« 「鴨川ホルモー」 濱田サイコー! | トップページ | 「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」 脚本家が演出をする弊害 »

2009年4月29日 (水)

「レイチェルの結婚」 愛情と鬱陶しさと

家族っていうのは、近しいからこそ、なにかもどかしい存在であったりするものです。

バックマン家は長女レイチェルの結婚を迎えようとしていました。
あわせて次女キムは麻薬中毒の治療の施設から家に戻ってきます。
キムを迎えるのは姉レイチェルと父親ポール。
母親アビーは父親とずいぶん前に離婚し、家を出ていて、互いに再婚しています。
久しぶりに会ったにも関わらず、キムもレイチェルも、そしてポールも互いに何か気持ちがすれ違っています。

赤の他人よりも、家族というのは気持ちのすれちがいというのは起こりやすいような気がします。
他人であればしっかりと丁寧に自分が思うことというのを主張することもできるでしょう。
また逆に所詮他人と、割り切った付き合いをしてしまうこともできるでしょう。
けれども家族というのはそういうわけにもいきません。
たぶん互いに自分のことは話さなくてもわかってくれるだろうと思う、家族ならではの甘えもあると思います。
また近くにいるからこそ、ずけずけとした物言いもしにくいと遠慮というのもあります。
なによりも家族だからこそ、自然にある愛情(家族を愛するという気持ちと、愛されたいという気持ちと)というものがあるわけで、離れたままでもいられないわけです。
そのような家族ならではの甘え、遠慮、また愛情みたいなものが、バックマン家の家族には見えます。
家族というのは、互いに反抗する心と、許し合う心というアンビバレントな心情を持っているものなのかもしれません。
次女キムは10代の頃、麻薬を使っていたときの不注意で、幼い弟を死なせてしまいます。
彼女はそれにずっと罪の意識を感じています。
キムは家族も心の奥底ではずっとそのことで自分を責めていると思っています。
だから家族に対して反抗的であり、またそれでも家族の愛情と許しを求めてしまうのです。
長女レイチェルは、そんなキムのことをずっと心配し、また両親たちに気を使い、いい子であろうとしてきたのでしょう。
でもいい子であるが故に、特に父親が問題児であるキムのことばかりを心配しているのが、ずっと心の中にしこりとなっています。
父親ポールはキムを心配するあまりに彼女に対して過保護のような状態になっています。
それは保護をするという父親としての優しさもあるかもしれませんが、問題児であるキムが信用できず目をはなせられないということもあるように思われます。
実母アビーは、娘たち夫をおいてバックマン家から逃げ出してしまったいうような負い目があるように感じました。
だから彼女は娘の結婚を祝福したいという気持ちもありながらも、なにか遠慮がちです。
キムにも一定の距離感をとろうとしているようにも思えます。
家族が互いに感じる愛情と、鬱陶しさみたいなアンビバレントな気持ちが伝わってきました。
これはたぶんどなたも少なからず感じる気持ちだと思います。
映画ではそのような家族それぞれのグラグラと揺れている気持ちというのが、何か解決をするというわけではありません。
レイチェルの結婚の前後の数日を描き、そして家族はまた自分の居場所に戻っていきます。
たぶん家族というのはこうやって日々の生活の中で自分と家族の気持ちに折り合いをつけながら生きていくものなのかもしれません。
愛情と鬱陶しさを感じながら。

アメリカ映画らしくない題材な感じがしました。
なんだか山田洋次さんあたりが撮っても変じゃない感じだと思いました。
アメリカでも日本でも、家族っていうものがお互いに持つ気持ちっていうのはそんなに変わらないものなのかもしれないですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「鴨川ホルモー」 濱田サイコー! | トップページ | 「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」 脚本家が演出をする弊害 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

家族っていうのは近しい関係だけに、折り合いをつけていかなくてはいけないのですよね。
昨日観た「プール」もそんな話だったなあ。
確かにアメリカ人というのは、家族とはこうあるべきという理想の姿がありますよね。
週末のパーティとかバーベキューとかで家族一緒なんていうのも映画ではよく描かれます。
でもああいうの苦手な人っているはずなんですよね。
僕なんかはめんどうくさくてまっぴらごめんなんですけど。
社会や価値観がああいう家族を要求しているとは思うのですけれど、それになじめない人もいるっていうことをリアルに描いている作品なのかもしれませんね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年10月18日 (日) 06時03分

だいぶ前にご覧になったようですのに、スイマセン。
ありがとうございます。
家族のあったかさとうざったさ。
どっちも必要であり、邪魔なもので、捨て去るわけにもいかない。
折り合いをつけて生きていかなければならず、ほとんどの人がそうやって生きてるんですが、そうできない人もいる・・そんな感じですかね。

私もこの映画は、とってもアメリカ的に感じました。
こうあらねばならない・・という呪縛にとらわれてるアメリカ人に姿が見えるような気がしました。

投稿: sakurai | 2009年10月17日 (土) 20時27分

スワロさん、お久しぶりー!

