« 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ | トップページ | 本 「アマテラスの誕生 -古代王権の源流を探る-」 »

2009年4月18日 (土)

「クローズZERO Ⅱ」 集団を維持していく才覚

カラスたちのその後が見てみたい、と前作を観た時に思いました。
それだけ鈴蘭高校の男たちというのが魅力的に見えました。
これだけの人数が出てくる物語では、どうしてもキャラクターの描き方が薄くなりがちなのに、それぞれが画面から飛び出してきそうなほどの存在感がありました。
それが「クローズZERO」の魅力だったように思います。
その中でもやはり魅力的だったのが、源治と芹沢という二大派閥のリーダー。
それぞれを慕う者が集まってくるというのは、彼らがカリスマ性、求心力というものを持っていたからでしょう。
カリスマのある人間の元には人が集まってきます。
けれどもその集団を維持していくためには別の才能がいるのです。
それが本作「クローズZERO Ⅱ」のテーマとなるのでしょう。
求心力があって人を集めることができても、それを維持していくためには、下につく人々のモチベーションを維持していかなくてはいけません。
モチベーションを維持するためには、上に立つ者が下の者のことを見て、彼らの想いを組み上げてあげなくてはいけません。
既存のものをぶちこわし、新たなものを作り上げることをできる人はいます。
例えば織田信長のように。
けれども新しい体制を維持していくためには徳川家康のような才能が必要なのでしょう。
源治はまさに信長のような男。
鈴蘭のてっぺんまで一気に駆け上がった。
けれどもその先、というのは彼の頭にはなかったのでしょう。
だから大きく肩に乗っかってきた鈴蘭という看板を彼は持て余したのです。
けれども彼はそこで悩んだ。
悩んで気づいたわけです。
自分だけが頂点に立つということを考えるのはなく、自分についてきてくる連中の想いというのをきちんと見る。
彼らのことを考える。
それが自分がトップを張る集団を維持していくための才覚なのだと思います。
源治は信長にならなくてすんだんですよね。

「クローズ」名物となったケンカシーンは已然健在で見応えがあります。
ただストーリーとしては源治が悩む物語であるため、前作のようなラストに向かいどんどんボルテージが上がっていくようなカタルシスは、比べるとやや薄い感じがしました。
相手となる鳳仙の面々も出てくるため、鈴蘭のメンバーはやや存在感が薄いのが残念。
それでもケンカシーンの中でそれぞれのメンバーのキャラクターを出していたところはさすが三池監督です。
なかでも三上兄弟は前作よりキャラ立ちしていて、おいしい役でした。

本作にて源治も芹沢も卒業。
次は鈴蘭の1年トリオVS鳳仙のスーパー・ルーキーの美藤の代の戦いが描かれますか・・・。
果たして!

「クローズZERO」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ | トップページ | 本 「アマテラスの誕生 -古代王権の源流を探る-」 »

コメント

ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!

単純に登場人物が増えちゃっていますからねー。
だから鈴蘭のメンバーの描き方は薄くなっちゃうんでしょうけど、前作で思い入れもあったりするので残念なところもありました。
ラストのケンカのシーンも前作の方が盛り上がったかなー。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月 6日 (火) 21時47分

はらやんさん、ご無沙汰です。
1作目で大ファンとなったので、2作目を楽しみにしていたのですが、鈴蘭のメンバーがやはり薄い感じがして残念でした。
そのかわり鳳仙のトップ鳴海が格好良かったですね。
基本的には殴り合いばかりでちょっと…でした。
もうすこし源治の苦悩振りをうまく表現して欲しかったですね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2009年10月 6日 (火) 00時39分

sakuraiさん、こんにちは!

三池監督はコンスタントにいろんな幅の作品を作るので、すごいですよね。
僕も前作は不良映画なんてただケンカしてるだけだろうぐらいな気分でみたら、そのカッコよさにしびれました。
本作は芹沢の方がおいしい感じでしたね。
あの助けにくるときの台詞は鳥肌ものでした。
三池監督は次は「ヤッターマン2」かな?

