« 本 「DIVE!!」 | トップページ | 「落語娘」 真打ちには及ばない »

2008年8月31日 (日)

「20世紀少年」 原作漫画を見事に映像化

原作漫画の作者浦沢直樹さんは大好きな作家さんです。
かなり前から(「パイナップル・アーミー」の頃)単行本が出るのを楽しみにして待っています。
その浦沢さんの作品の中でも、最も映画化しにくいだろうなと思っていたのがこの「20世紀少年」。
いや作品としては映画向きの話だと思うんですよね。
ただこれをきちんと映像化できるのかがどうかちょっと不安でありました。
不安な点は3つでした。
1つは長い長い原作を映画としてきちんと脚本に落し込めるかという点。
最近の浦沢作品の傾向としては、チャプターごとに時間軸や中心となる登場人物が変化するのですよね。
それが作品に深みを与えているのですが、これを映画でやろうとすると何かを省略したり、また話の流れをもう少しきれいにしたりしなくてはいけません。
2つめは映像のスケール感。
この作品は人類は世界の終わりのような経験をするわけですが、それをしっかりとクオリティの高い映像にできるかという不安です。
もともとの漫画がかなり映画的な構成になっているので、半端な特撮やCGで作られてしまったら興ざめしてしまいます。
最後にして最大の不安はキャストでした。
原作にはかなりの人数の登場人物がでてきます。
主人公ケンヂだけでなく彼らはそれぞれに作品の中で役割を持ち、重要な役を担っています。
またこれだけの作品となると漫画のキャラクターのイメージも強い。
それぞれ重要な役に見合ったハイクラスのキャスティング、そしてこれは原作のイメージを壊してはいけないという条件が重なるわけで、かなり苦労するのではないかと思いました。

映画を観てみて、それらの不安はかなりの部分で杞憂だったと思いました。
まず1点目の不安については、映画化作品を3部構成にしたということでかなり救われたと思います。
もともとの原作もほぼ3部のような構成になっていますから、その流れを踏襲できます。
また映画の脚本には原作者の浦沢直樹さんも参加しているのですね。
ですので、大きな物語の流れやキャラクターの個性などといったところはほぼ原作どおりのイメージを保てたと思います。
2つ目の不安点も問題なし。
最後の12/31のクライマックスがどうなるかと思いましたが、これまた原作のイメージをそのまま映画にしたような感じがしました。
暗闇に沈む東京の街を破壊していく謎のロボット。
原作でもその姿ははっきりとは描かれず、それだけに不気味な感じがでていたと思いますが、その感じがそのまま映画になっていました。
そして3つ目の不安点、キャスティング。
これは予想以上ではないでしょうか。
実は制作状況の発表の中でキャスティングが明らかになったとき、僕はこの映画は原作を大切にしているなと感じました。
それだけ原作のキャラクターのイメージを活かしたキャスティングをしています。
だいたい一人くらいはなんだか違うという配役があったりするものですが、そういうキャラクターはひとりもいませんでした。
ケンヂの唐沢寿明さん、オッチョの豊川悦司さん、ユキジの常磐貴子さん、ヨシツネの香川照之さん、マルオの石橋英彦さん、モンちゃんの宇梶剛士さん、ケロヨンの宮迫博之さん、ドンキーの生瀬勝久さん、フクベエの佐々木蔵之介さん・・・。
錚々たるメンバーです。
まったく原作と違和感ありません。
すごいキャスティングです。
中でも一番原作イメージとぴったりだったのは、万丈目の石橋蓮司さんでしょうか。
「ともだち」の右腕とも言える万丈目の怪しさがたっぷり出ていました。
あとヤン坊、マー坊の佐野史郎さんもなかなかでした(二人の子供時代の子役のキャスティングもイメージぴったり)。
1作目でそれほど活躍しないメンバー(ヨシツネとかマルオとかケロヨンとか・・・)も第2章では見せ場ありますから、それを見越した豪華なキャスティングです。
そういえば、ユキジの子供時代の役で「電王」に出ていて松元環季ちゃんがでていましたね。
また男の子を蹴ったり投げたりする役です(笑)。

監督は堤幸彦さん。
本作はどちらかというと堤ワールドというのを押さえた作りになっていると思います。
いかに原作のイメージを映像化するかということにこだわって作ったように感じました。
堤監督は、いろいろな作品をとれる懐の深い方ですからできるのかもしれません。
堤テイストは薄いですが、でも堤監督だからできる作品だと言えるのでしょう。

「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」の記事はこちら→
「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「DIVE!!」 | トップページ | 「落語娘」 真打ちには及ばない »

コメント

シムウナさん、こんばんは!

