« 「たみおのしあわせ」 「自分空間」への侵入 | トップページ | 本 「エモーショナル・デザイン」 »

2008年8月23日 (土)

「デトロイト・メタル・シティ」 メタルヒーロー

クラウザーさん、存在感がスゴいっす。

「デスノート」の”L”で漫画のキャラクターをイメージそのままに、血が通う人間として演じきった松山ケンイチさん、今回もすばらしい!!!
”L”以上に漫画的なキャラ、ヨハン・クラウザーⅡ世(以下クラウザーさん)を、見事にスクリーンに降臨させました。
松山さんというのは、なんだかキャラクターが憑依してきたかのような演技をしますよね。
演じているのではなく、そのキャラクターそのものに松山さんが変わってしまったかのように見えます。
この映画では崇一と、崇一が演じているクラウザーさんの二役をやっているようなものですよね。
崇一はお洒落系のポップミュージックアーティストを目指しているわけですが、これがクネクネっとしてややキモい。
(「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲさんを思い出しました。あのナヨナヨ走りはどっちが早い!?)
クラウザーさんは、某閣下を彷彿とさせるキャラクターで、まるで本当に悪魔が出現したかのような迫力。
クラウザーさんの時は声質も変えていて、これは同じ人に見えないです。
この松山さんが演じている二つのキャラクターの落差だけでも十分楽しめます。

基本的には、崇一がクラウザーさんというもう一人の自分との間でドタバタしてしまうことによるおかしさ、周りのクセのあるキャラクターたちとの絡みで笑わせてくれるギャグの映画なのですが、よく考えてみると、この映画は典型的なヒーローもののお話ともいえます。

 ある日、普通の青年が、意図せずにヒーローになる力を手に入れてしまう。
 ヒーローは皆の夢を叶え、賛辞される。
 でも変身する前の青年はそのことを親しい人にも秘密にしなくてはいけない。

これだけ読むと「スパイダーマン」などを思い出してしまいます。
これは日本のヒーローものやアメコミにある典型的なヒーローものの構造なんですよね。
好きな女の子に嫌われるんじゃないかとか、本来の夢を捨てなくてはいけないとか、崇一の悩みがおもしろおかしく描かれますが、まさにそれはヒーローの悩みそのもの。
ヒーローになる力を一時期放棄しようとしますが、けれども自分しかできないということを自覚し再び闘いの場に戻ってくる。
物語の本質は王道ともいえるヒーローものの構造に沿っていたりするので、最後は観ていて達成を共有できるようなものを感じたりできます。

最後のメタル対決の、クラウザーさんのシャウトはものスゴかった!
今度は「テネイシャスD」のJBと対決させてみたい!
相手は悪魔退治は得意ですけれど。

アニメ版「デトロイト・メタル・シティ」の記事はこちら→
松山ケンイチさん出演「デスノート the Last name」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「たみおのしあわせ」 「自分空間」への侵入 | トップページ | 本 「エモーショナル・デザイン」 »

コメント

ヨメさん、こんばんは!

漫画の方は一話完結ですが、映画の方はヒーローものの骨格でうまく再構成してよくまとめていたと思います。
クラウザーさんのライブ対決シーンは、ほんとヒーローものの最後のクライマックスの戦いみたいな感じでしたよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月 9日 (木) 19時34分

はらやんさん こんばんは。
松ケンすごかったですよね~。

>よく考えてみると、この映画は典型的なヒーローもののお話ともいえます。

確かに!!
スパイダーマンやヒーローズに通ずるものがありますね。特殊能力を持ってしまった人間の宿命と苦悩です!クラウザーさんを演じる能力はもはや特殊能力ですよ(笑)

投稿: ヨメ | 2008年10月 7日 (火) 12時15分

hyoutan2005さん、こんにちは!

松山さん、すばらしいなりきりっぷりでしたよね。
次回作は「カムイ外伝」ですかー。
こちらはどんなカムイを見せてくれますかねー。
期待しちゃいます。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月20日 (土) 08時09分

はらやんさん、TB・コメントありがとうございます。
本当に松山君ありき・・・の作品でしたね。
毎度彼のカメレオン振りには圧倒されています。
彼の「カムイ外伝」はアニメ公開当時に物凄くはまっていたので、松山君の「カムイ」も楽しみにしているんですよ。

投稿: hyoutan2005 | 2008年9月16日 (火) 21時33分

ひろちゃんさん、こんばんは!

おもしろかったですよねー。
やはり松山ケンイチさんスゴいですよ。
ここまで両極な二役(同一人物だけど)演じられるのは、彼しかいません。
声色まで変えてましたからねー。

アニメの方もまた味わいがあったおもしろいですよ、是非!(アニメはもっと下品なのでご注意)
すっかりDMC信者だなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月11日 (木) 22時46分

こんばんは~♪
観に行って、皆様の評判が良かったわけが
わかりました!いやあ~~面白かったです!

