« 本 「エモーショナル・デザイン」 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」 「スター・ウォーズ」廉価版 »

2008年8月24日 (日)

「団塊ボーイズ」 思い切ってやってみる

ウディ、ダグ、ボビー、ダドリーの四人の男は、それぞれに人生に煮詰まっていました。
毎日が淡々と過ぎていくけれど、これは若い時に思い描いていた人生となんだか違うのではないか、と。
人生はもっとワイルドで、自由だったはず・・・。
人は生きているといろんなしがらみに段々と絡みとられていってしまうもの。
いい年をした男性ならば、四人の男のいずれかに自分の人生と同じようなものを感じてしまうかもしれません。

僕自身は自由気侭な独り身なので、ダドリーが一番近いのかもしれません。
なので、しがらみみたいなものは少ない方ですが、昔よりもやはりなんだか活動的ではなくなってしまっているような気もします。
そういえば昔は夏になると、4WDの車にテントやらなにやらキャンプ道具を積み込んで、行く先を決めることなく旅行したりしていましたねー。
住んでいるところは関東なのですが、四国までフェリーで行って四万十川などに行ったりしました(それも三度も)。
とりあえず行けるところまで行って、テントを張れるところを探して、そこで野宿。
寂れたキャンプ場や河原や海岸など・・・。
ややシーズンを外していっていたので、キャンプをしていても周りには誰もいません。
真っ暗なところに一人だけ。
寂しかったり怖かったりもするのですが、これはこれでなんだかワクワクするような気持ちになったことを覚えてます。
それこそ、ワイルドでフリーな感じ。
ある頃からこういうことをやることがなくなっていたのですが、この映画を観て、ふとそんなことを思い出しました。
今年の夏もずっと仕事が忙しく、カレンダー通りに出勤してました。
うちの会社はお盆などに決められた夏休みがなく、各自が自由に休みを取るんです。
なのでさっさと取らないと、ずるずると秋まで休まないままになんてこともあったりします。
先日やっと二日ほど休みを取ったのですが、なんだか空気は涼しくなっていてすっかり秋の気配・・・。
今年の夏は何をやっていたんだ・・・とやや後悔の気持ちを持ったりして。
そんな時にこの映画を観たので、仕事が忙しいからといろんなことを後回しにしてしまうと、いつか後悔してしまうかもしれないなあと思ったりしました。
年齢を重ねていくと、しがらみが増えるだけでなく、自分自身もだんだんと普段の生活パターンから飛び出すことが億劫になってきてしまうのかもしれません。
登場人物4人もウディの離婚がなければ、ずっとそのままだったかもしれません。
後悔しないために動けるかどうかは、たぶん自分の思い切り次第。
ああいうことしたいなあと思い描くだけではなく、思い切ってやってみる。
そうすることが後悔しないことに繋がるんでしょうね。
僕も今年のうちに何かをやろうと考えることにしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「エモーショナル・デザイン」 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」 「スター・ウォーズ」廉価版 »

コメント

ryokoさん、こんにちは!

たぶん男の人って社会人になったときにいろんなものを置いてしまうんですよね。
でそのまま気がつくと年をとっていて・・・みたいな感じで焦ってしまうというか。
少なからずみんなそういうところあるから、こういう「男のロマン」って共感性があるのかもしれません。

一人キャンプって、夜は恐いんですけれど、朝は格別に良かったりするんですよ。
早朝にコーヒーを入れて、しみじみ飲んだりする時は、来てよかったなーと思ったりしたものです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月21日 (日) 16時59分

TBありがとうございました。
「男のロマン」って映画になるけど、そういえば「女のロマン」ってないですね。女はロマンよりこの季節マロンかも?
「最高の人生の見つけ方」は残り1年でしたが、人生80数年、1日に例えて午後に突入すると改めて人生を振り返り残り半分をどのように過ごすか・・・。
考えても考えなくても、時は無常に過ぎていきます。後悔しないように思い切って何かやってみるって大事ですね。
でも一人でキャンプは怖すぎます。

投稿: ryoko | 2008年9月19日 (金) 00時16分

コブタさん、こんばんは!

若い時のバカをするっていうのは、それがバカなことだとわからずにやるんですよね。
この作品の四人はバカなことができなくなった自分がイヤになって、あえてバカなことってわかってやっている感じがします。
あの池でのノーパンとか・・・。
年を重ねると常識的なものの見方しか出来なくなって、そういうことがイヤになるときってありますよねー。

投稿: はらやん | 2008年8月31日 (日) 19時02分

コチラの作品、なんか元気でる映画でしたよね。
一見 中年男性が馬鹿するという内容でいながら、若者がする馬鹿とはちがった深さと重さを感じてしまいました。

でもこの作品ってある程度年齢を重ねたほうがより楽しめる作品ですよね!

