« 「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 | トップページ | 本 「のぼうの城」 »

2009年5月16日 (土)

「ブッシュ」 政治コメディだったのか!?

「史上最悪の大統領」と呼ばれることもある、ジョージ・W・ブッシュ前アメリカ合衆国大統領。
そのブッシュ前大統領を、今までも「JFK」「ニクソン」と大統領を題材にした作品を作っているオリーバー・ストーンが本作「ブッシュ」で描きました。
ちなみに原題は「W.」で、これはパパブッシュと区別するためでしょうねえ。
辛辣なオリバー・ストーン監督なので、どれだけ辛口になるかと思っていたら、ちょっと違った雰囲気でした。
もう怒る気すらなくなって、あきれてしまって、笑ってやろうということになったのかも。
ブッシュが閣僚をひき連れて自分の牧場を散策している時に迷ってしまい、「ハーッ、道を間違えたようだ」とブッシュが言うのはあまりにブラックで笑ってしまいました。
イラク戦争で怪我を負った兵士のお見舞いに犬のTシャツを持っていく、KYでオバカな感じも苦笑してしまいます。
ブッシュ前大統領は、父親のジョージ・H・W・ブッシュ(まぎらわしいなあ)へのエディプスコンプレックスに苛まれていたというのは新鮮な見方だなあと思いました。
確かにすべてにおいて自分が越えることができない父親がいるというのは、息子としてはなかなか辛いことでしょう。
だったら別の道を目指せばいいような気がしますが、何故か政治家の息子は政治家を目指しますよね。
日本もアメリカも二世問題というのは、同じなのでしょうか。

ブッシュ前大統領を演じたジョシュ・ブローリンはほんとにブッシュに見えました。
素顔はそれほど似ているとは思わなかったんですけれど、さすがに俳優さんです。
チェイニー副大統領(当時)、ライス補佐官(当時)、パウレル国防長官(当時)もとってもそっくりさんです。
よく見たらチェイニーはリチャード・ドレイファスじゃないですか!
あの憎たらしい感じはチェイニーにしか見えなかったですよ。
この方たち、「ギララの逆襲」で歴代首相そっくりさんをやっていた「ザ・ニュースペーパー」みたい。
実はこの作品は政治コメディだったのか!?

作品としては旬なうちに作ろうとしてあまり詰めている時間がなかったのか、やや乱暴なところもなくはなく。
オリバー・ストーン監督の作品は長いものが多いですが、まとまりのなさが本作は顕著でした。
もう少し短くていいですよ、ブッシュさんはネタとしてはいろいろあるのでしょうけど。
プレツッェル喉詰まらせ事件はもうちょっと顛末を知りたかったぞ。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 | トップページ | 本 「のぼうの城」 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

オリバー・ストーンは辛辣な描き方が多くて、彼の怒りみたいなものを作品には感じるのですが、本作は怒りというよりはブッシュにあきれているといったところがありました。
ブッシュの牧場で閣僚たちがいっしょに歩いているところは完全に彼らをバカにしてましたよねえ。
チェイニーとライスはほんとそっくりでした。
チェイニーはドレイファスだったんですよね、風貌も似てましたけど、憎たらしい感じもそっくりでした(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年11月 6日 (金) 20時24分

やはりまとまりの悪さは感じましたね。
長いけど、ヘビーで見ごたえのある映画を撮る監督ですが、今回は、ブッシュというキャラのほうが強かった気がしました。
あの最強のキャラは、オリバー・ストーンをもってしても、描ききることができないほどのあきれキャラだったんだろうなあ・・と。
チェイニーと、ライスのそっくりぶりには、ニマっでした。

投稿: sakurai | 2009年11月 4日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45031776

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブッシュ」 政治コメディだったのか!?:

» 映画「ブッシュ」(2008年、米) [富久亭日乗]
    ★★★☆☆  第43代米大統領George W. Bush の軌跡を 「JFK」(1991年)のOliver Stone 監督がたどった。 原題は「W.」。 「W.」は父Bushが息子を呼ぶときの愛称。          名門Bush家の長男George W. Bush(Josh Brolin)は、 Yale大、Harvard大を出たものの、 父親George YaleH.W. Bush(James Cromwell ) の 偉大さを乗り越えられない、 野球好きでアル中のダメ息子。 一念発起... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 09時58分

» ブッシュ [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
ブッシュ (2008)今回の映画は、「ブッシュ」です。本作「ブッシュ」は、アメリカ元大統領、ジョージ・W・ブッシュの半生を描いた伝記ドラマです。監督は『JFK』『ニクソン』のオリヴァー・ストーン。Wことジョージ・W・ブッシュ(ジョシュ・ブローリン)は大学時... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 05時02分

» *ブッシュ* [Cartouche]
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ 「弟を見習え、このろくでなし!」 名門一家の若き跡継ぎジョージ・W・ブッシュは、40歳になるまで父から与えられた仕事を途中で投げ出す、アル中のダメ息子。「だがいつかはボクも、パパに認められたい…」パパの巨大な影と闘いながらも、ある日ブッシュは神の預言を聞く。「お前が大統領になるのだ――」。そして遂に、パパに認めてもらえる日がやってくる筈だったが…。 gooより}}} アメリカの名門といえば、ケネディ家..... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 22時47分