コミックから好きだったL、デスノートを観る時
一番気になっていたLでしたが、予想以上の
Lに嬉しくなりました!今回は原作は未読なんですが、チラシやパンフで見ると、コミックに
ソックリですね。内面もなんですが、外見も
ソックリにさせる松山君は、はらやんさんが
言われるように「キャラクターが憑依してきたかのような演技」をする(ができる)俳優さん
なんでしょうね^^

これはアニメも観たいですし、コミックも
読みたいです(^_-)-☆


投稿: ひろちゃん | 2008年9月10日 (水) 21時35分

カオリさん、こんばんは。お久しぶりです!
お元気ですか?

いやー、松ケンはさすがでしたよね。
極めて漫画的なあの真逆のキャラクターを演じられるのは、松ケンくらいしか思いつきません。
確かにメイクをすればなんとなく似て見えるクラウザーさんよりも、根岸君のほうが演じるのは難しいかも。
キモくなるギリギリの線ですからねー。

次回作「カムイ外伝」も楽しみだなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 9日 (火) 21時15分

こんばんはーお久しぶりです。

松ケンじゃなかったら見に行っていなかったと思う自分ですが、久しぶりに映画館で爆笑しました。

「憑依」・・・まさにそんな感じでしたね。クラウザーさんもすごいですがあの根岸をやれる役者もなかなかいないのでは?と思いました。

今後もカムイ外伝とかありますが、楽しみですね。

投稿: カオリ | 2008年9月 8日 (月) 23時13分

kiraさん、こんにちは!

松ケン、根岸君の時とクラウザーさんの時と、しっかりと声を変えて演じてましたね。
やはりクラウザーさんは閣下がモデルなのかしらん。
昨日観た映画館ではまだ「DMC」の予告がかかっていて、また観たくなってきましたー。
二回目チャレンジしようかなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 7日 (日) 06時40分

こんばんは~♪
TB,有難うございます!
実は今日、友人のリクエストで2回目に臨みましたが、
時間が合わず敢え無く撃沈~。
松ケンと、松雪さんの成り切りぶりが楽しかったです~♪
クラウザーさんのお声は、同じ悪魔界のD閣下に似てましたねhappy01

投稿: kira | 2008年9月 6日 (土) 22時46分

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

アニメのDMCも評判いいですよねー。
僕は未見なのですが、今度観てみようかなあ。
ブログの記事拝見しましたが、相川さんが長澤まさみさんなんですね。
すごい贅沢!!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 6日 (土) 17時11分

かえるさん、こんばんはー!

原作は表紙だけ観たことあるくらいですが、あのインパクトのあるクラウザーさんをよくぞ松ケンは再現しましたよねー。
しかし、演じる役ごとに印象の変わる役者さんですよね。
人セクは観ていないのですが、レンタルもしていることだし、観てみようかな・・・。
永作博美の方に惚れてしまうかもしれないですが(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 5日 (金) 23時16分

はらやんさん、再びお邪魔します~
アニメ版「DMC」を見ました!
過激さは原作まんまなのに、どこかほわほわ~としていて、なんだか和んでしまいました。
笑いもシュールで、超オススメです!

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年9月 4日 (木) 22時28分

はらやんさん、こんばんわ☆
映画「DMC」に引き続き、アニメ版「DMC」も見ました!
アニメは原作まんまで、過激な台詞や行動も、原作まんまなんだけど、どこがほわほわ~としたかんじが、とてもいいんですよ。
是非オススメです。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年9月 3日 (水) 23時17分

はらやんさん、こんばんは。karaoke
ようやく観ましたー。
マンガな世界をお見事に実写化してくれましたねぇ。
松ケンは、人セクで惚れましたが、この別人ぶりも素晴らしかったですー。
長身だと、マントが似合いますよねー。w
個人的には、なつかしのカジヒデキが聴けて嬉しかったです。
私の好きなのはオザケンだけど。

投稿: かえる | 2008年9月 2日 (火) 01時32分

なななさん、こんばんは!

確かに松ケンって役に入り込むからほんとの彼がどんな感じかわからないですねー。
雑誌とかに出てても、「あ、松ケンだった」みたいな感じで(笑)。
もうクラウザーさんに一発でノックアウトされました。
すごいキャラです。
続編ないかなあ・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月31日 (日) 20時42分

コブタさん、こんばんは!

この作品、原作読んでいると、ちょっとおとなしく見えるみたいですね。
もっと原作は過激なのかな。
映画はある程度幅広い層にあてられるようにソフトにしたのかもしれませんね。

それにしても松山ケンイチさん、松雪泰子さんの演技は気合い入っていましたよね。
それだけでも観る価値あります。

投稿: はらやん | 2008年8月31日 (日) 19時56分

はらやんさん、こんばんわー。
松ケンさん、いつもすごいなーっと思うのですが、いつも様々な役でしかもあんまり素顔がない気がするので、彼の普段の顔がわからなくなってしまいました。
絶対街で会っても気付かない・・・。
クラウザーさんだったら即わかりますが(笑

