« 「スラムドッグ$ミリオネア」 文句なしの構成力 | トップページ | 「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・ »

2009年5月 5日 (火)

「しあわせのかおり」 見えない心配りがしあわせの材料

おいしい料理というのは、とてもしあわせな気分にしてくれるものです。
そしておいしい料理というのは、見えないところに細やかな気遣いがあるものなのです。
貴子(中谷美紀さん)が王さん(藤竜也さん)に料理を教えてもらい始めたときに、まず言われることは「同じ大きさに切りなさい」ということ。
これはお料理を習い始めるとまず教えてもらう基本中の基本。
同じ大きさに切ることによって、すべての素材にまんべんなく熱を入れることができます。
とても細かいことなのですけれど、これで料理の仕上がりが違ったりするものです。
また本作では料理の下ごしらえの場面がとても丁寧に描かれます。
料理をテーマにした映画は数々ありますが、こんなに下ごしらえをきちんと描いているのはあまり他にはないような気がします。
王さんのお料理のおいしさのベースになるのは、特製のスープ。
それは鶏のひき肉から丁寧に丁寧に作ります。
少しずつ水を入れながらしっかりとひき肉をこね、肉の4倍量の水をいれたところでやっと火にかけて作るのです。
食べてくれるお客さんのことを思って、丁寧にお料理の下ごしらえをするからこそ、王さんのお店のお料理はおいしいのでしょう。
有名な料理人が作っているから、高級な食材を使っているからお料理はおいしいのではなく、細やかな心配りがあるからこそ、そのお料理はおいしく、そしてしあわせな気持ちにしてくれるのです。

たぶん人と人の関係も同じことを言えるのかもしれません。
見えない心配りやがんばりがしあわせな関係を作ってくれる。
王さんが、貴子のために児童相談所の担当に怒ってくれたこと。
貴子が一生懸命料理を学ぼうとして努力していること。
それは人に見えるものではないのですが、その想いは確実に相手に伝わっています。
見えない心配りがしあわせの材料なのかもしれません。

なにしろ、本作で映し出されるお料理がどれもおいしそう!
王さんのお店の全メニューを食べてみたい!
僕は食品メーカーでずっと広告やデザインの仕事をしているので、それこそお料理を映す・写すことについてはかなり経験を積んでいるのですが、そういう目で観てもかなり上手にお料理を映していると思いました。
特にあの「玉子とトマトの炒め物」がおいしそうなことといったら!
玉子のふんわりとした感じが絶妙です。
映画というのは映像と音だけでお料理のおいしさを伝えなくてはいけないのですが、それこそかおりと味が伝わってくるようです。
中華風の玉子の炒め物って自分でやると上手くいかないんですよね。
貴子が最初うまくできなかっったように、炒り卵みたくなっちゃうんですよ。
あれは強い火でしっかりと熱を与えたたっぷりの油と、手早くいため上げる手際良さがいるんですけれど、なかなか上手にできません。
それでも自分で料理をして上手くできたなというときは、ほくそ笑んでしまいます(料理本を見ながらじゃないとできないですけどね)。
本作でおいしい料理を食べたときの登場人物は「おいしい!」とか「うまい!」とかグルメ番組のようなことは野暮なことは言いません。
実際おいしい料理を口にいれたときっていうのは、じんわりと笑みをうかべてしまうものなんですよね。
「ああ、おいしいなあ」って心の中でつぶやきつつ。

最後に余談です。
「何か食べたいものある」って言われると、僕は大概「中華がいいなあ」と言います。
ラーメン・餃子などのB級グルメから、飯店系まで、中国料理はなんでも好き。
以前仕事(中国料理視察というとてもおいしい仕事でした)で1週間ほど中国に行ったことがあるのですが、当然のことながらずっと中国料理。
でも全く飽きることはありませんでした。
中国料理って油っぽいというイメージがあって毎日食べるのはちょっとという方もいらっしゃると思いますが、胃もたれするなどということはありませんでした。
よっぽどフランス料理のほうがもたれます。
どっちかというと体調が良くなったと感じたほどです。
さすが「医食同源」、漢方の国だ、と思ったのでした。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「スラムドッグ$ミリオネア」 文句なしの構成力 | トップページ | 「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・ »

コメント

kiraさん、こんばんは!