家族ってそういうものかもしれないですねー。
うちも微妙かも。
たまに実家帰っても、なんとなくすぐ帰っちゃうんです・・・。
社会人になってから家を離れて暮らしているから、家族でいたときより今の生活の方が長いんですよねー。
そういうどこの家族でもあるような微妙な空気っていうのが、痛々しいほど出ていた感じがします。
アメリカって大家族っていう感じがありますけど、いろいろ家族の問題あるんでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年9月26日 (土) 18時20分

はらやんさん、おはようございます。
そして、かなーりお久しぶりです(苦笑)

マイペース更新を打ち出してからマイペースすぎるくらいで
映画を見てもほとんどの作品を記事にするのをスルーしてきましたが
今回は久々に積極的に「ブログ記事を書きたい!」と思う作品でした。
それだけ心に響いたのだと思います。

相変わらずはらやんさんの記事は「うんうん」とうなづきながら読んでしまいます。
世間では家族のや親子の絆は何よりも強いと思われがちですが
でも、とても微妙で繊細な関係性でもあるんですよね。
わたしの家族もとても微妙な関係性です。
一度ヒビでも入ろうものなら修復よりも崩壊のほうが早いのかもしれません。
この作品では家族であることの痛々しさが本当によく伝わってきて
わが身のように辛かったです。

はらやんさんはアメリカらしくない題材とおっしゃいましたが
わたしはむしろアメリカらしいと思いました。
機能不全家族にまつわるトラブルは現代アメリカの特徴と思います。

投稿: スワロ | 2009年9月26日 (土) 06時47分

rose_chocolatさん、こんにちは!

家族同士だから感じる苛立ちみたいなものは、みなさん少なからず同じように感じたことがあるんじゃないですかね。
そうしてそういう風に感じることの後ろめたさみたいなものも。
このあたりの、どの家族にもある日常の感情みたいなものがよく表されている作品だなと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月 6日 (水) 07時02分

これ、いろんな登場人物に感情移入ができたかもしれません。 レイチェルが感じる苛立ちにも、キムが感じる孤独感にも、どっちにも。 
各人に、どこかで必ずご都合主義が現れる所なんかも、何気に今のドライな家族を現わしていました。

投稿: rose_chocolat | 2009年5月 5日 (火) 23時32分

ノラネコさん、こんにちは!

確かにアメリカ映画というより、ヨーロッパ映画のテイストがありますよね。
ジェニー・ルメットはシドニー・ルメットの娘さんなんですよね。
1作目より良質の脚本で、さすがカエルの子はカエルと言ったところでしょうか。
これから注目したいと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月 5日 (火) 17時08分

家族だからこその壁ってありますよね。
特に女姉妹同士は、男にはうかがい知れない葛藤があったりするのかも。
冒頭からラストの落とし方まで、まるでヨーロッパ映画の様なセンスがありました。
脚本のジェニー・ルメットは今後要注目ですね。

投稿: ノラネコ | 2009年5月 4日 (月) 22時55分

KLYさん、こんばんは!

すれ違いっていうのは近しい家族だからこそ起こるのかもしれません。
それはけっしてなくなることはなくて、この映画のラストですべてがうまく決着つくわけでもありません。
でも、それが家族なのかなとも思います。

アン・ハサウェイは上手くなりましたよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月 1日 (金) 22時15分

時には口汚く罵られたほうが心の重荷が軽くなること
ってあるもんです。家族の愛情が、ほんのちょっとその方向が違っていたがために、擦れ違いを招いてしまったのかなと、そう感じました。

だからこそ、本音で語り合えたとき、みなそれぞれショックを受けますが、レイチェルのあの幸せ一杯の結婚式が迎えられたのだと思います。

アン・ハサウェイが随分上手くなったなぁと思いましたよ。(笑)

