« 「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画 | トップページ | 「クローズZERO Ⅱ」 集団を維持していく才覚 »

2009年4月18日 (土)

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ

オープニングシークエンスにて。
悪事を働くマフィア一族が集まったパーティの一室。
突然明かりが消えて、そこに現れたのは真っ黒の戦闘服に身を包んだ一人の男。
その胸にはどくろのマークが浮かび上がっている・・・。

「おしおきだべえ」

とドクロベエさまが言うかと思ってしまいました。
冗談はさておき・・・。

タイトルのパニッシャーは処刑人という意味。
”パニッシャー”は法で裁けない悪人を容赦なく始末する男、言わばアメリカ版必殺仕置人と言ったところでしょうか。
「パニッシャー」は過去にも二度映画になっているのですが、いずれも観たことがありません(トラボルタが悪人で出ていたような・・・)。
アメコミヒーロー好きとしては、観に行かないわけにはいかないと本作初日に行ってきました。
ヒーローと言っても、パニッシャーというのは特殊能力を持つわけではなく、悪を憎む気持ち、強い意志、鍛え上げられた肉体と技で、悪人を問答無用に処刑していく男です。
なのでけっこう過激な描写もあるだろうと予想してましたが、思っていた以上に生々しい、痛いシーンもありました。
予告でも流れていたオープニングシークエンス(ぶら下がってバンバン撃つやつね)は、パニッシャーの悪人に対しての情け容赦のなさがでていて、グッとバイオレンスな世界観に引き込まれます。
オープニングタイトルもなかなかカッコいい。
B級と思いきや、実は当たりか?と一瞬思いましたが、その後の展開はそれほど意外性のあるものではありませんでした。
このところ「ダークナイト」とか「ウォッチメン」とかヒーローものでも手の込んだストーリーを味わっているからでしょうか。
罰し続ける者が、いつか自分も罰せられることを望むというような描写も少し感じたのですが、それほど深堀していくことはなく。
このあたりのパニッシャーの内面みたいなところにもっと踏み込んでくれると、自分としてはけっこう好みだったのですけれど。
どちらかというとバイオレンス描写みたいなところへのこだわりの方が高かったような気がします。
そのあたりの描写はかなり作り込んでいるのですが、ある程度以上いくともうお腹いっぱいなところもあって、もうちょっとソフトにと思ってしまいました。
とっても意外だったのは、本作の監督が女性だったということ。
本作のバイオレンス描写にはまったく女性っぽさを感じなかったです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画 | トップページ | 「クローズZERO Ⅱ」 集団を維持していく才覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44710960

この記事へのトラックバック一覧です: 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ:

» 悪い奴らは赦さない! [MESCALINE DRIVE]
文化放送メディアプラスホールにて「パニッシャー:ウォー・ゾーン」の試写会に参加した。 Marvelの... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 18時25分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [Movies 1-800]
Punisher: War Zone (2008年) 監督:レクシー・アレクサンダー 出演:レイ・スティーブンソン、ドミニク・ウエスト、ジュリー・ベンツ 法で裁けぬ犯罪者を処刑する男の姿を描いたマーベル・コミックの3度目の実写映画化。 ギャングのアジトを襲撃した際、潜入捜査官を射殺してしまったパニッシャーが、残された妻子を守る為、因縁の敵ジグソウと戦う模様をホラー映画並みのバイオレンスシーンも入れて描く。 元の設定自体が「バットマン」と似ていることもあり、主人公が自分の行為に疑問を持ち、引退を考え... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 00時01分

» 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 [唐揚げ大好き!]
  孤高の人間断頭台!   ■最愛の家族を殺された辛く悲しい過去を持つフランク・キャッスル。彼はそれまでの自分自身と決別し、法で裁けぬ凶悪犯に正義の制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”となって、街にはびこる諸悪に独り立ち向かっていた。そんなフラン... [続きを読む]

受信: 2009年5月11日 (月) 06時06分

» 09-117「パニッシャー:ウォー・ゾーン」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
目には目を、処刑には処刑を  最愛の家族を殺された辛く悲しい過去を持つフランク・キャッスル。彼はそれまでの自分自身と決別し、法で裁けぬ凶悪犯に正義の制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”となって、街にはびこる諸悪に独り立ち向かっていた。  そんなフランクの次なるターゲットは、ある巨悪な犯罪組織の中にあって最も邪悪な人物、ビリー・ルソッティ。彼の居場所を突き止めたフランクは奇襲を仕掛け、ルソッティに私刑を執行する。だがこの時、組織に潜入していたFBI捜査官を誤殺するという大きなミスを...... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 23時34分