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月10日 (日) 15時49分

もう、期待どころか、「なんでおばさんが高校生の不良のケンカ映画をみるん?」という気持ちだったのですが、どうしても引っかかっていたのが三池監督の作品だったと言うこと。
で見たら、はまりましたねえ。
一発、ケンカもしたくなりました(嘘)。
で、今回もとっても良かったです。スカっとしました。
やっぱ芹沢君の一言ですかね。山田孝之がまた上手いし!!
次々とエネルギーあふれる作品を生み出す三池監督も、すごいですね。

投稿: sakurai | 2009年5月 9日 (土) 09時57分

くろねこさん、こんにちは!

くろねこさんは原作を読んでらっしゃるんですねー。
てっぺんに立つということは彼らのリーダーになるっていうことですからね。
本作は源治がリーダーになるための苦悩のお話でした。
源治をリーダーに祭り上げて、その周りを固める連中の信頼と言ったら、これは熱くなりましたよね。
次回作やるとしたら今度はオリジナルの話にさらに近くなるのでしょうか。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月25日 (土) 07時44分

ななさん、こんにちは!

今回はズバリ、源治がリーダーとしての自覚を持てるかというところがテーマでしたよね。
なかなか煮え切らない源治でしたが、それはやっとリーダーということの重みを気づいたということなのでしょうね。
最後のケンカシーンはなかなかに見応えあり。
やはり「クローズ」はこれがないと!

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月25日 (土) 06時44分

となひょうさん、こんばんは!

三上兄弟は一作目より印象強かったですよね。
ほんとにおいしい役でした。
本人たちは「現実的」と言っていましたが、裏設定としては彼らは大コンチェルンの息子だとか。

>いつも一人で喜んでおります

ありがとうございます!
そう言っていただけると励みになります!

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月22日 (水) 20時35分

こんばんは~!
鈴蘭の為に戦うという彼らの姿は前回より原作に近いのかも彼らの熱さに私は又もやられましたです!
芹沢。鳴海の度量の深さ。かっこいいですわ~!!
「鈴蘭という看板を背負う」とはどういうことなのか?
2人の姿から源治も何か学んだようでしたよね!
春馬クンもなかなかの存在感でしたし。
リンダマンのそっくりさも驚愕でしたが・・(笑)
肝心の主役「春道クン」がいなきゃね~!
みつけてくる??ちょっと期待してたりするけど(あはは)

投稿: くろねこ | 2009年4月20日 (月) 22時04分

リーダーの資質とは?というものを考えさせられる物語でしたね。
中盤はなかなか腰をあげない源治にちょっとイラっときましたが
喧嘩シーンはさすが!でした。
グレードアップしてたし。
鈴蘭のそれぞれのキャラもしっかり立っていましたね。
続編としてはまずまず成功したと思います!

投稿: なな | 2009年4月20日 (月) 20時05分

こんにちは。
TBありがとうございます。
こちらから送信できないみたいなので、コメントを。
私も三上兄弟が印象に残りました。
おいしかったですよね。

>次は鈴蘭の1年トリオVS鳳仙のスーパー・ルーキーの美藤の代の戦いが描かれますか・・・。

源治たちは卒業だけど、またアナザー・ストーリーが見れそうな終わり方でしたよね。
はらやんさんのレビューは、共感させて頂く事が多くて。いつも一人で喜んでおります。

投稿: となひょう | 2009年4月20日 (月) 19時44分

シムウナさん、こんばんは!

後半のケンカバトルは見応えありましたよね。
まさに肉弾戦といった感じで。
シリーズ化か・・・。
1年生たちを主役にしてというのは、可能性あるかもしれないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月19日 (日) 20時21分

TB有難うございました。
とにかく熱い男たちのバトルに酔いしれて
しまうほど、演出が見事だったと思います。
ZEROは今回で完結ですが、クローズシリーズが
続いていけば…いいですね~

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2009年4月19日 (日) 19時01分

rose_chocolatさん、こんにちは!