8回もご覧になったんですね!
僕も原作好きですが、これは映画化難しいだろうと思っていました。
お話も複雑ですし、なにしろイメージがあうキャスティングができないのでは・・・と。
でもそれは杞憂でしたね。
原作のイメージと変わりなく、よくこれだけの役者さんをキャスティングできたなと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月18日 (土) 20時11分

TBありがとうございました。
原作の大ファンで初めて読んだときから実写化をずっと希望しており遂に実現。既に8回観賞しました。漫画で知っているシーンなのに何度も泣いてしまいました。ケンヂがドンキーを想って泣くシーンや、ウルトラマンのポーズをする子供たちのカットなど。第2,3章では原作と違った展開が予想されるのでたのしみです。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2008年10月18日 (土) 15時00分

メビウスさん、こんばんは!

ユキジ子役に松元環季ちゃんというのはナイスなキャスティングでしたね。
「電王」見てた人しかわからないけれど・・・。
そういえば「電王」の映画の予告かかってますねえ。
けっこうおもしろそうです。

阿藤快さんって出てました?
全然気がつかなかったです(笑)。
そういえば先日「ウルトラマンレオ」のDVD見てたら、若かりし阿藤快さんがその他大勢役ででてました。
思わず「阿藤快だ!」と言いそうになりました(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月14日 (日) 22時12分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ま、松元環季ちゃんがユキジ子役だったとは盲点でした(^▽^;)豪快に一本背負いとかしてた辺りはホント、コハナを彷彿とさせますね(笑)
でもキャスティングが凄い大所帯なものですから、主要キャスト以外どこに誰がいるのか時々分かんなくなっちゃうときがあるんですよね~。阿藤快なんて一体どこにいたのやら・・?(汗

2章では自分の一番好きな小泉響子もおそらく出てくるでしょうから、彼女のキャスティングは是非ともピッタリな子を選んで欲しいものです♪

投稿: メビウス | 2008年9月14日 (日) 21時01分

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

原作の話も過去と現在と未来を行ったり来たりで複雑なのですが、これでも映画は上手にうまく組み立てているような気がします。
たぶん2作目はケンヂの姪のカンナが中心になるので、もうすこしシンプルになるかもしれません。
第2章、待ち遠しいですよね!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月13日 (土) 07時55分

ヨメさん、こんにちは!

やはり好きなマンガや小説が映画化されるときって不安がありますよね。
でも本作はキャスティグが発表された時点でかなり不安は払拭されました。
だったこれほどまでに原作に似ているんだもん。
あと映画を観ていて驚きは浦沢さんがしっかりと映画化にもからんでいるということ。
これだからストーリーもしっかりと原作にあっていたんですね。2章の予告もワクワクさせられました。
早く観たいですね!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月13日 (土) 07時03分

はらやんさん、こんにちは☆
原作熟読していらっしゃるのですね~
私は未読でしたが、それなりに充分楽しめました。
次からもっと難解になったら、ついていけるか心配ですが…
ラストのロボットはよく見えなかったですが、わざとなのですね。
第二章がたのしみです~早く観たい!!

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年9月12日 (金) 16時54分

まさみさん、こんばんは!

原作ファンとしても満足できる出来でした。
ここまでイメージ変えないキャスティングはすばらしいですね。
第一部は謎ばかりで先が見えないので余計に不気味さがあるかもしれないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月11日 (木) 20時27分

はらやんさん、こんばんは。

はらやんさんも漫画ご覧になってたんですね。
私も原作が大好きなので、映画化にはかなり不安がありました。でも、莫大なお金をかけただけあって今のところ成功と言えるのではないでしょうか。
ファンとしては脚本に浦沢さんが参加しているところが、かなりポイントになった気がします。
2章3章が楽しみですね。

投稿: ヨメ | 2008年9月10日 (水) 21時23分

はらやんさん、こんにちは。
これは大スクリーンで観て満足できた映画でした♪
私は原作未読ですが、イメージが壊れていないようで何よりです(^^)v
全体的にかなり不気味な雰囲気の強い内容だっただけに、ところどころに入り込んだコメディにホッとできて良かったです。

投稿: まさみ | 2008年9月10日 (水) 14時37分

たいむさん、こんばんは!