思った以上に楽しめた作品で、ちょっと自分でもびっくりしました。
でも松ケンあっての映画だったなーとも思いました。

投稿: ななな | 2008年8月31日 (日) 18時39分

>この映画は典型的なヒーローもののお話ともいえます。

なるほど~さすがはらやんさんの映画の見方すばらしいです!!
松山ケンイチと社長の演技が光っていただけに、変に一般的に感動的な物語に纏めてしまったところに不満を感じ、、私は評価をかなり辛めにしてしまいました。(--;

はらやんさんの記事みると、もう少し愛と広い視点で映画を観なければと思ってしまうコブタでした。

投稿: コブタです! | 2008年8月31日 (日) 14時34分

choroさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございました。

ほんとに松ケン恐るべしですねー。
彼はどんな役でも演じられそうです。
クラウザーさんのあの笑い声・・・、根岸君のときからは想像できません。
choroさんはコミック読んでいらっしゃるんですね。
読んでみたくなってきました!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月30日 (土) 23時31分

こんばんは♪
いつもTBありがとうございます。
これは面白かったですね~本当に松ケンは上手いですね!
当然ながらLとも全く違うし、この映画の中での演じ分けには驚きました!
声も変えていたのは凄いですよね。
コミックより下品さも和らいでいて誰もが楽しめる映画になっていたのも好感度アップだったかも(笑)。
こちらからもTBさせてくださいね。

投稿: choro | 2008年8月30日 (土) 22時21分

ryokoさん、こんばんは!

原作は未読なのですが、映画の方はヒーローもののプロットそのものでしたね。
だからアクの強いキャラクターばかりだったですが、清々しい感じも受けたのかもしれません。
いつものなよなよ走りではなく、戦いの場に必死に向かおうと走っているクラウザーさんこと崇一の姿はヒーローのそのものでした。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月30日 (土) 21時46分

はらやんさん、こんにちは。
この映画をヒーローものと同じプロットという視点で見るとは思ってもいませんでした。

理想と現実の間で苦悩し止めようとするも、自分しかいないと自覚し戦いの場に戻る。
クラウザーさんはジャックとの対決に勝ちヒーローになったという訳ですね。ナルホド!

投稿: ryoko | 2008年8月30日 (土) 18時52分

くろねこさん、こんにちは!

そうそうDMCのファンたちもなかなかおかしかったです。
リーダー格の大倉さんがアカレンジャーもどきでクラウザーさんを助太刀するところとかおかしかったですねー。
それにしても松山さんは、ほんとキャラクターが憑依しているかと思うほどのなりきりっぷり。
今の若手でこういうタイプの人は少ないですよねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月30日 (土) 07時15分

スワロさん、こんにちは!
昨日は危うくゲリラ雷雨に襲われそうになりましたが、ギリギリのタイミングでかわしました。
家に着いたら外はザーザー降りになっていましたよ。
変な天気ですよねー。

この物語、「スーパーマン」とか「バットマン」「スパイダーマン」みたいなヒーローものの構造を踏襲しているんですよね。
主人公の悩みのところなどなんかは特に「スパイダーマン」チックかもしれません。
悩んでるレベルが違うけど・・・。

しまった!「舞妓Haaaan!!!」、昨日放送していたんですねー。
見逃してしまった・・・。
確かに阿部サダヲの方が早そうかな。
崇一の走り方は無駄が多そうですからねー。
クラウザーさんモードだったら勝てるかも。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月30日 (土) 06時32分

こんばんは~!
松山君はLといい漫画の主人公が乗り移っちゃうんですかね~〔笑〕
何があっても前向きに彼を奉るDMC信者達も可笑しかった♪
彼らにとって彼は、まちがいなくヒーロなんでしょうね~。


投稿: くろねこ | 2008年8月28日 (木) 22時39分

はらやんさん、こんにちは。
涼しい日が終わって暑い日が戻ったかと思えば・・・
散々なお天気ですね。

>この映画は典型的なヒーローもののお話ともいえます。
なるほど~。
いつもはらやんさんの評には唸らされるところがあります。
>好きな女の子に嫌われるんじゃないかとか、本来の夢を捨てなくてはいけないとか、
>崇一の悩みがおもしろおかしく描かれますが、まさにそれはヒーローの悩みそのもの。
なるほど~!
確かに先日みたバットマンも少なからず同様の悩みを抱えていました。

>(「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲさんを思い出しました。あのナヨナヨ走りはどっちが早い!?)
ちょ~(笑)
明日、阿部サダヲのナヨナヨが見られますね(笑)
う~ん、阿部サダヲの走りの方が速そうだ。
崇一は相当クネクネしていましたからね!

投稿: swallow tail | 2008年8月28日 (木) 17時13分

ノラネコさん、こんばんは!