本シリーズの魅力の一つはキャラクターですよね。
それぞれに個性があって魅力的。
本作では三上兄弟がいい味出してました。
これはスピンオフはあるかもしれないですね。
そもそも原作はこの1年が主役のようですから。
どうなりますか・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月19日 (日) 07時04分

もともと暴力ものとか血ものはNGなんですが、どういうわけかこれは観たくてたまりませんでした(笑) そして1人1人がものすごく濃く描かれてたのもグッジョブだったんじゃないかと思うんですよね。
源治は「お山の大将」にならなくて済んだんですが、そのあたりがうやむやなのがちょっと残念。

私も今の1年同士で、次回作とかスピンオフがあるんじゃないかって勝手に決めてます(笑) このまま埋もれさせるには惜しい美形くんばかりですし~

投稿: rose_chocolat | 2009年4月18日 (土) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44713550

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローズZERO Ⅱ」 集団を維持していく才覚:

» 『クローズZEROII』 (2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:三池崇史原作:高橋ヒロシ出演:小栗旬、やべきょうすけ、金子ノブアキ、三浦春馬、高岡蒼甫、岸谷五朗、山田孝之公式サイトはこちら。<Story>芹沢多摩雄(山田孝之)を倒し鈴蘭高校制覇に近づいた滝谷源治(小栗旬)。そんな彼の前に鳳仙学園の面々が現れた...... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 23時27分

» 「クローズZEROⅡ」プチレビュー [気ままな映画生活]
ここ最近はワルメン映画が流行のようだ・・・ 本作品を含めて立て続けに公開されている。 ビーバップ世代なので、このような作品は懐かしくもあり 熱い男たちの生きざまを体感できた。 いや〜、とにかく熱い。 その一言につきる。... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 03時35分

» クローズZERO II/小栗旬、山田孝之 [カノンな日々]
世間一般的にはこの続編をとても楽しみにしていたという方はわりと多いんじゃないでしょうか。私もその一人でホントなら真っ先に公開初日に観たかったんですけど、春休みも終わったことだしここはあえて土日は避けようと思い、そしてようやく鑑賞です。 出演はそのほかに....... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 09時28分

» クローズZERO2 [Akira's VOICE]
打たれ強くあれ!!   [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 12時16分

» 「クローズZEROII」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「クローズZEROII」公式サイト大人気コミック「クローズ」を実写映画化した、クローズZEROの続編。前作かなりお気に入りで今回も楽しみにしてました!ただ、もう鈴蘭のテッペンとっちゃった源治をこのあとどうするんだろうナーって思ってたら今回...... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 16時13分

» 「クローズ ZERO II」★★★★ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
'09年製作 監督:三池崇史  出演:小栗旬、山田孝之、金子ノブアキ、三浦春馬、やべきょうすけ、黒木メイサ、高岡蒼甫、桐谷健太ほか(敬称略) 伝説の”不良偏差値トップ”鈴蘭高校に転入し、あっという間に頂点までのし上がった源治(小栗)。だが、いつまで...... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 18時34分

» 「クローズ ZEROII」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「クローズ ZEROII」 監督:三池崇史 出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、高岡蒼甫、桐谷健太、高橋努、鈴之助、遠藤要、上地雄輔、伊崎右典、伊崎央登、大東俊介、橋爪遼、小柳友、金子ノブアキ、阿部亮平、大口兼悟、蕨野友也、綾野剛、波岡一喜、三浦春馬、深水元基、阿部進之介、松重豊、遠藤憲一、岸谷五朗、山田孝之 県内随一の不良校・鈴蘭男子高校、別名・カラスの学校。 いまだかつてその頂点に君臨し、群雄割拠の不良達をひとつに束ねた者は存在しない。 “百獣の王”と呼ばれる怪物・芹沢多摩雄を倒した... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 20時46分

» 『クローズZERO II』 [ラムの大通り]
----この映画のこと聞いたのって そんなに昔じゃニャいよね。 確か漫画の主人公・坊屋春道が登場する以前の話とか言ってたけど、 今度は、原作の映画化になっているのかニャ? 「いや、前作 『クローズZERO』とあわせて2本で漫画の前日譚。 今回は鈴蘭高校と因縁の深いライバル校、鳳仙学園の猛者たちが登場。 この両校は、かつての抗争で死者を出してというもの 停戦協定が結ばれていたんだけど、 それを知らない滝谷源治(小栗旬)の不注意な一発により、 再び戦闘モードに入る。 まあ、簡単にいえばこういうお話だね。... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 22時34分

