« 「ゲット スマート」 アン・ハサウェイに釘付け | トップページ | 「お姉チャンバラ THE MOVIE」 無敵な爽快感 »

2008年10月13日 (月)

「僕らのミライへ逆回転」 映画、大好き!

「エターナル・サンシャイン」や「恋愛睡眠のすすめ」など独特の世界観を持っているミシェル・ゴンドリーの最新作です。
それまでの現実と夢や記憶といった曖昧なものがボーダレスになっているあの感覚みたいなものは、こちらの作品ではほとんどありません。
あのミシェル・ゴンドリー調が好きなファンには不満なところがあるかもしれませんが、普通の観客にとっては観やすい作品になっているような気がします。
それでも「恋愛睡眠のすすめ」でもあったハンドメイド調はこの作品でも十分にあって、というよりそれこそがテーマだったりするわけで、そのあたりのミシェル・ゴンドリーのセンスは楽しめます。

ビデオ店に勤めるマイク、その友人のジェリーは店番をしているときに、ちょっとした「事件」でお店のビデオテープをすべて消去してしまいます。
けれどもお客は来て、作品をすぐに観たいと言う。
マイクとジェリーは急場凌ぎでその作品の「リメイク」を手作りで作ることにします。
意外なことにその「リメイク」版が大好評。
ビデオ店は行列ができるほどに繁盛し始めます。
といったストーリー。

ちょっと話が変わって。
前にも書きましたが、大学時代に自主映画を作ったことがありました。
僕のいた大学には映画のサークルが二つありました。
片方がいわゆる「自主映画」調で、若者にありがちの哲学的なんだかよくわからない作品を作っているサークルでした(僕はこういう独りよがりの作品が嫌いなのでこちらのサークルはパスしました)。
もう一つは映画はエンターテイメントと考えている人たちのグループでした。
アクションとかコメディとかホラーとかそういうエンターテイメントを作りたいと考えている感じでした。
といってもやっていることと言ったら、あの映画のこんな場面を撮ってみたいみたいなことでしたが(笑)。
学生なので当然のことながらお金も機材ものないので、それはもうアイデアと手作りでやるしかない。まるで本作のジェリーとマイクのように。
例えば・・・。
ある先輩が「レイダース」のトラックのシーンみたいなのを撮りたいと言い出しました。
みなさんもご存知だとは思いますが、インディがナチスのトラックに引きづられるシーンです。
当時車を持っている人はいなく、持っていてもそのままやったらかなり危険なので、車を使う案は却下。
どうしたかというと校舎の裏にあったリアカーを拝借し、その上に8ミリカメラを設置。
リアカーの後部からロープをたらし、それに掴まり引きずられる主人公を撮るといった感じでやりました。
僕は下っ端だったのでリヤカーを引っ張る役でした(笑)。
人を乗せながら地面を引くので、それほどスピードは出るもんではないですが、それはカメラのハイスピードで対応(もったいなかったけれど)。
引っ張られる役も当時スタントマン志望だった学生をスタンドインで使ったり。
今思えば対したことがない出来だったと思うんですけれど、それを作っているときは楽しかったし、出来上がりもとてもおもしろく観れたんですよねー。
僕がとった作品(作品というのもおこがましいが)では、カーチェイスをやりたかったのですが、そんなことはできるはずもなく、チャリンコチェイスをやりました。
スピード感だすためにやたらカットが多い作品になってしまったなあ。

長々と僕の思い出を書いてしまいましたが。
本作観てそんなことを思い出しました。
学生の頃に感じていた映画って楽しいって思いみたいなものを、本作「僕らのミライへ逆回転」からはとても感じます。
映画っていうのはお金をかければいいっていうものではありません。
楽しい作品というのは、作っている人たちがとても楽しんで作ったということが伝わってくる映画なんだと思います。
本作は作り手の「映画、大好き!」という愛情をひしひしと感じた作品でありました。
最後のシーンは「ニュー・シネマ・パラダイス」へのオマージュかな。
そんなところからも映画への愛情を感じます。

ミシェル・ゴンドリー作品「恋愛睡眠のすすめ」の記事はこちら→
ミシェル・ゴンドリー作品「エターナル・サンシャイン」の記事はこちら→
「ニュー・シネマ・パラダイス」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ゲット スマート」 アン・ハサウェイに釘付け | トップページ | 「お姉チャンバラ THE MOVIE」 無敵な爽快感 »

コメント

ミチさん、こんばんは!

