« 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 まさか、彼・・・? | トップページ | 本 「マーケティング企画技術 -マーケティング・マインド養成講座-」 »

2008年11月23日 (日)

「Happyダーツ」 恋はエネルギー

ダーツって、ずいぶん前に一度しかやったことがありません。
やる前は的に矢を投げればいいから簡単じゃんと思ったりしたのですが、けっこう難しかった覚えがあります(酔っぱらっていたから?)。
そんなダーツ知識ゼロな僕が観ても大丈夫かしらんと思ったりもしましたが、映画の中ではルールはけっこうわかりやすく説明してくれているので、まったく知らない人が観ても問題ないと思います。
最近のダーツは電気式で点数出てくるんですね、知らなかった・・・(ソフトダーツというらしい)。
前は紙に書いて計算して面倒くさい印象がありました。
便利な世の中になったものです。

主人公の美奈子は30歳の派遣社員のOL。
仕事はラクチンそうで定時には会社を出れる。
容姿は悪くはないので、そこそこモテる。
日々の生活は不満はなさそうで、なんとなーく過ぎている感じ。
自分の中に熱中できるものがない、ということにも気づいていないのほほんとした感じの女性です。
そんな美奈子がふと友人に誘われていったダーツバー。
美奈子はそこで働く年下の青年篠塚に一目惚れしてしまいました。
篠塚に会いたいばっかりに美奈子はダーツバーに通いつめ、彼に見てもらいたくってダーツを習い始めます。

ベタなストーリーなのではありますが、改めて恋って自分のエネルギーになるものだなあと思いました。
たぶんみんな経験ありますよね。
好きな人に見てもらいたくって、話をしたくって、その人の趣味と同じことを始めてしまうこと。
その人が興味を持っていることに自分も関心をもっていくこと。
ふだん新しいことを始めようとするのってとってもエネルギーがかかるものですが、恋をしてしまうとそういうことは苦ではなくなってしまうものなんですよね。
恋をするのも、なにかに夢中になるのにも、がんばりが必要です。
がんばっているときはしんどいこともあるけれど、そんなときってなんだか楽しい感じもありません?
自分の中からエネルギーが沸いてくるような感じ。
わくわくするような感じ。
恋っていうのは、そういうエネルギーを生み出すきっかけになるんですよね。
恋したくなってきた。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 まさか、彼・・・? | トップページ | 本 「マーケティング企画技術 -マーケティング・マインド養成講座-」 »

コメント

つるぱらさん、こんばんは!

この作品は公開している劇場の近くでたまたま時間が空いていたから観たんですよね〜。
レビューはなるべくいいところを見つけようというスタンスで書いています。
が、時々ひどく毒を吐いている時もありますよ(笑)。

夏休みは親子連れで映画館は大賑わいですよね。
確かに涼しいですし。
「ローン・レンジャー」と「ワールド・ウォーZ」はおもしろそうなので、期待しています。
夏はこの手の派手な映画がいいですね!

投稿: はらやん | 2013年7月30日 (火) 22時13分

はらやんさん、こんばんは。いつもTB有難うございます。
どちらかと言うとマイナーっぽいこの作品もご覧になってたんですね。
感想、視点が優しくて安心して拝見出来ました。
私は大抵辛口&放り投げ感想晒してるので恐縮してしまいますが;;
(特にアイドル系女優にはなぜかキビシイ・・笑)懲りずに宜しくお願いします。

いつの間にか巷では夏休みに突入してて・・映画館もにぎやかになりそうですね。
来月公開のジョニー・デップのと、ブラッド・ピットのに行こうかどうしようか迷っている所です。
(ブラピつながりで)アンジェリーナ・ジョリー監督作はどうでしょうね?
ボスニアの話だそうなので、シビアな内容なのかな~・・?
暑い日が続いているので、いつも以上に映画館への避難を企んでる日々です。
はらやんさんも夏バテしないように、うまく映画館に行って(?)元気な夏をお過ごしくださいね。

投稿: つるばら | 2013年7月30日 (火) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/43205100

この記事へのトラックバック一覧です: 「Happyダーツ」 恋はエネルギー:

» Happyダーツ [ダイターンクラッシュ!!]
12月14日(日) 21:15~ アミューズCQN2 料金:1300円(シネカノン会員料金) パンフレット:600円(買っていない。) 『Happyダーツ』公式サイト 30歳の駄目派遣社員が、ダーツのプロを目指す年下の男に惚れ、邪まな考えからダーツを始めるが、ついには全国大会の決勝に・・・ 知名度は激低であろう。しかし、こいつは拾い物の一品だ。 古典的なスポーツ物のプロットである。世の中に何本もこの手の作品があるが、好きなジャンルなので、何度見ても飽きない。この点で、俺の単純な脳みそ構造であ... [続きを読む]

受信: 2008年12月18日 (木) 02時37分

» 『Happyダーツ』 [ラムの大通り]
----ダーツ? それってあの的に向って投げるヤツだっけ? 「うん。その昔、ビリヤードで遊べるプールバーというのが大ブームになったけど、 この映画を観ると、どうやら ダーツを楽しめるバーというのもあるらしい」 ----でもダーツって 先の部分が金属になっていて 的がすぐボロボロになるんじゃニャいの? 「それが違うんだな。あれはハードダーツ。 この映画に出てくるのははソフトダーツ、 もしくはエレクトニックダーツと言って 無数の穴が配されたプラスティック製のダーツボードに向って これまたプラスティック製... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 00時11分

» ★★★ 『Happyダーツ』 [映画の感想文日記]
2008年。キングレコード/BOOSTER PROJECT。   松梨智子監督・脚本。  日ごろからビリヤードなどとともに、何となくうさんくさいイメージと場末感を抱かれがちな、ダーツをスポーツの一種として認めさせようという関係者の涙ぐましい努力によって製作された... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 23時36分

» Happyダーツ [rambling rose]
毎日を退屈に過ごしていた美奈子は、親友とたまたま行ったダーツバーで店員の篠塚に一目惚れ。彼は世間に知られるダーツ選手だった為、早速自分もダーツを始めるが・・。 [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 19時44分

« 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 まさか、彼・・・? | トップページ | 本 「マーケティング企画技術 -マーケティング・マインド養成講座-」 »