« 本 「あなたの魂に安らぎあれ」 | トップページ | 「オーストラリア」 物語る本能 »

2009年2月22日 (日)

「カメレオン」 何をいまさら

藤原竜也さんが演じる主人公伍郎が、在りし日の松田優作さんが演ったらぴったりだろうなあと思って観ていたら、元々松田優作さんのために書かれていた脚本だったんですね。
どおりで・・・。
現代向けに大幅に書き直されたということですが、どうもどこかで観たようなという印象を持ってしまいます。
ディテールは直しているとしても、基本的には物語の構造は変わっていないということでしょうか。
以前はその凶暴さで恐れられた男が足を洗い静かに生きていたところで、ある日ヤバい事件に巻き込まれ、仲間や愛する人を傷つけられる。
男はその相手に怒りを爆発させ、復讐を行う。
言ってはなんですが、脚本の丸山昇一さんが書くこのストーリーというのは、彼の十八番とも言えるような筋立てです。
というよりこういうのしか書けないのかと言いたくなるほどに、ワンパターンではないかと思います。
何をいまさらという感じがしなくもありません。
構造としてはシンプルな割に主人公が「復讐」に至るまでがあまりに長く、バランスがとても悪い。
「復讐劇」はやけにあっさりしていてカタルシスが得られません。
藤原竜也さんもほとんど自分でアクションをこなしたということで、がんばっているとは思いますが、やはり松田優作さんのイメージがチラつくわけで、どうしても比べてしまいます。
早くに亡くなったこともあり強烈なイメージを残している松田優作さんの存在感というのは、なかなか現在活躍している俳優さんも真正面からは越えづらいのではないでしょうか。
阪本順治監督は初期の作品(「鉄拳」とか「王手」とか)は好きなのですが、最近はちょっとパッとしない印象があります。
もっと初期の作品は阪本監督の個性というかスタイルが出ていたと思うのですが、最近はどうにも作ることに慣れてしまったような器用さが気になります。
もっと監督の「らしさ」みたいなものが出して欲しいのですけれども。
脚本、演出について、なぜ今これを作らなければならなかったのかといったようなものを感じられない作品でした。
そういうものがない作品は、観る側にも何も伝えられないような気がします。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「あなたの魂に安らぎあれ」 | トップページ | 「オーストラリア」 物語る本能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/44143956

この記事へのトラックバック一覧です: 「カメレオン」 何をいまさら:

» カメレオン [映画鑑賞★日記・・・]
2008/07/05公開製作国:日本監督:阪本順治出演:藤原竜也、水川あさみ、塩谷瞬、豊原功補、萩原聖人、谷啓、犬塚弘、加藤治子、岸部一徳 [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 14時15分

» カメレオン/藤原竜也、水川あさみ [カノンな日々]
私の場合チネチッタ以外ではこの映画の情報は全く見聞きしてないんですけど、いったい公開規模はどれくらいの作品なのかな?映画の存在自体もわりと最近になって知ったような気もします。でも予告編の印象はなかなかいい感じに思えたのでチョイスしてみました。『DEATH NOTE....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 21時34分

» カメレオン(映画館) [ひるめし。]
変幻自在 [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 12時52分

» カメレオン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「カメレオン」とは、危険をいち早く感知し、その場の状況・感情により、すばやく体色を変化させ、長い舌で狙った獲物を捕らえる生き物。 物語:まるでカメレオンのようにいくつもの表情をもち、時折ゾッとするほど冷め切った顔を垣間見せる伍郎。疑いすら持たせず人を欺...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 22時36分

» 176「カメレオン」(日本) [CINECHANの映画感想]
地上じゃハエが狙っている  25歳の青年・野口伍郎は仲間たちと結婚詐欺をして小銭を稼ぎながら都会の片隅でひっそりと暮らしていた。ある日、伍郎は占い師をする孤独な女性・小池佳子と出会い、恋に落ちる。二人は束の間の平穏な時間を味わう。  いつものように結婚詐欺に成功してホテルの披露宴会場を後にした伍郎と仲間たちは、その帰り際にある拉致現場を目撃してしまう。それは背後に政治が関わった問題であり、伍郎たちはそれを忘れようとするのだったが、闇の力は伍郎たちに徐々に迫り来るのだった。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 01時15分

» 『カメレオン』 @丸の内TOEI [映画な日々。読書な日々。]
まるでカメレオンのようにいくつもの表情をもち、時折ゾッとするほど冷め切った顔を垣間見せる伍郎。疑いすら持たせず人を欺き金を稼ぐ、あてのない人生。ある日、いつもの様に完璧に獲物を騙しきった伍郎たちが偶然、拉致現場に居合わせてしまった事をきっかけに、暗い闇... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 00時46分

» カメレオン [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
カメレオン [DVD] ¥2,340 Amazon.co.jp カメレオンのように、いくつもの表情を持つ伍郎。老後の心配をしながらも、結婚詐欺など、人を欺いて金を稼ぐ日々を過ごしていました。ある日、結婚詐欺に成功し、現場から引き上げる伍郎たちは、偶然、拉致現場を目撃して... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 00時27分

» 『カメレオン』'08・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじカメレオンのように生きる伍郎(藤原竜也)はターゲットに疑いすら持たせずに欺いて金を稼ぐあてのない人生を送っていた。ある日偶然、政府要人の拉致現場に居合わせてしまった伍郎の詐欺グループは事件を目撃したことが原因で仲間を殺されてしまい・・・。感想日...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 22時18分

» (映画)カメレオン [ゼロから]
仲間を殺された恨みを晴らすべく、単身で敵地に乗り込み皆殺しにするところは、やはり松田優作をイメージして脚本が作られていることを感じました。 [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 20時24分

« 本 「あなたの魂に安らぎあれ」 | トップページ | 「オーストラリア」 物語る本能 »