« 本 「宇宙戦争」 | トップページ | 本 「雑誌よ、甦れ -「情報津波」時代のジャーナリズム-」 »

2009年3月 8日 (日)

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 エンターテイメントを通じての問題提起

「チーム・バチスタの栄光」の続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」、前作と同じく中村義洋監督による映画化です。
原作ではこの間に「ナイチンゲールの沈黙」があるのですが、作品の時間軸では「ジェネラル・ルージュの凱旋」とほぼ同じ時間で事件が起こるので、こちらの方を映画化したということでしょうか。
「ナイチンゲールの沈黙」はそれほどいい出来ではなかったので、懸命な選択だと思います。
原作の「ジェネラル・ルージュの凱旋」はまだ未読ですが、本作原作者の海堂尊さんが訴えようとしていたことがきちんと出ていたような気がします。
もともと海堂さんは、医療現場の抱える問題点をエンターテイメントを通して訴えたかったということです。
ですので、海堂氏の作品を読むとニュースでも最近しばしばとりあげられている医療の問題がテーマになっています。
本作のテーマは緊急医療。
緊急医療における医師不足というのはこのところ大きく問題になっています。
受け入れ拒否などいろいろと病院側の問題が指摘されますが、これはその元に様々な課題が絡み合って発生しています。
抜本的な医師不足というのもそうですし、またキツいと言われる緊急医療を志す医師が少ないとういのもあります。
また本作でも描かれているように病院経営の経済的側面からによるコストの削減というものもあるでしょう。
またたいした怪我や病気でもないのにタクシー代わりに救急車を呼ぶ患者たちの問題もあります。
このあたりの課題は最近でこそ、スポットがあたるようになってきていますが、それまでは当事者でないかぎりあまり認識できていなかった問題だったようにも思えます。
病院に行けば治療はしてもらえる。
なんとなくそれを当たり前のように捉えてすぎているような気もします。
その当たり前を支えているのが、医療制度であり、それは政府や病院側だけでなく、利用者にもそのシステムというものを理解して利用することが大事なような気がします。
それを知らないで当たり前のものと浪費するような利用を続ければ、いずれシステムは崩壊し、それはまた自分に跳ね返ってくるのです。
それを利用者がまずは理解しておくということが大事なような気がします。
また昨今実施され始めているトリアージもなかなか難しい問題だと思いました。
限られた医療資源(人的なもの、物資的なもの含め)の中、大規模事故や災害が起こったとき、すべての人を救うことはできません。
その中で助かる可能性のある人を優先させるというのがトリアージです。
このような事態が起こった場合、トリアージは実施しないとシステムが意地できないと思います。
ただそれが自分の身内に起こったとしたら、頭で理解できても、心で理解できるかというとなかなかに難しいものがあります。
これについては、日頃より一般的な理解を高め、またそのような事態が起こったとき、関係者の心のケア(これは患者身内もありますが、それを決める医療従事者も含むと思います)も準備しておく必要があると思います。
命に関わる医療というのは、緊急性があることが多いです。
ですから普段から、役所、病院、患者と共通したコンセンサスを得るようにすることが大事な気がします。
そういうためにこのようなエンターテイメントという方法で、一般的な意識をあげるというのはいいことのような気がします(当然、映画なので、それが主目的ではないですが)。

主人公田口は引き続き竹内結子さんが演じています。
原作では男性であったのを女性にしたことが「チーム・バチスタの栄光」のときは意外でしたが、だんだんしっくりとしてきたような気がします。
白鳥の阿部寛さんはこちらも相変わらずのアクの強さを出していて、田口とのペアはいよいよ安定感を増してきたという感じがします。
それらレギュラーに対して、やはり存在感を放っていたのはジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)こと速水を演じた堺雅人さん。
中村監督とは「ジャージの二人」に続いて組んでいますが、また違った味わいで存在感を出していてよかったです。
堺さんというのは、浮世離れした少年ぽさみたいなところを持っていますし、また「クライマーズ・ハイ」で見せたような凄みみたいなものも持っている方です。
ちょうどそれらが混じり合った速水というキャラクターはまさに堺さんのためのキャラクターというような感じがしました。