投稿: KLY | 2009年4月29日 (水) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44833473

この記事へのトラックバック一覧です: 「レイチェルの結婚」 愛情と鬱陶しさと:

» レイチェルの結婚 [LOVE Cinemas 調布]
アン・ハサウェイ主演の昨年度アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品。監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ。アン演じるキムの母親役に同じくアカデミー賞主演女優賞ノミネート3度のデブラ・ウィンガーも出演。実はタイトルは原題・邦題ともに『レイチェルの結婚』だが実は主演のアン・ハサウェイはレイチェル役ではないという、ちょっと変わった設定。ショートのアンに注目です♪... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 18時35分

» レイチェルの結婚 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『家族の運命を変えたあの出来事。 人生最良の日に明かされた秘密とは─』  コチラの「レイチェルの結婚」は、主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた4/18公開のヒューマン・ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪うんう....... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 21時55分

» レイチェルの結婚 / RACHEL GETTING MARRIED [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『プラダを着た悪魔』以降、出演作が続くアン・ハサウェイが 本作でアカデミー賞主演女優候補に{/ee_3/} タバコ プカプカ{/m_0164/} アバズレ風、これまでのイメージとは全く違う{/kaminari/} 『プラダ〜』の新米エディターもハマってたけど 普通だと脇役専門のクレア・デュバルが演じるような、 黒ふち... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 00時06分

» 『レイチェルの結婚』 [ラムの大通り]
----アン・ハサウェイがアカデミー賞主演女優賞にノミネート? 彼女って最近『パッセンジャーズ』にも出ていたよね。 「うん。そうだよ。 しかし、こう言っては失礼かもだけど、彼女は化けたね。 これはもう一世一代の名演。 まだ、いくつか観ていないオスカーがらみの映画があるけど、 『ダウトーあるカトリック学校でー』のメリル・ストリープより、 アン・ハサウェイに主演女優賞をあげてほしくなった」 ----どういう役を演じているの? 「舞台は『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と同じコネティカット州... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 00時43分

» 『レイチェルの結婚』 Rachel Getting Married [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
不穏さと音楽と幸福感のあふれるレイチェルの結婚式へようこそ。 姉レイチェルの結婚式のため、バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりにコネティカット州の自宅に帰る。アン・ハサウェイの演技が評判をよんだ本作。てっきり彼女がタイトルロールのレイチェルなんだと思っていたら、そうじゃないんだ。『マーゴット・ウェディング』に同じく。レイチェルっていい名前だよね。私が英米人に生まれたら、レイチェルになりたい。そして、結婚する姉レイチェルの妹、わけあり問題児のキムがハサウェイの役どころなのね。式に出席する家族を中心... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 01時33分

» 「レイチェルの結婚」冗長なシーンに退屈を感じる [soramove]
「レイチェルの結婚」★★★ アン・ハサウェイ 、ローズマリー・デウィット 、ビル・アーウィン 、トゥンデ・アデビンペ 主演 ジョナサン・デミ 監督、2008年、112分 「レイチェルの結婚式を2日後に控え 妹のキムが更生施設から帰宅する、 幸せな雰囲気に満ちた家に、 危うい空気が入り込んでくる」 家族とは姉妹とは、 そのかけがえの無い絆を大切にしたいと 誰もが願い、 それ故、却ってひどく傷つけてしまうこともある。 計算された映画的な緻密なカットの ... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 07時48分

» Rachel Getting Married (2008) [アヤは観た。]
邦題:レイチェルの結婚 監督:ジョナサン・デミ 出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、アンナ・ディーヴァー・スミス、デブラ・ウィンガー 最初から最後まで「ずっげーアメリカ映画だー」って思いながら鑑賞。....... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 12時29分

» レイチェルの結婚◇RACHEL GETTING MARRIED [銅版画制作の日々]
 家族の運命を変えたあの出来事。人生最良の日に明かされた秘密とは──。 4月28日、京都シネマにて鑑賞。「プラダを着た悪魔」、「ゲットスマート」のアン・ハサウェイが何と薬の依存症の患者という役どころで登場。彼女はこの演技が認められて、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。惜しくも賞はゲット出来なかったけど・・・・・。今までのアンのイメージとまったく違った。彼女がこんなクレイジーな演技に挑んだのも、結構興味深々だっただけに・・・。早速鑑賞。 「グラン・トリノ」の後ということで、何か涙腺が弱くな... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 10時16分