松ケンのクラウザーさん、良かったです!
なかなかこういうキャラを生身の人間が演じるとややもするとマンガ以上にマンガくさくなったりするものですが、松ケンが演じるとそんか感じはありませんね。
原作も読んでみたくなりました。
このキャラ一回限りじゃもったいないので、僕も続編期待したいです。
クラウザーさんの再降臨願う!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月25日 (月) 20時18分

クラウザーさんの独壇場でしたね。
やっぱり映画も悪魔の手のひらで転がされているのでしょうか(笑
いや、予想外に面白かったです。
原作と構成を変えてしまっているので、難しいかもしれませんが、続編にも期待したいです。

投稿: ノラネコ | 2008年8月24日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42247721

この記事へのトラックバック一覧です: 「デトロイト・メタル・シティ」 メタルヒーロー:

» 『デトロイト・メタル・シティ』 原作ファンを裏切らない、クラウザーさま完全憑依の松ケン!!! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『デトロイト・メタル・シティ』 監督:李闘士男 脚本:大森美香 原作:若杉公徳 出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、高橋一生、美波、大地洋輔、大谷ノブ彦、宮崎美子、松雪泰子、ジーン・シモンズ、加藤諒、池澤あやか... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 00時23分

» デトロイト・メタル・シティ DMC [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/ad5b775d900bb9af8896c49d0833d5fb の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 う~~ん... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 09時35分

» デトロイト・メタル・シティ [Thanksgiving Day]
映画「デトロイト・メタル・シティ」を観に行ってきました!! この映画は原作も面白いし、安藤裕子ねえやんも注目気味だったこともあって、公開されたら絶対観ようと決めてたんですよ。 なので早速、公開初日に行ってきたというわけです。 こんな内容の映画です。 ....... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 10時18分

» 「デトロイト・メタル・シティ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「デトロイト・メタル・シティ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松山ケンイチ、細田よしひこ、秋山竜次、松雪泰子、加藤ローサ、他 *監督:李闘士男 *原作:若杉公徳 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ..... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 14時28分

» 劇場鑑賞「デトロイト・メタル・シティ」 [日々“是”精進!]
「デトロイト・メタル・シティ」を鑑賞してきました嫌々、デスメタル界のカリスマになった青年の悩める日常をコミカルに描いたコミックを実写化。原作は芸能界にも愛読者が多いことでも有名。ストーリーは・・・オシャレなポップス歌手を夢見て上京した根岸だったが、気づ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 15時36分

» デトロイト・メタル・シティ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年8月23日 公開 恨みはらさでおくものか・・・「できたわね、新曲」 あぁ〜あ、面白かった!っていうのがまず感想です♪ 松ケンこと松山ケンイチ君、頑張りましたね! だってほら、こんなに違うキャラを演じ分けたんですから・・・ 原作は未読です。 こんなに人気のコミックだったんですね! 原作を知らぬ私ではありますが、映画は楽しめましたよ♪ 音楽性の全く違うものをやらされてる主人公・根岸崇一... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 16時10分

» 【99.6Kg】 「デトロイト・メタル・シティ」を観てきました [街のクマさん 炎のダイエット日記]
こんにちわ♪ {%笑いwebry%} 今日は、関東地方はぐずついた雨模様ですねぇ。クマも、実家に帰って、久しぶりに昼間からゴロゴロしておりますです。 [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 16時17分

» デトロイト・メタル・シティ を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
最初劇場版 デトロイト・メタル・シティの 発表と主役のヨハネ・クラウザーII世 彼の素顔の [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 18時03分

» デトロイト・メタル・シティ [小部屋日記]
(2008/日本)【劇場公開】 監督: 李闘士男 出演:松山ケンイチ/ジーン・シモンズ/松雪泰子/秋山竜次/細田よしひこ/加藤ローサ 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!! 若杉公徳原作の人気コミックを実写化したギャグコメディ。おもしろかった! 普段は大人しい青年が、過激なデスメタルバンドのボーカルに変身。そのギャップが見どころ。 原作コミックは読んでませんが、知らなくてもついていける。 オープニングロールはスタイリッシュでも、たまに入るダジャレは寒い。^^; 展開が早く、映像と... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 19時43分

» 『デトロイト・メタル・シティ』('08初鑑賞108・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 8月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 19時54分

» デトロイト・メタル・シティ [5125年映画の旅]
オシャレなポップ・ミュージジャンを夢見て上京した青年・根岸崇一。しかし何故か彼はデス・メタル系バンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカルとしてデビューしてしまい、大ヒットを飛ばしてしまった。しかし、ヒットした今も彼の求めているのはオシャレなヒップ・ホ....... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 21時20分

» デトロイト・メタル・シティ・・・・・評価額1500円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
クラウザーさん、ナイスです!  「デトロイト・メタル・シティ」は、気弱なミュージシャン志望の青年が、本人の意思とは関係なく、デスメタ... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 22時04分

» 「DMC デトロイト・メタル・シティ」ついに降臨! [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
エロイのグロイの汚いのオンパレード、大人気ギャグマンガ「デトロイト・メタル・シティ(DMC」が、待ちに待ってついに実写映画 公開となる。 放送禁止用語を取ったら、台詞ないじゃん?の心配をよそに、原作ファンも松ケンファンも大爆笑の渦に巻き込む、爽やか(?)青春ムービーになっていた。... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 22時45分