本作、他の方のブログも読みましたが原作ファンからも評価高いですね。
やはり一つはキャスティングでしょうか。
僕も漫画は単行本をリアルタイムで一度読んだきりなので、もう一度読んでみようかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 8日 (月) 18時26分

はらやんさん、こんにちは。
>まったく原作と違和感ありません。
もっと原作ファンからダメだしを喰らうかと思ったら、思った以上に高評価が多いです。
現在、原作をそろえて保管していますが、読むか読まないか葛藤してます。うろ覚えの部分を確認したいし、中途半端なままで結末を知らないものですから。。。
高評価ならば、読んでも差し支えないかしらって思ったりして(^^9

投稿: たいむ | 2008年9月 8日 (月) 17時53分

ひろちゃんさん、こんにちは!

原作ファンとしては合格点です!
劇場のボードにも漫画のキャラと並べてキャストの写真が紹介されていましたが、ほんとそっくりでした。
よくぞこんなにこだわったキャスティグが実現できたものです。
スケジュール合わせだけでもたいへんそう・・・。

1作目で活躍しなかったメンバーは2作目で活躍しますよ!
あとは1作目で子供だったカンナですね。
予告で観たら、またイメージぴったりのキャスティングしていたので、これまた期待です。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 6日 (土) 07時41分

くろねこさん、こんばんは!

キャストはほんとに漫画そっくりで、よくぞこんな贅沢なキャスティングができたと感心してしまいました。
あとで雑誌を読んだら、堤監督は原作の完コピを目指したとか。
スゴい再現力でしたよねー。
最後に流れた第2章の予告でカンナも出てていましたが、これまたそっくりでびっくりしました。
次も楽しみですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年9月 5日 (金) 22時59分

こんばんは~♪
私は原作未読なのですが、楽しめました。
原作のファンのかたはこの映画をどう思われて
いるのか知りたかったのですが、はらやんさんの
感想を読むと合格点のようですね^^

キャスティングは本当に豪華ですね(*_*)
チラシに漫画とキャスティングされた役者さんが
載っているのですがピッタリだと思いました。

>1作目でそれほど活躍しないメンバー

すごいもったいない使い方と思ったのですが
これから活躍の場があると言うことで楽しみ
です(^_-)-☆早く2章が観たいです♪

投稿: ひろちゃん | 2008年9月 3日 (水) 21時14分

こんばんは~!!
素晴らしかったですね~。
そっくりなキャスト!物語もきちんと描かれていましたし、
私もこの「原作の再現力」には、心が躍っちゃいました~♪
次回もみたい♪って思えた事が凄く嬉しいです(笑)

投稿: くろねこ | 2008年9月 2日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/42336190

この記事へのトラックバック一覧です: 「20世紀少年」 原作漫画を見事に映像化:

» 「20世紀少年」を観る [紫@試写会マニア]
今年度下半期邦画で話題もスケールも最大級の「20世紀少年」を観てきました。全部で三部作、当然一部だけ観てもちょっと判らなぁ~い!コミック読めぇ~っ(髭男爵風) コミック知らないとこんなに感想の書きづらい作品もナイ。 原作とちょっとは違う展開らしいのですが、大人気のコミック作品の映画化、私以上に皆さんよく知っているかと思うので、久々にサクっと。 原作コミック・キャラのピッタリ度 ≒ 「デスノート」 俳優ラインナップ豪華度 ≧ 「HERO」 本格科学冒険度 ≧ 「ジュブナイル」 ロボ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 20時57分

» 『20世紀少年』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:堤幸彦原作:浦沢直樹出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>ロックスターを目指してい...... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 20時58分