エンターテイメントでありながら、かつ問題提起を行っている、なかなかに見応えのある作品となっていました。
続編をまた期待したいところです。

中村義洋監督作品、映画「チーム・バチスタの栄光」の記事はこちら→
中村義洋監督、堺雅人さん主演「ジャージの二人」の記事はこちら→
原作「ジェネラル・ルージュの凱旋」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「宇宙戦争」 | トップページ | 本 「雑誌よ、甦れ -「情報津波」時代のジャーナリズム-」 »

コメント

たまさん、こんばんは!

堺さんますますいいですよねー。
今度公開される堺さん主演の「ゴールデンスランバー」は本作と同じく中村監督ですし、すごく期待しています。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月29日 (火) 23時01分

>浮世離れした少年ぽさ

まさにそんな印象を受ける俳優さんですね。
今回また、新たな一面が見れたというか、
段々と凄みがまして、よい役柄を熱演されていたと思います。

本当に普段から並ならぬ現場で活躍する医師の姿を見ているようで、考えさせられました。

投稿: たまさん | 2009年12月29日 (火) 22時55分

ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!

海堂尊さんの作品は、医療現場ならではの問題提起がありますよね。
それもキャラ立ちした作り込まれた語り口なので、観ていてもそれほど重くなり過ぎないところがいいです。
堺さんはいいですよね。
今度日本では「南極料理人」という堺さん主演の作品が公開されるのですが、これも期待できそうな感じがしてます。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年7月18日 (土) 22時23分

はらやんさん、こんばんわ☆
エンタメでありながら、しっかりと問題提起もしている優れた作品でしたね。
患者を薬漬けにしてお金を取ろうとする医療の実態など、空恐ろしくなるような現実はこうして観客の脳裏にしっかり焼き付けられたと思います。
田口先生はちょっとボケボケしすぎですよねー
その分、余計に堺さんの演技が光っていましたね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2009年7月15日 (水) 23時58分

ななさん、こんばんは!

僕もトリアージのことは報道番組の中で知りました。
日本で検討されるようになったのは、阪神淡路大震災がきっかけのようです。
トリアージを判断しなくてはいけない医師たちは、かなりの心的負担もかかるのでそのあたりもたいへんな課題ですよね。

速水は堺さんにぴったりの役柄でした。
本作では主役二人を喰うような存在感があったと思います。
いい俳優さんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年4月 2日 (木) 22時50分

こんばんは!
そっかー,助かる人を優先する緊急医療をトリアージというのですか。
はらやんさんのレビューはいつもながら勉強になりますね。
トリアージを実際に行うERの医師たちは
想像もつかないくらいの冷静さや瞬時の判断力を求められる仕事ですよね。
堺さんは大好きな俳優さんですが,ご指摘のように
彼の浮世離れしたところと凄み・・・そのどちらも持っている速水Drのキャラは
堺さんにはまさにハマり役でしたよね。

投稿: なな | 2009年4月 1日 (水) 20時55分

マサルさん、こんにちは!

もともと海堂さんが小説を書き始めたきっかけはやはりそのような問題提起のようですね。
現役の医師の作家では久坂部羊という方がいますが、この方の作品にもそのような感じを受けます。
久坂部羊さんの作品はかなりテイストは重めですが。
海堂さんと対照的です。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年3月20日 (金) 07時08分

こんばんはー。

 私もはらやんさんとほぼ同じような感想を持ちました。TBSと組んだことも影響してか、大きくエンターテインメントに振れたこの作品ですが、「医療現場の現状を世間に知らしめる」という多いなる目的を、作家としての意地だとかそういったものよりも優先させたことに意味を感じました。

投稿: マサル | 2009年3月17日 (火) 23時39分

hitoさん、こんばんは!

