れている人たち。
だからといって「負け組」なんでしょうか。
たぶん「負け組」っていうのは自分で思ってしまった時点でそうなってしまうんでしょうね。
本作で重要なキャラクターはウィンストンだと思います。
彼は片腕の障害者で、あまり世間に馴染みのないクリーニング向けの卸店をやっていて、模型作りが趣味な、やはり世間から見たらちょっと変わっている部類に入りそうな人です。
けれど彼からはなにか「負け組」な臭いというのを不思議と感じません。
片腕であるということすら、自分の個性として受け入れられている強さのようなものがあるように見えます。
「負け組」と感じるというのは、世間一般の価値から外れている自分自身を貶めているということなのかもしれません。
世間と違っていたってそれはいいじゃない。
そういう強さ、前向きさがあるほうが人生は豊かなのでしょう。
変わり者の孫に、ローズの父親は「おまえは特別だ」と言います。
違っているということもそれは個性。
自分の境遇とか自分ではどうしようもないっていうことはあります。
それをウダウダ言ってただけでは変わるわけではありません。
違っていることを前向きにとらえて生きていく。
それだけで人生の見え方は違って見えるような気がします。

主演のエイミー・アダムス、いいですねえ。
この人の太陽のような笑顔が好きです。
「魔法にかけられて」で初めて知りましたが、これから注目したいと思います。

エイミー・アダムス主演「魔法にかけられて」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「宇宙戦艦ヤマト」 センス・オブ・ワンダーが溢れている | トップページ | 「ディア・ドクター」 ちゃんと向き合う »

コメント

SOARさん、こんばんは!

自分で「負け」と思った時に「負ける」んですよね。
あまり他と比較などせずに、自分らしいっていうのがいいな。
ローズはやりたいことが見つかってよかった。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月 1日 (土) 21時23分

人を評価する上で「勝ち負け」は客観的にわかりやすいんですよね。問題は世間一般の価値観で勝ちと負けの線が引かれることだと思います。
彼女たちもその線引きでは「負け」になるのでしょう。
でも本人たちには自分が「負け」であることは感じていても、それが惨めなことだとは少しも思ってないわけで、そこからくる前向きな姿勢はとても気持ちよかったです。

投稿: SOAR | 2009年8月 1日 (土) 14時34分

rose_chocolatさん、こんばんは!

「負け」とか「勝ち」とか誰が決めてるんだという感じはありますよね。
どうしても人と比べたくなってしまうものですが、そればかりだとやはり幸せな気持ちにはなれないような気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月28日 (火) 21時06分

KLLYさん、こんばんは!

そうですねー、比べる相手にはきりがないですよね。
勝ち負けではなくって、それぞれの違いはそれでいいって思えるようになると幸せなんですけれどね。
「成功」ってことが「善」とみるアメリカなどでは、なかなか難しいものの見方なのかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月28日 (火) 20時41分

好きなジャンルの映画なんですが、少々ラストを観客に投げすぎちゃってたように感じちゃいました。
『ディア・ドクター』くらいの補正があるとよかったのですが。

私はこの映画は、鑑賞したあとで、「負け組」とかっていうコピーがついているのを知りました。 このコピーはちょっといただけないですね。 そもそも、他人を「あなたは負けてる」と言っている時点で、何だかなあと思っちゃうんだけど。 一生懸命に生きている人に対して失礼だよね。

投稿: rose_chocolat | 2009年7月27日 (月) 18時28分

>自分自身を貶めているということなのかもしれません。

そういうことなんです。負け組ってことは何に対して負けているのかってことで、当然対象物があるはずなんですね。でも比べる対象となる人なんて地球上に60億人いるわけで、即ちまるで意味がないというに等しいんですよ。

だから結局ローズが望んでいたのは人より幸せになりたいってことではなく、人と自分を見比べて自分のことを惨めだと思わない自分でいたいってことなんでしょうね。その気持ちはとても良く解るし共感できました。エイミーの好演に拍手!^^

投稿: KLY | 2009年7月27日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45748397

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンシャイン・クリーニング」 「負け組」って何?:

» 『サンシャイン・クリーニング』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:SUNSHINECLEANING監督:クリスティン・ジェフズ出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、ジェイソン・スペヴァック、スティーヴ・ザーン、メアリー・リン・ライスカブ、クリフトン・コリンズJ.R.公式サイトはこちら。<Story>ロ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 18時21分

» ★サンシャイン・クリーニング(2008)★ [CinemaCollection]
SUNSHINECLEANINGがけっぷち姉妹、事件現場のクリーニング始めました。上映時間92分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)初公開年月2009/07/11ジャンルコメディ/ドラマ映倫PG-12【解説】負け組な人生を送る問題だらけの美人姉妹が、一発逆転を狙って始...... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 01時49分