「恋愛睡眠のすすめ」はゴンドリー節満載で、うーんという感じだったのですが、こちらの作品はそういうのが苦手な人でもみやすいですよね。
とはいえ監督の趣味も十二分に発揮されていますし、映画ファンとしてもいちいち元ネタを思い出す楽しさもあり、なかなか良い映画でしたー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年12月26日 (金) 19時14分

こんにちは♪
ミシェル・ゴンドリーは見ず嫌いだったのです。
ファンタジー調が苦手なので(汗)
でも、この映画は「映画」がテーマだけに絶対に外せないと思って見に行きました。

>あのミシェル・ゴンドリー調が好きなファンには不満なところがあるかもしれませんが、普通の観客にとっては観やすい作品になっている
はい!
おかげさまでとても楽しく見ることが出来ました。

投稿: ミチ | 2008年12月26日 (金) 13時41分

コブタさん、こんにちは!

映画作ったのはずいぶん前ですけれどね。
そのときは8mmでした。
こちらの作品は映画に対する愛情というのが、ストレートに伝わってきましたよね。
最近はみんなCGでできますが、ちょっと前まではいろいろなアイデアをだして映像を作っていたんですよね。
そんなときの手作り感みたいなものが感じられました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月26日 (日) 15時57分

mariyonさん、こんにちは!

最後は意外でしたよね。
けれど映画への愛情が溢れてくるのを感じる映画でしたよね。

そう学生時代にちょっとだけやっていたんですよ。
今思えばとっても稚拙なのですけれど、けっこう楽しかったんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月26日 (日) 07時01分

映画を作られたことがあるなんて羨ましいです!

コチラの作品、映画を好きってことが、とても素敵なことなんだというのを、改めて思い出させてくれますよね!

自分たちの力で、精一杯出来る範囲で映像をつくっていく様子が観ていてワクワクしてしまいました!


投稿: コブタです! | 2008年10月24日 (金) 19時54分

はちゃめちゃなおバカ映画と思っていたので
ラストにはかなりびっくり。。
あれ??って、思ったときは
ちょっと泣けていました。

はらやんさんは自主映画をおつくりになっていたんですね。しかも、かなり、似た体験じゃないですか?
なんか、学生だったら、こういうノリで何か作りたくなるんじゃないかなぁ~~って。
今は、撮るのも発表の場も、手じかにあることですしね。
意外と受けたのが「ラッシュアワー2」だったりします。竹が~~の発想に爆笑!

投稿: mariyon | 2008年10月23日 (木) 16時13分

となひょうさん、こんばんは!

そうなんですよねー、なんだか懐かしい感じがしました。
僕も「ゴースト・バスターズ」のときは中高生の頃で思い入れがあります。
あの歌が流れてくるとちょっとワクワクしちゃう感じありますよね。
ミシェル・ゴンドリーの最近の作品は手作り感というか、映画を作ることが好きなんだろうなあという感じが伝わってきます。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月20日 (月) 20時57分

こんにちは。
TBありがとうございます。
そうですか、映画サークルに・・・movie
となると、かなり懐かしい気持ちになれる作品だったのでしょうね。
私は、『ゴーストバスターズ』が思い出の1本なので、はらやんさんとは違った懐古ムービーでした。
批評家さん達には受けないタイプの作品かもしれないけれど。
映画ファンのツボをこちょこちょとくすぐる愛らしい作品でしたね( ^ω^ )

投稿: となひょう | 2008年10月20日 (月) 19時29分

rose_chocolatさん、こんにちは!