» 20世紀少年 [花ごよみ]
浦沢直樹作の同名コミックの実写化。 鑑督は堤幸彦。 出演は唐沢寿明、豊川悦司、 常盤貴子、香川照之、 石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、 生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、 佐野史郎、石橋蓮司、 中村嘉葎雄、黒木瞳、 池脇千鶴、藤井フミヤ …等々。 この顔ぶれ、 なんと豪華なキャスティング!!   小学生だった頃、 秘密基地に集合して書きつづった、 「よげんの書」にそって起こる、 不可解な事件の数々。   なぞの宗教団体が掲げる シンボルマーク。 それは過去の自分たちが考案した... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 21時10分

» 「20世紀少年」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「20世紀少年」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、他 *監督:堤幸彦 *原作:浦沢直樹 感想・評価・批評 等、レビューを含む..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 08時26分

» 20世紀少年 [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/f42dc0a2628e76bf4ea37fdd92e60dcc の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 どうも観... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 12時06分

» 20世紀少年 を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
エンドロールが終わるまで席を立たないように 浦沢直樹原作 「20世紀少年」の第1章を観まし [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 16時45分

»  20世紀少年 [★ Shaberiba ★]
子供のころ遊んだ友達・・。あなたは覚えているだろうか? [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 23時56分

» 映画「20世紀少年第一章」(2008年・日) [どうせ誰も見てませんからっ☆★]
コンビニを経営するさえない主人公が、仲間とともに地球滅亡計画を阻止しようと立ち上がるSFサスペンス巨編。人気漫画家・浦沢直樹の同名原作を『自虐の詩』の堤幸彦監督が、総製作費60億円をかけて全3部作として実写映画化。主人公のケンヂを唐沢寿明が演じるほか、オッチョ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 20時24分

» 20世紀少年 (唐沢寿明さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆唐沢寿明さん(のつもり) 唐沢寿明さんは、現在公開中の映画『20世紀少年』に主人公・ケンヂ(遠藤健児)役で出演しています。 昨日はいわゆる映画の日で、1000円で鑑賞できるということもあって、久しぶりに劇場に足を運びました。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 20時36分

» 20世紀少年 [象のロケット]
ロックスターになる夢を諦め、コンビニ経営をしているケンジは、最近巷で騒がれているあやしい事件の内容が、子供の頃に仲間たちと作った「よげんの書」とそっくりであることを知り驚愕する。 そして謎の教団で「ともだち」と呼ばれている教祖が、事件と関係しているのではないかと疑う…。  元同級生たちが世界の危機を救うために立ち上がる! 壮大な群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 21時32分

» 20世紀少年 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作を全く知らないし、邦画にイマイチ盛り上がれない性質だけど(汗)、3部作の第1部を見逃して後から地団駄を踏みたくないので(←よくやる・涙)観てきました〜  監督 : 堤 幸彦  『明日の記憶』 『自虐の詩』 『包帯クラブ』 原作 : 浦沢直樹 『20世紀少年』 主題歌 : T.REX 『20th Century Boy』【comment】    スッゴク面白かったで〜す        早く続編が観たいよぉ〜  1969年、小学生のケンヂは仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そして遊びの一つ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 18時56分

» 20世紀少年 [Akira's VOICE]
同級生の縁を大切にしよう!   [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 11時13分

» 劇場鑑賞「20世紀少年」 [日々“是”精進!]
20世紀少年秘密大図鑑上巻「20世紀少年」を鑑賞してきました浦沢直樹原作の同名人気コミックを全3部作で実写映画化する第1章。総製作費60億円をかけた壮大なプロジェクトを監督するのが、「トリック」シリーズの堤幸彦。浦沢直樹も脚本監修として参加し、3部作のラ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 16時03分

» 20世紀少年 ~第1章~ [Diarydiary! ]
《20世紀少年 ~第1章~》 2008年 日本映画 ある日、ケンヂたちが子供の頃 [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 21時39分

» 20世紀少年 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『世界が 終わろうとしています。 ぼくらの ”ともだち”によって――。』  コチラの「20世紀少年」は、累計発行部数2000万部超!浦沢直樹による世紀のベストセラーコミックを邦画史上空前の60億円の製作費で実写映画化したシリーズ3部作の第1章で、8/30公開となる....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 10時31分

» 本当のともだち【20世紀少年】 [犬も歩けばBohにあたる!]
コミック全24巻。 累計発行部数2000万部突破。 浦沢直樹が1999年から20 [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 16時51分

