« ブログ2周年 | トップページ | 本 「ジャンパー -跳ぶ少年-」 »

2008年8月15日 (金)

「百万円と苦虫女」 自分探しなんてしたくない

実は人と付き合うのが苦手な方であったりします。
とても親しくなってしまった人とはまったく平気なのですが、中途半端に顔を知っているだけとか言葉を交わしているだけの人と、二人だけになったりするとどうしようと思ったりしてしまいます。
ですので鈴子(蒼井優さん)が、人に親しげに声をかけられたりする時のとまどっているような様子や、目をそらしながら話す感じ、ちょっと苦虫を噛み潰したような迷惑そうな表情というのは、自分でもよくわかったりします。

人との距離感というのが近くなってくるといろいろと面倒くさいことが起こります。
無神経で自分勝手な人に振り回されるようなことも多くなります(最初のルームシェアの話はひどい!)。
そういうことが嫌だから、人と距離をおいていたいというのも、なんだかよくわかるんですよね。
でも鈴子も別に人が嫌いになっているわけではありません。
どちらかというと自分のことが嫌いな人なんでしょう。
「自分探しなんてしたくない」
という台詞がありましたが、これに鈴子の性格が表れています。
自分探しなんてしなくたって、自分というのはすぐそこにあるのがわかっています。
頑固で、人付き合いが下手で、何度も同じような失敗をしてしまう自分が。
そういう自分だとわかっていながらも、それに向き合うのが嫌で、鈴子はさまよってます。

「自分好き」か「自分嫌い」かと言われたら、僕は後者なんですよね。
一度知り合いとそういう話になった時、僕はみんな「自分嫌い」なのだろうと思っていたら(自分がそうだから)、「自分好き」といういう人は多いので、驚いた覚えがあります。
「自分嫌い」というのは自分の性格がわかっていて、そのダメなところもわかっていて、それがなかなか直せないところが嫌いなのだと思います。
どうしてもそれを見たくないと思ってしまいます。
僕なども、仕事などで忙しくしているのは、あまりそんなこと考えないようにとか思っているような気がしたりもします。
時折、自分の性格に直面することもあり自己嫌悪に陥ってしまいますが・・・。
たぶん鈴子もそうなんだろうなあと思って観ていました。

人との関係を深くするのが不得意な人というのは、やはり失うのが恐いのだと思います。
勇気を出して親しくなったとしても、ちょっとしたことがきっかけで別れなくならなくてはいけないことがあります。
何度かそういうことで傷ついたり、傷つけたりしてしまうと、そんなことになるくらいだったら、つき合うのを避けようと思ったりしてしまいます。
でもそれでも人というのは人と親しくしていたいと思うものなんですよね。
ずっと苦虫を苦虫を噛み潰したような表情の鈴子が中島と付き合い始めたころは輝くばかりの笑顔になっています。
それでも別れというのはやってきたりします。
だから別れるのが嫌だから出会わないようにする。
でも実はそうではなくて、鈴子が言っていたように、出会うために、別れがあるのですよね。

そうはわかってもなかなか実生活では難しいものなのですが・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ブログ2周年 | トップページ | 本 「ジャンパー -跳ぶ少年-」 »

コメント

こんばんわ♪

>中途半端に顔を知っているだけとか言葉を交わしているだけの人と、二人だけになったりするとどうしようと思ったりしてしまいます。

気持ちすごく分かります!
何か話さなきゃと思っているうちに相手が行ってしまったり、
勇気が出ずに会釈して去ってしまうこと多数です・・・
社会人としても、いい大人としてもダメだなぁと思います(涙)

だから、この映画ずっと鈴子目線で見てました。
彼女の気持ちとってもよく分かりました。
脚本や演出も良かったですけど、
蒼井優ちゃんの演技が素晴らしかったですね★

投稿: maru♪ | 2009年4月27日 (月) 01時02分

rose_chocolatさん、こんにちは!

そうですねー、けっこう鈴子には共感してしまうところがありました。
受け止めるのが重たいというのはあるんですよね。
思うようにいかないのが辛くなったりもしますし。
とはいえ、ひとりで生きていくほど強くもなかったりするので、なかなか悩ましいところです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月22日 (金) 10時51分

今日のエントリーははらやんさんの素が出ちゃいましたか??

本当は心の底ではとても自分を受け入れてくれる人を欲している、だけど相手のいろんな面が見えてくるにつれて、丸ごと相手を愛せるかどうか不安になる・・・。 だから鈴子は旅をするのかなと思いました。
若いから受け止めるのが重たいのでしょうか。それとも自信がないのか。
思い切って飛び込んでみることでわかることもあるんだけどね。
それが徒労に終わるときのエネルギーの消耗の度合いがきっと疲れてしまうんでしょうか。人付き合いはとにかくパワーが必要ですから^^

投稿: rose_chocolat | 2008年8月22日 (金) 00時22分

かえるさん、こんにちは!