試写会残念でしたね。
「ゴーストバスターズ」のリメイクはなかなか楽しい感じでしたよ。
ミシェル・ゴンドリーの作品としては個性が弱い感じもしましたが、観やすくはなっているような気がします。
最後以外な人物も登場しますので、ご期待ください(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月16日 (木) 06時23分

これ、実は試写会が当選していたんですが、その試写会のまさに当日に義父が亡くなってしまったので・・・ ううっ。。。 汗
同行予定の方に行っていただきました。

予告を見て、『ゴーストバスターズ』なんかが出てきて、いいなあ~って思った作品なので、
上映館も少なさそうですが頑張って観に行きたいと思います。

投稿: rose_chocolat | 2008年10月13日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42770748

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕らのミライへ逆回転」 映画、大好き!:

» 街角の名画座 [MESCALINE DRIVE]
コンテンツ事業がテロの標的だ。お馴染みジャック・ブラックが恐怖の磁石人間となって暴れ回る。失われた娯楽作品を捏造し金儲け。マッチポンプとはこのことだ。ギャフン! [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 13時20分

» 映画「僕らのミライへ逆回転」(2008年、米) [富久亭日乗]
    ★★★★☆  邦題からは何のことかわからないが、 「Eternal Sunshine of the Spotless Mind」の Michel Gondryが監督した 正統派の人情コメディーだ。 原題は「Be Kind Rewind 」。      ◇   今だにVHSビデオを扱っているアナクロな貸しビデオ屋、 再開発計画で立ち退きを迫られている。 店員のMike(Mos Def )は 店の主人Danny Glover (Elroy Fletcher )が旅行の間、 店を任された。 ところ... [続きを読む]

受信: 2008年10月14日 (火) 07時19分

» 僕らのミライへ逆回転/Be Kind Rewind [我想一個人映画美的女人blog]
JBの出演決まった時からずーっと待ってた、ミシェル・ゴンドリー最新作{/ee_1/} しかしこの邦題はナニ{/eq_1/} 原題の「巻き戻してご返却ください。」でいいじゃん。      え、ダサい? ダメ? インパクトあるし面白くていいと思うけどなー{/face_warai/} この原題は、お話に出てくるビデオレンタルショップのお店の名前でもある。 主演は今年出演作続々で、ノリに乗っちゃってるJBこと 愛しのジャック・ブラック{/heartss_pink/} 今回は、... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 10時51分

» 僕らのミライへ逆回転 [Movies 1-800]
Be Kind Rewind (2008年) 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローバー、ミア・ファロー ニュージャージーの寂れたビデオ店で働く店員とその仲間達が巻き起こす騒動を描いたコメディ 原題にもなっている“Be Kind Rewind”(巻き戻して返却してね)という名のビデオ店の在庫が、発電所で感電し磁気を帯びた友人のせいで全て台無しになってしまい、店を任されていた若者が急場しのぎに自らリメイクしたところ、予想外の評判を呼び、取り壊し通告を受けてい... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 16時28分

» 僕らのミライに逆回転  BE KIND REWIND [映画の話でコーヒーブレイク]
久々に21:15からのレイトショーに海老名TOHOシネマズに行ってきました〜。 鷹の爪団のマナーアニメが新しくなってる〜・・・最後の数分しか見れなかった{/face_naki/} もう少し早く入ればよかった{/body_deject/}ってそんな大層なもんやないけど結構好きです。 そ・れ・に・・・今回はヘルニア、いえプレミアシートスクリーン!(鷹の爪団の小ネタです{/face_ase2/}) 2階にこんな場所があるの知らんかった〜階段を上がるとそこは{/kirakira/}プレミアラウンジ。    ... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 00時59分

