« 本 「淋しい狩人」 | トップページ | 本 「震える岩 霊験お初捕物控」 »

2009年1月25日 (日)

「バイオハザード ディジェネレーション」 やっぱり越えられない不気味の谷

公開している劇場が一つしかなく、かつ期間が2週間程度だったので、見逃していた作品。
プレステ時代のゲーム版は1、2、3とやりましたし、ミラ・ジョボビッチの実写版も好きなので、興味はあったんですけれど・・・。
ただ本作はゲーム原作でフルCGアニメだということで、「FF」の悪夢があるため躊躇もありました。
で、なんで今頃観ているのかというと・・・。
プレステ3を買ってしまったんですねー。
そう、これでおうちでブルーレイが観れるということになりました。
わかりやすく映像の綺麗さがわかるかもということで、こちらの作品で初ブルーレイ観賞です。

「FF」のときよりもCG技術の進歩もあるでしょうし、ブルーレイってこともあり、映像は文句なく綺麗。
特にテクスチャの表現がきめ細かく、素材の質感などよくでていたように思えます。
キャラクターの皮膚の細かいシワまで作り込んでいるのがわかります。
日本のCG表現はかなりのところまできています。
画を構成するパーツとしては。
動きもモーションキャプチャーでとっているということなので、自然なはずなのですけれど、画を全体として見るとどうもそう見えない。
なぜなのでしょう?
パーツ一つ一つは実写と見まごうぐらいに作り込まれている。
また動きは実際の人間の動きを取り込んでいるので、自然なはず。
CGを構成する要素をそれぞれ作り込んでいるはずなのに、どうも作りものめいて見えます。
これは実写に似せよう似せようと努力すればするほど、リアルな人間との細かい差異が余計に気になってくるような気がします。
ゲームの中の動画として観ている分にはいいのですけれど、映画として観るとやはりちょっと気になります。
わざとアニメっぽいキャラクターにする「アップルシード」みたいなやり方、またはピクサー作品のようなディフォルメみたいなやり方だと、実際の人間と違っても気にならないような気がします。
リアルという方向性を押し進めていくならば、構成要素をリアルにしていくという積み上げ式では限界があるのかもしれません。
構成要素をリアルにしていくだけではなく、総体としての自然さみたいなものを考えなくてはいけないのでしょう。
どうも不気味の谷というのはなかなかに越えがたいものなのかもしれません。

肝心のストーリーもそれほど目新しさは感じませんでした。
ゲーム版の後日談といったところですが、今までと同じような話に感じました。
前半の空港のシーンなどは原作ゲームをやっているようなハラハラ感(いつくるか、いつくるか、やっぱ来たー!といった感じ)を感じたのですけれども、後半の方はそういう「バイオハザード」らしさみたいなものは薄れてきて、普通のアクション映画を見ているような気がしました。
例によって、続きそうな終わり方ですが、次回作作る予定があるのかな・・・。
それともゲームの方に続くのかしらん。

劇中、レオンが「無駄撃ちするな、弾がなくなるぞ」みたいなことを言っていました。
いつもゲームではビビって無駄撃ちして、弾切れで死んでました・・・。
レオンさん、すみません。

実写版「バイオハザードⅢ」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「淋しい狩人」 | トップページ | 本 「震える岩 霊験お初捕物控」 »

コメント

メビウスさん、こんばんは!

僕もプレステのときはやっていたのですが、最近はこのシリーズはちょっとご無沙汰してました。
本作でも最初の方はゲームのときのようなハラハラ感ありましたよね。
「5」は久しぶりにやってみようかなー。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年1月27日 (火) 17時33分

はらやんさんこんばんわ♪こちらにもTB有難うございました♪

実写バイオもサイレントヒルもそうだったんですが、やっぱりゲームの映画化などもそのゲームをプレイしてたかしてなかったかによって評価が大きく変わってきますね~。
幸い自分はシリーズを一通りプレイしてたので、本作もファン視点の鑑賞でしたし、個人的にはまた新しいバイオサーガを観れてとても満足でしたね~♪ゲームのオマージュも小ネタも散りばめてましたし、最新作の『5』でも暗躍するトライセルの存在も、ゲームへの期待感を高めさせてくれた気がします。

でもその5でも多分ビビリまくって、自分も無駄撃ちいっぱいしそうな予感が・・(汗

投稿: メビウス | 2009年1月26日 (月) 22時47分

SOARさん、こんにちは!