» 「サンシャイン・クリーニング」うまくいかないことなんてうまく... [soramove]
「サンシャイン・クリーニング」★★★☆ エイミー・アダムス 、エミリー・ブラント 主演 クリスティン・ジェフズ 監督、2008年、93分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「高校時代はチアリーダーだった主人公は、 憧れの存在だったが、今や生活に追われ、 恋愛にも行き詰まり、ため息をつく日々、 一発逆転を狙って始めたビジネスは... [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 11時38分

» 「サンシャイン・クリーニング」 [みんなシネマいいのに!]
 姉は、かつては学園のアイドル的存在チアリーダーだったが、今はシングルマザーで、 [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 06時52分

» 『サンシャイン・クリーニング』・・・がんばれ“負け犬” [SOARのパストラーレ♪]
思っていたほど深い人間ドラマはなく、むしろ軽快なタッチで姉妹とその家族の日常を描く作品だった。そういう意味では期待ハズレともいえるが、表と裏の顔を使い分けながらそれなりに一生懸命生きているローコウスキ家の面々に共感できる部分もあったせいか、観後感はなかなかよかった。 90分少々という短い尺の中で描かれる軽めの笑いと軽めのほろりとが、私にはちょうどよかったようだ。... [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 14時33分

» ★「サンシャイン・クリーニング」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 毎月14日は「TOHOシネマズ・デー」で1本1000円の日なので、 まとめて4本観てきました・・・「ららぽーと横浜」で。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 23時53分

» 「サンシャイン・クリーニング」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Sunshine Cleaning」 2008 USA ローズに「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「魔法にかけられて/2007」「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」のエイミー・アダムス。  ノラに「プラダを着た悪魔/2006」「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」のエミリー・ブラント。 姉妹の父親に「ノエル/2004」「リトル・ミス・サンシャイン/2006」のアラン・アーキン。 ローズの一人息子オスカーにジェイソン・スペヴ... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 23時27分

» 過去の自分を断ち切る勇気。『サンシャイン・クリーニング』 [水曜日のシネマ日記]
不倫を続けるシングルマザーの姉と仕事の長続きしない妹が人生の再生をかけて清掃ビジネスを始める物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 12時37分

» 【サンシャイン・クリニーニング】 [日々のつぶやき]
監督:クリスティン・ジェフズ 出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン 「シングルマザーのローズはハウスクリーニングの仕事をしながら夜は不動産関係の資格を取るため勉強に通っている。仕事をくびにばかりなる職なしの妹ノラに息子オス... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 18時45分

» サンシャイン・クリーニング [メルブロ]
サンシャイン・クリーニング 272本目 2009-32 上映時間 1時間32分 監督 クリスティン・ジェフズ  出演 エイミー・アダムス エミリー・ブラント アラン・アーキン ジェイソン・スペバック スティーブ・ザーン 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 6点(10点...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 18時27分

» 映画「サンシャイン・クリーニング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Sunshine Cleaning サンシャインという言葉からは想像できない惨たらしい現場、肉片やら血しぶきやら体液やらが飛び散り悪臭を放ち死者の魂さえ彷徨っていそうなのに・・・ それなのにハッピーエンドな家族再生の物語なんだよね、情緒不安定でアルバイトも長続きしな... [続きを読む]

受信: 2009年8月 9日 (日) 00時25分

» サンシャイン・クリーニング [ダイターンクラッシュ!!]
2009年8月1日(土) 18:15~ TOHOシネマズ シャンテ3 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない) 『サンシャイン・クリーニング』公式サイト 傑作「リトル・ミス・サンシャイン」チームが結集したという。 共通なのは、プロデューサー達とアラン・アーキンであり、監督や脚本は別人だ。 そうではあるが本作も、「リトル・ミス・サンシャイン」と同様の家族の話である。 お姫様や修道尼だったエイミー・アダムスが、高校時代はチア・リーダーで、スポーツの英雄の同級生と... [続きを読む]

受信: 2009年8月10日 (月) 01時04分

» 09-206「サンシャイン・クリーニング」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
創立1963年  かつては学園のアイドルだった姉のローズだが、30代の今は問題児の息子オスカーを抱えたシングルマザー。仕事も冴えないハウスキーパーで、おまけに学生時代の恋人と腐れ縁のまま不倫中。  一方の妹ノラは、いまだに自立できずに父親と同居中。仕事も自覚が足らずにバイト先も長続きしない。父親も父親で一攫千金を狙って怪しげなお菓子の訪問販売に手を出すダメおやじ。  そんな中、息子と家族のためにと、ローズは割のいい仕事を求めて事件現場のハウス・クリーニングを始めることに。嫌がるノラも...... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 16時34分

