« 本 「別冊 図書館戦争Ⅱ」 | トップページ | 「ギャラクティカ シーズン1」 テレビシリーズとは思えない »

2008年9月14日 (日)

「ディスタービア」 制約の逆転

劇場でスティーブン・スピルバーグ製作総指揮、シャイア・ラブーフ主演の「イーグル・アイ」の予告がかかっていました。
けっこう面白そうと思って監督名を見てみるとD・J・カルーソーという名前が。
知らないなあと思って調べてみると、こちらの作品「ディスタービア」の監督だったんですね。
この作品は劇場ではスルーしていたので、知りませんでした。
「イーグル・アイ」の予習も兼ねて、「ディスタービア」をDVDで観賞しました。

しまった、面白かったです。
劇場で観れば良かった・・・。
以前よりこのブログで、何度かアクション映画というのはいくつかの制約、約束事という縛りがあるからこそおもしろくなるということを書いています。
その制約の設定、そしてそれをいかに主人公が乗り越えるかというのがハラハラドキドキを生むのだと思っています。
本作はまさにその制約を上手に設定した作品だと思いました。
予算をかけなくても、アイデア次第でおもしろい映画は撮れるんですよね。

<ネタばれチックなのでご注意>

高校生ケール(シャイア・ラブーフ)は教師をなぐってしまったことにより、3ヶ月の自宅謹慎処分を受けてしまいます。
彼は足首に発信器みたいなものを取り付けられてしまい、それによって自宅を出るとすぐさま警察に通報がいってしまうのです。
自宅を出ることができない。
これが本作の主人公に課せられた制約です。
隣人に連続殺人犯と思しき人物がいたとしても、それをケールは直接的に調べることはできません。
どうしても友人や好意を寄せる同級生頼みになってしまう。
事件が起こっている現場を主人公が訪れることができない。
これはおもしろい設定だなと思いました。
彼が見ることができるのは自宅の窓から見える範囲のみ。
当初は観客も彼と同じ範囲しか見れないので、ケールと同じようなドキドキ感を感じることができます
先に書いたようにこの映画の制約は自宅から「出られない」ということ。
けれども物語の後半はこれが逆転するのがまたおもしろい。
殺人犯に自宅に潜入されケールは襲われます。
逃げ出そうとするケール。
彼には発信器がついているのだから、自宅から離れられれば通報が警察に入ります。
ケールは必死に発信器が作動する境界線を越えようとします。
ここで制約は逆転し、自宅から「出なくてはいけない」が制約になるのです。
このアイデアはなかなかおもしろかったですね。

連続殺人犯と思しき隣人をデヴィッド・モースが演じていました。
この方、いい役も悪い役もこなす人なので、犯人かどうかがなかなかわからない。
実は殺人犯を捕まえようとして張り込んでいる刑事だったとか、いろいろ考えて観てました(笑)。

「イーグル・アイ」も、主人公がなかなか状況がわからない事件に巻き込まれてしまうサスペンスらしい。
期待して待っていよう。

D・J・カルーソ監督、シャイア・ラブーフ主演「イーグル・アイ」の記事はこちら→
スティーブン・スピルバーグ監督、シャイア・ラブーフ主演「トランスフォーマー」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「別冊 図書館戦争Ⅱ」 | トップページ | 「ギャラクティカ シーズン1」 テレビシリーズとは思えない »

コメント

スワロさん、こんばんは〜。

自転車で行ける距離だったら、不便じゃないかもしれないですね。
僕が住んでいるところも映画館に行こうと思ったら30分以上はかかりますし。
東京がいいのは作品数が多いってことですよね。

僕も「裏窓」未見なんですよー。
覗き見するっていうプロットだけだと盗作っていう感じはしないですけれどね。
そのくらいで盗作だって言われると、なんでも盗作になっちゃいますよね。
スピルバーグの「ジョーズ」以降はほとんど怪物パニック映画はパクリみたいなもんですから(笑)。
「ディスターピア」がおもしろかったので、俄然「イーグル・アイ」への期待度高まってしまいました。
予告もおもしろそうでしたし、楽しみです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月14日 (日) 22時03分