僕も「バチスタ」よりこちらの作品の方がおもしろかったです。
そう、竹内さんの田口もしっくりきました。
原作とイメージ違うのは、白鳥もそうなんですが、阿部さんの白鳥もはまってきましたよね。
僕は原作の方はこれから読む予定です。
楽しみ・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年3月12日 (木) 19時27分

こんにちは~

バチスタはイマイチ納得できなかったのですが、こちらは楽しめました♪
エンターテイメントとしても十分面白かったですし、原作で海堂さんの訴えたかったテーマもきちんと盛り込んでいてとても良かったと思います!

バチスタではどうして???と思った竹内結子さんも徐々に田口として馴染んできたような気がしますね~

投稿: hito | 2009年3月11日 (水) 11時12分

たいむさん、こんばんは!

ああいう大規模事故などでトリアージが実施される場合、ああいう自分本位の人が出てくるのは十分に予想されますよね。
タクシー代わりに救急車使う人がいるくらいですから。
やはりこれには日頃から社会全体のコンセンサスを得るように行政や医療機関が活動していかなくてはいけないでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年3月 8日 (日) 22時43分

こんにちは!
「エンターテイメントを通じての問題提起」そんな感じでしたね。上手く融合で来ていたと思いました。

トリアージ、黒の家族や破ってランクを上げようとする人、見ていて苦しくなりましたね。

投稿: たいむ | 2009年3月 8日 (日) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44280164

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 エンターテイメントを通じての問題提起:

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/03/07製作国・年度:日本、2009年上映時間:123分鑑賞日:2009/03/07監督:中村義洋出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成、國村隼シロか、クロか。+あらすじ+チー...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 16時52分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [いい加減社長の日記]
「ヤッターマン 」のフカキョンドロンジョも、ちょっと興味あるけど^^; 映画としては、どうなのか? ここは、とりあえず「ジェネラル・ルージュの凱旋 」を選択。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな。 「ジェネラル・ルージュの凱旋 」は、中くらいのスクリ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 18時53分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋」みた。 [たいむのひとりごと]
原作読者にはあまり評判が良くなかった映画『チーム・バチスタの栄光』。私は映画→原作だったことからも、こだわりなく映画を楽しんだが、今度の『ジェネラル・ルージュの凱旋』はそうも行かない為、ちょっとばかり... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 19時10分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [ラムの大通り]
----大ヒットした 『チーム・バチスタの栄光』 の続編。 田口公子(竹内結子) と白鳥圭輔(阿部寛)コンビの復活か。 ニャんだか、それだけで観たくなるね。 「フォーンがそう言うくらいだから、 この映画のヒットも間違いないんだろうな」 ----こんどもニャにか事件が起こるの? 「うん。舞台は同じ。 東城大学医学部付属病院。『救命救急の速水センター長は 医療メーカーと癒着している』という 差出人不明の二種類の内部告発文書が届くんだ。 一通は田口、一通は白鳥。 ところが、その二通。 片方はワープロで、片... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 23時07分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [LOVE Cinemas 調布]
『チーム・バチスタの栄光』に続く田口センセと白鳥調査官シリーズ第2弾。主演は前作と変わらず竹内結子と阿部寛。今回はメインの登場人物、タイトルにもなっている“ジェネラル・ルージュ”を堺雅人が演じます。監督はこれまた前作と変わらず中村義洋。原作小説がベストセラーだけに、前作では作品の評価が大きく分かれましたが私はまあ許容範囲で楽しめたと記憶しています。本作は如何に!?... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 00時02分

» 【映画評】ジェネラル・ルージュの凱旋 [未完の映画評]
救命救急を舞台とした疑惑の医療サスペンスが犯人だけでなく医療問題を暴き出す、『チーム・バチスタの栄光』の続編。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 01時01分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、野際陽子、平泉成、國村隼、他 *監督:中村義洋 *原作:海堂尊 感想・評価・批評..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 14時30分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 [俺の明日はどっちだ]
ミステリーとしてみると、先の展開が早いうちから読めてしまいシリーズ前作である「チームバチスタの栄光」に比べドラマとしての面白味には欠けていたけれど、医療現場の現実という社会性をもったテーマをエンタテイメントと両立させて描いていたという点では評価されるべき一作。 今回の舞台となるのは救急救命の現場。 人の命を救うという医療の最前線であるにも係わらず病院経営という視点から苛酷な環境におかれている現実。 心臓マッサージを1時間必死に続けることに対する対価やガーゼひとつの経費の扱われ方、あるいは各科による... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 16時15分

» [映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆今、映画に限らず、書かなくてはならないことが多過ぎるので、足早に記させて頂く。  短く記すわけだが、いや、この作品は面白いよ、私は大好きだ。  シリーズ前作の『チーム・バチスタの栄光』(クリック!)も、私はとても面白かったのだが、ネット映評では評判が悪かったのが不思議でしょうがなかった。  原作を読んだ人には、何か足りない要素があったのだろう。  私にとっては、シリーズ2作目なのに、なんとも、もう見続けてきた長大なシリーズの如く、田口(竹内結子)や白鳥(阿部寛)が出てくると、「待ってました... [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 05時28分

» 劇場鑑賞「ジェネラル・ルージュの凱旋」 [日々“是”精進!]
 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞してきました現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女性医師・田口とキレモノ役人・白鳥の活躍を描いた「チーム・バチスタの栄光」の続編。原作シリーズ第3作目を映画化。再びコンビを組むハメになった田口と...... [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 07時03分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [Akira's VOICE]
田口も働こうよ・・・。   [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 17時04分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [Diarydiary! ]
《ジェネラル・ルージュの凱旋》 2009年 日本映画 東城大学付属病院、不定愁訴 [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 19時46分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
ジェネラル・ルージュの凱旋’09:日本 ◆監督・脚本: 中村義洋「ジャージの二人」「チーム・バチスタの栄光」◆出演: 竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、中林大樹、林泰文、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成....... [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 20時24分

» 【ジェネラル・ルージュの凱旋】 [日々のつぶやき]
監督:中村義洋 出演:阿部寛、竹内結子、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、貫地谷しほり、高嶋政伸、國村隼、野際陽子、玉山鉄二、佐野史郎   シロか、クロか。 「東城大学付属病院の心療内科医田口は、バチスタ事件後倫理委員会の会長にされていた。その彼女... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 11時08分

» 命と向き合う現場にあるべき姿。『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [水曜日のシネマ日記]
2008年2月に劇場公開された映画『チーム・バチスタの栄光』の続編。救命救急センター長にかけられた疑惑を巡り、病院内の問題を暴く物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 12時37分

» 【映画感想】ジェネラル・ルージュの凱旋 [掃き溜め日記-てれびな日々-]
「ジェネラル・ルージュの凱旋」観てきました!チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカー... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 15時18分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [はなまろ日記]
「ししゃもがバカウマらしいデス。。。」 今日のこの日のために、原作は「チーム・バチスタの栄光」、「ナイチンゲールの沈黙」、 そして「ジェネラル・ルージュの凱旋」と読み進み、 映画館で流れる予告には目をつぶり、 オフィシャルサイトにも目を背け、 映画宣....... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 17時18分