» 「デトロイト・メタル・シティ」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「映画デトロイト・メタル・シティ」公式サイト純朴な根岸君はポップミュージシャンを目指してたのに、気づいたら悪魔系デスメタルバンドでボーカルしてた!普段はブリブリ・・      クラウザーさんだあー!!「僕のやりたい音楽はこんなん...... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 12時06分

» 「きみの友だち」「デトロイト・メタル・シティ」映画レビュー 映画って [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
「きみの友だち」「デトロイト・メタル・シティ」 [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 21時47分

» 映画『デトロイト・メタル・シティ』 [オタマ・レベルアップ]
映画『デトロイト・メタル・シティ』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 104分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/08/23 ジャンル コメディ/音楽/青春 解説・・・ 若杉公徳の人気ギャグマンガを「DEATH NOTE ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 21時55分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 [ラムの大通り]
----松山ケンイチって、 いつの間にかカメレオン俳優と呼ばれるようになったね。 「うん。 ぼくが最初に彼を意識したのは『不良少年(ヤンキー)の夢』。 まさか、あのツッパリが 『NANAーナナー』のシンと同じ役者とはとても思えなかったね」 ----今度は、その彼が一人二役ってことだよね? 「いや、正確に言えば二役というのではない。 どちらも中身は同じ人物だからね。 ただ、本来は ポップミュージシャンを目指す心優しい青年・根岸崇一なのに、 音楽事務所の社長(松雪泰子)の方針で 悪魔系デスメタルバンドの... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 23時37分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 [唐揚げ大好き!]
  僕がしたかったのは・・・     こんなバンドじゃない!!   ■オシャレなミュージシャンを目指す心優しきゴボウ男・根岸くんは、なぜかインディーズ界デスメタルのカリスマ、クラウザーⅡ世(クラウザーさん)として人気急上昇中!「僕がしたかったのは・・・こ... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 01時38分

» デトロイト・メタル・シティ [Akira's VOICE]
事務所選びは慎重に。   [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 11時01分

» デトロイト・メタル・シティ [B級パラダイス]
待ちに待ったDMC公開でありまっす!久々に豊洲の映画館へ行ってきましたー。てか銀座では公開する館がなかったんですよね。 [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 20時45分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:李闘士男原作:若杉公徳出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、松雪泰子、鈴木一真、高橋一生、宮崎美子、大倉孝二、岡田義徳、ジーン・シモンズ公式サイトはこちら。<Story>おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大学進学を機に...... [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 11時23分

» デトロイト・メタル・シティ [スワロが映画を見た]
原題:―― 製作年度:2008年 製作国:日本 上映時間:104分 監督:李闘士男 原作:若松公徳 脚本:大森美香 出演:松山ケンイチ/加藤ロー... [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 17時01分

» デトロイト・メタル・シティ [Diarydiary! ]
《デトロイト・メタル・シティ》 2008年 日本映画 お洒落なポップス歌手になり [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 19時00分

» ≪デトロイト・メタル・シティ≫(劇場@2008/08/27@536) [ミーガと映画と… -Have a good movie-]
SATSUGAI/甘い恋人(初回)(DVD付)/根岸崇一 SONG BY カジヒデキ デトロイト・メタル・シティ      公式HP      詳細@yahoo映画 解説:若杉公徳原作の大人気コミックを実写化した青春爆笑コメディー。過激なデスメタルバンドのボーカルとして活躍する、普... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 01時49分

» 【デトロイト・メタル・シティ】 [日々のつぶやき]
監督:李闘士男 出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、松雪泰子、秋山竜ニ、細川よしひこ、宮崎美子 「大学在学中からポップ系ミュージシャンを夢見てきた根岸宗一は、何故か悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 09時22分

» デトロイト・メタル・シティ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ボクがやりたかったのは…こんなバンドじゃない!」そんな根岸の苦悩とは裏腹にクラウザーさんはどんどんカリスマとなっていく…。理想と現実にもがき苦しむ悲劇(喜劇?)のヒーローの大活躍が、いま始まる!! 物語:おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大...... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 21時58分

» 「デトロイト・メタル・シティ 」才能の浪費、笑えない [soramove]
「デトロイト・メタル・シティ 」★★ 松山ケンイチ 、加藤ローサ 主演 李闘士男 監督、2008年、104分 これは松山ケンイチの映画だ、 リアルを排除して徹底的に作りこんで 役者に徹している。 役者としてこんなことも出来るんだよ!と 満面の笑みで、演技...... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 10時57分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 (試写会で鑑賞) [purebreath★マリーの映画館]
     僕がしたかったのは・・・         こんなバンドじゃない!!『デトロイト・メタル・シティ』監督・・・李闘士男原作・・・若杉公徳出演・・・松山ケンイチ、ジーン・シモンズ、松雪泰子、宮崎美子、秋山竜次、細田よしひこ、加藤ローサ他      ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 15時08分