» サンシャイン・クリーニング [銅版画制作の日々]
一緒にいれば、悲しみも洗い流せる この際、身も心もクリーニング♪ 公開2日目に鑑賞してきました。3連休ということもあってなのか?それと上映回数も1日に2度しかないのもあるのでしょう。2回の上映とも満席で立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。そういえばあの「ディア・ドクター」も相変わらず満席でしたね。 「リトル・ミス・サンシャイン」の同じ製作チームが再びタッグを組んだ、オリジナルヒューマンドラマ。だからなのか、今回も“サンシャイン”がタイトルについています。 崖ぷち姉妹が事件現場のクリーニングを始... [続きを読む]

受信: 2009年8月16日 (日) 20時33分

» サンシャイン・クリーニング [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
家族、仕事、恋愛・・・どれも器用にできないけれど、一緒にいれば、洗い流せない過去なんてない。切なさと爽快感がブレンドされ、晴れやかな気持ちになる、この夏最高のヒューマン・ドラマです。 人生に悩む30代の女性が、家族に支えられて再生する姿にホロリとさせら...... [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 00時20分

» サンシャイン・クリーニング [5125年映画の旅]
不動産業を始める事を夢見て、ハウスクリーニングの仕事に精を出すシングルマザーのローズ。しかし一向にお金が貯まらない事に業を煮やしたローズは、不倫相手の刑事からの紹介で、事件現場専門のクリーニング業を妹のノラと始める。はじめは悲惨な仕事に戸惑う二人だった...... [続きを読む]

受信: 2009年8月17日 (月) 22時01分

» サンシャイン・クリーニング ▲105 [レザボアCATs]
'08年、アメリカ原題:Sunshine Cleaning監督:クリスティン・ジェフズ製作:ピーター・サラフ、マーク・タートルトーブ、ジェブ・ブロディ、グレン・ウィリアムソン脚本:ミーガン・ホリー撮影:ジョン・トゥーン美術:ジョー・ギャリティ編集:ヘザー・パーソンズエイミー....... [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 13時31分

» サンシャイン・クリーニング [映画通の部屋]
「サンシャイン・クリーニング」 SUNSHINE CLEANING/製作:200 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 19時29分

» 映画 【サンシャイン・クリーニング】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「サンシャイン・クリーニング」 2006年アカデミー賞2冠に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデュースチームによる人間ドラマ。 おはなし:シングルマザーのローズ(エイミー・アダムス)は、ハウスキーパーの仕事をしながら息子を育てている。彼女の妹(エミリー・ブラント)はいまだにフリーターで実家暮らし。息子の転校でお金が必要になったローズは、妹と事件現場のクリーニングという仕事を始める。 妙な事に手を出して損ばっかりしてる父親。 学歴が無くて情緒不安定で仕事が長続きしない妹。 小... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 10時03分

» 『サンシャイン・クリーニング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サンシャイン・クリーニング」□監督 クリスティン・ジェフズ □脚本 ミーガン・ホリー □キャスト エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、ジェイソン・スペヴァック、スティーヴ・ザーン、メアリー・リン・ライスカブ、クリフトン・コリンズ・Jr、エリック・クリスチャン・オルセン、ケヴィン・チャップマン ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> あ... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 12時29分

» サンシャイン・クリーニング☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『リトル・ミス・サンシャイン』の製作者が絡んでいるらしいという情報よりもクリーニングの対象が死亡現場ということに興味そそられ(え?)鑑賞(笑)かつては花形チアリーダーでも、今はシングルマザーで昔の彼とは腐れ縁の不倫関係が続いている姉ローズとやりたいことが... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 23時39分

» サンシャイン・クリーニング [愛猫レオンとシネマな毎日]
3年前の「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデューサーチームが 再び結集して作られた作品です。 オリジナルストーリーである本作は、ある家族のハートフルなお話でした。 何をやっても上手くいかない姉妹、そして父親の3人。 その上、シングルマザーの姉の息子まで、問題児として小学校から追い出されます。 息子を私立の学校に行かせる為には、お金が必要。 「大金を稼げる」という理由だけで始めた事件現場のクリーニング業。 そこから家族に転機が訪れます。 いい映画でした~~~ 私の人生、こん... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 21時52分

» サンシャイン・クリーニング [Diarydiary! ]
《サンシャイン・クリーニング》 2008年 アメリカ映画 - 原題 -SUNSH [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 19時31分

» サンシャイン・クリーニング [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
サンシャイン・クリーニング’08:米 ◆原題:SHINE CLEANING ◆監督: クリスティン・ジェフズ「シルヴィア」◆出演: エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、ジェイソン・スペヴァック、スティーヴ・ザーン、メアリー・リン・ライスカブ、クリフト....... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 13時21分

