« 「ブッシュ」 政治コメディだったのか!? | トップページ | 「鈍獣」 2倍速ぐらいがちょうどいい »

2009年5月17日 (日)

本 「のぼうの城」

直木賞ノミネート、09年本屋大賞2位の時代小説です。
本作がデビュー作の和田竜さんは1969年生まれだそうですから、僕とほぼ同年代。
このくらいの年の作家で時代小説を書く方は珍しいような気がします。
そういう若い感覚が反映されているからか、時代小説にありがちな堅苦しいところはありません。
わかりやすいカタルシスみたいなものがあって、帯にある「ハリウッド映画の爽快感!」という惹句も納得できます。
歴史物を読み慣れていない方の入り口として、入りやすい作品に思えます。

舞台となるのは戦国時代、豊臣秀吉が小田原の北条攻めを行っているとき。
小田原包囲網を行っているさなか、秀吉の重臣石田三成は、北条についている成田氏の居城忍城を攻めます。
押し寄せる石田軍は二万、対して城を守るのは百姓たちも入れてたった二千。
タイトルにある「のぼう」というのは、「でくのぼう」のこと。
石田三成との戦いのときの城代成田長親は、風采のあがらない男ということで「のぼう」と呼ばれていたのです。
長親は武芸もさっぱりで、何故か農作業が好きで手伝いにいくのですが、根っからの不器用のため役には立たず百姓たちにも「のぼう」様と呼ばれる始末。
けれども幼子のように純真な長親は、百姓たちや武士たちの心をつかんでおり、それが石田軍との戦いの中で力となっていくのです。
圧倒的な石田軍に対し、武でもなく知恵でもなく、ただその「人望」だけで乗り切る長親の姿、そして彼についていく武士や百姓たちの想いに、爽快感を感じます。
功名心や損得感情でもなく、また義など頭でっかちな思想でもない、素直な長親はとても新鮮に思えました。

「のぼうの城」和田竜著 小学館 ソフトカバー ISBN978-4-09-386196-0

|

« 「ブッシュ」 政治コメディだったのか!? | トップページ | 「鈍獣」 2倍速ぐらいがちょうどいい »

コメント

リラさん、こんにちは!

そうですねー、時代小説って慣れないと読みにくいところありますが、本作はそういうところはありませんでしたよね。
そのあたりがベストセラーになった一因かもしれないですね。
映画化作品はのぼうさまのキャスティングが個人的には意外だったのですが、どのようになるか楽しみです。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年6月29日 (水) 06時30分

はらやんさん、こんばんは~(^^)
TBありがとうございました♪
この作品は堅苦しさがなくて読みやすかったですね。のぼう様の素直さが清清しくて気持ちよかったです。
映画化もされてるということで、今から公開が楽しみです♪

投稿: リラ | 2011年6月27日 (月) 23時26分

みゆみゆさん、こんにちは!

そう、あまり時代小説を読んでいない方でも読みやすい小説かなと思いました。
映画版はどんな感じになりますけね。
最近何気なく時代劇の映画が多いですが、今までの作品とは違う個性が感じられるといいなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年11月 6日 (土) 07時13分

こんばんは!
私も『のぼうの城』を読みました。
確かに今までの時代小説とは違う読みやすさがありますよね。

映画も楽しみです!
(配役が微妙かもと思うのもありますが・・・見てみないと分からないしという気持ちです^^;9

投稿: みゆみゆ | 2010年11月 4日 (木) 21時03分

みぃみさん、こんにちは!

この作品、時代小説にありがちな取っ付きにくさはないですよね。
そのあたりが売れてる理由かもしれません。
時代小説は読み慣れていない方にはハードル高いイメージがあるので、本作品のようなところから今まで読んでいない人が興味もってくれると嬉しいです。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年8月 1日 (日) 15時46分

こんにちは(^^)。トラックバック、ありがとうございます♪。

1969年といえば!。
アポロ11号が人類初の月面着陸した年ですよね?。激しく反応してしまいました(^^;)。

人の名前を覚えるのが苦手な私にとって、似たような和名が多く登場する時代小説は、登場人物の相関関係を確認しながら読み進める必要があるので、結構大変なのですが。。。

この本は、とっつきやすく、ある時点を過ぎてからは、怒濤の勢いで読み進めました。

行動一つ一つが、起こりうる事象への対策も施してあった点に「ほぅ。」と感嘆しきりでした。

損得感情や利とは無関係に周りが協力してくれる長親の「ひととなり」、なーんも考えていないような行動が実はとても深い影響力を持つ「潜在能力」、と、それらに呼応する彼の治める地に住む家臣・人民達の姿は、読んでいて、とても清々しかったです。

ちなみに。。。映画化の情報を得て以来、萬斎さんファンの私は、長親の舞に期待感が高まりまくっています(笑)。

投稿: みぃみ | 2010年8月 1日 (日) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45045900

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「のぼうの城」:

» 本:「のぼうの城」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年7月21日(水)#63647;。 映画化が決まった「のぼうの城」。野村萬斎さんが主演。 成宮寛貴君、佐藤浩市さんも出演する戦国時代物と知り、読みたいモードまっしぐら#63716;。 ってなことで、感想をば。。。 本 :「のぼうの城」 著者:和田竜 ..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 08時23分

» 『のぼうの城』 和田竜 [【徒然なるままに・・・】]
豊臣秀吉が小田原城に北条氏を攻めた際、配下の石田三成は支城の一つ忍城攻略を命じられた。しかし二万の大軍を率いた石田軍は、城に立て篭もる僅か二千の成田軍に大敗を喫してしまう。その総大将の名は成田長親。しかし長親は城内のみならず、百姓からも木偶の坊を縮めた”のぼう様”という蔑称で呼ばれている男だったのだ。 秀吉の小田原攻めは色々なエピソードに事欠かないが、まだまだこんな”知られざる話”があったのだなぁと感慨新た。人物描写は著者の想像に負う所が大きいと思うが、城を巡る攻防は史実に基づくもの。隆慶一郎... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 18時52分

» 「のぼうの城」和田竜 [ぷち てんてん]
ずっと、読めずにいた一冊。面白いという話を聞いていたので、かなり前に買って最初の10ページほど読みかけてあったんだけど、その続きがなんでか読めずにいたのです。しかし、旦... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 20時16分

» 『のぼうの城』 [みゆみゆの徒然日記]
和田竜/著  野村萬斎主演で映画化されるということで興味を持って以来ずっと読もうと思っていました。(その前からも話題の作品でしたしね。)そして最近文庫化されたのを購入して読みました。正直に申しまして、不勉強なので、この小説の舞台である忍城が石田...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 20時59分

» 完成されたバカ殿のかたち「のぼうの城」 [Whats Design Blog]
寒い。こないだまで暑い暑い言ってたのに、寒い。 七分袖の出番がない。そして体調を崩す人続出。 書いてて思い出した。こないだ生まれて初めてぎっくり腰になりましたよ。 びっくりした。腰大事ね。 で、くの字で横たわったまま動けないもんだからこれを読んでた。 本人は立てもしないというのに、合戦ものですよw なんか日本史としての中央の歴史っていうの?そういうのは一応知っているのだけれど、 この物語の舞台となる埼玉方面とか、例えば私の田舎の諏訪の歴史とかといった 地方の歴史って縁のある人じゃないと知らないよね。... [続きを読む]

受信: 2010年11月22日 (月) 12時50分

» 『のぼうの城』 和田竜著 [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
豊臣秀吉の小田原攻め、天下統一への最後と戦。 圧倒的軍力を誇る秀吉軍に、多くの城が闘わずして開城する中、石田三成率いる2万余の兵力に対し、わずか500余の兵で戦いを挑み、最後まで落ちなかった城があった。 その忍城を率いるは、農民たちにバカにされつつも親しまれてい... [続きを読む]

受信: 2011年1月 8日 (土) 14時58分

» 初めて面白いと思った歴史小説!! 『のぼ... [やっほっほ~]
   【送料無料】のぼうの城(上)  【送料無料】のぼうの城(下)和田竜さんの作品時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 21時45分

» のぼうの城 [Akira's VOICE]
和田竜 著  [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 10時21分

» のぼうの城/和田 竜 [リラの読書日記♪]
JUGEMテーマ:読書nbsp;★★★★(4/5)あらすじ 時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から 「のぼう様」 と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。(紹介文より)〜感想〜天下統一を目指す秀吉の命を受けて石田三成が、「浮上」 と呼ばれる城を攻めることになるのだけど、実はすでに秀吉との間で密約が交わされていて、形だけの抵抗を示した後に... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 23時24分

» のぼうの城 / 和田竜 著 [ただの映画好き日記]
戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。 [続きを読む]

受信: 2012年12月26日 (水) 18時38分

« 「ブッシュ」 政治コメディだったのか!? | トップページ | 「鈍獣」 2倍速ぐらいがちょうどいい »