こちら劇場公開時に観たかったんですけど、タイミングが合わなくて・・・。
劇場で観ていたら、そのまま中国料理屋に直行したくなったと思います。
中国料理の炒めものでトマトって意外な感じがしますが、卵とけっこう合うんですよねー。
シンプルなんですけど、自分だとうまくいかないんですよ、べちゃべちゃしちゃって。

相手のことを考えて見えないことをきちんとやる心配りは大事ですよね。
お料理ってそういうのがとてもよく表れるのでしょう。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月11日 (月) 21時45分

こんばんは!
TB,有難うございます♪

昨年の邦画マイベストに入れた作品です。
仰るとおり、見えないちいさな大切なことを
繰り返すこと、
その先にある温かいものを信じさせてくれる、素敵な作品でした。
キャストもベストポジションだったと思いますscissors

とろとろ卵とトマトの炒め物、お気に入りですconfident

投稿: kira | 2009年5月11日 (月) 00時14分

rose_chocolatさん、こんにちは!

「海定食」「山定食」は魅力的でしたよね。
あんなメニューがでるお店だったら、毎日通ってしまいそう。
卵料理はやはり火力ですよね。
強火で一気にやらないとふわふわにならないんですよね。
本作を観ると中国料理が食べたくなってしまいます。
あ、よだれ・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月 6日 (水) 08時05分

これは食べ物が魅力的でしたね。 「山」とか「海」とか。 ああ、たまりません。 あの定食みんな食べてみたい! 
中谷さんも藤さんも、この映画のためにお料理の基本動作を徹底的にお勉強されたのがよくわかります。

実はこれを観た後に、よせばいいのに「トマトと玉子の炒め物」を作ってみたんだけど、若干炒り卵系入ってるんで、とてもご紹介はできません(笑) 卵料理は火力がないと難しい(涙
中華は外食でも当たり外れが少ないので、続けて食べても飽きないかもしれません。

投稿: rose_chocolat | 2009年5月 5日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44909442

この記事へのトラックバック一覧です: 「しあわせのかおり」 見えない心配りがしあわせの材料:

» 『しあわせのかおり』(2008)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:三原光尋出演:中谷美紀、藤竜也、田中圭、下元史朗、木下ほうか、山田雅人、甲本雅裕、平泉成、八千草薫鑑賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこちら。<Story>港町の片隅にたたずむ“小上海飯店”。店主の王さん(藤竜也)が心を込めて作る料理...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 23時34分

» しあわせのかおり [だらだら無気力ブログ]
金沢の小さな中華料理店を営む年老いた中国人料理人と彼の味に 魅入られ、彼に弟子入りを志願する女性との心の触れ合いを描く ヒューマンドラマ。金沢の街はずれにある小さな中華料理店”小上海飯店”は、紹興出身の 中国人の王さんが営む、地元で人気のある中華料理店であっ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 01時12分

» しあわせのかおり [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
小上海飯店へ、ようこそ。小さな奇跡を、心で味わう物語。 物語:港町の片隅にたたずむ「小上海飯店」は、店主の王(わん)さん(藤竜也)が心を込めて作る料理を食べに来る地元のお客さんで一杯。ここに現れた貴子(中谷美紀)は、王さんにデパートへの出店要請をするが...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 13時18分

» 『しあわせのかおり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「しあわせのかおり」□監督・脚本 三原光尋 □キャスト 中谷美紀、藤 竜也、田中 圭、甲本雅裕、平泉 成、八千草 薫、下元史朗、木下ほうか、山田雅人 ■鑑賞日 10月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> お腹を空かせてこの映画を観たら、お腹の虫が鳴いてしまいますよ(笑) まず、三原監督の柔らかな人間表現や心理描写は今回の映画でも十二分に評価できるものだと思う。 そしてある意味藤竜也に中谷美紀を加え、言葉は... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 22時24分

» しあわせのかおり [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
港町の一角にある小上海飯店。店主の王さんの料理の味には定評があり、地元からのお客はもちろん、遠方からのお客も少なくない人気店でした。その店に、デパートへの出店要請のため、貴子がやってきます。その要請を即座に断る王さんでしたが、その後も毎日やってきて... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 18時58分

