« 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 彼らとの旅で得るもの | トップページ | 「機動戦士ガンダム」 アニメを変えた記念碑 »

2009年6月27日 (土)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 Beautiful World

素晴らしかった!
久しぶりに映画を観て、鳥肌がたつ経験をしました。
公開前はマリという新キャラクターが登場するということくらいしか情報がなく、大きく物語はオリジナルから変わっていくであろうと予想していました。
マリは本作冒頭から登場し、この物語が以前の「エヴァンゲリオン」とは異なるというサインにはなっていたと思います。
ですので全く異なるストーリー展開になるかと思いましたが、本作の中で語られるエピソードは旧作「エヴァンゲリオン」の中でも印象深いものが活かされていました。
宇宙空間からネルフ本部を目指して落下してくる使徒を、シンジ、アスカ、レイの三人で撃滅するエピソード。
エヴァ参号機が使徒化してしまうエピソード。
綾波レイの特攻攻撃のエピソード。
ただし一見同じように見えるエピソードも新劇場版の新しいストーリー、新しいメッセージのために巧みに再構築されています。

新劇場版が旧作と異なる最も大きな点は、シンジ、アスカ、レイという三人のキャラクターの「世界」へのスタンスです。
旧シリーズでは彼らエヴァンゲリオンのパイロットの少年少女は、それぞれに世界・世間からの疎外感、そして孤独感を感じています。
シンジは父親に捨てられたという孤独感。
アスカは自分の力のみしか頼れないという孤独感。
レイは人とは異なるものとしての孤独感。
旧シリーズのキャラクターは激しいほどの「世界」への拒否感が感じられます。
それがあの最終回に繋がるわけです。
しかし新劇場版の三人も旧シリーズ同様の疎外感・孤独感を持っていますが、彼らは彼らなりに自分以外の人間とコミュニケーションをとろうと行動をしようとする気持ちをもっています。
アスカやレイのためにお弁当をつくるシンジ。
シンジのために慣れない料理をしようとするアスカ、そしてレイ。
旧シリーズにはないこれらのエピソードが、新劇場版の三人の世の中へのスタンスが変わっていることを如実に表しています。
誰かを好きになる気持ち。
その誰かを守りたいという気持ち。
「ありがとう」と言える気持ち。
そういう気持ちを三人は持って、そして自ら戦いの場にでていくことを選択するのです。
レイとシンジを思いやり、参号機のテストパイロットに志願するアスカ。
シンジを守るために自爆を選ぶレイ。
そしてレイを守るために、一度降りたヱヴァンゲリヲンに搭乗することを選ぶシンジ。
誰かに命じられたからというのではなく、彼ら自身が選んだのです。
旧シリーズではアスカの「気持ち悪い」という台詞が印象的でした。
これは人と繋がることが自分を侵されるような気持ちになるということであったのでしょう。
けれども本作ではレイの「ポカポカしてくる」という台詞がとても心に残ります。
人と気持ちが通じ合うこと、それがとても幸せな気持ちであることということを言っているわけです。
旧作から新劇場版へ、彼ら三人はコミュニケーションを拒否するのではなく、繋がろうと大きく変わっているのです。

「大人になれ」とゲンドウはシンジに言います。
自分の願いを叶えるためには誰かを利用することを厭わない。
それほど強い覚悟がなければ、自分の願いを叶えることはできないとゲンドウは言いたかったのでしょうか。
確かに「世界」は理想論で語れるほど優しいものではありません。
過酷であると言ってもいいでしょう。
だからゲンドウの言うことも一理あるかもしれません。
そのような大人たちの存在があるからか、旧シリーズではシンジの「大人になること」への拒否感というものを強く感じました。
けれどもずっと子供でいることを世の中が許してくれるわけはなく、それをわかっているからこそシンジは「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」と繰り返し唱えながら戦っていたわけです。
新劇場版では子供たちは、旧シリーズのように子供のままでいようとするのではなく、ゲンドウたちのような旧世代の大人ではなく、新しい時代の大人になろうとしているように思えました。
自分の願いとともに、相手を想うことができる、そんな大人に。

旧シリーズにおける「人類補完計画」。
人間と人間は究極的には理解し合えない。
人は傷つけ合ってしまう存在である。
すべての人が幸せになるためには、個というものを捨て去り、一にならなければならない。
これが碇ゲンドウが考える「人類補完計画」です。
けれども新劇場版においてはそのような大人の考えを越え、子供たちは必死で想いを繋げていこうとします。
自分も幸せになり、相手も幸せになる。
ゲンドウが推進する「人類補完計画」とは異なる答えを、彼らが導きだそうとしているように思えました。

