« 「お買いもの中毒な私!」 そろそろボーナスですが | トップページ | 「ハイキック・ガール!」 映画ではない、デモンストレーションだ »

2009年6月 6日 (土)

「おと・な・り」 音からにじみ出るその人らしさ

「インスタント沼」を先日観賞したので、本日はまたまた麻生久美子さん主演の「おと・な・り」を観てきました。
あちらの変な感じの麻生さんも好きですが、本作のような正統派の麻生さんもいいですねえ。
今日から「ウルトラミラクルラブストーリー」も公開ですが、こちらも早く観ないと!

「基調音」という言葉は初めて聞きました。
「普段は意識していないけれど、いつもそばにあって、それがないとなんとなく寂しくなる音」のことだそうです。
確かにこういう音はあるかもしれませんね。
電線の上で啼く雀のチュンチュンという鳴き声だったり、ザワザワとした人の喧噪だったり、冷蔵庫のブーンという音だったり。
長く同じところで暮らしていると、「自分の場所」の音というイメージがいつの間にかできてくるのでしょうか。
そんな「基調音」にはいつの間にか、親しみのような感情を持ってしまうのかもしれません。
また声音や人がたれる音っていうのは、たとえ言葉を話ていなくても、その人の人となりやその時の感情というのが伝わってくるものですよね。
オフィス等でもその人の姿が見えていなくても、靴音だけで誰だかわかったりすることありますから。
同じ人の歩き方でも、慌てているとき、のんびりしているとき、やはりなんだか違う感じがします。
音というのは、その人の個性や気持ちが知らず知らずの表れてるものなのかもしれません。
だから音というのは、人の性格が合う合わないみたいなことがあるように、相性があったりしますよね。
キーボードの叩き方とか、貧乏揺すりのカタカタした音とか。
同じような音だったとしても、微妙な違いで全然気にならない人もいれば、すごい気に障ったりする人もいて。
これはもう相性なんでしょう。

本作の七緒と聡はアパートでおとなり同士。
安普請なのか、二人の部屋でたてる音はけっこうおとなりさんにも聞こえてしまっています。
けれどお互い、相手がたてる音が何故かとても心地いいと感じています。
聡にとっては、七緒がフランス語を練習しているときの声や洗濯物を干している時の鼻歌が。
七緒にとっては、聡がコーヒー豆をミルで轢いている時のゴリゴリといった音が。
それぞれに年齢が三十にさしかかり、自分がやりたいことと、今の現実との折り合いに悩むことが多いのですが、自分の部屋に帰って「おとなりさん」のたてる音を聞いていると、なんだか癒されてしまう。
それぞれ相手のたてる音から、自分と同じような感覚を持っているということを感じたのでしょうね。
やさしさであったり、ひたむきさであったり。
見かけで入ってしまう恋は裏切られることも多いけれど、音からにじみ出てくるその人の本質に恋してしまったら、裏切られることもあまりないのかもしれません。
劇中、七緒と聡はたがいに気になる存在になりながらも、すれちがってばかり。
最後はどうにか二人を会わせてやってくれと思いました。

とてもやさしい余韻を残してくれるラブストーリーでした。
エンディングで二人の幸せな先行きを、音だけで案じさせるのも、なかなか気が利いていました。

麻生久美子さん主演「インスタント沼」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「お買いもの中毒な私!」 そろそろボーナスですが | トップページ | 「ハイキック・ガール!」 映画ではない、デモンストレーションだ »

コメント

YUIさん、こんにちは!

そうなんですよ、映画は僕の生活に欠かせないものになっています。
>感想を参考にさせて頂きたい
ありがとうございます!
拙いのですが、お役に立てれば嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 3日 (火) 14時30分

お返事ありがとうございます!


はらやんさんは、本当に映画がお好きなんですね。他にも沢山観られているようで驚きました。

何か気になる作品を見つけたら、またはらやんさんの感想を参考にさせて頂きたいと思います。

投稿: YU | 2009年11月 3日 (火) 12時20分

YUさん、こんにちは!
コメントありがとうございました!