» 映画「20世紀少年」 [FREE TIME]
話題の映画「20世紀少年」を鑑賞して来ました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 19時58分

» 20世紀少年 第一章 (2008) 144分 [極私的映画論+α]
 主人公たちは・・・私とほとんど同い年 [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 20時35分

» 20世紀少年/唐沢寿明、豊川悦司 [カノンな日々]
コミックはたまにしか読むことがなくなったので、この原作も未読なんだけど浦沢直樹さんは好きで『YAWARA』だけは全巻持ってるんです。『20世紀少年』は気になってた作品だったので映画で観られるのは楽しみにしてました。 出演はその他に、常盤貴子、香川照之、石塚英彦....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 21時51分

» 【映画】20世紀少年 第1章 [新!やさぐれ日記]
■動機 ラストがみたいだけ。 ■感想 ラストがみたいだけ。 ■満足度 ------- おいとき ■あらすじ 翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そんな彼らの秘密の遊びの一つである“よげんの書”には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった。 ■コメント 感想と言ってもどこから手をつけて言いか全く分からないのが... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 23時37分

» 『20世紀少年』 [唐揚げ大好き!]
  世界が終わろうとしています。 ぼくらの“ともだち”によって──。   ■1969年。小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと原っぱに秘密基地を作り遊んでいた。彼らは、20世紀の終わりに人類滅亡を企む悪の組織とそれを阻止する正義の味方といった物語を空想しては、... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 05時22分

» [Review] 20世紀少年 第一章 [Diary of Cyber]
数にしてみればまだまだ少ないですが、唐沢寿明氏の作品はいくつか鑑賞してまいりました。色々なジャンルの映画作品は勿論ですけれど、ドラマ(基本的にドラマは見ませんのでそれこそ数える程度ですが)やバラエティ、情報番組まで。しかし、今作の主人公・遠藤ケンヂ役を見て、思いを新たにしました。 唐沢寿明氏にうだつの上がらない男は似合わないっ! これまで演じてきた役の既成概念有る無しに関わらず、容貌から体型から風格から、スマートに洗練されすぎて『うだつの上がらない男』という役はどうも違和感ありまくりなの... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 08時40分

» 2008-63『20世紀少年』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-63『20世紀少年』(更新:2008/08/30) 評価:★★★★☆ トリロジーチケット買って観賞してきました。 浦沢直樹というと「YAWARA!」が一番の印象ある作品だが、その後の作品は「MASTERキートン」、..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 09時52分

» 「20世紀少年」 [かいコ。の気ままに生活]
浦沢直樹原作を全3部作として実写映画化。さえない主人公が地球滅亡計画を阻止しようとするSFサスペンス。映画「20世紀少年」公式サイト原作漫画まるで知らないで観てきました。おかげで登場人物の把握に目がまわっちゃって^^;でも十分楽しめました〜年代が私よりちょ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 10時13分

» 20世紀少年 [そーれりぽーと]
劇場予告編を観て、主要メンバーをよくこれだけの曲者役者ばかりで、原作のイメージそのままに構成できたなと、文句の付けどころのない完璧な配役にワクワク感を抑えきれなかった『20世紀少年』が、早くも公開されたので早速観てきました。 ちなみに、原作を連載中にずっと読んでた事を除けば、劇場予告編以外の情報はシャットアウトしての鑑賞です。 ★★★★★ 面白いというよりも、「凄い」と言うのに相応しい。 配役の完璧さだけではなくて、セットや景色、小道具、人物の位置関係を再現し、カメラアングルもそのままに漫画を実写... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 13時31分

» デトロイト・メタル・シティ/20世紀少年 第1章 [まじめにふまじめ★]
今回はマンガが原作の邦画を2本ご紹介♪(^-^)v ホントなら1つずつじっくりと [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 15時54分

» 「20世紀少年-第1章」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は、4年ほど前にざーっと読んだ程度。当然結末は知らないし、ストーリーもうろ覚えで、原作に忠実な実写映画なのかどうかも判別できないくらい。でもきっと、その位でちょうど良いんじゃないかな?って思う。”... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 17時49分

» 『20世紀少年』('08初鑑賞111・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 8月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 20時37分