ほんと人付き合いは難しいです・・・。
やはりそれなりにエネルギーがいりますものね。
楽な方に流れてしまっていけないなあと思ったりします。
自分の人生を肯定するのはなかなか難しいですよね。
それなりに満足感はあったとしても、すべてにおいてとかなるとなかなかそうはいかず。
将来のこととかはやはり不安ありますし。
鈴子のようにまだ若いと放浪もできるのですけれどね・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月17日 (日) 12時28分

人づきあいって難しいですよね。
煩わしさゆえにというのもあるし、おっしゃる通り、拒絶されたり、失われていくことが怖いから、自分からは踏み込めないというのもあるし。
とはいえ、自分が鈴子の歳の頃は、無節操に人づき合いを楽しんでいた気がしますが、世代は違うけど今の方が、鈴子な思いに共感できる感じでした。(まぁ、脚本家は鈴子世代ではないのだから、当然ですかね。)
私は、"自分"が好きか嫌いかっていったら、好きじゃなくはないんだけど、"自分の人生"を肯定することがなかなかできなくて、困りますー。
鈴子はまだ若いから、いいよなぁ・・・とかイジケてしまうばかりなのでした。w
だめじゃん。

投稿: かえる | 2008年8月17日 (日) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42175122

この記事へのトラックバック一覧です: 「百万円と苦虫女」 自分探しなんてしたくない:

» 自分を探したくないんです [CINECHANの映画感想]
192「百万円と苦虫女」(日本)  短大を卒業したものの、就職できずにアルバイト生活を送る21歳の女性、佐藤鈴子。ある事件から実家に居づらくなった彼女は、家族の前で「百万円貯まったら出て行きます」と宣言、以来バイトを掛け持ちして懸命に働く日々が続く。そして百万円が貯まると、宣言通り実家を後にして、誰も知らない土地へと旅立つ鈴子。  最初は海、次は山、というようにしばらくそこに住んでは百万円溜まるとまた次の場所へと移っていく。行く先々で人の温かさに触れるが、その関係から逃げていく鈴子だっ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 12時13分

» 百万円と苦虫女 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『自分探しなんてしたくない。 むしろ逃げてるんです。 百万円貯めて、誰も知らない場所―― 海へ、山へ、そして地方の町へ。』  コチラの「百万円と苦虫女」は、あたしも大好きな蒼井優ちゃんの3年ぶりの映画主演作となったオムニバス風ヒューマン・コメディで、今...... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 16時11分

» 映画 「百万円と苦虫女」 [ようこそMr.G]
映画 「百万円と苦虫女」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 00時17分

» 『百万円と苦虫女』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
トホホなのに清涼感があふれる蒼井色。 短大を卒業後、フリーターをしている鈴子は、バイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にした。蒼井優ちゃんはいいよねぇ。3年ぶりの主演作だそうで。なにしろ、私が日本映画の中で最も溺愛しちゃっている1本ともいえる『リリイ・シュシュのすべて』の中で、私の最もお気にいりといえるシーン、川原でカイトを揚げていたのが蒼井優扮する津田詩織ちゃんなんだもの。可愛いだけじゃなくて、あれから着実に名女優の道を歩んでいるのは喜ばしい限り。 といっても、蒼井優目... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 10時43分

» 映画「百万円と苦虫女」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
海の家から山の桃園・・山のあなたの空遠く「幸」住むと人のいふ、ああ、われひとと尋めゆきて・・苦虫女の行くところ、涙と恋に辛い体験そして気持ちいい風・・ 鈴子(蒼井優)は就職を失敗してのフリーター、しかし、拾ってきた可愛くて可哀そうな子猫ちゃんを捨てられたから... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 11時21分

» 『百万円と苦虫女』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「百万円と苦虫女」□監督・脚本 タナダユキ□原作 タナダユキ(「百万円と苦虫女」幻冬社) □キャスト 蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之介、齋藤隆成、笹野高史、嶋田久作、モロ師岡、石田太郎、キムラ緑子、矢島健一、斎藤歩、堀部圭亮、江口のりこ■鑑賞日 7月30日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> いかにも女性の視点(女性監督らしい)から描かれた映画だ。 就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしてい... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 11時24分

» 【2008-169】百万円と苦虫女 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 百万円貯まったら、この家を出て行きます。 鈴子21歳。 資格、なし。 特技、なし。 友達、なし。 就職できず、バイト生活。 百万円貯まったら、1人で生きる。 海へ山へ町へ やさしさを受けとめて、きっと、わたしは強く...... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 23時26分

