« 本 「レキオス」 | トップページ | 「ギャラクティカ シーズン2」 行く先、やや迷走気味? »

2009年3月29日 (日)

「フロスト×ニクソン」 言葉の拳闘

昨日観た「ウォッチメン」にもニクソンが出てましたが、こちらの作品「フロスト×ニクソン」はタイトルにもあるようにニクソンと、彼にインタビューを行ったフロストが主人公になります。
ニクソンと言えば、ウォーターゲート事件がまずは頭に浮かびますが、中国との国交正常化を行ったり、ベトナム戦争から撤退したり等の業績も大きい政治家です。
なんとなくロッキード事件で逮捕された日本の田中角栄氏とイメージがかぶるんですよね。
同じ時期に国のトップでしたし、ともに中国国交正常化を行ったけれども、その後、疑惑のためにその地位を降りたというところも同じで因縁めいたものも感じます。
フロストという人物についてはまったく知らず、予備知識ゼロでした。
本作で描かれるインタビューは、アメリカでは伝説的らしいですが、そういうことがあったのもまったく知りませんでした。

二人の間の合計4回に渡るインタビューは、まさに決闘といった感じがしました。
決闘というより拳闘(ボクシング)の試合を見ているようでした。
1ラウンド目は、若き挑戦者が先制パンチを食らわせたけれど、その後はベテランの絶え間ないパンチを浴びているようなイメージ。
日本の政治家がテレビ番組に出て話をしているとき、いつもイライラするのです。
質問をはぐらかしたり、自分が言いたいことの方に勝手に解釈をしてダラダラと話すところが、その原因。
これはアメリカでも変わらないようですね。
本作のニクソンの話を聞いていると、途中で口が挟みにくい話し方をしているんですよね。
センテンスが終わるときに息継ぎをせず、そのまま話し続け、途中で息継ぎをするようなイメージ。
普通、口を挟む時は、センテンスとセンテンスの間を狙いますから、これは非常にインタビュアーはやりずらそうな話し方です。
これも彼が長い政治生活で身につけたスキルなのでしょうか。
フロストVSニクソンのインタビューという名の試合は、2ラウンド、3ラウンドとともにニクソンの圧勝に終わります。
まさにフロストは手も足も出せない状態になっていました。

最終ラウンドの前に、フロストは思いもかけぬニクソンからの電話を受けます。
これは多分にフィクションだと思われますが、その後のフロストの大逆転に繋がる彼ら二人の生き方というものを表している会話になっています。
ニクソンもフロストも、片や政治の世界、片やショービズの世界で、長年生き残りをかけた戦いを続けてきました。
彼らが考えてきたことは、勝ち上がっていくということです。
まさに永遠に続くトーナメント戦を戦い続けてきたという感じがします。
もともと彼らはそれぞれの世界で生きることを決めたとき、目標や夢のようなものがあったことでしょう。
けれども、延々と続く戦いの中で、いつしかその目標が、勝ち残ることに変わっていってしまったのかもしれません。
特にニクソンは政治家を志した限りは最初は国民のためという気持ちがなかったわけはありません。
しかしいつしか国民というものが目に入らなくなってしまっていました。
フロストがニクソンに「過ち(ウォーターゲート事件のこと)」について「国民に対しては?」と質問します。
これは「国民に対して謝罪の意志はあるのか?」という意味です。
そのときニクソンの答えまでしばらく間があきます。
ニクソンは、その質問によってもともと持っていた「国民のため」の職務についていた意味を、改めて思ったのだと思います。
自身が生き残らねばという強迫観念にも似た意識によって、心の隅に追いやられていた理想がそのときまたクローズアップされたのです。
そのとき大柄に描かれていたニクソンの体すら、小さく縮んだように見えました。

ロン・ハワード監督は実話をベースにした物語がとてもうまいですよね。
実話がもつリアリティのある力強さと、フィクションのもつ物語性みたいなものをうまく融合させるのが、うまいような気がします。
「天使と悪魔」もほどなく公開ですが、こちらの出来はいかがでしょうか?

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「レキオス」 | トップページ | 「ギャラクティカ シーズン2」 行く先、やや迷走気味? »

コメント

moriyuhさん、こんばんは!

