« 本 「のぼうの城」 | トップページ | 本 「名探偵はもういない」 »

2009年5月23日 (土)

「鈍獣」 2倍速ぐらいがちょうどいい

主演の浅野忠信さんがいつもとは全く違うタイプのキャラクターである「凸やん」を演じていましたが、意外にもこれが妙に合っています。
そもそも凸やんというキャラクターが、そうそう見かけないタイプですが。
凸やんは言わば究極のKY男といったところでしょうか。
彼の幼なじみである江田っち(北村一輝さん)、岡本(ユースケ・サンタマリアさん)がどんなに凸やんの存在を煙たがっていたとしても、それが本人には全く通じない。
凸やんというのはそういう機微にも鈍感なのですが、さらに肉体的にも鈍感。
幼なじみ二人が凸やん殺害を企てますが、毒を飲ませようが車で牽こうが全く凸やんは死なない。
殺されようとしているのにすら気づかない。
このあたりのクセのあるキャラクター造形は、クドカン脚本ならではです。
浅野忠信さん以外の出演者である、北村さん、ユースケさんは相変わらず濃いキャラクターが似合います。

というところでキャラクターとか、設定ではかなりおもしろくなる要素を持っていた作品でした。
ではおもしろかったかというと、あんまりおもしろくないというのが正直なところ。
そこは何故かというとテンポの悪さだと思います。
最近邦画などでは「ユルい」タッチの作品が多くなってきていると思います。
三木聡さんとか、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんとかなどの作品は独特の間の笑い、ナンセンスなユーモアみたいなものがあり、不思議なおもしろさを持っています。
けれどもこの「ユルさ」というのをコントロールするのはかなり難しいような気がします。
これをコントロールする術は天性のものと言っていいかもしれません。
本作についても凸やんの空気の読めなさみたいなところを間で表現し、おかしくしようとしているように見えるのですが、これが「ユルい」感じではなく「ダルい」感じに感じられるのです。
また物語の進行も全体的にモタモタしている感じがありそれも「ダルい」という印象に結びついてしまうような気がしました。
ナンセンスなキャラクターが生み出す笑いが、とてももたついているような感じを受けます。
クドカンのこういうクセのあるキャラクターは「ユルい」テンポで描くのではなく、例えば「舞妓Haaaan!!!」のような疾走感のある描き方をした方が合っているような気がします。
予告で観た時の印象の方がおもしろかった。
それはコンパクトだったからでしょうか。
本作は2倍速ぐらいで見た方がテンポがあっておもしろいかもしれません。

宮藤官九郎脚本作品「舞妓Haaaan!!!」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「のぼうの城」 | トップページ | 本 「名探偵はもういない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/45103600

この記事へのトラックバック一覧です: 「鈍獣」 2倍速ぐらいがちょうどいい:

» このはしわたるべからず [MESCALINE DRIVE]
九段会館大ホール。先日、ある映画の完成披露試写会に潜入した。はっきりしない空模様の木曜日だった。時々... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 19時50分

» 鈍獣 [LOVE Cinemas 調布]
『少年メリケンサック』の宮藤官九郎が脚本。元々は同名の戯曲を映画用にリライトした作品です。メイン出演者は浅野忠信、北村一輝、真木よう子、佐津川愛美、南野陽子そしてユースケ・サンタマリアの6人。監督は本作が映画デビュー作になる細野ひで晃。宮藤官九郎作品が好きなことと、予告編の映像で楽しみにしていた本作、何やらえらくブラックコメディっぽさが漂います。... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 00時06分

» 鈍獣 [だらだら無気力ブログ]
宮藤官九郎が岸田國士戯曲賞を受賞した同名戯曲を自ら映画用に脚本を 書き上げたファンタジックミステリー。 失踪した作家を捜しに、編集者が作家の故郷を訪ねてくるが、そこで 編集者は作家に起きた衝撃の事実を知ることになる。。週刊誌に連載されていた小説『鈍獣』が賞..... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 01時21分