» 「クローズZERO II」 [みんなシネマいいのに!]
 「クローズZERO」の続編…ってそれなら、ただの「クローズ」じゃないの? 1作 [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 23時04分

» もっと、高く〜『クローズZERO ?』 [真紅のthinkingdays]
 CROWS ZERO ?  芹沢軍団との闘いを制し、鈴蘭高校の「頂上(テッペン)」を取ったGPSの頭、 滝谷源治(小栗旬)。しかし彼はリ... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 23時19分

» 【クローズZERO Ⅱ】 [日々のつぶやき]
監督:三池崇 出演:小栗旬、山田孝之、高岡蒼甫、三浦春馬、やべきょうすけ、黒木メイサ 「芹沢軍団とG・P・Sとの戦いの半年後、鈴蘭統一のためにリンダマンに挑戦し続ける源治。 ある日鳳仙と芹沢軍団の言い争いを見つけ相手を思わず殴った源治、続いていた休戦協... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 14時49分

» クローズZEROⅡ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
前作のクローズZEROが,より突き抜けてパワーアップ[E:punch]! あらすじ: 不良学生たちの巣窟・鈴蘭男子高校制覇を狙いリンダマン(深水元基)との頂上決戦に敗れた源治(小栗旬)は、まだ全校を統一できずにいた。そんなとき、かつてし烈な抗争を繰り返していた鳳仙学園との停戦協定が破られてしまう。鳴... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 20時06分

» クローズZERO第2章完結編 [★ Shaberiba ★]
鈴蘭VS鳳仙 彼らの戦いに意味はあるのか〜!! [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 21時41分

» クローズ ZERO? [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年4月11日 公開 ★★★★☆ おっしゃ〜っ男祭りじゃ 星4っつ! またしてもガクランに萌える!!! また逢えたねぇ〜滝谷源治と! 前作はもろにツボにはいってしまって劇場で3回も観たんだよねぇ〜。 だけど『?』はどうなんだろうなってちょっと心配もあったんですけど・・・。 これは、これは、なかなかやってくれましたよ! 求心力の無い鈴蘭高校のリーダー滝谷源治(小栗旬) そんな時、休戦状態だった鳳仙学園との間... [続きを読む]

受信: 2009年4月21日 (火) 08時56分

» クローズZEROII [ダイターンクラッシュ!!]
4月15日(水) 21:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:600円(買っていない) 『クローズZEROII』公式サイト 「ヤッターマン」では絶好調だが、それまで苦戦していた三池崇史がスマッシュ・ヒットを飛ばした「クローズZERO」。予想外のヒットだったので2作目製作か?キャストは全員継続出演。 ドラマ部分はほとんど皆無、しかも脇役の二人にしかドラマを用意していないも同然。全編、友情も仁義も無しで、喧嘩しているだけ。ひたすら殴って蹴る。あと煙草すって... [続きを読む]

受信: 2009年4月21日 (火) 22時05分

» クローズZEROⅡ ★★★ [えいがのはこ。]
柚木「高校同志の抗争で、体育館まるごと燃やすってやりすぎだろ!!事件だよ、事件!!鈴蘭炎上ですよ。」 楠本「それぐらい許してあげて下さい。ただ少女は、祖母の幻を見続けていたかっただけなんです。」 柚木「どこのマッチ売りの少女だ!!」 楠本「いえ、ただの放... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 12時30分

» 【映画】クローズ ZERO II [新!やさぐれ日記]
▼動機 ポイントが貯まったので昼間に観たい映画をチョイス ▼感想 続編もやっぱりクローズ ZERO。熱い熱い ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 不良学生たちの巣窟・鈴蘭男子高校制覇を狙いリンダマン(深水元基)との頂上決戦に敗れた源治(小栗旬)は、まだ全校を統一できずにいた。そんなとき、かつてし烈な抗争を繰り返していた鳳仙学園との停戦協定が破られてしまう。鳴海大我(金子ノブアキ)率いる鳳仙学園の猛者たちが攻勢をかけてくる中、鈴蘭高校はかつてない危機を迎える。 ▼コメン... [続きを読む]