アメリカとかは実際に起こった事件の生々しい記憶が残っているのに映画にしちゃうケースが多いですよね。
日本だといろんなところに気を使ってなかなかできなかったりしますが。
このあたりアメリカはオープンなのかなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年6月13日 (日) 19時21分

はらやんさま

再びTBありがとうございました。

>最終ラウンドの前に、フロストは思いもかけぬニクソンからの電話を受けます。
これは多分にフィクションだと思われますが、その後のフロストの大逆転に繋がる彼ら二人の生き方というものを表している会話になっています。


最近、このような暴露っぽいものが多いですね。
レビューをかいてはいませんが、グリーンゾーンなども同様かと?

ブッシュ政権の謝罪とは言わないまでも…なんとなくアメリカ=いいひと?もいるんだよ。を演出したいのかな?と思ってしまいますね。

投稿: moriyuh | 2010年6月13日 (日) 10時37分

sakuraiさん、こんにちは!

ニクソンは最後がウォーターゲート事件ですから、いまいちイメージは良くないですよね。
でもいろいろな実績もあるわけなので、その点は評価しなくてはいけないかなと思います。
でも事実を口にせずイメージだけを良くするというのはやはりおかしいので、sakuraiさんがおっしゃるようにあそこで引導を引き渡されて良かったような気もします。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年6月 6日 (土) 16時35分

本当に実話ベースの話を描くのがうまいですね。
ぜひ、オリジナルの脚本でも見てみたいと思ってるのですが。
やはりニクソンというと、いいイメージはなかったですね。たぶん、それは有能な政治家だったかだと思います。
でも、改めて考えると、こうやって引導を渡してもらって、よかったんじゃないでしょうかね。
きっとフロストには、「若造、やるなあ」という思いを抱いていたんでしょうね。

投稿: sakurai | 2009年6月 4日 (木) 22時55分

ノラネコさん、こんにちは!

ロン・ハワードは「アポロ13」といい、実話をもとんしたストーリーが得意ですよね。
フロストが放った最後のラッキーパンチを食らったニクソンの顔が印象的でした。
それまでの作られた笑顔ではなく、ニクソンの心情がストレートにでたような感じで。
それを容赦なく映してしまうテレビという存在も凄みも感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月11日 (土) 06時47分

なかなかの力作でしたね。
二人の対決は確かに言葉を使ったボクシングの様でした。
たった一言、たった一瞬の表情がすべてを決める、テレビと言うメディアの凄さ、怖さが良く出ていました。
ロン・ハワードはやはり実録物が一番面白いです。

投稿: ノラネコ | 2009年4月11日 (土) 00時33分

にゃむばななさん、こんばんは!

二人とも清濁合わせ呑むようなところがあったのでしょうね。
やはり失脚するときの”過ち”で、それまでの業績がふっ飛んでしまった印象はありますよね。
ニクソンにしても国を思っていたと思いますが、それを実現する自分たちというのを守らなければという方向に気持ちが向いてしまったのが、良くなかったのでしょうか。
トップに上り詰めると誰しもそうなりがちですので、なかなか難しいですけれど。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年3月31日 (火) 22時08分

ニクソン元大統領と田中角栄元首相のイメージが被るのは私も同じです。
偉大な業績は知られているのに、それよりも悪名の方が高い不思議な指導者ですもんね。

日本では田中角栄氏にこういうようなインタビューをしたという逸話はないんでしょうか?

投稿: にゃむばなな | 2009年3月31日 (火) 21時35分

rose_chocolatさんこんばんは~。
メインの2人が素晴らしい演技だったのは言うまでもないのですが、個人的にケヴィン・ベーコンの存在がとても光っていたように感じました。
ニクソンを心から敬愛彼の存在がないと、単なる善と悪の二元論になってしまっていたと思うんですよね。
年齢と共にとても味のある俳優になったなぁって思います。happy01

投稿: KLY | 2009年3月30日 (月) 00時33分

rose_chocolatさん、こんばんは!

政治家の討論会とかってのらりくらりとしていて、イライラしてしまってダメなんですよね。
日本でいうと福田さんとか。
はぐらかさずにきちんと答えて、とか思っちゃいます。
そういうノラクラ戦法に、ずばっと切り込んでくれるジャーナリストも日本は少ないですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年3月29日 (日) 22時58分

もうちょっと退屈なのかなと思ってたんですが、かなり面白く観れました。
党首討論とか、TVでの討論会も日本にはあるけど、あんな風にのらりくらりと煙に巻くことができて初めて政治家(政治屋?)として一人前なのかなって思いますね。逃げ切れて一人前、みたいな。
だから決定打をお見舞いできたのはフロストの大金星ですね。

投稿: rose_chocolat | 2009年3月29日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44501045

この記事へのトラックバック一覧です: 「フロスト×ニクソン」 言葉の拳闘:

» 『フロスト×ニクソン』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:FROST/NIXON監督・製作:ロン・ハワード脚本・原作・製作総指揮:ピーター・モーガン出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケビン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<Story...... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 21時26分

» フロスト×ニクソン / FROST/NIXON [我想一個人映画美的女人blog]
1977年にTV番組で実際に繰り広げられた全4回にわたる伝説のインタビューを、 ロン・ハワード監督が再現した本作。 アカデミー賞作品賞他、監督賞、主演男優賞作品賞、脚色賞、編集賞でノミネートを受けたことでも注目{/atten/} でも実はケヴィン・ベーコンが出てるってことの方を楽しみに初日鑑賞してきた☆ ニクソンについては僅かな知識だけで詳しくも知らないまま、 この映画がどんな作品かも知らないまま、、、 ありゃ〜、これ面白い{/ee_3/} ウォーターゲート事件で失脚するも、政界復活... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 23時51分

» フロスト×ニクソン [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞5部門にノミネートされた話題作。主演はアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたフランク・ランジェラ。そして相手役として『アンダーワールド:ビギンズ』が3月14日から公開されるマイケル・シーン。監督はもう数々のヒット作を生み出したロン・ハワード。ウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソンにインタビューするという、実際の出来事をテーマにした作品です。... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 00時31分

» 「フロスト×ニクソン」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「フロスト×ニクソン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェル、他 ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 10時18分

» フロスト×ニクソン [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
 志ん朝につづいて、八代目文楽、六代目円生のDVDも発売されるのか。  文楽の映像はむかしTBSの「おはよう名人会」でときたま放映されていて、そんなものが遺されていたのかとあたいは轟き、録画して見たが(「鰻の幇間」だった)、なにぶんにも最晩年のため、その元気のなさにいささか失望し、録画は消してしまった。いまも手元にある録画は「松山鏡」だけだ。... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 15時12分

» *フロスト×ニクソン* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2008年  アメリカ ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタビュー番組を企画。ニクソン側も扱いやすいフロスト相手のインタビューを名誉回復の機会ととらえ、法外なギャラで出演契約を結んだ。フロストは事件に対する謝罪の言葉を引き出すべく、ゼルニックとレストンをブレーンに迎え、質問の練り上げ作業に入るのだが……。    gooより}}} ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 09時51分

» フロスト×ニクソン [I am invincible !]
ウォーターゲート事件が引き金となって、アメリカ史上初の辞任した大統領となってしまったリチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)は、罪を認めることも謝罪することも無かった。... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 18時57分

» 『フロストXニクソン』 [めでぃあみっくす]
インタビューは格闘技である。これはインタビュアーの誰もが納得する言葉だそうです。ウォーターゲート事件以来沈黙を守ってきたリチャード・ニクソンとイギリスの人気トークショー司会者デビッド・フロストを中心に彼らのブレーンも巻き込んだ歴史的インタビューの舞台裏を....... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 21時37分

» フロスト×ニクソン 大きな勘違いが発覚(^◇^;) [労組書記長社労士のブログ]
【 19 -5-】 正直、予告編で見てるときはちっとも興味なかったけど、どういうわけか、今日、うっかり見に行ってしまった。  ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタビュー番組を企画。ニクソン側も扱いやすいフロスト相手のインタビューを名誉回復の機会ととらえ、法外なギャラで出演契約を結んだ。フロストは事件に対する謝罪の言葉を引き出すべく、ゼルニックとレストンをブレーンに迎え、質問の練り上げ作業に入るの... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 23時07分

» フロスト×ニクソン [りらの感想日記♪]
【フロスト×ニクソン】  ★★★☆ 映画(祭)(12) ストーリー ウォーターゲート事件で辞任に追い込まれ、その後罪を認めることなく沈黙を守 [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 18時54分

» フロスト×ニクソン [そーれりぽーと]
今年のアカデミー賞を観てて、ニクソン大統領って何した人?フロストって誰よ?等と思っていた『フロスト×ニクソン』を観てきました。 ★★★★ 『ウォッチメン』の世界では豪腕を発揮して1985年も大統領として在任していたニクソンですが、現実世界ではウォーターゲート事件で失脚し、1974年アメリカ大統領で初めて任期途中で退任したのだそうで、野心の強い本人はこの汚名をなんとしても返上したい一心。 その後就任したフォード大統領に恩赦を与えられて全く罪に問われる事もなく、国民に謝罪せずに元々クリーンだったとい... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 00時28分

» 映画 「フロスト×ニクソン」 [ようこそMr.G]
映画 「フロスト×ニクソン」 [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 13時15分

» 「フロスト×ニクソン(FROST/NIXON)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ウォーターゲート事件で、合衆国史上「任期中に辞任した初の大統領」ニクソンを、辞任後の単独インタビューに成功したデビッド・ [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 18時26分

» 「フロスト×ニクソン」:墓地下バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}こんな東京のど真ん中にアメリカ軍の施設があるとは、知らなかったわ。 {/kaeru_en4/}ひょっとして、俺たちの会話を盗聴しているんじゃないか。 {/hiyo_en2/}そんな、しょーもないことするわけ、ないでしょ。 {/kaeru_en4/}しかし、アメリカじゃあ、大統領だって盗聴するんだぜ。 {/hiyo_en2/}ニクソンのこと? {/kaeru_en4/}そう、ウォーターゲート事件で失脚した第37代大統領。辞任したあと、テレビ・レポーター、フロストのインタビュー... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 22時04分

» フロストXニクソン [映画通の部屋]
「フロストXニクソン」FROST/NIXON/製作:2008年、アメリカ 122 [続きを読む]

受信: 2009年4月 5日 (日) 19時54分

» フロスト×ニクソン [Movies 1-800]
Frost/Nixon (2008年) 監督:ロン・ハワード 出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、サム・ロックウェル、ケビン・ベーコン イギリス人TV司会者デビッド・フロストが、ウォーターゲート事件で辞任したリチャード・ニクソン元大統領にインタビューした模様を実話に基づいて描いた舞台劇の映画化。 2008年度のアカデミー作品賞、監督賞、脚色賞、主演男優賞、編集賞候補作。 インタビュー番組を制作すれば儲かるだろうという軽い気持ちで始めたフロストが、最後には本気になり、ニクソンに罪を認めさせ... [続きを読む]

受信: 2009年4月 7日 (火) 00時39分

» フロスト×ニクソン◇◆FROSTNIXON [銅版画制作の日々]
 楽園か荒野か?ーーー人生を賭けた闘いが始まった! 政界復帰を狙う元アメリカ大統領ニクソン。全米進出を狙う英国のテレビ司会者フロスト。1977年、これが4500万人が見た伝説のインタビューだ! 3月31日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ニクソン大統領、ウォーターゲート事件・・・・。大統領の名前はもちろん、この事件の存在は薄ら記憶にあるけれど、どんなことだったのか?まったく知らなかった。そしてニクソン大統領が、この事件で大統領という地位から降ろされたというのも恥ずかしいことだが、知らなかった。 映画... [続きを読む]

受信: 2009年4月 7日 (火) 00時52分

» フロスト×ニクソン・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
第37代合衆国大統領のリチャード・ニクソンと言えば、先日観た「ウォッチメン」では5選を果たして80年代半ばまで大統領をやっていたが、現... [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 00時28分

» フロスト×ニクソン [5125年映画の旅]
1974年。ウォーターゲート事件によって信頼を失ったニクソン大統領は、任期中に辞任に追い込まれた唯一のアメリカ大統領となった。それに目を付けたイギリスの人気司会者デヴィット・フロストは、ニクソンへの単独インタビューを敢行する。アメリカTV史上最高の視聴....... [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 08時47分

» 「フロスト×ニクソン」 [みんなシネマいいのに!]
 1974年。ウォーターゲート事件で、アメリカの歴史上、初めて任期途中で自ら辞任 [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 16時47分

» フロスト×ニクソン [映画の話でコーヒーブレイク]
{/m_0146/}久々の映画館{/m_0146/} 初めて「ららぽーと横浜」内にあるTOHOシネマズ横浜へ。 何故わざわざJR鴨居駅下車でららぽーとまで足を運んだかというと・・・、 本作「フロスト×ニクソン」が見たかったからなんです。 アカデミー賞にもノミネートされた話題作にもかかわらず、何故か神奈川県では川崎のチネチッタと2館のみの公開。 チネチッタは夕方以降のみ、ららぽーとも昼間は12:50からの一回のみ。後は夕方と夜の2回。 こういう政治ものは集客が難しいってことなのでしょうか? どうせそ... [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 23時27分

» フロスト×ニクソン [いつか深夜特急に乗って]
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ロン・ハワード [続きを読む]

