« 本 「発想法 -創造性開発のために-」 | トップページ | 本 「功名が辻」 »

2008年9月 7日 (日)

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 市原隼人というキャラクター

あんまり話題になっていなかったような気がする本作品、結局劇場では見逃したのですが、DVDがレンタル開始されたので借りてきました。
自宅でお気楽な気分で観たせいか、思いのほか楽しめました。
ママチャリを始めとした悪童たちと駐在さんとのいたずら合戦は、しょーもないと言えばしょーもないものばかりなのですが、そのしょーもなさが楽しかったです。
悪童たちの敵役となる駐在さんの佐々木蔵之介さんもいい感じでした。

さて今日は主演の市原隼人さんの話を。
市原さんは最近主演が多く、それらの役は本作のようなタイプのものが多いですよね。
僕が観た作品であげると・・・。

 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
 「神様のパズル」
 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(本作)

共通しているキャラクターの性格づけは、周囲の大人からすると、なんだかあんまり将来のことなど考えずにちゃらんぽらんに生活しているように見えるということ。
でも熱いエネルギーを注ぎ込めるものは持っている(もしくはもとうとしている)ということ。
あんまり今風ではない感じがするということ。
けっこう共通点があります(あと、この3作品とも市原さんの役のモノローグがあるですよね)。
市原さんは演技は達者とも言いがたく、松山ケンイチさんのように役に合わせて変化するタイプではない感じがしますので、そういう役しかできないタイプ(織田裕二さんタイプとでも言いましょうか)の役者さんかもしれません。
とはいえ、立て続けに主演をしているわけなので(そして特別にイケメンでもない)、何か制作者を魅了するものがあるはずです。
それは何でしょうか。
それは上にもちょっと書いたのですが、彼自身が持っている今風ではないところではないかなと思います。
本作などは如実に出ているのですが、昭和の時代の高校生みたいな感じといいましょうか。
今の高校生・大学生を含めた子供たちというのは、とてもしっかりものを考えている感じがします。
特に将来についてとか。
受験の二、三年前から受験準備ですし、大学生も2年生の終わりになったら就職活動に勤しんでいます。
これは将来について考えているというわけでもないのかもしれませんが。
というよりも将来に追われているような感じすら受けるわけです。
僕が学生の頃は受験勉強は3年生になってからでしたし(それも夏休み頃から)、そして現役合格など鼻から無理だと思ってました。
親にはいい迷惑だったと思いますが、それなりに学生の時は勉強以外にもいろいろやったりして。
70〜80年代というのは時代としてゆとりがあったのかもしれませんが。
でも今の子供たちというのはそういうのがないまま、将来に追われている。
映画の中で描かれるのは、現実にはないファンタジーであることが多かったりします。
今風ではなく、しょーもないことに一生懸命になれる役がぴったりの市原隼人さんが主演を多くやる作品が多いということは、とりもなおさずそういうタイプの子供たち(役者でも)が減ってきているということなのかもしれません。
なのでそういうタイプの青年を描こうとしたとき、市原隼人さんしか選べないということなのかもしれませんね。

市原隼人さん主演「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」の記事はこちら→
市原隼人さん主演「神様のパズル」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「発想法 -創造性開発のために-」 | トップページ | 本 「功名が辻」 »

コメント

kiraさん、こんばんは!

僕も子供の頃は昭和の時代でしたが、もう映画の題材になる時代なんですねー(しみじみ)。
時代描写は少なかったですが、ああいう高校生とかは今はあまりいなさそう・・・。
原作も続いているようなので、第2弾も作れそうですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月11日 (木) 21時15分

こんにちは!
今年の邦画は、「20世紀少年」といい、「子猫の涙」「結婚しようよ」と、
その時代背景がまさに私の青春時代にドンピシャ。
この作品もそうなんですよね~♪トシがばれますが(笑)
他愛ないイタズラに取り合ってくれる駐在さん、いまはいないんでしょうねぇ。。
楽しかったです!第2弾、待たれますね~bicycle

投稿: kira | 2008年9月10日 (水) 19時51分

>ちょっと一言さん

そうですねー、市原さんという方は最近の若い俳優にはない、彼独自の個性を持っていると思います。
最近の若い俳優さんには演技は達者で、見た目も良くという方が多いですが、この人でなくてはという方も少ないかもしれません。
その辺りは魅力なんでしょうね。
このところ主演が続くのもそのあたりにあるのでしょう。
「虹の女神」は評判いいですねー。
今度観てみようと思います。

投稿: はらやん | 2008年9月 8日 (月) 09時26分

市原隼人っていう人は「上手い!」とうならせる演技をするわけではなく、自然な演技が印象的で作品における存在感が抜群な人だと思います。製作者にとって、とっても魅力的な俳優らしく、一緒に仕事した人はみんな彼の演技に感じるところがあるようです。それはテクニックとかではなく彼が持っている感性が素晴らしいという事です。それをはらやんさんが感じられないのだとしたら残念ですが・・・。まぁ、要するに俳優というものは好きか嫌いか好みの問題だと思いますが、私は彼の演技は好きです。「虹の女神」という作品を一度ご覧になられたらいかがですか?