音っていうのは目に見えないけれど、ずっと耳には入っているので、実は無意識に印象に残っているんですよね。
相手が見えなくても、その存在を感じることができますから。
後半はなんとか二人が出会ってほしいと願うばかりでした。
だからあのエンドロールの幸せそうな「音」が観ていても、とても嬉しかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 3日 (火) 07時17分

遅ればせながら今日この映画を観ました。

他に観た方の感想を読んでみたくて探していた所、こちらに辿り着いて、はらやんさんの感想がとても共感出来たので一言残させて頂きました。


確かに人のたてる音には、その人の人柄が表れている気がします。
キーボードを打つ音や歩き方のくだりは、私自身も心当たりがあるからか、思わず「うんうん」と頷いてしまいました(笑)


理想とする自分と現実の自分との狭間で揺らぐ二人の姿は、どこか自分と重なって見えて、ラストは擦れ違いばかりの二人が無事に逢えますようにと切に願ってしまいました。

エンドロールの演出がまた素敵でしたね。
邦楽のラブストーリーを観て、久しぶりに素直に「良かった」と感じられた作品でした。

投稿: YU | 2009年11月 2日 (月) 23時38分

sakuraiさん、こんにちは!

うんうん、たてる音も相性というのはあるかもしれませんね。
同じような人でも愛しい人がたてた音なら愛おしいみたいな。
麻生久美子さんは幅がひろい役者さんですよね。
こういう麻生さんも、「時効警察」みたいな麻生さんも好きです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月18日 (土) 11時09分

同じ音でも、誰がたてるかによって、全然とらえ方が違ってきますからね。
姑がたてる音は、すべていらっときますもん(あ、やば、ここは見なかったことにして・・)。
くっつくべくして、くっついたのかもですね。
エキセントリックな役柄が多かった麻生久美子ですが、最近こういう清楚な役も似合ってきましたね。
でも、あたしは変な役の彼女の方が好きですわ。

投稿: sakurai | 2009年7月14日 (火) 08時44分

maru♪さん、こんにちは!

30歳くらいで、夢もあって、ただ現実もあって、その間で宙ぶらりんになっているような不安感というのはありますよね。
そういう点で、そういう人たちの気持ちを上手に描いているような気がします。
僕も二人に感情移入できましたもの。
僕は二人の年を越えているので、もう少し達観した感じにはなっていますが。
二人が最後幸せになれるような余韻があるラストが良かったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年6月27日 (土) 07時53分

こんばんわ♪

TBありがとうございました!
私の記事とっても辛口になっちゃいました・・・

なんだか七緒にとっても感情移入してしまって、
自分が責められている気がしてしまって・・・

でも、そういう風に感じさせるってことは、
いい映画と言えるのかもしれませんね(笑)

投稿: maru♪ | 2009年6月22日 (月) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45253317

この記事へのトラックバック一覧です: 「おと・な・り」 音からにじみ出るその人らしさ:

» おと・な・り/岡田准一、麻生久美子 [カノンな日々]
麻生久美子さんの主演作といえばもうすぐ公開される三木聡監督の『インスタント沼』が楽しみだったりするんですけど、その前にこの映画デス。近くのシネコンでも2週間くらい待っていれば上映されるんですけど待ちきれなくて先行上映中の恵比寿ガーデンシネマに観に行ってき....... [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 22時20分

» 映画 「おと・な・り」 [ようこそMr.G]
映画 「おと・な・り」 [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 23時56分

» おと・な・り [LOVE Cinemas 調布]
「木更津キャッツアイ」シリーズ、『陰日向に咲く』の岡田准一が主演。ヒロインに麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子と若手実力俳優が揃います。ベテラン勢に平田満、森本レオ、とよた真帆といったこれまた個性派を配したキャスティングは中々魅力的。監督は『ダイブ!!』の熊澤尚人。私は岡田准一の演技を高く買っているので、ずっと楽しみにしていた一作です。... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 00時51分

» 『おと な り』 [唐揚げ大好き!]
  初めて好きになったのは、   あなたが生きている音でした。   ■本当は自然や風景が撮りたいのに友人でもあるモデルのシンゴの専属カメラマンに甘んじている聡。フラワーデザイナー志望で、フランスへの留学を控えた七緒。そんな2人は古いアパートのお隣り同士... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 03時22分