受信: 2009年4月23日 (木) 08時20分

» 映画「クローズZERO II」 [FREE TIME]
映画「クローズZERO II」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 02時11分

» クローズZERO II [映画通の部屋]
「クローズZERO II」製作:2009年、日本 133分 PG-12指定 監督 [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 19時32分

» クローズZERO 2 [Addict allcinema 映画レビュー]
今生きるオメーらが、バカなままでいい、熱く生きろ [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 00時12分

» ★★★ 『クローズZERO Ⅱ』 [映画の感想文日記]
?2009年 高橋ヒロシ/ 『クローズZERO Ⅱ』 製作委員会。   三池崇史監督。  すばらしかった『クローズZERO』の続編となると、期待は高かったが、実際のところは、見た人の過半数が、「前作のほうが面白かった。」という感想を抱くことになるのだろう... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 23時49分

» クローズZERO II   [愛猫レオンとシネマな毎日]
2007年に上映された「クローズZERO」の続編になります。 高橋ヒロシ原作の人気コミックを映画化した前作が好評で、 続きを見たいというファンの要望に応えて作られた完全オリジナルストーリーです。 ストーリーは、主人公、源治が不良の巣窟、鈴蘭男子高校に転入、 最大勢力の芹沢軍団を制した、その数ヶ月後を描いてます。 これまで固く守られていたライバル校、鳳仙学園との休戦協定が破られ、 新たな戦いが始まるんです。 前作以上にパワーが炸裂!!!ヤバイです!!! クライマックスの両校... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 00時36分

» クローズZERO2 [迷宮映画館]
いやなに、でへへ、結構好きなのよ。かわいい男の子、満載ですもの。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 09時53分

» クローズ ZERO II ─ 上に立つ者の姿勢をどれだけ示せるか ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 上に立つ者の姿勢をどれだけ示せるか ─ 高橋ヒロシのコミックを映画化した『クローズZERO』の続編となるこの作品『クローズ ZERO II』(2009年/日本)。不良の学校を占めるとか、縄張り争いとか、男を見せるとか…、相変わらず時代錯誤(笑)で喧嘩上等な物語はとて....... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 20時54分

» クローズZERO Ⅱ(117作目)&疾風&探偵 [別館ヒガシ日記]
クローズZERO Ⅱは前作に続いて劇場で鑑賞したけども 結論は内バトルより他バトルの方が良い感じだ 内容は鈴蘭の滝谷がトップ狙も鳳仙に喧嘩を売って 鈴蘭と鳳仙が休戦協定を破棄し再びバトルする展開だね 鈴蘭汚く皆バラバラ&鳳仙は綺麗で皆が統制され 両... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 21時39分

» 『クローズZERO Ⅱ』 ('09初鑑賞51・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 4月29日(祝・水) TOHOシネマズ西宮OS スクリーン2にて 15:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 21時26分

» 「クローズZERO Ⅱ」最初から最後まで [ノルウェー暮らし・イン・London]
ようするに、学ランを着たやくざなのだ。 最初から最後まで殴り合っていて、結局おいしいところは、やべきょうすけが持って行く・・・ [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 01時35分

» クローズZERO Ⅱ [りらの感想日記♪]
【クローズZERO Ⅱ】 ★★★☆ 試写会(8)ストーリー 鈴蘭制覇を狙い、最強の男“リンダマン”こと林田恵に頂上決戦を挑むも、敗北を喫した [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 12時35分

» 【クローズZERO II】 DVD映画 [じゅずじの旦那]
またまた恐そうなのが、いっぱい  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】芹沢多摩雄を倒し鈴蘭高校制覇に近づいた滝谷源治。そんな彼の前に鳳仙学園の面々が現れた。かつて鈴蘭と鳳仙は死人まで出す“血の抗争”を繰り広げていたが、今は休戦状態にある。だが源治が手を出したことで休戦協定は破棄され、両校は再び戦争状態に。トップの鳴海大我を中心にまとまった鳳仙軍団の前に、鈴蘭の不良たちは次々に倒されていく。そんな状況にも関わらず、源治は気ままな生活を続け・・・監督:三池... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 11時31分

« 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ | トップページ | 本 「アマテラスの誕生 -古代王権の源流を探る-」 »