投稿: コブタです! | 2008年8月31日 (日) 14時27分

mottiさん、こんばんは!

ひとり旅っていうのは、男のロマンですよねー。
ひとりでキャンプって、ワクワクしたりもするのですけれど、しんみりしたりもするんですよね。
誰も周りにいない河の近くのキャンプ場でテントでひとりで過ごしたとき、けっこうな雨が降ってきたことがあったのですが、このときはすっごく心細かったです。
これで流されてもだれも気づかないだろうなーなんて(苦笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月28日 (木) 21時51分

TBありがとうございました。
やはり男ならこのロマンにすがりたい気持ちがわかりますよね。僕も同意です。そして
今、それをやってみてもカッコいいかどうかは定かでなくとも...。
そうですか、ひとりでキャンプを..僕もそんなことしてましたが先週10年以上ぶりにキャンプとシャレこんでみたのですが心細さのほうが先に立ってしまう軟弱ぶりでしたw

投稿: motti | 2008年8月27日 (水) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42257812

この記事へのトラックバック一覧です: 「団塊ボーイズ」 思い切ってやってみる:

» 俺たちワイルド・ホッグス! [CINECHANの映画感想]
45「団塊ボーイズ」(アメリカ)  アメリカの閑静な住宅街に暮らす一見ごく普通の男たち。歯科医のダグは順調な仕事と妻と息子に囲まれ、少々息苦しさを感じていた。そんなある日、週末のバイク仲間の一人、ウディが旅に出ようと言い出す。予定など立てずに、ただ気の向くまま太平洋を目指して。実業家のウディは自己破産を宣告され、モデルの妻にも逃げられ、家も失い、帰る場所がなかった。小説家に憧れるボビーは、家では粗大ゴミ扱いをされており、パソコンオタクのダドリーは恋愛から見放され、独身生活を余儀なくされて...... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 01時01分

» 団塊ボーイズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『人生は一度きり。 泣いて、笑って、 ジタバタしようぜ。』  コチラの「団塊ボーイズ」は、中年男4人がバイクで旅するドタバタ・コメディで、以前書きましたように本当にヒドイ邦題のままついに2/9公開となってしまったのですが、まぁ邦題と映画の出来とは関係ない....... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 23時29分

» 団塊ボーイズ [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
"野ブタ。をプロデュース"(違)したのは、 Amy Sayres、Sharla Sumpter...(クレジット参照) WILD HOGS/団塊ボーイズposted with amazlet at 08.04.17ウォルトディズニ... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 17時31分

» 団塊ボーイズ(映画館) [ひるめし。]
カッコよく、悪あがきしてる? [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 10時46分

» ●団塊ボーイズ(WILD HOGS) [コブタの視線  ]
レディースデーの本日観に行ったのは、人生に行き詰った中年4人がハーレーでアメリカ横断の旅によって男を取り戻すという内容のコチラ! レ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 14時27分

» 団塊ボーイズ/WILD HOGS(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
オレの人生こんなもんでいいのか?人生に行き詰まりを感じたら、この作品、たまにはリフレッシュして、脇道にそれるのもいいのでは!? 物語:アメリカの閑静な住宅街に暮らす、ごく普通の中年男たち4人組。彼らの共通の趣味であり、唯一の楽しみは、週末に愛車のハーレ....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 20時58分

» WILD HOGS/団塊ボーイズ [こんな映画見ました〜]
『WILD HOGS/団塊ボーイズ』 ---WILD HOGS--- 2007年(アメリカ) 監督:ウォルト・ベッカー 出演:演: ジョン・トラヴォルタ、ティム・アレン 、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー、マリサ・トメイ、レイ・リオッタ アメリカの閑静な住宅街に暮らす4人の男たち。 実業家のウディ(ジョン・トラヴォルタ)は自己破産したうえ妻にも逃げられ、歯科医のダグ(ティム・アレン)は日々のストレスをメタボリックな腹にためこみ、小説家志望のボビー(マーティン・ローレンス )... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 13時20分

» 『団塊ボーイズ』 [ラムの大通り]
※注意!映画の見どころ触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Wild Hogs) -----ニャに、このタイトル? ふざけすぎていない。 第一、アメリカに“団塊”なんて言葉あるの? 「さあ、どうだろう。 おそらくないと思うけど……。(汗) でも、このタイトルはほんとうに巧く付けたモノだと思うよ。 日本の団塊世代は今年定年になった60代あたり。 それからすると、この映画の彼らは若すぎる気はするけどね。 でもミドルエイジでありながら その... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 21時04分

» 『団塊ボーイズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「団塊ボーイズ」□監督 ウォルト・ベッカー □脚本 ブラッド・コープランド □キャスト ジョン・トラボルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー、マリサ・トメイ、レイ・リオッタ、ジル・ヘネシー、ケヴィン・デュランド ■鑑賞日 2月25日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> いやはやこの中年オヤジたち4人はなにするねん(笑) それぞれに現実逃避をする理由が4人を突き動かす。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 12時06分