» サンシャイン・クリーニング [~映画盛り沢山~]
2010年11本目 早稲田松竹で観てきました まあまあおもしろかったです 二人の姉妹の人生の転換点を切り取って描いた作品です 人間ドラマとしては人物がちゃんと描かれている気がしたので、良かったです でもちょっと過度な期待をしすぎました 面白いには面白いんだけどもっと面白いもんかと勝手に思っていたので 作品にとってはいい迷惑ですよねw あ、でもよかったところはまだありますよ あまり説明しすぎていないところです 観てればわかるところをあえてセリフとかで説明し... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 11時22分

» 「サンシャイン・クリーニング」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
人生、良いことばかりじゃないですよね〜 [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 15時21分

» □『サンシャイン・クリーニング』□ ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:アメリカ映画、クリスティン・ジェフズ監督、エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン共演。 [続きを読む]

受信: 2010年3月17日 (水) 03時00分

» サンシャイン・クリーニング [映画、言いたい放題!]
映画を見る会のクールビューティのオススメ作品です。 「リトル・ミス・サンシャイン 」のプロデュースチームの作品だそうですね。 「リトル・ミス・サンシャイン 」は好きな作品だったので、 ちょっと楽しみです。(^^) ローズは30代半ばのシングルマザー。 昔はチア... [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 00時42分

» サンシャイン・クリーニング [ぶっちゃけ…独り言?]
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 良作『リトル・ミス・サンシャイン』の製作チームによる新作とのことなので、ぶっちゃけ、かな〜〜り期待して観ました。 結果は・・・ うん、期待通りの良作で御座いました。 とにかくですねぇ、良い意味で地味。 何て言うか・・・ いわゆるハリウッドスタイルとは違うスタンスで作りきってるところが良いんですよね〜、この作品の場合。 て、普段はヨーロッパ映画を観て「ワタクシ、ハリウッド志向なのでどーも・・・」とか言ってるくせに・・・ ま、確... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 03時05分

» サンシャイン・クリーニング [映画鑑賞★日記・・・]
【SUNSHINE CLEANING】 2009/07/11公開 アメリカ PG-12 92分監督:クリスティン・ジェフズ出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、ジェイソン・スペヴァック、メアリー・リン・ライスカブ、クリフトン・コリンズ・Jr、エリック・クリスチャン・オルセン、ケヴィ...... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 12時45分

» 「サンシャイン・クリーニング」★★★★☆ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
'08年制作 監督:クリスティン・ジェフズ  出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、スティーヴ・ザーン、アラン・アーキンほか 高校時代はチアリーダーとして脚光を浴び、皆の憧れの的存在だったローズ(エイミー)。だが中年にさしかかった今は、転校...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 14時02分

» サンシャイン・クリーニング [pures movie review]
2008年 アメリカ作品 92分 ファントム・フィルム配給原題:SUNSHINE CLEANINGSTAFF監督:クリスティン・ジェフズ脚本:ミーガン・ホリーCASTエイミー・アダムス エミリー・ブラント ジェイソン・スペヴァック メアリー・リン・ライスカブ■Storyかつては学園のアイドル...... [続きを読む]

受信: 2012年7月14日 (土) 16時44分

» サンシャイン・クリーニング [rambling rose]
ルーザー姉妹のお仕事日記・・←これ書くの3回目な気が・・ゞ( ̄∇ ̄; [続きを読む]

受信: 2013年3月16日 (土) 21時59分

» 映画レビュー「サンシャイン・クリーニング」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
サンシャイン・クリーニング [DVD]◆プチレビュー◆作り手のまなざしがあたたかい「サンシャイン・クリーニング」はヒューマン・ドラマの佳作。欠点だらけの家族を応援したくなる。 ... [続きを読む]

受信: 2015年1月20日 (火) 23時57分

» 視界良好~『サンシャイン・クリーニング』 [真紅のthinkingdays]
 SUNSHINE CLEANING  ニューメキシコ州アルバカーキ。元チアリーダーでシングルマザーのローズ(エイ ミー・アダムス)は、高校時代の恋人と不倫中。妹のノラ(エミリー・ブラント)は定職 に就かず、実家で父親(アラン・アーキン)と同居中。そんな二人が、事件現場の 清掃業を始めることになり・・・。  問題を抱えたプア・ホワイト一家の再生、「太陽」の黄色、...... [続きを読む]

受信: 2015年1月22日 (木) 20時42分

« 「宇宙戦艦ヤマト」 センス・オブ・ワンダーが溢れている | トップページ | 「ディア・ドクター」 ちゃんと向き合う »