» 【百万円と苦虫女】 [日々のつぶやき]
監督:タナダユキ 出演:蒼井優、森山未來、竹財輝之助、笹野高史、佐々木すみ江、堀部圭亮、モロ師岡、ピエール龍 「就職浪人でフリーターの佐藤鈴子は、100万円貯まったら家を出ると宣言。 そしてそこでも100万円貯まったら次の土地へ。自分を誰も知らない場所... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 12時24分

» 『百万円と苦虫女』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:タナダユキ出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、齋藤隆成公式サイトはこちら。<Story>短大を卒業後、フリーターをしている鈴子(蒼井優)は、バイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にした。しかしひょんな事から事件に...... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 00時13分

» ★「百万円と苦虫女」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
三連休の二日目もレイトショウ実施中なので、 今週公開で、蒼井優の主演でインパクトのある本作を・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 00時42分

» 映画:百万円と苦虫女 [駒吉の日記]
百万円と苦虫女(シネマイクスピアリ) 「むしろ、探したくないんです。」 トランクひとつ持って、自分のことを誰も知らないところで暮らす。一度は考えちゃうことあるのではないでしょうか。 手作りのカーテンがかわいい。それに確かに台所用品とかより引越しには必需品... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 09時26分

» 百万円と苦虫女 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
自分探しなんてしたくない。むしろ逃げてるんです。百万円貯めて、誰も知らない場所__海へ、山へ、そして地方の町へ。くすっと笑って、ほろりと涙、人生が愛しくなるちょっとビターで憎めない女の子の旅物語。 物語:短大を卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 22時14分

» *百万円と苦虫女* [Cartouche]
{{{   ***STORY***                2008年  日本 短大を卒業後、フリーターをしている鈴子は、バイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にした。しかしひょんな事から事件に巻き込まれ、警察沙汰に。前科者になってしまった鈴子は、「百万円貯まったら出ていきます」と家族に宣言し、バイト掛け持ちで懸命に働く。やがて実家を出た鈴子は、とある海辺の町にたどり着く。海の家で働き始めるが、貯金が百万円貯まると、あっさり次の土地を目指して旅立つのだった…。      ..... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 23時14分

» 百万円と苦虫女/蒼井優、森山未來 [カノンな日々]
監督のタナダユキさんといえば『赤い文化住宅の初子』の印象が鮮烈でしたけど、あの作品は全国的には観た人は少ないでしょうから、この映画が彼女にとってはメジャーデビューとなる監督作品といえそうですね。お金絡みのガーリームービーという共通点は彼女のこだわり?とに....... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 23時32分

» 『百万円と苦虫女』 [唐揚げ大好き!]
  百万円貯まったら、この家を出て行きます。   ■短大卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子。ひょんな事件に巻き込まれた彼女は、人との関わりを裂けるように家族のもとを離れ、百万円が貯まるたびに誰も知らない土地へと移り住むことにする。百万... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 03時14分

» 百万円と苦虫女(映画館) [ひるめし。]
百万円貯まったら、この家を出て行きます。 [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 09時45分

» 百万円と苦虫女 [花ごよみ]
主演は蒼井優。 転居に伴い各地を転々。 ロードムービーの形をとっています。 監督はタナダユキ。 共演は森山未來、ピエール瀧、笹野高史。 21歳の鈴子(蒼井優)は あるトラブルから前科がついてしまう。 100万円貯金ができると、 他の地へ引っ越しという生活。 人間関係のわずらわしさから 解放されたいのにうまくいかない。 現実からぬけだしたいのに 引き戻される。 地方都市の働き先で、 中島(森山未來)に出会い、 少しずつ心の傷も修復して 変化していく鈴子(蒼井優)の心。 自己表現... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 16時51分

» 百万円と苦虫女 [そーれりぽーと]
2月に記事を書いてたWOWOWドラマ『蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ』、実は全12話の内後半の3話は、この映画の前日談なんですよねぇ。 って、番組内で言ってたから放送観てた人は知ってるか。 そんなこんなで続きを観る感覚で『百万円と苦虫女』を観てきました。 ★★★★ と、★4個書きたいところだけど、観る前からすっかり苦虫男気分で、同じ映画館で『ワン・ミス・コール』を観終わった繋ぎの50分をつぶしに一階下のフードコートでビールを飲んでた俺。 予告編上映開始のちょっと前に頼んだ料理が美味かったり、ビー... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 18時33分

» 祝・共演!蒼井優の後ろで会話したり〜ジュースを飲んだり〜ヤバフィス!!!な『百万円と苦虫女』舞台挨拶@シネセゾン渋谷 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
40℃という気温を記録した去年の真夏に、エキストラとして撮影に参加した蒼井優・森山未來・あんぱんち出演『百万円と苦虫女』がついに本日公開さぁ〜て今回は、どのくらい映っているのだろう???胸を高鳴らせて、初日舞台挨拶へ向かったのであった(爆)|あんぱ的えきす...... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 23時24分