» 20世紀少年(2008年) [勝手に映画評]
浦沢直樹作の大ヒットマンガ「20世紀少年」を浦沢自身の監修での映画化。コミックとは異なるストーリー展開になっているそうです。映画は全三部で予定されていて、今回は、その内の第一作。第二作は、2009年1月公開予定のようです。 実は、マンガを全然読んだ事が無いので予備知識ゼロの状態で見に行きました。少し説明が過ぎるきらいはありましたが、事前知識ゼロでも内容を把握する事はできました。映画のチラシの裏表紙にマンガのキャラクターとそれを演じた俳優陣が示されているのですが、見本があるので頑張って似せたと言う事... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 22時05分

» 20世紀少年 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年8月30日 公開 「ケンヂ君遊びましょ」 「今、ウ○コしてるからちょっと待ったってなぁ〜」 6000マイル貯めて1ヶ月フリーパスポートをゲット! この作品が1本目となりました。 マンガのキャラクターとそれぞれの俳優がうまくマッチしていた所と、70年代を懐かしく思えた・・・という以外には特に面白いと言う感じではなかったです。 ま、3部作ということなんで、全てを観てみないとわかりませんが。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火) 09時08分

» 20世紀少年 [映画鑑賞★日記・・・]
2008/08/30公開製作国:日本監督:堤幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄 世界が終わろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって──。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火) 12時45分

» 本当のともだち【20世紀少年】 [犬も歩けばBohにあたる!]
コミック全24巻。 累計発行部数2000万部突破。 浦沢直樹が1999年から20 [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火) 18時07分

» 20世紀少年 [創作といろいろ]
  映画館で鑑賞しました、「20世紀少年」。 これは、ある意味ホラーより背筋が寒くなるお話(゜_ ゜; 主人公ケンヂが少年時代、友人達と考え出した人類滅亡のお話。 20年後、その人類滅亡のストーリーよげんの書の内容どおりに起きる事件の数々。 そしてかつて自分達が作ったマークをシンボルにしている謎のカルト教団。 ケンヂ達は「ともだち」と呼ばれているその教団の教祖がよげんの書を知る仲間の誰かだと考え、真相を探る為に再び集結し... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 14時31分

» 「20世紀少年」第一章 [大きな栗の木の下で]
2008年 日本 監督:堤幸彦 原作:浦沢直樹 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳、ARATA、片瀬那奈、藤井フミヤ、森山未来、光石研、佐野史郎、竜雷太 映..... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 21時17分

» ★「20世紀少年」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。 6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 03時02分

» 20世紀少年第1一章 2008-50 [観たよ〜ん〜]
「20世紀少年第1一章」を観てきました〜♪ 1969年、小学生のケンヂは原っぱに仲間と秘密基地を作り、基地の中で『よげんの書』と称した物語を作って遊んでいた。1996年、大人になったケンヂ新興宗教の教祖”ともだち”が語る予言が、自分たちが書いた『よげんの書』とそっくりだという事に気がつく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、『よげん』が当るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 06時34分

» 20世紀少年 [ネタバレ映画館]
王様おにぎりを食べてみたかったのに・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 02時04分

» 20世紀少年 [ダイターンクラッシュ!!]
9月10日(水) 21:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円(買っていない) 『20世紀少年』公式サイト 浦沢直樹のマンガが原作。原作は、読んでいない。3部作の第一章。 堤幸彦という勘違い監督に演出させたので、失敗?とも思ったが、今回の堤は、得意の独りよがりのギャグは、少なめでまともに仕事をしていた。 この映画単体では、はっきり言ってあんま面白くない。が、今後の期待を込めて、とりあえず、第二章も拝見することとした。 なんか、異常に豪華な... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 15時20分

» [20世紀少年」 アラフォーと原作ファンの映画 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
「ケ~ンヂくん、あーそびーましょー。」 ケンジくんの家は、公園の横。 今日、りょうたはマジでケンジくんと遊んでいる。 多分、映画の少年たちと同じくらいの年頃のりょうた。 昔ならこんな空き地で、秘密基地を造って遊べたのだが、今の子供は、そんな空き地すらなく・・・・... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 16時38分