» 僕らのミライへ逆回転 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『はっぴいえんどにリメイク中』  コチラの「僕らのミライへ逆回転」は、今日10/11公開となったミシェル・ゴンドリー監督×ジャック・ブラック主演が贈る超アナログな最先端ハンドメイドムービーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪いやぁ〜本当に思いっきり笑っ...... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 18時56分

» 僕らのミライへ逆回転 [映画通の部屋]
「僕らのミライへ逆回転」BE KIND REWIND/製作:2008年、アメリカ [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 19時23分

» ★★ 『僕らのミライへ逆回転』 [映画の感想文日記]
2008年。アメリカ。BE KIND REWIND.  ミシェル・ゴンドリー監督。 『エターナル・サンシャイン』という、なぜか女性に異常なまでに人気のある映画と、ヒットした『恋愛睡眠のすすめ』で再びおしゃれでかわいいものが好きな人々の心をつかんだミシェル・ゴンド... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 19時30分

» 僕らのミライへ逆回転 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:BE KIND REWIND) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 第58回ベルリン国際映画祭クロージング作品。 VHSしか置かれていないレンタルビデオ店を舞台に、2人の凸凹コンビが騒動と奇跡を巻き起こすハート・ウォーミング・コメディ。 いまだにVHSしか置いてない街角のおんぼろレンタルビデオ店。店長であるフレッチャー(ダニー・グローヴァー)曰く、この店は30年代に活躍したジャズ・ピアニストのファッツ・ウォーラーの生家だと言う。しかし、都市開発を進める役所から、取り壊しか都... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 20時18分

» 僕らのミライへ逆回転 [映画鑑賞★日記・・・]
【BE KIND REWIND】2008/10/11公開製作国:アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー、メロニー・ディアス、シガーニー・ウィーヴァー はっぴいえんどにリメイク中... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 23時04分

» 『僕らのミライヘ逆回転』 [ラムの大通り]
(原題:Be Kind Rewind) ----ジャック・ブラックって、最近よく出るよね。 『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』も、 そうじゃなかった? 「うん。あっちはロックがモチーフになっているけど、 こちらは映画。 それも過去の有名な映画の名シーンがいっぱい登場。 ストーリーはアホみたいなもので、 ジャック・ブラック扮するジェリーが 発電所で感電し、 超強力な電磁波を浴びてしまい、 仲間のマイクが店員をしている ビデオショップのビデオの中身を全部ダメにしてしまう。 そこで慌てた二人は... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 23時40分

» 僕らのミライへ逆回転 [5125年映画の旅]
VHSしか置いていないさびれたレンタルビデオ店に勤務するマイク。ある日、親友のジェリーが体に磁気を帯びた事で、店中のVHSが駄目になってしまった。二人は何とか誤魔化すために自分達で名作を勝手にリメイクしてお客に渡してしまう。ところがそのビデオが意外な反...... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 07時06分

» 僕らのミライへ逆回転☆原題 Be Kind Rewind [銅版画制作の日々]
 はっぴいえんどにリメイク中 10月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、東宝シネマズ二条の10周年ということで、1000円での鑑賞でした。監督は先ごろ鑑賞した「TOKYO!」のミシェル・ゴンドリー。 主演は「ホリディ」でケイト・ウィンスレッドの相手役マイルズを演じたジャック・ブラック、そして「16ブロック」でお馴染みのモス・デフです。 名作・旧作映画を、手作りでリメイク!? 何かとトラブルを引き寄せるジェリー(ジャック・ブラック)とつぶれそうなレンタルビデオ店の店員マイク(モス・デフ... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 10時45分

» 『僕らのミライへ逆回転』(2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:BEKINDREWIND監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー、シガーニー・ウィーヴァー鑑賞劇場 : TOHOシネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>いまだにビデオテープしか置いてない街角...... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 20時06分

