« 「しあわせのかおり」 見えない心配りがしあわせの材料 | トップページ | 本 「悪夢のドライブ」 »

2009年5月 6日 (水)

「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・

「デスノート」ですが、アメリカのワーナー・ブラザーズが実写映画化権を手に入れたということです。
本作も「デスノート the Last name」「L change the WorLd」もアメリカの興行はまずまずというところで、ハリウッド映画化になったのでしょうか。
この話はアメリカでも受け入れやすいでしょうね。
なにせ死神ですし。
アメリカ版の脚本を担当するのはチャーリー&ヴラス・パーラパニデス兄弟という方たち。
まったく知らないので、やや心配・・・。

こういうニュースを聞いたので久しぶりに「デスノート<前編>」を観賞し、記事を書いてみました。
もちろん公開時劇場で観ましたが、そのときは映画ブログはやってなかったので。
そういえば松山ケンイチさんがブレイクしたのも本作の"L"役からでしたね。
とはいえ、<前編>はどちらかというと夜神月が中心に描かれています。
はじめ月がデスノートを手に入れたときは、悪を見逃せないという純粋な正義感を持っていたのでしょう。
デスノートが持つ力というのは、人間では防ぐことができない圧倒的な力なわけです。
その力を「正義のために使う」と月は思いますが、そもそも「正義」というのは非常に危ういものです。
「デスノート the Last name」の記事の時も書きましたが、「大きな力は人を狂わす」のです。
何を基準にするかによって「正義」というものは大きくぶれてしまいます。
そしていつしかその力を使う目的であった「正義」すらこぼれ落ちて、その力を使うことが目的になってしまいます。
夜神月はどこかである一線を越えてしまいました。
「自分だけ」が「正義」を行使できると傲慢にも思ってしまったとき、そのときが一線を越えた瞬間だと思います。
ちょっと話が飛びますが、この「大きな力」を持ち、自分たちが直接ダメージを受けることなく、「自分だけが正義を行使できる」というものの考え方というのは、アメリカという国の態度や行為にしばしば現れるものに思えます。
「正義=Justice」でこれはよくアメリカが口にする言葉です。
本作、アメリカでリメイクされるとき、本作のテーマの一つである「Justice」をアメリカ人としてどのように解釈するのかが、興味深いです。

続編「デスノート the Last name」の記事はこちら→
スピンオフ作品「L change the WorLd」

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「しあわせのかおり」 見えない心配りがしあわせの材料 | トップページ | 本 「悪夢のドライブ」 »

コメント

もじゃさん、こんにちは!

確かにあの映画の例もありますし・・・。
ちょっと(だいぶ?)不安はありますよねえ。
観に行ってしまうとは思いますけれど。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年6月 3日 (水) 06時43分

こんにちは。TBありがとうございます。
ハリウッド映画かですか!
楽しみな反面、不安もありますね。ドラゴンボ....ごほっごほっ。

投稿: もじゃ | 2009年6月 1日 (月) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44921690

この記事へのトラックバック一覧です: 「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・:

» デスノート [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。』  コチラの「デスノート」は、今日6/17公開になったのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪「週刊少年ジャンプ」で連載されている「DEATH NOTE」の実写映画化って事なんですが、人気のあるコミックらしいし、結構話題にな....... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 01時11分

» DEATH NOTE デスノート 前編 [映画鑑賞★日記・・・]
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』)    小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史名門・東応大学で....... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 11時11分

» DEATH NOTE -デスノート- 前編 [Akira's VOICE]
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 10時51分

» デスノート 前編 [5125年映画の旅]
金子修介監督が『デスノート』を撮ると知って半年、『デスノート』にハマって半年、期待と不安を孕んでついに完成した実写版『デスノート』。 白状すると期待が3で不安が7だった訳で、出来がとっても心配だったんですが、意外や意外!この映画、面白! 原作ファンとし...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 21時57分

» 「DEATH NOTE デスノート」 [日々のつぶやき]
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香 原作 はものすごくスリル感があって、こんな面白いんだから、あれだけの話題で映画化納得!と思ったものです。 そのうちDVDを・・と思っているうちにスピンオフ「L change the World」が始まると... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 14時26分