» 中華料理バンザイ!(映画/試写会:しあわせのかおり) [美味!な日々]
映画『しあわせのかおり』完成披露試写会@丸の内TOEIに行ってきました〜。三原光尋監督、中谷美紀、藤竜也、田中圭、八千草薫と、こじんまりした劇場のわりに豪華な布陣の舞台挨拶付きでした。... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 23時32分

» 『しあわせのかおり』 2008-No72 [映画館で観ましょ♪]
藤竜也さんが作る “トマト卵いため” TVのインタビューで中谷美紀さんがおススメと言っていたけど、 ワタシ、食べたこと無い... [続きを読む]

受信: 2009年5月11日 (月) 20時55分

» 「しあわせのかおり」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
 中谷美紀、「嫌われ松子の一生」「自虐の詩」の激情的な女性像から一転、あるきっかけから中華料理のコックを志す女性を力みなく好演!  CGもトリックも出てこない、北陸に生きる人々を丁寧に描いた作品である。  金沢のとあるデパートの出店企画の仕事をしている貴子(中谷美紀)は、巷では うわさの「小上海飯店」をデパートに出店させよ、との課長命令で、お店に何度か足を運ぶも、店長の王(ワン)さん(藤竜也)は、「あなた、何度来てもむだですよ!」  ある日「あなた、帰ってください!」と言われた後、ふと気づいて、「... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 10時24分

» 映画 【しあわせのかおり】 [ミチの雑記帳]
試写会にて「しあわせのかおり」 『村の写真集』で上海映画祭グランプリを受賞した三原光尋監督によるハートフルストーリー。 おはなし:夫を亡くし、幼い娘と共に故郷の金沢へ戻ってきた貴子(中谷美紀)。ある日、町外れにある小さな中華料理店を訪れた貴子は、職人気質の料理人・王(藤竜也)と知り合い、いつしか心を通わせ合うようになる。 デパートへの出店を頑と拒む“小上海飯店”の店主・王(ワン)さんがとても魅力的です。「お客様の顔のそばで作りたい」と言う王さん。たしかに熱々の出来立てを供したら、お客さんの反応... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 22時27分

» しあわせのかおり [まぁず、なにやってんだか]
先日、有楽町朝日ホールの「しあわせのかおり」の試写会に行ってきました。シネスイッチ銀座で映画を観たときに「しあわせのかおり」の予告編が流れていて、ちょっとホロッときそうな予感がして、楽しみにしていました。 この映画は、お料理シーンが満載です。中華なべでジュワーッとおいしそうに炒められる具材、皿に盛り付けられるときに油がパチパチする音、毎日変わる定食のメニューの豊富さ。 こんなにおいしそうな料理が食べられるのなら、私も毎日“小上海飯店”に通いつめたいと思わせます。 試写会で配られたアンケ... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 22時33分

» 「しあわせのかおり」海定食トマト卵炒め [とつぜんブログ]
「しあわせのかおり」は実においしそうな映画であった。この映画に出てくる「小上海飯店」のおすすめは、3種の定食。「海定食」2種類「山定食」1種類。 このうちのトマト卵炒めの「海定食」を作った。  メニューは次の通り。   トマト卵炒め   揚げた白身魚甘酢あんかけ   酸ラータンスープ   カニ焼売   ザーサイ   ごはん  メインは、トマト卵炒め。この料理はこの映画のテーマに関わり、主人公二人にとって大切な料理。  素材は卵とトマト。これを炒めるだけ、というシンプルな料理だが、味わい深く奥が深い... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 21時26分

» ≪しあわせのかおり≫ [日々のつぶやき]
監督:三原光尋 出演:中谷美紀、藤竜也、八千草薫、田中圭、渡辺いっけい、平泉成 「金沢のある中華料理屋小上海飯店はいつも賑わっている。 店主の王さんが一人で切り盛りしている小さな店だが本格上海家庭料理は大人気。蟹シュウマイにを取り扱いたいという大手... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 16時46分

» 『しあわせのかおり』'08・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじデパートへの出店要請の為に、シングルマザーの貴子は金沢にある小さな中華料理店の小上海飯店に行くが中国出身の年老いた料理人の王さんに断られ・・・。感想日本映画プロ... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 20時25分

« 「スラムドッグ$ミリオネア」 文句なしの構成力 | トップページ | 「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・ »