» 20世紀少年 第1章&コード・ブルー&スレイヤーズ [別館ヒガシ日記]
20世紀少年 第1章は劇場で4日(木)の9時半から鑑賞して 結論は少し不満ありも原作&ウィキペディアを読まず我慢し 来年1月末に第2章が公開されるから絶対に鑑賞するよ 内容は主人公のケンジが子供の時に書いた「予言の書」と 「ともだち」と言うカルト教団が同... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 20時49分

» 『20世紀少年』 [ラムの大通り]
----つ、ついに観たんだね。 えいが今年いちばん心待ちしていた映画。 もう、これで思い残すことニャい? 「いやいや。これは三部作。 まだ始まったばかりだからね」 ----おやっ、意外と冷めているニャ。 そもそも、どうしてそんなにこの映画が観たかったの? 「なんと言っても、ぼくは原作が始まった頃からの読者。 感動のあまり何度も涙ぐんだからね。 しかも、ここに描かれている少年時代のエピソードが 自分の小学・中学時代とそっくり。 はらっぱで草を結んで秘密基地も作ったし、 駄菓子屋にもよく行った。 ピンク... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 09時25分

» 「20世紀少年」 [てんびんthe LIFE]
「20世紀少年」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 コミックが原作としればすごい気楽。 多少ツジツマが合わなくてもどんなにハチャメチャなことが起ころうともOK。 今年最大の邦画の超大作。 この先何がおころうともとりあえず三部作のはじめは押さえておこうと思いました。 これでつまらなかったら次を見る必要がないから。 でもね、本当に最近のコミック原作の実写化は面白いのです。 時代も遡って昭和40年代。 「三丁目の夕日」の30年代とはまた違った趣があるのですよ。 日本はオリンピックや大... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 14時04分

» 映画『20世紀少年』 [頑張る!独身女!!]
この言葉がとてもインパクトがあって、懐かしい響きな気がします。 [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 21時13分

» 『20世紀少年』 [tu y mi-na☆]
『20世紀少年』       【内容】 ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、 失踪した姉の子供を育てているケンヂ。 同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、 ケンヂが子供時代に作った「よげんの...... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 01時50分

» 「20世紀少年 」まじめに作ってるのか、笑っていいのか・・・ [soramove]
「20世紀少年」★★☆ 唐沢寿明 、豊川悦司 、常盤貴子 主演 堤幸彦監督、2008年、144分 浦沢直樹の大ヒットコミックス実写版3部作、第1弾。 これ見ておかないと、 あと2作続くからなと 劇場へ、まあまあの入り。 なぜかほっとする。 製作者でもないの...... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 07時29分

» 【2008-203】本格科学冒険映画 20世紀少年 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 待望の実写映画化! 全3部作の第1章、降臨。 世界が 終わろうとしています。 ぼくらの “ともだち”によって──。 [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 23時26分

» 【20世紀少年 第1章】 [日々のつぶやき]
監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、佐々木蔵之助、小日向文世、森山未來、池脇千鶴、黒木瞳 「1969年、小学生だったケンジたち同級生はよげんの書という空想のお話を作り秘密基地で遊んでいた。そして時... [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 14時55分

» 20世紀少年 [利用価値のない日々の雑学]
待望の鑑賞である。先週ま三連休も含め、自宅近くのシネコンは映画作品の各シアターへの振り分けが大変下手だ。1000名入る会場から小さいのは150名程度だが、兎に角前すら思っていたが割り振りが下手過ぎる。確かに住宅街にあり、また駅前にありというところで色々な鑑賞者の種類があるものの、だからシネコンなのであって、例えば、最新の興行ランキングなんか全く無視をしている。だから先週は「おくりびと」と 「パコ」は各回共売り切れ、「ポニョ」なんて未だに2スクリーン、しかも大きな会場を同時でやってて、片方はガラガ... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 15時58分

» 『20世紀少年 第1章』 ベストメンバーの集結が、奇跡の“完コピ”を創造した。 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『20世紀少年 第1章』 監督:堤幸彦 原作・脚本:浦沢直樹 企画・脚本:長崎尚志 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、佐野史郎、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳 ほか... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 17時15分