» デトロイト・メタル・シティー [映画の話でコーヒーブレイク]
私は何故この映画を見に行ったのか? 邦画はあまり見ないし、ましてや白塗り悪魔系のヘビーメタル。 今までなら、絶対見ないジャンルです。 たまたま本作のプロモーション活動をしている松ケンをテレビで見ました。 「松ケン」ってキンキラでサンバを歌って踊っていた暴れん坊将軍ではなく、松山ケンイチくんです。 今まで彼の映画見たことないのですが、 コンサートシーンでクラウザー二世として観客の前に出たときが一番大変だったと話す姿が と〜てもチャーミングでした。       予告編やTVのCMで何度も見た「デスノート... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 18時22分

» 『デトロイト・メタル・シティ』 [Sweet*Days**]
監督:李闘士男  CAST:松山ケンイチ、松雪泰子、黒木ローサ 他 故郷から東京の大学に出てきた純朴な青年、根岸宗一(松山ケンイチ... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 20時13分

» 「デトロイト・メタル・シティ」(2008) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
{{{: 出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳    鈴木一真、高橋一生、宮崎美子、松雪泰子、ジーン・シモンズ 監督:李闘士男 原作:若杉公徳 (白泉社『ヤングアニマル』連載) 脚本:大森美香 音楽:服部隆之 上映時間:104分 公開情報:劇場公開(東宝) 初公開年月:2008/08/23 ジャンル:コメディ/音楽/青春 《コピー》 僕がしたかったのは… こんなバンドじゃない!! ..... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 22時22分

» ★「デトロイト・メタル・シティ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、TOHOシネマズの一ヶ月無料パス狙いで、 「ららぽーと横浜」で、邦画を2本。 その1本目。 だいぶマイレージ貯まってきて、来月くらいには6000マイレージ達成しそうだよーーー。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 04時01分

» デトロイト・メタル・シティ [映画鑑賞★日記・・・]
2008/08/23公開(08/31鑑賞)製作国:日本監督:李闘士男出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、松雪泰子、ジーン・シモンズ 僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!! ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 12時39分

» ●デトロイト・メタル・シティ [コブタの視線  ]
ディープなギャグでありながら激しくメタルな世界をもった漫画『デトロイト・メタル・シティ』まさかコレを実写化しようとする人がでてくる... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 14時43分

» [映画『デトロイト・メタル・シティ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆なんか、見るには苦手なジャンルだなあ、などとは思っていたのだが、映画館で何度も何度も予告編を見せられていたら、見るのが当然のような気分になっていた。 大人気のコミックス版の方も、絵が下手だなあ、などと思いつつも、1巻は買って読んだ。 ・・・「見るに苦手なジャンルだなあ」と言うのは、メタルパートがではない。 新進気鋭の、悪魔系メタルバンド<デトロイト・メタル・シティ(DMC)>をやらされている主人公が、本当はポップミュージックを指向しており、普段は街角でストリートミュージシャンとして、甘い歌を... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 14時45分

» *デトロイト・メタル・シティ* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田舎から上京した心優しき青年・根岸崇一。「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、本人の意志を無視して悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー・II世」として売り出され、あろうことかカリスマ的人気を博してしまう。                                   go..... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 14時51分

» デトロイト・メタル・シティ [映画を観たよ]
クラウザーさん素敵です! [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 18時42分

» 映画 【デトロイト・メタル・シティ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「デトロイト・メタル・シティ」 若杉公徳原作の大人気コミックを実写化。 おはなし:純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することに・・・。 白塗りの松山クンにもマッシュルームカット(公然ワイセツカットと言うらしい)の松山クンにもそそられなかったのでパスしようと思っていた映画なのですが、意外と評判が良いのでフラフラ〜っと見... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 23時10分

» 「デトロイト・メタル・シティ」やっぱり“さん”付けなんだよな~。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 大人気原作コミックの実写映画化。「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)。ビジュアル見ただけでお分かりでしょうが、ハチャメチャです(^^;。まあ、ようこんなモン映画化しましたな~。  大学入学のため、大分から上京した根岸崇一(松山ケンイチ)は、渋谷系のおしゃれポップミュージシャンを目指して、大学の音楽クラブやストリートでLIVEを展開していた。『音楽で人を幸せにしたい。“NO MUSIC(音楽), NO DREAM(夢)”』そう語る根岸の言葉に感銘を受けた、憧れの同級生・相川さん(加藤ロー... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 20時54分

» アニメ版 「デトロイト・メタル・シティ」 必見!! [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
TSUTAYAに行ったら、クラウザーさんと松ケン根岸くんがいっぱい~♪ レジ前にはDMCのコーナーが! 「わ~DMCのアニメ版はパッケージが漫画の表紙と一緒なんだぁー」と思ってよく見ると、漫画のレンタルだった。 1週間100円。 立ち読みしたらタダだけど・・・・・・・買うといいと思うよ・・・・・... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 23時05分