» 『おと・な・り』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おと・な・り」□監督 熊澤尚人 □脚本 まなべゆきこ □キャスト 岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、森本レオ、平田満■鑑賞日 5月23日(土)■劇場 恵比寿ガーデンシネマ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  人の縁は不思議な赤い糸で結び付けられている。 その糸を手繰り寄せて早く出会うこともあれば、ゆっくりと時間をかけて出会うこともある。 だから人生って面白いのかもしれない。 それぞれに夢を持つ二人。 風... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 09時36分

» 君のいる場所?『おと・な・り』 [水曜日のシネマ日記]
東京にある1軒のアパートで隣の部屋に住みながら顔を合わせた事のない男女の物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 09時56分

» おと  な り       試写会にて鑑賞 [レンタルだけど映画好き]
はじめて好きなったのは、あなたが生きている音でした。 耳をすませば、恋がはじまる。 2009年 日本 公開日2009/05/16 監督 熊澤尚人 脚本 まなべゆきこ 出演 岡田准一/麻生久美子/谷村美月/岡田義徳/池内博之/市川実日子/郭智博/清水優/とよた真帆/平田満/森本... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 14時55分

» *おと・な・り* [Cartouche]
{{{   ***STORY***               2009年  日本 人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思いを抱えるカメラマンの聡(岡田准一)。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)。同じアパートの隣同士に暮らす、30歳、恋人なしの二人は、顔を合わせたことは一度もない。口ずさむ「風をあつめて」のメロディー、フランス語、コーヒー豆を挽く音――。いつしか互いの生活音に癒しを感じるようになる。 ..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 19時03分

» 『おと・な・り』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
今日は新宿ピカデリーでたまっていたポイントを使って、『おと・な・り』を観てきました。 ゆったり穏やかな映画でリラックスして観られた作品でした。 ******************** 人生の分岐点に立つ30歳の男女を主人公に、都会の古いアパートでお隣り同士となった2人が、顔... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 22時50分

» 「おと・な・り 」こんな偶然あり得ないけど、なんだか幸せ [soramove]
「おと・な・り 」★★★☆ 岡田准一 、麻生久美子 主演 熊澤尚人 監督、2008年、119分 「カメラマンの聡(岡田准一)の隣の部屋には 花屋のバイトをしながら、 フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)が お互い隣の気配を何気なく気にしながら暮らしてる」 自分の隣に住む人がどんな人か 都会生活では、まったく分からないことが多い、 却ってあまり親しくしない方向で それとなく出る時間をずらしたり そんな微妙な空気をお互い詠みながら 「煩わしい」ことから避... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 00時01分

» 音がもたらす運命の恋。~「おと・な・り」~ [ペパーミントの魔術師]
むっちゃ切なくて胸キュンな気分になったんですが たったひとつ。 先にツッコミいれていいですか~~。 あんなにプライバシーのないとこ うちはよう住めません。(笑) 聞こえすぎやろ。 しかも ココは聞こえるのにココは聞こえてない ないやろ。(笑) はい、では本編へ。..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 15時03分

» 「おと・な・り」初夏の麻生久美子祭・第1弾(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[おとなり] ブログ村キーワード  隣の家(部屋)から聞こえてくる音って、気になりますよね?そりゃ騒音はイヤですけど…。「おと・な・り」(ジェイ・ストーム)。この映画では、その気になる“音”が、何と恋愛にまで発展しちゃうんですよ!う~ん、何ともメルヘンチック?!  カメラマンの聡(岡田准一)は、友人のモデル、シンゴ(池内博之)の写真を撮影したことから、売れっ子カメラマンに。日々撮影に追われていたが、聡の希望はあくまでも風景写真を撮ること。社長(平田満)とも相談して、近く事務所を辞めカナダ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 18時06分

» おと・な・り☆独り言 [黒猫のうたた寝]
大好きな作品『虹の女神』の熊澤監督で出演が岡田准一と麻生久美子・・・チェックしないわけにはいかないなぁ~っと『おと・な・り』観に行ってきました。”お隣”の”音”毎日聞こえる音が、いつの間にか当たり前になりそれが聞こえないほうが、なんか落ち着かないそんな気持ち... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 02時04分