投稿: ちょっと一言 | 2008年9月 7日 (日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42406488

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 市原隼人というキャラクター:

» お猿の集い(映画/試写会:ぼくたちと駐在さんの700日戦争) [美味!な日々]
東京厚生年金会館で行われた映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』ファンキーモンキーベイビーズ ミニライブ付試写会に行ってきました。本当は同日に [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 20時36分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争☆独り言 [黒猫のうたた寝]
東京滞在して3本目鑑賞は『ペネロピ』の後勢いついて『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』だってねータイムズスクウェア出て右方向に発見しちゃったんだもん(笑)新宿バルト9って知らないシネコンができてる!!んで、たまたまちょうどいい時間からの上映♪綺麗な劇場で、すわり... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 08時32分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
フェイントで鑑賞―ムフ【story】1979年。ある田舎町に、平凡だが発想はピカイチのママチャリ(市原隼人)、女の子みたいな外見のジェミー(冨浦智嗣)、武闘派でエロ担当の不良リーゼントの西条くん(石田卓也)、開業医の長男で恋愛担当のグレート井上(賀来賢人)たち7人の高校生がいた。彼らは近所の駐在さん(佐々木蔵之介)とイタズラ戦争に明け暮れ、青春を謳歌していた―        〜実話を基にした“半”フィクションのブログ小説の映画化〜     監督 : 塚本連平【comment】ベタで平和なほのぼのムー... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 16時53分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [B級パラダイス]
  もらえる人数が決まってると思いますが、初日プレゼントで懐かしいブーブークッションをいただきました!昔流行りましたよね〜。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 20時58分

» 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 [ラムの大通り]
----これってブログ小説から生まれたんだって? 「うん。 そういうこともあって 実はあまり期待してなかったんだけど…。 いやあ、先入観はダメだね。 これはなかなかの作品」 ----タイトルだけ聞くと、 バカバカしそうだけど…。 「それは間違いない(笑)。 原付自転車のスピード違反で 駐在さん(佐々木蔵之介)に捕まった高校生・西条(石田卓也)。 その復讐のため、ママチャリ(市原隼人)を中心とした仲間たちが、 バカバカしいまでにチンケな復讐(?)を企て、 次第にそれがエスカレートしていくというもの」 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 21時42分

» 愛すべき悪ガキたち!『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 [水曜日のシネマ日記]
1979年の田舎町を舞台に、高校生たちの仕掛けるイタズラと、それに対抗する地元の駐在さんを描いた青春コメディ映画です。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 22時24分

» 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 [てんびんthe LIFE]
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」東京厚生年金会館で鑑賞 予想以上に面白かったです。 ブログ小説が原作って言うことで半分実話半分フィクションなので、かなり「ありそう!!」的な要素がてんこ盛りでツボを刺激されました。 会場内も大爆笑の連続でかなり一般受けも良かったみたい。 相当大掛かりないたずらながらほほえましさが元になっているのでだれも憎めません。 とにかく、いたずらもここまでやればやりがいがあるというもの。 受けてたつ駐在さんも本気でやっていそうなところがツボ。 主演のイッチー... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 23時33分

» 映画 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 [ようこそMr.G]
映画 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 23時42分

» それから、どうした? [CINECHANの映画感想]
91「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(日本)  1979年、とある田舎町。いたずらに生きがいを感じる高校生たちがいた。リーダー的存在のママチャリに西条、孝昭、グレート井上、千葉くん、ジェミー、辻村さんの7人。  そんな彼らの前に、町の交番に赴任してきたばかりの一人の駐在さんが立ちはだかる。最初はママチャリたちのいたずらを取り締まるだけだったが、やがてママチャリたちのいたずらにいたずらで仕返ししてくるようになる。かくしてママチャリたちと駐在さんのいたずら戦争が始まる。しかも、ママチャ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 23時58分

» 【ぼくたちと駐在さんの700日戦争】試写会 [日々のつぶやき]
監督:塚本連平 出演:市原隼人、佐々木蔵之助、麻生久美子、石野真子、竹中直人、石田卓也、 「1979年とある田舎町、ママチャリ達高校生7人と、駐在さんとのバトルが始まった。 それはイタズラ合戦。やられたらやり返すの精神で徐々にエスカレートしていく中、ある... [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火) 09時55分