本作最後のタイトルロールでは前作に引き続き、宇多田ヒカルさんの「Beautiful World」が流れます。

 もしも願い一つだけ叶うなら
 君の側で眠らせて どんな場所でもいいよ
 Beautiful World
 迷わず君だけを見つめている

これはまさに新劇場版の主題そのものを歌っている歌詞です。
そのテーマをこのように表現した宇多田ヒカルさんも素晴らしいし、だからこそ庵野監督も再びこの歌を主題歌にしたのでしょう。

彼ら三人は想う人の隣で幸せに過ごせる世界を目指しています。
彼らの「Beautiful World」が新劇場版の最後で実現することを、僕も願いたいと思います。

本作でのアスカには衝撃を受けてしまいましたが、予告で出ていたのでちょっとホッとしました。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 彼らとの旅で得るもの | トップページ | 「機動戦士ガンダム」 アニメを変えた記念碑 »

コメント

hideakifujiさん、こんにちは!

確かに彼はあまり売るということには興味がない方のようですね。
先日「破」の鶴巻監督のインタビューを読んだ時にあったのですが、庵野総監督はずっとどちらかというと自分の観たいものを作りたいという感じだったということです。
でも今回「破」から観客が観たいものというを意識していたようだということでした。
だから今回の作品はポジティンブに、そしてエンターテイメント性もかなり上がっているということなのかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年8月 1日 (土) 06時10分

僕のコメントは庵野監督について…
GAINAXの黎明期からアニメーターとして新集団を発展させてきた重要人物ですね
ただ庵野監督はアニメファン世代から発生した種類の監督さんでアニメをビジネスとしてよりかはコンテンツの魅力の観点から作品作りに携わっているのが見え見えでした
一概には商業主義には走らず、SF性とか 新世代に突入しつつあるアニメ界の責任 そんなものばかりかあの監督の頭の中にあるのです

ガイナックスの初作品 オネアミスの翼はエヴァの原点です 庵野監督はアニメーターとしてCGとしか見えない凝った画面構成をわざわざ根性の手描きでやっておられました

僕はどちらかと言うと 庵野監督の新企画を早く見たい気がします
ただエブァの新劇場版は映像のクオリティにおいて度肝を抜かれてしまう勢いを感じてしまいました

投稿: hideakifuji | 2009年7月29日 (水) 22時54分

inunekoさん、こんにちは!

そういう説もあるんですねー。
「破」では最後に包帯に包まれ保護されているアスカが映っていたので、あれは本人であるとおもいますが(というより思いたい)。
でもそうやっていろいろ解釈できるのが、エヴァのおもしろいところですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月19日 (日) 06時30分

おじゃまします。
昨日、式波惣流別人説を聞いてビックリしてるとこです。アイパッチのアスカは旧劇場版ラストで目に包帯を巻いてる方だ、と。あたるかどうかはさておき、こういう想像を聞いて頭がクラクラするのも楽しくてしょうがありません。

投稿: inuneko | 2009年7月18日 (土) 21時53分

たいむさん、こんにちは!

Zガンダムって、実は劇場版観ていないんですよ。
TVの終わり方が大嫌いだったもので・・・。
そうかけっこう違うなら機会があったら観てみようかなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月 5日 (日) 05時44分

まりっぺさん、こんばんは!

いやー、このままアスカが出てこないのかと思っちゃいましたよ。
ちょいと安心です。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月 4日 (土) 23時06分

マサルさん、こんばんは!

以前のエヴァはとても厭世的な感じがしたんですよ。
なんというか大人になりたくない子供というか。
でも今回は大人になること、人と繋がることというのを前向きに語りたいという感じが伝わってきました。
僕はご結婚して監督ご本人の私生活がとっても幸せになったのだろうなあと感じたりしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月 4日 (土) 20時23分

こんにちは(^^)
話はぶっ飛びますが、「Zガンダム」が劇場版ではあの結末になり、しかもテーマを「愛」とした富野監督の変化を、今回のヱヴァによって庵野監督から感じるような気がしてます。

繰り返しの物語ならば、細胞単位での前世の記憶が同じ過ちを繰り返さないようにしてるのかなーなんて思って見てますが、まだまだ折り返し地点、油断は禁物かな?(^^)

投稿: たいむ | 2009年7月 4日 (土) 19時42分

シムウナさん、こんにちは!

