« 「マルタのやさしい刺繍」 おばあちゃんたちに拍手喝采 | トップページ | 「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです »

2008年11月15日 (土)

「DISCO<ディスコ>」 キュート!エマニュエル・ベアール

「サタデー・ナイト・フィーバー」が火をつけたディスコブームというのは70年代後半から80年代初めにかけてなので、個人的にはあまり思い入れみたいなものはないんですよね。
でもその頃の曲というのは、様々な映画などでもしばしば使われているので、いつの間にか耳に馴染んでいたりもします。
予告でかかっていた曲もほとんど知っていて、ディスコは行ったことが無いくせになんだか懐かしい感じがして本作に興味を持っていました。
またダンスをテーマにした映画というのは最後に盛り上がるために割と好きだったりするので、フランス映画「DISCO」を観てきました。
ディスコというとなんとなくアメリカのイメージがあって、「へー、フランス映画なんだ?」と不思議に思いましたが、改めて調べてみると「DISCO」という言葉はフランス語だと知って、びっくり。
「サタデー・ナイト・フィーバー」のイメージがあったので、なんとなく英語だと思っていました。

さて内容はというと、若い頃はディスコでブイブイ言わせていた中年トリオが、20年振りにディスコでのダンスバトルに挑むというお話。
こういうストーリーは最後に苦労して勝ち残って感動!という流れが予想されますが、本作はほとんど「泣かせ」の要素はありません。
ですので「感動」を期待して観に行くと、ちょっと肩すかしかもしれません。
どちらかというと終止軽妙なコメディタッチで描かれていて、ストーリー的には定番の展開で驚くことはほとんどなく、気軽に観ることができます。

本作の収穫はエマニュエル・ベアールでした。
久しぶりに観た感じがしましたが、とても綺麗な女性ですね。
綺麗というより、かわいい感じかな。
お年は30後半になるかと思いますが、とてもキュートな感じがするんですよね。
ちょっとアヒル口で、キュッと笑うところがチャーミング。
ダンスも披露していましたが、セクシーであってキュート。
いいですねー。
衣装もセンスがよかったです。
このあたりのセンスの良さはさすがフランス映画です。
結局、ストーリーはお約束の展開だったのでそれほど頭を使うこともなく、ずっとエマニュエル・ベアールに集中という観賞になってしまいました(笑)。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「マルタのやさしい刺繍」 おばあちゃんたちに拍手喝采 | トップページ | 「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです »

コメント

rose_chocolatさん、こんにちは!

そうですかー、彼女は43歳ですかー。
年上だった・・・。
全然そんな年に見えないですね。
とてもキュートに見えました。

音楽は、疎い僕が観ても知っている曲ばかりで。
なんか時代を感じさせますよね。
あの時代は楽天的だったのかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年12月 2日 (火) 07時36分

エマニュエル・ベアールは、今年43歳だよ^^
でもすっごく綺麗でしたよね。
これまでの、ファム・ファタール的な役柄とはうって変わってのコメディエンヌでしたけど、妙にはじけすぎることもなく、自然体の彼女でしたね。

私はウォルター役の、サミュエル・ル・ビアンが、元彼に何となく似ていて、そっちが気になって仕方なかったですw
ディディエの、ウエストのハミ肉と白ブリーフもめちゃくちゃ笑えました^^;
もちろん音楽もよかった~

投稿: rose_chocolat | 2008年12月 2日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/43121488

この記事へのトラックバック一覧です: 「DISCO<ディスコ>」 キュート!エマニュエル・ベアール:

» 『DISCO』(2008)/フランス [NiceOne!!]
原題:DISCO監督・脚本:ファビエン・オンテニエンテ出演:フランク・デュボスク、エマニュエル・ベアール、ジェラール・ドパルデュー、サミュエル・ル・ビアン、ジェロム・レ・バンナ鑑賞劇場 : シャンテ・シネ公式サイトはこちら。<Story>かつてはダンスフロ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火) 01時15分

» 「DISCO ディスコ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Disco」 2008 フランス デイディエにフランク・デュボスク(脚本も)。 フランスに「輝ける女たち/2006」のエマニュエル・べアール。 ジャクソンに「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜/2007」のジェラール・ドパルデュー。 ウォルターに「ジェヴォーダンの獣/2001」「愛してる、愛してない.../2002」のサミュエル・ル・ビアン。 ヌヌイユにアベス・ザーマニ。 男爵夫人に「おかしなおかしな訪問者/1992」「アメリ/2001」のイザベル・ナンティ。 デディエのママンにアニ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 00時55分

» 「DISCO ディスコ」 [みんなシネマいいのに!]
 若い時は体力があってあまり深く考えないし、なまじ時間があるので、バンド組んだり [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 22時34分

» DISCO ディスコ [愛猫レオンとシネマな毎日]
フランスで、初登場1位を飾ったそうです。 ビー・ジーズ、ドナ・サマー、アース・ウィンド&ファイヤーなど 黄金のディスコサウンドが蘇ります。 かつて、ディスコフロアで注目を浴びていた3人組”ビー・キング”も今では冴えない人生を送る40歳。 ある日、地元のクラブオーナーがダンスコンテスト開催を発表。 3人は、美人インストラクターの元で、猛特訓を始めて、かつての輝きを取り戻してゆく・・・ 「サタデー・ナイト・フィーバー」フランス版、オヤジ編でした。 フランス映画で、こんな感じ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 11時46分

» DISCO ディスコ [ダイターンクラッシュ!!]
2009年6月20日(土) レンタルDVD DISCO ディスコ [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: DVD 『DISCO ディスコ』公式サイト シャンテで予告編(文字と音楽のみ)を観た時から、観たくてたまらなかった。まったく人気がなかったようで、瞬く間に昼二回上映に陥落、直ぐに終了と劇場で結局観られなかった期待の作品。 母親に養ってもらっているような駄目40男ディディエ・トラボルタ(芸名)。名が示すように昔のディスコの帝王。 駄目男には子供がいるが、... [続きを読む]

受信: 2011年9月 4日 (日) 02時49分

« 「マルタのやさしい刺繍」 おばあちゃんたちに拍手喝采 | トップページ | 「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです »