« 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える | トップページ | 「蟹工船(2009)」 イメージせよ、行動せよ »

2009年7月12日 (日)

本 「日暮らし」

こちらは宮部みゆきさんの時代小説「ぼんくら」の続編に位置する作品です。
宮部さんの作品は時代小説に限らず、「魔が差す」ことにより起こる犯罪というのが描かれています。
毎日のように繰り返されていく日々の暮らしの中で、本人の気づかぬままにいつしか感情の澱のようなものがたまっていき、それあ何かをきっかけに吹き出してしまう。
犯罪までにはいかないまでも、それが爆発してしまうということは誰しも経験があるかと思います。
「ぼんくら」と同様に短編を積み重ねていき、それらが最後に収束していく構造は本作も同様です。
そこで描かれているのは、そのような感情の澱の積み重ね。
澱がたまっていけば、ほんのちょっと水を足しただけで、溢れてしまいます。
もしかすると心の中も、時々は澱を汲み上げるということをしてあげないといけないのかもしれないですね。

登場人物は「ぼんくら」から継続して変わらず。
久しぶりに会えた登場人物たちはやはり魅力的です。
こちらもまた続編はないのでしょうかね。

宮部みゆきさん「ぼんくら」の記事はこちら→

「日暮らし<上>」宮部みゆき著 講談社 文庫 ISBN978-4-06-276203-8
「日暮らし<中>」宮部みゆき著 講談社 文庫 ISBN978-4-06-276204-5
「日暮らし<下>」宮部みゆき著 講談社 文庫 ISBN978-4-06-276205-2

|

« 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える | トップページ | 「蟹工船(2009)」 イメージせよ、行動せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45605878

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「日暮らし」:

« 「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える | トップページ | 「蟹工船(2009)」 イメージせよ、行動せよ »