» DEATH NOTE デスノート 前編/藤原竜也、香椎由宇 [カノンな日々]
原作コミックのことは全く知りませんでしたが、劇場予告編の雰囲気や、デスノートという悪魔のツールをキーアイテムにした犯罪スリラー、天才的犯罪者と天才的探偵の頭脳戦というふれこみにはかなりそそられました。キャスティングも主演・藤原竜也くんに香椎由宇さん、瀬戸....... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 23時09分

» 「DEATH NOTE」超面白いっス(_) [Thanksgiving Day]
録画しておいた、映画「DEATH NOTE」を観ました!! 11月3日に「DEATH NOTE the Last name」が公開されますけど、最初の「DEATH NOTE」を観てなかったので「まあ、これはパスさせていただこっかなぁ(_... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 00時08分

» 「DEATH NOTE」とてもおもしろかった! [よしなしごと]
 今回はDEATH NOTE前編です。 [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 15時27分

» デスノート 前編 [UkiUkiれいんぼーデイ]
後編も観たいかも・・・[:わーい:] なかなか面白いゾ〜[:ムード:] 原作コミック読んでないけど観ちゃった! 原作を未読でも、充分面白いです。 中村獅童さんに告ぐ・・・ これから“顔”は出さずに“声優”で出てください。 って言いたいくらい、今回は“死神リューク”の声が良かったわ〜[:拍手:] フルCGで描かれた“死神リューク”は、なんとも個性があって、死神なのにリンゴが好きなんてチャメッケもあって憎めないキャラ。 主人公・夜神月(“月”と書いて“ライ... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 19時06分

» DEATH NOTE/デスノート 前編 [そーれりぽーと]
週間少年ジャンプらしからぬ深く小難しいタッチで自らを正義と確信する異能の大量殺人鬼と、それを止めようとする人々との知的攻防を描いた「DEATH NOTE」が、連載終了と同時に実写で映画化されたので早速観てきました。 ★★ 原作を毎週楽しみに読んでいた私からすると、ストーリーはそのままでキャラクターについても原作に忠実に設定されているから、俳優が少しでもその人物のイメージと違う事をする度に冷めてしまい集中出来なかった。 加えて、元々原作の人物描写に卓越したものが有ったから、演出上でそれに及んでいない... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 20時18分

» DEATH NOTE(前編) [Yuhiの読書日記+α]
 ついこの間公開されていたと思ったら、もうテレビ化!とびっくりしたのですが、これって前編だったんですねー。来月に後編が公開されるので、前編を見ていない層も取り込もうという策略なんですね(^^ゞ  マンガ版は周りの人から、「すごく面白い!」という評判を聞いていまして、私も興味は持っていたのですが、なんせ死神とか出てくる時点で、あまりにもマンガチックなんで・・・{/kaeru_shock2/} マンガならさほど抵抗はなくても、実写だとかなり違和感があるんではないかなーと思って、映画館で見る気にはなれな... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 21時11分

» デスノート 前編 [メルブロ]
デスノート 126本目 上映時間 2時間6分 監督 金子修介 出演 藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 香椎由宇 細川茂樹 評価 5点(10点満点) 会場 渋谷シネパレス  こちとら小学生の頃から社会人になった現在でも、毎週ジャンプを買っているので当然大好きな....... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 22時42分

» DEATH NOTE デスノ−ト 前編 [ルナのシネマ缶]
コミックで言えば、 3〜4巻までくらいでしょうか? この分だと、後編は 月(ライト)とL(エル)の 対決で終るのかな〜? どうせなら、映画版オリジナルの ラストでもおもしろいかも・・・。 実は、私はデスノ−トを知らなかったのですが、 昨年、ネットで知り合ったお友達に教えてもらって 読み始めたのがきっかけで、ちょっとはまってしまいました。 コミックは、現在11巻まで出ているのですが、 次の12巻で完結です。 ただ、7〜8巻くらいまでのライト(キラ)とLの対決までが おもし... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 23時35分

» ★「DEATH NOTE デスノート 前編」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
「ジャンプ」の連載コミックの実写映画化作品。 「ジャンプ」いや、漫画本なんて、ここウン十年買ってないひらりん。 まぁ、話題作なので観てみる事に・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 03時15分

» 『DEATH NOTE デスノート 前編』 & 舞台挨拶♪ [Sweet* Days** ]
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ 他 同名の人気コミックの映画化。 大学生の夜神月(藤原竜也)は、ある日一冊のノートを拾う。そのノートは、そこに書かれた人が必ず死ぬという死神(リューク)が落とした物だった・・・・ まぁ~ったく前知識無しというか、予告編での知識のみでの鑑賞でした。 まぁまぁ面白かったです。藤原君は相変わらず上手いし、不気味な天才、「L」の松山君も良かったし。でもこれ前編って事で、やっぱりストーリー全体のプロローグなのかなぁ・・・・って感じはしましたが。なの... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 14時14分

» DEATH NOTE デスノート 前編(映画館) [ひるめし。]
ひとりの天才がそれを手にしてしまった。 頭脳戦を制するものが、新世界を制す。 CAST:藤原達也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 他 ■日本産 126分 原作の漫画を読んだことないから変な先入観がなく、結構おもしろかった。 2時間ちょいあったけど、途中地下鉄のシーンがちょっと長く感じたけど飽きずに観れたわ。 デスノートの使い方が律儀にそのノートに明記されたのがウケた。 しかも英語で。 死神親切じゃんって(笑) 死ぬ前の行動もコントロールできるって... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 13時10分

» 映画『DEATH NOTE デスノート 前編』(お薦め度★★) [erabu]
監督、金子修介。2006年日本。アニメ実写版映画。出演、出演、藤原竜也(夜神月( [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 21時46分

» DEATH NOTE デスノート 前編 [まぁず、なにやってんだか]
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。 今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。 小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一人で座っているだけ。後ろから見たら私たちカップルみたいね(←親子だろ!)。 映画は面白かったです。「おっと、そうくるか!」という大ドンデン返しならぬ小ドンデン返しが続き、夜神月(やがみライト)の天才ぶりに、すっかり感服いたしました。私のようなスキだら... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 18時21分

» 劇場鑑賞「DEATHNOTE」 [日々“是”精進!]
「DEATHNOTE」を鑑賞してきました累計1400万部超の人気コミックを、金子修介監督が2部構成で映画化。人を殺すことのできるノートを拾った天才少年と、彼の計画を阻止しようとする天才少年との息詰まる頭脳戦を描く。ストーリーは・・・大学生の月(ライト)は、黒い...... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 06時07分

» 【DVD】DEATH NOTE デスノート 前編 [新!やさぐれ日記]
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 「L change the WorLd」の前に折角だから見ておこう ▼感想 急いで後編も見なくてはっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也)は、興味本位で他人の名前をノートに書き込んでしまう。その名前の人間の死を目の当たりにし、最初は恐怖を覚えた月だったが、やがて理想的な世の中を作るべく凶悪犯たちの名前を次々とノートに書き始める。 ▼コメント ... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 21時02分

» 【 DEATH NOTE デスノート 前編 】 [もじゃ映画メモメモ]
死のノートを使い凶悪犯に制裁を加える天才と、その事件の捜査に乗りす天才探偵の頭脳戦を描くサスペンス。人気コミックの映画化。 原作ファンの立場から観ると少々不満も残りますが、それでもなかなか面白かったです。キラとL、二人の天才キャラが少々薄っぺらに見えたのは残念。まぁ原作の膨大な思考を全部セリフで喋られても困るんだけどね。 映画オリジナルのキャラ、月の彼女はクライマックスで上手い使われ方をしてたのが良かったなぁ。 後編はキラ対L、先の先を読む頭脳戦をどう表現してくれるのか楽しみだ。 で、ミサミサ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 12時19分

» DEATH NOTE デスノート 前編<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
はよ前半観とかんと続きが観られへんわ〜と思っていたらTV放送ですわ。ラッキーやったわ原作は観てませんが 旦那から大筋は聞いてたので 全く内容が分からんって事も無く。旦那曰く、エルだけが原作っぽいなって。まぁ、たいてい コミック本を実写版にした場合 イメ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 04時40分

» DEATH NOTE 〈前編〉 [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 「DEATH NOTE(デスノート)」〈前編〉(金子修介:監督)  を観てきました。{/kaeru_en4/}  DEATH NOTE デスノートバップこのアイテムの詳細を見る  原作は、「少年ジャンプ」に連載していた  コミックらしいです。  DEATH NOTE デスノート(1)集英社このアイテムの詳細を見る  「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」  ――それが、デスノート。  偶然そのノートを手に入れることになった  ある正義感にあふれる大学生。  法で裁かれない犯罪者を、  次々... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 20時30分

« 「しあわせのかおり」 見えない心配りがしあわせの材料 | トップページ | 本 「悪夢のドライブ」 »