« 「バーン・アフター・リーディング」 彼らだけを笑うことなかれ | トップページ | 「鴨川ホルモー」 濱田サイコー! »

2009年4月25日 (土)

「ゴジラ(1954年)」 神格化のプロセス

今更説明する必要などないほどに有名な日本発の怪獣映画で、国内国外を問わず数えきれないほどの人々に影響を与えた作品です。
今までに、これまた数えきれないほどのレビューが書かれていると思われる作品の評価に、自分が付け加えることなどはなにもないのですが、とりあえず観た映画については書くと決めているので、自分なりに試みてみようかと思います。
「ゴジラ」がビキニ環礁の核実験で被爆したという第五福竜丸の事件をきっかけに作られたというのは有名な話です。
ですのでゴジラは「核の落とし子」という言われ方もします。
またその後のシリーズの作品で人間の築いた文明社会に破壊の限りを尽くすという印象があったので、個人的には「自然の怒り」というイメージを持っていました。
けれども第一作の「ゴジラ」を改めて観てみると、ゴジラという存在自体には後々持ってくるようなキャラクター性というものはまだありません。
当然作品としてはそこに科学というものを無批判に信望することへの警笛、作られた当時まだ残っている戦争の生々しい記憶などというテーマはあるかと思います。
けれどもそれは作品が発しているメッセージでありますが、ゴジラという存在自体が発しているものではまだなかったのです。
ゴジラが「自然の怒り」というような人間的な感情のようなものを発しているとか、または「荒ぶる神」のような俯瞰した視点を持っているかというと、そこにはそのようなものはありません。
ゴジラが破壊を行う理由はわかるわけもなく、それは人間では抵抗できないほどに強力な災厄として描かれます。
台風や地震などの人間の力ではコントロールしようのない大災害と同じようなものと言っていいでしょう。
ただ人間というものは、そこにはメッセージ等の意味などない自然現象にも理由を付けて理解したくなるものです。
台風に風神をみてみたり、地震になまずをみてみたり。
そこに何か理由やメッセージがあるはずだという解釈を試みようとするのが、人間です。
ゴジラという存在が、その後様々な解釈を受け、シリーズ化をされながら意味を付加されていく中で、段々と「荒ぶる神」としてのキャラクターを持ち始めていくのは、なにか自然現象が神格化していくプロセスを見ているような気もします。

あえて「ゴジラ」という作品をひねった視点で観てみた次第です。
有名な作品のレビューを書くのは難しい・・・。

ゴジラシリーズ最終作品(といわれる)「ゴジラ FINAL WARS」の記事はこちら→
アメリカ版「GODZILLA」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「バーン・アフター・リーディング」 彼らだけを笑うことなかれ | トップページ | 「鴨川ホルモー」 濱田サイコー! »

コメント

樹衣子さん、こんばんは!

神話というのは理解できなかった自然現象を説明する試みなんですよね。
そういう意味では科学も同じかもしれません。
その科学技術が、自然に悪影響を与え、そしてまたそれが人間にさらに大きな影響を与える。
何か皮肉なものです。

確かにアイパッチと芹沢博士ですよねー。
「ワルキューレ」のトムは髪型も似ていたような気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年5月 4日 (月) 19時36分

こんにちは。1954年製作の『ゴジラ』は、かなり好きな作品なのでコメントをさせていただきます。

>人間というものは、そこにはメッセージ等の意味などない自然現象にも理由を付けて理解したくなるものです。

なるほどっっ、確かにおっしゃるとおりですね。ただ最近の自然現象も人間の行いが生み出した災厄と考えられる現象もありますので、そういう意味では『ゴジラ』のテーマーはなかなか深いです。
トム・クルーズのアイパッチを見て、つい『ゴジラ』の芹沢大助博士を思い出してしまいました。

投稿: 樹衣子 | 2009年5月 4日 (月) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44789891

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴジラ(1954年)」 神格化のプロセス:

» 『ゴジラ』(1954) [【徒然なるままに・・・】]
去年は「ゴジラ」シリーズ全作を順番に見ていこうと思っていたのですが、なかなか時間が取れずに結局断念。 今年こそは、と思っております。 というわけで先ずは第一作からです。 ゴジラというキャラクターの魅力、 日本で初めて本格的に導入された特殊技術、 それに宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬らが織り成す人間ドラマ、等々。 観客の注意はどうしてもこちらに傾いてしまいますが、実は脇にも光るキャラクターがいるんですね。 例えば堺左千夫演じる新聞記者。 事件直後から一貫してゴジラを追い続け... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 19時51分

» ゴジラ 今年の158本目 [猫姫じゃ]
ゴジラ うちもようやく、ビデオのDVD化しようかな、ということで、DVDに焼きながら鑑賞。 あたしも姉君も、「コレクター」なんで、とにかく、所有していないと、気が済まないのです。 1954年、記念すべきゴジラシリーズ第1作。 やはり、古い....... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 03時06分

» ゴジラ(1954) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【GODZILLA:THE KING OF MONSTERS】 1954/11/03公開 日本 97分監督:本多猪四郎出演:志村喬、河内桃子、宝田明、平田昭彦 19XX年、南太平洋で行なわれた核実験によって、ジュラ紀の肉食恐竜が甦った。ゴジラと名付けられたその怪物は、大戸島を襲った後、東京へと歩を進...... [続きを読む]

受信: 2014年7月24日 (木) 23時01分

» ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版/宝田明 [カノンな日々]
日本が世界に誇る特撮怪獣映画『ゴジラ』の60周年を記念してシリーズ第1作(1954年)の初回上映状態を再現するために制作されたデジタルリマスター版です。当初観るつもりではなかった ... [続きを読む]

受信: 2014年7月28日 (月) 08時45分

» ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版 [そーれりぽーと]
ゴジラ映画の原点を映画館のスクリーンで観る機会なんてもう無いかも知れない。 『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』を観てきました。 ※ポスターはカラーですが、本編はモノクロです。 ★★★ 子供の頃にテレビでゴジラの対決ものがよくやってた気がするけど、1作目...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 3日 (日) 22時55分

» ゴジラ 1954 [映画の話でコーヒーブレイク]
先日NHKのBSで放送された「ゴジラ」第一作を見ました。 私が見た記憶に残っている怪獣映画は「ガメラ対ギャオス」。コント55号の映画と二本立てだったと 思います。「ゴジラ対ギャオス」だと思っていたのですがガメラでした。 強いぞ ガメラ、強いぞ ガメラ、強いぞ ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 01時48分

» ゴジラ(1954) [銀幕大帝α]
GODZILLA:THE KING OF MONSTERS 1954年 日本 97分 SF/特撮/ドラマ 劇場公開(1954/11/03) 監督: 本多猪四郎 脚本: 本多猪四郎 特殊技術: 円谷英二 出演: 志村喬:山根恭平(古生物学者) 河内桃子:山根恵美子 宝田明:尾形秀人(南海サルベージ技師) ...... [続きを読む]

受信: 2015年2月19日 (木) 01時03分

« 「バーン・アフター・リーディング」 彼らだけを笑うことなかれ | トップページ | 「鴨川ホルモー」 濱田サイコー! »