» 『百万円と苦虫女』 @シネセゾン渋谷 [映画な日々。読書な日々。]
短大を卒業後、フリーターをしている鈴子は、バイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にした。しかしひょんな事から事件に巻き込まれ、警察沙汰に。前科者になってしまった鈴子は、「百万円貯まったら出ていきます」と家族に宣言し、バイト掛け持ちで懸命に... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 17時18分

» 百万円と苦虫女☆独り言 [黒猫のうたた寝]
蒼井優主演の映画は久しぶりでしょうか?『百万円と苦虫女』観てきました。微妙に嫌々そうにひきつって笑ってる蒼井優の笑顔そーいうあいまいはよくないんだよーーー(笑)最初のつまづきはルームシェア・・・女の子二人のはずがなんで男がついてくる?しかも引っ越し当日友人... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 22時17分

» 百万円と苦虫女 [ネタバレ映画館]
あ、うんこ!くっそ〜〜♪ [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 18時13分

» 「百万円と苦虫女」みた。 [たいむのひとりごと]
ハッピーエンドを期待させておきながら・・・という終わり方は女性視点だよね?と思ったら、監督さんはやはり女性。ありそうでなさそうな、なさそうでありそうなロードムービー。甘く終わらせないホロ苦さに好感が持... [続きを読む]

受信: 2008年10月11日 (土) 22時11分

» ★★★★ 『百万円と苦虫女』 [映画の感想文日記]
2008年。「百万円と苦虫女」製作委員会。   タナダユキ監督・脚本。  いろいろと違和感を感じながらも、忘れられない映画となった『赤い文化住宅の初子』 に続くタナダユキ監督作品だったが、この映画にはあまり前作のような違和感はなく、演出に洗... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 21時08分

» 百万円と苦虫女 [ルナのシネマ缶]
いきなり刑務所のシーンだし、 おいおい!そんな事で 前科者になっちゃって・・・と 驚きのオープニングでした。 言いたい事をなかなかきちんと 伝えることができなくて 思わず極端な行動をしてしまう イマドキの若者の姿を 蒼井優が好演しています。 短大を卒業後、フリーターをしている鈴子(蒼井優)は、 なんとなく実家で暮らしていた。 バイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にした。 しかしそれが思いも寄らぬ事件に発展し、警察沙汰になってしまう。 中学受験を控え... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 23時58分

» 『百万円と苦虫女』 [・*・ etoile ・*・]
DVDにて鑑賞。 「嫌な同居人に拾った猫を捨てられてしまい、腹いせに彼の持ち物すべて捨ててしまった鈴子。刑事訴訟を起こされて有罪。前科者になってしまう。実家に居ずらくなり、100万円貯めて家を出る。辿り着いた土地で100万円を貯めたら次の土地に移るという生活を始めるが…」という話。なかなか良かった。蒼井優は演技上手いので、彼女が主演なのであれば、当たらずとも失敗はない気もするけれど。粗筋だけ読むと不思議キャラのような鈴子だけど、彼女の上手く言えない感じや、それゆえトラブルに巻き込まれてしまう感... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 00時57分

» 「百万円と苦虫女」★★★☆ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
’08年製作 監督:タナダユキ 出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、佐々木すみ江(敬称略) 鈴子(蒼井)、フリーター21歳。ある日、バイト先の同僚からルームシェアの話を持ちかけられ、彼女は意気揚々と実家を出る。ところが、その同僚は彼氏...... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 21時54分

» 百万円と苦虫女 [えいがの感想文]
2008年 監督:タナダユキ 出演:蒼井優    森山未來    ピエール瀧 自分のことを誰も知らない土地へ移り住む鈴子。 でも、日が経つにつれ、人との面倒なことに巻き込まれて、また違う土地へ移る。 こういう人間関係の面倒くさいのからは、逃れられないってことね。 誰かと関わると、一人じゃ生きられない。 おそらく、鈴子が変わらなければ、この生活は変わんない。 前科を自分のなかでどう片付けるのか。 恋人とわかり合えたつもりでも、ほんの一片、彼の気持ちを疑... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 21時50分

» 百万円と苦虫女 [さむこの部屋]
ひょんなことから各地を転々とすることになるヒロインの出会いと別れ、そして不器用な恋を丹念に映し出す。 蒼井優、森山未來、ピエール瀧。 「蒼井優」「100万円貯めたら引 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 00時58分

» 『百万円と苦虫女』 [観・読・聴・験 備忘録]
『百万円と苦虫女』 こういう邦画、大好きです。 決してドカンと笑わせてくれるわけではないのですが、 忍び寄るクスクス笑いの波に、ワタクシ弱いのです。 ちょっとした人間観察の成果のようなキャ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月11日 (火) 01時19分

« ブログ2周年 | トップページ | 本 「ジャンパー -跳ぶ少年-」 »