ハッピーエンドになりそうな予感はありますねー。
そうは問屋が卸さないかもしれないですが・・・。
しかし旧シリーズと同じようなエピソードを織り込みつつ、新しい物語を構築している本作はすばらしい出来でした。
Qが早く観たいですが、また2年待たなければいけないですかねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月 4日 (土) 17時20分

あの予告が無かったら、アスカファンは気が気じゃないですよね。

投稿: まりっぺ | 2009年7月 4日 (土) 10時07分

こんばんはー。

 私は、新たに追加されたセリフ群に「ちょっとひいちゃった」人です。「ポカポカしてくる」とか「大人になれよ」あたりでちょっと恥ずかしさがこみ上げてきてしまって..。でも、その辺は紙一重で、おそらくは「ひいちゃうかシビレるかのまさに瀬戸際」あたりを狙っている感じがしました。そんなわけで、私もその日の心理状況によっては、あるいはもう10年若ければ、もしくは教育業界なんかに勤めていなければ...その他もろもろの自分の実存を形成している要素に今と違いがあれば、シビレまくっていた可能性が高いような気がしています。ひいちゃったのにそう思えるほど、高いクォリティの映像、音声、そしてプロット、世界観だったと思います。

 いずれにしても、次回作が楽しみなのは皆さんど同様です。

投稿: マサル | 2009年7月 1日 (水) 01時24分

TB有難うございました。
2年近く待った結果、ここまで完成度の高い作品を
提供されるとは、興奮の連続でした。
基本のストーリーラインは旧テレビシリーズを
踏襲しているのですが全く別物になっていました。
今回は、シンジ、レイ、アスカの心情の変化が
愛を感じることができるし、陰鬱な旧シリーズとは
異なって、ハッピーエンドになりそうな予感が
しました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2009年7月 1日 (水) 01時04分

にゃむばななさん、こんばんは!

エヴァは何度観てもいろいろな見方ができるのが、おもしろいところですよね。
悲劇は起こりうるのだけれど、それを越える希望みたいなものが本作には感じられます。
旧シリーズの息が詰まるような閉塞感とは最も異なるのが、ここだろうと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年6月29日 (月) 20時56分

なるほど~と思いながら拝読させていただきました。

確かに振り返るとレイ、シンジ、アスカの3人が孤独感から逃れようと、繋がりを求めるシーンが多かったですもんね。

こりゃもう一回は見とかんとあきませんね。

投稿: にゃむばなな | 2009年6月28日 (日) 16時00分

KLYさん、こんにちは!

彼ら三人が自ら進むべき道を選んでいくというのが、旧シリーズとの大きな違いでしたね。
なんというか未来に希望が見えるのではないかと感じます。
庵野監督の世界の見方が若いときから変わってきたのではないかなと感じました。
2年は長いですよね。
でもこれだけのクオリティでしたら、待ちます!

投稿: はらやん(管理人) | 2009年6月28日 (日) 14時51分

いやぁ痺れました!すごいもの見せられちゃいましたよね。3人の性格付けがちょこっと変わって、それぞれがそれぞれの目的を持った戦い、主体的な戦いになったからこそ、今までどこか客観視していた私たちを引き込んだんだと思いました。
ひとつだけ言いたいのは次回作も2年待たなきゃならんの?ってことです^^;

投稿: KLY | 2009年6月28日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45471376

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 Beautiful World:

» [映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆明日、また観に行くので、ちゃんとした感想は後ほど・・・^^  でも、これ、現時点では究極とも言える<大エンターテイメント作品>だと思う。  本日忙しく、明日も忙しいので、今はちゃんと書けないですいません^^;  ファースト・インプレッションを箇条書きで記しておく。      ◇   ・冒頭に戦う使徒、全くのオリジナルデザイン。    私が、…だけではなく、多くのファンが再観するのを期待しているかのように、やや把握しづらい全容。    同様にエヴァ5号機も造型が分かりにくい。   ・マリ... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 00時51分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [LOVE Cinemas 調布]
オリジナルシリーズをベースに制作した新劇場版4部作の第2弾。前作から2年の月日が流れていますがようやく公開です。本作では新たに登場する4thチルドレンやエヴァンゲリオン5号機、6号機、そしてアスカの名前が「惣流」から「式波」に変わったりと公開前からかなりの話題を呼んでいました。ちなみに鑑賞したTOHOシネマズ横浜ではあまりの満席具合に1公開急遽増やしたほどの人気。超期待の大作です!... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 04時08分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
公開初日に観に行ってきました ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 さすがに今回の作品は混雑する予 [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 09時27分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」プチレビュー [気ままな映画生活]
前作、「序」では旧テレビ版の1〜6話までのリビルド(再構築) だったが、今回は、既存のエヴァをまさに破壊する内容だった。 基本のストーリーラインは、旧テレビ版7〜19話を基本路線と している感じだが、描かれてる世界観は全く別物になっていた。... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 17時30分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Akira's VOICE]
頭の中がエヴァ色に染まる見応え。   [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 10時11分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [自己満足のための地味な映画紹介ブログ]
画質と画量、共に圧倒的である。そして音楽の使い方の斬新さは相変わらずである。キャラクター設定以外は20世紀につくられたテレビ番組版、そして劇場版の2作とは全く異なるものとして観た方がよいだろう。細かいストーリー、時代設定、完全な世界観とかは、マニアの人たち、さらにはつくっている方の人たちも完全に把握しているかどうかすら怪しいくらい複雑怪奇である。ただ、反抗期の14歳の少年・碇シンジが父であり上司である碇ゲンドウのやり方に対して憤りを覚えて人形兵器「ヱヴァ」へ乗る事から辞めようとするが、クラスメイトで... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 20時50分

» エヴァンゲリヲン新劇場版:破 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
あえてTVシリーズと同じ出発点からスタートしてみせた新EVA伝説。 第2ステージからは、大きくポイントが切りかわっていく。そこから見えてくる全4部作の真の姿とは、はたして何なのだろうか?新キャラ・新エヴァなどの斬新な要素だけではなく、未知の展開に対応したデジ....... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 21時31分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [C note]
観終わるなりすぐさまもう一度観たくてたまらなくなり、立て続けに次の回を本当に観て [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 22時26分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Men @ Work]
現在公開中の邦画、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(監督:庵野秀明)です。新宿バルト9シアター9で観賞しました。 いやぁ、凄かったです。劇場の混み具合と熱気が。(^^; 月... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 01時25分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 の感想 [気弱な反逆児、J影虎の感想リレー]
 今更エヴァなんて………。そう思っていたはずなのに、なんだかんだで「序」を観に行って早2年 [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 20時47分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [ダイターンクラッシュ!!]
6月30日(火) 21:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:1000円(買っていない) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト 新解釈ヱヴァンゲリヲン新劇場版の二作目。一作目の序は、渚カヲル早くも登場以外は、オリジナルテレビアニメに忠実だったと思うのだが、一転、本作は、しょっぱなから違うストーリーに走っていた。 丁寧な絵と派手な映像で、画面を観ているだけでも圧倒される。 ストーリーは、テレビアニメのアスカ登場あたりのコミカルな感じで当初進むの... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 21時22分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [そーれりぽーと]
オリジナルの面白さはわからず、前作も楽しめなかったけど、とりあえず流行ってるので『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観てきました。 ★★★★★ うはっ、面白い! 最初から最後まで超ハイテンション。 前作で最も盛り上がったヤシマ作戦バリのアドレナリン出まくりなバトルの連続の間に、キャラクター達の魅力爆発な人間ドラマローパートを絶妙に挟んで描く『破』は、俺のヱヴァンゲリヲンに対する「意味わからんし、くどいし」というイメージを破ってくれました。 ちなみに前作は★3個でした。 ほぼオリジナル通りの展開だ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 00時44分

» エヴァンゲリヲン新劇場版:破☆独り言 [黒猫のうたた寝]
なんとなく劇場鑑賞見逃しちゃった”序”は7月3日地上波放送でチェックさせていただくとしておおむねTV版でストーリー把握してるので観ちゃえっと『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』TV版は、放映時に友人の子どもから、全部録画したから貸してあげるね~っと(笑)お借りして鑑賞... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 00時57分

» サービス、サービスっ?!~「エヴァンゲリヲン新劇場版・破」 [ペパーミントの魔術師]
コレだけは何をおいても見たかった・・・ってことで。 28日・日曜日、8:15! シネマート心斎橋にて。 こんなに朝早く映画館行ったのは初めてです。 ・・・もっとも上映15分前に飛び込んで 余裕の当日券ゲットで真ん中に座れるとは 思いませんでしたが。・・・アメリカ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 02時03分