» ブッシュ [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:オリヴァー・ストーン 出演:ジョシュ・ブローリン    エリザベス・バンクス    リチャード・ドレイファス    ジェームズ・クロムウェル    エレン・バースティン    タンディ・ニュートン    ジェフリー・ライト ... [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 11時47分

» 『ブッシュ』 [ラムの大通り]
----キャッチコピーが「世紀のKY【クツよけ】男。」 これって、なんだかニャあ。 「こういうのもあるよ。 『パパ、ボクだって世界を《チェンジ》したのに…』。 かと思うと、 『世界でいちばん有名な大統領は、 世界でいちばん寂しい人でした』」 ----ブッシュ、完全におちょくられてるにゃあ。 「落ち目の人をそんな風に叩くのは、 あまり好ましいとは思えないけど、 この映画自体が、 確かにそう言う描き方をしているからなあ」 ----監督がオリバー・ストーンだよね。 『JFK』『ニクソン』)に続いて3度目の... [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 17時21分

» 「ブッシュ」 [みんなシネマいいのに!]
 実在の人物の映画化は、既にお亡くなりになっている人、もしくはその業績が遥か昔の [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 08時08分

» ブッシュ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『世界でいちばん有名な大統領は、 世界でいちばん寂しい人でした。 世紀のKY【クツよけ】男。』  コチラの「ブッシュ」は、「ニクソン」のオリヴァー・ストーン監督が、歴代支持率ワースト1と言われたジョージ・W・ブッシュ前大統領の半生をユーモラスかつシニカル....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 08時18分

» ブッシュ☆☆☆☆ [銅版画制作の日々]
世界でいちばん有名な大統領は、世界でいちばん寂しい人でいた。 ブッシュが、パパを「パピー!」と呼んでいたのが印象的だ。 お分かりのとおり、ジョシュ・ブローリンとジョージ・W・ブッシュ 大統領はあまり似ていません。でも彼はブッシュに近限りなく近づいているって感じ?なんです。そのことをオリバー・ストーン監督はこう話しています。「そっくりさん」ではなく、「似ている感じ」を目指したのだと。特にジョシュにはいくつかの補助具身につけ、似させたという。なるほどそうなんや。その微妙さがいいのかもしれないなと・・... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 16時22分

» 『ブッシュ』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
『JFK』、『ニクソン』、『ワールド・トレード・センター』などなど、社会派の監督として知られるオリバー・ストーンが手掛けたブッシュの伝記映画。 ブッシュはブッシュでも息子の方、第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが主人公だが、現職の大統領の伝記映画というのは前代未聞ではなかろうか。 映画は9・11以降、イラク戦争に踏み切る”現代”と、学生時代からテキサス州知事、そして大統領へと上り詰める過程を”過去”として平行して描いている。 アルコールに溺れ、何をやっても長続きせず、問題を... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 19時45分

» 「ブッシュ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「W. 」USA/香港/ドイツ/UK/オーストラリア “世界でいちばん有名な大統領は、世界でいちばん寂しい人でした”..社会派オリヴァー・ストーンが描く伝記ドラマ。 ジョージ・W・ブッシュに「アメリカン・ギャングスター/2007」「告発のとき/2007」「ミルク/2008」のジョシュ・ブローリン。 ローラ・ブッシュに「シービスケット/2003」のエリザベス・バンクス ジョージ・H・W・ブッシュに「L.A.コンフィデンシャル/1997」「クィーン/2006」のジェームズ・クロムウェル。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 20時31分

» ブッシュ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
世界でいちばん有名な大統領は、世界でいちばん寂しい人でした。 先ごろ任期を終えた第43代アメリカ合衆国大統領、ジョージ・W・ブッシュの足跡をたどる人物史。 物語:「弟を見習え、このろくでなし!」名門一家の若き跡継ぎジョージ・W・ブッシュは、40歳になるまで...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 20時41分

» ブッシュ [DVD] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:W.公開:2009/05/16製作国:アメリカ上映時間:130分監督:オリヴァー・ストーン出演:ジョシュ・ブローリン/ジョージ・W・ブッシュ(大統領)エリザベス・バンクス/ローラ・ブッシュジェームズ・クロムウェル/ジョージ・H・W・ブッシュエレン・バースティン/バ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 08時58分

» ブッシュ [迷宮映画館]
そっくりサン大会みたいでした。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 12時17分

» 09-165「ブッシュ」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
神のお告げにより、大統領になります  多くの政治家を輩出してきたアメリカの名門ブッシュ家。“W”(ダブヤ)ことジョージ・W・ブッシュも、後に第41代大統領となるジョージ・H・W・ブッシュの長男として重い期待を背負っていた。  しかし、偉大な父親の影に早々に押しつぶされていく。父と同じ名門エール大学には入ったものの、在学中も卒業後も厄介事ばかりを引き起こし、いつしか家名を汚す不肖の息子となり果て、父の期待は弟ジェブにばかり向けられるようになる。  それでも、1977年にようやく“家業”...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 13時07分

» 「ブッシュ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
劇場鑑賞の「キャピタリズム〜」に続いて、 アメリカ内情もの・・・ しかも存命の前大統領の伝記的映画を、もう作っちゃうなんて。。。 [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 02時29分

» 『ブッシュ』 ('10初鑑賞42・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月21日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年4月14日 (水) 20時39分

« 「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 | トップページ | 本 「のぼうの城」 »