» 映画 「僕らのミライヘ逆回転」 [ようこそMr.G]
映画 「僕らのミライヘ逆回転」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 23時04分

» 僕らのミライへ逆回転 [TRIVIAL JUNK Blog]
田舎町仮装大賞 <公式サイト> DVD全盛のこのご時勢に未だにVHSしか扱ってない潰れかけのレンタルビデオ屋で、ある日突然ビデオの中身が全消失。 そんな時に急遽「ゴーストバスターズ」のビデオが必要になり、途方にくれるビデオ屋店員。 そこで思いついた起死回生の奇策とは、 「そうか、もう一回撮っちまえばいいんだ!」 そんな感じで、愛すべきボンクラどもがドタバタなノリで過去の大作をリメイクしていく映画です。 リメイク対象は先のゴーストバスターズやラッシュアワー2、ロボコップ、キング・コング等の有名... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 23時45分

» 「僕らのミライへ逆回転」 [みんなシネマいいのに!]
 今やレンタルもDVDの時代にVHSしか置いてないビデオ屋の全てのテープが強力な [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 23時48分

» ★「僕らのミライへ逆回転」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週は3連休なので二日連続ナイトショウ鑑賞。 昨日に続いて「フラットパック」なジャック・ブラック主演。 変わった作風で、ちょっと気になるミシェル・ゴンドリー監督作品。 [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 03時57分

» 映画作ろう!〜『僕らのミライへ逆回転』 [真紅のthinkingdays]
 BE KIND REWIND  ニュージャージーの下町に住む廃品リサイクル業のジェリー(ジャック・ブラック) は、発電所に忍び込んだために身体に... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 09時11分

» ジャック・ブラックに泣かされる「僕らのミライへ逆回転」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画 ジャック・ブラックのビデオ屋と聞いて 「ハイ・フィデリティ」みたいな、オタクな店??と思ったんですが (こちらはレコード店でしたね) ちょっと違っていました。 オタクを通り越して、自分たちで リメイクしてしまうんですから。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 16時14分

» 僕らのミライへ逆回転☆独り言 [黒猫のうたた寝]
今度のジャック・ブラックは一体どんな役なんだろう?あんまり前情報入れずに観にいったのはミシェル・ゴンドリー監督のこの映画『僕らのミライへ逆回転』みんな映画大好きなんだなぁ~~~っと(笑)街角の古い建物にそのビデオ店はあった。店長のフレッチャーは市から立ち退... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 23時22分

» ●僕らのミライへ逆回転(BE KIND REWIND) [コブタの視線  ]
今週末、多くの映画ファンは『イーグル・アイ』とくるところなのでしょうが、、私らが観たのは『僕らのミライへ逆回転』 これは別の意味で、... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 19時55分

» 僕らのミライへ逆回転 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
街角の、いまだにビデオテープしか置いていないレンタルショップ。そこは、伝説のピアニストの生家だと言われていますが、再開発のため、取り壊されることになっていました。そんな中、店員のマイクは、店長から店の留守を預かり、やる気満々。ところが、近くのトレーラーハウスに... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 09時09分

» 僕らのミライへ逆回転/ジャック・ブラック [カノンな日々]
短い劇場予告編だけでもツボをくすぐられてしまい目にするたんびに笑っちゃいました。ワタシ的にはかなり楽しみにしてた作品です。ポップコーン片手に大笑いして最後にホロリとさせてくれる、そんな物語だったら嬉しいなァ。 出演はその他に、モス・デフ、ダニー・グロー....... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 21時25分

» 僕らのミライへ逆回転 [Diarydiary! ]
《僕らのミライへ逆回転》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BE KIND [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 19時53分

» 僕らのミライへ逆回転 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
寂れたレンタルビデオ店が人気ショップに!?奇抜な展開に人情味をからめた下町コメディ。 おもいっきり笑って泣いて、あたたかなものが心に残る、宝物のような映画 物語:いまだにVHSしか置いてない、けれど、みんなの憩いの場になっている街角のおんぼろレンタルビデ....... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 15時44分