» 『おと・な・り』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
人気モデルの撮影に忙しい毎日を送りながらも、進むべき道を模索しているカメラマンの聡。フラワーデザイナーを目指しながら、花屋でアルバイトに励む七緒。夢を追いかけながら人生の分かれ道に立つ30歳のふたりを結びつけたものは、アパートの壁越しに聞こえてくる何気ない... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 13時01分

» 「おと・な・り」 [みんなシネマいいのに!]
 都会の古いアパートで隣り同士のカメラマンとフラワーデザイナーを目指して花屋のバ [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 09時10分

» おと・な・り [メルブロ]
おと・な・り 265本目 2009-26 上映時間 1時間59分 監督 熊澤尚人 出演 麻生久美子 岡田准一 谷村美月  岡田義徳  池内博之  市川実日子  郭智博  清水優  とよた真帆  平田満  森本レオ 会場 新宿ピカデリー 評価 8点(10点満点)  麻生久....... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 23時13分

» 09-162「おと な り」(日本) [CINECHANの映画感想]
普段は気にせず、なくなると気になる音  本当は自然や風景が撮りたいのに友人でもあるモデルのシンゴの専属カメラマンに甘んじている聡。フラワーデザイナー志望で、フランスへの留学を控えた七緒。そんな2人は古いアパートのお隣り同士でありながら、挨拶どころか顔も合わせたことがなかった。それでも、壁越しに聞こえてくる何気ない生活音が、いつしか互いの心に安らぎをもたらしてくれる存在となっていた。  そんなある日、連絡の取れなくなったシンゴを探す恋人の茜が聡の部屋に押しかけ、そのまま居候してしまう。一...... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 02時01分

» 【おと・な・り】 [日々のつぶやき]
監督:熊澤尚人 出演:岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、市川実日子、池内博之、とよた真帆、平田満、森本レオ    初めて好きになったのは、あなたが生きている音でした。 「聡はトップモデルシンゴの専属カメラマン、でも本当に撮りたいのは風景... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 18時18分

» おと・な・り [ダイターンクラッシュ!!]
6月17日(水) 13:50~ 恵比寿ガーデンシネマ1 料金:1000円(水曜日割引) パンフレット:800円(買っていない) 『おと・な・り』公式サイト 「おと な  り」とも表記されている。 麻生久美子強化月間の3作品。いよいよ最後。 他の二作が浮世離れしている人たちの話であったが、こちらは普通の人間が出ている。 麻生久美子と岡田准一がアパートの隣通し。その二人のラブストーリーのはずなのだが、なんとこれが最後まで始まらない。エンドロール中の会話で、海外から戻ってきてから、付き合っているよう... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 15時23分

» 『おと・な・り』 [・*・ etoile ・*・]
'09.05.08 『おと・な・り』(試写会)@九段会館 yaplogで試写会当選。岡田くん主演のラブストーリーということで期待大。目の保養に行ってきた(笑) ※ややネタバレしてます。しかも辛口・・・ 「カメラマンの聡と花屋で働く七緒は実はお隣同士。顔も名前も知らないけれど、壁越しに聞こえるお互いの生活音に、時にイライラしつつ、時に癒されつつ気になる存在だったが・・・」という話。う~ん。これは少し欲張り過ぎたような・・・。やりたい事は分かるし、おもしろかったけど、もう少しシンプルで... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 01時49分

» 『おと・な・り』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:熊澤尚人出演:岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、平田満、森本レオ鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思い...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 13時04分

» おと・な・り [迷宮映画館]
ここは岡田君でしたねぇ。いや、准ちゃんじゃなくって [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 08時40分

» 映画 【おと・な・り】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「おと・な・り」 『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人監督によるラブストーリー。 おはなし: カメラマンの聡(岡田准一)と花屋に勤める七緒(麻生久美子)は、古びたアパートの面識の無い隣人だった・・・。 これってジェイ・ストームっていうジャニーズ事務所の関連会社が製作した作品だったんですね。OPが始まってすぐそのことに気付いてヤバイかも〜と思ったのですが、なかなか好みの作品でした。 聡はカメラマン。友人で人気モデルのシンゴの写真集で一躍有名になりました。本当は風景写真が撮りたいのだ... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 09時32分

» 【映画評】おと・な・り [未完の映画評]
人生の分岐点にさしかかった30歳の男女が、壁一枚隔てた“おとなりさん”と、“音”を通じて心を通わすハートウォーミングなラブストーリー。 [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 00時22分

» おと・な・り (2009) 119分 [極私的映画論+α]
 お隣の音鳴り(笑) [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 21時43分

» mini review 10446「おと・な・り」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
都会のアパートの隣同士に暮らし、一度も顔を合わせたことはないが、音によって惹(ひ)かれ合っていく男女の恋の行方を描くラブストーリー。監督は『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人。進むべき道を模索するカメラマンを岡田准一、30代の女性として揺れ動きながら夢の実現を目指すヒロインを麻生久美子が演じる。さまざまな葛藤(かっとう)を抱えた男女の心情をリアルかつ丁寧にすくい取った、等身大のラブストーリーとして堪能できる一作。[もっと詳しく] 認識によってはじめて、自分にとっての意味のある「音」となる。 ジ... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 23時37分

» おと・な・り [映画的・絵画的・音楽的]
 昨日の記事で触れたように、麻生久美子が出演する作品は、最近のものについてはかなり見ているつもりにもかかわらず、『おと・な・り』(熊澤尚人監督、2009年)については見逃したままでしたので、そのDVDを借りてきて見てみました。 (1)この作品は、偶然アパートの隣同士になった岡田准一と麻生久美子の2人が、途中ではお互いのことが全然分からないままでいながらも、最後の最後になって結ばれるというラブストーリー物といえるでしょう。  当代の人気俳優がヒーローとヒロインなのですから、面白くないわけがありません... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 18時40分

» DVD『おと・な・り』 [みかんのReading Diary♪]
nbsp; (2009/日本)風景写真を撮りたいという夢を抱きながら、友人でもある人気モデルの撮影に忙しい日々を送るカメラマンの聡。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒。同じアパートの隣同士に暮らす二人は、いつしか互いの生活音に癒しを感じるようになる。(シネマトゥデイ)... [続きを読む]

受信: 2010年7月 5日 (月) 00時46分

» おと・な・り [単館系]
地元のMOVIXさいたまでは今週金曜日までだったので初めて新宿ピカデリーへ。 今回麻生久美子さんの2009年6月3部作という異名がある意味有名な... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 01時09分

» おと・な・り [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
おと・な・り09:日本◆監督:熊澤尚人「DIVE!!」「ニライカナイからの手紙」◆出演:岡田准一 、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、平田満、森本レオ◆STORY◆人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいとい...... [続きを読む]

受信: 2010年7月12日 (月) 23時52分

» おと・な・り [愛猫レオンとシネマな毎日]
「虹の女神」の熊澤尚人監督の最新作という事で見るのを楽しみにしてました。 なんせ、熊澤監督の感性がワタシの好みにドンピシャ!ストライクなのです。 今回もステキな映画でした。 もう一度見て、心地よい二時間を過ごしたい。 DVDが出たら、手元に置きたい。 理屈じゃなくて、ただ、ただ大好きな作品です。 一度も顔を合わせたことがない古いアパートに住むお隣り同士のふたり。 壁越しに聞こえてくる生活音に、いつしか癒され、さまざまな音によって 心を通わせてゆく異色のラブストーリーです。 自分が心地よく感じ... [続きを読む]

受信: 2012年6月30日 (土) 21時12分

» おと な  り [本と映画、ときどき日常]
監督 能澤尚人 出演 岡田准一     麻生久美子     谷村美月 閉鎖的な映画だな〜っていうのが率直な感想です。 隣の部屋の鼻歌までが聞こえるアパート。 そこに住む男一人女一人。 顔も知らないけど、そのアパートでの一挙手一投足は手に取るように知って...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 3日 (土) 11時02分

« 「お買いもの中毒な私!」 そろそろボーナスですが | トップページ | 「ハイキック・ガール!」 映画ではない、デモンストレーションだ »