» パニッシャー あらすじ [MIXニュース]
パニッシャー/トム・ジェーン[Blu-ray]商品価格:4,482円レビュー平均:0.0 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 おしおきだべえ予告でも流れていたオープニングシークエンス(ぶら下がってバンバン撃つやつね)は、パニッシャーの悪人に対しての情け容赦のなさがでていて、グッとバイオレンスな世界観に引き込まれます。 オープニングタイトルもなかなかカッコいい。 ...(続きを読む) パニッシャー:ウォー・ゾーン/試写会アメコミの「PUNISHER MAX」人気ヒーロー、パニッシャーを主人公にしたバ... [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 20時21分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『問答無用! 完全破壊! 孤高の人間断頭台!』  コチラの「パニッシャー:ウォー・ゾーン」は、「パニッシャー」から4年後の2008年、当初は続編というカタチで製作がアナウンスされていたのですが、途中で監督とキャストを一新し、続編ではなく再映画化したもののイ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 21時29分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [ともやの映画大好きっ!]
(原題:PUNISHER:WAR ZONE) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1974年に誕生したマーベル・コミックのアメコミ作品。 1989年ドルフ・ラングレン主演で映画化。 2004年トム・ジェーン主演で映画化。 そして今回、前2作を無かったことにして3度目の映画化。 法で裁けぬ凶悪犯に独自の制裁を加えるパニッシャー=フランク・キャッスル(レイ・スティーヴンソン)。彼の新たなターゲットは、巨悪な犯罪組織の中で最も邪悪と言われるビリー・ルソッティ(ドミニク・ウェスト)だった。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 11時36分

» パニッシャー: ウォー・ゾーン [5125年映画の旅]
かつて家族をマフィアに殺された男、フランク・キャッスル。彼は悪を制裁するため、地獄の仕置き人パニッシャーとなって戦い続けていた。大物マフィアの組織を壊滅させたパニッシャーだったが、その際潜入捜査をしていたFBI捜査官を誤って殺害してしまう。彼はマフィア...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 13時15分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]一方的に悪人退治をする主人公には、社会に対する深い不信感がある。法で裁けない悪人たちに制裁を加えるパニッシャーことフランクは凶悪犯ビリーと対決するが、誤ってFBI捜査官を殺してしまい、苦悩する。超能力や発....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 23時57分

» 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 [prisoner's BLOG]
パニッシャー:ウォー・ゾーン [DVD]ソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る とにかく派手な銃撃戦と銃弾と爆弾でふっとぶ人体が見たくて借りたら、どんぴしゃり。 メイキングを見たら監督が若い美女なのにびっくり。製作がジェイムズ・キャメロンの元妻ゲイル・アン・ハードなのに納得する。 カラーの使い方が「サスペリア」みたいにど派手で面白い。 原作は読んでいないし、前に二度映画化されていた(ひとつは主演がドルフ・ラングレン ぷぷっ)のは両方とも途中でやめてしまったせいか、設定がさっ... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 04時56分

» 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 ('10初鑑賞48・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 4月2日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 22時12分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [象のロケット]
法で裁けぬ凶悪犯に、たった1人で制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”ことフランク・キャッスル。 犯罪組織のパーティ会場とアジトに奇襲をかけた彼は、凶悪犯ビリーに死刑を執行するつもりが、誤ってFBIのおとり捜査官を殺してしまう。 苦悩するパニッシャー。 一方ビリーは、パニッシャーに怒涛の復讐を仕掛けてくる…。 バイオレンス・アクション。 R-15... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 06時20分

» 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
たまにはアクションモノを。 主役のレイ・スティーヴンソンの作品は何本か観てるけど、 主役作は初めてかな。 [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 02時44分

» 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
巨大犯罪組織の集まりに乗り込んだフランク・キャッスルは、ボスをはじめ組織の大半の人間を処刑し、一度は逃した野心家のビリーも追い詰めガラスの粉砕機に突き落とす。しかしその襲撃の最中にFBIの潜入捜査官ドナテッリを誤って殺してしまったことに気付き自責の念に駆られ、”パニッシャー”としての活動からの引退を仄めかす。だが顔の皮膚、筋肉、骨をズタボロにされながらもビリーは一命を取りとめていた。醜悪な貌となったビリーはジグソウと名乗り、フランクの仲間やドナテッリの家族を人質にフランクへの復讐を誓うのだった。『パ... [続きを読む]

受信: 2016年1月 5日 (火) 22時30分

« 「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画 | トップページ | 「クローズZERO Ⅱ」 集団を維持していく才覚 »