» 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』 [唐揚げ大好き!]
  真の姿が現れる、新EVA伝説第2ステージ  ■汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 03時57分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [5125年映画の旅]
新たに導入されたエヴァンゲリオン弐号機とそのパイロット、式波・アスカ・ラングレー。新たな適格者真希波・マリ・イラストリアス。互いの距離を近づけるエヴァパイロットたち。使徒との戦いは過酷を極め、少年少女は新たな運命に遭遇する。 かつて社会現象を巻き起こし...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 06時57分

» 劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 [日々“是”精進!]
 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を鑑賞してきましたオリジナルのTVシリーズをリビルド(再構築)し、新劇場版として生まれ変わった全4部作の第2弾。本作は完全新作をベースに制作、新たなヒロインや新型エヴァンゲリオンの登場などデザインと設定が大幅に刷新され...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 16時43分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 [にき☆ろぐ]
さて、映画の日に観てきちゃいましたよエヴァ自体はTVシリーズを見ただけで旧劇場版も序も見てないんですよねそれでも今回はTV版の中盤を再構成したような内容だったので十分楽しめましたけどあと田舎で平日だったこともあり半分ぐらいの客入りで快適に見れましたね〜...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 23時57分

» レビュー:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[SFアクション][巨大人造人間][人間ドラマ][親子物][リビルド][アニメ][邦画][ビスタ][SRD-EX] 興奮度:★★★★★ ファン向け:★★★★★ ライト層向け:★★★★☆ 監督: (総)庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉 出演: 緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 19時00分

» 【映画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [新!やさぐれ日記]
▼動機 だってエヴァだもん、そりゃ見たいでしょ? ▼感想 で、続きはいつになるのです? ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 北極のネルフ施設であるベタニアベースに、第3の使徒が現れた。エヴァンゲリオン仮設5号機で迎撃にあたるのは謎の少女、真希波・マリ・イラストリアス。仮設5号機は、体を欠損させながらも第3使徒を殲滅するが、使徒のコアを破壊した直後に自爆してしまう。自爆する直前に仮設5号機から脱出したマリは「自分の都合に大人を巻き込んでしまった」とつぶやくが、その言葉に後... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 09時09分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [ダイターンクラッシュ!!]
6月30日(火) 21:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:1000円(買っていない) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト 新解釈ヱヴァンゲリヲン新劇場版の二作目。一作目の序は、渚カヲル早くも登場以外は、オリジナルテレビアニメに忠実だったと思うのだが、一転、本作は、しょっぱなから違うストーリーに走っていた。 丁寧な絵と派手な映像で、画面を観ているだけでも圧倒される。 ストーリーは、テレビアニメのアスカ登場あたりのコミカルな感じで当初進むの... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 11時25分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [よろずな独り言]
 行ってきました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。つまらないレベルでのショックな出来事が二つほどありましたけど。(苦笑)公開間もないので,ネタバレに関しては排除しております。ネタバレとなる感想は,もう少し経ってから(出来たら)アップしたいと思います。そうそう,今回は「やはり来てると思いました。」なんて失礼なことをいう後輩とは会いませんでした。(爆)... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 22時23分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/緒方恵美 [カノンな日々]
これぞ日本のお祭り映画って感じで公開前からずいぶん盛り上がってるみたいでしたね。何度かにわけて発売されて前売り券はそのたび各所でSOLDOUT状態みたいですし、各シネコンでの公開初日分の事前販売も出足がスゴイみたいでした。私にとっても一応観たかった映画なんですけ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 23時12分

» 映画 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』 [アニメって本当に面白いですね。]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破   現時点での評価:4.0〜4.5   []   総監督 : 庵野秀明   監督 : 鶴巻和哉・摩砂雪   キャラデザ : 貞本義行   メカデザ : 山下いくと   アニメ制作 : カラー   http://www.evangelion.co.jp/ ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 01時38分

» お一人さまで“ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破”(ネタバレ) [『ならうよりなれろ!!』]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観にいってまいりましたよ。 初日・初上映のチケットを、2日前にPCの前にスタンバってゲット。 アラフォー女、一人で「ヱヴァ破」 でも、気にしない~。 TOHOシネマズはものすごい混雑でした。 「ヱヴァ破」は初上映の9:3..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 18時32分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 [みんなシネマいいのに!]
 初めてTVシリーズは前半があまりにも面白かったので、後半の壊れっぷりがを観た時 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 19時50分

» 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(お薦め度★★★★★) [erabu]
原作・脚本・総監督、庵野秀明。監督、摩砂雪、鶴巻和哉。テーマソング、 宇多田ヒカ [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 18時11分

» エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想 [わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]]
やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてま [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 19時19分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [いい加減社長の日記]
映画サービスデーということで、会社を早退して、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」を鑑賞。 ほんとは、公開日に行きたかったんだけど、かなり満席に近い状態で、断念。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 22時05分

» ハジメマシテオトウサン [*nicoponism]
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 感想メモ 公開されて日も経ってるのに満席でしたよほんとすごい人だった!あまりにも素晴らしすぎて震え・・・た!リアルタイムでTVみて翌日に学校で昨日の放送についてあーで... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 12時45分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」色々と新しいんだよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[新世紀エヴァンゲリオン] ブログ村キーワード  前作公開から、待つこと2年。ようやく公開!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(クロックワークス/カラー)。興行の方も、公開と同時に好調なスタートダッシュを飾っております。『今回も、サービスサービス!』ってか!?  汎用ヒト型決戦兵器・ヱヴァンゲリヲン初号機のパイロットとして、自ら戦うことを決意した碇シンジ。“ヤシマ作戦”を経て逞しさを増したシンジの前に、ヱヴァ2号機とそのパイロット、式波・アスカ・ラングレーが現れる。アスカはシンジのことを“... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 13時05分

» エヴァンゲリオン新劇場版:破 の感想 [わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]]
やっといろいろ落ち着いてきたので映画の感想でも書こうかとおもう。昨日は忙しくてま [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 23時36分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [映画、言いたい放題!]
放映権(ていうの?)が日本テレビに移ったので 宣伝が物凄いですね。(+o+) 鳴り物入りの公開で公開日二日目に観に行こうと思っている私は 果たして映画館に入れるか、急に心配になりました。 今回は最近知り合ったヱヴァファンの勧めで 足を伸ばして音響の良さで定評のあるシ... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 14時37分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009) [inuneko]
見ました見ました。 仮新居に朝イチに着くのぞみに乗ったので夜のチケット買って夜に出直す手があるぞと思いついて。 せっかく素敵に箝口令がひかれてるんだから(ボクが世間とつながってないだけか?)ここはひとつネットでうっすら下書きされちゃう前に見とくかと思いついて大スクリーンでツレと。 こんなに話が進むとはなぁ。 初号機がアレをバキンとした時にゃカラダが固まりました。 毎回因果な目に遭う子だな。 まずはイベントとして楽しませてもらいました。 次は終わり頃にのんびり映画として楽しみに行きたいです。 おもしろ... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 21時55分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [象のロケット]
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。 綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。 加えて魅惑の新ヒロイン、マリが登場。 謎の生命体“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオン仮設5号機の参加で、 さらに激しくエスカレートしていく…。 人気SFアクションアニメ劇場版第2弾。... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 13時49分

» 新世紀エヴァンゲリヲン 新劇場版:破 [Sweetパラダイス]
やっと観て来ました【新世紀エヴァンゲリヲン新劇場版:破】ストーリーとスピード感が良かったですなんだ?このワニの骨みたいなのは!?こいつが第3使徒なのかEVA5号機のパイロット真希波・マリ・イラストリアス第3使徒を倒したのにEVA5号機も自爆って何じゃそ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 20時01分

» 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 [みゆみゆの徒然日記]
 最近、地元でやっと公開が始まったエヴァ新劇場版の破を見てきました。序も劇場で見ているのですがちょっと遠出をしてまで見たいというところまではいかず、でも近くでやってるなら見てみようかな(苦笑)というレベルの私です・・・(^^;。  『序』は、TV版を良い感じに焼きなおしているな〜と思ったのですが、『破』に関しては、事前にアスカの名前が惣流から式波に変わっているとか、新キャラが出てくるとか、5号機6号機が出てくるということは知っていたけれど・・・冒頭から「誰これ?何これ?」で、私、ついていけるのかな... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 21時25分

» エヴァンゲリヲン:破(感想173作目) [別館ヒガシ日記]
破は盆休みにDVDレンタルで鑑賞したが 結論は序よりも内面を重視も良い感じだったよ [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 11時50分

» 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 破』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語はここから未知の領域へ突入する・・・。感想UC... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 20時16分

» 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 』 (2009) 監  督 :庵野秀明、鶴巻和哉、摩砂雪キャスト :緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、宮村優子、山口由里子、立木文彦、 坂本真綾、山寺宏一、石田彰、清...... [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 17時51分

« 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 彼らとの旅で得るもの | トップページ | 「機動戦士ガンダム」 アニメを変えた記念碑 »