» *ジェネラル・ルージュの凱旋* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 東城大学付属病院の窓際医師・田口は「チーム・バチスタ事件」を解決した功績で院内の倫理委員会長になってしまっていた。そんな彼女の元に、“ジェネラル・ルージュ”と呼ばれる救命救急の速水センター長と医療メーカーの癒着を告発する文書が届く。それと時を同じくして告発された医療メーカーの支店長が院内で自殺。田口は院長の命で院内を密かに探ることになる。そこに骨折した厚生労働省の役人・白鳥が運ばれてきて……。     gooより}}} [http://blogs.ya..... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 19時01分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ジェネラル・ルージュの凱旋」□監督・脚本 中村義洋□脚本 斉藤ひろし □原作 海堂尊 □キャスト 竹内結子、阿部 寛、堺 雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、野際陽子、平泉成、國村 隼、林 泰文、佐野史郎、玉山鉄二、中林大樹■鑑賞日 3月8日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 『チーム・バチスタの栄光』から約1年。 バチスタ事件を解決した田口先生(竹内結子)と、厚生労働省の役人・白鳥(阿部 寛... [続きを読む]

受信: 2009年3月12日 (木) 12時34分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 / 映画 [恋する図書館。]
『チーム・バチスタの栄光』に続く……“田口・白鳥シリーズ”映画化第?弾『ジェネラル・ルージュの凱旋』を観てきましたSTORY:東城大学付属病院の窓際医師・田口は「チーム・バチスタ事件」を解決した功績で院内の倫理委員会長になってしまっていた。 そんな彼女の元に、“ジェネラル・ルージュ”と呼ばれる救命救急の速水センター長と、医療メーカーの癒着を告発する文書が届く。 それと時を同じくして、告発された医療メーカーの支店長が院内で自殺。 田口は院長の命で院内を密かに探ることになる。 そこに骨折した厚生労働... [続きを読む]

受信: 2009年3月12日 (木) 19時04分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
バチスタ事件からようやく立ち直りの気配が見えてきた東城大学医学部付属病院に、再びトラブルの影が?! 倫理委員会の委員長も勤める”グチ外来”の田口の元へ、匿名の告発文書が届いた。 「救急救命センターの速水センター長が、医療メーカーと癒着している。」 高階院長の依頼を受け渋々ながら調査に乗り出した田口の前に現れたのは、あの厚生労働省の型破り役人の白鳥圭輔! 時を同じくして彼の元へも同様の告発文書が届けられたのだが、しかし二つの文書の内容には微妙な相違が見られた。 はたして速水はシロかクロか? ... [続きを読む]

受信: 2009年3月12日 (木) 23時07分

» 映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」 [FREE TIME]
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009年3月12日 (木) 23時08分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [唐揚げ大好き!]
  シロか、クロか。   ■「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届く... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 05時42分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
シロか、クロか?__バチスタの謎の先にある救命救急医療の深い闇。 物語:「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命さ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 23時06分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作の海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』は大好きー前作の映画(『チーム・バチスタの栄光』)は、原作の良さが出ていないし、ユルユルで苦手だったのだが(汗)、、、今回はどうかな?【story】チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 09時35分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [勝手に映画評]
『チーム・バチスタの栄光』に続く、海堂尊の小説の第二段。今回は、東城大学付属病院を救命救急センターを舞台にスキャンダル引き起こされます。 当然ですが、田口が原作とは異なり女性となった設定は前回のままです。で、今回、田口(竹内結子)・白鳥(阿部寛)の凸凹コンビの調査の対象となった救命救急センター長速水晃一を演じるのが堺雅人。この堺雅人の演技、良いですねぇ。鬼気迫る雰囲気で救急救命行為を行う医師を非常に上手く演じています。って言うか、彼をイメージして海堂は原作に描いたのでは無いかと思うほどでした。 ... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 16時56分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [★ Shaberiba ★]
救命救急医療に携わる医師たちの頑張りと厳しい現実に。胸が熱く、痛くなりました・。 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 01時17分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [Thanksgiving Day]
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました!! 前作の「チーム・バチスタの栄光」がなかなか見ごたえのある、いい作品でしたからね。 海堂尊原作の“田口・白鳥シリーズ”映画化第2弾ということで、公開前からずっと楽しみにしてたんですよ。 「ジェネラル・ル...... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 01時23分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 [みんなシネマいいのに!]
 前に面白いので続編希望と言っていたら、意外に早く制作されてしまった「チーム・バ [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 07時51分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [伊東良徳のとき・どき★かるちゃ〜]
 大学病院の救命救急センター長のリベート疑惑を題材に救急医療の抱える問題を描いた映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見てきました。 封切り初日初回の上映ですが、入りは5割くらい。 主人公は、血を見るのが怖くて不定愁訴外来に勤める心療内科医師田口公子(竹...... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 11時34分

» ジェネラル・ルージュの凱旋/竹内結子、阿部寛 [カノンな日々]
『チーム・バチスタの栄光』の続編です。同じ病院、同じ主人公でそうそう大事件が続くわけないじゃんとは思うものの、これは医療ドラマのお約束なんですよね。この続編、私は何が楽しみかって言えば予告編でセクシーなダーティーヒーローの香りを放っていた堺雅人さんです。....... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 21時50分

» 【ジェネラル・ルージュの凱旋】正しい事をするにも金はかかるズラ [見取り八段・実0段]
明日は映画に行けないので、来週の水曜に行こう、と友達と約束したが、あと一週間も堺雅人待ちできないのでとりあえず1人で見てきた。とりあえず、堺さんを大きいスクリーンで見れた事に満足倫理委員会の演説シーンは圧巻堺さんには演説する人が良く似合う。そして、私は...... [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 21時34分

» 【映画】ジェネラル・ルージュの凱旋 [新!やさぐれ日記]
▼動機 前作以下って事はないだろう・・・ ▼感想 前作以下ってどういうことよ? ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ▼あらすじ チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)が再び現れる。 ▼コメント こういう事はあ... [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 22時14分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『シロか、 クロか。 バチスタの謎の先にある、救命救急医療の深い闇』  コチラの「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、現役医師の大人気小説家の海堂尊の同名ベストセラー小説を映画化した3/7公開の医療ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪実は昨日のTOHO...... [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 22時51分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [欧風]
今日はイオン下田に映画観に行ってきた~。久々に1本だけな上に、少年メリケンサック以来1ヶ月ぶり。こんなに映画観てないのはいつ以来だろう。先月と同様14日はTOHOシ [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 06時39分

» わがままチュッパチャプス。~「ジェネラルルージュの凱旋」~ [ペパーミントの魔術師]
速水の願いを叶えてあげたのがガリバーとはね~。(爆) 子供に囲まれても悪態をつくガリバー。もとい、白鳥。(笑) でもなんかホノボノ。 [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 15時45分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 ★★★★ [えいがのはこ。]
感染列島の宣伝で、リアルで驚きましたー的なコメントをしている医者を見て、えぇー!?あれでリアル言っちゃう?と、この国の医療にたずさる人達に不安を感じたのだけど、この映画に関してはまだそのような応援を見てません。 ウィルスに感染したのに移動しまくりで感染者を増... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 12時21分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 2009-13 [観たよ〜ん〜]
「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました〜♪ 東城大学付属病院の医師・田口(竹内結子)は、病院内の倫理委員会の委員長を務める。そんな田口のもとへ、「救命救急センターの速水(堺雅人)は、医療機器メーカーと癒着しており、花房看護師長(羽田美智子)も共犯である。」という告発文が届く。同時に厚生労働省の白鳥(阿部寛)の元にも同様の内容の告発文が送付されていた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、ドクター・ヘリが飛ぶかも!? Blog人気ランキングに参加してます。... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 19時51分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年3月7日 公開 ★★★★★ 前作がアレだったから全く期待していなかった私がバカだった 星5つです! 「ガリバー、バイバイ♪」小人の国から生還した白鳥さんなのでした。 ひぃ〜やぁ〜、前作と同じ原作者で、前作と同じ監督で・・・ なのに、なのに今回はものすごく良いじゃない[:上向き:] いやほんと驚いたわぁ〜。 今回も脚本は前回同様に斉藤ひろしさんなんですが、今回は中村義洋監督も脚本を手がけていたんですね! ... [続きを読む]

