« 「20世紀少年」 原作漫画を見事に映像化 | トップページ | 本 「発想法 -創造性開発のために-」 »

2008年9月 6日 (土)

「落語娘」 真打ちには及ばない

昨年あたりから「しゃべれども しゃべれども」とか「やじきた道中 てれすこ」とか落語を題材にしている映画が多いですね。
落語といえば、笑いとそして人情味。
冒頭にあげた二作品もそういうテイストを持っていましたが、本作はそれに加えてミステリーの要素も入っているのがユニークなところです。
ミステリーの作品では、しばしばホームズとワトソンなどのように二人組が登場します。
本作では主人公香須美(ミムラさん)とその師匠三々亭平佐(津川雅彦さん)が、そういう役回りになります。
ミステリーの二人組というのは対照的なキャラクターであることが多いですが、これは謎をまるで違った視点で観ることにより真相が明らかになっていくという醍醐味を出すためでしょう。
本作も若いしっかりとした勝ち気な女性の香須美、老齢でちゃらんぽらんな老爺の平佐とまさに対照的な設定。
ミステリーの部分もさることながら、この師匠と弟子の関係とやりとりは落語本来の笑いと人情を出すことにも繋がっているかと思います。

と設定自体はしっかりとされている感じはしますが、笑いと人情とミステリーという三兎を追っている本作はどれも追いきれていない印象が残りました。
笑いとしては劇中で披露される落語の古典(寿限夢とか)でとれますが、映画本体として笑いが多かったかというとさほどではないような気がします。
人情という点でも師匠と弟子の関係で感じなくもないですが、「しゃべれども しゃべれども」ほどではありません。
この作品のユニークな点としてあげられるミステリーとしての盛り上がりもややもの足りなかった印象です。
ミステリーのオチ自体は悪い出来ではないと思います。
なるほど、と手を打ちたくなるオチだったのではないでしょうか。
ミステリーというのは、謎が解くことは不可能そうだと観ている者に思わせて、それが解決してしまうということに醍醐味があるかと思います。
本作はその深い謎というのがいまいちその深刻度が伝わりきれていない。
封印された落語のネタを披露するとその噺家は死んでしまう設定をもっと深刻に、というより観客にリアリティがあるように伝えなければラストのカタルシスは得にくいと思います。
つまり平佐がその落語をやらないわけにはいけなくなるという強い動機、そしてそれにより死んでしまうかもしれないと思わせるリアリティが必要なのです。
そしてそれがしっかりと組み上げられていればいるほど人情話としても、もっとほろりとした気持ちにさせられたはずです。
そのあたりの切迫さがやや薄かったように思います。
そのためラストでのヤラレタ感も薄くなってしまったように感じました。
繰り返しになりますが、ミステリーのアイデアとしてはおもしろいと思います。
落語というのは最後のオチのひとことが効きます。
それを効かすにはそれまでの組み立てが大事であり、それが噺家の力なのだと思います。
そういう意味では本作、真打ちには及ばなかったような気がします。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「20世紀少年」 原作漫画を見事に映像化 | トップページ | 本 「発想法 -創造性開発のために-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42397388

この記事へのトラックバック一覧です: 「落語娘」 真打ちには及ばない:

» 落語娘 [シネマ大好き]
幼い頃から落語家を目指した香須美(ミムラ)は、大学卒業後には憧れの噺家を門を叩くも、女だからと断られ、異端の噺家・三々亭平佐(津川雅彦)に拾われる。その三々亭平佐はテレビ番組でそそうをしでかして謹慎の身になり、起死回生をねらって、演じると死ぬという伝説の..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 21時15分

» 落語娘/ミムラ、津川雅彦 [カノンな日々]
落語を題材にしたドラマといえばNHKの朝ドラでも『ちりとてちん』をやってましたよね。あまり実感はないけどやっぱりブームなのかな?古き良き日本とか下町的人情喜劇を表現するうえでは庶民的な娯楽である落語の世界は適しているのかもしれませんね。 出演はその他に、益...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 21時36分

» 落語娘(DVD) [ひるめし。]
とっておきのハ・ナ・シを、お聞かせします。 [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 23時08分

» 「落語娘」 [prisoners BLOG]
落語娘 [DVD]主演 ミムラポニーキャニオン タイトルとは裏腹に、後半はヒロインの師匠の津川雅彦の「緋扇長屋」が実写による噺の再現映像を交えてえんえんと絵解きされて、完全にヒロインが脇にまわってしまうのはどんなものか。 落語はつまるところライブの芸で、映像...... [続きを読む]

受信: 2012年4月10日 (火) 23時19分

« 「20世紀少年」 原作漫画を見事に映像化 | トップページ | 本 「発想法 -創造性開発のために-」 »