« 「仮面ライダーキバ」 物語のインフレーション | トップページ | 「007 慰めの報酬」 新「ボンド」スタイルの確立 »

2009年1月24日 (土)

「クローンは故郷をめざす」 SFを通して行う「人間とは何か?」という思考実験

予告を観てどうしても観たくなった作品。
僕はSF好きなのですが、こういうテーマの作品は特に好き。
日本で特に映像作品でSFというと、宇宙を舞台にとか、タイムトラベルとか、特撮的・SFX的な表面的な映像表現ばかりに注目がいってしまいがちですが、本来的にはSFはそのような表層的なものではないと思っています。
SFとは皆さんがご存知の通り、サイエンス・フィクションの略です。
つまりSFとは科学を題材にし、どのような思いもよらぬ世界や未来を空想・仮想できるかというところがそのおもしろさなわけです。
そしてそのような仮想=ifの世界を通せば、人間というものとは何かという哲学的な問いを発し、考えることができます。
なぜならそういう仮想世界を設定することにより、人間というものを構成する要素で変わるもの変わらぬもの、というものを、つまりは人間の本質というものを認識しやすくなるからです。
つまり、SFというものは「人間とは何か」という問いについてのシミュレーションを行うための、便利なツールになるのだと思います。
このような映画で有名なものだと「2001年宇宙の旅」などはまさにそういう作品だと言えるでしょう。
こちらでは人間の進化そしてそれが行き着く先、それをコンピューターという人工的な精神との対比によって描こうとしています。
本作「クローンは故郷をめざす」ではクローン技術というものがシミュレーションを行うためのツールになっています。
再生された肉体、そして死ぬまでの記憶を持つクローンは、生前の人間と同一なのか、否か?
そこで発せられるのは人間とは何か?という問い。
これは人が自己というものを認識した時から、つまりは人間として覚醒した時から、自らに問うている命題でしょう。
宗教や哲学といったものは、その問いに答えるための思考によって生み出されたものだと思います。

人間の本質とは?
それは僕たちが触ることができる肉体なのか?
それともこのように思考している精神なのか?
思考を宿している脳なのか?
その脳に記録されている記憶という情報なのか?
いや、肉体や精神活動とは異なる霊魂のようなものなのか?
人間の本質と言っても、それがどこにあるのか、何ものなのかという答えは今までも様々なものが提示され続けました。
本作の中でもこれらの問いへの明確な答えはありません。
宗教や哲学などの精神的な学問と、いわゆるハードな現代的な最先端の科学というものは全く別方向に向いているようなイメージがあります。
けれども物理学や生物学などの学問が発達すればするほど、人とは何か?世界とは何か?という問いにいきつくような気がします。
究極の物理学がたどり着く先は宇宙創世の謎ですし、生物学が発達し本作のようなクローン技術が開発されたとき、それは生命倫理に至ります。
けれどそこまでは現実的には達せていません。
上記のように、まだ成立しない空想的な科学を用いてifの世界を描こうとするSFというジャンルは、哲学するための思考実験なのかもしれません。
日本の実写の映像作品で、このような人間を問う思考実験のようなタイプの映画は少ない気がしていますので、本作は貴重だなと思いました。

監督の中嶋莞爾さんはまったく存じ上げない方だったのですが、このような作品を作る方がいるとは嬉しかったです。
一般的に受ける作品だとは思えませんが、押さえた色調の映像、淡々とした長回しは、先に書いたような哲学的な思考を邪魔しない淡々とした語り口でした。
音や音楽の使い方も非常に神経を使っていたように感じ、不思議な情感が感じられました。
中嶋監督には今後もこのような作品を撮っていっていただきたいです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「仮面ライダーキバ」 物語のインフレーション | トップページ | 「007 慰めの報酬」 新「ボンド」スタイルの確立 »

コメント

rose_chocolatさん、こんにちは!

観られましたかー。
地味めな映画なので仕方がないのかもしれないですが、公開館少なすぎですよね。
僕は職場が近いので帰りがけに行きやすかったですが。

石田えりさん、真に迫る演技でしたよね。
慟哭のシーンのあとの魂が抜けてしまったようなところも同じように母親の心情がよくでていました。
僕もちょっと母親のことを思い出してしまいました。
どうも息子というのは、出てしまうとなかなか家に戻らないもので・・・。
不義理しているなあと。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年2月28日 (土) 14時49分

すべりこみセーフって感じで鑑賞できました。1館上映はキツい。。。

どうしても石田えりさんの演技に目が行ってしまいますね。
かけがえのないものを失うことの慟哭、あれは観ていてちょっと辛かった。
でもそれだけ深い想いがあるからこそ、記憶の遺伝子の中に刻み込まれると自分は信じています。

投稿: rose_chocolat | 2009年2月24日 (火) 11時48分

rose_chocolatさん、こんにちは!

ミッチーファンなんですねー。
本作のミッチー、よかったですよ。
抑えた演技で。
本業は歌手ですけれど、彼ははじけた演技から、抑えた演技まで幅広いですよね。
というより普段から及川ミッチーっている芝居をしている感じはしますけれど。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年1月25日 (日) 15時20分

及川ミッチーファンなんでこれは大いに気になってるんだけど。
先日『プライド』っていう映画を見て(ミッチー出てます。これすごかった)、その後に『クローン・・』行こうかと思ったんですけど移動が間に合わず断念。なんで1館しかやってないんじゃ~~! って暴れたいw
予告なんかも、従来の彼のイメージとは違う感じで、クールっぽいんでますます惹かれますね。でも観に行けないかなあ。。。 涙

投稿: rose_chocolat | 2009年1月25日 (日) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/43835790

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローンは故郷をめざす」 SFを通して行う「人間とは何か?」という思考実験:

» 09-11「クローンは故郷をめざす」(日本) [CINECHANの映画感想]
奇妙な共鳴を感じないか?  近未来の日本。そこではクローン技術が発達し、危険と隣り合わせの宇宙飛行士のために、クローン人間として再生させる研究が進められていた。  ある日、船外活動中に不慮の事故で殉職した宇宙飛行士、高原耕平は事前の契約に従い合法的にクローン再生されることに。その事実を耕平の死と共に初めて知らされた妻は混乱するばかり。また、クローン研究所の所長影山の説明ではバックアップした時点での記憶も完全に移植されるはずだったが、クローン再生した耕平は記憶障害を起こしており、覚えてい...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 01時26分

» クローンは故郷をめざす [ダイターンクラッシュ!!]
1月31日(土) 16:15~ シネカノン有楽町1丁目 料金:0円(会員制度休止で貰った招待券利用) パンフレット:800円(買っていない。薄くて高い。でも、単館系にしては売れていた!?) 『クローンは故郷をめざす』公式サイト 「CASSHERN」とか「キューティーハニー」での阿呆なイメージが強いナルシストの主演映画。 一方的に「ガタカ」みたいな地味目近未来SFを想定し、ひょっとしたら傑作かと期待していたのだが、見事に裏切られた。 近未来なのだが、恐ろしいまでに安普請なセット。特に、病院のセッ... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 02時25分

» 「クローンは故郷をめざす」 [みんなシネマいいのに!]
 クローン技術が進んだ近未来を舞台に、クローン人間として生まれ変わった主人公の心 [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 23時05分

« 「仮面ライダーキバ」 物語のインフレーション | トップページ | 「007 慰めの報酬」 新「ボンド」スタイルの確立 »