受信: 2009年3月19日 (木) 08時57分

» 【ジェネラル・ルージュの凱旋】 [空の「一期一会」]
■まさか、泣ける映画だったなんて・・・[E:sign02]ただ、ただ、堺雅人さん [続きを読む]

受信: 2009年3月20日 (金) 11時24分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 (2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:中村義洋原作:海堂尊出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、中林大樹、林泰文、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成、國村隼公式サイトはこちら。<Story>東城大学付属病院の窓際医師・田口(竹内...... [続きを読む]

受信: 2009年3月20日 (金) 22時23分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2009年・東宝/監督:中村 義洋) 昨年の「チーム・バチスタの栄光」に続く、海堂尊原作の医療ミステリーの映画化。 前作は、私にはイマイチだった。原作はなかなか面白かったが、映画... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 03時12分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [5125年映画の旅]
「バチスタ事件」からようやく立ち直ってきた東城大学付属病院。グチ外来の田口は、院長の推薦で倫理問題審査委員会を任され、多忙な日々を送っていた。そんな時、田口の元に、救急センターの速水通称ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)が医療機器メーカーと癒着してい...... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 06時49分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 ─ 責任を背負う者の気高さと美しさ ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 責任を背負う者の気高さと美しさ ─ 『チーム・バチスタの栄光』に続く、海堂尊原作の小説の映画化・第二弾『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009年/日本)。前作のチーム・バチスタと同じく、竹内結子と阿部寛のデコボココンビはそのままに、今回は更にNHK大河『篤姫...... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 08時47分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 (2009) 123分 [極私的映画論+α]
 かなり面白かったです。 [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 20時33分

» 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜シロか、クロか〜春休みに入ると身動き取れないので、忙しい中行ってきました。2009年  日本   東宝配給    (09.3.7公開)[監督]中村義洋  [脚本]斉藤ひろし、中村義洋[原作]海堂尊 (宝島社刊)[音楽]佐藤直紀  [上映時間]123分[出演]阿部 寛・・・・・・・・白鳥圭輔 (大臣官房秘書課付技官)   竹内結子・・・・・・・・田口公子 (心療内科不定愁訴外来医師)    堺  雅人・・・・・・・・速水晃一 (救命救急センター センター長)    山本太郎・... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 21時26分

» ジェネラル・ルージュの凱旋☆独り言 [黒猫のうたた寝]
原作読んでからの鑑賞・・・ちょっと躊躇は公式サイトで、登場するキャラクターに原作でお気に入りだった人物が登場しないってことがわかったから^^;なんだけどやっぱり堺雅人の速水先生が気になってしょうがない。だって、チュッパチャップス似合いそうなんだもん(爆)... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 22時28分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [ダイターンクラッシュ!!]
3月27日(金) 18:50~ キネカ大森2 料金:1000円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ジェネラル・ルージュの凱旋』公式サイト 本当は、「テクテク」とかいう絶対ヒットしていないだろう、無名アイドルたちのホラー映画を見るつもりだったんだ。しかし、キネカ大森の劇場前が、背中にでかい荷物背負った若者で溢れている。なんとイベントがあるらしい。特別料金の前売りが完売とのことで入れるわけでなく、折角来てそのまま帰るのもなんなので、「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見ること... [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 03時51分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [花ごよみ]
「チーム・バチスタの栄光」と同様、 原作は海堂尊の同名小説。 監督は中村義洋。 舞台は東城大学医学部付属病院。 “ジェネラル・ルージュというあだ名の 救命救急センター部長、速水医師。 その速水が内部告発文書によって、 収賄の嫌疑をかけられる。 前作と同じく竹内結子の田口と、 阿部寛の白鳥がコンビとなって 事件の解決を導く。   ジェネラル・ルージュこと、 速水部長には堺雅人。 羽田美智子、山本太郎、 貫地谷しほり、尾美としのり、 高嶋政伸、野際陽子、國村隼らが出演。 チーム・... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 19時43分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 (堺雅人さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆堺雅人さん(のつもり)堺雅人さんは、現在公開中の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』に速水晃一 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 14時12分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [みゆみゆの徒然日記]
 本当はもっと早く見にいくつもりでしたが・・やっと見にいけました。原作を読んで、お気に入りの作品です。中でもこの作品で中心人物となる速水先生がお気に入りのキャラなんで、映画化は楽しみなような怖いようなという・・・。  原作にはない事件が起きたり、個人的には前作『チーム・バチスタの栄光』よりも良いと思いました。  映画は小説にはない事件が起きたり、姫宮は出てこないし、翔子はいてもいなくても意味があまりない役だし・・・{/m_0162/}と原作とは違うところはあっても映画として楽しめました。もうこの... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 23時35分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
原作の小説も読んでないし,映画「チームバチスタ」も未見の状態で鑑賞。・・・・・理由は堺雅人さんが出てるから。あらすじ: チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 20時56分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 エビマヨが勝手につけたサブタイトル 〜チュッパチャプスの罠〜ほん最近、あんな殺人事件が起きた病院で またもや 姉さん、事件ですっ田口先生と白鳥のコンビ復活であ〜る白鳥は登場の仕方からして笑える 救急で運ばれてくるとは しかも 全く似つかわしくない 小...... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木) 04時38分