» ある意味、日本のヒーロー映画。『デトロイト・メタル・シティ』 [水曜日のシネマ日記]
若杉公徳原作の大人気コミックを実写化した作品。自分の意思とは裏腹に過激なデスメタルバンドのボーカルを演じ続ける青年の物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 12時23分

» 【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!! [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 23時10分

» 映画vol.156『デトロイト・メタル・シティ』*試08-10 [Cold in Summer]
監督: 出演:松山ケンイチ 松雪泰子 製作:公式HP こちらも間が空きましたが、『デトロイト・メタル・シティ』の試写会に行ってきました。 狙い通り、「松ケン」の舞台挨拶付き当日別の場所でイベントがあったので、試写会にも来るだ....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 15時25分

» デトロイト・メタル・シティ [Sweetパラダイス]
ポップス系ミュージシャンを目指していた青年・根岸は入るレコード会社を間違え、なぜかデスメタルバンドのボーカルに。根岸はバンドを辞めたいと社長に懇願するが、自作のポップスが認められない世の中への憎悪が逆にデスメタルの名曲を生みカリスマへと祭り上げられてい...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 18時41分

» デトロイト・メタル・シティ 2008-49 [観たよ〜ん〜]
「デトロイト・メタル・シティ」を観てきました〜♪ 東京の大学に合格し、上京する根岸崇一(松山ケンイチ)は、渋谷系のミュージシャンとして成功する事を夢見ていた。事務所の方針で、DMCのボーカリスト、ヨハネ・クラウザーII世をやらされている・・・ある日、同級生の相川(加藤ローサ)と再会する。クラウザーII世としての顔を知られたくない根岸は・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、「SATUGAI」されるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 07時24分

» デトロイト・メタル・シティ [欧風]
土曜、イオン下田での映画鑑賞。1本目に観たのは、「三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~」。 そして、2本目に観たのが、 [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 07時35分

» デトロイト・メタル・シティ [to Heart]
僕がしたかったのは… こんなバンドじゃない!! 製作年度 2008年 上映時間 104分 原作 若杉公徳 (白泉社『ヤングアニマル』連載) 脚本 大森美香 監督 李闘士男 音楽 服部隆之 出演 松山ケンイチ/加藤ローサ/秋山竜次/細田よしひこ/大倉孝二/岡田義徳/鈴木一真/高橋一生/宮崎美子/松雪泰子/ジーン・シモンズ {/book_mov/}オシャレな渋谷系ミュージシャンを夢見て大分の田舎から上京してきた純情青年、根岸崇一。ところがふと気づくと、事務所の豪腕女社長によって悪魔系デスメタル... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 22時39分

» デトロイト・メタル・シティ/松山ケンイチ [カノンな日々]
原作は大人気コミックという事なんだけど私はこの映画で初めて存在を知りました。ためしにググってみるとコミック関連の記事やファンサイト、コスプレ画像などいっぱいヒットするので人気を実感しちゃいました。元はギャグ漫画という事で爆笑を期待しておやつのポップコーン....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 10時21分

» 2008-61『デトロイト・メタル・シティ』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-61『デトロイト・メタル・シティ』(更新:2008/08/28) 評価:★★★☆☆(★★★★☆の間) 友人が面白かったから観たらと云っていたので気になり観賞しました。 松山ケンイチが演じるなよ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 09時50分

» デトロイト・メタル・シティ(08・日) [no movie no life]
フツーには戻れない・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 23時12分

» デトロイト・メタル・シティ(08・日) [no movie no life]
フツーには戻れない・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 23時17分

» ★デトロイト・メタル・シティ(2008)★ [CinemaCollection]
僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!上映時間104分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/08/23ジャンルコメディ/音楽/青春【解説】若杉公徳の人気ギャグマンガを「DEATHNOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で映画化した痛快音楽コメディ。オシャレ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 21時08分

» 【映画】デトロイト・メタル・シティ [新!やさぐれ日記]
■動機 すっごい面白そうだったから ■感想 メチャメチャ面白かった! ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして活動することになる。彼らのデビューシングルは大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なくカリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。 ■コメント とても期待していた映画なので公開... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 22時00分

» デトロイト・メタル・シティ(映画館) [ひるめし。]
僕がしたかったのは・・・こんなバンドじゃない!! [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 12時49分

» デトロイト・メタル・シティー [そーれりぽーと]
渋谷系ポップミュージシャンを目指して上京したものの、意に反してデスメタル系バンドのボーカリストとして、カリスマ的人気を博して悩む、松山ケンイチ主演の『デトロイト・メタル・シティー』を観てきました。 原作のマンガは未チェックです。 ★★★★ 松雪さん、パンツ見えてますよ! 夢を目指す純粋な青年の苦悩や愛が、心底おバカな展開で一気に描かれています。 この夏(もう終盤だけど)一番笑える邦画でした。 今回も松山ケンイチがオイシ過ぎ、彼無しではこんなに楽しんで観れる映画にはならなかったかも。 こういうO... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 13時50分