モーションキャプチャーっていうのは、人間の動きをそのまま記録しているはずなんですけれど、なんで不自然に見えるのでしょうね。
なんとなく画のキャラクターの身体のバランスが違うためのような気がします。
本作で言うと、黒幕の議員は通常の人間よりも頭が大きいため、人形のような動きに見えました。
ゾンビの場合は不自然でもいいんですけれどね(笑)。

なるほどこちらから「5」に続くんですねー。
プレステ3を買ったので、今度久しぶりに「バイオハザード」やっていみようかなー。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年1月26日 (月) 10時48分

そういえばゲーム版バイオの初期作品では、モーションキャプチャーを使ってないことが逆にカプコンのウリだったように記憶しています。
モーションキャプチャーで作ったCGの不自然さ、不思議ですが確かにあるんですよね。

それでも、一連のゲーム版各シリーズ間で複雑に絡み合う伏線の妙に酔いしれてるマニアな私にとっては、本作もまたエピソードのひとつとして楽しめました。
ちなみにこの作品はゲーム版「5」に繋がります。

投稿: SOAR | 2009年1月25日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/43854754

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオハザード ディジェネレーション」 やっぱり越えられない不気味の谷:

» 『バイオハザード ディジェネレーション』・・・バイオの原点を存分に堪能! [SOARのパストラーレ♪]
かつて寝食を忘れるほどにのめり込んだゲームが4つある。いずれも未だにシリーズが続く傑作である。そのひとつが「バイオハザード」シリーズ。プレステ版の1作目を最初にクリアしたときに感じた“映画を1本見終わったよう”な充実感は今でも鮮明に覚えている。... [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 22時16分

» バイオハザード:ディジェネレーション [Akira's VOICE]
怖くないけど面白い。   [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 10時33分

» バイオハザード ディジェネレーション [メルブロ]
バイオハザード ディジェネレーション 229本目 2008-35 上映時間 1時間36分 監督 神谷誠 出演(声) パール・メルスィエ アリソン・コート ローラ・ベイリー  会場 新宿ピカデリー 評価 7点(10点満点)  人気TVゲーム、「バイオハザード」のフルCG....... [続きを読む]

受信: 2009年1月27日 (火) 00時32分

» 『バイオハザード ディジェネレーション』 [唐揚げ大好き!]
バイオハザード ディジェネレーション コレクターズ・エディション [DVD] ¥3,684 Amazon.co.jp ラクーンシティの惨劇から7年――。 あの恐怖が蘇える。   ■ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したt-ウィルスが感... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 04時08分

» 282「バイオハザード ディジェネレーション」(日本) [CINECHANの映画感想]
ラクーンシティ消滅の真実は?  ラクーンシティの惨劇から7年後。バイオテロや薬害被害者救済のためNGOに所属していたクレアはアメリカ中西部工業都市にやって来た。しかし空港利用者の中にゾンビを発見するが、警備員が噛まれたことから続々と一般客や空港職員が感染していき、空港は大パニックとなる。  一方アンブレラ社が開発した危険なt-ウイルスを手中にしているテロリストから、7年前に隠蔽したラクーンシティ消滅事件の真実を、大統領自ら公表しろ、という要求を受ける政府。ホワイトハウスは直轄エージェン...... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 01時43分

» バイオハザード ディジェネレーション☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『ドーン・オブ・ザ・デッド』で走るゾンビ観ながらやっぱり、ゾンビは走っちゃいけないよ~~んなんて思っちゃいましたが(笑)『バイオハザード ディジェネレーション』観にいきました。なんといってもホラー好きな猫にとってこのゲームはドキドキしながら最後までいけた大... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 22時13分

» 『バイオハザード:ディジェネレーション』 ('09初鑑賞136・Blu-ray) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 9月25日(金) ソニーのBlu-rayキャンペーンの懸賞で当たった Blu-rayDisc にて鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 20時01分

» バイオハザード:ディジェネレーション [ともやの映画大好きっ!]
【2008年・日本】TVで鑑賞(★★★☆☆) T-ウィルスに感染したゾンビと戦うホラーアクションゲーム「バイオハザード」シリーズを原案としたフルCGアニメ。 7年前の1998年。国際的巨大製薬企業アンブレラ社が開発したT-ウイルスによって、市民が次々とゾンビ化。アメリカ政府はラクーンシティへ核ミサイル攻撃を行い、ラクーンシティは地上から消滅した。 そして2005年。バイオテロや薬害の被害者救済のためのNGOに所属するクレア・レッドフィールド(声:甲斐田裕子)はハーバードヴィル空港へ降り立つ。しか... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 12時01分

» 【アニメ】バイオハザード・ディジェネレーション [★紅茶屋ロンド★]
<バイオハザード・ディジェネレーション を観ました> 製作:2008年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ みなさん、もう「バイオハザード4・アフターライフ」は観ましたか~? 映画ファンならずとも、ゲームファンにも楽しめる作りになっていましたね! さて、今夜ご紹介するのはなんと、フルCGで作られた「バイオハザード」です。「えっ?バイオはムービー全部CGじゃない」という貴方!この作品は、そのゲーム中に挿入されるムービーシーンのクオリティで一本の映画を作ってしまったのです。 主人公はゲー... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 19時04分

» 「バイオハザード ディジェネレーション 」 ゲームのアニメ化(○゚ε゚○) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
仲の良い、映画好きのおんちゃんに貸してもらいました[E:happy01] このゲ [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 00時02分

« 本 「淋しい狩人」 | トップページ | 本 「震える岩 霊験お初捕物控」 »