» 団塊ボーイズ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:ウォルト・ベッカー キャスト:ジョン・トラヴォルタ       ティム・アレン       マーティン・ローレンス       ウィリアム・H・メイシー、他 ■ストーリー■  妻に離婚さ... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 02時50分

» *団塊ボーイズ* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2007年 アメリカ 歯医者のダグは、順調な仕事と妻と息子に囲まれたごくフツーの人生に息苦しさを感じていた。若い頃は守るものもなく、ただ無鉄砲でいられたのに。ワイルドなのは日々自由奔放に成長しているメタボリックな腹だけ。ある週末、ツーリング仲間と集うバーでいつものようにさしさわりのない話題に花を咲かせていると、仲間のウディが旅に出ようと言い出す。目的地は太平洋。風を切って気の向くまま、オヤジ4人のバイクの旅が始まった。       ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 09時05分

» 団塊ボーイズ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:WILD HOGS) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ジョン・トラヴォルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシーの個性派俳優4人の共演で贈る痛快コメディ・ロード・ムービー。 アメリカの閑静な住宅街に暮らす4人の男たち。自己破産したうえに妻に逃げられてしまった実業家のウディ(ジョン・トラヴォルタ)。子供に相手にされずストレスを溜め込む歯科医のダグ(ティム・アレン)。1年間という期間限定で執筆活動をするも大成せず、水道管清掃業を余儀なくされる小... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 15時28分

» 団塊ボーイズ [I am invincible !]
スーパーモデルの奥さんに離婚された上に、自己破産宣告までされた実業家のウディ(ジョン・トラボルタ)は、事情を伏せてバイク仲間“ワイルド・ホッグス”のメンバーに「一週間ほど、海まで自由気ままなツーリングに行こう」と誘う。... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 21時08分

» 団塊ボーイズ/ WILD HOGS [我想一個人映画美的女人blog]
『団塊ボーイズ』なんて全く原題と違うタイトルになっちゃってるから 危なく見逃すところだった『野生のブタ』(WILD HOGS) サエない中年オッサン4人が自由を求めて無計画な旅に出る! 遅れた青春取り返せ!的 ロードムービー{/kirakira/} メンバーはハイスクール時代からの仲良しで、気持ち的にはいつまでも少年のまま。 家族からウザがられてたり、頼られなくなったり、しがらみから抜けられない日々を送ってたオヤジたち。 『ギャラクシークエスト』のティムアレン、トラ... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 21時51分

» 団塊ボーイズ [ダイターンクラッシュ!!]
3月15日(土) 20:30~ 銀座シネパトス3 料金:1300円(レイトショー料金) プレスシート:300円 『団塊ボーイズ』公式サイト ヒドイ邦題だ。 映画は、中年(初老?)の4人組が、日常生活を離れ、バイクで旅に出て、事件に出くわし、友情を再確認する、というような話だ。 少しばかりやり過ぎなギャグがあり、興醒めな処もあるが、概ねよく出来たコメディーである。 気楽にまったりした時間を過ごすことができるぞ。 いくつか見過ごせない犯罪行為もしているんだけど・・・ 伝説のライダーに、イージー... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 21時58分

» 団塊ボーイズ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
タイトルだけ観た時は、邦画だと思っちゃった(笑)『団塊ボーイズ』観てきました。原題は『WILD HOGS』4人のさえないおじさんたちが、ハーレーで風まかせな旅に出るロードムービーですが・・・これが結構楽しくって、はまりました(笑)4人のおじさん’sに、ジョン・トラボルタ... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 23時49分

» 団塊ボーイズ [映画の話でコーヒーブレイク]
平日、17時からの映画館って閑散としています。 「団塊ボーイズ」を一緒に見たのは、たったの10人。 映画館には催行最低人数はないから、たった一人でも上映してくれるんですよね? お気に入りだった「藤沢オデヲン」は昨年3月末、惜しまれつつとうとう閉館になってしまいました。 オデヲンという名にふさわしく、レトロで落ち着いた雰囲気。 いつでも使える6回分で1枚おまけの回数券の残りを払い戻しに行った時、 ブースの中にいた二人の職員の方々がすっくと立ち上がり、 「長らくの御愛顧ありがとうございました」と深々と... [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 00時17分

» 『 団塊ボーイズ』 2008-No10 [映画館で観ましょ♪]
もっと笑えるかと・・・期待していたけどそうでもなかった。 雪もすっかり解けて、暖かくなった頃に見たなら もっと楽しかったかもね。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月 4日 (土) 19時23分

« 本 「エモーショナル・デザイン」 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」 「スター・ウォーズ」廉価版 »