» 僕らのミライへ逆回転 [迷宮映画館]
ミシェル・ゴンドリー・・・三連敗。 [続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 09時09分

» 映画 【僕らのミライへ逆回転】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「僕らのミライへ逆回転」 ミシェル・ゴンドリー監督による奇想天外でハート・ウォーミングなコメディ。 おはなし:街角の古めかしいレンタルビデオ店で働くマイク(モス・デフ)は、旅に出た店長から店を任されて大張り切り。しかし発電所で強い電磁波を浴び、体が磁気化してしまった友人ジェリー(ジャック・ブラック)のせいで、店内の全ビデオの中身が消去されてしまう事態が発生する・・・。 原題は『Be Kind Rewind』・・・「巻き戻して返してね」という意味です。 ほんの数年前まではレンタルとい... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 13時38分

» 僕らのミライへ逆回転 [いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~]
10/27@シネマライズ やっとこさ、観ることができてそれだけでも満足だったけど、映画の満足度もひじょうに高かった。映画への愛がたっぷり感じられる作品だった。手作り感溢れるあったかさもスキだしダンボールの車が走る風景にはなぜだか涙が出てしまうのでした... [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火) 17時25分

» 僕らのミライへ逆回転 [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
僕らのミライへ逆回転’08:米 ◆原題:BE KIND REWIND◆監督・脚本: ミシェル・ゴンドリー「TOKYO!」「恋愛睡眠のすすめ」◆出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー、シガーニー・ウィーヴァー ◆STORY◆いまだにビデオテープしか置...... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 21時08分

» 僕らのミライへ逆回転 [メルブロ]
僕らのミライへ逆回転 230本目 2008-36 上映時間 1時間41分 監督 ミシェル・ゴンドリ 出演 ジャック・ブラック モス・デフ ダニー・グローバー ミア・ファロー シガーニー・ウィーバー 会場 シネマライズ 評価 6点(10点満点)  ジャック・ブラック....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 23時55分

» 僕らのミライへ逆回転 [レンタルだけど映画好き]
はっぴいえんどにリメイク中 2008年 アメリカ 日本公開日2008/10/11  レンタル開始日2009/03/06 監督 ミシェル・ゴンドリー 脚本 ミシェル・ゴンドリー 出演 ジャック・ブラック/モス・デフ/ダニー・グローヴァー/ミア・ファロー/メロニー・ディアス/シガーニー・... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 23時07分

» 僕らのミライへ逆回転 [こんな映画見ました〜]
『僕らのミライへ逆回転』 ---BE KIND REWIND--- 2008年(アメリカ) 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演: ジャック・ブラック 、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー 、シガーニー・ウィーヴァー まじめな青年マイク(モス・デフ )が働く小さな町のおんぼろレンタルビデオ店“ビー・カインド・リワインド”。 時代に取り残された同店にも再開発の波が押し寄せ、いよいよ取り壊しの危機に。そんなある日、店を空ける店長に留守を任されたマイクだったが、幼なじみのトラブルメ... [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 11時00分

» 僕らのミライへ逆回転 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:僕らのミライへ逆回転 制作:2008年・アメリカ 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー、メロニー・ディアス あらすじ:街角の古めかしいレンタルビデオ店で働くマイク(モス・デフ)は、旅に出た店長のフレッチャー(ダニー・グローヴァー)から店を任されて大張り切り。しかし発電所で強い電磁波を浴び、体が磁気化してしまった友人ジェリー(ジャック・ブラック)のせいで、店内の全ビデオの中身が消去されてしまう事態が発生する。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 01時35分

« 「ゲット スマート」 アン・ハサウェイに釘付け | トップページ | 「お姉チャンバラ THE MOVIE」 無敵な爽快感 »