» 映画:ジェネラルルージュの凱旋 [よしなしごと]
 今年20作品目は、ジェネラル・ルージュの凱旋を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金) 03時21分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [たにぐちまさひろWEBLOG]
【3月7日(土)】  桜木図書館→ゲンキー観音町店  テアトル・サンクにて“ジェネラル・ルージュの凱旋”を鑑賞 “呼吸なし、黒。” “黒って・・・。” “その人を診ている間に助かる人も助からなくなるんだ!” 海堂尊原作医療ミステリー“ジェネラル・ルージュの凱旋”を観てきました。(H21.13.7(土)テアトル・サンクにて鑑賞) 東城大学医学部付属病院で倫理問題審査委員長を務める田口は、同病院救命救急センターの速水センター長とメディカル・アソシエイツの関係を調査する。... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 19時25分

» 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
これ、こんなに面白い映画だとは思っていませんでした。ちゃっかりDVDは持っていま [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 22時45分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた?(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届く。その内容は『救命救急の...... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 22時02分

» 当館3周年&ジェネラル・ルージュ(152作目) [別館ヒガシ日記]
ジェネラル・ルージュの凱旋は映画専門Ch鑑賞し 結論は前作であるバチスタよりも凄く満足が出来たよ 内容はバチスタ事件1年後の東城... [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 10時48分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [にわうたぶろぐ]
 前作「チーム・バチスタの栄光」はDVDで観賞しましたが、どうにも面白いと思えず。(好きな方には申し訳ないけれど……)なので、続編ができると聞いたときは正直「何故だ…」と呟いたものでした。けれど同時に発表されたキャスティングには大はしゃぎ。  堺さんが出るなら観に行くしかないだろ!  そんなわけで、わざわざ公開初日の最初の回に映画館へ足を運んできました。最近観賞する映画の選択理由がミーハーになってきたなぁ(苦笑)... [続きを読む]

受信: 2010年4月19日 (月) 00時00分

» 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 ('12・初鑑賞51・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月29日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 13時23分

» ジェネラル・ルージュの凱旋 [映画と本の『たんぽぽ館』]
チュッパチャプスを舐めつつある“凄み” * * * * * * * * * * そういえば、前作「チーム・バチスタの栄光」は観たのに、 こちらを観ていませんでした。 でも、ストーリーとしては、 海堂尊作品中、私はこれが一番好きかもしれません。 何よりも救命...... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 20時20分

« 本 「宇宙戦争」 | トップページ | 本 「雑誌よ、甦れ -「情報津波」時代のジャーナリズム-」 »