» 『デトロイト・メタル・シティ』鑑賞 [◆小耳書房◆]
-ネタバレあり- 去年、カート・コバーンの映画に行こうと言っていたのに行けなかったので、洒落で誘ったら「観たい」っていうんで行ってきました。 これはねー、茶の間で観てるがごとく笑う人が隣にいると、安心して笑える映画ですね。 かなり笑いました。一人で行かなくてよかったって思ったり。 「オマエもべ〜べ〜してやろうか」 その後、呑んでカラオケいって叫んできました♪ 【あらすじ】 田舎から「夢を与えるミュージシャン」を目指して上京してきた根岸くん。大学ではフォークギターを抱えて夢まっしぐら... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 01時17分

» デス・メタル界のカリスマはフツーの男の子~DMC/デトロイト・メタル・シティ [ひょうたんからこまッ・Part2]
『DMC/デトロイト・メタル・シティ』 (2008年・日本/104分) 公式サイト 「DMC」全国ド・M・キャンペーン 8月24日(日) TOHOシネマズ六本木ヒルズにて鑑賞 「僕のしたかったのは、こんなバンドじゃな~... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 21時29分

» 「デトロイト・メタル・シティ」映画鑑賞 [Wilderlandwandar]
ブロガーさんの評判も結構良くって、松ケンも嫌いじゃないけど、出てる映画は全部見るって程のファンでもないし、デスメタルは聴 [続きを読む]

受信: 2008年9月17日 (水) 21時30分

» デトロイト・メタル・シティ [2008 映画観てきましたっ!]
TVコマーシャルに釣られて・・・観てきちゃったよ♪ [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 17時10分

» デトロイト・メタル・シティ [2008 映画観てきましたっ!]
TVコマーシャルに釣られて・・・観てきちゃったよ♪ [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 20時22分

» デトロイト・メタル・シティ [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
今更ですが「デトロイト・メタル・シティ」 見てきました 松山ケンイチ好きだし、高橋一生をお目当てに 大分の田舎から、大学入学で東京に上京してきた 根岸崇一(松山ケンイチ) 夢はお洒落系ミュージシャンに成る事で、大学で友達になった 憧れの相川由利(加藤ロ....... [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 21時11分

» 『デトロイト・メタル・シティ』@ワーナーマイカルシネマズ [たーくん'sシネマカフェ]
漫画から派生した作品「DMC」(デトロイト・メタル・シティ)ちなみに「DHC」は大学翻訳センターの略。「DHC」は本業は翻訳ですが化粧品・健康食品で有名になった会社。以前、無料鑑賞カード(月一本一年分)を8月から使用開始!【当選の日記】隣接のイオンの日な...... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 01時06分

» 「デトロイト・メタル・シティ」 [大きな栗の木の下で]
2008年 日本 監督:李闘士男 原作:若杉公徳 出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、松雪泰子、鈴木一真、高橋一生、宮崎美子、大倉孝二、岡田義徳、ジーン・シモンズ 公式HP 【内容】 おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田..... [続きを読む]

受信: 2008年10月 7日 (火) 11時59分

» デトロイト・メタル・シティ DMC [いい加減社長の映画日記]
う〜〜ん、どんなもんなのか。 ちょっと、ビクビクしながらも、「デトロイト・メタル・シティ」を選択。 夕方、空き具合をチェックしたら、かなり席が埋まってる。 あわてて、ネットで予約、それでも、サイドの通路側がやっと^^; 「UCとしまえん」は、いつもよりは多め。 「デトロイト・メタル・シティ」は、大きめのスクリーンで、9割程度は埋まった? ここまで入るとは、正直思ってなかったんだけど^^; 【ストーリー】 「こんなはずじゃなかった・・・」 心優しき青年・根岸崇一は、オシャレな渋谷系ポップソングミ... [続きを読む]

受信: 2008年11月20日 (木) 05時52分

» デトロイト・メタル・シティ [象のロケット]
甘いポップな渋谷系ミュージシャンを夢見て上京した根岸崇一は、なぜか奇抜なメイクの悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」として活躍する羽目に。 「ボクがやりたいのは、こんなバンドじゃない!」 なのに地獄の帝王として爆発的な人気者に…。 カリスマ・インディーズバンド・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 05時05分

» デトロイト・メタル・シティ [にわうたぶろぐ]
 原作は読んだことがありませんが、予告で面白そうだったので初日(23日)に絶対観に行こう!と思っておりました。けれど24日に仙台でも舞台挨拶があるというじゃありませんか!マジか!  そんなわけで、主演の松山ケンイチと李闘士男監督の舞台挨拶というエサにつられて本日観に行ってきました。  舞台挨拶はやっぱり行って良かったなぁと。松ケンかっこいいよ松ケン。松ケンは黒のスーツにロン毛を束ねておりました。近くの席のおばさんが「ケンイチくんはカムイ外伝の撮影してるからあの髪型なのよ」と得意気にお... [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 23時41分

« 「たみおのしあわせ」 「自分空間」への侵入 | トップページ | 本 「エモーショナル・デザイン」 »