はらやんさん、こんばんは。

そうなんです・・・今、実家にいるんです。
田舎ですが自転車で行ける範囲に(笑)映画館は2つあるし、
遅いですが単館系もそれなりに回ってくるので
映画に関してはさほど不満は感じなくなりました。
というか、さすが18年住んでいただけあって
慣れてしまえば意外と不自由さを感じなくなりました(苦笑)

この作品、スワロもさほど注目してませんでしたが
いざ見たらかなり面白かったです(笑)
ヒッチコックの『裏窓』と比較なさっている方もいらっしゃいますね。
スワロは『裏窓』は知らないので何とも言えませんが・・・
ただ、つい先日、スピルバーグが「裏窓の盗作だ」と訴えられたようですね・・・(苦)
こういう著作権問題は常について回りますね・・・
こういうサスペンスとかホラーってある程度ネタは使いまわされている感がありますけど・・・
でも、たとえヒッチコックに着想を得ていたとしても
これはこれですごく面白い作品だと思いました。
ドキドキ感がたまらないですよね!

投稿: swallow tail | 2008年9月14日 (日) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42475047

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディスタービア」 制約の逆転:

» ディスタービア [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『リセット不能の 覗き見ゲーム』  コチラの「ディスタービア」は、全米3週連続No.1&10週連続トップテンにランクインした"衝撃無限大!!アンリミテッド・ショック・スリラー"で、日本でもいよいよ11/10に公開となるのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  ....... [続きを読む]

受信: 2008年10月29日 (水) 22時14分

» ディスタービア/シャイア・ラブーフ [カノンな日々]
なんでも「トランスフォーマー」で主役を演じたシャイア・ラブーフ君はこの作品がきっかけで抜擢されたんだそうですね。観ていて思ったんだけど、このキャラがそのまま「トランスフォーマー」に出てるように思えるくらい違和感なかったです(笑)。 出演者はその他に、キャ....... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 09時53分

» 296.ディスタービア(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
隣は何をする人ぞ  最愛の父を自動車事故で亡くし自暴自棄となっていたケールは学校で暴力事件を起こし、裁判所から3ヶ月の自宅軟禁処分を言い渡される。自宅で退廃的な生活を送るうちに、何気なく近所の覗き見を始めるケール。隣に引っ越してきた美しき同級生アシュリーとも親しくなり、親友のロニーの3人で「覗き見ゲーム」にはまり込んでいく。  そんなある日、ケールは血まみれのゴミ袋を引きずる人影を目撃する。同じ頃付近では赤毛の女性ばかりが行方不明になる事件が多発。ケールは裏手に住むターナーが事件の容疑...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 13時32分

» ディスタービア [5125年映画の旅]
交通事故で父親を失い、自棄になっていた青年ケール。ある時、いざこざの末に教師に殴りかかってしまいケールは自宅謹慎の処分を受ける。軟禁状態の中で、ケールは近所の状況を「覗く」事が楽しみになっていく。その中で、一人の隣人の怪しい行動に疑問を抱いたケールは彼...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 08時39分

» ディスタービア Disturbia [いい加減社長の日記]
ほんとは来週にしようと思ってたんだけど、どうも土曜の夜になるとムズムズ^^ 結局、「ディスタービア 」を覗きに? 「UCとしまえん 」は普通の人出。 「ディスタービア... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 13時16分

» ディスタービア(映画館) [ひるめし。]
リセット不能の覗き見ゲーム [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 14時05分

» ディスタービア  DISTURBIA [映画の話でコーヒーブレイク]
「ディスタービア」?ってどんな映画? 誰が出演してんのん? タイトルを見ても「?」の方が多いんやないかしら? 前回の「インディアナ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」で インディーの後継者になりそうなマットを演じていたシャイア・ラブーフ。 彼が主演の青春サスペンス映画です。 シャイア・ラブーフ、インディーの前にどこかで見たような・・・ そう、ロバート・ケネディー暗殺を描いた「ボビー」で、 選挙キャンペーンに参加する高校生の役でめがねをかけて出演していました。 アンソニー・ホプキンス、シャ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 18時14分