受信: 2009年4月15日 (水) 22時12分

» フロスト×ニクソン/フランク・ランジェラ [カノンな日々]
何となくスルーしちゃおうかとも思ったんだけど、予定がぽっかりと空いた事もあって観に行ってきちゃいました。4500万人の国民を釘付けにしアメリカのインタビュー番組史上最高の視聴数を記録したという伝説のトークバトルを描いた作品です。 出演はその他に、マイケル・....... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 07時17分

» 「フロスト×ニクソン」 [It's a wonderful cinema]
 2008年/アメリカ  監督/ロン・ハワード  出演/フランク・ランジェラ      マイケル・シーン      ケビン・ベーコン  ウォーターゲート事件で大統領の座を追われたリチャード・ニクソン。そんな彼に取材を申し込んだイギリスで人気のテレビ司会者フロスト。実際にあった二人のトークバトルをロン・ハワード監督が映画化した作品。  面白かったです。インタビューシーンは息詰まる攻防戦でした。この作品を観る前に「大統領の陰謀」を観てウォーターゲート事件について予習しておいたのも良か... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 00時39分

» 『フロスト×ニクソン』 [千の天使がバスケットボールする]
米国のケネディとニクソンが第35代の大統領の椅子をめぐって争った選挙の討論会で、ラジオの視聴者の6割がニクソンの勝利を予感したにも関わらず、実際はケネディが勝利した。テレビ映りを意識したケネディが紺の背広に赤いネクタイで溌剌とした若さと清潔感をアピールしたのだが、対するニクソンは全体的にグレーで暗い印象を与えたからだ。このよく知られているエピソードは、テレビ時代の幕開けと同時に、階層やイデオロギーを超えたところに存在する「大衆」をコントロールできるテレビの力をも立証した。テレビの力に遅まきながら気が... [続きを読む]

受信: 2009年4月23日 (木) 21時44分

» フロスト×ニクソン [Diarydiary! ]
《フロスト×ニクソン》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - FROST / [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 21時24分

» フロスト×ニクソン [たにぐちまさひろWEBLOG]
【5月9日(土)】  各種作業等  夕方 テアトルサンクにて“フロスト×ニクソン”を観賞“番組の25%はウォーターゲートのインタビュー。残り75%は人としてのニクソン。” “人として?人でないなら私は馬か?” 全米最高視聴率を記録した伝説のインタビューをもとにした映画化作品“フロスト×ニクソン”を観てきました。(H21.5.9(土)テアトルサンクにて鑑賞) コメディアン出身のTV司会者デビッド・フロストは、イギリスやオーストラリアでの成功に飽き足らず全米進出を狙い、前大統領リチャー... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 22時36分

» 【機内上映】「フロスト×ニクソン」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
そのまま捉えていいのか判断に苦しむ。史上初の任期中辞任に追い込まれるも、謝罪を一切せず再び政界への返り咲きを狙ってきたリチャード・ニクソンに、政治とは無縁のバラエティ司会者のデヴィッド・フロストが戦いを挑む。この下りは極めて魅力的だ。実際、フロストがニ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 06時54分

» フロスト×ニクソン ▲68 [レザボアCATs]
原題:Frost/Nixon監督:ロン・ハワード製作:ロン・ハワード、ブライアン・グレーザー、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー脚本・原作・製作総指揮:ピーター・モーガン撮影:サルバトーレ・トチノ美術:マイケル・コレンブリス音楽:ハンス・ジマー編集:マイク・ヒル...... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 19時29分

» フロスト×ニクソン [迷宮映画館]
あたしに言わせると、政治版スポコン物語の王道だった。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 22時49分

» 映画 【フロスト×ニクソン】 [ミチの雑記帳]
DVDにて「フロスト×ニクソン」 今や伝説となった、デビッド・フロストと元大統領リチャード・ニクソンのトークバトルをドキュメンタリータッチで描く。監督はロン・ハワード。 おはなし:1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)がウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。トーク番組の人気司会者デビッド・フロスト(マイケル・シーン)は、ニクソンに対する単独インタビューを企画する・・・。 ウォーターゲート事件(→wiki)の顛末について知っていれば... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 19時29分

» 『フロスト×ニクソン』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
ウォーターゲート事件で、史上初めて辞任に追い込まれたニクソン大統領。イギリスの人気TV司会者フロストは、アメリカでの成功を狙い、ニクソンへの単独インタビューを企画する。一方、政治家としての復帰を望むニクソン陣営も、これを一つの好機ととらえインタビューに応じることになる。 しかしトークショーの司会者としては兎も角、政治家相手のインタビュアーとしてのフロストは不安視され、アメリカの3大ネットワークも大企業も次々に手を引き番組の実現すら危ぶまれる事態にもなるが、自らスポンサー探しに奔走し自腹を切り、自主... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 21時21分