» 鈍獣 [そーれりぽーと]
この時勢、映画館は怖いけど我慢出来んよね。 殺しても殺しても死なない幼馴染。 クドカンによる脚本らしく、面白そうな設定の映画『鈍獣』を観てきました。 ★★★ コメディーと言うほど笑いを追及したものではなくて、ストーリー展開と登場人物が面白い映画です。 やってる事は恐ろしいのに、幼馴染云々ノスタルジックな感覚と、凸やんのキャラクター、屁理屈台詞の連続に引き込まれてしまい和んでしまう。 殺そうとしても死なないのではなくて、確実に殺してるはずのなに死なない幼馴染を浅野忠信が茶目っ気たっぷりに演じている... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 14時24分

» 鈍獣 [いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
鈍獣 5/16(土)TOHOシネマズ 週刊誌記者の静は、失踪した作家、凸川(でこがわ)の行方を探りに、彼の故郷にやって来た。そこで待ち受けていたのは、凸川の同級生で町の実力者の江田、警察官の岡本、そして江田の愛人、純子とホステスのノラだった。静は、... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 13時20分

» ★「鈍獣」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
久しぶりの劇場鑑賞・・・といっても10日ぶりくらいだけど。 「消されたヘッドライン」にしようかと考えたけど、 社会派の崩れた体型のラッセル・クロウは最近ハズレてるのでパスっ。 やっぱりクドカン・ワールドを堪能したいなーーー。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 03時17分

» 『鈍獣』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「鈍獣」□監督 細野ひで晃 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 浅野忠信、北村一輝、ユースケ・サンタマリア 、真木よう子、南野陽子、佐津川愛美、ジェロ■鑑賞日 5月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 興味を持った予告編ほどドッカンドッカン笑いが起こるわけではなかったが、クドカン・ワールドの特異な雰囲気は十分出ていたと思う。 しかしながらこの映画での“間”は、僕にはイマイチのれなかったんだなぁ・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 17時27分

» *鈍獣* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 週刊誌記者の静は、失踪した作家、凸川(でこがわ)の行方を探りに、彼の故郷にやって来た。そこで待ち受けていたのは、凸川の同級生で町の実力者の江田、警察官の岡本、そして江田の愛人、純子とホステスのノラだった。静は、失踪する前に、江田と凸川が再会していた事実を知る。実は、凸川は、江田の過去を小説のネタにしており、怒った江田は、凸川を殺そうとしたのだ。しかし、凸川は、何度殺そうとしても死なない…?!   gooより}}} 日本で一番ご多忙な脚本家なのではと思わ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 11時50分

» Don't think,feel!~「鈍獣」~ [ペパーミントの魔術師]
なんでブルースリーの名ぜりふ持ってくるんだ(笑) うちのPC「どん、けもの」って打たないと タイトル書けませんでした、あああ・・・。 さて。 なんでポロしてもポロしても死なないのか、 そこはもうわかんないまんま終わっちゃいます。 だって凸やんだから。(理由にな..... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 18時41分

» 「鈍獣」 [みんなシネマいいのに!]
 失踪した作家凸川の行方を追う担当編集者がやってきたのは、全てが相撲中心の田舎町 [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 12時20分

» 09-143「鈍獣 どんじゅう」(日本) [CINECHANの映画感想]
人間とは鈍い獣なのだ  週刊誌に連載された小説『鈍獣』の作者・凸川が突然失踪し、その謎を追う担当編集者の静は、なぜかすべてが相撲中心というおかしな田舎町にやって来た。そして、町のホストクラブ“スーパーヘビー”で凸川の同級生だったホストの江田と警官の岡本、さらに江田の愛人一筋20年の順子にぶりっ子ホステスのノラといった怪しげな面々と遭遇し、取材を開始する。  やがて静は、彼らが数ヵ月前に凸川と再会していたこと、25年前の秘密を小説のネタにされ凸川殺害計画を進めていたことを知るのだが。(「...... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 01時42分

» 鈍獣 [映画通の部屋]
「鈍獣」 製作:2009年、日本 106分 監督:細野ひで晃 脚本:宮藤官九郎  [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 20時44分

» 鈍獣 [Memoirs_of_dai]
死んだ男は芝田山 【Story】 失踪した小説家の凸川(浅野忠信)を捜すため、担当編集者の静(真木よう子)は彼の故郷を訪ねることに…。 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 23時19分

« 本 「のぼうの城」 | トップページ | 本 「名探偵はもういない」 »