» ディスタービア [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
リセット不能の覗き見ゲーム。足首には監視システム、行動範囲は半径30m.。密かにはじめた覗き見ゲーム。隣の美女、大人のイタズラ、そして血まみれのゴミ袋。バレたら最後、ゲームじゃなくなる・・・・・。 父を自動車事故で亡くして自暴自棄になっていたケールは、...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 20時25分

» 映画「ディスタービア」 [日々のつぶやき]
監督:D.J.カルーソ 出演:シャイア・ラブーフ、アシュリー・サラ・ローマー サスペンススリラーということですが・・宣伝の割には全然スリラーさはなくあっさりしておりました。 「トランスフォーマー」の主人公シャイア・ラブーフ、こちらもちょっと頼りなげな... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火) 14時38分

» ディスタービア☆独り言 [黒猫のうたた寝]
のどかな父と息子の釣り風景・・・んーーーーっと、これって覗き見の高校生の話じゃなかった?っと一瞬違う映画?なんて思ったりその後の衝撃は・・・うわーーっと思ったんだけど^^;うん、感覚的には『デッドコースター』みたいなそんな感じだったんだわ(笑)そこだけな... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土) 23時45分

» ディスタービア [pure's movie review]
2007年度 アメリカ作品 104分 角川映画 角川エンタテインメント配給 原題:DISTURBIA STAFF 監督:D・J・カルーソー 脚本:クリストファー・ランドン カール・エルスワース CAST シャイア・ラブーフ キャリー=アン・モス デヴィッド・モース サラ・ローマー 始めに断っておきます…。実はこの映画、気になってる人と初デートで行ったため冷静にレビュー出来ない…イヤン(*ノ∇)ゝ{/3hearts/} デートの感想文になっちゃいそうだよー。(苦笑)だって常に隣りにドキドキして... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 16時43分

» ディスタービア [★YUKAの気ままな有閑日記★]
この映画の劇場用ポスターを見る度に思っていた。シャイヤ君が持っている双眼鏡のレンズに『覗け、覗け’命’』と書いてあるそのセンス、何とかならないの〜【story】交通事故で父親を亡くしたケール(シャイア・ラブーフ)は自分を見失い、学校の教師を殴り3ヶ月の自宅軟禁処分を受ける。時間を持て余した彼は、退屈しのぎに近所の覗き見を開始。親友ロニー(アーロン・ヨー)と、隣に引っ越してきたアシュリー(サラ・ローマー)も巻き込み、不審な行動をする隣人ターナー(デヴィッド・モース)を監視するが―   監督 : D・J... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 16時26分

» ディスタービア 観てきました。 [よしなしごと]
 よく行く映画館では3週間でうちきり。。。最近回転率が早い映画が多いなぁ。そんなわけでディスタービアを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 03時37分

» ディスタービア*試写会(ネタバレ注!) [ドン子の映画とディズニー三昧]
DISTURBIA (2007) メディア: 映画 上映時間 :104分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント) 初公開年月: 2007/11/10 ジャンル: サスペンス リセット不能の 覗き見ゲーム ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【クレジット】 監督: D・J・カルーソー 製作: ジョー・メジャック / E・ベネット・ウォルシュ / ジャッキー・マーカス 製作総指揮: アイヴァン・ライトマン / トム・ポロック ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 13時48分

» ディスタービア [こわいものみたさ]
『ディスタービア』  disturbia 【製作年度】2007年 【製作国】アメリカ 【監督】D.J.カルーソー 【出演】シャイア・ラブーフ/サラ・ロー... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 22時06分

» ディスタービア [本と映画、ときどき日常]
監督 D・J・カルーソー 出演 シャイア・ラブーフ     サラ・ローマー 警察から自宅謹慎の処罰を与えられ、暇つぶしに近所の覗きを始めた少年。 そこで見たのは色っぽい女性と殺人事件? ヒッチコックの『裏窓』を彷彿させる内容です。 ただ、面白さやサス...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 6日 (火) 02時20分

« 本 「別冊 図書館戦争Ⅱ」 | トップページ | 「ギャラクティカ シーズン1」 テレビシリーズとは思えない »