» フロスト×ニクソン [DVD] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:FROST/NIXON公開:2009/03/28製作国:アメリカ上映時間:122分監督:ロン・ハワード出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェル....... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 22時52分

» 09-151「フロスト×ニクソン」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
チーズ・バーガーの話です  1974年。アメリカの歴史上、初めて任期途中で自ら職を辞した大統領という不名誉な称号を背負うことになったリチャード・ニクソン。その後は沈黙を守り、国民は彼の口から謝罪の言葉を聞けずにいた。  その頃、英国の人気テレビ司会者デビッド・フロストは、より高いステータスを手に入れるべく全米進出の野望を抱いていた。そこで目を付けたのがニクソンの単独インタビュー番組というものだった。  さっそく出演交渉を開始するフロストだったが、海千山千のニクソンは法外なギャラを要求...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 13時27分

» フロスト×ニクソン [さむこの部屋]
インタビュー番組の司会者デビッド・フロストと、ウォーターゲート事件で有名な元大統領リチャード・ニクソンのトークバトルを中心に、番組の裏側で繰り広げられたドラマに迫る。 マイケル・シーン、フランク・ランジェラ。 苦手な分野だけど、アカデミー賞で話題になっ....... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 20時54分

» フロスト×ニクソン [悠雅的生活]
ウォーターゲート事件。その後。男たちの対決。 [続きを読む]

受信: 2010年3月 4日 (木) 11時33分

» 『フロスト×ニクソン』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)がウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。その光景をテレビで見てい... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 15時27分

» 【映画】フロスト×ニクソン…の記事&輸入家具の味がした話 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
連日雨{/kaeru_rain/}です。 雨{/kaeru_rain/}だと肌寒い{/face_hekomu/}のですが、室内で何かもう一枚着るというほどでも無く…肌寒さを我慢しながら記事を書いております{/face_hekomu/} まずは近況報告から 昨日、セブンイレブンで買った飲み物{/drink_juice/} ドトールのチャイ・ティーなる商品。 これって、ドトールの店舗でも注文できるんですかねぇ{/eq_1/} …で、飲んだ感想なんですけど。 輸入家具の味がする…{/face... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 12時31分

» フロスト×ニクソン を観ました。 [My Favorite Things]
会社帰りにフラッと…の1本です。 [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 10時31分

» 「フロスト×ニクソン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
ニクソン大統領関連の映画は何本か観たことあったなー。 [続きを読む]

受信: 2010年10月31日 (日) 03時44分

» フロスト×ニクソン [いやいやえん]
まるでボクシングのような舌戦。 ニクソン元大統領が任期中に起こした「ウォーターゲート事件」や「ベトナム戦争」等の事をを司会者デビッド・フロストがインタビューを行い、ニクソン本人の口から事件の真相を炙り出そうとする物語です。 ウォーターゲート事件の詳細や各人物を知らなくても十分楽しめる作品になっているところは素晴らしい(勿論知ってればなお楽しめますが)。冒頭で述べたように、裏事情があってそれぞれ「勝ち」をとらねばならない2人の対決は、まるでボクシングのように相手の腹をさぐりつつ応戦を繰り返す両... [続きを読む]

受信: 2011年7月16日 (土) 09時27分

» フロスト×ニクソン [我が頭に巣くう映画達]
46点 2008年のアメリカ映画で、 監督は「ビューティフル・マインド」、「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード、 主演はマイケル・シーン、フランク・ランジェラです。 ウォーターゲート事件によ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月22日 (木) 22時05分

» フロスト×ニクソン [あーうぃ だにぇっと]
監督・製作: ロン・ハワード キャスト デビット・フロスト☆マイケル・シーン リチャード・ニクソン☆フランク・ランジェラ ジャック・ブレナン☆ケヴィン・ベーコン キャロライン・クッシング☆レベッカ・ホール スイフティー・リザール☆トビー・ジョーンズ ジョン・バート☆マシュー・マクファディン ボブ・ゼルニック☆オリヴァー・プラット ジェームズ・レストン☆サム・ロックウェル 他 3/28(土)、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー (c)200...... [続きを読む]

受信: 2012年8月14日 (火) 17時12分

« 本 「レキオス」 | トップページ | 「ギャラクティカ シーズン2」 行く先、やや迷走気味? »