» 駐在さんと石油掘り [Akira's VOICE]
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」  [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 15時29分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [to Heart]
いっちょイタズラいきますか。 製作年度 2008年 上映時間 110分 原作 ママチャリ 脚本 福田雄一 監督 塚本連平 出演 市原隼人/佐々木蔵之介/麻生久美子/石田卓也/加冶将樹/賀来賢人/脇知弘/冨浦智嗣/小柳友/豊田エリー/石野真子/竹中直人 実話を基にした“半”フィクションのブログ小説を、「時効警察」で演出と脚本を担当した塚本連平がスピード感あふれる演出で映像化した青春コメディー。 {/book_mov/}ある田舎町に、平凡だが発想はピカイチのママチャリ(市原隼人)、女の子みたいな外... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 19時39分

» 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」□監督 塚本連平 □原作 ママチャリ □脚本 福田雄一 □キャスト 市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子、石田卓也、加冶将樹、賀来賢人、冨浦智嗣、石野真子、竹中直人、脇 知弘、小柳友、豊田エリー、成嶋こと里、倉科カナ、坂井真紀、根岸季衣、ガッツ石松、片桐はいり、酒井敏也■鑑賞日 4月13日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5) <感想> ツッコミどころは多かったけど、バカ笑いできた作品。... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 21時22分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
人気のブログ小説 を映画化した作品です。(半)実話ということですが、どこからどこまでが実話で、どこからフィクションなのかは不明です。 1979年、栃木県にある田舎町。ママチャリ率いるぼくたち7人は、ママチャリが考える悪戯しては... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 23時46分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [欧風]
18日、八戸フォーラムで「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観ました。 そしてこの日、2本目に観たのが、 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 01時16分

» 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・アットムービー/監督:塚本 連平) ケータイ小説の次はブログ小説…。 正直言って、又か…と思い、最初は観る気はなかったのだが、レビュー等で結構評価が高かったので、半信... [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 07時02分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [ネタバレ映画館]
アグネス・ラムのピンナップでドキリとし、当時のアイドル歌手がそのまま主人公のお母さん・・・この時点で心臓をわしづかみにされた・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 02時18分

» 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』@シネマGAGA! [映画な日々。読書な日々。]
1979年、とある平和な田舎町。ママチャリ率いる「ぼくたち」7人は、気ままな高校生活を送っていた。ぼくたちがする事と言えば、ママチャリが考えるイタズラ。ところが、ぼくたちのイタズラに怯まない駐在さんがやってきた。しかし、これがママチャリを熱くさせてしまった。し... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 12時38分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [ダイターンクラッシュ!!]
4月12日(土) 19:35~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(シネマイレージカードのポイント使用) パンフレット:600円 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』公式サイト 大人気のブログ小説が原作なんだって。舞台は、1979年の栃木。原作者の高校時代の話だ。ことさら1979年は意識されておらず、途中に当時のCMやレコードジャケットが無理やり挿入されるのと、BGMが懐かしい曲だったりするくらい。 ライトなお笑いと少しの感動のある佳作である。実は、あまり、期待していなかったんで、十分満足した... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 14時52分

» 【2008-82】ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 1979年 ぼくたち=イタズラ大好き! 駐在さん=やられたらやり返す!! コントの様な・・・ホントの話!? そして始まる── 史上最大の作戦(イタズラ) いっちょイタズラいきますか。 1979年、日本に起こった3...... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 19時39分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:塚本連平 キャスト:市原隼人       佐々木蔵之介       麻生久美子       石田卓也       加冶将樹       賀来賢人、他 ■ストーリー■  ある田舎町に、平... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 01時44分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [★ Shaberiba ★]
何が始まるのかと思ったらこんなことなの???ぶっはっはは!!! もう。なんてかわいいんだろ♪あなたたちってば・・( ^ω^ ) [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 18時37分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [象のロケット]
1979年、とある田舎町。 “ママチャリ”率いる7人の高校生はみなぎるエネルギーをイタズラに燃やす熱血集団。 オトナを食ったような彼らの前に突然国家権力=警察官が立ちはだかる。 彼らと正面から向き合う駐在さんとの闘いの火蓋が切って落とされた。 何と駐在さんからもイタズラのリベンジが…。 軍配はどちらに? 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 04時24分

» ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [さむこの部屋]
1970年代の田舎町を舞台に、高校生と地元の駐在さんが繰り広げるイタズラ戦争を描く青春コメディー。 市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子。 うーん、好きなテイストじゃなかった ... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 00時55分

» 映画 ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp; 恋した女性が対立する駐在さんとは、ママちゃりも運がないですね。 nbsp; 不運のツキにまと舞われています。 nbsp; nbsp; nbsp; しかし、低レベルな戦いには失笑しかおこりません。 nbsp; 映画よりも一発物のテレビドラマの方が nbsp; 良かった気がします。 n... [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 05時02分

« 本 「発想法 -創造性開発のために-」 | トップページ | 本 「功名が辻」 »