» レイチェルの結婚 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
バックマン家の次女、キムが9カ月ぶりに施設から帰宅します。姉、レイチェルの結婚式を控え、式の準備で大わらわの自宅は、キムの知らない人々が溢れていました。彼女に対し、腫れ物に触るような態度の家族に対しても苛立ちを募らせていきます。そんなキムの身勝手な態度にレイチ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 01時27分

» レイチェルの結婚/アン・ハサウェイ [カノンな日々]
私はてっきりアン・ハサウェイが演じる主人公の名前がレイチェルなんだと思ってましたが、主人公のお姉さんの名前だったんですね。だからって別にどうってことはないんですが、私がホームにしているチネチッタでの2週遅れの公開を待っていたのにスケジュールを見たらモーニン...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 21時44分

» 「レイチェルの結婚」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Rachel Getting Married 」2008 USA ある家族の結婚式を中心に描かれる珠玉のヒューマン・ドラマ。 キムに「プラダを着た悪魔/2006」「パッセンジャーズ/2008」「ゲットスマート/2008」のアン・ハサウエイ。 キムの姉レイチェルに「シンデレラマン/2005」のローズマリー・デウィット。 父親ポールに「結婚記念日/1999」のビル・アーウィン。 レイチェルのフィアンセ シドニーにトゥンデ・アデビンペ。 シドニーの友人キーランにマーサー・ジッケル。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 23時44分

» 『レイチェルの結婚』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:RACHELGETTINGMARRIED監督:ジョナサン・デミ出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、アンナ・ディーヴァー・スミス、アニサ・ジョージ鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<S...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 23時28分

» レイチェルの結婚 [映画の話でコーヒーブレイク]
東京まで出る用事があったのでついでに公開館数の少ない本作を渋谷Bunkamura「ル・シネマ」で鑑賞。 アン・ハサウエイはアカデミー賞にノミネートされた作品だというのに公開館数少ないね。 ちょっと疲れる映画です。 何故疲れるかというと・・・ 結婚式を控え準備に忙しい見知らぬ家族の家に突然連れて行かれ、家庭用ビデオカメラを回して この3日間を記録してねと言われて家族の姿を追ううちに、 「あっ、まずいところを撮っちゃったなぁ」と思うような他人に見せないような家族の修羅場まで うっかり覗いてしまったよう... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 14時32分

» 『レイチェルの結婚』・・・家族の絆とは [SOARのパストラーレ♪]
姉レイチェルの結婚式を前に、ドラッグ依存治療の施設から里帰りしてくる妹のキム(アン・ハサウェイ)。そんな彼女を迎える娘思いの父親。離婚して新しい生活を送る母親も帰って来る。こうして長女の祝福のために集結したバックマン家の面々だったが、知人たちを招いてのお祝いムードの中でよそよそしさや些細な衝突を見せる。そして徐々にこの家族が抱える重い過去が明らかになっていく・・・。... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 23時02分

» レイチェルの結婚 [Diarydiary! ]
《レイチェルの結婚》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - RACHEL GE [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 19時28分

» 【レイチェルの結婚】 [日々のつぶやき]
監督:ジョナサン・デミ 出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、デブラ・ウィンガー 「更生施設から、姉レイチェルの結婚式の為に9ヶ月ぶりに帰宅するキム。 手作り結婚式の準備で大忙し... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 18時40分

» レイチェルの結婚 [2009 映画観てきましたっ!]
ファーストディ  お仕事帰りに札劇さんで観てきましたっ! [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 11時33分

» レイチェルの結婚 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
平凡な家族の葛藤をリアルに描き出すホームドラマ。 麻薬依存症の治療を受けているキムが、姉のレイチェルの結婚式に出席するため久々に実家に戻った週末を描いた群像劇である。 物語:コネチカット州に暮らすバックマン家の長女レイチェル(ローズマリー・デウィット)....... [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 00時54分

» 『レイチェルの結婚』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじドラッグ中毒更生施設の入退院を繰り返しているキムが姉レイチェルの結婚式に出席する為、実家に戻って来るが・・・。感想アカデミー賞主演女優賞ノミネートNY批評家協会... [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 22時15分

« 「鴨川ホルモー」 濱田サイコー! | トップページ | 「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」 脚本家が演出をする弊害 »