» 20世紀少年 第1章 [ルナのシネマ缶]
実は原作は未読なので、 話についていけるか 心配だったのですが、 思ったより素直に世界感に 入ることができました。 ただ、どうしてもアニメにした方が 良いのではと思ってしまいましたが、 きっとアニメにしたら女性客は 半減してしまうだろうから、 いっぱい俳優を使って実写版にしたのかなぁ〜。 1997年、失踪した姉(黒木瞳)の子カンナを育てながら、 コンビニ経営をしていたケンジ(唐沢寿明)は、 久しぶりに行った小学校の同窓会で、正体不明の教祖「ともだち」の 率いる新興宗教が... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 23時51分

» 「20世紀少年」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「目が腐ってしまう様な、と言うより不愉快を通り越して、失ってしまった時間を取り戻す為に、裁判にでも掛けたい気持ち。」映画評論家でも在るおすぎ氏が、映画「20世紀少年」に付いて記した文章だ。時には的を射た指摘も在るが、彼が「泣きました!」とか「感動しました!」と絶賛する作品は概して良いと思った事が無い。レギュラー出演している「森田一義アワー 笑っていいとも!」ではタモリ氏のワンパターンな芸風に対し、「もータモちゃん、面白いんだから〜。」と阿る姿を散々見ているので、映画でも「何等かの思惑が在っての評論で... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 18時37分

» 秘密基地の旗のもとに。~「20世紀少年」~ [ペパーミントの魔術師]
30年前の同級生の顔を覚えているだろうか? 当時よほど仲のよかった友でも なが~いこと会ってないうちに 外見だって性格だって変わってたりもするしね。 子供のころに秘密基地で友達と一緒に 考えて書いた シナリオどおりの 世界の危機がやってくる。 話は負の方向へ思..... [続きを読む]

受信: 2008年9月24日 (水) 00時47分

» 20世紀少年第一章 [Sweetパラダイス]
二週間前に見に行ったのに相変わらず感想書くのが遅い私原作は漫画家の浦沢直樹さん。YAWARAちゃん書かれた方ですね。今回は脚本まで書かれてるんですよ〜キャストが豪華で個性的でした。脇役もすごかったです。よくこんなに揃えたなと思いました。あ!コハナちゃん...... [続きを読む]

受信: 2008年9月25日 (木) 19時48分

» 『20世紀少年』@日劇 [映画な日々。読書な日々。]
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 00時53分

» 20世紀少年 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ> 監督:堤幸彦 原作:浦沢直樹 脚本:福田靖 長崎尚志 浦沢直樹 渡辺雄介 2000年12月31日。21世紀前日、世界中で大事件が勃発していた。その裏には、あるカルト教団の計画があり、その元となった「よげんの書」は、1969年、一人の少年が自分の空想を書いたモノだった。 2時間半もある作品なのに、それでもなおダイジェストを観せられた気分。 原作は、連載をリアルタイムで読んでいました。その立場からすると「薄い」のひと言。ましてや、原作未読の人にと... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 02時50分

» 映画:20世紀少年 観てきました。 [よしなしごと]
 原作も知らないし、当初は見ないつもりだったのですが、かなり人気もあるようだし・・・。20世紀少年を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 18時02分

» 20世紀少年 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  世界の終末・・・立ち上がれ!中年戦士!!   [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 10時15分

» 「20世紀少年」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「20世紀少年」 監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳、藤井隆、山田花子、ARATA、片瀬那奈、池脇千鶴、鈴木崇大、三浦敏和、中田敦彦、藤森慎吾、藤井フミヤ、及川光博、竹中直人、森山未來、津田寛治、徳井優、石橋保、布川敏和、入江雅人、竹内都子、洞口依子、遠藤憲一、光石研、佐野史郎、ベンガル、石井トミコ、研ナオコ、竜雷太、吉行和子 日本が高度成長期のまっただ中の1969年。 夢... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 14時28分

» 20世紀少年/<第1章>終わりの始まり [Yuhiの読書日記+α]
浦沢直樹の人気同名マンガを原作としたSFサスペンス三部作の第1章。監督は堤幸彦、キャストは唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介他。 <あらすじ> 翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そんな彼らの秘密の遊びの一つである“よげんの書”には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった。(シネマトゥデイ... [続きを読む]

受信: 2009年4月21日 (火) 21時56分

« 本 「DIVE!!」 | トップページ | 「落語娘」 真打ちには及ばない »